« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

Wednesday, 30 April 2008

Truman Capote on self-flagellation カポーティ 「自らを鞭打つ」ことについて

■はじめに Introduction

神はあなたに才能を授けるとき、鞭もいっしょにくださる。トルーマン・カポーティが芸術家と創作活動のあいだの関係をどのようにとらえていたかが窺われる一節。


 Image Gallery 
カメレオンのための音楽: 表紙画像 Music for Chameleons: Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_kamereon_no_tame_no_ongaku hu Hu_2009_mozart_es_a_kameleonok_15 el El___9789600347623

ru Ru___9785389023376 bg Bg___9789545295379 sl Sl_1988_glasba_za_kameleone_presern

cs Cs_hudbaprochameleonymusicforchamel de De_2000_musik_fur_chamaleons_978342 ro Ro__muzica_pentru_cameleoni_muzica_

it It_musica_per_camaleonti_9788811683 pt Pt_capote_camaleoes es Es_capote_camaleones1

ca Ca_musica_per_camaleons fr Fr_capote_cameleons en En_music_chameleons

   [ja] カメレオンのための音楽 ハヤカワepi文庫 (2002) 日本語訳
   [hu] Mozart és a kaméleonok Európa Kiadó (2009) ハンガリー語訳
   [el] Μουσική για χαμαιλέοντες Εκδόσεις Καστανιώτη (2008) ギリシャ語訳
   [ru] Музыка для хамелеонов Азбука-классика (2011) ロシア語訳
   [bg] Музика за хамелеони ИК "Колибри" (2007) ブルガリア語訳
   [pl] Muzyka dla kameleonów PIW (1992) ポーランド語訳
   [sl] Glasba za Kameleone Prešernova družba (1988) スロベニア語訳
   [cs] Hudba pro chameleóny Garamond (2006) チェコ語訳
   [de] Musik für Chamäleons Knaur (2000) ドイツ語訳
   [ro] Muzică pentru cameleoni Polirom (2009) ルーマニア語訳
   [it] Musica per camaleontis Garzanti (2004) イタリア語訳
   [pt] Música para Camaleoes Companhia das Letras (2004) ポルトガル語訳
   [es] Musica para camaleones Editorial Anagrama (2004) スペイン語訳
   [ca] Música per camaleons Quaderns Crema (1988) カタルーニャ語訳
   [fr] Musique pour cameleons Gallimard (1991) フランス語訳
   [en] Music for Chameleons Vintage Books (1994) 英語原書


■繁體字中國語譯(部分) Translation into traditional Chinese (fragment)

當上帝給人才華時,也同時給他一根鞭子,讓他鞭策自己。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 村上 2008
ある日、私は小説を書き始めた。自分が一生を通じて、気高い、しかし情けを知らぬ主人に鎖で繋がれることになるなどとは露知らず。神があなたに才能を与えるとき、彼はまた鞭をもあなたに与えるのだ。そしてその鞭は自らの身体を厳しく打つためのものである。……私は今、ひとりで暗い狂気の中にいる。ひとりぼっちで、一組のカードを手に。……そしてそこにはもちろん神の与え給うた鞭も置かれている。

  • トルーマン・カポーティ=著 村上春樹=訳 『ティファニーで朝食を』 新潮社 2008/02 の訳者「あとがき」に引用されているカポーティの言葉。

(J2) 野坂 1983, 2002
(……)こんなきつい職業に自分がつくとは考えもせずに、ひょいと書き始めた。しかし神が才能を授け給うにしろ、必ず鞭を伴う。いや、鞭こそ才能のうちなのだ、自らを鞭打つ。(……)私は今、この私自身の暗黒の狂気のただなかにいる。たったひとりで一組のカードを持って(……)そして、もちろんのこと、神の恩寵(おんちょう)と鞭を二つながら身に受けつつ。


■英語原文 The original text in English

One day I started writing, not knowing that I had chained myself for life to a noble but merciless master. When God hands you a gift, he also hands you a whip; and the whip is intended solely for self-flagellation...I'm here alone in my dark madness, all by myself with my deck of cards --- and, of course, the whip God gave me.


 Video 
Mini BIO : Truman Capote

Uploaded to YouTube by BIO on 23 Jan 2014.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016/04/12 繁體字中國語譯(部分)を追加しました。また、「はじめに」の項を新設しました。
  • 2013/06/30 ハンガリー語訳、ギリシャ語訳、ロシア語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、スロベニア語訳、ルーマニア語訳、イタリア語訳、およびカタルーニャ語訳の表紙画像を追加しました。また、Mini BIO : Truman Capote の YouTube 動画も追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■ 洋書 Books in non-Japanese languages

■ 和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (1) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (1)

« Breakfast at Tiffany's 2 3 »
« ティファニーで朝食を 2 3 »

           目次 Table of Contents

    Images  表紙画像ギャラリー Cover photo gallery
   ■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 村上 2008
     (J2) 龍口 1968
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■ポーランド語訳 Translation into Polish
   ■チェコ語訳(部分) Translation into Czech (fragment)
   ■ドイツ語訳 Translation into German
   ■イタリア語訳 Translation into Italian
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translation into French
   ■英語原文 The original text in English
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


 Images 
表紙画像ギャラリー Cover photo gallery

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_capote_chinese ja Ja_capote_murakami ja Ja_capote_tatsunokuchi

tr Tr_tiffanyde_kahvalt_capote_sel he He_breakfast_at_tiffany ru Ru_

bg Zakuska_v_tiffany lt Lt_9789955089551_pusryciai_pas_tifa sr Sr_dorucak_kod_tifanija

hr Hr_dorucak_kod_tiffanyja cs Cs_9788020712943_snidane_u_tiffanyh de De_capote_tiffany

it It_capote_tiffany ca Ca_9788499301693_esmorzar_al_tiffan es Es_capote_tiffany2

es Es_capote_tiffany1 fr Fr_capote_tiffany en En_capote_tiffany


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

我总被画回到我居住的地方, 房子和他们的邻里。 例如, 有一块棕色石头在, 的东部七十 在战争的早年期间, 我有我的第一栋纽约公寓。 这是一个室拥挤与顶楼家具, 沙发和肥胖椅子被布置由于痒, 同联系在一起一个热的天在火车的特殊红色天鹅绒。(……)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 村上 2008
以前暮していた場所のことを、何かにつけふと思い出す。どんな家に住んでいたか、近辺にどんなものがあったか、そんなことを。たとえばニューヨークに出てきて最初に僕が住んだのは、イーストサイド七十二丁目あたりにあるおなじみのブラウンストーンの建物だった。戦争が始まってまだ間もない頃だ。一部屋しかなくて、屋根裏からひっぱり出してきたようなほこりくさい家具で足の踏み場もなかった。ソファがひとつに、いくつかのむくむくの椅子、それらは変てこな色あいの赤いビロード張りで、いやにちくちくして、まるで暑い日に電車に乗っているような気がした。壁はスタッコ塗りで、色あいは噛み煙草の吐き汁そっくりだ。浴室も含めて、いたるところに、ローマの遺跡を描いた版画がかかっていたが、ずいぶんな時代もので、そこかしこに茶色のしみが浮き出ている。窓はひとつしかなく、それは非常階段に面していた。とはいえ、ポケットに手を入れてそのアパートメントの鍵に触れるたびに、僕の心は浮き立った。たしかにさえない部屋ではあったものの、そこは僕が生まれて初めて手にした自分だけの場所だった。僕の蔵書が置かれ、ひとつかみの鉛筆立ての中で削られるのを待っていた。作家志望の青年が志を遂げるために必要なものはすべてそこに備わっているように、少なくとも僕の目には見えた。


(J2) 龍口 1968
私はいつでも自分の住んだことのある場所——つまり、そういう家とか、その家の近所とかに心ひかれるのである。たとえば、東七十丁目にある褐色(かっしょく)砂岩でつくった建物であるが、そこに私はこんどの戦争の初めの頃(ころ)、ニューヨークにおける最初の私の部屋を持った。それは屋根裏家具がいっぱいつまった一部屋で、ソファが一つと、暑い日の汽車旅行を思い出せるような、あの気持のいらいらする、とくべつに赤いビロードを張った、ぼこぼこした椅子(いす)がいくつかあった。壁には漆喰(しっくい)が塗ってあって、それがどちらかといえば、かみタバコ汁(じる)みたいな色をしていた。部屋じゅうのどこにもかしこにも、それこそ風呂場(ふろば)に至るまで、年経(としへ)て茶色の斑点(はんてん)ができた、ローマの廃墟(はいきょ)の版画がかかっていた。たった一つしかない窓は、非常口に向って開くようになっていた。そういうお粗末なところだったが、ポケットの中でこの部屋の鍵(かぎ)に手が触れるたびに、私はとみに元気づくのであった。いかにも陰気臭いところではあったが、それでもそこは、私自身の場所と呼べる最初のところであり、そこに私の書物があり、削る鉛筆が何本も立っている鉛筆立があり、そのほか私がなりたいと思っていた作家になるために必要とすると感じた、ありとあらゆるものがあったのだ。


■ロシア語訳 Translation into Russian

Меня всегда тянет к тем местам, где я когда-то жил, к домам, к  улицам. Есть, например, большой темный дом на одной из семидесятых улиц Ист-Сайда, в нем я поселился в начале войны, впервые приехав в Нью-Йорк. Там у меня  была комната, заставленная всякой рухлядью: диваном, пузатыми  креслами,  обитыми шершавым красным плюшем, при виде которого вспоминаешь душный день в  мягком вагоне. Стены  были  выкрашены  клеевой  краской  в  цвет  табачной  жвачки. Повсюду, даже в ванной, висели гравюры с римскими развалинами, конопатые  от старости. Единственное окно выходило на пожарную  лестницу.  Но  все  равно, стоило мне нащупать в кармане ключ, как на душе у меня становилось  веселее: жилье это, при всей его унылости, было моим первым собственным  жильем,  там стояли мои книги, стаканы  с  карандашами,  которые  можно  было  чинить,  - словом, все, как мне казалось, чтобы сделаться писателем.

  • Трумен Капоте. Завтрак у Тиффани
  • E-text at lib.ru

■ポーランド語訳 Translation into Polish

Zawsze wracam pamięcią do miejsc, gdzie kiedyś mieszkałem, do domów i ich otoczenia. I tak na przykład przy jednej z ulic Siedemdziesiątych we wschodniej części Manhattanu jest elegancka kamienica czynszowa, w której mieszkałem na początku wojny.Miałem tam moje pierwsze nowojorskie mieszkanie. Składało się ono z jednego pokoju zapchanego starymi meblami ze strychu. Sofa i masywne krzesła obite były tym szczególnym rodzajem szorstkiego, czerwonego aksamitu, który nasuwa skojarzenia z upalnym dniem w pociągu. Ściany pokryto sztukateriami w kolorze przypominającym odcień wyplutego tytoniu. Wszędzie, nawet w łazience, wisiały zbrązowiałe ze starości sztychy rzymskich ruin. Jedyne okno wychodziło na schody pożarowe. Mimo to serce mi rosło ilekroć dotykałem schowanego w kieszeni klucza do mieszkania; choć takie ponure, było przecież moje własne, było pierwsze, miałem tam swoje książki i słoje pełne niezastruganych ołówków - wszystko, czego we własnym pojęciu potrzebowałem, by spełnić swoje marzenie i zostać pisarzem.

   Capote Truman- Śniadanie u Tiffany'eg
   E-text at Scribd


■チェコ語訳(部分) Translation into Czech (fragment)

Vždycky mě to táhne zpátky k místům, kde jsem bydlel, k těm domům a jejich nejbližšímu okolí. Například v jedné z ulic počínajíc východní Sedmdesátou je starší hnědý činžák, kde jsem na počátku války několik let měl svůj první newyorský byt – o jednom pokoji přeplněném nábytkem vyklizeným někde z půdy, pohovkou a bachratými křesly potaženými svrbivým příznačně rudým plyšem, který člověku připomene horké dny ve vlaku.

   Snídaně u Tiffanyho by Truman Capote
   Excerpt at První a poslední věty prozaických děl [PDF]


■ドイツ語訳 Translation into German

Ich bin jemand, den es immer wieder zu den Orten hinzieht, wo er früher gewohnt hat, zu den Häusern und ihrer Umgebung. So steht in der Upper Eastside das Haus aus rotbraunem Sandstein mit meiner allerersten New Yorker Wohnung während der ersten Kriegsjahre. Sie bestand aus nichts weiter als einem Zimmer, vollgestopft mit Möbeln vom Dachboden, darunter ein Sofa und Polstersessel, bezogen mit jenem kratzigen roten Samt, der an heiße Tage in der Eisenbahn erinnert. Die Wände waren nur verputzt und hatten die Farbe von Kautabakspucke. Überall, sogar im Badezimmer, hingen uralte, braunfleckige Kupferstiche von römischen Ruinen. Das einzige Fenster blickte auf eine Feuertreppe. Trotzdem geriet ich jedes Mal in Hochstimmung, wenn ich den Wohnungsschlüssel in meiner Tasche spürte; bei all ihrer Düsternis war sie dennoch eine eigene Wohnung, meine erste, und meine Bücher waren da und Becher mit Bleistiften zum Anspitzen, alles, was ich brauchte, so fand ich, um der Schriftsteller zu werden, der ich sein wollte.

   Frühstück bei Tiffany by Truman Capote
   E-text at RandomHouse.de [PDF]


■イタリア語訳 Translation into Italian

Mi sento sempre attratto dai posti dove sono vissuto, le case e i loro dintorni. Per esempio, nella Settantesima Est c'è un edificio di pietra grigia dove, al principio della guerra, ho avuto il mio primo appartamento newyorchese. Era una stanza sola affollata di mobili di scarto, un divano e alcune poltrone paffute, ricoperte di quel particolare velluto rosso e pruriginoso che ricolleghiamo alle giornate d'afa in treno. Le pareti erano a stucco, di un colore che ricordava uno sputo tabaccoso. Dappertutto, perfino in bagno, c'erano stampe di rovine romane, molto vecchie e tempestate di puntolini scuri. L'unica finestra dava sulla scala di sicurezza. Ma, anche così, mi si rialzava il morale ogni volta che mi sentivo in tasca la chiave del mio appartamento; per triste che fosse, era un posto mio, il primo, e lì c'erano i miei libri, i barattoli pieni di matite da temperare, tutto quello che mi occorreva (o così almeno pensavo) per diventare lo scrittore che volevo diventare.

   Colazione da Tiffany by Truman Capote
   Excerpt at:


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Siempre me siento atraído por los lugares en donde he vivido, por las casas y los barrios. Por ejemplo, hay un edificio de roja piedra arenisca en la zona de la Setenta Este donde, durante los primeros años de la guerra, tuve mi primer apartamento neoyorquino. Era una sola habitación atestada de muebles de trastero, un sofá y unas obesas butacas tapizadas de ese especial y rasposo terciopelo rojo que solemos asociar a los trenes en día caluroso. Tenía las paredes estucadas, de un color tirando a esputo de tabaco mascado. Por todas partes, incluso en el baño, había grabados de ruinas romanas que el tiempo había salpicado de pardas manchas. La única ventana daba a la escalera de incendios. A pesar de estos inconvenientes, me embargaba una tremenda alegría cada vez que notaba en el bolsillo la llave de este apartamento; por muy sombrío que fuese, era, de todos modos, mi casa, mía y de nadie más, y la primera, y tenía allí mis libros, y botes llenos de lápices por afilar, todo cuanto necesitaba, o eso me parecía, para convertirme en el escritor que quería ser.

   Desayuno en Tiffany's by Truman Capote
   Excerpt at:


■フランス語訳 Translation into French

Je suis toujours ramené vers les lieux où j’ai vécu ; les maisons et leur voisinage. Ainsi par exemple cette maison brune dans le quartier de Est-Soixante-Dix, où, pendant les premières années de la guerre, j’eus mon premier appartement. Il consistait en une pièce encombrée d’un mobilier de grenier : sofa, chaises bouffies, recouvertes de ce velours râpeux et d’un rouge particulier que l’on associe aux voyage en été dans un train. Les murs étaient revêtus de stuc et d’une couleur assez analogue au jus de chique. Partout, même dans la salle de bains, ils s’ornaient de gravures représentant des ruines romaines tavelées par l’âge. L’unique fenêtre s’ouvrait sur l’échelle à incendie. Malgré cela, je me sentais ragaillardi lorsque je tâtais dans ma poche la clef de cet appartement. En dépit de sa mélancolie c'était tout de même un endroit à moi, le premier, et j'y avais mes livres et des pots pleins de crayons à aiguiser, tout ce dont j'avais besoin - je le sentais - pour devenir l'écrivain que je voulais être.


