« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

Sunday, 30 March 2008

John Lennon on Brian Epstein and the death of their music ジョン・レノン、ブライアン・エプスタインと彼らの音楽の死について語る

■エプスタインの死 (1967) Death of Brian Epstein (1967)

Uploaded by jagatinho on Jan 15, 2008. Brian Epstein, the manager of The Beatles, died of an accidental drug overdose at his home in London in August 1967. The Beatles' early success has been attributed to Epstein's management and sense of style. Paul McCartney said of Epstein: "If anyone was the Fifth Beatle, it was Brian." From the Beatles Anthology DVD.


■本の表紙と新聞記事 Book covers and a newspaper article

a.ジョン・レノン』 音楽之友社 (2002)
b. Lennon: The Definitive Biography Pan Books (2002)
c. Brian Epstein, the manager of the Beatles, dies at age 32 - Daily Mirror. Image source: Marmalade Skies

                  ↓ Click to enlarge ↓

a. 51105awvnfl b. 518dya2b0ucl c. Epstein
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 岡山 2002
ブライアンが僕たちにスーツやら何やら着せたんで、僕たちはかなりどでかく成功した。でも、身売りしてたんだよ。最初のイギリスの劇場ツアーに行く前から、もう音楽は死んでた。ばかばかしいと僕たちはとっくに感じてたんだ。だって一時間や二時間にプレイを短くするのをある意味で僕たちは喜んでたけど、それを二十分に縮めなきゃならなかったし、毎晩おんなじ二十分間を繰り返してんだからね。(……)

   レイ・コールマン=著 岡山徹(おかやま・とおる)=訳
   『ジョン・レノン』 音楽之友社 2002/05
 
 
(J2) 片岡 1972, 1974, etc.
ブライアンが私たちにスーツを着せたり、いろんなとこをかえていって、非常にたいへんな成功になったのです。そして、私たちは、身売りしたわけですよ。イギリスで、劇場公演に出るまえから、私たちの音楽は死んでしまっていました。それまで、演奏は一時間とか二時間だったのですが、それを二十分につめて、その二十分を夜ごとにくりかえすということになってしまっていたので、このことに関してはある意味ではうれしかったのですが(……)

   2a. ジョン・レノン+ヤーン・ウェーナー 片岡義男=訳
      クリストファー・シルヴェスター=編 新庄哲夫〔ほか〕=訳
      『インタヴューズ2—スターリンからジョン・レノンまで
      文藝春秋 1998/11 所収
   2b. ジョン・レノン+ヨーコ・オノ+ヤーン・ウェナー 片岡義男=訳
      『レノン・リメンバーズ』 草思社 2001/08 所収
   2c. ジョン・レノン+ヨーコ・オノ+ヤーン・ウェナー 片岡義男=訳
      『回想するジョン・レノン 新版』 草思社 1974/06 所収
   2d.  ジョン・レノン+ヨーコ・オノ+ヤーン・ウェナー
      片岡義男=訳 『ビートルズ革命—ジョン・レノンの告白』 草思社 1972 所収
   引用は 2a. に拠りました。


■英語原文 The original text in English

You know, Brian put us in suits and all that, and we made it very, very big. But we sold out, you know. The music was dead before we even went on the theater tour of Britain. We were feeling shit already, because we had to reduce an hour or two hours' playing, which we were glad about in a way, to twenty minutes, and we would go on and repeat the same twenty miinutes every night. (...)

   John Lennon interviewed by Jann S. Wenner
   E1 Lennon Remembers. Verso Books 2000
   E2 The Penguin Book of Interviews: An Anthology from 1859 to the Present Day
      Edited with an Introduction by Christopher Silvester
      Penguin Books 1994
   E3 The Penguin Book of Interviews
      Edited by Christopher Silvester. Viking 1993
   E4 Rolling Stone, 21 January and 4 February 1971.
   The quotation is based on E2.


■更新履歴 Change log

2011/12/08 「エプスタインの死」の YouTube 動画を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese


■DVD

■CD

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 29 March 2008

John Lennon on George's, Paul's and Ringo's reaction to Yoko ジョン・レノン、ジョージ、ポール、リンゴのヨーコへの態度について語る

J1『インタヴューズ2—スターリンからジョン・レノンまで』文藝春秋 (1998)
E2 The Penguin Book of Interviews. Penguin Books (1994)
J2『レノン・リメンバーズ』草思社 (2001)
J3『回想するジョン・レノン 新版』草思社 (1974)
J4『ビートルズ革命—ジョン・レノンの告白』草思社 (1972). Image source: 古本屋あなもん
Ex Lennon Remembers. Straight Arrow Books (1971). Image source: Ottawa Beatles Site

               ↓ Click to enlarge ↓  

J1 4163545107 E2 619246064 J2 51r6rpy1vbl

J3 51rmrrq20dl J4 Beatles6 Ex Remember_1
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

——ジョージ、ポール、それにリンゴの、ヨーコに対する反応をそれぞれどのように特徴づけますか。

ほかの人たちとおなじなのです。ポールの反応は、新聞に出たのとおなじです。はじめは自分はヨーコを嫌悪したけれど、やがて好きになった、とポールは何度も言っていました。しかし、そんなことを言われてもすでに手遅れなわけで、私はヨーコの側ですからね。(……)それにジョージは、はじめのころ、アップルのオフィスでヨーコに面とむかって、侮辱の言葉を投げつけたのです。侮辱としてではなく、ただ「素直な意見を」述べるという、あのやり方ですけれど、(……)。

リンゴは、よかったのです。彼の妻モーリーンも、よかったのですが、ほかのふたりが、ほんとうに私たちをこきおろしました。私は、あのふたりをぜったいに許しません。ハレ・クリシュナやキリストなどがどうあろうとも……それに、ポールの、「ぼくは彼女に対するこれまでの考え方を変えたのだ」というのも、ほんとうに、許せないのです。しかし、それでもまだ、あの連中は、好きなのですけれど。

   J1 ジョン・レノン+ヤーン・ウェーナー 片岡義男=訳
    クリストファー・シルヴェスター=編 新庄哲夫〔ほか〕=訳
    『インタヴューズ2—スターリンからジョン・レノンまで
    文藝春秋 1998/11
   J2 ジョン・レノン+ヨーコ・オノ+ヤーン・ウェナー 片岡義男=訳
    『レノン・リメンバーズ』草思社 2001/08
   J3 ジョン・レノン+ヨーコ・オノ+ヤーン・ウェナー 片岡義男=訳
    『回想するジョン・レノン 新版』草思社 1974/06
   J4 ジョン・レノン+ヨーコ・オノ+ヤーン・ウェナー 片岡義男=訳
    『ビートルズ革命—ジョン・レノンの告白』草思社 1972
   引用は J1 に拠りました。 

 
■英語原文 The original text in English

How would you characterize George's, Paul's and Ringo's reaction to Yoko?

It's the same. You can quote Paul, it's probably in the papers; he said it many times that at first he hated Yoko, and then he got to like her. But it's too late for me. I'm for Yoko. (...) And George, shit, insulted her right to her face in the Apple office at the beginning, just being 'straightforward,' you know, (...).

Ringo was all right, but the other two really gave it to us. I'll never forgive them, I don't care what fuckin' shit about Hare Krishna and God and Paul with his 'Well, I've changed me mind.' I can't forgive 'em for that, really. Although I can't help still loving them either.

   John Lennon interviewed by Jann S. Wenner
   E1 Lennon Remembers. Verso Books 2000
   E2 The Penguin Book of Interviews: An Anthology from
    1859 to the Present Day.
    Edited with an Introduction by Christopher Silvester
    Penguin Books 1994
   E3 The Penguin Book of Interviews
    Edited by Christopher Silvester. Viking 1993
   E4 Rolling Stone, 21 January and 4 February 1971.
   The quotation is based on E2.
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese


■DVD

■CD

 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 27 March 2008

The Mark of the Beast by Rudyard Kipling (1) キプリング 「獣のしるし」「けものの印」「獣の痕跡」(1)

« The Mark of the Beast 2 »
« 獣のしるし 2 »

 Images 
表紙画像 Book and magazine covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 51nezetmwnl b. 51p6ttre2hl c. Kipling_timecover1101260927

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 矢野 1998
 エジプトのスエズから東に行くと、神による直接の加護はなくなる、と考えている人がいる。そこでは、アジアの神々と魔物の力がつよくなる。ただイギリス人だけは、
英国国教会により神の加護にまもられることもある……と。
 そういう考え方があるために、多くの人びとが、インドでの生活にありもしない恐怖をいだくことになる。そのことはまた、これから語る物語を理解してもらうのにも、役立つだろう。
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   ラドヤード・キップリング=著 矢野浩三郎=訳 「獣のしるし」
   W・W・ジェイコブズ〔ほか〕=著 大久保浩=絵
   『恐怖と怪奇名作集4 猿の手』 岩崎書店 1998/12 所収


(J2) 椋田 1989
 スエズの東でキリスト教の直接統治はおわる、という説がある。そこから先はアジアの神がみと悪魔たちが支配する世界で、イギリス国教会の神はイギリス人にかぎって、ときどきできる範囲内でめんどうを見てくれるだけなのだそうだ。
 インドでくらしていると、いろいろ恐ろしいめにあうことがあるが、この説によればそれもいくらかは納得がいく。わたしのこれからお話しすることも、少しむりをすればこの説で説明がつかないこともない。
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   キプリング=著 椋田直子=訳 「けものの印」
   江河徹=編 林浩一=画 『奇妙な動物の話』 幻想文学館3
   くもん出版 1989/08 所収


(J3) 伊藤 1985
 スエズの東でわれらが神の直接統治は終わる、という意見をきくことがある。それより東では、ひとはアジアの善神・悪神たちの手に委ねられ、英国国教会の神はイギリス人の場合に、ときたま最小限の監督権を行使するにすぎないという。
 この見方は、インドの暮らしのなかに氾濫する、あらずもがなの恐怖をいくつか説明してくれる。さらにはこれを敷衍(ふえん)して、わたしの物語も説明できるかもしれない。

   ラドヤード・キプリング=著 伊藤欣二=訳 「獣の印」
   由良君美=編 『イギリス幻想小説傑作集
   白水Uブックス 1985/10 所収


(J4) 橋本 1980
 スエズの東には神の威光は届かない。そこでは、人間は、アジアの神々やアジアの魔神の力にゆだねられていて、英国国教会の神意は、英国人の場合でも時おり、それも強くは働かないのだと信じている人もいる。
 この理論はインドの生活で出会う、どちらかというと無用な恐怖のいくつかを説明してくれるし、わたしの物語の説明に敷衍(ふえん)できるかもしれない。

   R・キプリング=著 橋本槇矩(はしもと・まきのり)=訳 「獣の印」
   由良君美=編 『夜光死体—イギリス怪奇小説集
   旺文社文庫 1980/04 所収


(J5) 三枝 1971
 スエズから東の国では神の直接の支配はない、と一部の人間は思っている——そこに住む人間はアジアの魔力に屈し、英国国教会の神だけが、英国人に限ってたまに、わずかな監督の役目を果たすと。
 こうした考えは、なにかと気苦労の多いインドにおける生活を知るうえで重要であり、わたしの物語を理解する手助けとなるはずである。

   ラドヤード・キップリング=著 三枝裕士=訳 「獣の痕跡」
   日本ユニエージェンシー=編 『五本指のけだもの
   アンソロジー・恐怖と幻想3 月刊ペン社 1971 所収


■ロシア語訳 Translation into Russian

Существует мнение, что к востоку от Суэца непосредственный контроль Провидения кончается; человек там подпадает под власть азиатских богов и дьяволов, а Провидение англиканской церкви осуществляет над англичанами лишь ослабленный и нерегулярный надзор.

Этим объясняются и некоторые ужасы и без того нелегкой жизни в Индии: с известной натяжкой подобное предположение может послужить объяснением моего рассказа.

   Редьярд Киплинг. Начертание зверя
   E-text at Вокруг Света


■ドイツ語訳 Translation into German

Östlich von Suez scheint die Vorsehung irgendwie zu versagen; die Menschen werden dort der Macht der Götter und Teufel Asiens überlassen; wenigstens tritt jene Vorsehung, die die englische Kirche lehrt, nur gelegentlich und auch dann nur sehr lahm in Tätigkeit, soweit es Europäer betrifft.

Diese Theorie könnte so manches überflüssig grauenhafte Geschehnis im Leben Indiens erklären. Ich erwähne das, weil es auf meine Geschichte hier einigen Bezug hat.

   Das Stigma des Tieres by Rudyard Kipling
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

A leste de Suez, alguns acreditam, o controle direto da Providência cessa, o Homem fica entregue ao poder dos deuses e demônios da Ásia, e a Igreja da Providência da Inglaterra exerce uma supervisão apenas eventual, restrita aos ingleses.

Essa teoria explica alguns dos mais desnecessários horrores da vida na Índia. E pode ser estendida para explicar minha história.

   A Marca da Besta by Rudyard Kipling. Translated by Sandra Pina.
   Coleção Góticos, Vol. 16. Editora Melhoramentos, 2014
   Preview at Google Books


■カタルーニャ語訳(部分) Translation into Catalan (fragment)

N’hi ha que sostenen que a l’est de Suez acaba el control directe de la Providència: l’home hi queda a la mercè del poder dels Déus i els Dimonis d’Àsia, i la Providència de l’Església d’Anglaterra només hi exerceix una supervisió ocasional i moderada en el cas dels britànics.

   La marca de la bèstia by Rudyard Kipling
   Quoted in Especulacions d'un Neanderthal


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Al Este de Suez —dicen algunos— el control de la Providencia termina; el Hombre queda entregado al poder de los Dioses y Demonios de Asia, y la Iglesia de Inglaterra sólo ejerce una supervisión ocasional y moderada en el caso de un súbdito británico.

Esta teoría justifica algunos de los horrores más innecesarios de la vida en la India; puede hacerse extensible a mi relato.

   La Marca de la Bestia by Rudyard Kipling
   E-text at El Espejo Gótico


■フランス語訳(部分) Translation into French (fragment)

Quelques gens tiennent qu'à l'Est de Suez, la Providence suspend son contrôle direct, l'homme y passant au pouvoir des dieux et des diables d'Asie.

   La Marque de la bête by Rudyard Kipling
   Quoted in Le Thyrse [PDF]


 Video 
Rudyard Kipling's Mark of the Beast (2012) Trailer

Uploaded to YouTube by BrightlyMedia on 4 Aug 4 2011. Directed by Jonathan Gorman, Thomas Edward Seymour. Starring Ellen Muth, Debbie Rochon.


 Audio 
英語原文のオーディオブック 朗読: ウィリアム・クーン
Audiobook in English read by William Coon

下の引用箇所の朗読は 0:38 から始まります。 Uploaded to YouTube by Free Audio Books and Recordings on 3 Dec 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 0:38.


■英語原文 The original text in English

East of Suez, some hold, the direct control of Providence ceases; Man being there handed over to the power of the Gods and Devils of Asia, and the Church of England Providence only exercising an occasional and modified supervision in the case of Englishmen.

