« Pictures you can't miss | Main | Madame Curie: A Biography by Ève Curie エーヴ・キュリー 『キュリー夫人伝』 »

Sunday, 25 May 2008

Антон Чехов - О любви (O lyubvi) (3) About Love / Concerning Love by Anton Pavlovich Chekhov (3) チェーホフ「恋について」(3)

« 1 2 About Love
« 1 2 恋について

■表紙画像 Cover photos

Leftチェーホフ・ユモレスカ2』 新潮社 (2007)
Centre 牧原純著 『北ホテル48号室—チェーホフと女性たち』 未知谷 (2006)
Right リジヤ・アヴィーロワ著 『私のなかのチェーホフ』 群像社 (2005)

↓ Click to enlarge ↓

41wcfixiqxl 51yn1hmbg4l 41452sss3bl


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 中村(喜) 2009
こんなことわざがあります——《苦労が消えると、女は自分で苦労をしょい込む》。ルガノーヴィチ夫妻には心配ごとがありませんでした。そこで私と親しい付き合いがはじまったのでした。

   アントン・P・チェーホフ=作 イリーナ・ザトゥロフスカヤ=絵
   中村喜和(なかむら・よしかず)=訳
   『恋について』 チェーホフ・コレクション 未知谷 2009/02/01
   版元による この本の紹介


(J2) 松下 1987, 1993, etc.
ことわざにあるでしょう——『女が余計な仕事をしょいこんであたふたする』って。ルガノーヴィチ夫妻もわたしに親切にして余計な心配をしたのですよ。

   アントン・チェーホフ=著 松下裕(まつした・ゆたか)=訳 「恋について」
   2a. 北村薫=編 『謎のギャラリー—愛の部屋』 新潮文庫 2002/03 所収
   2b.チェーホフ全集8』 ちくま文庫 1993/05 所収
   2c.チェーホフ全集9 百姓たち・恋について』 筑摩書房 1987/09 所収
   2a. の底本は 2b.。引用は 2c. に拠りました。


(J3) 原 1978, 1988, etc.
百姓女は苦労がなくなると子豚を買う、という諺(ことわざ)があるでしょう。ルガノーウィチ夫妻は苦労がなかったので、わたしとあんなに親しくしてくれたんです。

   チェーホフ=作 原卓也=訳 「恋について」
   3a.集英社ギャラリー [世界の文学]13 ロシア1』 集英社 1991/03 所収
   3b.チェーホフ短篇集』 福武文庫 1988/11 所収
   3c. 集英社版 世界文学全集59』 綜合社=編集 集英社=発行
      1978/04 所収
   引用は 3a. に拠りました。


(J4) 木村 1971, 1975, etc.
《女は苦労がないと、豚の子を買う》という諺(ことわざ)がありますね。ルガノーヴィチ夫婦もなにひとつ苦労がなかったので、わたしと親しく交わるようになったのです。

   チェーホフ=作 木村彰一=訳 「恋について」
   4a.豪華版 世界文学全集22 チェーホフ』 講談社 1976/10 所収
   4b.世界文学全集60 チェーホフ』 講談社 1975/05 所収
   4c.筑摩世界文學大系51 チェーホフ』 筑摩書房 1971/11 所収
   引用は 4a. に拠りました。


(J5) 中村(白) 1964, 1970
女が苦労がないと、子豚を買う——こういう諺がありますね。ルガノーヴィッチ夫婦は苦労がなかったので、わたしと友誼を結んだのですよ。

   チェーホフ=作 中村白葉=訳 「恋について」
   5a.決定版 ロシア文学全集15 チェーホフ 可愛い女ほか
      日本ブック・クラブ 1970/09 所収
   5b.ロシア・ソビエト文学全集22 三人姉妹・桜の園ほか
      平凡社 1964/05 所収
   引用は 5b. に拠りました。


(J6) 池田 1960
《女は苦労がないと豚の子を買う》という諺があります。ルガノーヴィチ夫妻も何ひとつ苦労の種がなかったので、それでわたしと親身な付合いをはじめた。

   チェーホフ=作 池田健太郎=訳 「恋について」
   『チェーホフ全集11 小説 (1897-1903) 戯曲1
   中央公論社 1960/03 所収


(J7) 中村(白) 1939
女は苦勞がないと、仔豚を買ふ——かう言ふ諺がありますね。ルガノーヸッチ夫婦は苦勞がなかつたので、わたしと友誼を結んだのですよ。

   チェーホフ=作 中村白葉=譯 「戀に就いて」
   『チェーホフ小説選集7 風刺小説篇 公爵夫人
   金星堂 1939/05(昭和14)所収


■フランス語訳 Translation into French

Une femme qui n'avait pas de soucis, dit un proverbe, s'acheta un porc. Les Louganôvitch, qui n'avaient pas de soucis, lièlent amitié avec moi.