■英語原文 The original text in English

I am always drawn back to places where I have lived, the houses and their neighbourhoods. For instance, there is a brownstone in the East Seventies where, during the early years of the war, I had my first New York apartment. It was one room crowded with attic furniture, a sofa and fat chairs upholstered in that itchy, particular red velvet that one associates with hot days on a train. The walls were stucco, and a colour rather like tobacco-spit. Everywhere, in the bathroom too, there were prints of Roman ruins freckled brown with age. The single window looked out on a fire escape. Even so, my spirits heightened whenever I felt in my pocket the key to this apartment; with all its gloom, it still was a place of my own, the first, and my books were there, and jars of pencils to sharpen, everything I needed, so I felt, to become the writer I wanted to be.

   Breakfast at Tiffany's (1958) by Truman Capote


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/11/19 トルコ語版、ヘブライ語版、リトアニア語版、セルビア語版、およびクロアチア語版の表紙画像を追加しました。
  • 2014/11/18 ロシア語版、ブルガリア語版、およびカタルーニャ語版の表紙画像、ならびにポーランド語訳、チェコ語訳(部分)、およびドイツ語訳の訳文を追加しました。
  • 2013/08/08 目次を新設しました。
  • 2010/01/05 ロシア語訳を追加しました。
  • 2008/04/30 スペイン語訳を追加しました。

 

« Breakfast at Tiffany's 2 3 »
« ティファニーで朝食を 2 3 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

■DVD

  

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Monday, 28 April 2008

Pride and Prejudice by Jane Austen (5) ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』『自負と偏見』 (5)

« 1 2 3 4 Pride and Prejudice »
« 1 2 3 4 高慢と偏見 »

 Images 
日本版DVDのジャケット Japanese DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Prideprejudice_2005 b. Prideprejudice_1995 c. Prideprejudice_1940

■はじめに Introduction

妹リディアの駆け落ち騒動でエリザベスらベネット家の人々はてんやわんや。しかし、人は言う「他人の不幸は蜜の味」。するどいエリザベスは、状況を客観的に理解している。


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

伊丽莎白大声说道:“还是让她待在自己家里吧,她也许真是出于一片好意,但是遇到了这样一件不幸的事,谁还乐意见到自己的邻居?他们帮我们忙帮不成功,慰问我们反而会叫我们难受。让她们在我们背后去高兴得意吧。”

  • 《傲慢与偏见》   (英)  奥斯汀
  • E-text at 酷網 (kuwang.com)

■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

伊麗莎白大聲說道:“還是讓她待在自己家里吧,她也許真是出于一片好意,但是遇到了這樣一件不幸的事,誰還樂意見到自己的鄰居?他們幫我們忙幫不成功,慰問我們反而會叫我們難受。讓她們在我們背后去高興得意吧。”

  • 《傲慢与偏見》 簡·奧斯汀
  • E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小山 2014
「そんなことせずに、おとなしく家にいてくれたらよかったのよ」エリザベスの声が思わず大きくなった。「そりゃあ、よかれと思って来てくれたのかもしれないけど、こんな不幸のさなかに近所の人に来られても迷惑なだけ。何の手伝いができるわけじゃなし、慰めなんか大きなお世話。せいぜい、わたしたちのざまを遠巻きに眺めて満足してればいいのに」

  • ジェイン・オースティン=著 小山太一(こやま・たいち)=訳 『自負と偏見』 新潮文庫 Star Classics 名作新訳コレクション 2014/07/01

(J2) 小尾 2011
「あの人には、ご自分の家でじっとしていてもらったほうがいいのよ」とエリザベスは大声を張り上げた。「そりゃ善意でそう言ってくれたんでしょうけど、こういう不幸に見舞われたときは、ご近所なんて会わないにかぎるわ。お手助けなんてできるわけないし、お慰めなんてまっぴら。はなれたところでせいぜい勝利を味わって満足していただけばいいのよ」

  • オースティン=著 小尾芙佐(おび・ふさ)=訳 『高慢と偏見(下)』 光文社古典新訳文庫 2011/11/20

(J3) 中野(康)2003
「ルーカス夫人は来てくれないほうがよかったわね!」とエリザベスは言った。「親切のつもりで来てくれたんでしょうけど、こういう不幸な目に会った家族は、ご近所の人にはできるだけ会いたくないものよ。何も助けてもらえるわけではないし、慰められるのも耐えられない。遠くで優越感に浸ってもらって、私たちのことはそっとしておいてほしいわ」

  • ジェイン・オースティン=著 中野康司=訳 『高慢と偏見(下)』 ちくま文庫 2003/08

(J4) 伊吹 1972
「あのかたは家にじっとしていてくださるほうがいいのよ」とエリザベスはきつく申しました。「ご好意はありがたいけれど、こういう不運のときには、近所のかたにはなるべくお会いしないほうがいいわ。たすけていただくことは不可能だし、なぐさめていただくのはとても堪えられません。遠くで勝ち誇っていることで満足していただきたいわ」

  • オースティン=著 伊吹千勢(いぶき・ちせ)=訳
  • 引用は a. に拠りました。

(J5) 阿部 1963, 1968, etc.
「自分の家にいてくださればよかったのに」とエリザベスは強くいった。「たぶん、ご好意から なんでしょう(#原文は太字でなく傍点)けど、こういう不幸のばあいには、近所の人の顔を見ないのがいちばんいいのだわ。力を借りることができるわけじゃなし、なぐさめられるのもやりきれないことだわ。遠くから勝ち誇ってこちらを見て、満足してくれればいいのよ」


(J6) 中野(好)1960, 1963, etc.
「でもね、やっぱり来ないでくれたほうが、よかったわ。そりゃ、もちろん親切からだということはわかってるわよ。だけど、こんどみたいな不幸のときってものはね、よその人なんてのは、できるだけ会わないほうがいいのよ。力になってくださるったって、なっていただきようがないわけだし、なぐさめられるなんて、もっとたまらないわ。遠くから見て、ざまあ見ろだっていいから、勝手にいい気持になってりゃいいのよ」


(J7) 富田 1950, 1994
 「家にひっこんでてくれればよかったのに、」エリザベスは叫んだ、「悪気はないんでしょうけど、こういう不幸の時は、御近所の衆はなるたけ顔出ししてくれない方がいいんだわ。手助けなんかできるものじゃないし、お見舞なんか言われたって、かえってたまらないわ。遠くから見て、いい気味だと思ってるだけにしてくれる方がいいんだわ」

  • ジェーン・オースティン=作 富田彬(とみた・あきら)=訳
  • a. は新字、b. は旧字。引用は a. に拠りました。

(J8) 平田 1928
 『默つて、自宅にゐて下されば可かつたのにね、』エリザベスは叫んだ。『そりや惡い意志ぢやないでせうけど、斯ういつた不幸の場合には、近處の方など、成りたけ會はないやうにしてゐるのが可んです。手助けなんて、とても出來るもんぢやありませんし、お見舞なんて受けたつて、とても堪つたものぢやありません。遠くから此方を見て、好い氣味と納つてゐるが可いんです。』

[原文は以下のとおり総ルビ - tomoki y.]
 『默(だま)つて、自宅(うち)にゐて下(くだ)されば可(よ)かつたのにね、』エリザベスは叫(さけ)んだ。『そりや惡(わる)い意志(つもり)ぢやないでせうけど、斯(か)ういつた不幸(ふかう)の場合(ばあひ)には、近處(きんじよ)の方(かた)など、成(な)りたけ會(あ)はないやうにしてゐるのが可(い)んです。手助(てだす)けなんて、とても出來(でき)るもんぢやありませんし、お見舞(みまひ)なんて受(う)けたつて、とても堪(たま)つたものぢやありません。遠(とほ)くから此方(こつち)を見て、好(い)い氣味(きみ)と納(をさま)つてゐるが可(い)いんです。』


■ロシア語訳 Translation into Russian

— Лучше бы она сидела у себя дома! — воскликнула Элизабет. — Быть может, у нее были добрейшие намерения. Но при такой беде, как наша, чем меньше видишь соседей, тем лучше. Помощь здесь невозможна, а сочувствие — непереносимо. Пускай же они радуются нашим несчастьям подальше от нас.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

––Más habría valido que se hubiese quedado en su casa ––dijo Elizabeth––; puede que sus intenciones fueran buenas; pero en desgracias como ésta se debe rehuir de los vecinos. No pueden ayudarnos y su condolencia es ofensiva. ¡Que se complazcan criticándonos a distancia!


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Leconte & Pressoir, 1832
— Lady Lucas aurait mieux fait de rester chez elle ! s’écria Elizabeth. Peut-être ses intentions étaient bonnes ; mais dans une infortune comme la nôtre, moins on voit ses voisins et mieux cela vaut. Leur assistance ne peut être d’aucun secours et leurs condoléances sont importunes. Qu’ils triomphent de loin et nous laissent en paix !

  • Les Cinq Filles de Mrs Bennet (Pride and Prejudice) by Jane Austen. Translated by Valentine Leconte and Charlotte Pressoir (1832)
  • E-text at Wikisource

(F2) Perks, 1822, 1966
— Vous avez fait plus que vous ne pouviez, vous êtes souffrante, fatiguée, je le vois bien ; oh ! si au moins j’avais été avec vous, nous nous serions aidées et consolées mutuellement. »

  • Orgueil et Prévention by Jane Austen. Translated by Eloïse Perks (1822, republished 1966)
  • E-text at Wikisource

 Video 
BBCテレビ 高慢と偏見 (1995) BBC TV Pride and Prejudice (1995)

下の引用箇所に相当する部分は 0:49 から始まります。 Uploaded to YouTube by ipluso on 29 May 2008. The scene corresponding to the excerpt below starts at 0:49.


 Audio 
英語原文のオーディオブック 朗読: エリザベス・クレット
Audiobook in English read by Elizabeth Klett

下の引用箇所の朗読は 1:45:20 から始まります。 Uploaded to YouTube by CCProse Audiobooks on 16 Nov 2011. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 1:45:20.


■英語原文 The original text in English

"She had better have stayed at home," cried Elizabeth; "perhaps she meant well, but, under such a misfortune as this, one cannot see too little of one's neighbours. Assistance is impossible; condolence insufferable. Let them triumph over us at a distance, and be satisfied."


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/09/15 小山太一=訳 2014/07/01、BBCテレビドラマの YouTube 動画、および英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/07/17 ロシア語訳を追加しました。
  • 2011/11/20 小尾芙佐=訳 2011/11/20 を追加しました。
  • 2010/04/01 2つのフランス語訳を追加しました。

 

« 1 2 3 4 Pride and Prejudice »
« 1 2 3 4 高慢と偏見 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 26 April 2008

Patriot - The Devil's Dictionary by Ambrose Bierce 愛国者 - アンブローズ・ビアス『悪魔の辞典』

[zh] 魔鬼辞典 哈爾浜出版社 (2006) ISBN: 7806996532 中国語版(簡体字)
[ja] 悪魔の辞典 角川文庫 (1975)
[de] Aus dem Woerterbuch des Teufels. Insel Verlag (1981) ドイツ語版
[it] Il dizionario del Diavolo. Baldini Castoldi (2005) ISBN: 8884907071 Image source: Horror Magazine イタリア語版
[fr] Le Dictionnaire du Diable, J'ai Lu (2006) フランス語版
[en] The Devil's Dictionary, Barnes & Noble (2007)

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Md_bkbk605482 ja 51zjmabaywl de 51213amq5el

it Dizionariodeldiavolo fr 514836wn6vl_ss500_ en Coverartbig
 
 
■おもな邦訳のリスト(刊行年の新→旧の順)
 A more or so complete list of Japanese translations

     ★=下に訳文の抜粋を引用したタイトル。

  1.  新編悪魔の辞典 [点字資料] / ビアス[他]. -- 日本点字図書館, 2002.7
★ 2.  筒井版悪魔の辞典 / アンブローズ・ビアス[他]. -- 講談社, 2002.10
★ 3.  悪魔の辞典 /アンブローズ・ビアス -- プロジェクト杉田玄白. 2001.7
  4.  新撰・新訳悪魔の辞典 / A.ビアス[他]. -- 講談社, 2000.11.
      -- (Kodansha sophia books)
★ 5.  新編悪魔の辞典 / ビアス[他]. -- 岩波書店, 1997.1. -- (岩波文庫)
  6.  新編悪魔の辞典 / ビアス[他]. -- 岩波書店, 1983.5
★ 7.  悪魔の辞典 / アンブローズ・ビアス[他]. -- こびあん書房, 1982.3
  8.  イラスト悪魔の辞典 / A.ビアス[他]. -- 弓書房, 1980.5
  9.  続・悪魔の辞典 / A.ビアス[他]. -- こびあん書房, 1977.5
★10.  悪魔の辞典 / A.ビアス[他]. -- 角川書店, 1975.4 -- (角川文庫)
 11.  悪魔の辞典 / A.ビアス[他]. -- こびあん書房, 1974
 12.  悪魔の辞典 / A.ビアス[他]. -- 創土社, 1972
 13.  悪魔の辞典 / A.ビアス[他]. -- 岩波書店, 1964
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 筒井 2002
PATRIOT【愛国者】名 全体の利益よりも一部分の利益の方が大事だと考えている人。政治家のカモ。征服者の道具。

   アンブローズ・ビアス=著 筒井康隆=訳
   『筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉』 講談社, 2002.10
 
 
(2) 枯葉 2001
[愛国者] n. 一部の利益が全体の利益に勝ると考えているひと。征服者の手先であり政治家の餌食。

   アンブローズ・ビアス=著 枯葉=訳
   『悪魔の辞典』 プロジェクト杉田玄白 正式参加作品
   2001/07/13 本公開 2003/02/15 修正

 

(3) 西川 1997
愛国者 (patriot n.) 部分の利害のほうが全体のそれよりも大事だと考えているらしい人。政治家に手もなくだまされるお人好し。征服者のお先棒をかつぐ人。

   ビアス=著 西川正身(にしかわ・まさみ)=編訳
   『新編 悪魔の辞典』 岩波文庫, 1997.1
 
 
(4) 郡司 1982
愛国者〔名〕 部分の利害のほうが、全体のそれよりも大事であるように思える人。政治家にはころりとだまされ、征服者のお先棒をかつぐ人。

   アンブローズ・ビアス=著 郡司利男(ぐんし・としお)=訳
   『正・続全訳 悪魔の辞典』 こびあん書房, 1982.3
 
 
(5) 奥田+倉本+猪狩 1977
PATRIOT, n.【愛国者】 少数の利益のほうが、全体の利益よりも大事なように思える人間。政治家には馬鹿みたいにだまされ、征服者には手もなく利用される人間。

    A・ビアス=著 奥田俊介+倉本護+猪狩博=訳
   『悪魔の辞典』 角川文庫, 1975.4
 
 
■ドイツ語訳 Translation into German

"Patriot: Jemand, dem die Interessen eines Teils über die Interessen des Ganzen gehen. Der Gimpel der Politiker und das Werkzeug der Eroberer."

   Des Teufels Wörterbuch, Gesellschaftskritisches
   Wörterbuch eines Zynikers by Ambrose Bierce
   E-text at Wikiquote
 
 
■フランス語訳 Translation into French

Bierce_french

   Le Dictionnaire du Diable by Ambrose Bierce
   E-text at Livres pour Tout
 
 
■英語原文 The original text in English

PATRIOT, n. One to whom the interests of a part seem superior to those of the whole. The dupe of statesmen and the tool of conquerors.