This theory accounts for some of the more unnecessary horrors of life in
India: it may be stretched to explain my story.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/10/29 ポルトガル語訳、カタルーニャ語訳(部分)、およびフランス語訳(部分)を追加しました。
  • 2012/08/13 ロシア語訳、ドイツ語訳、およびスペイン語訳を追加しました。また、Rudyard Kipling's Mark of the Beast: Trailer の YouTube 動画も追加しました。
  • 2008/05/28 橋本槇矩=訳 1980/04、および三枝裕士=訳 1971 を追加しました。

 

« The Mark of the Beast 2 »
« 獣のしるし 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 24 March 2008

A Piece of Cake by Roald Dahl (2) ロアルド・ダール 「楽勝」「簡単な任務」「お茶の子さいさい」「たやすい仕事」 (2)

« 1 A Piece of Cake »
« 1 楽勝 »

 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Hikousitatinohanasi de 417c7rs9d1l fr 41m4j9aqmpl

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 柳瀬 2006
 ピーターが言った。「ここからどれくらいある?」
「チャリングクロスを越(こ)えて三十四キロ」と、わたしは答えた。「道の右側だ」
(……)
 ピーターが言った。「楽勝よ」
「うん。きっとわけない」
(……)
「気をつけろよ。油断しちゃだめだ」
「楽勝です」と、わたしは言った。
「なにを言うか」
「ほんとです。なんてことありません。楽勝です」

   ロアルド・ダール=著 柳瀬尚紀=訳 「楽勝 初短編——1942年」
   『奇才ヘンリー・シュガーの物語
   ロアルド・ダールコレクション7 評論社 2006/10 所収
   原書: The Wonderful Story of Henry Sugar and Six More (1977)


(2) 永井 1981
 ピーターがいった。「ここから遠いのか?」
「チャリング・クロスから二十一マイルだ」と、わたしは答えた。「道路の右側だよ」
(……)
 ピーターがいった。「この任務はわけないな」
「ああ、きっとわけないよ」
(……)
「気をつけなよ。無茶をしたって始まらないからな」
「わけない仕事なんだよ」と、わたしはいった。
「そうとも」
「ほんとだよ。どうってことはないさ。わけないよ」

   ロアルド・ダール=著 永井淳=訳 「簡単な任務」
   『飛行士たちの話』 ハヤカワ・ミステリ文庫 1981/07 所収
   原書: Over to You: Ten Stories of Flyers And Flying (1946)


(3) 小野 1979/03, 1979/08
 ピーターがいった。「ここからどのくらいある?」
 「チャリング・クロスから、右手に二十一マイルだ」とわたしは答えた。
(……)
 ピーターがいった。「お茶の子さいさいさ。」
 「そうだ、そんなにむずかしくはないはずだ。」
(……)
 「気をつけるんだぜ。気をつけるにこしたことはないからな。」
 「お茶の子さいさいさ」とわたしはいった。
 「地獄の前のか。」
 「いや、そんなんじゃないよ。本当のお茶の子さいさいさ。」

   3a. Roald Dahl=著 小野章=訳注 「お茶の子さいさい」
      『ヘンリー・シュガーのわくわくする話
      英文世界名作シリーズ63 評論社 1979/08 所収
   3b. ロアルド・ダール=著 小野章=訳
      「お茶の子さいさい わたしの最初の物語——1942年」
      『ヘンリー・シュガーのわくわくする話
      児童図書館・文学の部屋 評論社 1979/03 所収
   原書: The Wonderful Story of Henry Sugar and Six More (1977)
   引用は 3b. に拠りました。


(4) 深町 1973/05, 1973/08
 ピーターが言った。「あそこまで距離はどのくらいだっけ?」
「チャリング・クロスの先、二十一マイル、道路の右側だ」わたしは答えた。
(……)
 ピーターが言った。「ちょろい仕事だな」
「ああ。簡単に終わるはずだ」
(……)
「気をつけろよ。無茶をやったってだれの得にもならんのだから」
「ちょろい仕事だよ」わたしは言った。
「猛烈にな」
「ほんとなんだ。じっさいなんでもない。ちょろい仕事さ」

   ロアルド・ダール=著 深町眞里子=訳 「たやすい仕事」
   4a. 常盤新平=編 『昨日は美しかった—飛行士の10の短篇
      新書館 1973/08 所収
      原書: Over to You: Ten Stories of Flyers And Flying (1946)
   4b. 「ハヤカワミステリマガジン」 No.205, 1973/05 収載
   引用は 4a. に拠りました。
 
               
■スペイン語訳 Translation into Spanish

 —¿Cae muy lejos? —dijo Peter.
 —A unos treinta y tres kilómetros de Charing Cross —contesté—. En el lado derecho de la carretera.
( . . . )
 —Es pan comido —dijo Peter.
 —Sí. Debería resultarnos fácil.
( . . . )
 —Tenga cuidado. Es una insensatez no tener cuidado.
 —Es pan comido —dije.
 —Ni hablar.
 —De veras. No es nada de nada. Es pan comido.

   Pan Comido
   Mi Primera Historia — 1942
   by Roald Dahl
   E-text at Biblioteca Tercer Milenio


 Audio 
「楽勝」 - 英語原文のオーディオブック(朗読) A Piece Of Cake - Audiobook

Uploaded to YouTube by cwrigh13 on 28 Dec 2012.


■英語原文 The original text in English
 (青の数字は上の YouTube 画面の時間表示を示しています。
 The numerals in blue indicate the time shown on the YouTube screen above)

1:55
 Peter said, 'How far away is it?'
 'Twenty-one miles beyond Charing Cross,' I answered, 'on the right side of the road.'
( . . . )
2:29
 Peter said, 'It's a piece of cake.'
 'Yes. It ought to be easy.'
( . . . )
3:02
 'Be careful. There isn't any sense not being careful.'
 'Piece of cake.' I said.
 'Like hell.'
 'Really. It isn't anything at all. It's a piece of cake.'

   A Piece of Cake (1942)
   from Over to You: Ten stories of Flyers and Flying
   by Roald Dahl
   First published in the US by Reynal & Hitchcock, 1946
   Published in Penguin Books, 1973
   E-text at content.mail.ru


■「お茶の子さいさい」出版史 A Piece of Cake - publication history

"A Piece of Cake," Dahl's first published work, appeared in the 1 August 1942 issue of the Saturday Evening Post, under the title "Shot Down Over Libya," though anonymously credited to "an RAF pilot at present in this country for medical reasons".  The work was later revised and retitled as "A Piece of Cake," and published in Dahl's first collection of stories "Over to You: Ten Stories of Flyers and Flying" (1946).


■片山厚氏による注釈書
 A book with the original text in English and annotations in Japanese

訳文を追って挿入するつもりで、タイトルだけを掲げておりました、下の本は、実物をたしかめたところ、訳書ではなく注釈書であることがわかりました。しかも、収録作品は表題作「ヘンリーシュガー氏の華麗な物語」1作のみで、"A Piece of Cake" は含まれていません。したがって、この稿に挙げる意味は、あまりないのですが、ひょっとしてなにかの参考になる場合もあるかと思い、書誌情報を残しておきます。

   Roald Dahl=著 片山厚=編注
   『ヘンリーシュガー氏の華麗な物語
   篠崎書林(初版 1975、第2刷 1996/03)所収
   原書: The Wonderful Story of Henry Sugar and Six More (1977)


■外部リンク External links

 
 
■更新履歴 Change log

  • 2013/04/01 英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2008/04/27 「片山厚氏による注釈書」の項を追加しました。

 

« 1 A Piece of Cake »
« 1 楽勝 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

 

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 23 March 2008

魯迅 「戦争をやめさせる話」「非攻」 (『故事新編』より) Opposing Aggression (from Old Tales Retold) by Lu Xun

           目次 Table of Contents

    Cover photos  表紙画像
   ■英訳 Translation into English
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (1) 藤井 2010
     (2) 木山 1985
     (3) 竹内 1979
     (4) 松枝+和田 1976
     (5) 高橋 1967
     (6) 増田(?) 1936
   ■中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese
   ■中國語原文(繁體字)The original text in traditional Chinese
   ■ほぼ網羅的な邦訳リスト A more or less complete list of Japanese translations
   ■更新履歴 Change log


 Cover photos  表紙画像

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 51gse5rx07l b. 510frxt7kcl c. Image


■英訳 Translation into English


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 藤井 2010
 「(……)宋に何の罪があるのでしょう? 楚の国には有り余るほどの土地があり、足りないのは民衆です。足りぬものを殺し余るものを争うは、智と言えず、宋に罪なくして、これを攻めるは、仁と言えず、知りながら、否と言わぬは、忠とは言えず、否と言って、説得できねば、強とは言えず、義として少数を殺さずとも、多数を殺すは、道理を知るとは言えません。先生のお考えはいかに?……」
 「それは……」公輸般(こうしゅはん)は考えていたが、「先生のおっしゃるとおりです」
 「それでは、手を引いてはいかがですか?」
 「それはできません」公輸般(こうしゅはん)は辛そうに答えた。「私はすでに王に話してしまったのです」
 「それでは、私を王に会わせて下さればよろしい」
(……)

   魯迅=作 藤井省三(ふじい・しょうぞう)=訳
   「非攻(ひこう)——平和主義者の墨子(ぼくし)と戦争マニアの物語」
   『故事新編(こじしんぺん)』
   『酒楼にて/非攻』 光文社古典新訳文庫 2010.10.20


(2) 木山 1985
 「(……)宋に何の罪科(つみとが)がありますか。楚は土地が有り余って民の足りぬ国です。足りぬものを殺して有り余るものを争うのは、智(ち)とはいえぬでしょう。宋に罪なくしてこれを攻めるのは、仁とはいえぬでしょう。そうと知りながら、諌(いさ)めぬなら、忠とはいえぬでしょう。諌めても無効なら、強とはいえぬでしょう。義として少数を殺さぬがしかし多数は殺すとなれば、類を知るとはいえぬでしょう。これをどうお考えなさる……」
 「それは……」と公輸般は考えながら、「お説のとおりです」
 「だったら、とりやめられませんか?」
 「それがだめなので」公輸般は苦り切って、いった。
 「もう王に進言してしまったんですから」
 「だったら、王にお引き合わせ願いたい」
(……)

   魯迅=著 木山英雄(きやま・ひでお)=訳 「非攻」 『故事新編』
   相浦杲(あいうら・たかし)〔ほか〕=編 立間祥介=訳者代表
   『魯迅全集3 野草・朝花夕拾・故事新編
   学習研究社, 1985.11 所収


(3) 竹内 1979
 《(……)宋にはどんな罪がありますか? 楚国には土地はあり余っており、足りぬものは人民です。足りぬものを殺して、あり余るものを奪うのは智とは申せません。罪のない宋を攻めるのは仁とは申せません。主君の過ちを知りながら諌(いさ)めぬのは、忠とは申せません。諌めてしかも成らぬのは、強とは申せません。義において少数を殺さぬとしながら、多数を殺すのは類推の理を知るとは申せません。ご高見はいかが? ……》
 《それは……》公輸般はしばらく考えた。《まことに、おっしゃるとおりです》
 《では中止できませんか?》
 《それができんのです》公輸般はしょげた。《すでに王に説(と)いてしまったのです》
 《では、わたしを王に会わせてください》
(……)

   魯迅=作 竹内好(たけうち・よしみ)=訳 「戦争をやめさせる話」
   『故事新編』 岩波文庫, 1979.9 所収
 
  1. 竹内 新・ちくま文学の森9. -- 筑摩書房, 1995.5
  3. 竹内 魯迅文集2. -- ちくま文庫, 1991.4
  5. 竹内 河出世界文学大系75. -- 河出書房新社, 1980.11
  6. 竹内 魯迅選集3. -- 岩波書店, 1980
★ 9. 竹内 故事新編. -- 岩波文庫, 1979.9
 10. 竹内 魯迅文集2. -- 筑摩書房, 1976.12
 13. 竹内 筑摩世界文学大系78. -- 筑摩書房, 1974
 14. 竹内 世界文学全集47. -- 河出書房新社, 1974
 15. 竹内 現代中国文学1. -- 河出書房新社, 1970
 16. 竹内 世界文学全集35. -- 河出書房新社, 1969
 17. 竹内 筑摩世界文学大系92. -- 筑摩書房, 1969
 19. 竹内 魯迅作品集2. -- 筑摩叢書, 1966
 20. 竹内 魯迅選集3. -- 改訂版. -- 岩波書店, 1964.3
 21. 竹内 世界文学大系62. -- 筑摩書房, 1958
 22. 竹内 魯迅選集3. -- 岩波書店, 1956
 23. 竹内 魯迅作品集(続). -- 筑摩書房, 1955
 24. 竹内 魯迅作品集. -- 筑摩書房, 1953


(4) 松枝+和田 1976
「(……)宋には、どんな罪があるのでしょうか? 楚国に余っているものは土地で、欠けているものは人民です。欠けているものを殺して、余っているものを争うのは、智とはいえますまい。宋には罪がないのに、これを攻めるのは、仁とはいえますまい。主君の過ちを知りつつ、これを諌めぬのは、忠とはいえますまい。諌めて、しかも成功せぬのは、強とはいえますまい。義として、少なきを殺さぬとしながら、多きを殺すのは、類推の理を知るとはいえますまい。先生は、どう思われます? ……」
「それは……」公輸般はしばらく考えてから、「まことに、仰せのとおりです」
「では、やめることはできませんか」
「それは、だめです」公輸般は、嘆息して言った。「すでに王に説いてしまったのです」
「では、私を王に会わせてくださればよろしい」
(……)

   魯迅=著 松枝茂夫+和田武司=訳 「非攻」 (『故事新編』より)
   相浦杲〔ほか〕=編 『豪華版世界文学全集35
   講談社, 1976.10 所収

 10. 松枝+和田 世界文学全集44. -- 学習研究社, 1979.7
★12. 松枝+和田 豪華版世界文学全集35. -- 講談社, 1976.10
 14. 松枝+和田 世界文学全集93. -- 講談社, 1975


(5) 高橋 1967
「(……)宋に何の罪があるのだろうか? 楚国では余っているのは土地であり、足らないのは人民だ。足らないものを殺して余っているものを争う、これは智とはいえない。宋には罪はないのに、それを攻めようとするのは、仁とは言えない。義において一人を殺さず、しかも多数を殺すのは、論理を知るものとはいえぬ。先生どうお思いか?……」
「それは……」公輸般は考えた、「先生のおっしゃることはもっともだ」
「それなら止めることはできまいか?」
「それは駄目です」公輸般はしょんぼりと言った。「わたしはもう王に対してそう説いてしまった」
「それなら、私を王に会わせてくださればよろしい」
(……)

   魯迅=著 高橋和巳=訳 「非攻」 故事新編(抄)
   伊藤整〔ほか〕=監修 『世界の文学47』 中央公論社, 1967.6 所収

  2. 高橋 世界の文学セレクション36. -- 中央公論社, 1995.1
  7. 高橋 高橋和巳全集17. -- 河出書房新社, 1979.5
★18. 高橋 世界の文学47. -- 中央公論社, 1967.6

   なぜか「忠」と「強」の箇所が訳出されていません - tomoki y.


