« Антон Чехов - О любви (O lyubvi) (3) About Love / Concerning Love by Anton Pavlovich Chekhov (3) チェーホフ「恋について」(3) | Main | Le Calmant / Calming Reflection by Marie Laurencin マリー・ローランサン 「世界でいちばん悲しい女」「鎮静剤」「鎭靜劑」「鎮痛剤」 »

Friday, 30 May 2008

Madame Curie: A Biography by Ève Curie エーヴ・キュリー 『キュリー夫人伝』

          目次 Table of Contents

   Video 1  映画 Maria Sklodowskya-Curie
   Video 2  アニメ Marie Curie - Animated Hero Classics (2005)
   Images   表紙画像 Cover photos
  ■日本語訳 Translations into Japanese
    (J1) 河野 2006
    (J2) 訳者未確認 1960
    (J3) 川口〔ほか〕1958, 1968, etc.
    (J4) 川口〔ほか〕1938
  ■ドイツ語訳 Translation into German
  ■英訳 Translation into English
  ■フランス語原文 The original text in French
    Audio   エーヴ・キュリー、家族を語る Ève Curie talks about her family
  ■ノーベル賞科学者の娘 Nobel laureate scientists' daughter
   Video 3  映画 キュリー夫人 (1943) Film Madame Curie (1943)
  ■外部リンク External links
  ■更新履歴 Change log


 Video 1 
映画 Maria Sklodowskya-Curie 製作の様子

「理系女子」の闘いも浮き彫りに、キュリー夫人の新作伝記映画 - AFPBB News, 2015-06-22 New Marie Curie Film To Shed Light On Women's Struggles In Science - News First, 2015-06-19


 Video 2 
アニメ Marie Curie - Animated Hero Classics (2005)

Uploaded to YouTube by Nest Learning Videos on 8 Mar 2012. DVD from Amazon.com


  Images  
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 41xzy2yac9l b. 51rngdyszml c. 41w80rhcm5l

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 河野 2006
 もっともピエールは、このときはまだ無傷で無事だった。さけびもせず、ほとんど動きもしないまま、体はまず馬たちの足のあいだを、それから荷馬車のふたつの前輪のあいだをすりぬけて、どちらにもかすめることさえなかった。奇跡は起こり得たのだ。ところが六トンもの重量があった荷馬車は、その質量による慣性(かんせい)で、なおも何メートルか止まることができなかったのである。そしてなにかに触れた左の後輪が、それをそのまま轢(ひ)いてしまった。人の頭だった。頭蓋骨(ずがいこつ)が割れ、赤いねっとりしたものが、あたり一面の泥のなかに飛び散った。ピエール・キュリーの脳だった——。

  • エーヴ・キュリー=著 河野万里子(こうの・まりこ)=訳 『キュリー夫人伝』 白水社 2006/04

(J2) 訳者未確認 1960
 ピエールは倒れているが、生きており、無事である。彼は叫ばなかった。ほとんど動きもしなかった。彼のからだは、かすり傷ひとつうけず、馬の足の間を、それから馬車の二つの前輪の間を通った。奇蹟というものはありうる。しかし六トンの重さで引っぱられた巨大な質量が、なお数メートル乗りこえて進んだ。左後の輪が何かちょっとした障害物にぶつかり、通りがかりにこれをひき砕いていった。一つの額、人間の頭だ。頭蓋が破れ、赤いねっとりした物質が、そこら一面に、泥のなかをはねとんだ。ピエール・キュリーの脳髄が。

  • エーヴ・キュリー=著 訳者未確認 『キュリー夫人伝』 出典: 筑摩書房=編 『世界ノンフィクション全集8』 筑摩書房 1960/10 所収のイレーヌ・キュリー=著 内山敏=訳 「わが母マリー・キュリーの思い出」234ページ注に引用されている箇所から。
  • この訳文は、内山氏自身によるものかもしれません。が、たぶん下の (J3) の c. 川口篤〔ほか〕=訳 1958/08(未見)からの転載ではないかと推測します。
  • なお、「わが母マリー・キュリーの思い出」の原書はつぎの通り。 Ma Mère Marie Curie by Irène Joliot-Curie. Originally copyrighted by "Europe."

(J3) 川口〔ほか〕1958, 1968, etc.
 ピエールは倒れているが、生きており、無事である。叫びもしなかった。ほとんど動きもしなかった。からだは、かすり傷一つ受けず、馬の足のあいだを、それから馬車の二つの前輪のあいだを通り抜けた。奇跡が起こるかもしれないぞ。だが、だめだ。六トンもの自重の惰性で引きずられてきた、巨大な質量が、なお数メートル突進した。左うしろの輪がなにかちょっとした障害にぶつかり、通りがかりにそれをひき砕いた。一つの額だ、人間の頭だ。ずがいが破裂し、赤いねっとりした物質が、そこらじゅう、泥のなかにはね飛んだ。ピエール・キュリーの脳髄だ。

  • エーヴ・キュリー(またはエーブ・キュリー)=著 川口篤(かわぐち・あつし)+河盛好蔵(かわもり・よしぞう)+杉捷夫(すぎ・としお)+本田喜代治(ほんだ・きよじ)=共訳
  • 引用は b. 白水社 第4版 に拠りました。

(J4) 川口〔ほか〕1938
[未見 - tomoki y.]