 
 
■外部リンク External links

 
 
■更新履歴 Change log

  • 2008/12/04 枯葉=訳 2001/07 を追加しました。



にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 24 April 2008

A Christmas Carol by Charles Dickens (2) チャールズ・ディケンズ 『クリスマス・キャロル』『クリスマス・カロル』 (2)

« 1 A Christmas Carol 3 4 5 6 »
« 1 クリスマス・キャロル 3 4 5 6 »

        目次 Table of Contents

 Video 1  テレビ クリスマス・キャロル (1984) TV A Christmas Carol (1984)
 Video 2  A Christmas Carol (1971) a TV animation program, Part 4
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
 Audio 1  ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translations into German
  (D1) Seybt, 1877
  (D2) Moriarty, 1844
■イタリア語訳 Translations into Italian
  (It1) 2012
  (It2) Lamberti, 2010
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
 Audio 2  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobooks in Spanish
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1)
  (Es2)
  (Es3)
 Audio 3  フランス語版オーディオブック(朗読) Audiobook in French
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 4  オーディオブック 朗読: ニール・ゲイマン Audiobook read by Neil Gaiman
 Audio 5  オーディオブック Audiobook presented by CCProse
■英語原文 The original text in English
■邦訳リスト List of Japanese translations of A Christmas Carol
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■外部リンク External links
■謝辞 Acknowledgments
■クリスマス・キャロル (1) (2) の更新履歴 Change log for A Christmas Carol (1) & (2)


 Video 1 
テレビ 『クリスマス・キャロル』 (1984)
A Christmas Carol (1984) a TV program

監督: クライヴ・ドナー 出演: ジョージ・C・スコット、 フランク・フィンレイ
Clive Donner (director), George C. Scott (Scrooge), Frank Finlay (Marley's Ghost)


 Video 2 
A Christmas Carol (1971) a TV animation program, Part 4

Richard Williams (director), Alastair Sim (Scrooge's voice), Michael Redgrave (narrator)


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

- Ne legyen olyan haragos, bácsi! – mondta az unokaöcs.

- Hát milyen legyek – fortyogott a nagybácsi -, amikor ilyen bolond világban élek! Vidám karácsony! Majd mit mondok vidám karácsonyra! Karácsonykor az ember egyebet sem tesz, csak számlákat fizet ki pénz nélkül. Karácsonykor az ember rájön, hogy egy évvel megint öregebb lett, de egy órával sem gazdagabb. Karácsonykor az embernek mérleget kell készítenie, amikor a könyveiben kerek tizenkét hónapon keresztül minden egyes tétel csak veszteséget mutat. Ha a magam feje szerint cselekedhetném – mondta méltatlankodva Scrooge -, minden hülyét, aki “vidám karácsony”-t szajkóz, tulajdon pudingjában főzetnék meg és magyal-ággal átszúrt szívvel temettetnék el. Úgy biz’ én!

   Első strófa
   Charles Dickens: Karácsonyi ének
   E-text at gondolkodom.hu


■ロシア語訳 Translation into Russian

– Не ворчите, дядюшка, – сказал племянник.

– А что мне прикажешь делать. – возразил Скрудж, – ежели я живу среди таких остолопов, как ты? Веселые святки! Веселые святки! Да провались ты со своими святками! Что такое святки для таких, как ты? Это значит, что пора платить по счетам, а денег хоть шаром покати. Пора подводить годовой баланс, а у тебя из месяца в месяц никаких прибылей, одни убытки, и хотя к твоему возрасту прибавилась единица, к капиталу не прибавилось ни единого пенни. Да будь моя воля, – негодующе продолжал Скрудж, – я бы такого олуха, который бегает и кричит: «Веселые святки! Веселые святки!» – сварил бы живьем вместе с начинкой для святочного пудинга, а в могилу ему вогнал кол из остролиста.

   Строфа первая
   Чарльз Диккенс - Рождественская песнь в прозе
   E-text at FictionBook.ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

– Не бурчіть, дядечку, – сказав племінник.

– А що мені робити, – заперечив Скрудж, – якщо я живу серед таких бовдурів, як ти? Веселого Різдва! Та йди ти зі своїм Різдвом! Для таких, як ти, Різдво означає, що настав час сплачувати рахунки, а грошей катма. Час підбивати річний баланс, а в тебе з місяця в місяць жодних прибутків, самі збитки, і хоча віку твого прибуло, та до капіталу не додалося жодного пенні. Якби на це була моя воля, – обурено продовжував Скрудж, – я б кожного дурня, який бігає і кричить: «Веселого Різдва!» – зварив би живцем разом із начинкою для святкового пудинґа і в могилу йому увігнав кілок із гостролисту.

   Куплет Перший
   Чарлз Діккенс
   Різдвяна пісня в прозі, або Різдвяне оповідання з привидами
   Translated by Івана Андрусяка
   E-text at Український Центр (Ukrcenter.com)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

— Не се сърди, вуйчо! — каза племенникът.

— Та как да не се сърдя — отвърна вуйчото, — когато живея в такъв глупашки свят като този? Весела Коледа! Стига с тая весела Коледа! Какво е за човека Коледата, освен ден за плащане на сметки без пари; ден, в който ставаш с една година по-стар и нито с една стотинка по-богат; ден, когато трябва да си направиш баланса в търговските книги и всяка точка в тях за цели дванадесет месеца да се окаже в твой ущърб. Ако останеше на мене — каза възмутено Скрудж, — всеки идиот, който поздравява с „весела Коледа“, трябва да бъде сварен в собствения си пудинг и заровен с клон от бодлива зеленика (Бодлива зеленика — храст с червени зрънца, който служи за коледна украса), промушен през сърцето му. Точно така!

   Строфа Първа
   Чарлз Дикенс. Коледна песен
   Translated by Нели Доспевска, 1984
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

– Nie bądźże taki zły, wujaszku – rzekł siostrzeniec.
– Jakże mogę nie być zły – odparł ostro Scrooge – skoro żyję w świecie zaludnionym przez głupców? Wesołych świąt! Do licha z wesołymi świętami! Czymże innym są dla ciebie święta Bożego Narodzenia, jak terminem płacenia rachunków, na które nie masz pieniędzy? Z każdym Bożym Narodzeniem stajesz się o rok starszy, ale nie jesteś ani o pensa bogatszy. W dniu tym przeprowadzasz bilans swych ksiąg handlowych i widzisz, że każda pozycja z ubiegłych dwunastu miesięcy jest oskarżeniem dla twej lekkomyślności. Gdybym mógł postąpić wedle swej woli – dodał Scrooge z gniewem w głosie – każdy dureń, który chodzi po ludziach z życzeniami wesołych świąt, zostałby ugotowany w swoim własnym świątecznym puddingu i pochowany z gałązką ostrokrzewu zatkniętą w serce. Nie inaczej!

   Strofka pierwsza
   Kolęda prozą, czyli opowieść wigilijna o duchu by Karol Dickens
   Tower Press, Gdańsk 2000
   E-text at koleda_swierszc.pdf [PDF]


 Audio 1 
ドイツ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in German

下に引用した箇所は 8:07 から始まります。 Excerpt below starts at 8:07.


■ドイツ語訳 Translation into German

(D1) Seybt, 1877
„Seien Sie nicht bös, Onkel“, sagte der Neffe.

„Was soll ich anders sein“, antwortete der Onkel, „wenn ich in einer Welt voll solcher Narren lebe? Fröhliche Weihnachten! Der Henker hole die fröhlichen Weihnachten! Was ist Weihnachten für Dich anders, als ein Tag, wo Du Rechnungen bezahlen sollst, ohne Geld zu haben; ein Tag, wo Du Dich um ein Jahr älter und nicht um eine Stunde reicher findest; ein Tag, wo Du Deine Bücher abschließest und in jedem Posten durch ein volles Dutzend von Monaten ein Deficit siehst? Wenn es nach mir ginge“, sagte Scrooge heftig, „so müßte jeder Narr, der mit seinem fröhlichen Weihnachten herumläuft, mit seinem eigenen Pudding gekocht und mit einem Pfahl von Stecheiche im Herzen begraben werden.“

   Erstes Kapitel
   Der Weihnachts-Abend by Charles Dickens
   Translated by Julius Seybt. G. Grote, Berlin 1877
   E-text at Wikisource


(D2) Moriarty, 1844
„Sein Sie nicht bös, Onkel,“ sagte der Neffe.

„Was soll ich anders sein,“ antwortete der Onkel, „wenn ich in einer Welt voll solcher Narren lebe? Fröhliche Weihnachten! Der Henker hole die fröhlichen Weihnachten! Was ist Weihnachten für Dich anders, als ein Tag, wo Du Rechnungen bezahlen sollst, ohne Geld zu haben, ein Tag, wo Du Dich um ein Jahr älter und nicht um eine Stunde reicher findest, ein Tag, wo Du Deine Bücher abschließest und in jedem Posten durch ein volles Dutzend von Monaten ein Deficit siehst? Wenn es nach mir ginge,“ sagte Scrooge heftig, „so müßte jeder Narr, der mit seinem fröhlichen Weihnachten herumläuft, mit seinem eigenen Pudding gekocht und mit einem Pfahl im Herzen begraben werden.“

   Erstes Kapitel
   Der Weihnachtsabend by Charles Dickens
   Translated by Edward Aubrey Moriarty. Leipzig : J. J. Weber, 1844
   E-text at Scribd


■イタリア語訳 Translations into Italian

(It1) 2012
- Non siate così di malumore, zio disse il nipote.

- Sfido io a non esserlo ribatté lo zio quando s'ha da vivere in un mondaccio di matti com'è questo. Un Natale allegro! Al diavolo il Natale con tutta l'allegria! O che altro è il Natale se non un giorno di scadenze quando non s'hanno danari; un giorno in cui ci si trova più vecchi di un anno e nemmeno di un'ora più ricchi; un giorno di chiusura di bilancio che ci dà, dopo dodici mesi, la bella soddisfazione di non trovare una partita all'attivo? Se potessi fare a modo mio, ogni idiota che se ne va attorno con cotesto "allegro Natale" in bocca, avrebbe a esser bollito nella propria pentola e sotterrato con uno stecco di agrifoglio nel cuore. Sì, proprio!

   Canto di Natale by Charles Dickens
   REA Multimedia, 2012
   Preview at Google Books


(It2) Lamberti, 2010
- Non siate cosi di malumore, zio, - disse il nipote.

- Sfido io a non esserlo, - ribatté lo zio, - quando si è costretti a vivere in un mondo di matti come questo. Felice Natale! Al diavolo il Natale e tutta la felicità! Cos'altro è il Natale se non un giorno di scadenze in cui mancano i soldi, un giorno in cui ci si ritrova più vecchi di un anno e nemmeno più ricchi di un'ora, un giorno di bilancio che ci dà, dopo dodici mesi, la bella soddisfazione di non avere una sola partita in attivo? Se potessi fare a modo mio, ogni idiota che se ne va in giro con quel «Buon Natale» sulle labbra dovrebbe essere bollito nel suo pentolone e sotterrato con uno stecco di agrifoglio nel cuore. Si, proprio così!

   Canti di Natale by Charles Dickens
   Translated by Luca Lamberti
   Giulio Einaudi Editore, 2010
   Preview at Google Books


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

– Vamos, meu tio! Não se amofine! – disse o jovem.
– Como não me amofinar, – replicou o tio, – quando vivemosnum mundo cheio de gente ordinária? Feliz Natal!... Que vá para odiabo o seu feliz Natal! Que representa para você o Natal, a não ser uma época em que você é obrigado a abrir o cordão da bolsa jámagra? Uma época em que você se faz mais velho um ano e nemuma hora mais rico? Em que você, fazendo um balanço, verificaque ativo e passivo equilibram, sem deixar nenhum resultado? – Sefosse eu quem mandasse, – continuou Scrooge indignado, – cadaidiota que percorre as ruas com um .feliz Natal. na ponta da línguaseria condenado a ferver em sua marmita, em companhia de seu bolo de Natal, e a ser enterrado com um galho de azevinhoespetado no coração. Pronto!

   Primeira Estrofe
   Canção de Natal by Charles Dickens
   E-text at Scribd


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

—No sigueu rondinaire, oncle! -digué el nebot.

—Quina altra cosa puc ser, vivint en un món de boigs com aquest? Feliç Nadal! Malviatge el teu feliç Nadal! Què significa per a tu el temps de Nadal sinó el moment de pagar factures sense diners?; el moment de trobar-te un any més vell i no més ric d'una hora; el moment de passar balanç als teus llibres i veure-hi les partides de tots dotze mesos sense cap guany? Si jo manés -digué Scrooge, amb indignació-, cada idiota dels que van pel món amb un "Feliç Nadal" als llavis fóra bullit amb el seu propi púding i enterrat amb un pal de boix travessant-li el cor.

   Cançó de Nadal by Carlos Dickens
   Excerpt at llibreria El Cucut


 Audio 2 
スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish

下に引用箇所に相当する部分の朗読は 8:01 から始まります。 Reading of the text corresponding to the excerpt below starts at 8:01.


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1)
  — No estéis enfadado, tío — dijo el sobrino.

  —¿Cómo no voy a estarlo —replicó el tío— viviendo en un mundo de locos como éste? ¡Felices Pascuas! ¿Buenas Pascuas te dé Dios! ¿Qué es la Pascua de Navidad sino la época en que hay que pagar cuentas no teniendo dinero; en que te ves un año más viejo y ni una hora más rico; la época en que, hecho el balance de los libros, ves que los artículos mencionados en ellos no te han dejado la menor ganancia después de una docena de meses desaparecidos?. Si estuviera en mi mano —dijo Scrooge con indignación—, a todos los idiotas que van con el Felices Pascuas! en los labios los cocería en su propia sustancia y los enterraría con una vara de árbol atravesándoles el corazón. ! Eso es!

   Primera Estrofa
   Canción de Navidad by Carlos Dickens
   DigitalBook, 2015. Preview at Google Books
   E-text at El Libro Total


(Es2)
«No te enfades, tío», dijo el sobrino.

«¿Cómo no  me  voy a  enfadar» -respondió el tío-, «si vivo en un mundo de locos como éste?  ¡Felices  Pascuas!  ¡Y  dale  con  Felices Pascuas!  ¿Qué  son  las  Pascuas  sino  el  momento de pagar cuentas atrasadas sin tener dinero; el momento de darte cuenta de que eres un año más viejo y ni una hora más rico; el momento de hacer el balance y comprobar  que  cada  una  de  las  anotaciones  de los libros te resulta desfavorable a lo largo de los doce meses del año? Si de mí dependiera -dijo Scrooge con indignación-, a todos esos idiotas que van por ahí con el Felices Navida-des en la boca habría que cocerlos en su propio pudding y enterrarlos con una estaca de acebo  clavada  en  el  corazón.  Eso  es  lo  que habría que hacer».

   Primera Estrofa
   Cuento de Navidad by Carlos Dickens
   E-text at Bibliotecas Públicas [PDF]


(Es3)
—No os pongais de mal humor, tio mio, exclamó el sobrino.

—Y cómo no ponerme, cuando se vive en un mundo de locos cual lo es este. ¡Una regocijada Noche Buena! Váyanse al diablo todas ellas. ¿Qué es la Navidad, sino una época en que vencen muchos pagarés y en que hay que pagarlos aunque no se tenga dinero? ¡Un día en que os encontrais más viejo de un año, y no más rico de una hora! ¡Un dia en que despues de hacer el balance de vuestras cuentas, observais que en los doce meses transcurridos no habeis ganado nada. Si yo pudiera obrar segun pienso, continuó Scrooge con acento indignado, todos los tontos que circulan por esas calles celebrando la Noche Buena, serian puestos á cocer en su propio caldo, dentro de un perol y enterrados con una rama de acebo atravesada por el corazón: así, así.

   Estrofa Primera.
   El cántico de Navidad by Carlos Dickens
   E-text at Wikisource


 Audio 3 
フランス語版オーディオブック(朗読) Audiobook in French

下に引用した箇所は 0:09:55 から始まります。 Excerpt below starts at 0:09:55.


■フランス語訳 Translation into French

«Ne soyez pas de mauvaise humeur, mon oncle, fit le neveu.

-- Et comment ne pas l'être, repartit l'oncle, lorsqu'on vit dans un monde de fous tel que celui-ci? Un gai Noël! Au diable vos gais Noëls! Qu'est-ce que Noël, si ce n'est une époque pour payer l'échéance de vos billets, souvent sans avoir d'argent? un jour où vous vous trouvez plus vieux d'une année et pas plus riche d'une heure? un jour où, la balance de vos livres établie, vous reconnaissez, après douze mois écoulés, que chacun des articles qui s'y trouvent mentionnés vous a laissé sans le moindre profit? Si je pouvais en faire à ma tête, continua Scrooge d'un ton indigné, tout imbécile qui court les rues avec un gai Noël sur les lèvres serait mis à bouillir dans la marmite avec son propre pouding et enterré avec une branche de houx au travers du coeur. C'est comme ça.