(6) 増田(?) 1936
「(……)宋にどんな罪科があるのです? 楚國に有り餘つてゐるものは土地、足りないものは人民です。足りないものを殺して有り餘つてゐるものを爭ふといふのは、これは智といふことが出來ない。宋に罪もないのに、却つて彼を攻めようとするのは、それは仁といふことが出來ない。知つてゐて、却つて爭はないのは、それは忠といふことが出來ない。爭つて、而もそれを遂げなければ、これは強といふことが出來ない。義として少きを殺さず、然して多きを殺すは、これは類を知ると言ふことが出來ない。先生どう思ひますか?……」
「それは………」と公輸般は考へて「先生の言はれることは全く正しいので。」
「それぢや止してくれませんか?」
「それは併し駄目です」と公輸般は殘念さうに云つた「私はもう國王に話してしまひました。」
「それぢや、わしを連れて行つて國王に會はせて下さればよい。」
(……)

   魯迅=著 増田渉=訳(?) 「非攻」 (『故事新編』より)
   鹿地亘(かじ・わたる)〔ほか〕=譯 『大魯迅全集2
   改造社 定價金貳圓 1936/04 所収

   この本の訳者は鹿地亘、松枝茂夫、井上紅梅、増田渉、佐藤春夫の
   5氏ですが、収録作それぞれの訳者が誰であるかについての記載は
   見あたりません。『故事新編』の「解題」の筆者が、増田渉氏と
   なっていることから、「非攻」の訳者は増田氏だと推定しました。
   もし誤りならば、ご指摘ください。


■中国語原文(簡体字)The original text in simplified Chinese

  “[略]宋有什么罪过呢?楚国有余的是地,缺少的是民。杀缺少的来争有余的,不能说是智;宋没有罪,却要攻他,不能说是仁;知道着,却不争,不能说是忠;争了,而不得,不能说是强;义不杀少,然而杀多,不能说是知类。先生以为怎样?……”
  “那是……”公输般想着,“先生说得很对的。”
  “那么,不可以歇手了么?”
  “这可不成,”公输般怅怅的说。“我已经对王说过了。”
  “那么,带我见王去就是。”
[略]

   《故事新编》 「非攻」 作者:鲁迅
   E-text at 天涯在线书库 (www.tianyabook.com)


■中國語原文(繁體字)The original text in traditional Chinese

  「[略]宋有什麼罪過呢?楚國有餘的是地,缺少的是民。殺缺少的來爭有餘的,不能說是智;宋沒有罪,卻要攻他,不能說是仁;知道著,卻不爭,不能說是忠;爭了,而不得,不能說是強;義不殺少,然而殺多,不能說是知類。先生以為怎樣?……」
  「那是……」公輸般想著,「先生說得很對的。」
  「那麼,不可以歇手了麼?」
  「這可不成,」公輸般悵悵的說。「我已經對王說過了。」
  「那麼,帶我見王去就是。」
[略]

   魯迅 「非攻」 (1934)
   《故事新編》 (1935) 所収
   魯迅小説集. -- 人民文学出版社, 1956
   故事新編. -- 人民文学出版社, 1952
   E-text at:
   * 雲臺書屋 (www.b111.net)
   * Wikisource


■ほぼ網羅的な邦訳リスト
 A more or less complete list of translations into Japanese

★は、上にその訳文の抜粋を掲載したもの。

★ 0. 藤井 酒楼にて/非攻 -- 光文社古典新訳文庫, 2010.10
  1. 竹内 新・ちくま文学の森9. -- 筑摩書房, 1995.5
  2. 高橋 世界の文学セレクション36. -- 中央公論社, 1995.1
  3. 竹内 魯迅文集2. -- ちくま文庫, 1991.4
★ 4. 木山 魯迅全集3. -- 学習研究社, 1985.11
  5. 竹内 河出世界文学大系75. -- 河出書房新社, 1980.11
  6. 竹内 魯迅選集3. -- 岩波書店, 1980
  7. 高橋 高橋和巳全集17. -- 河出書房新社, 1979.5
  8. 松枝+和田 世界文学全集44. -- 学習研究社, 1979.7
★ 9. 竹内 故事新編. -- 岩波文庫, 1979.9
 10. 竹内 魯迅文集2. -- 筑摩書房, 1976.12
★11. 松枝+和田 豪華版世界文学全集35. -- 講談社, 1976.10
 12. 松枝+和田 世界文学全集93. -- 講談社, 1975
 13. 竹内 筑摩世界文学大系78. -- 筑摩書房, 1974
 14. 竹内 世界文学全集47. -- 河出書房新社, 1974
 15. 竹内 現代中国文学1. -- 河出書房新社, 1970
 16. 竹内 世界文学全集35. -- 河出書房新社, 1969
 17. 竹内 筑摩世界文学大系92. -- 筑摩書房, 1969
★18. 高橋 世界の文学47. -- 中央公論社, 1967.6
 19. 竹内 魯迅作品集2. -- 筑摩叢書, 1966
 20. 竹内 魯迅選集3. -- 改訂版. -- 岩波書店, 1964.3
 21. 竹内 世界文学大系62. -- 筑摩書房, 1958
 22. 竹内 魯迅選集3. -- 岩波書店, 1956
 23. 竹内 魯迅作品集(続). -- 筑摩書房, 1955
 24. 竹内 魯迅作品集. -- 筑摩書房, 1953
★25. 増田? 鹿地亘〔ほか〕大魯迅全集2. -- 改造社, 1936.4


■更新履歴 Change log

  • 2013-07-31 目次を新設しました。
  • 2012-04-17 藤井省三=訳 2010.10.20 と木山英雄=訳 1985.11 を追加しました。また、これまで誤って「公輸殿」と記していた箇所を「公輸般」に訂正しました。

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 18 March 2008

Dalai Lama on trust and treachery ダライ・ラマ、信頼および不信感について語る

 
■自分のところに、ふりかかってくる

Tibet_dalai_lama_2

「あれがあなたの業(ごう)ですよ。因果応報ですなあ」
   Image source: All Hat No Cattle, 2007/10/19
   本当のニュースは、こちら (ABC News, 2007/10/18)
   "All hat, no cattle" というフレーズの意味は、こちら([1] [2] [3]
 
 
■ダライ・ラマの現実認識への態度——仏教に関して

144pxlight_dispersion_conc

"As in science so in Buddhism, understanding the nature of reality is pursued by means of critical investigation..." - Dalai Lama XIV.
   Words and image source: Wikiquote

「科学におけると同様、仏教においても、ありのままの現実を理解するには厳しい目で探究を行なわなければなりません……」- ダライ・ラマ14世
   Japanese translation by tomoki y.
 
 
■Tibet as of March 19, 2008
Protests_map_0320_large
          ↑ Click to enlarge ↑

Sites of Tibetan demonstrations and protests as of March 19, 2008
チベット人によるデモおよび抗議行動の発生地(2008年3月19日現在)
   Image source: International Campaign for Tibet
 
 
■Tibet as of March 17, 2008
Protests_map_updated_mar_17_2
          ↑ Click to enlarge ↑

Sites of Tibetan demonstrations and protests as of March 17, 2008
チベット人によるデモおよび抗議行動の発生地(2008年3月17日現在)
   Image source: International Campaign for Tibet
 
 
■信頼および不信感について:tomoki y. による日本語訳
 Translation into Japanese by tomoki y.

正直なところ、中国は信頼しづらいですよ。いちどでもヘビに噛まれたら、人は縄を見ただけで警戒するようになるものです。
 
   ダライ・ラマ14世 (1935 - )
   1981年の発言とされる。
   Tomoki Yamabayashi =訳
 
 
■On trust and treachery: The original text in English(英語原文)

Frankly speaking it is difficult to trust the Chinese. Once bitten by a snake you feel suspicious when you see a piece of rope.

   Dalai Lama XIV (1935 - )
   attributed, 1981.

   Sources:
   (1) The Oxford Dictionary of Humorous Quotations
    edited by Ned Sherrrin
    Oxford University Press
    * The edition I consulted is the 2nd edition, 2001.   
    * The latest edition will be the 4th edition, 2008/10
     (forthcoming).

   (2) The Riverside Dictionary of Biography
    Scanned book at Google Book Search   

   (3) The Houghton Mifflin Dictionary of Biography
    Scanned book at Google Book Search

   (4) someworthwhilequotes.com
    The credits page of this website is here.
 
 
■ダライ・ラマの英語 - tomoki y. のコメント
 Dalai Lama's English: Comments by tomoki y.

日本のメディアだと、あまり機会がありませんが、BBC World など英語圏のテレビを見ていると、ダライ・ラマがインタビューに英語で答えているのをしばしば目にします。

ところどころ発音が不明瞭で、ちょっと聞き取りにくい英語です。でも、語り口は雄弁で表情豊か。りきんでいるとまでは言いませんが、熱のこもった話し方をされる。そして、しょっちゅう笑う。その笑い方を初めて見たとき、意外な感じを受けました。日本の宗教界の人たち一般のイメージと違ったからかもしれません。独特のユーモアを漂わせている方ですね。
 
 
■ダライ・ラマの思想の英語圏における伝達者たち
 Chief communicators for Dalai Lama in the English-speaking world

* Jeffrey Hopkins (1940 - )
 アメリカ人のチベット学者。1979年から89年までの間、ダライ・ラマが各地で
 講演を行なったさい、英語通訳のトップを務めた。
   Jeffrey Hopkins (Tibetologist) - Wikipedia
 
* Thupten Jinpa (1958 - )
 チベット生まれ。インドの大学や英国のケンブリッジなどで学位を取得。
 1985年以来、ダライ・ラマの著作の英語への翻訳を手がける第一人者。
   * Geshe Thupten Jinpa - Wikipedia
   * Books written or translated by Thupten Jinpa
    Thupten Jinpa の著訳書一覧。
 
 
■外部リンク External links

* The Office of His Holiness the Dalai Lama
 Dalai Lama's official site

* Tenzin Gyatso, 14th Dalai Lama - Wikipedia (1935 - )
* ダライ・ラマ14世 - Wikipedia (1935 - )

* The Dalai Lama Foundation - Core Founders
 上記の Hopkins や Jinpa を含む、ダライ・ラマの支持者/シンパサイザー/お弟子
 さんたちの略歴一覧。
* Lhasa Hotel (もと Holiday Inn Lhasa) - 関心空間
 tomoki y. は、1980年代後半、ラサで暴動が起きる数か月前に現地を漫遊
 しました。そのときに泊まったホテルについてのリポート。そして、その後。
 
 
■更新履歴 Change log

2008/03/22
「チベット人によるデモおよび抗議行動の発生地(2008年3月19日現在)」の地図を追加しました。

2008/03/19
(1) "All Hat No Cattle" というリンク先サイト名の由来について注を加えました。
(2) 見出しの追加など、細部の修正を行ないました。
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Dalai Lama

(2) Jeffrey Hopkins

(3) Thupten Jinpa

■和書 Books in Japanese
(1) ダライ・ラマ

(2) チベット仏教

(3) チベット+中国

 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 16 March 2008

A Beautiful Mind by Sylvia Nasar シルヴィア・ナサー 『ビューティフル・マインド』

 Image gallery 1 
本の表紙、映画のポスター、DVDのジャケットなど
Film posters, Book & DVD covers, etc.

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_trad_hk_ ko Ko___a_beautiful_mind ja Ja_a_beautiful_mind_

th Th_a_beautiful_mind_ hu Hu_a_beautiful_mind_2001_egy_csodal fi Fi_kaunis_mieli_a_beautiful_mind

ru Ru_ uk Uk_ pl Pl_a_beautiful_mind_piekny_umysl

cs Cs_a_beautiful_mind_cista_duse sr Sr_blistavi_um da Da_a_beautiful_mind_et_smukt_sind

pt Pt_uma_mente_brilhante es Es_una_mente_prodigiosa_sylvia_nasa es Es_una_mente_maravillosa

fr Fr_un_homme_d_exception en En_a_beautiful_mind
 

[zh] 有你終生美麗 Image source: YesAsia 香港
[ko] 뷰티풀 마인드 Image source: leedaehaw.egloos.com 韓国
[ja] ビューティフル・マインド Image source: 計量社会科学ワークショップ 日本
[th] ผู้ชายหลายมิติ Image source: eBay タイ
[hu] Egy csodálatos elme Image source: Palace Online Letöltés ハンガリー
[fi] Kaunis mieli Image source: Viihde.MTV3.fi フィンランド
[ru] Игры разума Image source: Videozona ロシア
[uk] Ігри розуму Image source: MoviePosterDB.com ウクライナ
[pl] Piękny umysł Image source: Filmweb ポーランド
[cs] Čistá duše Image source: WarCenter.cz チェコ
[sr] Blistavi um Image source: Cineclap.free セルビア
[da] Et smukt sind Image source: CinemaZone.dk デンマーク
[pt] Uma Mente Brilhante Image source: Pipoca Online ブラジル/ポルトガル
[es] Una mente prodigiosa Image source: Muncom スペイン
[es] Una Mente Maravillosa Image source: La Coctelera スペイン
[fr] Un homme d'exception Image source: Cinéma Passion フランス
[en] A Beautiful Mind Image source: Yule Augustin


 Image gallery 2 
本の表紙、映画のポスター、DVDのジャケットなど
Film posters, Book & DVD covers, etc.

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_a_beautiful_mind_ he He_ hu Hu_egy_csodalatos_elme_dvd

et Et_a_beautiful_mind_piinatud_geeniu ru Ru_ bg Bg_a_beautiful_mind_

pl Pl_pieknyumysl_ronhowardimages_big2 hr Hr_a_beautiful_mind_genijalan_umdvd ro Ro_a_beautiful_mind_o_minte_sclipit

pt Pt_uma_mente_brilhante es Es_unamente_brillante_portada fr Fr_dvdunhommedexceptionsimplee14046

en En_a_beautiful_mind

[zh] 美丽心灵 Image source: Amazon.cn 中国
[he] נפלאות התבונה Image source: Sub-BaBa イスラエル
[hu] Egy csodálatos elme Image source: e-Szaküzlet ハンガリー
[et] Piinatud geenius Image source: osta.ee エストニア
[ru] Игры разума Image source: Kinoworlds.Ru ロシア
[bg] Красив ум Image source: cinefish.bg ブルガリア
[pl] Piękny umysł Image source: Chomikuj.pl ポーランド
[hr] Genijalan um Image source: TISAKmedia クロアチア
[ro] O minte sclipitoare Image source: CineShop.ro ルーマニア
[pt] Uma Mente Brilhante Image source: Tumblr ポルトガル
[es] Una Mente Brillante Image source: Moonmentum Blog アルゼンチンほか
[fr] Un homme d'exception Image source: GameCash フランス
[en] A Beautiful Mind Image source: Tek link film indir


 Image gallery 3 
本の表紙、映画のポスター、DVDのジャケットなど
Film posters, Book & DVD covers, etc.

