« A Piece of Cake by Roald Dahl (2) ロアルド・ダール 「楽勝」「簡単な任務」「お茶の子さいさい」「たやすい仕事」 (2) | Main | John Lennon on George's, Paul's and Ringo's reaction to Yoko ジョン・レノン、ジョージ、ポール、リンゴのヨーコへの態度について語る »

Thursday, 27 March 2008

The Mark of the Beast by Rudyard Kipling (1) キプリング 「獣のしるし」「けものの印」「獣の痕跡」(1)

« The Mark of the Beast 2 »
« 獣のしるし 2 »

 Images 
表紙画像 Book and magazine covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 51nezetmwnl b. 51p6ttre2hl c. Kipling_timecover1101260927

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 矢野 1998
 エジプトのスエズから東に行くと、神による直接の加護はなくなる、と考えている人がいる。そこでは、アジアの神々と魔物の力がつよくなる。ただイギリス人だけは、
英国国教会により神の加護にまもられることもある……と。
 そういう考え方があるために、多くの人びとが、インドでの生活にありもしない恐怖をいだくことになる。そのことはまた、これから語る物語を理解してもらうのにも、役立つだろう。
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   ラドヤード・キップリング=著 矢野浩三郎=訳 「獣のしるし」
   W・W・ジェイコブズ〔ほか〕=著 大久保浩=絵
   『恐怖と怪奇名作集4 猿の手』 岩崎書店 1998/12 所収


(J2) 椋田 1989
 スエズの東でキリスト教の直接統治はおわる、という説がある。そこから先はアジアの神がみと悪魔たちが支配する世界で、イギリス国教会の神はイギリス人にかぎって、ときどきできる範囲内でめんどうを見てくれるだけなのだそうだ。
 インドでくらしていると、いろいろ恐ろしいめにあうことがあるが、この説によればそれもいくらかは納得がいく。わたしのこれからお話しすることも、少しむりをすればこの説で説明がつかないこともない。
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   キプリング=著 椋田直子=訳 「けものの印」
   江河徹=編 林浩一=画 『奇妙な動物の話』 幻想文学館3
   くもん出版 1989/08 所収


(J3) 伊藤 1985
 スエズの東でわれらが神の直接統治は終わる、という意見をきくことがある。それより東では、ひとはアジアの善神・悪神たちの手に委ねられ、英国国教会の神はイギリス人の場合に、ときたま最小限の監督権を行使するにすぎないという。
 この見方は、インドの暮らしのなかに氾濫する、あらずもがなの恐怖をいくつか説明してくれる。さらにはこれを敷衍(ふえん)して、わたしの物語も説明できるかもしれない。

   ラドヤード・キプリング=著 伊藤欣二=訳 「獣の印」
   由良君美=編 『イギリス幻想小説傑作集
   白水Uブックス 1985/10 所収


(J4) 橋本 1980
 スエズの東には神の威光は届かない。そこでは、人間は、アジアの神々やアジアの魔神の力にゆだねられていて、英国国教会の神意は、英国人の場合でも時おり、それも強くは働かないのだと信じている人もいる。
 この理論はインドの生活で出会う、どちらかというと無用な恐怖のいくつかを説明してくれるし、わたしの物語の説明に敷衍(ふえん)できるかもしれない。

   R・キプリング=著 橋本槇矩(はしもと・まきのり)=訳 「獣の印」
   由良君美=編 『夜光死体—イギリス怪奇小説集
   旺文社文庫 1980/04 所収


(J5) 三枝 1971
 スエズから東の国では神の直接の支配はない、と一部の人間は思っている——そこに住む人間はアジアの魔力に屈し、英国国教会の神だけが、英国人に限ってたまに、わずかな監督の役目を果たすと。
 こうした考えは、なにかと気苦労の多いインドにおける生活を知るうえで重要であり、わたしの物語を理解する手助けとなるはずである。

   ラドヤード・キップリング=著 三枝裕士=訳 「獣の痕跡」
   日本ユニエージェンシー=編 『五本指のけだもの
   アンソロジー・恐怖と幻想3 月刊ペン社 1971 所収


■ロシア語訳 Translation into Russian

Существует мнение, что к востоку от Суэца непосредственный контроль Провидения кончается; человек там подпадает под власть азиатских богов и дьяволов, а Провидение англиканской церкви осуществляет над англичанами лишь ослабленный и нерегулярный надзор.

Этим объясняются и некоторые ужасы и без того нелегкой жизни в Индии: с известной натяжкой подобное предположение может послужить объяснением моего рассказа.