   D'amour by Anton Pavlovitch Tchekhov
   in L'homme à létui, 1883-1902 Paris, Plon, 1929
   Translation by Denis Roche
   E-text at:
   * ibiblio.org (pdf)
   * Scribd.com
   Free scanned book at Ebooks Libres et Gratuits (pdf) 


■英訳 Translations into English

(E1) Hingley, 2000
It was a bit like the farmer's wife in the story, the one who had no troubles -- not, that is, until she went and bought herself a pig! The Luganoviches had no troubles -- so they went and chummed up with me!

   Concerning Love by Anton Pavlovich Chekhov 
   Translated by Ronald Hingley
   in The Russian Master and Other Stories (Oxford World's Classics)
   Oxford University Press, 2000/03
   Scanned book at Google Book Search


(E2) Garnett, 1918
There is a proverb that if a peasant woman has no troubles she will buy a pig. The Luganovitchs had no troubles, so they made friends with me.

   About Love
   in The Wife and Other Stories by Anton Chekhov
   Translated by Constance Garnett
   The Chatto & Windus edition of
   The Tales of Chekhov, Volume 5 (1918)

   E-text at:
   * Classic Reader
   * Project Gutenberg
   * 201 Stories by Anton Chekhov
   * eBooks@Adelaide, The University of Adelaide Library


■ロシア語原文 The original text in Russian

Есть пословица: не было у бабы хлопот, так купила порося. Не было у Лугановичей хлопот, так подружились они со мной.

   Антон Чехов - О любви (O lyubvi)
   Concerning Love / About Love (1898) by Anton Pavlovich Chekhov
   E-text at ilibrary.ru


■ロシアのことわざ——その意味は?
 The Russian proverb: What does it mean anyway?

こんなことわざがあります——《苦労が消えると、女は自分で苦労をしょい込む》。中村(喜) 2009

ことわざにあるでしょう——『女が余計な仕事をしょいこんであたふたする』って。松下 1987, 1993, etc.

百姓女は苦労がなくなると子豚を買う、という諺があるでしょう。原 1978, 1988, etc.

《女は苦労がないと、豚の子を買う》という諺がありますね。木村 1971, 1975, etc.

女が苦労がないと、子豚を買う——こういう諺がありますね。中村(白) 1964, 1970

《女は苦労がないと豚の子を買う》という諺があります。池田 1960

女は苦勞がないと、仔豚を買ふ——かう言ふ諺がありますね。中村(白) 1939

Une femme qui n'avait pas de soucis, dit un proverbe, s'acheta un porc. - Roche, 1929
 
It was a bit like the farmer's wife in the story, the one who had no troubles--not, that is, until she went and bought herself a pig! - Hingley, 2000

There is a proverb that if a peasant woman has no troubles she will buy a pig. - Garnett, 1918

どなたかこのロシアのことわざの意味を説明していただけませんか?
Can anyone explain the meaning of this Russian proverb?


■Bibliography on translations into English

   * Anton Chekhov Biography
    (Andreas Teuber Home Page)


■外部リンク External links

   * Bibliography of Anton Chekhov - Wikipedia (Short stories)
   * Anton Chekhov - Wikipedia (1860-1904)
   * アントン・チェーホフ - Wikipedia


■更新履歴 Change log

2011/04/25 原卓也=訳の書誌情報を補足しました。
2010/03/26 中村喜和=訳 2009/02/01 を追加しました。


« 1 2 About Love
« 1 2 恋について

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« Pictures you can't miss | Main | Madame Curie: A Biography by Ève Curie エーヴ・キュリー 『キュリー夫人伝』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Антон Чехов - О любви (O lyubvi) (3) About Love / Concerning Love by Anton Pavlovich Chekhov (3) チェーホフ「恋について」(3):

« Pictures you can't miss | Main | Madame Curie: A Biography by Ève Curie エーヴ・キュリー 『キュリー夫人伝』 »