« Two Gallants (from Dubliners) by James Joyce ジョイス 「二人の伊達男」「二人のよた者」「二人のいろごと師」「二人のしやれもの」(『ダブリナーズ』『ダブリンの人びと』『ダブリンの人々』『ダブリンの市民』『ダブリン市民』『ダブリン人』より) | Main | La prisonniere de Lhassa by Philippe Broussard & Danielle Laeng フィリップ・ブルサール&ダニエル・ラン『囚われのチベットの少女』 »

Sunday, 06 April 2008

The Golden Key by George MacDonald (1) ジョージ・マクドナルド 『金の鍵』『黄金の鍵』 (1)

« The Golden Key 2 3 »
« 金の鍵 2 3 »

 Video 1 
The Mystical World of George MacDonald, Part 1 of 8

This film, presented by Charles Seper, is based on his book C.S. Lewis Called Him Master: Exploring the Life & Adult Fantasy Works of George MacDonald.


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 23094b b. 41ppymq6col c. 51t5j1zt60l


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 脇 1996
「妖精の国ではね」と、女の人は、テーブルの前にすわりながら、話を続けました。「動物たちの何よりの夢は、人間に食べられることなの。動物の身にとっては、それが最高の終わり方だからよ。でも、それでおしまいというわけではないの。いまにお鍋の中から、死んだお魚よりずっといいものが出てくるのが見られるわ。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   ジョージ・マクドナルド=作 脇明子(わき・あきこ)=訳
   『金の鍵』岩波少年文庫 1996/01


(J2) 中村 1985
「妖精の国ではね」女の人は、タングルといっしょに食卓につきながらいいました。「動物たちのただ一つの望みは、人間に食べられることなの。それが動物の最高の目的だからよ。でも、食べられてしまうからって、なくなるわけじゃないわ。あのおなべからは、死んだ魚よりもっとすばらしいものが出てくるのよ。いまにわかるでしょうけれど。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   ジョージ=マクドナルド=作 中村妙子(なかむら・たえこ)=訳
   『黄金の鍵(きんのかぎ)』偕成社 1985/07


(J3) 田谷 1978
「妖精の国ではね。」ふたりがテーブルにつくと、婦人はつづけました。「動物たちのねがいは、人間に食べられることなのよ。それが、動物たちにはいちばんの生きがいですからね。でも、だからといって、それで死んでしまうわけではないの。あのなべから、死んだ魚よりもっといいものがでてくること、うけあいよ。」
[ルビは省略しました - tomoki y.]

   G・マクドナルド=作 田谷多枝子(たがや・たえこ)=訳
   『金の鍵』マクドナルド童話全集9 母と子の図書室
   太平出版社 1978/02


(J4) 吉田 1977, 1988
「妖精の国では」と、婦人はテーブルにつくとつづけた。「動物たちの大きなねがいは人間に食べられることなの。だって、動物としてそれが最高の終り方なのですもの。食べられたからと言って、何もかもすべて滅びてしまうわけではないわ。あのおなべからは死んだ魚よりはもっと別なものが出てくるのを、いまにあなたは見るでしょう」

   4a. G・マクドナルド=著 吉田新一=訳
     『黄金の鍵』ちくま文庫 1988/05
   4b. ジョージ・マクドナルド=著 吉田新一=訳
     『黄金の鍵』妖精文庫8 月刊ペン社 1977/07
   4a. の底本は4b.。引用は 4a. に拠りました。


 Video 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: ピーター・イーストマン
Audiobook in English, read by Peter Eastman

下の引用箇所の朗読は 19:36 から始まります。 Uploaded to YouTube by AudioBooks on 16 Sep 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of  of the excerpt below starts at 19:36.


■英語原文 The original text in English

"In Fairyland," resumed the lady, as they sat down to the table, "the ambition of the animals is to be eaten by the people; for that is their highest end in that condition. But they are not therefore destroyed. Out of that pot comes something more than the dead fish, you will see."


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/06/24 英語原文のオーディオブックの YouTube 画像を追加しました。
  • 2010/05/28 The Mystical World of George MacDonald の YouTube 動画を追加しました。
  • 2008/04/18 吉田新一=訳 1988/05 を追加しました。

« The Golden Key 2 3 »
« 金の鍵 2 3 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

|

« Two Gallants (from Dubliners) by James Joyce ジョイス 「二人の伊達男」「二人のよた者」「二人のいろごと師」「二人のしやれもの」(『ダブリナーズ』『ダブリンの人びと』『ダブリンの人々』『ダブリンの市民』『ダブリン市民』『ダブリン人』より) | Main | La prisonniere de Lhassa by Philippe Broussard & Danielle Laeng フィリップ・ブルサール&ダニエル・ラン『囚われのチベットの少女』 »

Comments


突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
p-netbanking と申します。当サイトでは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非とも、貴ブログのご登録、及び、
ランキング参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。

Posted by: magazinn55 | Monday, 07 April 2008 04:06 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Golden Key by George MacDonald (1) ジョージ・マクドナルド 『金の鍵』『黄金の鍵』 (1):

« Two Gallants (from Dubliners) by James Joyce ジョイス 「二人の伊達男」「二人のよた者」「二人のいろごと師」「二人のしやれもの」(『ダブリナーズ』『ダブリンの人びと』『ダブリンの人々』『ダブリンの市民』『ダブリン市民』『ダブリン人』より) | Main | La prisonniere de Lhassa by Philippe Broussard & Danielle Laeng フィリップ・ブルサール&ダニエル・ラン『囚われのチベットの少女』 »