« Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (1) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (1) | Main | Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (2) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (2) »

Wednesday, 30 April 2008

Truman Capote on self-flagellation カポーティ 「自らを鞭打つ」ことについて

■はじめに Introduction

神はあなたに才能を授けるとき、鞭もいっしょにくださる。トルーマン・カポーティが芸術家と創作活動のあいだの関係をどのようにとらえていたかが窺われる一節。


 Image Gallery 
カメレオンのための音楽: 表紙画像 Music for Chameleons: Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_kamereon_no_tame_no_ongaku hu Hu_2009_mozart_es_a_kameleonok_15 el El___9789600347623

ru Ru___9785389023376 bg Bg___9789545295379 sl Sl_1988_glasba_za_kameleone_presern

cs Cs_hudbaprochameleonymusicforchamel de De_2000_musik_fur_chamaleons_978342 ro Ro__muzica_pentru_cameleoni_muzica_

it It_musica_per_camaleonti_9788811683 pt Pt_capote_camaleoes es Es_capote_camaleones1

ca Ca_musica_per_camaleons fr Fr_capote_cameleons en En_music_chameleons

   [ja] カメレオンのための音楽 ハヤカワepi文庫 (2002) 日本語訳
   [hu] Mozart és a kaméleonok Európa Kiadó (2009) ハンガリー語訳
   [el] Μουσική για χαμαιλέοντες Εκδόσεις Καστανιώτη (2008) ギリシャ語訳
   [ru] Музыка для хамелеонов Азбука-классика (2011) ロシア語訳
   [bg] Музика за хамелеони ИК "Колибри" (2007) ブルガリア語訳
   [pl] Muzyka dla kameleonów PIW (1992) ポーランド語訳
   [sl] Glasba za Kameleone Prešernova družba (1988) スロベニア語訳
   [cs] Hudba pro chameleóny Garamond (2006) チェコ語訳
   [de] Musik für Chamäleons Knaur (2000) ドイツ語訳
   [ro] Muzică pentru cameleoni Polirom (2009) ルーマニア語訳
   [it] Musica per camaleontis Garzanti (2004) イタリア語訳
   [pt] Música para Camaleoes Companhia das Letras (2004) ポルトガル語訳
   [es] Musica para camaleones Editorial Anagrama (2004) スペイン語訳
   [ca] Música per camaleons Quaderns Crema (1988) カタルーニャ語訳
   [fr] Musique pour cameleons Gallimard (1991) フランス語訳
   [en] Music for Chameleons Vintage Books (1994) 英語原書


■繁體字中國語譯(部分) Translation into traditional Chinese (fragment)

當上帝給人才華時,也同時給他一根鞭子,讓他鞭策自己。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 村上 2008
ある日、私は小説を書き始めた。自分が一生を通じて、気高い、しかし情けを知らぬ主人に鎖で繋がれることになるなどとは露知らず。神があなたに才能を与えるとき、彼はまた鞭をもあなたに与えるのだ。そしてその鞭は自らの身体を厳しく打つためのものである。……私は今、ひとりで暗い狂気の中にいる。ひとりぼっちで、一組のカードを手に。……そしてそこにはもちろん神の与え給うた鞭も置かれている。

  • トルーマン・カポーティ=著 村上春樹=訳 『ティファニーで朝食を』 新潮社 2008/02 の訳者「あとがき」に引用されているカポーティの言葉。

(J2) 野坂 1983, 2002
(……)こんなきつい職業に自分がつくとは考えもせずに、ひょいと書き始めた。しかし神が才能を授け給うにしろ、必ず鞭を伴う。いや、鞭こそ才能のうちなのだ、自らを鞭打つ。(……)私は今、この私自身の暗黒の狂気のただなかにいる。たったひとりで一組のカードを持って(……)そして、もちろんのこと、神の恩寵(おんちょう)と鞭を二つながら身に受けつつ。


■英語原文 The original text in English

One day I started writing, not knowing that I had chained myself for life to a noble but merciless master. When God hands you a gift, he also hands you a whip; and the whip is intended solely for self-flagellation...I'm here alone in my dark madness, all by myself with my deck of cards --- and, of course, the whip God gave me.


 Video 
Mini BIO : Truman Capote

Uploaded to YouTube by BIO on 23 Jan 2014.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016/04/12 繁體字中國語譯(部分)を追加しました。また、「はじめに」の項を新設しました。
  • 2013/06/30 ハンガリー語訳、ギリシャ語訳、ロシア語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、スロベニア語訳、ルーマニア語訳、イタリア語訳、およびカタルーニャ語訳の表紙画像を追加しました。また、Mini BIO : Truman Capote の YouTube 動画も追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■ 洋書 Books in non-Japanese languages

■ 和書 Books in Japanese

  

|

« Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (1) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (1) | Main | Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (2) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (2) »

Comments

アグ ベイリーボタン いくつかの個人求める場合あなた戻ってのバッグする必要があります逆さまdownwads。農民市場へ向かうどこすることができますアイスランドの有名なニットを拾います。多分私は完全に私の財布をもの私は知らない... ugg 雪

Posted by: アグ ベイリーボタン | Sunday, 24 November 2013 12:43 am

You actually expressed that fantastically!

Posted by: セリーヌ バッグ メンズ | Thursday, 26 December 2013 08:12 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Truman Capote on self-flagellation カポーティ 「自らを鞭打つ」ことについて:

« Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (1) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (1) | Main | Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (2) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (2) »