↓ Click to enlarge ↓

he He__2 tr Tr_akiloyunlarialtin_akil_oyunlari cs Cs_cista_duse

ro Ro_omintesclipitoare fr Fr_unhommedexception en En_a_beautiful_mind_2

[he] נפלאות התבונה Image source: simania.co.il イスラエル
[tr] Akil Oyunlari Image source: Turk Kitabevi トルコ
[cs] Čistá duše Image source: bux.cz チェコ
[ro] O minte sclipitoare Image source: Elefant.ro ルーマニア
[fr] Un homme d'exception Image source: Cinemagora フランス
[en] A Beautiful Mind Image source: Adolescentes con personalidad


■日本語訳 Translation into Japanese

ナッシュほど独創性に固執し、既成の権威を蔑視し、自立心を保とうと心を砕いたものはいない。若いナッシュのまわりにはアルベルト・アインシュタイン、ジョン・フォン・ノイマン、ノーバート・ウィーナーなど、二◯世紀科学界のそうそうたる人物が顔を揃えていた。ところがナッシュは誰の講義も受けず、誰に師事しようともしなかった。指導者も持たなければ、追随者も作らなかったのだ。(……)

異常なまでに論理性に執着するあまり、日常の問題でさえ——次に来るエレベータに乗るか一台見送るか、どこの銀行に預金するか、どんな仕事を選ぶか、結婚すべきかなど——感情や慣例や因習から切り離して、有利か不利かの計算、アルゴリズムの解析、数学の法則で決定しようとした。このようなナッシュには、廊下でのあたりまえの挨拶でさえ腹立たしかった。「どういうわけで、みんなハローなんて言うんだ?」

   シルヴィア・ナサー=著 塩川優(しおかわ・まさる)=訳
   『ビューティフル・マインド—天才数学者の絶望と奇跡
   新潮社 2002/03


■英語原文 The original text in English

No one was more obsessed with originality, more disdainful of authority, or more jealous of his independence. As a young man he was surrounded by the high priests of twentieth-century science -- Albert Einstein, John von Neumann, and Norbert Wiener -- but he joined no school, became no one's disciple, got along largely without guides or followers. (...)

Compulsively rational, he wished to turn life's decisions -- whether to take the first elevator or wait for the next one, where to bank his money, what job to accept, whether to marry -- into calculations of advantage and disadvantage, algorithms or mathematical rules divorced from emotion, convention, and tradition. Even the small act of saying an automatic hello to Nash in a hallway could elicit a furious "Why are you saying hello to me?"

   A Beautiful Mind: A biography of John Forbes Nash, Jr., winner of
   the Nobel Prize in economics, 1994
   written by Sylvia Nasar
   published by Simon & Schuster, 1998

   Excerpt from Prologue:
   * Salon.com
   * bookbrowse.com
   * Wattpad
   * chapters.indigo.ca

   Excerpt from Chapter 1:
   * chron.com


■映画化作品 Film adaptation

   * A Beautiful Mind (2001) - IMDb
   * A Beautiful Mind - official site
   * A Beautiful Mind (film) - Wikipedia
   * ビューティフル・マインド - Wikipedia


■テレビ 『ビューティ・マインド/狂気の天才数学者、ジョン・ナッシュの人生』 (2002)
 "The American Experience" A Brilliant Madness (2002) TV 1/5


■外部リンク External links

   * ジョン・ナッシュ - Wikipedia
   * John Forbes Nash - Wikipedia
   * Sylvia Nasar - Wikipedia
   * A Beautiful Mind (book) - Wikipedia
   * Review of Sylvia Nasar's A Beautiful Mind: A biography of
    John Forbes Nash, Jr., winner of the Nobel Prize in economics, 1994


■更新履歴 Change log

2012-12-02 各国語版の画像を多数追加しました。
2012-12-01 イメージギャラリーの配列を変更しました。
2012-08-26 画像を大幅に追加しました。
2010-05-05 テレビ『ビューティ・マインド/狂気の天才数学者、ジョン・ナッシュ
         の人生』 (2002) の YouTube 動画を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 15 March 2008

Tess of the d'Urbervilles by Thomas Hardy ハーディ 『テス』『ダーバビル家のテス』『ダーバヴィル家のテス』『ダーバァヴィル家のテス』

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  映画 トリシュナ (2011) 予告編 Film Trishna (2011) Trailer
 Video 2  テレビ テス (2008) TV Tess of the d'Urbervilles (2008)
 Video 3  テレビ テス (1998) TV Tess of the d'Urbervilles (1998)
 Video 4  映画 テス (1979) 予告編・CM Film Tess (1979) Trailer & CM
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translations into traditional Chinese
  (Zh1)
  (Zh2) 李曉君 2009
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 柴田 2013
  (J2) 高桑 2011
  (J3) 田中 2005
  (J4) 小林 1989
  (J5) 井出 1980, 1990, etc.
  (J6) 阿部 1969
  (J7) 中村 1969, 1971
  (J8) 大沢 1961, 1969, etc.
  (J9) 井上+石田 1960
  (J10) 山内 1957
  (J11) 石川 1955, 1961, etc.
  (J12) 竹内 1951, 1962
  (J13) 長澤 1933
  (J14) 広津 1930, 1939
  (J15) 宮島 1929, 1933
  (J16) 平田 1925, 1926
  (J17) 山田 1912
 Image gallery  DVDのジャケットと本の表紙 DVD and book covers
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Videobook  英語原文の朗読 Tess of the d'Urbervilles - Audiobook
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variation of the title in Japanese
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

トマス・ハーディの小説『ダーバヴィル家のテス』。下に引用するのは、その第一章冒頭の一文。さまざまな言語への翻訳の例と、英語の原文を掲載します。また、映画化・テレビ化作品の映像やオーディオブック(朗読)なども添えます。


 Video 1 
トリシュナ』 (2011) 映画予告編
Trishna (2011) Movie trailer

『ダーバヴィル家のテス』の舞台を現代のインド・ラジャスタンに移し替えて映画化した作品。日本未公開。マイケル・ウィンターボトム(監督), フリーダ・ピント(トリシュナ) Michael Winterbottom (director), Freida Pinto (Trishna)


 Video 2 
テス』 (2008) TVミニシリーズ 第1話 Part 1
Tess of the d'Urbervilles (2008) a TV mini-series. Episode 1 Part 1

デヴィッド・ブレア(監督), ジェマ・アータートン(テス)
David Blair (director), Gemma Arterton (Tess)


 Video 3 
テス』 (1998) テレビ Part 1
Tess of the d'Urbervilles (1998) TV Part 1

イアン・シャープ(監督), ジャスティン・ワデル(テス)
Ian Sharp (director), Justine Waddell (Tess)


 Video 4 
テス』 (1979) 映画予告編・テレビCM
Tess (1979) Movie trailer & TV commercial

ロマン・ポランスキー(監督), ナスターシャ・キンスキー(テス)
Roman Polanski (director), Nastassja Kinski (Tess)


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

五月下旬的一个傍晚,一个中年男子正从沙斯顿向靠近布莱克莫尔谷(也叫黑荒原谷)的马洛特村里的家中走去。

   《德伯家的苔丝》 托马斯·哈代
   E-text at WowStory.com(窝说)


■中國語譯(繁體字) Translations into traditional Chinese

(Zh1)
五月下旬的一個傍晚,一個中年男子正從沙斯頓向靠近布萊克莫爾穀(也叫黑荒原穀)的馬洛特村裡的家中走去。

   《德伯家的苔絲》 作者:(英)托馬斯·哈代
   E-text at 書海.org (Shuhai.org)


(Zh2) 李曉君 2009
五月下旬的一個傍晚,一個中年男子正步行從沙斯頓往家中走去,他家在一個叫馬洛特的村子裡。

   《二十一世紀少年文學必讀經典 苔絲
   作者:(英)哈代(Hardy,T) 原;李曉君譯
   21世紀出版社 2009-05-01
   Excerpt at Findbook


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2013
五月後半の或る晩、中年の男が一人、シャストンからマーロットの村へ帰宅せんと、近隣のブレイクモアもしくはブラックムアの谷あいを歩いていた。

   トマス・ハーディ=著 柴田元幸(しばた・もとゆき)=部分訳
   「ダーバーヴィル家のテス——汚(けが)れなき女」
   柴田元幸=編・訳 『書き出し「世界文学全集」』 河出書房新社 2013/08/30


(J2) 高桑 2011
五月も半ばを過ぎたある夕方、一人の中年男がシャストンからその隣のブレイクモアあるいはブラックムアの谷にあるマーロット村へと家路をたどっていた。

   トマス・ハーディ=著 高桑美子(たかくわ・よしこ)=訳
   『トマス・ハーディ全集 12 ダーバヴィル家のテス
   大阪教育図書 2011/05 Preview at Google Books


(J3) 田中 2005
五月の後半のある夕方のこと、一人の中年男が、シャストンからすぐ隣に続くブレイクモア、すなわちブラックムアの谷間にあるマーロットの村へと、家路(いえじ)をたどっていた。

   トマス・ハーディ=作 田中晏男(たなか・やすお)=訳 『テス(上)
   京都修学社=発行 宮帯出版社=発売 2005/02


(J4) 小林 1989
五月も末のある夕方、中年の男がシャストンから隣接するブレィクモア、別名ブラックモア盆地にあるマーロットの村へと歩いて帰っていた。

   トマス・ハーディ=著 小林清一(こばやし・せいいち)=訳
   4a. ダーバビル家のテス』 グーテンベルク21 電子テキスト
   4b. ダーバビル家のテス』 千城(せんじょう) 1989/12


(J5) 井出 1980, 1990, etc.
五月も末のある夕方のこと、一人の中年男が、シャストンから、隣りあうブレイクモア——別名ブラックムーア——の谷あいの、マーロット村をさして、家路をたどっていた。

   ハーディ=作 井出弘之(いで・ひろゆき)=訳
   5a. テス(上)』(全2冊) ちくま文庫 2004/06
   5b. 「ダーバヴィル家のテス」
      『集英社ギャラリー[世界の文学]3 イギリス2
      集英社=発行 1990/06 所収
   5c. 「ダーバヴィル家のテス—清純な女」
      『世界文学全集56 ハーディ』 綜合社=編集 集英社=発行 1980/12
   引用は 5a. に拠りました。


(J6) 阿部 1969
五月なかば過ぎのある午後、初老に近い男がひとり、シャストンから、そのはずれにつづくブレイクモア、またの名ブラックムーアの谷あいにある、マーロット村のわが家へ向けて歩いていた。

   ハーディ=著 阿部知二=訳 『新集 世界の文学21 ハーディ テス
   中央公論社 1969/05/10 所収


(J7) 中村 1969, 1971
五月の末のある夕方、一人の中年男がシャストンの町のほうから、それにつづくブレイクモア、またはブラックムアと呼ぶ谷間のマアロット村へと、家路をたどっていた。

   ハァディ=著 中村佐喜子=訳
   7a. テス(上)』 特製版 旺文社文庫 1971/06
   7b.テス(上)』 旺文社文庫 1969/05
   引用は 7a. に拠りました。


(J8) 大沢 1961, 1969, etc.
五月も末のある夕方のこと、一人の中年男が、シャストンから、隣りあうブレイクモア——別名ブラックムーア——の谷あいの、マーロット村をさして、家路をたどっていた。

   ハーディ=著 大沢衛(おおさわ・まもる)=訳
   8a. テス』 Chikuma classics 筑摩書房 1978/03
   8b. 「ダーバァヴィル家のテス」
      『筑摩世界文学大系66 ハーディ/モーム』 筑摩書房 1973/06 所収
   8c.デュエット版 世界文学全集38 ダーバァヴィル家のテス』(全66巻)
      綜合社=編集 集英社=発行 1969/08 所収 
   8d. 「テス」『世界名作全集21』 筑摩書房 1961/08 所収
   8e. 「ダーバァヴイル家のテス」
      『世界文学大系40 サッカレー・ハーディ』 筑摩書房 1961 所収
   引用は 8c. に拠りました。


(J9) 井上+石田 1960
五月も末のある夕方、一人の中年の男が、シャストンから、隣接するブレイクモア、一名ブラックムア盆地にあるマーロットの村へと、家路をたどっていた。

   ハーディ=作 井上宗次(いのうえ・そうじ)+石田英二=訳
   『テス(上)』(全2冊) 岩波文庫 1960/10 所収


(J10) 山内 1957
五月も下旬のある黄昏(たそがれ)どき、一人の中年の男がシャストンからブレイクモア、またはブラックムアともいうすぐ隣りあわせの谷間にあるマアロット村へと家路をたどっていた。

   トマス・ハアディ=作 山内義雄(やまうち・よしお)=訳
   『テス(上)』(全3冊) 角川文庫 1957/03 所収


(J11) 石川 1955, 1961, etc.
五月下旬のある夕方、中年配の男がシャストンから、隣りあったブレイクモア——ブラックムーアとも呼ばれる——の谷にあるマーロット村へと、家路をたどっていた。

   ハーディ=作 石川欣一=訳 「テス」
   11a. 阿部知二〔ほか〕=編 『河出世界文学大系52 ハーディ
       河出書房新社 1980/11 所収
   11b. 世界文学全集27 ハーディ』(全48巻、別巻7巻)
       河出書房新社 1962/01 所収
   11c. 特製豪華版 世界文学全集41 ハーディ』 河出書房新社 1961 所収
   11d. 『テス(上)』 河出文庫 1955
   引用は 11b. に拠りました。


(J12) 竹内 1951, 1962
五月も末のある夕がた、ひとりの中年の男が、シャストンから隣の盆地(ぼんち)のブレークモア、一名ブラックムアにあるマーロット村へと、家路をたどっていた。

   ハーディ=著 竹内道之助=訳
   12a. 世界名作全集58 テス—純潔な女性』 平凡社 1962 所収
   12b.テス—純潔な女性(上)』 三笠書房 1951
   引用は 12a. に拠りました。


(J13) 長澤 1933
今日は五月の花祭りといふので、マーロットの村の女達は、娘も女房も、皆一樣に白い上衣を着け、右手には皮を剥いだ柳の枝を、左手には一束の白い花を持ちながら、黄銅〓の音につれて村中を練り歩いてゐる。
[完訳ではなく再話です。参考のため、冒頭の一パラグラフを引用しました。〓はバチ。金へんに跋のつくり - tomoki y.]

   トマス・ハアディ=原作 長澤才助=著
   『テス物語』 外語研究社 1933/10(昭和8)


(J14) 広津 1930, 1939
五月末の或る夕方、シャストンから、ブレエクモオアともブラックムウアとも呼ばれる盆地續きのマアロット村を指して、家路を辿る一人の中年男があつた。

[原文はつぎのとおり総ルビ - tomoki y.]
五月末(ぐわつすゑ)の或(あ)る夕方(ゆふがた)、シャストンから、ブレエクモオアともブラックムウアとも呼(よ)ばれる盆地(ぼんち)續(つゞ)きのマアロット村(むら)を指(さ)して、家路(いへぢ)を辿(たど)る一人(ひとり)の中年男(ちうねんをとこ)があつた。

   14a. ハーデイ=作 広津和郎(ひろつ・かずお)=譯
      『世界大衆文學名作選集12 テス』 改造社 豫約定價八十錢
      1939/07(昭和14) この選集の詳細については ここ
   14b. ハーデー=著 広津和郎=譯 「テス」
      『世界大衆文學全集41』 改造社 1930(昭和5)所収
   引用は国立国会図書館所蔵の 14a. マイクロフィッシュに拠りました。


(J15) 宮島 1929, 1933
五月も末の或る夕、一人の中年男が、シャストンからブレークモオアともブラックムーアともいふ盆地續きにあるマアロットの村へ、家路(いへぢ)を辿(たど)つてゐた。

   トマス・ハーデイ=作 宮島新三郎=譯
   15a.テス(上)』 新潮文庫 第49編 1933(昭和8)
   15b. 「ダアバァヴィル家のテス」
      『世界文學全集29 テス, 青春, 其他』(全11冊)
      新潮社 非賣品 1929/02(昭和4)所収
   引用は 15b. に拠りました。


(J16) 平田 1925, 1926
五月下旬の或る夕、一人の中年の男がシヤストンから家路をさして、ブレエクモアア、一にブラックムアアなる隣接の盆地の、マァロットの村へと歩いてゐた。(……)

[原文はつぎのとおり総ルビ - tomoki y.]