   The Project Gutenberg EBook "Cantique de Noël," by Charles Dickens
   Premier couplet  Le spectre de Marley
   Release Date: June 7, 2005


 Audio 4 
英文オーディオブック 朗読: ニール・ゲイマン Audiobook read by Neil Gaiman
Neil_gaiman_a_christmas_carol
録音を聴くにはここをクリックしてニューヨーク・パブリック・ライブラリーのサイトへ行ってください。下の引用箇所の朗読は 14:50 あたりから。 New York Public Library, December 2013. To listen CLICK HERE and go to the NYPL website. Reading of the excerpt below starts around 14:50.


 Audio 5 
英語原文のドラマ仕立ての朗読 Dramatized audiobook presented by CCProse

下の引用箇所の朗読は 7:18 から。 Uploaded to YouTube by CCProse Audiobooks on 6 Nov 2011. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 7:18.


■英語原文 The original text in English

"Don't be cross, uncle!" said the nephew.

"What else can I be," returned the uncle, "when I live in such a world of fools as this? Merry Christmas! Out upon merry Christmas! What's Christmas time to you but a time for paying bills without money; a time for finding yourself a year older, but not an hour richer; a time for balancing your books and having every item in 'em through a round dozen of months presented dead against you? If I could work my will," said Scrooge indignantly, "every idiot who goes about with 'Merry Christmas' on his lips, should be boiled with his own pudding, and buried with a stake of holly through his heart. He should!"

   A Christmas Carol by Charles Dickens (1843)
   Stave One: Marley's Ghost
   The Project Gutenberg EBook of A Christmas Carol,
   by Charles Dickens
   Release Date: August 11, 2004


■邦訳リスト List of Japanese translations of A Christmas Carol

多数ある A Christmas Carol の日本語訳のうち(雑誌や音声・映像などの媒体ではなく)書籍として出版されたものについての詳細なリストは、次のページにあります。


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

クリスマス・キャロル……池 2006   清水 2003  脇 2001
            伊藤 1996  もき 1991  小池 1991
            夏目 1989, 1991      八木田 1989
            吉田 1977, 1986, etc.   中川 1975, 1991
            皆河 1961  原島 1954  村山 1950
クリスマスキャロル(スペースなし)……………………katokt 2003
クリスマス キャロル(半角スペースあり) ……………こだま 1987
クリスマス・カロル………光吉 1976  神山 1969  北川 1955
            村岡 1952  安藤 1950, 1966, etc.
            山本 1948  田中 1948  中島 1920
            森田 1929, 2002, etc.   幡谷 1925
            矢口 1915
クリスマス、カロル(中黒でなく句点)…………………淺野 1902
クリスマスカロル(スペースなし)………………………紅薔薇 1911

   1940年代までは「カロル」が主流、
   1950〜70年代は「カロル」と「キャロル」が混在、
   1980年代以降は「キャロル」が主流。
   今日では「キャロル」表記が、ほぼ定着したと見てよさそうです。


■外部リンク External links


■謝辞 Acknowledgments

G県立図書館が、私の最寄りの府立図書館を通じて、淺野和三郎=譯 1902/04 の実物(明治35年10月15日発行の第3版)を貸し出してくださいました。本がかなり傷んだ状態であるにもかかわらず、取り寄せの依頼に応じてくださったG県立図書館の寛大さ、そしていつもながら手間のかかる取り寄せの手配をしてくださった府立図書館の皆さんに、お礼申し上げます。


■クリスマス・キャロル (1) と (2) の更新履歴
 Change log for A Christmas Carol (1) and (2)

  • 2015/07/26 Julius Seybt によるドイツ語訳と2種類のスペイン語訳を追加しました。また、ドイツ語版、スペイン語版、およびフランス語版のオーディオブックの YouTube 画面も追加しました。
  • 2014/12/24 繁體字中國語譯とカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2014/12/23 ニール・ゲイマンによる朗読へのリンクを追加しました。
  • 2013/08/31 ハンガリー語訳、ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、ドイツ語訳、2種類のイタリア語訳、ポルトガル語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2013/08/30 中島孤島=譯 1920/08/31、矢口達=譯 1915/04/22、および紅薔薇=譯註 1911/11/10 を追加しました。
  • 2013/05/31 幡谷正雄=譯註 1925/04/10 を追加しました。
  • 2012/03/02 ロシア語訳を追加しました。
  • 2011/11/21 CCProse による英語原文の朗読の YouTube 動画を追加しました。
  • 2010/12/08 「外部リンク」の項を新設しました。
  • 2010/06/24 テレビ 『クリスマス・キャロル』 (1984) の YouTube 動画を追加しました。また、今まで連載記事の (6) に貼ってあったテレビアニメ A Christmas Carol (1971) の YouTube 動画をこのページに移動させました。
  • 2009/09/17 ディズニーの『クリスマス・キャロル』(2009年11月公開予定)予告編のYouTube動画を追加しました。
  • 2008/10/24 原島善衛=訳 1954/05 を追加しました。
  • 2008/04/24 安藤一郎=訳 1966/07 を追加しました。また、ブログ記事の制限字数に達したらしく、これまでの記事を1つに収めきれなくなったので、記事を分割し、通し番号を振り直しました。これまで (1)〜(5) の5つあった記事のうち、(1) と (2) の間に、新しい (2) が挿入されたので、これまで (2)〜(5) だったものは、それぞれ番号が1つずつ繰り下がりました。
  • 2008/03/16 淺野和三郎=譯 1902/04 を追加しました。また、「謝辞」を新たに書き加えさせていただきました。
  • 2008/02/12 北川千代=著(再話)1955/11 を追加しました。
  • 2008/01/21 清水奈緒子=訳 2003/10 を追加しました。
  • 2008/01/13 八木田宜子=訳 1989/11 を追加しました。
  • 2007/12/25 中川敏=訳 1991/11 を追加しました。
  • 2007/12/03 青空文庫に掲載されているものとは別個に、ディケンズ・フェロウシップ日本支部のサイトにリンクされている、2種類の電子テキストについて、その情報を挿入しました。また、邦訳リストの項を新設しました。
  • 2006/11/15 「邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2006/11/14 池央耿=訳 2006/11、もき かずこ=訳 1991/12、および、こだまともこ=訳 1987/11 を追加しました。また、Amazon.co.jp の関連ページなどへのリンクを追加しました。
  • 2006/10/16 伊藤廣里=訳 1996/12 を追加しました。また、図版を入れ替え、その出典を明記しました。
  • 2006/07/30 この記事のタイトルを "Scrooge - A Christmas Carol" から "A Christmas Carol by Charles Dickens" に変更しました。また、神山妙子=訳 1969 を追加し、日本語の訳例に番号を振りました。さらに、Amazon.co.jp の該当ページ、および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/05/06 訳例の配列を、旧→新から新→旧に変更しました。また、書誌情報を補足しました。
  • 2006/02/24 夏目道子=訳 1989を追加しました。
  • 2006/01/20 森田草平=訳 1929と katokt 訳 2003 を追加しました。
  • 2006/01/18 小池滋=訳 1991 と脇明子=訳 2001 を追加しました。

 

« 1 A Christmas Carol 3 4 5 6 »
« 1 クリスマス・キャロル 3 4 5 6 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) クリスマス・「キャロル」表記のもの

(2) クリスマス・「カロル」表記のもの

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, 22 April 2008

Антон Чехов - Чайка (3) The Seagull by Anton Pavlovich Chekhov (3) チェーホフ『かもめ』 (3)

« 1 2 The Seagull 4 »
« 1 2 かもめ 4 »

■はじめに Introduction

下に引用するセリフは、『かもめ 四幕の喜劇』の第四幕から。


■日本語訳——表紙画像コレクション
 Japanese translations: Cover photo collection

a. 浦 雅春 訳 『かもめ』 岩波文庫 (2010)
  カバー折り返しのキャプションによると、このカバー写真は「モスクワ芸術座
  の俳優たちと『かもめ』を読むチェーホフ(中央、1899年5月)」だそうです。
b. 中本信幸訳 『かもめ』 新読書社 (2006)
c. 松下 裕 訳 『チェーホフ戯曲選』 水声社 (2004)
d. 堀江新二訳 『かもめ—四幕の喜劇』 ロシア名作ライブラリー 群像社 (2002)
e. 小田島雄志訳 『かもめ』 ベスト・オブ・チェーホフ 白水Uブックス (1998)
f. 原 卓也 訳 「かもめ」 『集英社ギャラリー ロシア1』 集英社 (1991)
g. 湯浅芳子訳 『かもめ』 岩波文庫 (1976)
h. 神西 清 訳 『かもめ・ワーニャ伯父さん』 新潮文庫 (1967)

↓ Click to enlarge ↓

a. Ja_ura_iwanami_bunko_2010_2 b. Ja_2004_nakamoto_shindokushosha c. Ja_2004_matsushita_suiseisha

d. Ja_2002_horie_guzosha e. Ja_1998_odashima_hakusuisha f. Ja_1991_shueisha_gallery_russia

g. Ja_yuasa_iwanami_bunko_1976 h. Ja_1967_jinzai_shincho_bunko


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 佐藤 2011
トレープレフ:(悲しげに)君は自分の道を見つけたんだね。進むべき方向を見つけたんだ。けれどもぼくはいつまでたっても夢とイメージのカオスのなかをさまよい歩くばかりだ。誰のために書いているのか、誰から必要とされているのかも分からないままだ。ぼくには信念がない。自分の使命も何なのか分からない。

   アントン・チェーホフ=作 佐藤康(さとう・やすし)=訳
   「かもめ」(マルコヴィッチ&モルヴァンによるフランス語版から)
   その9(最終回)
   四幕の喜劇 1895年オリジナル版
   とんぼのメガネ 2011/01/10


(J2) 浦 2010
トレープレフ:(打ち沈んで)君は自分の道を見つけて、自分がどこに向かっているのかが分かっている。ところが、ぼくときたら、相も変わらず混沌とした夢とイメージの世界を右往左往するばかりで、なんのために誰のためにこんなことをしているのか、それが分からないでいるんだ。ぼくには信じられるものがないし、何がぼくの天職であるかも分からない。

   チェーホフ=作 浦雅春(うら・まさはる)=訳
   『かもめ』 岩波文庫 2010/01/15


(J3) 沼野 2008
トレープレフ:(悲しげに)きみは自分の道を見つけ、自分がどこに行こうとしているか知っている。でもぼくは相変わらず、混沌とした空想とイメージの中を駆け回っていて、それが何のために、誰に必要なことかもわからない。ぼくは信じることができないし、自分の天職が何なのかもわからない。

   アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ=作 沼野充義=訳
   「かもめ—四幕のコメディ」 『すばる』 集英社 2008年7月号収載
   この翻訳を使用した舞台「かもめ」(演出:栗山民也、出演:藤原竜也、
   鹿賀丈史ほか)は、東京・大阪・広島・名古屋を巡業中。公演「かもめ」
   公式サイト(ホリプロ)は こちら。公式ブログは こちら


(J4) 中本 2006
トレープレフ:(悲しそうに)あなたは自分の道を見つけた、どこへ進んでいるか知っている。だがぼくは相変わらず、幻覚と幻影の混沌のなかをさまよい、いったいだれに、なんのためにそれが必要なのかも知らない。ぼくには信仰心がない、自分の天職がなにかも、わかっていない。

   アントン・チェーホフ=作 中本信幸=訳
   『かもめ』 新読書社 2006/07


(J5) 堀江 2002
ドラマリーディング/チェーホフ「かもめ」第4幕/表現よみオーの会

チェーホフ生誕150年を記念したドラマリーディング「かもめ」。第4幕のコースチャとニーナの対話の場面。表現よみオーの会10周年公演 2010-10-30 から。コースチャ(渡辺知明)、ニーナ(松岡未央)、『かもめ』 群像社刊、翻訳・堀江新二、脚色・渡辺知明、撮影・宇野和宏。下に引用するコースチャの台詞は 8:00 あたりから。

コースチャ:(悲しげに)君は自分の道を見出したし、どこに向かって進むべきか知っている。ところが、僕ときたら、相変らず、夢とイメージの混沌とする中で、それがだれに、何のために必要なのかも分からず、ただ走り回っている。僕には信念もないし、自分の使命が何なのかも分かっていないんだ。

   アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ=作 堀江新二=訳
   『かもめ—四幕の喜劇』 ロシア名作ライブラリー4 群像社 2002/11


(J6) 堀内 2000-2005
トレープレフ:(悲しい)君は……、君の道を見つけたんだね。どうやって進めばいいのかもわかってるんだ。でも僕は、まだ夢と幻想の渾沌とした世界で、それがなんのためなのかもわからない。信じられない。これが人生だなんて、信じられない。

   アントン・チェーホフ=作 堀内仁=訳
   「かもめ」 現代演劇翻訳テキスト集
   Copyright (c) LABO! & Horiuchi Jin, 2000-2005
   LABO! の公演用に訳出されたもの。以下のような注記があります:

   なにより「面白い」上演のためのテキストたらんことを望みました。
   そのため、原書に対しては必ずしも忠実ではありません。
   また、アカデミックな研究には寄与するものではないことをご了解ください。


(J7) 小田島 1998
トレープレフ:(悲しげに)きみは自分の道を見つけたんだね——どこへ行くのかもわかってるんだ。ぼくのほうはまだ、夢と幻影のカオスの世界をさまよい、それがだれのために、なんのために必要なのかもわからないままだ。信念はもってないし、自分の天職がなんであるかもいまだにわからないでいる。

   アントン・チェーホフ=作 小田島雄志=訳
   『かもめ』 ベスト・オブ・チェーホフ 白水Uブックス126 1998/12
   マイケル・フレインの英訳(The Seagull, translation by Michael Frayn, 
   Translation copyright (c) 1988, 1991)からの重訳


(J8) 松下 1988, 1993, etc.
トレープレフ:(悲しげに)あなたは自分の道を見いだして、行くべきところを知っている。ところが僕はあいかわらず、幻想と想像のカオスのなかを駆けていて、なんのために、だれにそんなことが必要なのかがわからないんだ。僕は信じられないし、自分の使命がどこにあるのかもわからない。

   アントン・チェーホフ=著 松下裕(まつした・ゆたか)=訳
   a.チェーホフ戯曲選』 水声社 2004/09 所収
   b.チェーホフ全集11 三人姉妹・桜の園』 ちくま文庫 1993/10 所収
   c.チェーホフ全集11 白鳥の歌・かもめ』 筑摩書房 1988/06 所収
   引用は c. に拠りました。


(J9) 木村(浩) 1979
トレープレフ:(悲しげに)君は自分のいく道を見つけて、それがどこへいくのか、ちゃんと知っている。ところが、このぼくは相変わらず妄想と幻影のどろ沼のなかをふらつきながら、それが誰に、なんのために必要なのかもわからずにいる。ぼくは何も信じることができず、自分の使命が何であるかも、わからずにいるのだ。

   チェーホフ=作 木村浩=訳 「かもめ」
   『世界文学全集39 チェーホフ』 学習研究社(学研) 1979/09 所収


(J10) 原 1978, 1991
トレープレフ:(悲しそうに)あなたは自分の道を見いだして、自分の進んでゆく先を知っているのに、僕は相変わらず幻想とイメージのカオスの中をさまよいながら、そんなことがだれにとって何のために必要なのかも、わからずにいる始末なんだ。僕は信じていないし、何が自分の使命かもわからないんです。

   チェーホフ=作 原卓也=訳「かもめ」
   a.集英社ギャラリー [世界の文学]13 ロシア1』 集英社 1991/03 所収
   b.集英社版 世界文学全集59』 綜合社=編集 集英社=発行
      1978/04 所収
   引用は b. に拠りました。


(J11) 木村(彰) 1976
トレープレフ:(悲しげに)あなたは自分の道を発見しましたね。自分がどこを目指しているかもあなたはちゃんとご存じだ。ところがぼくはいつまでたっても幻想とイメージの混沌の中をさまよい歩くだけで、それがだれに、なんのために必要なのかもわからずにいる。ぼくには信ずるものがない。自分の使命がどこにあるかもわからないんです。

   チェーホフ=作 木村彰一=訳 「かもめ」
   『豪華版 世界文学全集22 チェーホフ』 講談社 1976/10 所収


(J12) 石山+飯田 1960
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   チェーホフ=作
   石山正三(いしやま・しょうぞう)+飯田規和(いいだ・のりかず)=訳
   「かもめ」
   『ポータブル・チェーホフ』 ポータブル・ライブラリィ
   パトリア・ブックス22 パトリア書店 1960/05 所収


