« Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (3) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (3) | Main | 樋口一葉 『たけくらべ』 Takekurabe / Child's Play / Growing Up by Higuchi Ichiyo »

Sunday, 04 May 2008

Jan Morris on disastrous travels ジャン・モリス「悪いことなんか起こりっこない」

[ja]『お気をつけて、いい旅を。—異国で出会った悲しくも可笑しい51の体験』アスペクト (1995)
[nl] Was ik maar thuisgebleven. Rainbow Pocketboek (2002) ISBN: 9041703500 オランダ語版
[en] I Should Have Stayed Home: The Worst Trips of Great Writers. RDR Books, US (1995)

              ↓ Click to enlarge ↓
 
ja 4893663836 nl Was_ik_maar_thuis_gebleven en I_should_have_stayed_home
 
 
■日本語訳 Translation into Japanese

スーダンの国家指導大臣がいつだったかこういう話をしてくれた。プロとしてのあなたの義務は、できるかぎり真実を踏まえて、スリリングで、衆目を集める、よいニュースを書くことである、と。わたしはこの忠告をとても真剣に受け止めた。不愉快な出来事に出くわす才能についてふさわしい言葉があるかどうかは知らないが、掘出し物を見つけ出す才能、つまり楽しい出来事にめぐりあう才能こそ、物書きを職業に選んだ人間にとって、神からのこのうえなく幸運な贈物だということだけはわかる。

   ジャン・モリス=著 古屋美登里+中俣真知子=訳
   「悪いことなんか起こりっこない」
   メアリー・モリス、ポール・セロー〔ほか〕=著
   古屋美登里+中俣真知子=訳
   『お気をつけて、いい旅を。—異国で出会った悲しくも可笑しい51の体験
   アスペクト 1995/07 所収

   原書:
   I Should Have Stayed Home: The Worst Trips of Great Writers
   Edited by Roger Rapoport & Marguerita Castanera.
   First published by Berkeley, CA : Book Passage Press, 1994.
 
 
■上の日本語訳にほぼ相当する英語原文
 A close English approximation of the translation above

   下の英文は、上の日本語訳の原文ではなくて、あるシンポジウムでの
   ジャン・モリスの発言からの抜粋です。けれど、内容は上記とほとんど
   文字どおり同じです。原書は家のどこかにあるはずなのですが、あいにく
   いま見あたりません。
   The following is not the original source text of the Japanese
   quotation above, but the content is almost verbatim the same.
   I own the original book, "I Should Have Stayed Home," somewhere
   at my home but cannot locate it at the moment. - tomoki y.

Jan Morris: I remember in the Sudan once, I was there on assignment, and the Minister of National Guidance, a rather severe man, told me how I ought to be approaching the subject, which was some rebellion or other, and he said the duty of the foreign correspondent is to present thrilling, attractive and good news -- corresponding, where possible, with the truth. And he was my best mentor for the kind of writing I did. I learned more from him than from anybody else.

   Itchy Feet and Pencils: A Symposium
   Date: August 18, 1991, Sunday, Late Edition - Final
   The New York Times on the Web
 
 
■収録本じたいの評価 On the book as a whole

Amazon.com の星の数を見ると、この原書 "I Should Have Stayed Home" は、おおむね不評のようです。わたし自身は最初から最後まで読んだわけではないので、良いとも悪いとも言えません。ただ、ジャン・モリスの書くもの(/言うこと)は好きなので、その箇所を抜き出しました。

ちょっとだけ注釈を。この本全体は、悪夢のような旅のエピソードを面白おかしく書いたのを、ずらっと並べて読者を楽しませようという魂胆だったようです。で、そのトリを務める大御所のジャン・モリス一人だけは、反証を試みるのです。——いや、私にとっては悪い旅なんて、ありえない。楽しい出来事を伝えて読者を喜ばせてこそ作家冥利に尽きるのだし、じっさい私はこの何十年ものあいだ、紀行作家として世界中をたのしく巡ってきたのだ、と。

本がけなされたのは、モリス以外の作家たちのレベルが低かったせいかもしれません。かりに、彼女のいうことが間違いで、地獄のごとき道中が楽しい読み物になりうるとしましょうか。でも、それがたとえば、ダグラス・アダムスの『銀河ヒッチハイク・ガイド』のようなヒステリカルな(←ほめ言葉です)境地に到達するのは、並み大抵でないことは確かでしょう。あれはフィクション作品ですが、いまとっさに他にいい例を思い出せなかったので。

というわけで、わたしとしては、他人の経験した最悪の旅について、サディスティックに腹をかかえて笑える紀行ノンフィクション大傑作の出現をおおいに期待します。て、全然まとめになってませんが。
 
 
■外部リンク External links

   * Jan Morris - Wikipedia (1926- )
   * ジャン・モリス - 関心空間 by tomoki y.
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 外国語ブログへ 翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese


 
 
 

|

« Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (3) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (3) | Main | 樋口一葉 『たけくらべ』 Takekurabe / Child's Play / Growing Up by Higuchi Ichiyo »

Comments

I have been surfing online greater than 3 hours as of late, yet I by no means discovered any attention-grabbing article like yours. It is beautiful worth enough for me. In my opinion, if all site owners and bloggers made good content material as you probably did, the web will probably be a lot more useful than ever before.

Posted by: รับทำ seo | Sunday, 08 December 2013 at 03:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/41090313

Listed below are links to weblogs that reference Jan Morris on disastrous travels ジャン・モリス「悪いことなんか起こりっこない」:

« Breakfast at Tiffany's by Truman Capote (3) カポーティ 『ティファニーで朝食を』 (3) | Main | 樋口一葉 『たけくらべ』 Takekurabe / Child's Play / Growing Up by Higuchi Ichiyo »