  • エーヴ・キュリー=著 川口篤〔ほか〕=訳 『キュリー夫人伝』 白水社 1938/10(昭和13)
  • 川口氏らによる訳の初版。2006年に河野万里子氏による新訳が出るまで、上掲 (3) にご覧のとおり、たびたび改訂版が出ました。

■ドイツ語訳 Translation into German

Pierre liegt auf dem Boden, lebend, unbeschädigt. Er hat nicht geschrien, sich kaum bewegt. Die Pferde und die vorderen Räder gehen über ihn hinweg, ohne ihn auch nur zu streifen. Noch ist ein Wunder möglich. Doch die schwere Last rollt durch ihre eigenes Gewicht noch einige Meter weiter. Das linke Hinterrad stößt an ein unbeträchtliches Hindernis und zermalmt es, es ist eine Stirn, der Kopf eines Menschen. Die Schädeldecke bricht auf, eine rote, klebrige Masse quillt hervor und vermengt sich mit dem Straßenschmutz: das Gehirn Pierre Curies.


■英訳 Translation into English

Pierre was down, but alive and unhurt. He did not cry out and hardly moved. His body passed between the feet of the horses without even being touched, and then between the two front wheels of the wagon. A miracle was possible. But the enormous mass, dragged on by its weight of six tons, continued for several yards more. The left back wheel encountered a feeble obstacle which it crushed in passing: a forehead, a human head. The cranium was shattered and a red, viscous matter trickled in all directions in the mud : the brain of Pierre Curie.

  • Madame Curie: A Biography by Ève Curie Labouisse. Translated by Vincent Sheean. First published 1937.
  • Paperback: Da Capo Press, 2001/03. Preview at Google Books

■フランス語原文 The original text in French

Pierre est à terre, vivant, indemne. Il n’a pas crié, il n’a presque pas bougé. Son corps passe, sans même être effleuré, entre les pieds des chevaux, puis entre les deux roues avant du camion. Un miracle est possible. Mais l’énorme masse , entraînée par son poids de six tonnes, franchit plusieurs mètres encore. La roue roue arrière gauche heurte un faible obstacle qu’elle broie au passage. Un front, une tête humaine. La boîte crânienne éclate, une matière rouge et visqueuse gicle de toutes part, dans la boue : le cerveau de Pierre Curie.


  Audio  
エーヴ・キュリー・ラブイス(マリー・キュリーの娘)、家族を語る
Ève Curie Labouisse (daughter of Marie Curie) talks about her family

Uploaded to YouTube by OrcoDevelopment on 29 Nov 2012.


■ノーベル賞科学者の娘 Nobel laureate scientists' daughter

著者エーヴ・キュリーの母はマリー・キュリー、いわゆるキュリー夫人。父はピエール・キュリー。姉はイレーヌ・ジョリオ=キュリー。姉の夫はフレデリック・ジョリオ=キュリー。エーヴの夫はヘンリー・リチャードソン・ラブイス・ジュニア。

マリーとピエールは、1903年に夫婦でノーベル物理学賞を受賞。マリーは女性初のノーベル賞受賞者となった。ピエールは1906年、上に引用したとおり、馬に轢かれて死亡。その後、マリーは1911年に単独でノーベル化学賞を受賞した。エーヴの姉イレーヌと、その夫フレデリックは1935年に夫婦でノーベル化学賞を受賞。エーヴの夫ヘンリーも、ユニセフ事務局長時代の1965年にユニセフがノーベル平和賞を受賞。

要するに、エーヴは、父母、姉夫婦、夫が全員ノーベル賞受賞者もしくはノーベル賞受賞団体関係者。母は2回も受賞している。「一家で受賞してないのは私だけよ」と語っている。すごいことだが事実だ。自分の父が命を落とす場面を、上のように感情を交えないで、客観的に詳細に分析的に生々しく描写する筆致に、科学者の血を感じる。

母や姉が放射能被爆によるとみられる白血病で早世したのに、自分だけが放射能を浴びる科学者の道を選ばずに、作家の道を選んで長生きした。そのことに、エーヴは強い罪悪感を抱いていたそうだ。

エーヴ・キュリーは、2007年10月22日、マンハッタン、アッパー・イースト・サイドのアパートメントの自室で亡くなった。102歳だった。


 Video 3 
映画 キュリー夫人 (1943) 監督: マーヴィン・ルロイ 出演: グリア・ガースン
Film Madame Curie (1943) Directed by Mervyn LeRoy. Starring Greer Garson

Uploaded to YouTube by HECTOR VISAYA on 7 Oct 2013.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015/06/23 映画 Maria Sklodowskya-Curie 製作の様子の YouTube 画面を追加しました。
  • 2014/06/03 エーヴ・キュリーへのインタビュー録音の YouTube 画面を追加しました。
  • 2010/12/14 ドイツ語訳を追加しました。
  • 2010/10/30 フランス語原文のテキストを挿入しました。
  • 2010/10/29 Vincent Sheean による英訳の訳文を追加しました。
  • 2010/04/27 アニメ版 Marie Curie とグリア・ガースン主演の映画『キュリー夫人』の計2本の YouTube 動画を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■VHS & DVD

  

|

« Антон Чехов - О любви (O lyubvi) (3) About Love / Concerning Love by Anton Pavlovich Chekhov (3) チェーホフ「恋について」(3) | Main | Le Calmant / Calming Reflection by Marie Laurencin マリー・ローランサン 「世界でいちばん悲しい女」「鎮静剤」「鎭靜劑」「鎮痛剤」 »

Comments

Why people still make use of to read news papers when in this technological world all is presented on web?

Posted by: cost of termite treatment | Thursday, 31 October 2013 06:18 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Madame Curie: A Biography by Ève Curie エーヴ・キュリー 『キュリー夫人伝』:

« Антон Чехов - О любви (O lyubvi) (3) About Love / Concerning Love by Anton Pavlovich Chekhov (3) チェーホフ「恋について」(3) | Main | Le Calmant / Calming Reflection by Marie Laurencin マリー・ローランサン 「世界でいちばん悲しい女」「鎮静剤」「鎭靜劑」「鎮痛剤」 »