(J13) 中村 1959
トレープレフ:(悲しげに)あなたは自分の道を発見されました、自分がどこへ進んでいるかを知っていらっしゃる。ところが、僕はいぜんとして、それが誰に、またなんのために必要なのかも知らないで、夢想と幻影の混沌裡を彷徨しているのです。僕は信仰をもちませんし、自分の使命がどこにあるのやら、それすら知らない有様です。

   チェーホフ=作 中村白葉=訳 「かもめ」
   『新版世界文学全集20 桜の園・三人姉妹
   新潮社 1959/01 所収


(J14) 倉橋 1956
トレープレフ:(悲しげに)あなたは自分の道を見つけた、自分がどこへ進んでいるか知っている。ところが、僕はいまだにまだ、夢と幻影の混沌とした世界をさまよい歩いていて、それが誰に、またなんのために必要なのかも知らない。僕には信じるものがなく、そして自分の使命が何であるかもわかっていない。

   チェーホフ=作 倉橋健(くらはし・たけし)=訳 「かもめ」
   『チェーホフ名作集』 白水社 1956/09/20 所収


(J15) 神西 1954, 1967, etc.
トレープレフ:(悲しそうに)君は自分の道を発見して、ちゃんと行く先を知っている。だが僕は相変らず、妄想(もうそう)と幻影の混沌(こんとん)のなかをふらついて、一体それが誰に、なんのために必要なのかわからずにいる。僕は信念がもてず、何が自分の使命かということも、知らずにいるのだ。

   チェーホフ=作 神西清=訳 「かもめ」
   a. 青空文庫 電子テキスト作成作業中
   b.新潮世界文学23 チェーホフ』 新潮社 1969/07 所収
   c.かもめ・ワーニャ伯父さん』 新潮文庫 1967/09 所収
   14d.世界文学全集 第1期 第12』 河出書房 1954 所収

   神西訳は、以上のほか多数の版に収められています。その詳細なリストは、
   たとえば『可愛い女・犬を連れた奥さん 他一篇』岩波文庫(改版)
   2004/09 の巻末にある「神西清訳のチェーホフ作品」で見ることができます。
   a. の底本は c.。引用は c. に拠りました。


(J16) 湯浅 1952, 1976
トレープレフ:(悲しげに)あなたは自分の道を発見された、あなたはどこへ行くかを知っていられる。だがぼくはいまだにまだ、夢想と形象の混沌のなかに漂っていて、なんのために、また誰に、それが必要なのか、知らないのです。僕は信じていず、知りません、ぼくの使命は何にあるのか。

   チェーホフ=作 湯浅芳子=訳
   a.かもめ』 岩波文庫(改版)1976/05
   b. 『かもめ』 岩波文庫(初版)1952/05
   引用は a. に拠りました。


(J17) 中村 1935
トレープレフ:(悲しげに)あなたは自分の道を發見なすつた、あなたは自分が何處へ進んでゐるかを知つていらつしやる。が、僕は依然として、それが誰に、何のために必要なのかも知らないで、夢想と幻像の混沌裡に漂泊してゐるのです。僕は信仰を持ちませんし、自分の使命が何處にあるのやら、それすら知らない有樣です。

   チェーホフ=作 中村白葉=譯
   『チェーホフ全集13 かもめ』 金星堂 1935/07(昭和10)


(J18) 米川 1923, 1964, etc.
トレープレフ:(悲しげに)あなたは自分の道を發見なすつた。あなたは自分がどこへ進んでゐるか御存知です。ところが僕は依然として空想と幻像の混沌世界を彷徨して、それが何のために、誰に必要なのか知らないのです。僕には信仰がありません。そして何處に僕の使命があるのか、それさへ知らないんです。

   チェーホフ=作 米川正夫=訳 「かもめ」
   a. 中村白葉〔ほか〕=訳
     『決定版ロシア文学全集15 チェーホフ1』(全35巻)
     日本ブック・クラブ 1970/09 所収
   b. 中村白葉、原久一郎〔ほか〕=訳
     『ロシア・ソビエト文学全集22 チェーホフ1』(全35巻)
     可愛い女 ヴァーニャ伯父さん 三人姉妹 かもめ
     六号室 犬をつれた奥さん 他
     平凡社 1964/05 所収
   c.近代劇大系 第14卷 露西亞篇2
       近代劇大系刊行會 非賣品 1923/08(大正12)所収
   引用は c. に拠りました。


■スペイン語訳 Translation into Spanish

TREPLEV.- (Tristemente.) ¡Porque ha encontrado su camino! ¡Conoce dónde va!... ¡Yo, en cambio, floto en un caos de sueños e imágenes, sin saber para qué ni para quién esto es necesario! ¡No creo, y no sé cuál es mi vocación!

   La gaviota by Anton Pavlovich Chejov
   Translated by E. Podgursky
   E-text at:
   * Biblioteca Virtual Miguel de Cervantes
   * Biblioteca Digital de Estudios Sociales [doc]
   * World Public Library


■ソ連映画 『チェーホフのかもめ』 監督: ユーリー・カラーシク Part 11
 Chayka / The Seagull (1970) directed by Yuli Karasik - Part 11

チェホフのかもめ (1971) - allcinema 下に引用する台詞が現れるのは7:35あたりから。 The lines quoted below appear around 7:35.


■英訳 Translations into English

(E1) Deemer, 2004
TREPLEV: You've found your bearings, Nina. I still wander around in a haze of dreams and images. I can't make sense of them, I don't know why I write. I have no faith. I don't even know if I have a calling.

   The Seagull Hyperdrama
   A play with simultaneous action
   based on Chekhov's The Seagull
   Charles Deemer
   Sextant Books, 2004
   Paperback: Three Moons Media, 2004

   E-text at
   * Ibiblio Deemer Literary Archive
   * The Seagull Hyperdrama (PDF)


(E2) Calderon, 1912
TREPLIEFF. [Sadly] You have found your way, you know where you are going, but I am still groping in a chaos of phantoms and dreams, not knowing whom and what end I am serving by it all. I do not believe in anything, and I do not know what my calling is.

   The Sea-Gull, A Play in Four Acts
   by Anton Checkov
   Translated by George Calderon

   First published in:
   Two Plays by Tchekhof: The Seagull, The Cherry orchard
   Grant Richards: London, 1912.
   Scanned images of this edition at Internet Archive
   
   E-text at
   * Project Gutenberg
   * Project Gutenberg
   * Landscapes in Russian Literature and Art (PDF)
    by Prof. Gerald Pirog, Rutgers University


■ロシア語原文 The original text in Russian

Треплев (печально). Вы нашли свою дорогу, вы знаете, куда идете, а я все еще ношусь в хаосе грез и образов, не зная, для чего и кому это нужно. Я не верую и не знаю, в чем мое призвание.

   Антон Павлович Чехов - Чайка
   E-text at
   * ilibrary.ru
   * Landscapes in Russian Literature and Art
    by Prof. Gerald Pirog, Rutgers University


■Bibliography on translations into English

   * Anton Chekhov Biography
    (Andreas Teuber Home Page)


■外部リンク External links

   * The Seagull - Wikipedia
   * Anton Chekhov - Wikipedia (1860-1904)
   * Anton Chekhov - drama21c.net
   * The Seagull - Mahalo
   * かもめ (チェーホフ) - Wikipedia
   * アントン・チェーホフ - Wikipedia


■更新履歴 Change log

2012/03/03 佐藤康=訳 2011/01/10 を追加しました。
2011/05/15 「はじめに」の項と、ソ連映画 『チェーホフのかもめ』の YouTube
         動画を追加しました。
2011/05/13 ドラマリーディング/チェーホフ「かもめ」第4幕/表現よみオーの会の
         YouTube 動画を追加しました。
2010/02/25 浦雅春=訳 2010/01/15 を追加しました。
2010/01/06 倉橋健=訳 1956/09/20 を追加しました。
2009/08/28 木村浩=訳 1979/09 を追加しました。
2008/07/14 沼野充義=訳 2008/07 を追加しました。
2008/05/28 中村白葉=訳 1959/01 を追加しました。
2008/05/06 松下裕=訳 1988/06 と木村彰一=訳 1976/10 を追加しました。

 

« 1 2 The Seagull 4 »
« 1 2 かもめ 4 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 18 April 2008

Profiles in Courage by John F. Kennedy ジョン・F・ケネディ 『勇気ある人々』

 Video 
1956年、テキサス州ダラスのラブフィールド空港で民主党の大統領候補アドレー・スティーブンソンのために応援演説を行うジョン・F・ケネディ上院議員
Senator John F. Kennedy campaigning for Adlai Stevenson at Love Field, Dallas, Texas in 1956

『勇気ある人々』を出版した1956年当時のケネディ上院議員の映像。 Uploaded to YouTube by HelmerReenberg on 15 Feb 2013


 Image gallery 1 
さまざまな写真 Various photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Jfk_with_ice_cream_cone b. 12caa55bed964d7da50f10b7b80 c. Whitehouse_tour

d. Aeedc356b4f24832a51d244b889 e. Jfk_school_report


 Image gallery 2 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_kennedy_profiles_in_courage ja Ja_yuuki_aru_hitobito tr Tr_fazilet_mucadelesijonhfkennedyki

cs Cs_profily_odvahy_john_f_kennedy da Da_maend_af_mod de De_zivilcourage

it It_kennedy_ritratti_del_coraggio es Jfk_perfiles_de_coraje es Es_perfiles_de_coraje

fr Fr_courage_dans_la_politiqu en En_profiles_in_courage

[zh] 當仁不讓 今日世界 (1970) 中国語
[ja] 勇気ある人々 英治出版 (2008) 日本語
[tr] Fazilet Mücadelesi Işık Kitapları (1958) トルコ語
[cs] Profily odvahy Orbis (1968) Image source: Antikvariát Skoda Abzeichen チェコ語
[dk] Mænd af mod Aschehoug (1961) Image source: BogTikken デンマーク語
[de] Zivilcourage Heyne (1968) Image source: AbeBooks.de ドイツ語
[it] Ritratti del coraggio Gaffi Editore (2008) イタリア語
[es] Perfiles de coraje スペイン語(アルゼンチン)
[es] Perfiles de coraje CS Ediciones (2006) スペイン語
[fr] Le courage dans la politique Image source: JFK-fr.com フランス語
[en] Profiles in Courage Image source: John F. Kennedy Library 英語原書


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

   題名: 當仁不讓
   作者: J.F.甘迺迪(John F. Kennedy)著/汪楊思譯
   版次: 6版
   出版地/出版者/出版年: 香港九龍/今日世界/1970[民59]/
   叢書名/叢書號: 美國文庫


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 宮本 2008
真の民主主義は、血が通い、成長し、そして人を奮い立たせながら、民衆に信頼を寄せている。その信頼とはすなわち、民衆はただ見事にそして忠実に自分たちの考えを代弁してくれる人物を選ぶだけでなく、良心に従った判断を実行に移そうとする人物を選んでくれるという信頼であり、さらに、民衆は、個人的な主義主張にこだわることによって自分たちが嫌っている方向に引っぱっていこうとする人物を非難しようとせず、逆に勇気を称え、名誉を尊重し、そしてきっと最後には正しいと認めてくれる、という信頼なのだ。

   ジョン・F・ケネディ=著 宮本喜一(みやもと・よしかず)=訳
   『勇気ある人々』 英治出版 2008/01


(2) 下島 1958
本当の民主主義は生きていて刻々成長し、人々を鼓舞し、人々の心に——人々は単に彼らの考えを有能に、忠実に代表する人物だけでなく、良心的な判断を行使する人物をも選ぶという信念を植えつけ、人々は主義に対する献身のために、不人気な方向をたどった人物を非難しないだけでなく、勇気に報い、高潔さを尊敬し、最後に正しいものを認めるという信念を植えつける。

   ジョン・F・ケネディ=著 下島連(しもじま・むらじ)=訳
   『勇気ある人々—良心と責任に生きた八人の政治家
   アメリカ・ベストセラー全集3 日本外政学会 1958/06


■ヘブライ語訳 Translation into Hebrew

   Omets ve-Politikah by John Kennedy
   Publisher: Tel Aviv: Hostaat Masada, 1960
   * TomFolio.com
   * AbeBooks.de


■デンマーク語訳 Translation into Danish

[Omission] den sande demokrati, leve og vokse og inspirere, sætter sin lid til de mennesker - tro, at folk ikke vil simpelthen vælge mænd, der skal repræsentere deres synspunkter dygtigt og trofast, men også vælger mænd, der ønsker at udøve deres samvittighedsfulde dom - tro på, at folket vil ikke fordømme dem, hvis hengivenhed til princip fører dem til upopulære kurser, men vil belønne mod, respekt ære og i sidste ende erkende højre [Omission]

   Mænd af mod by John F. Kennedy
   * Samleren, 1967
   * Aschehoug; 1961
   Excerpt at NDN


■ドイツ語訳 Translation into German

   Zivilcourage by John F. Kennedy
   Econ Verlag (1992) ISBN: 3612260030


■イタリア語訳 Translation into Italian

La vera democrazia, vivente e operante, pone la sua fede nel popolo; la fede che il popolo non eleggerà semplicemente uomini i quali rappresenteranno le sue opinioni abilmente e coscienziosamente, ma eleggerà anche uomini i quali eserciteranno il proprio giudizio coscienzioso; la fede che il popolo non condannerà coloro che per devozione ai princìpi saranno indotti a compiere atti impopolari, ma compenserà il coraggio, rispetterà l'onore e alla fine riconoscerà il diritto.

   Ritratti del coraggio by John F. Kennedy
   Gaffi Editore (2008)
   Quoted in John F. Kennedy: l'uomo della nuova frontiera
   by Luigi Covatta, Gino Rocci
   Massimo, 1964. Snippet view at Google Books


■スペイン語訳(部分) Translations into Spanish (fragment)

La verdadera democracia es aquella que vive, crece e inspira, y deposita su fe en el pueblo.

   * Perfiles de coraje by John F. Kennedy
    Buenos Aires, Argentina
   * Perfiles de coraje by John F. Kennedy
    Editorial:CS (2006). ISBN: 950-764-267-6


■フランス語訳 Translation into French

   Le courage dans la politique: quelques grandes figures
   de l'histoire politique americaine.
   by John F. Kennedy
   Foreword by Allan Nevins. Translation by Jean Rosenthal.
   * Amazon.fr
   * Chapitre.com


■英語原文 The original text in English

The true democracy, living and growing and inspiring, puts its faith in the people - faith that the people will not simply elect men who will represent their views ably and faithfully, but also elect men who will exercise their conscientious judgment - faith that the people will not condemn those whose devotion to principle leads them to unpopular courses, but will reward courage, respect honor and ultimately recognize right.

   Profiles in Courage by John F. Kennedy
   First published by New York: Harper, 1956.