   Редьярд Киплинг. Начертание зверя
   E-text at Вокруг Света


■ドイツ語訳 Translation into German

Östlich von Suez scheint die Vorsehung irgendwie zu versagen; die Menschen werden dort der Macht der Götter und Teufel Asiens überlassen; wenigstens tritt jene Vorsehung, die die englische Kirche lehrt, nur gelegentlich und auch dann nur sehr lahm in Tätigkeit, soweit es Europäer betrifft.

Diese Theorie könnte so manches überflüssig grauenhafte Geschehnis im Leben Indiens erklären. Ich erwähne das, weil es auf meine Geschichte hier einigen Bezug hat.

   Das Stigma des Tieres by Rudyard Kipling
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

A leste de Suez, alguns acreditam, o controle direto da Providência cessa, o Homem fica entregue ao poder dos deuses e demônios da Ásia, e a Igreja da Providência da Inglaterra exerce uma supervisão apenas eventual, restrita aos ingleses.

Essa teoria explica alguns dos mais desnecessários horrores da vida na Índia. E pode ser estendida para explicar minha história.

   A Marca da Besta by Rudyard Kipling. Translated by Sandra Pina.
   Coleção Góticos, Vol. 16. Editora Melhoramentos, 2014
   Preview at Google Books


■カタルーニャ語訳(部分) Translation into Catalan (fragment)

N’hi ha que sostenen que a l’est de Suez acaba el control directe de la Providència: l’home hi queda a la mercè del poder dels Déus i els Dimonis d’Àsia, i la Providència de l’Església d’Anglaterra només hi exerceix una supervisió ocasional i moderada en el cas dels britànics.

   La marca de la bèstia by Rudyard Kipling
   Quoted in Especulacions d'un Neanderthal


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Al Este de Suez —dicen algunos— el control de la Providencia termina; el Hombre queda entregado al poder de los Dioses y Demonios de Asia, y la Iglesia de Inglaterra sólo ejerce una supervisión ocasional y moderada en el caso de un súbdito británico.

Esta teoría justifica algunos de los horrores más innecesarios de la vida en la India; puede hacerse extensible a mi relato.

   La Marca de la Bestia by Rudyard Kipling
   E-text at El Espejo Gótico


■フランス語訳(部分) Translation into French (fragment)

Quelques gens tiennent qu'à l'Est de Suez, la Providence suspend son contrôle direct, l'homme y passant au pouvoir des dieux et des diables d'Asie.

   La Marque de la bête by Rudyard Kipling
   Quoted in Le Thyrse [PDF]


 Video 
Rudyard Kipling's Mark of the Beast (2012) Trailer

Uploaded to YouTube by BrightlyMedia on 4 Aug 4 2011. Directed by Jonathan Gorman, Thomas Edward Seymour. Starring Ellen Muth, Debbie Rochon.


 Audio 
英語原文のオーディオブック 朗読: ウィリアム・クーン
Audiobook in English read by William Coon

下の引用箇所の朗読は 0:38 から始まります。 Uploaded to YouTube by Free Audio Books and Recordings on 3 Dec 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 0:38.


■英語原文 The original text in English

East of Suez, some hold, the direct control of Providence ceases; Man being there handed over to the power of the Gods and Devils of Asia, and the Church of England Providence only exercising an occasional and modified supervision in the case of Englishmen.

This theory accounts for some of the more unnecessary horrors of life in
India: it may be stretched to explain my story.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/10/29 ポルトガル語訳、カタルーニャ語訳(部分)、およびフランス語訳(部分)を追加しました。
  • 2012/08/13 ロシア語訳、ドイツ語訳、およびスペイン語訳を追加しました。また、Rudyard Kipling's Mark of the Beast: Trailer の YouTube 動画も追加しました。
  • 2008/05/28 橋本槇矩=訳 1980/04、および三枝裕士=訳 1971 を追加しました。

 

« The Mark of the Beast 2 »
« 獣のしるし 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

|

« A Piece of Cake by Roald Dahl (2) ロアルド・ダール 「楽勝」「簡単な任務」「お茶の子さいさい」「たやすい仕事」 (2) | Main | John Lennon on George's, Paul's and Ringo's reaction to Yoko ジョン・レノン、ジョージ、ポール、リンゴのヨーコへの態度について語る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Mark of the Beast by Rudyard Kipling (1) キプリング 「獣のしるし」「けものの印」「獣の痕跡」(1):

« A Piece of Cake by Roald Dahl (2) ロアルド・ダール 「楽勝」「簡単な任務」「お茶の子さいさい」「たやすい仕事」 (2) | Main | John Lennon on George's, Paul's and Ringo's reaction to Yoko ジョン・レノン、ジョージ、ポール、リンゴのヨーコへの態度について語る »