五月(ぐわつ)下旬(げじゆん)の或(あ)る夕(ゆふべ)、一人(ひとり)の中年(ちうねん)の男(をとこ)がシヤストンから家路(いへぢ)をさして、ブレエクモアア、一にブラックムアアなる隣接(となり)の盆地(ぼんち)の、マァロットの村(むら)へと歩(ある)いてゐた。(……)

   16a. トマス・ハアーディイ=著 平田禿木(ひらた・とくぼく)=譯
      『テス(上)』2版 國民文庫刊行會 非賣品 1926/07(大正15)
      英文併記
   16b. ハアーデイ=著 平田禿木=譯
      『テス(上)』 世界名作大觀 英國篇 第10卷
      國民文庫刊行會 2版 1925/10(大正14)
   引用は 16a. に拠りました。かなり傷んだ本を、寛大にも貸し出して
   くださった、K県立図書館、ならびに、いつもながら取り寄せの労を
   とってくださった府立図書館の皆さま、ありがとうございました。


(J17) 山田 1912
五月も末の或る夕暮、シャスタン町を後ろに、地續きのブラックムーアの谷(やつ)をさしてマロット村へと歸る四十恰好(がつかう)の男がある(……)

   トマス・ハーデ=作 山田行潦(やまだ・こうろう)=譯
   『テス—運命小説 前編』 文盛堂 1912/06(明治45)
   国立国会図書館 近代デジタルライブラリー スキャン画像


 Image gallery 
DVDのジャケットと本の表紙 DVD and book covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
a. Trishna_2011_dvd_b00bwiiyys b. Tess_wadell
c. Tess_polanski_kinski d. Tess_french_poche


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Mayıs ayının ikinci yarısında bir akşam üstü, orta yaşlı bir adam Shaston'dan Blakemore yahut Blackmoor ovasının eteğinde bulunan Marlott köyündeki evine doğru gidiyordu.

   Tess by Thomas Hardy
   Translated by Özay Süsoy
   Altın Kitaplar, 1982
   Excerpt at Simurg


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Május vége táján, estefelé, egy középkorú férfi igyekezett hazaShastonból Marlott faluba, a szomszédos Blakemore- vagy Blackmoor-völgybe.

   Egy tiszta nő by Thomas Hardy
   Translated by Szabó Lőrinc
   Ulpius-Ház Könyvkiadó KFT, 2007
   E-text at Scribd


■ロシア語訳 Translation into Russian

Однажды вечером во второй половине мая человек средних лет шел домой из Шестона в деревню Марлот, находившуюся неподалеку, в долине  Блекмор,  или Блекмур.

   Томас Гарди. Тэсс из рода д'Эрбервиллей
   E-text at Lib.Ru


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Една вечер през втората половина на май един човек на средна възраст се прибираше от Шестън в село Марлот в близката долина Блейкмор или Блекмур.

   Томас Харди. Тес от рода Д’Ърбървил
   Translated by Веселин Измирлиев, Л. Велинов, 1980
   E-text at Моята библиотека


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Pod koniec maja wieczorem pewien człowiek w średnim wieku wracał piechotą z Shaston do domu, do wsi Marlott położonej w sąsiedniej dolinie zwanej Blakemore lub Blackmoor.

   Tessa d'Urberville by Thomas Hardy
   Translated by Róża Czekańska-Heymanowa
   E-text at:


■ドイツ語訳 Translation into German

Eines Abends in den letzten Tagen des Mai wanderte ein Mann mittleren Alters heimwärts von Shaston nach dem Dörfchen Marlott im benachbarten Tale von Blakemore oder Blackmoor.

   Tess von d'Urbervilles by Thomas Hardy
   Translated by Paul Baudisch
   München : Piper, 2011
   Excerpt at Piper Verlag GmbH


■イタリア語訳 Translation into Italian

Una sera di fine maggio un uomo di mezza età stava ritornando da Shaston al villaggio di Marlott, nella vicina Valle di Blackemore o Blackmoor.

   Tess dei d'Urberville by Thomas Hardy
   Translated by Giuliana Aldi Pompili. Rizzoli-BUR, 1980/2001
   Excerpt at Wikiquote


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Cierto anochecer de fines de mayo, un hombre de edad mediana que venía de Shaston caminaba con rumbo a su casa situada en el pueblo de Marlott, en el vecino valle de Blakcmore o Blackmoor.

   Tess de D´Urberville by Thomas Hardy
   E-text at:


■フランス語訳 Translation into French

Un soir de la fin de mai, un homme d'un certain âge s'en retournait à pied, de Shaston au village de Marlott, dans le val voisin de Blackmoor.

   Tess d'Urberville by Thomas Hardy
   Excerpt at Pipl Directory


 Videobook 
英語原文の朗読 Tess of the d'Urbervilles, Phase 1, The Maiden: Chapter 1.

Classic Literature VideoBook with synchronized text, interactive transcript, and closed captions in multiple languages. Audio courtesy of LibriVox. Read by Adrian Praetzellis.


■英語原文 The original text in English

On an evening in the latter part of May a middle-aged man was walking homeward from Shaston to the village of Marlott, in the adjoining Vale of Blakemore, or Blackmoor.

   Tess of the d'Urbervilles (1891) by Thmas Hardy
   E-text at:


■邦題の異同 Variation of the title in Japanese

  『ダーバーヴィル家のテス——汚れなき女』……柴田 2013
  『ダーバァヴイル家のテス』………………………大沢 1961, 1969, 1973
  『ダーバビル家のテス』……………………………小林 1989
  『ダーバヴィル家のテス—清純な女』……………井出 1980
  『ダーバヴィル家のテス』…………………………高桑 2011 井出 1990
  『ダアバァヴィル家のテス』………………………宮島 1929
  『テス—運命小説』…………………………………山田 1912
  『テス—純潔な女性』………………………………竹内 1951, 1962
  『テス』………………………………………………田中 2005 井出 2004
        中村 1969, 1971 阿部 1969 大沢 1961, 1978
        井上+石田 1960 山内 1957 石川 1955, 1961, etc.
        宮島 1933 広津 1930, 1939 平田 1925, 1926
  『テス物語』…………………………………………長澤 1933


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/10/20 柴田元幸(しばた・もとゆき)=部分訳 2013/08/30 を追加しました。
  • 2013/04/23 映画 『トリシュナ』 (2011) 予告篇の YouTube 動画と高桑美子=訳 2011/05 を追加しました。また、「目次」、「はじめに」、「邦題の異同」の各項を新設しました。
  • 2013/01/31 トルコ語訳、ハンガリー語訳、ロシア語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、ドイツ語訳、スペイン語訳、およびフランス語訳を追加しました。
  • 2011/11/26 LibriVox による朗読の YouTube 画面を CCProse によるビデオブックの動画に置き換えました。音源は、これまでのものとおなじですが、音声に同期したテキストが加わりました。
  • 2011/02/02 2種類の中國語譯(繁體字)とイタリア語訳を追加しました。
  • 2010/11/26 TVミニシリーズ『テス』 (2008) の動画が著作権侵害のため YouTube から削除されているのに気づきましたので、他の動画に差し替えました。また、LibriVox による朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/05/20 つぎの3本の YouTube 動画を追加しました。
    1. TVミニシリーズ『テス』 (2008)
    2. TV『テス』 (1998)
    3. 映画『テス』 (1979) 予告篇
    また、中国語訳(簡体字)の電子テキストへのリンクがリンク切れになっていたので、ほかのサイトへリンクを張り直しました。
  • 2008/06/24 広津和郎=譯 1939/07 を追加しました。
  • 2008/05/27 竹内道之助=訳 1962 を追加しました。
  • 2008/05/19 平田禿木=譯 1926/07 を追加しました。
  • 2008/04/18 小林清一=訳 1989/12 を追加しました。
  • 2008/04/13 中村佐喜子=訳 1971/06 を追加しました。
  • 2008/04/11 阿部知二=訳 1969/05 を追加しました。
  • 2008/04/03 田中晏男=訳 2005/02 を追加しました。
  • 2008/03/16 山内義雄=訳 1957/03、長澤才助=著 1933/10、および宮島新三郎=譯 1929/02 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, 14 March 2008

The Dead (from Dubliners) by James Joyce (2) ジョイス 「死せるものたち」「死者たち」「死せる人々」「死せる人びと」「死せるもの」(『ダブリナーズ』『ダブリンの人びと』『ダブリンの人々』『ダブリンの市民』『ダブリン市民』『ダブリン人』より) (2)

« 1 The Dead »
« 1 死者たち »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Images  表紙画像 Cover photos
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (1) 柳瀬 2009
  (2) 米本 2008
  (3) coderati 2005
  (4) 結城 2004
  (5) 高松 1987, 1999
  (6) 戸田 1976
  (7) 飯島 1955, 1958
  (8) 安藤 1953, 1966, etc.
  (9) 永松 1933
■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translations into Italian
  (It1)
  (It1)
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Video  映画 ザ・デッド (1987) Film The Dead (1987)
 Audio  『ダブリナーズ』全編収録のオーディオブック Dubliners - Full audiobook
■英語原文 The original text in English
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log

■はじめに Introduction

短篇集『ダブリナーズ』の最後に収められていて、とくに評価の高い作品「ザ・デッド」。その最後のワン・センテンスを下に引用します。訳によっては、2文や3文に分かれているものもありますが。


 Image gallery  表紙画像 Cover photos

[ja] ダブリンの人びと ちくま文庫 (2008)
[fi] Dublinilaisia Pentti Saarikoski (1965) フィンランド語訳
[en/cs] Dubliners/ Dublinane Garamond (1999) 英語/チェコ語対訳版
[es] Dublineses/ Dubliners Alianza (2005) スペイン語訳
[pt] Gente de Dublim Livros do Brasil (1981) ポルトガル語訳
[it] Gente di Dublino Mondadori イタリア語訳

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_4480424105 fi Fi_dublinilaisia cs Cs_2712_2

es Es_51n1hebm18l pt Pt_imagem it It_gente20di20dublino_fronte


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

听见雪花落在大地的微弱声响;悄然落下,仿佛进入最后的旅程,落在所有的生人与死者身上。

   詹姆斯·乔伊斯 《往生者》 (收录于《都柏林人》)
   Quotation at 往生者 - Wikipedia


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

聽見雪花落在大地的微弱聲響 ; 悄然落下、彷彿進入最後的旅程、落在所有的生人與死者身上。

   詹姆士・喬伊斯 《往生者》 (收録於 《都柏林人》 )
   Quotation at 往生者 - Wikipedia


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 柳瀬 2009
雪がかすかに音立てて宇宙の彼方(かなた)から舞い降り、生けるものと死せるものの上にあまねく、そのすべての最期(さいご)の降下のごとく、かすかに音立てて降り落ちるのを聞きながら、彼の魂はゆっくりと感覚を失っていった。

   ジェイムズ・ジョイス=著 柳瀬尚紀=訳 「死せるものたち」
   『ダブリナーズ』 新潮文庫 2009/03 所収


(2) 米本 2008
雪が宇宙のなかをしんしんと降りそそぐのを、そして、すべての生者たちと死者たちの上に、最後のときが到来したかのように、しんしんと降りそそぐのを耳にしながら、彼の魂はゆっくりと意識を失っていった。

   ジェイムズ・ジョイス=著 米本義孝=訳 「死者たち」
   『ダブリンの人びと』 ちくま文庫 2008/02 所収


(3) coderati 2005
彼の魂は、全宇宙に幽かに 降り続く、そして来たるべき最期が降りくるのに似て、すべての生者と死者の上に幽かに降り続く雪を 聞きながら、ゆっくり意識を失っていった。

   ジェイムズ・ジョイス=著 coderati [coderati@msn.com] =訳 「死者たち
   『ダブリンの人たち』 プロジェクト杉田玄白正式参加作品
   2005/11/10 公開


(4) 結城 2004
彼の魂はゆっくりと知覚を失っていった。雪が宇宙にかすかに降っている音が聞こえる。最後の時の到来のように、生者たちと死者たちすべての上に降っている、かすかな音が聞こえる。

   ジョイス=作 結城英雄=訳 「死者たち」
   『ダブリンの市民』 岩波文庫 2004/02 所収


(5) 高松 1987, 1999
雪の降る音を聞きながら、彼の魂はしだいに知覚を失っていった。雪はかすかな音をたてて宇宙に降り、最後の時の到来のように、かすかな音をたてて、すべての生者たちと死者たちのうえに降りそそいだ。

   ジョイス=著 高松雄一=訳 「死者たち」
   5a.ダブリンの市民』 集英社 1999/06 所収
   5b.ダブリンの市民』 福武文庫 1987/09 所収
   引用は 5b. に拠りました。


(6) 戸田 1976
彼の魂はゆっくりと意識を失っていった。雪が宇宙の中をひそやかに降る音を、最後の時がせまり来るように、生者たちと死者たちすべての上にひそやかに降る音を聞きながら。

   ジョイス=著 戸田基(とだ・もとい)=訳 「死者たち」
   (「ダブリンの人びと」より)
   『筑摩世界文學大系67 ジョイス1』 筑摩書房 1976/07 所収


(7) 飯島 1955, 1958
ひそやかに宇宙を舞い下り、生けるものと死せるものの最後が落ちかかつてくる如く、それらすべてのものの上に、ひそやかに降りかかる雪の音を聞きつつ、彼の魂はゆるやかに意識を失つていつた。

   ジョイス=著 飯島淳秀=訳 「死せるもの」
   7a.ダブリン人』 角川文庫 1958 所収
   7b.三笠版 現代世界文學全集 若き日の藝術家の肖像・ダブリン人
      三笠書房 1955/02/25 所収
   引用は 7b. に拠りました。


(8) 安藤 1953, 1966, etc.
天地万物をこめてひそやかに降りかかり、なべての生けるものと死せるものの上に、それらの最後が到来したように、ひそやかに降りかかる雪の音を耳にしながら、彼の心はおもむろに意識を失っていった。

   ジョイス=著 安藤一郎=訳 「死せる人々」
   8a. ポプラクリエイティブネットワーク=編 『諸国物語
      ポプラ社 2008/02 所収 目次はここ
   8b.ダブリン市民』 新潮文庫(改版)1971/10 所収
   8c.世界の文学53 イギリス名作集・アメリカ名作集
      中央公論社 1966 所収
   8d.ダブリン市民』 新潮文庫(初版)1953/08 所収
   引用は 8b. に拠りました。


(9) 永松 1933
あらゆる生者と死者の上に、宇宙を通して微かに雪の降るのを、かれらの最後の降下の如く微かに降るのを聞きながら、彼の魂は除々[ママ]として意識を失つて行つた。

   ジェイムズ・ジョイス=著 永松定(ながまつ・さだむ)=譯 「死せる人びと」
   『ダブリンの人々』 金星堂 定價二圓 1933/09/15(昭和8) 所収
   通・雪の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


■ベトナム語訳 Translation into Vietnamese

Chàng lịm đi nghe tuyết nhè nhẹ rơi trong vũ trụ, như rơi lần cuối cùng, xuống trên người sống và cả những người trong cõi chết.