   Recent editions include:
   * Harper 50th Anniversary Gift Edition, 2006/10
   * Harper Perennial Modern Classics, 2006/04
   * Perennial Classics, 2004/06

   Excerpts at:
   * John F. Kennedy Presidential Library and Museum
   * LeadershipNow


■JFK Jr reads an excerpt and other people discuss the book
 大統領の息子ジョン・F・ケネディ・ジュニアによる父親の著書の一節の朗読など

   Minnesota Public Radio (ram)


■ゴーストライター疑惑について Ghostwriter controversy
 
ジョン・F・ケネディは、この本をはたしてどこまで自分で執筆したのか? この問題は、早くから取りざたされています。ゴーストライター説の有力な見解によれば、この著作の大部分は、セオドア・C・ソレンセン(上掲写真 b.)によって書かれたのだそうです。

ソレンセンは、ケネディの上院議員時代から仕えてきた、側近ナンバーワン。ケネディの分身とも呼ばれた人。大統領の名演説の多くを起草したスピーチライターであることは周知の事実です。『勇気ある人々』の「著者まえがき」の最後から2つめのパラグラフには、ソレンセンの名が挙げられています。彼は「調査担当/研究員」として、この本の完成に最大の貢献をしたとして、ケネディからその労をねぎらわれています。

しかし、ソレンセンが「執筆アシスタント」だったというのと、「ゴーストライター」だったというのは、たんなる言葉のちがいでは済みません。意味の次元が異なります。ケネディ本人も、ケネディ家の人々も、ソレンセンも、ゴーストライター説を一貫して否定しています。

あるコラムニストはテレビでインタビューに答えて言いました。「ケネディは、ゴーストライターに書かせた本でピュリッツァー賞を受賞した史上初の人間だ」と。激怒したケネディは弁護士を雇い、直筆のメモなどの反証を挙げました。テレビ局の上層部は、放送の中で「ゴーストライター」発言を撤回する旨の声明文を読み上げる羽目に陥りました。
 
結局のところ、ケネディはどこまで自分で書いたのでしょうか? 彼自身が実際に果たした役割は、おそらく「著者」と「監修者」のあいだの微妙なところだったのではないか、というのが私の憶測です。大統領暗殺の謎と同様、関係者がひとりでも在世するあいだは、真相はけっして明らかになるまいという予感がします。

   参考:
   * Profiles in Courage - Wikipedia | Controversy
   * Did John F. Kennedy really write "Profiles in Courage?"
    - The Straight Dope (by Cecil Adams)


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/08/02 デンマーク語訳の訳文とイタリア語訳の訳文を追加しました。
  • 2013/04/16 ケネディ上院議員(当時)の1956年の映像を追加しました。また、トルコ語訳とチェコ語訳の表紙画像も追加しました。
  • 2011/05/06 中国語訳とイタリア語訳の表紙画像を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

■CD

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Wednesday, 16 April 2008

The Golden Key by George MacDonald (3) ジョージ・マクドナルド 『金の鍵』『黄金の鍵』 (3)

« 1 2 The Golden Key »
« 1 2 金の鍵 »

 Images 
本の表紙と肖像写真 Book covers and a portrait

↓ クリッックして拡大 Click to enlarge ↓
a. The_golden_key b. 612q3kxph4l c. George_macdonald

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 脇 1996
 「立ち上がって、水に映して見てごらん。」
 モシーが立ち上がって、水に映った自分を見ると、頭にはもう白髪はなく、顔には皺(しわ)ひとつありませんでした。
 「そなたがいま味わったのは、死だ」と、老人が言いました。「どうだ、うまいか?」
 「うまいです」と、モシーは答えました。「生より、もっといいくらいです。」
 「いや、そうではない」と老人は言いました。「生がより深まっただけなのだ。(……)」
[ルビを一部省略しました - tomoki y.]

  • ジョージ・マクドナルド=作 脇明子(わき・あきこ)=訳 『金の鍵』 岩波少年文庫 1996/01

(J2) 中村 1985
「立ちあがって、水鏡(みずかがみ)に自分の姿をうつしてごらん。」
 モシーは立ちあがって、水面を見つめました。水鏡にうつった顔にはしわ一つなく、髪にも白髪一本ありませんでした。
「あんたはいま、死の味わいを知ったのだ」と、海の老人はいいました。「どうだ、うまいかね?」
「おいしいです。生(せい)よりもずっと。」
「いいや」と、老人はいいました。「死は、より多くの生にすぎないのさ。(……)」
[ルビを一部省略しました - tomoki y.]


(J3) 田谷 1978
「おきて、水にうつるじぶんのすがたをみてごらん。」
 コケミは、立ちあがって、水にうつるじぶんのすがたをみつめました。すると、頭には、しらが一本ないし、ひふには、しわひとつありません。
「きみはいま、死の味を知ったのだ」老人はいいました。「うまいかい?」
「おいしいです。」コケミはいいました。「人生よりも、おいしい。」
「そうではない」老人はいいました。「死は人生よりも、ただゆたかなのだ。(……)」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

  • G・マクドナルド=作 田谷多枝子(たがや・たえこ)=訳 『金の鍵』 マクドナルド童話全集9 母と子の図書室 太平出版社 1978/02

(J4) 吉田 1977, 1988
「立って、水にうつったあなたを見てごらんなさい」
 コケオは立って、水にうつった自分の姿を見た。頭にしらがはなく、皮ふにしわはなかった。
「あなたはいま死を味わったところです」と老人は言った。「よい味わいでしたか?」
「よい味わいでした」とコケオは言った。「生よりもよい味わいでした」
「いいえ」老人は言った。「それは生がさらに加わっただけです(……)」

  • G・マクドナルド/ジョージ・マクドナルド=著 吉田新一=訳 『黄金の鍵』
  • a. の底本はb。引用は a に拠りました。

■ドイツ語訳 Translation into German

   Marchen. Die Lachprinzessin / Der goldene Schlüssel
   by George MacDonald
   Hardcover: Diogenes Verlag AG, 1991/11
   ISBN-10: 3257004729


■フランス語訳 Translation into French
      
   La clef d'or by George MacDonald
   Translated by Pierre Leyris, Illustrated by Maurice Sendak 
   Paris: Bordas, 1980.
   ISBN/ISSN/EAN: 2-04-011247-2


 Video 
英語原文のオーディオブック 朗読: ピーター・イーストマン
Audiobook in Englsh, read by Peter Eastman

下の引用箇所の朗読は 59:50 から始まります。 Uploaded to YouTube by AudioBooks on 16 Sep 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of  of the excerpt below starts at 59:50.


■英語原文 The original text in English

"Get up and look at yourself in the water."

He rose and looked at himself in the water, and there was not a gray hair on his head or a wrinkle on his skin.

"You have tasted of death now," said the old man. "Is it good?"

"It is good," said Mossy. "It is better than life."

"No, said the old man: it is only more life. (. . .)"


■死とは—— It is only more life.

  • 生がより深まっただけなのだ。  …………脇 1996
  • 死は、より多くの生にすぎないのさ。 ……中村 1985
  • 死は人生よりも、ただゆたかなのだ。……田谷 1978
  • それは生がさらに加わっただけです ……吉田 1977, 1988

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/06/24 英語原文オーディオブックの YouTube 動画を追加しました。
  • 2008/04/18 吉田新一=訳 1988/05 を追加しました。

 

« 1 2 The Golden Key »
« 1 2 金の鍵 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 13 April 2008

The Golden Key by George MacDonald (2) ジョージ・マクドナルド『金の鍵』『黄金の鍵』(2)

« 1 The Golden Key 3 »
« 1 金の鍵 3 »

Leftお姫さまとゴブリンの物語』岩波少年文庫 (2003)
Centre The Golden Key and Other Stories Wm B Eerdmans Pub Co; New edition (1980)
Right George MacDonald and his daughter Lily, from a photograph by Lewis Carroll, the author of Alice's Adventures in Wonderland. 1863. Image source: Project Gutenberg マクドナルドはルイス・キャロルの友人だった。キャロルが『不思議の国のアリス』の出版に踏み切ったのは、マクドナルドの強い勧めがあったから、というエピソードは有名。

↓ Click to enlarge ↓
51mqztek59l 51ztzxv0k0l George_macdonald_and_lily


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 脇 1996
 「でもぼく、これが何の鍵なのか、知らないんです。鍵穴を探したんだけど、見つかりませんでした。これをどうしたらいいのか、教えていただけますか?」
 「あなたは鍵穴を探さなくちゃならないの。それがあなたの仕事なのよ。私には手伝うことはできないの。私にできるのは、探しさえすればきっと見つかる、って言ってあげることだけよ。」
 「これでどんな箱が開けられるんでしょう? 中には何があるんですか?」
 「私は知らないわ。夢に見ることはあるけど、知らないのよ。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   ジョージ・マクドナルド=作 脇明子(わき・あきこ)=訳
   『金の鍵』岩波少年文庫 1996/01
 
 
(J2) 中村 1985
「でもぼく、この鍵がなんの役に立つのか、知らないんです。この鍵のぴったりはまる鍵穴も見つからないし。どうしたらいいか、おしえてくださいませんか?」
「だったら、鍵穴を探さなければね。それがあなたにあたえられた仕事なんですから。わたしにはお手伝いはできないのよ。わたしにいえることは、一生けんめいさがせばきっと見つかるということだけ。」
「どんな箱をあける鍵なんですか、これは? その箱の中にはなにがはいっているのでしょう?」
「さあ、それはわたしにもわからないわ。黄金(きん)の鍵を夢に見ることはあるけれど、それについてはなにも知らないの。」
[ルビを一部省略しました - tomoki y.]

   ジョージ=マクドナルド=作 中村妙子(なかむら・たえこ)=訳
   『黄金の鍵(きんのかぎ)』偕成社 1985/07
 
 
(J3) 田谷 1978
「でも、ぼくは、これがなんの鍵なのか、知らないんです。鍵穴がみつからないんです。どうしたらいいか、おしえてくれますか?」
「鍵穴を見つけることよ。それが、あなたのしごとね。わたしには、おてつだいできないの。ただ、さがせば、きっとみつかるって、いってあげられるだけね。」
「この鍵は、どんな箱をあけるんでしょう? なかに、なにがはいってるんでしょう?」
「さあねえ。考えても、わたしにはさっぱりわからないのよ。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   G・マクドナルド=作 田谷多枝子(たがや・たえこ)=訳
   『金の鍵』マクドナルド童話全集9 母と子の図書室
   太平出版社 1978/02
 
 
(J4) 吉田 1977, 1988
「でも、わたしはこれがなんの鍵なのか知りません。これの鍵穴が見つからないのです。どうしたらよいのか、教えてくださいますか?」
「それの鍵穴は自分でさがさなければなりません。それがあなたの仕事です。わたくしはそのお手伝いはできません。ただ、あなたがさがせば、見つかるとだけは言えますけれど」
「どんな箱をこの鍵は開けられるのでしょう? なかに何がはいっているのでしょう?」
「知りません、わたしはそれについて夢みることはしますが、何も知らないのです」

   4a. G・マクドナルド=著 吉田新一=訳
    『黄金の鍵』ちくま文庫 1988/05
   4b. ジョージ・マクドナルド=著 吉田新一=訳
    『黄金の鍵』妖精文庫8 月刊ペン社 1977/07
   4a. の底本は4b.。引用は 4a. に拠りました。
 
 
■英語原文 The original text in English

"But I don't know what it is for. I can't find the key-hole. Will you tell me what to do?"

"You must look for the key-hole. That is your work. I cannot help you. I can only tell you that if you look for it you will find it."

"What kind of box will it open? What is there inside?"

"I do not know. I dream about it, but I know nothing."

   The Golden Key
   from Dealings with the Fairies (1867) by George MacDonald
   E-text at:
   * Gaslight
   * Mr. Renaissance
   * Project Gutenberg
   * George MacDonald WWW Page
 
 
■外部リンク External links

   * The Golden Key - Wikipedia
   * George MacDonald - Wikipedia (1824-1905)
   * George MacDonald WWW Page
 
 
■更新履歴 Change log

2008/04/18 吉田新一=訳 1988/05 を追加しました。


« 1 The Golden Key 3 »
« 1 金の鍵 3 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, 10 April 2008

La prisonniere de Lhassa by Philippe Broussard & Danielle Laeng フィリップ・ブルサール&ダニエル・ラン『囚われのチベットの少女』

[ja]『囚われのチベットの少女』トランスビュー (2002)
[de] Die singende Nonne von Lhasa, Europa, Hamburg (2003)
[fr] La prisonniere de Lhassa, Le Livre de Poche (2003)

              ↓ Click to enlarge ↓
 
ja 41tz0ap43tl de 41k8v0az1vl fr 41dv58pw91l


■日本語訳 Translation into Japanese

兵士が尼僧を下ろし、地面に押し倒し、脚で蹴り起こした。二列の男が彼女たちの前に立っていた。(……)右列のものが最初に殴り、それから左列のものだ。そしてまた右列のもの、という具合に、最後まで……。尼僧は倒れ、起き上がろうとし、また倒れた……。少女は十一歳で童顔にもかかわらず、右から左へとピンボールのように飛ばされ(……)

眼は赤く、頬は腫れ、唇は切れ、服は血まみれで、彼女たちは傷とこぶ、涙と苦痛だらけだった。(……)

五、六人の中国人が椅子に坐って、たばこを吸いながら眺めていた。(……)

制服を着た三人の看守が彼女たちを殴り、石をぶつける仕打ちを始めた。彼女たちはたばこを吸う見物人が静かに眺める前で、泣き叫び、呻いた。

(……)缶詰めの缶で殴ったり(……)電気棍棒で殴ったりした。(……)彼女は中国人が好むもう一つの拷問にもかけられた。飛行機だ。腕を背中で結び、脇の下にロープを通して、肉屋の冷蔵室のように天井に釣り下げられた。一人の男が細長い金属製の帯のついた鞭で彼女をたたき、縁日の見せ物人形のようにぐるぐる回した。(……)

   6. 拷問と尋問 (1990年), 7. グツァの孤独 (1990年)
   フィリップ・ブルサール+ダニエル・ラン=著
   今枝由郎(いまえだ・よしろう)=訳
   『囚われのチベットの少女』トランスビュー 2002/05

   目次すべて、訳者からのメッセージ(書籍版の「訳者あとがき」と一部
   おなじ)、および本文の一部が 版元のサイト で立ち読みできます。
 
 
■ドイツ語訳 Translation into German

   Die singende Nonne von Lhasa.
   Ngawang Sangdrol, Nonne u. Widerstandskampferin
   by Philippe Broussard and Danielle Laeng
   Hardcover: Hamburg, Wien: Europa Verlag 2003.
 
 
■英訳? Translation into English?

英訳を探したのですが、見あたりませんでした。英訳は出ていないのでしょうか? ドイツ語訳があるのに——しかもガワン・サンドルさんは現在、米国在住のはずなのに——英訳がないとしたら妙な気がします。ご存じのかた、お教えください。
Curiously enough, I couldn't find an English translation of this book. Does anyone know if there IS or IS NOT an English edition? - tomoki y.
 
 
■フランス語原文 The original text in French

La_prisonniere_de_lhasa
    by Philippe Broussard and Danielle Laeng
    Paperbacks:
    * Le Livre de Poche, 2003/01
    * Stock, 2001/09
    * More details in French, including the table of contents, are here.
     目次などを含めた、原書についての詳しい紹介が ここ にあります。   
    * Excerpt at qualita1.unblog.fr, La flamme olympique, 2008/04/08
 
 
■ガワン・サンドル/ンガワン・サンドル - プロフィール
 Ngawang Sangdrol - Profile

   * Ngawang Sangdrol - Wikipedia
   * ンガワン・サンドル プロフィール - ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

   * Surviving a Tibetan gulag, by Sarah Buckley, BBC News,
    2006/04/27
    10代で投獄され、20代半ばに釈放され渡米し、もうすぐ30歳になる
    チベット人女性活動家の、比較的最近の様子。
   * チベットの強制収容所を生きのびて, 2006/04/28
    上の記事の日本語訳 - 日刊チベットニュース (と雲南少し)
   * チベット:或る女性の物語@BBCチベットの元政治犯,2006/04/27
    2ch に出ていた、おなじ記事のもう一つの日本語訳。訳者:名無的発言者

   * Ngawang Sangdrol - BBC - h2g2, 2001/01/25
 
 
■「火と煙」- ガワン・サンドル、米連邦議会聴聞会での発言
 "Fire and smoke" - Ngawang Sangdrol at a US Congressional Hearing

   * Extracts from a statement by Ngawang Sangdrol
    to a US Congressional Hearing, 10 March 2004
    "There is fire inside our bodies, but we dare not let the
    smoke out." - she said.
    ガワン・サンドルの米連邦議会聴聞会 (2004/03/10) における証言抜粋。
    圧制と抵抗、表現の自由の存在しない状況を、こう表現した(拙訳):
    「わたしたちの体の中では、火が燃えているのです。けれども、
     煙を外に立ちのぼらせるなんて、とてもできません」
 
 
■外部リンク External links

   * The world should stand beside Tibet, by Nima R. Taylor Binara,
    SF Chronicle, 2008/04/09
   * The same article, reproduced at Phayul.com
    きのうのサンフランシスコ・クロニクル紙の記事。上のガワン・サンドルの
    議会発言(「火と煙」)が引用されています。
 
 
■謝辞 Acknowledgements

この本をご紹介くださったS.I.さん、ありがとうございました。このとおり、約束を
果たしましたよ(微苦笑)- tomoki y.
 
 
■更新履歴 Change log

2008/04/11
「ガワン・サンドル/ンガワン・サンドル - プロフィール」の項に、英語版 Wikipedia へのリンクを追加しました。
 
 
翻訳ブログ人気ランキング参加中 にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
La prisonniere de Lhassa のフランス語原書、ドイツ語訳書は、わたしが見たところ、Amazon.co.jp には出ていないようでした。米国 Amazon.com, フランス Amazon.fr, ドイツ Amazon.de, カナダ Amazon.ca の各アマゾン・サイト、その他の書店を探されることをお勧めします。
 
■和書 Books in Japanese
  
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, 06 April 2008

The Golden Key by George MacDonald (1) ジョージ・マクドナルド 『金の鍵』『黄金の鍵』 (1)

« The Golden Key 2 3 »
« 金の鍵 2 3 »

 Video 1 
The Mystical World of George MacDonald, Part 1 of 8

This film, presented by Charles Seper, is based on his book C.S. Lewis Called Him Master: Exploring the Life & Adult Fantasy Works of George MacDonald.


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 23094b b. 41ppymq6col c. 51t5j1zt60l


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 脇 1996
「妖精の国ではね」と、女の人は、テーブルの前にすわりながら、話を続けました。「動物たちの何よりの夢は、人間に食べられることなの。動物の身にとっては、それが最高の終わり方だからよ。でも、それでおしまいというわけではないの。いまにお鍋の中から、死んだお魚よりずっといいものが出てくるのが見られるわ。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   ジョージ・マクドナルド=作 脇明子(わき・あきこ)=訳
   『金の鍵』岩波少年文庫 1996/01


(J2) 中村 1985
「妖精の国ではね」女の人は、タングルといっしょに食卓につきながらいいました。「動物たちのただ一つの望みは、人間に食べられることなの。それが動物の最高の目的だからよ。でも、食べられてしまうからって、なくなるわけじゃないわ。あのおなべからは、死んだ魚よりもっとすばらしいものが出てくるのよ。いまにわかるでしょうけれど。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   ジョージ=マクドナルド=作 中村妙子(なかむら・たえこ)=訳
   『黄金の鍵(きんのかぎ)』偕成社 1985/07


(J3) 田谷 1978
「妖精の国ではね。」ふたりがテーブルにつくと、婦人はつづけました。「動物たちのねがいは、人間に食べられることなのよ。それが、動物たちにはいちばんの生きがいですからね。でも、だからといって、それで死んでしまうわけではないの。あのなべから、死んだ魚よりもっといいものがでてくること、うけあいよ。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   G・マクドナルド=作 田谷多枝子(たがや・たえこ)=訳
   『金の鍵』マクドナルド童話全集9 母と子の図書室
   太平出版社 1978/02


(J4) 吉田 1977, 1988
「妖精の国では」と、婦人はテーブルにつくとつづけた。「動物たちの大きなねがいは人間に食べられることなの。だって、動物としてそれが最高の終り方なのですもの。食べられたからと言って、何もかもすべて滅びてしまうわけではないわ。あのおなべからは死んだ魚よりはもっと別なものが出てくるのを、いまにあなたは見るでしょう」

   4a. G・マクドナルド=著 吉田新一=訳
     『黄金の鍵』ちくま文庫 1988/05
   4b. ジョージ・マクドナルド=著 吉田新一=訳
     『黄金の鍵』妖精文庫8 月刊ペン社 1977/07
   4a. の底本は4b.。引用は 4a. に拠りました。


 Video 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: ピーター・イーストマン
Audiobook in English, read by Peter Eastman

下の引用箇所の朗読は 19:36 から始まります。 Uploaded to YouTube by AudioBooks on 16 Sep 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of  of the excerpt below starts at 19:36.


■英語原文 The original text in English

"In Fairyland," resumed the lady, as they sat down to the table, "the ambition of the animals is to be eaten by the people; for that is their highest end in that condition. But they are not therefore destroyed. Out of that pot comes something more than the dead fish, you will see."


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/06/24 英語原文のオーディオブックの YouTube 画像を追加しました。
  • 2010/05/28 The Mystical World of George MacDonald の YouTube 動画を追加しました。
  • 2008/04/18 吉田新一=訳 1988/05 を追加しました。

« The Golden Key 2 3 »
« 金の鍵 2 3 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 05 April 2008

Two Gallants (from Dubliners) by James Joyce ジョイス 「二人の伊達男」「二人のよた者」「二人のいろごと師」「二人のしやれもの」(『ダブリナーズ』『ダブリンの人びと』『ダブリンの人々』『ダブリンの市民』『ダブリン市民』『ダブリン人』より)

 Photo & Map 

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Jimmyjnora_2 b. Gallants_4


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柳瀬 2009
——で、どこで引っかけた女だい、コーリー? と訊(き)いた。
 コーリーは舌を素早く上唇に走らせた。
——ある晩のことよ、と、言った。デイム通りを歩いていたら、ウォーターハウスの時計台の下にいい女がいるじゃないか。で、ちょいとちょっかい、声をかけた。それで二人で運河のあたりをぶらついて、女が言うにはバゴット通りの家で女中をやってるんだとさ。その晩は腕を回して、ちょっぴりぎゅっと抱いてやった。それから次の日曜日、デートだよ。ドニーブルックへ行って、あそこの野っぱらへひっぱりこんだんだ。よく牛乳屋の男と来たって言うじゃないか……よかったぜ。(……)

   ジェイムズ・ジョイス=著 柳瀬尚紀(やなせ・なおき)=訳 「二人の伊達男」
   『ダブリナーズ』 新潮文庫 2009/03 所収


(J2) 米本 2008
 ——で、おまえその女をどこで引っかけたんだ、コーリー? と彼はたずねた。
 コーリーはすばやく上唇を舌なめずりした。
 ——ある晩さ、と彼は言った。デイム通りをぶらついてて目をつけたんだ、ウォーターハウスの時計台下ですげえいい女をさ。そりゃあ今晩は、って言うよなあ。そこで、おれたち運河沿いをぐるりと歩いたんだ。その女、教えてくれたところでは、バゴット通りの家で下働きの女中してるんだって。腕をまわして少しぎゅっと抱いてやったんだ、その晩に。で、次の日曜、デートよ。おれたちドニーブルックに出かけてって、しけこんだんだそこの原っぱに。その女、まえは牛乳屋と付き合ってたって言ってやがった……。よかったぜ。(……)

   ジェイムズ・ジョイス=著 米本義孝(よねもと・よしたか)=訳 「二人の伊達男」
   『ダブリンの人びと』 ちくま文庫 2008/02 所収


(J3) coderati 2005
 「それでどこでその女をひっかけたんだ、コーリー?」と彼は尋ねた。
 コーリーは舌を上唇に沿ってすばやく走らせた。
 「ある晩なあ、」彼は言った、「俺はデイム・ストリートを歩いていてウォーターハウスの時計の下で上玉を見つけてこんばんはと言ってね。それで俺たちは運河に沿ってぐるっと散歩に出かけ、彼女はバゴット・ストリートのある家の下女だと俺に言った。その夜俺は彼女に腕を回し、ちょっとばかりぎゅっと抱きしめたよ。それから次の日曜になあ、約束して彼女に会った。俺たちはドニーブルックに出て俺は彼女をそこの原っぱへ連れ込んだ。前には牛乳屋と付き合ったと彼女は言った・・・すばらしかったなあ。(……)」

   ジェイムズ・ジョイス=著 coderati [coderati@msn.com] =訳
   「二人の色男
   『ダブリンの人たち』 プロジェクト杉田玄白正式参加作品
   2005/05/02 公開 2005/09/02 最終変更


(J4) 結城 2004
 ——それでどこでその娘(こ)を見つけたんだい、コーリー? と彼はたずねた。
 コーリーは舌で上唇をすばやくなめた。
 ——ある晩のことさ、と彼は言った。デイム通りを歩いていると、ウォーターハウス店の時計の下のところにいかした女がいてね、こんばんは、と言ったのさ。それで、おれたちは運河のそばを散歩した。バゴット通りのとある家の女中だと教えてくれた。その晩、おれは彼女に片腕を回してちょっと抱きしめてやった。それから次の日曜日には逢引をした。ドニーブルックまで出かけ、そこの野原に連れて行ったのさ。いつもは牛乳配達の男と出かけると言ってたっけ……。これがすごいんだな、おい。(……)

   ジョイス=作 結城英雄(ゆうき・ひでお)=訳 「二人の伊達男」
   『ダブリンの市民』 岩波文庫 2004/02 所収


(J5) 橋本 2000
 ——どこでその娘(こ)を見つけたんだ、コーリー?
 コーリーはすばやく上唇を舐(な)めた。
 ——ある晩、デイム・ストリートを歩いているときに、ウォーターハウスの時計の下でいいスケを見つけて、「今晩は」って挨拶したわけよ。二人で運河の辺りを散歩した。彼女の話ではバゴット・ストリートの家で下働きの女中をしているとのことだった。その晩に腰に腕を回して少しばかり抱き締めてやったさ。次の日曜日にはデートだ。ドニブルックまで出かけて野原に連れ込んだ。以前は牛乳配達屋とデートしていたと言うんだ……。よかったぜ。(……)

   ジョイス=作 橋本槇矩(はしもと・まきのり)=訳 「二人の伊達男」
   橋本槇矩=編訳 『アイルランド短篇選』 岩波文庫 2000/07 所収


(J6) 高松 1987, 1999
 ——で、どこでその娘(こ)を見つけたのさ、コーリー? と彼はたずねた。
 コーリーはすばやく上唇をなめた。
 ——ある夜のことだ、と彼は言った。デイム通りを歩いていると、ウォーターハウスの時計のしたにいかす女がいやがる。そこで今晩はと言ってやった。それから二人で運河のそばを散歩した。バゴット通りの家で女中をしてるんだそうだ。その晩は腕をまわしてちょっとだきしめてやったよ。それから、つぎの日曜日にはあいびきときた。ドニーブルックまでいって、原っぱにつれだしてよ。いつもは牛乳屋といっしょに出ると言ってたがね……。よかったぜ。(……)

   ジョイス=著 高松雄一(たかまつ・ゆういち)=訳 「二人の伊達男」
   6a. ダブリンの市民』 集英社 1999/06 所収
   6b.ダブリンの市民』 福武文庫 1987/09 所収
   引用は 6b. に拠りました。


(J7) 戸田 1976
 ——それで、いったいどこでその女をつかまえたんだい、コーリー? と彼はたずねた。
 コーリーは素早く上唇を舌でなめた。
 ——ある晩のことだ、と彼は言った。デイム通りを歩いていると、ウォーターハウスの時計の下でいいあまっ子がめっかったんで、今晩はと言ってやったんだ。それで運河べりを歩いてまわったのよ。なんでも、バゴット通りの家の下働きとか言ってた。その晩は腕をまわして、ちょっぴり抱きしめてやった。それから、つぎの日曜日さ。約束をして会ったんだ。ドニーブルックへ出かけて、あそこの野っ原へ連れ込んだ。いつも牛乳屋と一緒に出かけたと言ってた……。よかったぞ。(……)

   ジョイス=著 戸田基(とだ・もとい)=訳 「二人の伊達男」
   (「ダブリンの人びと」より)
   『筑摩世界文學大系67 ジョイス1』 筑摩書房 1976/07 所収


(J8) 飯島 1955, 1958
「で、お前、どこでその女をひろつたんだ、コーリー?」彼はきいた。
 コーリーは舌を素早く上唇に走らせた。
「ある晩のことさ、なあ」彼は云つた。「おれが、デイム街(ストリート)(ダブリンのほぼ中央にある繁華街)を歩いてたんだよ、そしたら、ウォーターハウスの時計の下によ、乙な別嬪を見つけたつてわけさ。でな、今晩は、つて云つたんだよ。それから、一寸、運河の邊をひとまわりしたんだ。その女の話じやバゴット街(ストリート)のある家のおさんどんをやつてるつてわけなんだな。おれはな、その晩はそいつの胴へ腕をまわして、ちよいとだけぎゆつと抱きしめてやつたのさ。そうして、つぎの日曜日によ、なあ、しめし合わせて會つたのさ。二人してドニーブルック(ダブリン南郊の町、十三世紀初頭より始つた定期市にて有名なりしが、風敎上より十九世紀半ばに市は禁止さる)へ出かけて、あそこの原つぱへそいつをひつぱりこんだのさ。その女つたらよ、あたし、よく酪農場の男と來たわ、つて云うじやねえか……よかったぜ、おい。(……)」

   ジョイス=著 飯島淳秀(いいじま・よしひで)=訳 「二人のよた者」
   8a.ダブリン人』 角川文庫 1958 所収
   8b.三笠版 現代世界文學全集 若き日の藝術家の肖像・ダブリン人
      三笠書房 1955/02/25 所収
   引用は 8b. に拠りました。


(J9) 安藤 1953, 1971
「それで、コーリー、どこでその女を見つけたんだ?」と彼はきいた。
 コーリーは、すばやく舌で上唇(うわくちびる)をなめた。
「ある晩よ」彼は言った、「デイム街を歩いていると、ウォターハウスの時計の下でいい女が目についたので、こんばんは、と言ったのがきっかけさ。そこでいっしょに運河辺をぶらぶらしたが、どこかバゴット街にある家の女中だと言ったっけ。その晩は、体に手を回してちょっと抱きしめてやったんだ。それからつぎの日曜日に、あいびきという段どりでね、二人でドニーブルックへ出かけて、あそこの原っぱへつれていったのさ。女は前に酪農場の男と行ったことがある、って言ってたよ……なかなかよかったぞ。(……)」

   ジョイス=著 安藤一郎(あんどう・いちろう)=訳 「二人のいろごと師」
   9a.ダブリン市民』 新潮文庫(改版)1971/10 所収
   9b. 『ダブリン市民』 新潮文庫(初版)1953/08 所収
   引用は 9a. に拠りました。
   原文の傍点を下線で置き換えました。


(J10) 永松 1933
「で、どこでその女を見つけたんだい、コオレイ」と彼はたづねた。
 コオレイは上唇の上に素早く自分の舌を走らせた。
「ある晩、君」と、彼は云つた。「俺はデエム街を歩いてゐた。水族館の時計の下で立派な奴を見附けて、今晩は、と挨拶してやつたね。それでカナアル(運河)を一廻りして歩いて行つた。女はバゼット街のある家で女中をしてゐると言つた。俺は女の腰に腕をやつて、その晩にちよつぴりしぼつてやつたよ。次の日曜には、君、しめし合せて會つてやつた。ドンニイ・ブルックに行つて、そこの野原に連れ込んだ。女は乳しぼりによく出かけると云つたつけ……なかなかよかつたよ、君、(……)」

   ジェイムズ・ジョイス=著 永松定(ながまつ・さだむ)=譯 「二人のしやれもの」
   『ダブリンの人々』 金星堂 定價二圓 1933/09/15(昭和8) 所収
   歩・館・運・連・込・乳の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。


■スペイン語訳 Translation into Spanish

—¿Y dónde fue que la levantaste, Corley? —le preguntó.

Corley se pasó rápidamente la lengua sobre el labio de arriba.

—Una noche, chico —le dijo—, que iba yo por Dame Street y me veo a esta tipa tan buena parada debajo del reloj de Waterhouse y cojo y le doy, tú sabes, las buenas noches. Luego nos damos una vuelta por el canal y eso, y ella que me dice que es criadita en una casa de Baggot Street. Le eché el brazo por arriba y la apretujé un poco esa noche. Entonces el domingo siguiente, chico, tengo cita con ella y nos vemos. Nos fuimos hasta Donnybrook y la metí en un sembrado. Me dijo que ella salía con un lechero… ¡La gran vida, chico!

   Dos Galanes
   from Dublineses by James Joyce
   translated by Guillermo Cabrera-Infante
   E-text at:


■フランス語訳 Translation into French

– Où l’as-tu levée, Corley ? demanda-t-il.

Corley passa rapidement la langue sur sa lèvre supérieure.

– Une nuit, vieux, dit-il, je descendais Dame Street lorsque j’aperçois une chic poule postée sous l’horloge de Waterhouse ; je lui dis bonne nuit, tu sais comment. Alors on est allé promener du côté du canal et elle me dit qu’elle était domestique dans une maison de Baggot Street. Ce soir-là, je lui ai serré un brin la taille. Alors, le dimanche suivant, je la rencontre sur rendez-vous. On se trimbale à Donybrook où je la mène dans un champ. Elle me dit qu’elle est avec un laitier…

» Épatant, mon vieux.

   Les Deux Galants
   from Gens de Dublin by James Joyce
   translated by Jacques Aubert, Gallimard
   E-text at:


 Audio 1 
英語原文のオーディオブック 1 Two Gallants - Audiobook 1

下に引用する箇所の朗読は 2:57 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by freeaudiobooks84 on 1 Mar 2013. Read by Tadhg Hynes. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts around 2:57.