   Cõi chết by James Joyce
   E-text at 4phuong.net


■ロシア語訳 Translation into Russian

[Omission] слышит, как тихо ложится снег на вселенную и как тихо, словно приход их последнего завершения, ложится он на всех живых и мертвых.

   Мёртвые
   from Дублинцы by Джеймс Джойс
   Excerpt at Litmir.net


■ドイツ語訳 Translation into German

Langsam schwand seine Seele, während er den Schnee still durch das All fallen hörte und still fiel er, der Herabkunft ihrer letzten Stunde gleich, auf alle Lebenden und Toten.

   Die Toten
   from Dubliner by James Joyce
   Translated by Dieter E. Zimmer
   Suhrkamp Verlag, Frankfurt am Main, 1995
   Excerpt at Wikipedia


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1)
La sua anima svaniva lentamente nel sonno mentre ascoltava la neve cadere lievemente sull’universo e lievemente cadere, come la discesa della loro ultima fine, su tutti i vivi e i morti.

   I morti
   from Gente di Dublino, Grandi classici, by James Joyce
   Bur


(It1)
La sua anima svanì lentamente nel sonno, mentre ascoltava la neve cader lieve su tutto l'universo, come la discesa della loro ultima fine, su tutti i vivi e su tutti i morti.

   I morti
   from Gente di Dublino by James Joyce
   Excerpt at Wikipedia


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Sua alma desmaiava lentamente, enquanto ele ouvia a neve cair suave através do universo, cair brandamente - como se lhes descesse a hora final - sobre todos os vivos e todos os mortos.

   Os Mortos
   from Dublinenses by James Joyce
   Translated by Hamilton Trevisan
   Excerpt at UFRGS


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

La seva ànima es va esvair lentament en escoltar la caiguda de neu feblement a través de l'univers i caure dèbilment, com el descens del seu últim fi, sobre tots els vius i els morts.

   Els morts
   from Dublinesos by James Joyce
   Excerpt at El James Joyce "Jo...


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Su alma se henchía poco a poco, a medida que oía a la nieve extenderse suavemente sobre todo el universo, como si fuera el advenimiento de la última hora para todos, los vivos y los muertos.

   Los muertos
   from Gente de Dublín by James Joyce
   Andrés Bello, Santiago de Chile, 1988
   Preview at Google Books


■フランス語訳 Translation into French

Son âme se pâmait lentement tandis qu'il entendait la neige tomber, évanescente, à travers tout l'univers, et, telle la descente de leur fin dernière, tomber, évanescente, sur tous les vivants et les morts.

   Les Morts
   from Gens de Dublin by James Joyce
   translated by Jacques Aubert, Gallimard
   Excerpt at:


 Video 
映画『ザ・デッド』 (1987) The Dead (1987) a film adaptation of the story
John_huston_the_dead
『ザ・デッド』 ラストシーンの動画を観るには  ここをクリック  してください。
To view the footage from the final scene of The Dead, the film  CLICK HERE 


■映画『ザ・デッド』についての詳細情報 Detailed info on The Dead, the film

 [en] English
   The Dead (All The Living And The Dead) (1987).
   Directed by John Huston, Starring Anjelica Huston.

 [ja] 日本語
   『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 (1987)
   監督: ジョン・ヒューストン 主演: アンジェリカ・ヒューストン


 Audio 
『ダブリナーズ』全編を収録したオーディオブック Dubliners - Full audiobook

下の引用箇所の朗読は 6:39:14 から。 Uploaded to YouTube by GreatestAudioBooks on 28 Feb 2013. Reading of the excerpt below starts at 6:39:14.


■英語原文 The original text in English

His soul swooned slowly as he heard the snow falling faintly through the universe and faintly falling, like the descent of their last end, upon all the living and the dead.
   
   The Dead
   from Dubliners (1914) by James Joyce
   E-text at Project Gutenberg


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

 The Dead
  「死せるもの」……………飯島 1955, 1958
  「死せるものたち」………柳瀬 2009

  「死せる人びと」…………
永松 1933
  「死せる人々」……………安藤 1953, 1966, 1971, 2008
  「死者たち」………………米本 2008
  「死者たち」………………coderati 2005
  「死者たち」………………結城 2004
  「死者たち」………………高松 1987, 1999
  「死者たち」………………戸田 1976

 Dubliners
  『ダブリナーズ』…………柳瀬 2009
  『ダブリンの人たち』……coderati 2005
  『ダブリンの人びと』……米本 2008
  『ダブリンの人びと』……戸田 1976

  『ダブリンの人々』………永松 1933
  『ダブリンの市民』………結城 2004
  『ダブリンの市民』………高松 1987, 1999
  『ダブリン人』……………飯島 1955, 1958
  『ダブリン市民』…………安藤 1953, 1966, 1971, 2008


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/11/19 ベトナム語訳を追加しました。
  • 2013/09/14 目次を新設しました。
  • 2013/04/25 永松定=譯 1933/09/15 を追加しました。
  • 2013/04/17 ロシア語訳、ドイツ語訳、2種類のイタリア語訳、ポルトガル語訳、カタルーニャ語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2013/04/14 オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/07/08 「はじめに」の項を新設しました。また、リンクを一部修正・補足しました。
  • 2010/02/16 飯島淳秀=訳 1955/02/25 を追加しました。また、YouTube のビデオ映像へのリンクを張りました。
  • 2009/06/10 柳瀬尚紀=訳 2009/03 を追加しました。
  • 2008/03/19 戸田基=訳 1976/07 を追加しました。

« 1 The Dead »
« 1 死者たち »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese


■DVD
(1) The Dead ザ・デッド

(2) James Joyce

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Rain (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティーヴンソン (『子どもの詩の園』から)「雨」「あめ」

        目次 Table of Contents

 Audio 1  グランパ・ビーズリー朗読 Rain read by Grampa Beesley
 Audio 2  エヴァ=マリー・クイノーニズ朗読 Rain read by Eva-Marie Quinones
 Images   表紙画像 Cover photos
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) ないとう 2014
  (J2) まさき 2010
  (J3) 森谷 2003
  (J4) 森谷 2003
  (J5) 河野 1998
  (J6) よしだ 1998, 2000
  (J7) しばさき 1973
  (J8) 葛原 1970
  (J9) 安藤 1961
  (J10) 左右田 1949
  (J11) 水谷 1924, 1991
  (J12) 安田 1922, 2011
  (J13) 山口 1922
  (J14) 西條 1922, 1995
  (J15) 福原+葛原 1922
  (J16) 内藤 1921, 2007
  (J17) 赤星 1912
  (J18) 小林 1909, 2007
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) Chericián
  (Es2) Falaquera
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 3  マイク・カウフマン朗読 Rain read by Mike Kauffmann
 Audio 4  ロバート・ニコル・オーディオ提供 Rain presented by Robert Nichol Audio
■2種類の英語原文 The two versions of original text in English
  Ver. A - The rain is raining...
  Ver. B - The rain is falling...
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


 Audio 1 
グランパ・ビーズリーが朗読する「雨」 Rain read by Grampa Beesley

Uploaded by GrampaBeesley on Dec 2, 2011.


 Audio 2 
エヴァ=マリー・クイノーニズが朗読する「雨」 Rain read by Eva-Marie Quinones

Uploaded by rt20bg on 30 Nov 2012. Audio courtesy of LibriVox.


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Product_1_zm b. Achildsgardenofverses c. Childs_garden_verses

  • A Child's Garden of Verses, Audio CD, America Two Publishing, ISBN: 837101054522, Audio samples are here.
  • A Child's Garden of Verses, Giclee Print. Framed poster available from art.com
  • A Child's Garden of Verses, Rand McNally and Company (1902), e-book edition available from Children's Books Online

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) ないとう 2014
雨がふる、あたりいちめんに。
野原にふる、木にふる。
雨は、ここ、ぼくたちのかさにふる。
雨は、とおい海の船にふる。

   ロバート・ルイス・スティーヴンスン=作 ないとうりえこ(内藤里永子)=訳 「雨」
   ターシャ・テューダー=絵 『子どもの詩の園』 
   株式会社 Kadokawa=発行 メディアファクトリー=編集 2014/06/06
   底本: A Child's Garden of Verses by Robert Louis Stevenson.
   Illustration by Tasha Tudor. Oxford University Press, New York, 1947.


(J2) まさき 2010
雨がふるふる、どこもかも
野原にもふる、木にもふる
ここでは、傘のうえにふる
海では、船のうえにふる

   ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作 まさき・るりこ=訳 「雨」
   イーヴ・ガーネット=絵
   『ある子どもの詩の庭で』 瑞雲舎 2010/09/09 所収


(J3) 森谷 「意訳」 2003
見回す限りに雨が降る
野にも 木にも 降る
ここでは、傘の上に降る
海では 船の上に降る

   スティヴンソン=作 森谷昭一=「意訳」
   ミクロコスモス編集部=発行  
   メールマガジン 『ミクロコスモス総合版』 2003/01/19 収載


(J4) 森谷 「直訳」 2003
雨はずっと周りに降っている
雨は野原と木の上に降る
雨はここでは、傘の上に降る
海では船の所に降る

   スティヴンソン=作 森谷昭一=「直訳」
   ミクロコスモス編集部=発行
   メールマガジン 『ミクロコスモス総合版』 2003/01/19 収載


(J5) 河野 1998
雨がふっている、あっちでもこっちでも
 野原にも木の上にも
この傘の上にも
 海の船の上にも

   ロバート・L・スティヴンソン=著 河野一郎=訳
   「雨」(『幼年詩園』 より)
   河野一郎=編訳 『対訳 英米童謡集』 岩波文庫 1998/08 所収


(J6) よしだ 1998, 2000
雨は降(ふ)ります
雨が降る
野原の上に
木の上に
雨は降ります
この傘(かさ)に
海に浮(う)かんだ
お船にも
   
   a. ロバート・ルイス・スティーヴンスン=原著 よしだみどり=訳・絵 「雨」
     『子どもの詩の園』 白石書店 2000/10 所収
   b. ロバート・ルイス・スティーヴンソン=原詩 よしだみどり=訳・絵 「雨」
     『子どもの詩の園』 光琳社出版 1998/06 所収
   引用は b. に拠りました。


(J7) しばさき 1973
雨はふるふる 何処へでも
野原の上に 木の上に
ここではぼくの こうもりに
それから海の お船にも

   R. L. Stevenson =作 ホセ・しばさき=訳註 「雨」
   『童心詩苑1』 泰文堂 1973/12 所収


(J8) 葛原 1970
どちらを見ても雨が降る
野に降る 木に降る 雨が降る
みんなさしてる傘に降る
海に浮んだ船に降る

   R. L. スティーブンソン=作 葛原滋(くずはら・しげる)=訳 「雨」
   岡倉由三郎=原序 福原麟太郎+葛原滋+高村規子=共訳
   Eve Garnett=表紙絵 高村洋子=カット
   『童心詩集』 英光社 1970/07 所収


(J9) 安藤 1961
雨(あめ)が ふってる どこもかしこも、
 雨(あめ)は のはらや 木(き)にも ふる、
雨(あめ)は ふってる ここでは かさに、
 海(うみ)に でている 船(ふね)にも ふる。

   ロバート・ルイ・スティーヴンソン=作 安藤一郎(あんどう・いちろう)=訳 「雨」
   安藤一郎+佐藤義美(さとう・よしみ)=編
   『世界童話文学全集 18 世界童謡集』(全18巻) 講談社 1961/02/10 所収


(J10) 左右田 1949
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.

   ロバート・ルイス・スティイヴンソン=著 左右田実(そうだ・みのる)=訳
   『幼年詩園』 研究社英文訳註叢書 研究社出版 10版 1949 所収


(J11) 水谷 1924, 1991
雨が方々に
降っている。
青い野原に
木のうえに
ここじゃぼくらの
傘のうえ。
あすこの海じゃ
船のうえ。

   ロバート・L・スティーヴンスン=作 水谷まさる=訳 「雨」
   a. 西條八十+水谷まさる=訳 『世界童謡集
      冨山房百科文庫 1991/12 所収
   b. 西條八十+水谷まさる=訳
      初山滋+武井武雄+角田次郎+岡本帰一=挿画 『新訳 世界童謡集
      冨山房 模範家庭文庫 第1輯第12巻 1924(大正13)所収
   a.b. の再刊。用字・字体・仮名づかい・ルビ・作者名の表記などは
   改められています。引用は a. に拠りました。


(J12) 安田 1922, 2011
あめは降る降る
いちめんに
野にも
山にも
あめはふる。

あめは降る、降る
笠の上
海の遠くの船の上。

   ステイブンスン=作 安田裸花(やすだ・らか)=譯 「あめ」
   a. 『世界童謡選集』 高屋一成(たかや・かずなり)=編集・解説
      『マザーグース初期邦訳本復刻集成 4』 全5巻 
      エディション・シナプス 2011/11
   b.世界童謡選集』 大法館 定價金壹圓八拾錢 1922-10-16(大正11)
   a.b. を複製したもの。引用は a. に拠りました。


(J13) 山口 1922
雨はどこにも降つてゐる
野にも木にも降つてゐる
私の傘にもふつてゐる
海の舟にもふつてゐる。

   スチブンソン=著 山口勳(やまぐち・いさお)=譯 「
   『童謡 見知らぬ國』 目黑書店 1922/05/15(大正11) 所収
   国立国会図書館デジタル化資料


(J14) 西條 1922, 1995
雨はどこにでも降つてゐる、
野原にも樹にも
蝙蝠傘(かうもりがさ)のうへにも
また海の船(ふね)にも。

   ロバート・ルイス・ステイーブンソン=作 西條八十=訳 「雨」
   a. 西條八十=著 『西條八十全集5 訳詩』 国書刊行会 1995/10 所収
   b. 「かなりや」 1922年3月号(大正11) 収載
   初出誌は b.。引用は a. に拠りました。


(J15) 福原+葛原 1922
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.

   ステイブンスン=著 福原麟太郎+葛原〓(くずはら・しげる)=訳
   『子供の詩』 東光閣書店 1922(大正11) 所収


(J16) 内藤 1921, 2007
そこいら中に雨がふる
野にも木にも雨がふる
そら、洋傘へも雨がふる
海の舟へも雨がふる

   内藤豊雄=訳 「雨がふる」
   a. 児童文学翻訳大事典編集委員会=編
      『図説 児童文学翻訳大事典2 原作者と作品1(ア〜ソ)』 全4巻
      大空社+ナダ出版センター 2007/06 所収
   b.金の船』 1921/06(大正10)収載
   引用は a. に拠りました。


(J17) 赤星 1912
雨がザア/\ 降つて來た、
 原の草にも 庭木にも。
傘の上にも 流るれば、
 船の上にも 駈け巡る。

   ロバート・ルイス・ステーブンソン=著 赤星仙太(あかぼし・せんた)=訳 「雨」
   『子供の歌園』 福音社書店 1912/12/14(大正1)
   国立国会図書館デジタル化資料 近代デジタルライブラリー


(J18) 小林 1909, 2007
雨は其處邊中(そこらぢう)に降る、
雨は野や樹(き)にもそゝぐ、
雨は此處(こゝ)傘(かうもり)のうへにも落ちる、
また海の船の上にも。

   小林愛雄(こばやし・あいゆう)=訳 「雨」
   a. 児童文学翻訳大事典編集委員会=編
      『図説 児童文学翻訳大事典2 原作者と作品1(ア〜ソ)』 全4巻
      大空社+ナダ出版センター 2007/06 所収
   b.帝国文学』 1909/08(明治42)収載
   引用は a. に拠りました。


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Chericián
Está lloviendo en todas partes,
en campos y árboles al par,
aquí llueve sobre paraguas
y sobre barcos en el mar.

   Lluvia by Robert Louis Stevenson
   Translated by David Chericián
   E-text at Fundación Cuatrogatos [PDF]


(Es2) Falaquera
Está lloviendo en todas partes,
llueve en los campos y en los árboles,
en los paraguas no deja de caer,
y en los barcos del mar también.

   Lluvia by Robert Louis Stevenson
   Translated by Gustavo Falaquera
   E-text at Jardín de Versos para Niños


■フランス語訳 Translation into French

La pluie pleut tout autour,
Il tombe sur des champs et des arbres,
Il pleut sur les parapluies ici,
Et sur les navires en mer.

   La pluie by Robert Louis Stevenson
   E-text at clearlakemike's wunderblog


 Audio 3 
マイク・カウフマンが朗読する「雨」 Rain read by Mike Kauffmann

Uploaded by rt20bg on 25 Nov 2012. Audio courtesy of LibriVox.


 Audio 4 
ロバート・ニコル・オーディオが提供する「雨」 Rain presented by Robert Nichol Audio

Uploaded by JustAudio2008 on Sep 10, 2011. Copyright Robert Nichol Audio Productions 2011.


■2種類の英語原文 The two versions of original text in English

Ver. A The rain is raining... -  Audio 1   Audio 3   Audio 4  

The rain is raining all around,
 It falls on field and tree,
It rains on the umbrellas here,
 And on the ships at sea.

   Rain (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson
   ロバート・L・スティヴンソン=著 河野一郎=訳 「雨」(『幼年詩園』より)

  • 河野一郎=編訳 『対訳 英米童謡集』 岩波文庫 1998/08 所収
  • ロバート・ルイス・スティーヴンソン=原詩 よしだみどり=訳・絵 「雨」 『子どもの詩の園』 光琳社出版 1998/06 所収

   E-text at:


Ver. B The rain is falling...  -  Audio 2 

The rain is falling all around,
 It falls on field and tree,
It rains on the umbrellas here,
 And on the ships at sea.

   Rain (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson
   E-text at:


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/12/15 2種類のスペイン語訳とフランス語訳を追加しました。
  • 2014/07/23 ないとうりえこ=訳 2014/06/06 を追加しました。
  • 2013/10/25 安田裸花=譯 2011/11 を追加しました。
  • 2013/07/24 安藤一郎=訳 1961/02/10 を追加しました。
  • 2013/06/22 目次を新設し、朗読の YouTube 画面を2本追加しました。
  • 2013/06/13 山口勳=譯 1922/05/15 を追加しました。
  • 2012/08/17 赤星仙太=訳 1912/12/14 と、英語原詩朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/10/31 まさき・るりこ=訳 2010/09/09 を追加しました。
  • 2009/02/13 葛原滋=訳 1970/07 を追加しました。
  • 2008/07/02 西條八十=訳 1995/10、水谷まさる=訳 1991/12 と、ホセ・しばさき=訳 1973/12 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, 10 March 2008

Looking Forward (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティーヴンソン (『子どもの詩の園』から)「未来」「おとなになったら」「大人になったら」「大きくなったら」「大人になったらば」「坊が大人になつたなら」「いまに」

           目次 Table of Contents

   ■表紙画像ギャラリー Cover photo gallery
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (1) まさき 2010
     (2) 河野 1998
     (3) よしだ 1998, 2000
     (4) しばさき 1973
     (5) 福原+葛原+高村 1970
     (6) 左右田 1949
     (7) 水谷 1924, 1991
     (8) 安田 1922, 2007, etc.
     (9) 福原+葛原 1922
     (10) 西條 1922, 1995
   ■英語原文 The original text in English
   ■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


■表紙画像ギャラリー Cover photo gallery

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 2010_aru_kodomo_no_shi_no_niwa_de b. 41dncq76cwl c. 51f5wx8v22l

d. 1991_fuzanbo_sekai_doyoshu e. 1970_doushin_shishu_3

f. Es_2001_jardn_de_versos_para_nios g. 98116_1_ftc_dp


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) まさき 2010
大きくなって、家をもったら、
ぼくはえらくて、自信たっぷり。
そしたらぼくは言うんだ、みんなに、
ぼくのおもちゃであそんじゃダメって。

   ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作 まさき・るりこ=訳 「未来」
   イーヴ・ガーネット=絵
   『ある子どもの詩の庭で』 瑞雲舎 2010/09/09 所収
   tomoki y. によるコメント: "When I am grown to man's estate" を
   「大きくなって、家をもったら」と訳すのは、はたして適切かどうか?


(2) 河野 1998
ぼくがりっぱなおとなになったら
うんとえらくなっていばってやるんだ
そしてともだちみんなに言ってやる——
「ぼくのおもちゃをいじるんじゃない!」

   ロバート・L・スティヴンソン=著 河野一郎=訳
   「おとなになったら」
   河野一郎=編訳 『対訳 英米童謡集』 岩波文庫 1998/08 所収


(3) よしだ 1998, 2000
ボクが立派(りっぱ)で
自慢(じまん)できるような
大人になったら
ほかの子どもたちに
言って聞かせてやることがある
君たち、ボクのオモチャを
いじくりまわすのは
やめたまえと

   3a. ロバート・ルイス・スティーヴンスン=原著
      よしだみどり=訳・絵 「大人になったら」
      『子どもの詩の園』 白石書店 2000/10 所収
   3b. ロバート・ルイス・スティーヴンソン=原詩
      よしだみどり=訳・絵 「大人(おとな)になったら」
      『子どもの詩の園』 光琳社出版 1998/06 所収
   引用は 3a. に拠りました。


(4) しばさき 1973
ぼくが大人に なったなら
得意になって 偉そうに
他の子どもに 言うでしょう
おもちゃにおいた するなって

   R. L. Stevenson =作 ホセ・しばさき=訳註 「大きくなったら」
   『童心詩苑1』 泰文堂 1973/12 所収


(5) 福原+葛原+高村 1970
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   R. L. Stevenson 原作
   福原麟太郎+葛原滋+高村規子=訳注
   『童心詩集』 英光社 1970/07 所収


(6) 左右田 1949
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   ロバート・ルイス・スティイヴンソン=著 左右田実(そうだ・みのる)=訳
   『幼年詩園』 研究社英文訳註叢書 研究社出版 10版 1949 所収


(7) 水谷 1924, 1991
ぼくが大人になったらば
ぼくはとくいでいばるだろ。
子供に向っていってやろ
ぼくのおもちゃにさわるなと。

   ロバート・L・スティーヴンスン=作 水谷まさる=訳 「大人になったらば」
   7a. 西條八十+水谷まさる=訳 『世界童謡集
      冨山房百科文庫 1991/12 所収
   7b. 西條八十+水谷まさる=訳
      初山滋+武井武雄+角田次郎+岡本帰一=挿画 『新訳 世界童謡集
      冨山房 模範家庭文庫 第1輯第12巻 1924/05(大正13)所収
   7a.7b. の再刊。用字・字体・仮名づかい・ルビ・作者名の表記などは
   改められています。引用は 7a. に拠りました。


(8) 安田 1922, 2007, etc.
坊が大人になつたなら
うんと偉そに威張つてやらう、
ほかの子供がさわいでも
坊のおもちやにや
さわるなと
大きい聲で云つてやろ。

   ステイブンスン=作 安田裸花(やすだ・らか)=訳 「坊が大人になつたなら」
   8a. 『世界童謡選集』 高屋一成(たかや・かずなり)=編集・解説
      『マザーグース初期邦訳本復刻集成 4』 全5巻 
      エディション・シナプス 2011/11
   8b. 児童文学翻訳大事典編集委員会=編
      『図説 児童文学翻訳大事典2 原作者と作品1(ア〜ソ)』 全4巻
      大空社+ナダ出版センター 2007/06 所収
   8c. 世界童謡選集』 大法館 定價金壹圓八拾錢 1922-10-16(大正11)所収
   8a.8c. を複製したもの。引用は 8a. に拠りました。


(9) 福原+葛原 1922
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   ステイブンスン=著 福原麟太郎+葛原〓(くずはら・しげる)=訳
   『子供の詩』 東光閣書店 1922(大正11) 所収


(10) 西條 1922, 1995
僕が大人(おとな)の年になつたら
僕はうんとえばつて豪さうにしてやる、
そしてほかの女の子や男の子に
僕の玩具(おもちや)をいぢるなと云つてやる。

   ロバート・ルイス・ステイーブンソン=作 西條八十=訳 「いまに」
   10a. 西條八十=著 『西條八十全集5 訳詩』 国書刊行会 1995/10 所収
   10b. 「かなりや」 1922年3月号(大正11) 収載
   初出誌は 10b.。引用は 10a. に拠りました。


■英語原文 The original text in English

When I am grown to man's estate
I shall be very proud and great,
And tell the other girls and boys
Not to meddle with my toys


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「いまに」………………………西條 1922, 1995
   「大きくなったら」………………しばさき 1973
   「おとなになったら」……………河野 1998
   「大人になったら」  ……………よしだ 1998, 2000
   「大人になったらば」  …………水谷 1924, 1991
   「坊が大人になつたなら」  ……安田 1922, 2007, etc.
   「未来」…………………………まさき 2010
   未確認…………………………福原+葛原+高村 1970
   未確認…………………………左右田 1949
   未確認…………………………福原+葛原 1922


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/10/21 安田裸花=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2010/10/31 表紙画像と、まさき・るりこ=訳 2010/09/09 を追加しました。また、「邦題の異同」の項を新設しました。さらに、ブログ記事のタイトルをつぎのとおり変更しました。
    • 旧題: Looking Forward by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン/スティーヴンソン「大人になったら」「大きくなったら」「いまに」
    • 新題: Looking Forward (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン/スティーヴンソン 「未来」「大人になったら」「大きくなったら」「いまに」
  • 2008/07/02 水谷まさる=訳 1991/12、および西條八十=訳 1995/10 を追加しました。
  • 2008/03/25 ホセ・しばさき=訳 1973/12 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

■和書 Books in Japanese
  
  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 02 March 2008

Strange Meeting by Wilfred Owen オーウェン / オウエン 「見知らぬものとの出会い」「不思議な出会い」「奇妙な出逢い」「不思議な邂逅」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  Wilfred Owen - Strange Meeting
 Video 2  Wilfred Owen: A Remembrance Tale (2007)
 Video 3  ウォー・レクイエム (1989) DVD予告篇
 Images   映画・詩集・肖像写真 Film, collection of poems, and portrait
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 引地(壺齋) 2009
  (J2) 本橋 2001
  (J3) 大平 2001
  (J4) 松浦 2000
  (J5) 佐藤 1993
  (J6) 鶴見 1992, 1995
  (J7) 平井 1990
  (J8) 安田 1975
  (J9) 中桐 1959, 1970
 Audio 1  朗読: アラン・デイヴィス・ドレイク Read by Alan Davis Drake
 Audio 2  朗読: トム・オベドラム Read by Tom O'Bedlam
 Audio 3  朗読: ケネス・ブラナー Read by Kenneth Branagh
 Audio 4  朗読: クラシック・ポエトリー・アラウド Read by Classic Poetry Aloud
■英語原文(全文) The original text in English (complete)
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

ウィルフレッド・オーウェンの詩「不思議な出逢い」。さまざまな翻訳版を抜粋して読みくらべてみます。この稿のいちばん下の方に英語原詩の全文を掲載します。原詩の行頭に四角(■)の付いている行が、訳文において抜粋されている行を表します。


 Video 1 
Wilfred Owen - Strange Meeting

Uploaded to YouTube by ThisDarkPlace on 13 May 2009. From a 1995 BBC programme about World War One Poets - Starring Sam West as Wilfred Owen.


 Video 2 
Wilfred Owen: A Remembrance Tale (2007) 1 of 4
監督: ルイーズ・フーパー 出演: サミュエル・バーネット 案内: ジェレミー・パクスマン

Uploaded to YouTube by Karen O'Toole on 15 Aug 2012. Directed by Louise Hooper. Starring Samuel Barnett. Presented by Jeremy Paxman.


 Video 3 
ウォー・レクイエム (1989)』 DVD予告篇
監督: デレク・ジャーマン 詩: ウィルフレッド・オーウェン
音楽: ベンジャミン・ブリテン 出演: ナサニエル・パーカー、ローレンス・オリヴィエ

Uploaded to YouTube by KinoInternational on 25 Jul 2008. War Requiem (1989)  DVD Trailer. Directed by Derek Jarman. Music by Benjamin Britten, Starring Nathaniel Parker, Laurence Olivier.


  Images  
映画・詩集・肖像写真 Film, collection of poems, and portrait

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. War_requiem_2

b. 41rwqr4chxl c. Owen


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 引地(壺齋) 2009
ぼくは戦場を逃げ出して
花崗岩を抉ってできた深くて暗い
トンネルの中を歩いているようだった
     [略]
男の微笑からぼくはここが恐ろしい広間だと
その死んだ微笑からここが地獄だと悟った
     [略]
“誰だか知らないけど” ぼくは言った “ここには嘆くべきことはない”
“そのとおりだ” 男は言った “過ぎ去ってしまった日々や
希望のないことは別だが
君の希望がどんなものにせよ ぼくにも希望があった
     [略]
ぼくは勇気を持っている 不思議な勇気を
ぼくは知恵を持っている 大いなる知恵を
     [略]
ぼくは君が殺した敵兵なんだ
この暗がりでもすぐ分った 君はそんなふうにしかめ面をしながら
昨日ぼくを剣で刺し殺したんだ
はらいのけようとしたけど 手がかじかんでできなかった
もう寝よう”

  • ウィルフレッド・オーウェン=作 壺齋散人(本名: 引地博信)=訳

(J2) 本橋 2001
     [略]
この男の微笑みから、わたしはこの陰気な回廊がどこかわかった
その死んだような微笑みで、わたしは自分たちが地獄のなかに立っていると知るのだ。
     [略]
「友よ、わたしは君が殺した敵だよ。
わたしにはこの暗闇でも君が分かる、なぜなら君はきのうわたしを突き殺したときと同じ顔をしているからね。
わたしも攻撃をかわそうとしたが、わたしの手が言うことをきかず動かなかったのさ。さあいっしょに眠るとしようか……」

  • ウィルフレッド・オーウェン=作 「見知らぬものとの出会い」
    上の訳文は、下の論考から、オーウェンの詩の一部が引用されている箇所を tomoki y. が抽出したもの。下の鶴見訳、平井訳や英語原文に引用した箇所のうち、この本橋訳では訳出されていない部分があります。
  • テッサ・モーリス・スズキ=著 本橋哲也=訳 「記憶と記念の強迫に抗して」 『世界』 2001年10月号 収載 Excerpts at モーリス・スズキ世界

(J3) 大平 2001
戦闘を逃れて僕はどこか、薄暗いトンネルの奥深くにいた。
     [略]
そして彼の微笑で僕は悟ったのだ。その死の微笑で、
この広い陰鬱な場所が何であるかを。
僕たちは地獄にいたのだった。
     [略]
「見知らぬ友よ、」僕は言った。「ここではもう嘆くこともない」
「そのとおり」と彼は言った。「果たせなかった年月と絶望を除いては。
君の希望がどういうものであったかは知らないが、私の人生も希望に溢れていた。
     [略]
勇気こそは私のものであり、神秘さえも兼ね備えていた。
私には英知があり、巧みにやり遂げる力があった。
     [略]
友よ、私は君が殺した敵なのだ。
暗闇の中でも、私にはすぐ君がわかった。
何故なら君は昨日、私を刺し、殺したときに顔をしかめたからだ。
私は手でよけたが、私の両手は汚れ、冷たかった。
さあ、そろそろ眠りにつこう……」


(J4) 松浦 2000
いつのまにか、前線から脱走し、とある ふかく暗いトンネルに迷い込んだみたいだ。
     [略]
奴の微笑で、じぶんがいま暗いの大広間に
そう、奴の死の微笑で 地獄にいるのがわかった。
     [略]
「奇妙な友よ、ここで きみは歎く理由(わけ)はない」というと
「そのとおり 未完の歳月と絶望を除いては」と
相手はこたえた、「君の希望が何であれ
おれの人生も同じさ。
     [略]
僕には勇気が、異様な予感が、
そして、知恵が、推移を見る眼が——[略]なくはなかった、だが……。
     [略]
何をかくそう、このおれは、きみに殺された敵兵だ
暗闇でも、きみがわかったよ。昨日きみが
銃剣で突き刺し 殺したとき、しかめっ面をしたからさ。
おれは逃れようとしたが、手が冷たくて、やられたよ。
さあ、友よ、もういっしょに、死の眠りにつくことにしよう……」。


(J5) 佐藤 1993
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]


(J6) 鶴見 1992, 1995
どうやら私は戦いの場から脱(ぬ)けたらしい。
なにか深い、薄暗い隧道(トンネル)を通って、
     [略]
彼の微笑で私にはわかった、この陰気な部屋が。
死相を帯びたその微笑で、私は今地獄に立っていることを知った。
     [略]
「見知らぬ友よ」と私は言った、「悲しむべきことはここには何もありませんね。」
「何も」と相手はこたえた、「生きられなかった年月のことを除いては。
もはや希望をもたずにここにいるしかありません。あなたに希望があったように私にもありました。
     [略]
私には勇気があった。現在をこえる不思議な予感も。
私には智慧(ちえ)があった。自己をおさえる力も。
     [略]
友よ、私は、あなたの殺した敵です。
この暗いなかでも、すぐに私にはあなたがわかりました。顔をしかめていたから。
きのう、私をさし殺した時にも、おなじように顔をしかめていました。
私は、かわそうとしたが、両手は動かず、もうつめたかった。
さあ、ともに眠りにつきましょう。」

  • W・オウエン=作 鶴見俊輔=訳 「不思議な出会い」
  • a の底本は b。引用は a に拠りました。

(J7) 平井 1990
戦場を逃れて、どこか深く暗いトンネルに
入り込んでしまったらしかった。
     [略]
僕は、その微笑から、ここが例の恐ろしい広間であることを知った。
その死の微笑から、僕たちが今地獄にいることを知ったのだ。
     [略]
「誰だか知らないが、君、ここでは悔やむことは何もないな」と僕は言った。
「そうだ」と彼は言った、「但し、空しく過した、あのやるせなかった歳月は別だ。
君の希望が何であるにせよ、僕も昔は希望をもっていた。
     [略]
僕には勇気が、異様な予感が、
そして、知恵が、推移を見る眼が——[略]なくはなかった、だが……。
     [略]
君、僕は君に殺された君の敵兵なんだ。
この暗闇でも、すぐ君だと分ったんだ。ほうら、そんな風に、
昨日僕を銃剣で刺殺した時も、君は渋面(じゅうめん)を作っていたな。
実は撥(は)ねつけようとしたが、冷えた手がそれを嫌がったんだ。
僕たちも、そろそろ眠ろうじゃないか……」

  • ウィルフレッド・オーウェン=作 平井正穂=訳 「不思議な邂逅」 平井正穂=編 『イギリス名詩選』 岩波文庫 1990/02 所収

(J8) 安田 1975
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]


(J9) 中桐 1959, 1970
どうやら僕は戦場から逃げ出し、大戦争が
切り立たせた花崗岩(かこうがん)をずっと以前に抉(えぐ)りぬいた
深く鬱陶(うっとう)しいトンネルを降りていったんだ。
     [略]                 そして僕は、
彼の微笑により、あの陰気な広間を知った、
彼の死の微笑により、地獄にいるのを知った。
     [略]
僕は言った、「見知らぬ友よ、ここには何も嘆く理由はない」と。彼は言った、
「何もない、破滅の歳月と絶望のほかは。
君がどんな希望を持っているにせよ、
僕の人生にも希望はあった。
     [略]
勇気は僕のもの、僕は神秘を持っていた、
叡智(えいち)は僕のもの、僕は支配力を持っていた、
     [略]
友よ、僕は君が殺した敵だ。
この暗闇でも君とわかったが、きのう僕を
突き殺した時も同じしかめ面(つら)をしたからだ。
僕は受け流したんだ、だが両手は、動かず冷たかった。
さあ、一緒に眠ろう……」
[ルビを一部省略しました - tomoki y.]

  • W・オゥエン=作 中桐雅夫=訳 「奇妙な出逢い」
  • 引用は b に拠りました。

■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Insausti, 2011
Imaginaba haber salido del combate
por un profundo túnel, excavado hace tiempo
en la roca por mano de titanes.
   [Omission]
Por su sonrisa conocí aquel hosco lugar,
en su mueca de muerte supe que era el Infierno.
   [Omission]
«Extraño amigo-dije-aquí no hay nada que llorar».
«Nada-respondió él-salvo el tiempo abolido
y la desesperanza. Cualquiera que fue tuya
fue también mía un día: busqué sin freno alguno
   [Omission]
Busqué siempre el dolor, pero encontré el misterio.
Busqué siempre el saber, pero encontré el dominio:
   [Omission]
«Yo soy, amigo mío, aquel al que mataste.
Te conocí en lo oscuro, pues tenías el gesto
con el que ayer hundiste en mí tu bayoneta.
Intenté, sí, esquivarla, pero estaban heladas
y dormidas mis manos. Durmamos, pues, ahora…»


(Es2) Montezanti
Pareció que yo escapaba de la batalla
por un profundo, obtuso túnel, mucho tiempo atrás cavado
a través de granitos que abovedaron guerras titanicas
   [Omission]
Por su sonrisa recordé esa sala lóbrega,
por su sonrisa muerta supe que estábamos en el lnfiemo.
   [Omission]
"Extraño amigo", dije, "aquí no hay razón para el lamento".
"Ninguna", dijo el otro, "salvo los años deshechos,
la desesperanza. Cualquiera sea la esperanza de que seas dueño
también lo fue mi vida. Yo me lancé, violento, a la caza,
   [Omission]
no la del progreso. Mío fue el coraje y yo tuve el misterio,
mía fue la prudencia, y yo fui diestro
   [Omission]
Soy el enemigo, amigo, que has matado.
Te conocí en esta oscuridad porque así ayer mostrabas
el ceño cuando, a través de mí, has punzado y matado”.
Le repliqué, pero mis manos estaban reacias y frías.
“Ahora durmamos…”


 Audio 1 
朗読: アラン・デイヴィス・ドレイク Strange Meeting read by Alan Davis Drake

Uploaded to YouTube by FULL audio books for everyone on 24 Nov 2012. Audio courtesy of LibriVox.


 Audio 2 
朗読: トム・オベドラム Strange Meeting read by Tom O'Bedlam

Uploaded to YouTube by SpokenVerse on 20 Sep 2012


 Audio 3 
朗読: ケネス・ブラナー Strange Meeting read by Kenneth Branagh

Uploaded to YouTube by tediousoldfools on 17 Oct 2009


 Audio 4 
朗読: クラシック・ポエトリー・アラウド Read by Classic Poetry Aloud


■英語原文(全文) The original text in English (complete)

■It seemed that out of battle I escaped
■Down some profound dull tunnel, long since scooped
■Through granites which titanic wars had groined.

   Yet also there encumbered sleepers groaned,
   Too fast in thought or death to be bestirred.
   Then, as I probed them, one sprang up, and stared
   With piteous recognition in fixed eyes,
   Lifting distressful hands, as if to bless.
■And by his smile, I knew that sullen hall,---
■By his dead smile I knew we stood in Hell.

   With a thousand pains that vision's face was grained;
   Yet no blood reached there from the upper ground,
   And no guns thumped, or down the flues made moan.
■'Strange friend,' I said, 'here is no cause to mourn.'
■'None,' said that other, 'save the undone years,
■The hopelessness. Whatever hope is yours,
■Was my life also; I went hunting wild
   After the wildest beauty in the world,
   Which lies not calm in eyes, or braided hair,
   But mocks the steady running of the hour,
   And if it grieves, grieves richlier than here.
   For by my glee might many men have laughed,
   And of my weeping something had been left,
   Which must die now. I mean the truth untold,
   The pity of war, the pity war distilled.
   Now men will go content with what we spoiled,
   Or, discontent, boil bloody, and be spilled.
   They will be swift with swiftness of the tigress.
   None will break ranks, though nations trek from progress.
■Courage was mine, and I had mystery,
■Wisdom was mine, and I had mastery:
   To miss the march of this retreating world
   Into vain citadels that are not walled.
   Then, when much blood had clogged their chariot-wheels,
   I would go up and wash them from sweet wells,
   Even with truths that he too deep for taint.
   I would have poured my spirit without stint
   But not through wounds; not on the cess of war.
   Foreheads of men have bled where no wounds were.

■'I am the enemy you killed, my friend.
■I knew you in this dark: for so you frowned
■Yesterday through me as you jabbed and killed
■I parried; but my hands were loath and cold.
■Let us sleep now....'


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/10/23 「はじめに」の項を新設し、松浦暢=訳 2000/10/10 と2種類のスペイン語訳を追加しました。
  • 2012/11/12 つぎの2本の YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/11/12 つぎの2本の YouTube 画面を追加しました。
    1. Wilfred Owen - Strange Meeting
    2. Wilfred Owen: A Remembrance Tale (2007)
  • 2012/09/22 トム・オベドラムによる朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2011/01/10 引地博信(壺齋散人)=訳 2009/05/18 を追加しました。
  • 2010/04/24 『ウォー・レクイエム』 (1989) DVD予告篇と、ケネス・ブラナーによる朗読の計2本の YouTube 動画を追加しました。
  • 2008/03/11 中桐雅夫=訳 1959/01 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村英語ブログへにほんブログ村外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

■CD

■和書 Books in Japanese

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 01 March 2008

One, Two, Buckle My Shoe (Nursery rhyme + Agatha Christie's Poirot) ひとつ ふたつ はこうよ おくつ(マザー・グース+クリスティ: 名探偵ポワロ)

 Images 
本の表紙とDVDのジャケット Book and DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 419pqg47ctl b. 51fnxdey1yl c. 51knzmm7wal

 Video 1 
Nursery Rhymes - One, Two, Buckle My Shoe


■日本語訳 Translation into Japanese

ひとつ ふたつ はこうよ おくつ
みっつ よっつ こつこつ ノック
いつつ むっつ ぼうきれ いくつ
ななつ やっつ ならべて やろう
ここのつ とう めんどり とうとう
じゅういち じゅうに あなほれ にわじゅう
じゅうさん じゅうし むすめは きりょう
じゅうご じゅうろく むすめは りょうり
じゅうしち じゅうはち むすめは きゅうじ
じゅうく にじゅう おさらが からっぽだ


■英語歌詞原文 The original lyrics in English

One, two, buckle my shoe
Three, four, knock at the door
Five, six, pick up sticks
Seven, eight, lay them straight
Nine, ten, a big fat hen
Eleven, twelve, dig and delve
Thirteen, fourteen, maids a'courting
Fifteen, sixteen, maids in the kitchen
Seventeen, eighteen, maids a'waiting
Nineteen, twenty, my platter's empty ...


■アガサ・クリスティ『愛国殺人』 A 1940 Agatha Christie novel

1940年に出版されたアガサ・クリスティの推理小説で、日本では『愛国殺人』というタイトルで知られる作品があります。米国でのタイトルは、初版が The Patriotic Murders、後のペーパーバック版は An Overdose of Death。

このミステリーのイギリスでの原題は One, Two, Buckle My Shoe。クリスティは、タイトルもストーリーも上のナースリーライム(童謡)から着想を得ました。下の YouTube 動画は、この小説をテレビドラマ化したもの。


 Video 2 
イギリスITVテレビドラマ 『名探偵ポワロ』 「愛国殺人」
"Agatha Christie: Poirot"; One, Two, Buckle My Shoe (1992)

第4シリーズ第3話 監督: ロス・デヴェニッシュ 主演: デヴィッド・スーシェ
Season 4, Episode 3. Directed by Ross Devenish. Starring David Suchet.


■外部リンク External links

 [en] English

 [ja] 日本語


■更新履歴 Change log

  • 2010-07-26 One, Two, Buckle My Shoe の歌と、テレビ 『名探偵ポワロ』 「愛国殺人」の2本の YouTube 動画を追加しました。また、ブログ記事のタイトルを、つぎのとおり変更しました。

    • 旧題: One, Two, Buckle My Shoe (Nursery rhyme) ひとつ ふたつ はこうよ おくつ(マザー・グース)
    • 新題: One, Two, Buckle My Shoe (Nursery rhyme + Agatha Christie's Poirot) ひとつ ふたつ はこうよ おくつ(マザー・グース+クリスティ: 名探偵ポワロ)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD

■DVD

  

| | Comments (3)

« February 2008 | Main | April 2008 »