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 2 Two Gallants - Audiobook 2

下に引用する箇所の朗読は 3:11 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by GreenAudioBooks on 12 Nov 2012. Read by Richard Wallis. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts around 3:11.


■英語原文 The original text in English

"And where did you pick her up, Corley?" he asked.

Corley ran his tongue swiftly along his upper lip.

"One night, man," he said, "I was going along Dame Street and I spotted a fine tart under Waterhouse's clock and said good-night, you know. So we went for a walk round by the canal and she told me she was a slavey in a house in Baggot Street. I put my arm round her and squeezed her a bit that night. Then next Sunday, man, I met her by appointment. We went out to Donnybrook and I brought her into a field there. She told me she used to go with a dairyman.... It was fine, man. (....)"
   
   Two Gallants
   from Dubliners (1914) by James Joyce
   E-text at:


 Map 
ダブリン Dublin by Google Maps

View Larger Map
A: デイム通り Dame Street
B: バゴット通り Baggot Street
C: ドニーブルック Donnybrook


■ウォーターハウスの時計台 Waterhouse's clock

Waterhouse を永松氏が「水族館」と訳してしまったのはご愛嬌。ウォーターハウスとは、ダブリンのデイム通り25-26番地にあった宝石・貴金属・時計店 George Waterhouse & Co. のこと。創業者ジョージ・ウォーターハウスは1908年に死去しましたが、店は1960年まで存続したそうです。近年のデイム通り25番地あたりの景色はこんな感じです。

   情報源:


■ちょっとした比較 Some comparisons

(J1) いい女    デートだよ      野っぱらへひっぱりこんだんだ
(J2) すげえいい女 デートよ       しけこんだんだそこの原っぱに
(J3) 上玉     約束して彼女に会った 原っぱへ連れ込んだ
(J4) いかした女  逢引をした      野原に連れて行ったのさ 
(J5) いいスケ   デートだ       野原に連れ込んだ
(J6) いかす女   あいびきときた    原っぱにつれだしてよ
(J7) いいあまっ子 約束をして会ったんだ 野っ原へ連れ込んだ
(J8) 乙な別嬪 しめし合わせて會つたのさ 原つぱへそいつをひつぱりこんだのさ
(J9) いい女  あいびきという段どりでね 原っぱへつれていったのさ

[es] buena parada    tengo cita con ella la met I en un sembrado
[fr] une chic poule  rencontre sur rendez-vous je la mene dans un champ
[en] a fine tart    met her by appointment brought her into a field there

(J1) 牛乳屋の男  まえは__と来た       よかったぜ
(J2) 牛乳屋    まえは__と付き合ってた   よかったぜ
(J3) 牛乳屋    まえに__と付き合った    すばらしかったなあ
(J4) 牛乳配達の男 いつもは__と出かける   これがすごいんだな、おい
(J5) 牛乳配達屋  以前は__とデートしていた  よかったぜ
(J6) 牛乳屋    いつもは__といっしょに出る よかったぜ
(J7) 牛乳屋    いつも__と一緒に出かけた  よかったぞ
(J8) 酪農場の男  よく__と來たわ       よかったぜ、おい
(J9) 酪農場の男  前に__と行ったことがある  なかなかよかったぞ

[es] un lechero    salia con         La gran vida
[fr] un laitier    est avec          Epatant
[en] a dairyman    used to go with      It was fine


 Video 
ザ・ダブリナーズ——ジョイスの小説にちなんで名づけられたフォークバンド
The Dubliners - Finnegans Wake


■外部リンク External links

  Wikipedia

  Other links


■更新履歴 Change log

  • 2013/04/24 永松定=譯 1933/09/15 と2種類の英文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。また、「ウォーターハウスの時計台」の項を新設しました。
  • 2010/02/16 飯島淳秀=訳 1955/02/25 を追加しました。また、フォークバンド「ザ・ダブリナーズ」の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/06/10 柳瀬尚紀=訳 2009/03 を追加しました。
  • 2008/11/08 グーグル・マップをナビゲートのできるものに入れ替えました。
  • 2008/04/18 戸田基=訳 1976/07 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese


■DVD

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, 04 April 2008

Winnie-the-Pooh by A.A. Milne (3) A・A・ミルン 『ウィニー・ザ・プー』『クマのプーさん』 (3)

« 1 2 Winnie-the-Pooh »
« 1 2 クマのプーさん »

■In Memoriam 追悼

  • [en] Momoko Ishii (10 March 1907 - 2 April 2008), an author, critic, editor and translator of numerous children's books, including Winnie-the-Pooh.
  • [ja] 石井桃子さん(1907年3月10日〜2008年4月2日) 作家・翻訳家・批評家・編集者

■表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Ja_9784105910020_pooh_milne_agawa b. Ja_4001155788_pooh_anniversary c. Ja_400114008x_pooh_iwanami_shounen

d. Ja_4001105551_pooh_ehon_iwanami e. Koguma_no_puukou_matsumoto


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 阿川 2014
 「プーは朝、起きたとき、最初に自分になんて言う?」
 コプタンがとうとう口を開きました。
 「朝ご飯、何にしよかなって」とプー
 「君はなんて言うの、コプタン?」
 「そうだなあ、今日はいったいどんなわくわくするようなことが起きるかなって」
とコプタンが応えました。
 プーはしみじみと頷きました。
 「じゃあ、僕と同じだね」とプーは言いました。

  • A・A・ミルン=作 阿川佐和子(あがわ・さわこ)=訳 100%ORANGE=イラストレーション 『ウィニー・ザ・プー』 新潮モダン・クラシックス 新潮社 2014-03-30

(J2) 小林 2007
 「朝起きたら、プー」とピグレットがとうとう言いました。「何を真っ先に考える?」
 「朝ごはんを何にするか、かな?」プーが言います。「ピグレット、 は?」
 「そうだな、今日は どんなわくわくすることがあるだろう、かな」ピグレットが言いました。
 プーはなるほどとうなずいて、こう言いました。
 「同じだな」

  • A・A・ミルン=作 小林章夫=訳 「プーへの感謝のパーティー」 英語で楽しむ『クマのプーさん』 (13) 『NHKラジオ ものしり英語塾』 日本放送出版協会 2007年9月号 所収

(J3) 石井 1940, 1950, etc.
 が、とうとう、コブタがいいました。
 「プー、きみ、朝起きたときね、まず第一に、どんなこと、かんがえる?」
 「けさのごはんは、なににしよ? ってことだな。」と、プーがいいました。「コブタ、きみは、どんなこと?」
 「ぼくはね、きょうは、どんなすばらしいことがあるかな、ってことだよ。」
 プーは、かんがえぶかげにうなずきました。
 「つまり、おんなじことだね。」と、プーはいいました。

   第10章  クリストファー・ロビンが、プーの慰労会をひらきます
       そして、わたしたちは、さよなら をいたします


(J4) 石井 1940, 1950
[訳文は未見 - tomoki y.]


(J5) 松本 1939, 1941
漸く子豚が
「キミ、明日の朝、眼が覚めた時
 一番最初に、自分に何ていふの?」
と、ききました。
「朝ごはんは何にしようかなつて、言ふよ。
 君は何て言ふの?ブウちゃん」
「ボクはねえ、今日はどんなステキなことが
 起こるだらうかなァ! つていふのさ。」
と、子豚は言ひました。プー公はうなづいて、
「それや、同じことだねえ。」
と、言ひました。

  • A・A・ミルン=作 松本恵子/惠子=訳
    • 松本恵子=訳 E・H・シェパード=絵 『小熊のプー公』 新潮社 新潮文庫 第465編 1941/09/25(昭和16)
    • 松本惠子=訳 『小熊のプー公』 新潮社 新潮文庫 第366編 1939/05/15(昭和14)
  • わたしは訳書の実物を見ていません。上の訳文は a. 新潮文庫 1941年版からの引用であるとしてブログ Z-zaans 2008-12-19 の記事に掲載されていたのを、孫引きしたものです。

■ラテン語訳 Translation into Latin

`Scire velim, an rem folliculo-similem habeas?'
`Follicurum?'
`Sane. Praetergrediens mecum dixi: ``scire velim, an Christophorus Robinus folliculo-simile quid habeat.''
Mecum dixi follicula atque talia mente agitans et scire avens.'
`Quorsum tibi opus est folliculo?' dixisti.
Winnie ille Pu circumspexit, ne quis audiret ungulam ad os suum retulit, et voce demissa susurravit: `MEL!' `Sed mel cum folliculis non aufers!'
`Aufero,' dixit Pu.

  • Winnie ille Pu by A.A. Milne. Translated into Latin by Alexander Lenard. Penguin
  • 下のコメント欄にご覧のとおり、訳文は永嶋哲也さんからご提供いただきました。永嶋さん、ありがとうございます。

■フランス語訳 Translation into French

"- Pooh, lorsque tu te lèves le matin, dit enfin Porcinet, quelle est la première chose que tu te dis?
- Qu'y a-t-il pour le petit-déjeuner? répondit Pooh. Et toi Porcinet, que te dis-tu?
- Je me dis, je me demande ce qu'il va arriver d'excitant aujourd'hui? dit Porcinet. Pooh inclina la tête pensivement.
- C'est la même chose dit-il."

   Winnie l'Ourson by A. A. Milne
   Excerpt at A l'échelle du livre


■英語原文 The original text in English

 'When you wake up in the morning, Pooh,' said Piglet at last, 'what's the first thing you say to yourself?'
 'What's for breakfast?' said Pooh. 'What do you say, Piglet?'
 'I say, I wonder what's going to happen exciting to-day?' said Piglet.
 Pooh nodded thoughtfully.
 'It's the same thing,' he said.

   Chapter 10
   ...in which Christopher Robin gives a Pooh party, and we say good-bye


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/04/28 阿川佐和子=訳 2014/03/30 と松本恵子=訳 1941 について、それぞれの画像と訳文を追加しました。松本訳の画像と訳文はブログ T-ZANS “ティーザんス” 2008-04-04 から拝借/孫引きしたものです。
  • 2011/02/03 フランス語訳を追加しました。
  • 2010/01/08 永嶋哲也さんからご提供いただいたラテン語訳を追加しました。

 

« 1 2 Winnie-the-Pooh »
« 1 2 クマのプーさん »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

■CD

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Wednesday, 02 April 2008

My Land and My People by Dalai Lama XIV 『チベットわが祖国—ダライ・ラマ自叙伝』

Leftチベットわが祖国—ダライ・ラマ自叙伝』中公文庫BIBLIO 20世紀 (2001)
Centre My Land and My People, Srishti Publishers & Distributors: India (2002)
Right Historical Tibet and the Tibet Autonomous Region (TAR). 歴史的チベットと中華人民共和国西蔵自治区. Image source: tibetmap.com

           ↓ Click to enlarge ↓
 
412kcwznwql 415en83wypl China4
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 木村 1986, 1989, etc.
タクツェル村は農業地域社会だった。住民の主な食べ物といえば、小麦粉とツァンパ(Tsampa)——大麦をいってひいた粉——肉、バターであり、飲み物はバター茶や、大麦からつくられるチャン(Chhang)と呼ばれるビールであった。肉を食べることについては、仏教徒の間にも異論がある。しかし、肉食は大部分のチベット人にとって必要不可欠なものであった。チベットのほとんどは、厳しい気候である。食べ物は豊富とはいえ、種類は非常に限られている。したがって、肉を食べないで健康を保つということは不可能なことであった。だからこそ食肉の習慣は、チベットに仏教がもたらされる以前からずっと続いていたものなのである。チベット人はどんな理由にせよ、生きている動物を殺すことは邪悪と考える。しかし、彼らはマーケットに行って、すでに死んでいる動物の肉を買うことを、罪悪とは考えなかった。動物を屠殺する者は、罪深い者、社会から落ちこぼれた者とみなされていた。

   ダライ・ラマ=著 木村肥佐生(きむら・ひさお)=訳
   1a.チベットわが祖国—ダライ・ラマ自叙伝
    中公文庫BIBLIO 20世紀 中央公論新社 2001/11
   1b.チベットわが祖国—ダライ・ラマ自叙伝
    中公文庫 1989/09
   1c.チベットわが祖国—ダライ・ラマ自叙伝
    亜細亜大学アジア研究所 1986/01
   原書:
   My Land and My People: Memoirs of the Dalai Lama of Tibet (1962)
   引用は 1c. に拠りました。
 
 
(2) 日高 1963, 1979
タクッセルは、農村であった。村びとたちの主食は、小麦粉と一種の大麦のひきわりでつくるツァムパであり、それに肉とバターであった。それから、彼らの飲み物は、バター入りのチベット茶と、大麦から醸造されるチャンと呼ばれるビールである。肉食については、仏教徒のあいだで意見がわかれる。しかし、チベットの大部分では、寒暑の差が非常にきびしい気候なので、食物は豊富であっても、種類としてはきわめて限られていた。チベットでは、肉食しないでは健康を保つことが不可能であったし、肉食の習慣が、仏教がこの国にもたらされる以前からあって、なかなかすたれなかった。チベット人は、どんな理由があるにせよ、いかなる動物でも既に殺されてしまっている動物の肉を買うことは罪悪とは考えなかったが、動物を屠殺(とさつ)する肉屋は、罪人であり、無頼漢とみなされていた。
 
   ダライ・ラマ=著 日高一輝(ひだか・かずてる)=訳
   2a.この悲劇の国、わがチベット』蒼洋社選書2 蒼洋社 1979/03
    原書:
    My Land and My People by the Dalai Lama
    Potala Corp.: New York, 1978.
   2b.わがチベット—ダライ・ラマ自叙伝』講談社 1963/03
    原書:
    My Land and My People by His Holiness the Dalai Lama of Tibet.
    McGraw-Hill: New York, 1962
   引用は 2a. に拠りました。
 
 
■英語原文 The original text in English

Taktser was a farming community and the staple foods of its people were wheat flour and tsampa -- which is a kind of barley meal -- and meat and butter; and their drinks were buttered tea and a beer called chhang, which is made from barley. There are different opinions among Buddhists about eating meat, but it was a necessity for most Tibetans. In most of Tibet the climate was rigorous, and although food was plentiful it was very limited in variety, so it was impossible to stay healthy without eating meat -- and the custom had lingered there since before Buddhism was brought to the country. Tibetans would think it a sin to kill any animal, for any reason, but they did not think it sinful to go to market and buy the meat of an animal which was already dead. The butchers who slaughtered the animals were regarded as sinners and outcasts.

   My Land and My People: The Autobiography of His Holiness
   the Dalai Lama.
   Edited by David Howarth.
   Weidenfeld & Nicolson: London, 1962.

   Recent editions include:
   * Srishti Publishers & Distributors: India, 2002/07
   * Warner Books, 1997/12

   e-Book based on the McGraw-Hill edition (1962) is here.

   Excerpt at:
   * Amazon.co.jp
   * Amazon.co.uk
   * Amazon.com
   * Amazon.fr
   * Amazon.de
 
 
■日高訳の欠落箇所について

上掲の日高一輝氏による日本語訳は、2a. 2b. のどちらも完訳ではありません。たとえば、木村肥佐生氏訳の章題でいうと、第六章 共産中国との出会い、第七章 弾圧のもとで、第九章 決起 の3つの章に相当する箇所などが訳出されていません。
 
 
■文藝春秋版『自伝』について

文藝春秋社から、つぎのような本が出ています。

   ダライ・ラマ=著 山際素男=訳『ダライ・ラマ自伝』
   (単行本 1992/01, 文春文庫 2001/06)

これら文春版『自伝』は、さきに日高氏、ついで木村氏によって訳された、上掲のダライ・ラマ『自叙伝』とは別ものです。つまり原著が異なるのです。文春版『自伝』の原著は、
   Freedom in Exile: The Autobiography of His Holiness
   the Dalai Lama of Tibet (1990)

原題でも、古い本と新しい本の両方に Autobiography という語が含まれているので紛らわしいのですが、フル・タイトルや刊行年、訳者、出版社などに注意して区別なさってください。
 
 
■外部リンク External links

   * The Website of The Office of His Holiness the 14th Dalai Lama
   * Tenzin Gyatso, 14th Dalai Lama - Wikipedia
   * 中華人民共和国によるチベットの分割と再編 - Wikipedia
   * ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
   * ダライ・ラマ法王14世著作・関連書籍・DVD
 
 
↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »