« Florence Nightingale (from Eminent Victorians) by Lytton Strachey (1) リットン・ストレイチー 「フローレンス・ナイチンゲール」(『ヴィクトリア朝偉人伝』より) (1) | Main | 募金/義援金/救援金/救援物資—ミャンマー/中国 Donations for Burma (Myanmar) and China »

Saturday, 17 May 2008

The Mark of the Beast by Rudyard Kipling (2) キプリング「獣のしるし」「けものの印」「獣の痕跡」(2)

< 1 The Mark of the Beast
< 1 獣のしるし/けものの印

■表紙画像 Book covers

Left恐怖と怪奇名作集4 猿の手』岩崎書店 (1998)
Centre The Mark of the Beast and Other Fantastical Tales. Gollancz (2007)
Right Rudyard Kipling's Tales of Horror and Fantasy: With an Introduction by Neil Gaiman, Pegasus Books (2008)

↓ Click to enlarge ↓

51fqtrvaydl  51zbnx5geyl  51rh3sg3ral

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 矢野 1998
「(……)ほら、フリート、立てよ。こんなところにいたら、風邪をひいてしまうぞ。家に入って、食事にしよう。明かりをつけて、みんなで夕食だ」
 フリートは、しぶしぶ立ちあがった。
「明かりはいらない——明かりなんて、つけることないよ。ここのほうが、ずっといい。野外で食おう。ステーキがいいな——生焼けの肉のね。骨つきの、血のしたたるような肉がいい」
 インド北部の冬の夜は、凍りつくほど寒いのだ。野外で食事をするなんて、とんでもない話だった。

   ラドヤード・キップリング=作 矢野浩三郎=訳「獣のしるし」
   W・W・ジェイコブズ〔ほか〕=作
   『猿の手』恐怖と怪奇名作集4(全10巻)
   岩崎書店 1998/12 所収
   [原文にあるルビは省略しました - tomoki y.]
 
 
(2) 椋田 1989
「さあ、立てよ、フリート。こんなところにいたら、風邪(かぜ)をひく。晩(ばん)めしだ。ランプをつけよう。今日は家で食事だ」
 フリートはしぶしぶ立ちあがって、言った。
「ランプはいらないよ。ここのほうが気持ちがいい。外で食べようぜ。ステーキをたらふくな。血のしたたる、歯ごたえのあるやつを、なま焼けでたらふく食うんだ」
 インド北部の十二月といえば、なみたいていの寒さではない。外で食事をするなど、正気のさたではなかった。

   ラドヤード・キプリング=作 椋田直子=訳「けものの印」
   江河徹(えがわ・とおる)=編
   『奇妙な動物の話』幻想文学館3 くもん出版 1989/08 所収
 
 
(3) 竹生 1986
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   ラドヤード・キップリング=著 竹生淑子(ちくぶ・よしこ)=訳
   「魔獣のしるし」
   ロッド・サーリング=選 ジョー・L・ヘンズリー〔ほか〕=著
   『魔女・魔道士・魔狼』ソノラマ文庫 海外シリーズ33
   朝日ソノラマ 1986/11 所収

   原書:
   Triple W: Witches, Warlocks and Werewolves
   Edited by Rod Serling (1924-)
   Written by Joe L. Hensley (1926-), et al.
   First published by Bantam Books, 1963.
 
 
(4) 伊藤 1985
「おい、フリート、立てよ。そんなところにいては病気になる。なかへはいって、食事にしよう。まずランプをつけて、今夜はみんなして家で晩餐ということにしよう。」
 フリートはしぶしぶ立ちあがりながら——「ランプはいらん——ランプは。ここのほうがずっと気持がいい。戸外(そと)で食事にしよう。もっと厚切り(チョップ)をたべよう——生焼けのを、たらふく——筋(すじ)の柔らかくて血のたれるやつを。」
 北インドの十二月の晩といえば、戸外の寒さは身にしみる。フリートの提案はどうみても気狂いじみていた。

   ラドヤード・キプリング=作 伊藤欣二=訳「獣の印」
   由良君美(ゆら・きみよし)=編
   『イギリス幻想小説傑作集』白水Uブックス 1985/10 所収
 
 
(5) 橋本 1980
「おい、フリート、立てよ。ここにいると熱を出すぞ。家に入って夕食をたべよう、明りをつけさせてな。さあ、みんなで家で夕食だ」
 フリートはしぶしぶ立ち上がって言った。
「ランプはごめんだ。ここのほうがずっといい。ここで夕食をしよう。もっと肉を食べるんだ。生焼けの軟骨のある血のしたたるようなやつを」
 北部インドのこの時節の夕方は肌を刺すように寒い。フリートの提案は気ちがいじみていた。

   R・キプリング=著 橋本槇矩(はしもと・まきのり)=訳「獣の印」
   『夜光死体—イギリス怪奇小説集
   旺文社文庫 1980/04 所収
 
 
(6) 三枝 1971
「さあ、フリート、たてよ。そんなところにいると、風邪ひいちゃうぞ。夕食にくれば、灯火(ランプ)をつけるよ。みんな、家で食事するんだ」
 フリートは、しぶしぶ起き上がっていった。「灯火なんていらない——灯火はいらない。ここのほうがずっといいや。外で食べようよ、もっと肉をね——肉をいっぱい、生焼きでね——軟骨のついた血のしたたるやつをね」
 ところで北部インドの十二月の晩というのは、きわめて寒いのだから、フリートの提案は、まったく気が狂っているとしかいいようがない。

   ラドヤード・キップリング=作 三枝裕士(さえぐさ・ゆうじ)=訳
   「獣の痕跡」
   『アンソロジー・恐怖と幻想3』月刊ペン社 1971/07 所収


■ロシア語訳 Translation into Russian

— Флит, а ну вставай.

Простудишься. Пошли, сядем за стол, зажжем лампы. Мы все обедаем дома. Флит нехотя поднялся и сказал:

— Не надо ламп... не надо. Здесь гораздо приятнее. Давайте обедать во дворе, поедим отбивных... побольше... с хрящами, с кровью.

Но январские вечера в северной Индии очень холодные, и предложение Флита было безумием.

   Редьярд Киплинг. Начертание зверя
   E-text at Вокруг Света


■ドイツ語訳 Translation into German

»Heda, Fleete! Steh auf, du holst dir das Fieber. Komm hinein zum Essen. Wir wollen Licht machen lassen; wir essen heute zu Hause.«

Fleete stand unwillig auf und knurrte: »Keine Lampen! Es ist viel schöner hier draußen. Essen wir doch hier! Mehr Koteletts – haufenweise, und – blutig und zäh!«

Ein Dezemberabend im Norden Indiens ist schneidend kalt, und der Vorschlag Fleetes war der eines Wahnsinnigen.

   Das Stigma des Tieres by Rudyard Kipling
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■スペイン語訳 Translation into Spanish

-Vamos, Fleete, levántate. Cogerás fiebre aquí fuera. Ven a cenar, y encendamos las luces. Cenaremos todos en casa.

Fleete se levantó de mala gana y dijo:

-Nada de lámparas... nada de lámparas. Es mucho mejor aquí. Cenemos en el exterior, y pidamos algunas chuletas más... muchas chuletas, y poco hechas... sangrientas y con cartílago.

Una noche de diciembre en el norte de la India es implacablemente fría, y la proposición de Fleete era la de un demente.

   La Marca de la Bestia by Rudyard Kipling
   E-text at El Espejo Gótico


■英語原文 The original text in English

'Here, Fleete, get up. You'll catch fever there. Come in to dinner and let's have the lamps lit. We'll all dine at home.'

Fleete stood up unwillingly, and said, 'No lamps - no lamps. It's much nicer here. Let's dine outside and have some more chops - lots of 'em and underdone - bloody ones with gristle.'

Now a December evening in Northern India is bitterly cold, and Fleete's suggestion was that of a maniac.

   The Mark of the Beast by Rudyard Kipling
   This story was first published in the Pioneer on 12 and 14 July
   1890, in the Pioneer Mail on 16 July and the New York Journal
   in July of the same year.
   It was collected in Life's Handicap in 1891.

   Recent paperback editions include:
   * The Mark of the Beast and Other Fantastical Tales
    Gollancz, 2007/01
   * The Mark of the Beast and Other Horror Tales
    Dover Horror Classics, 2000/12

   E-text at:
   * World Public Library Consortia
   * whitewolf.newcastle.edu.au
   * Kipling Society Homepage
   * east of the web
   * Bibliomania
 
 
■外部リンク External links

   * Rudyard Kipling - Wikipedia (1865-1936)
   * Rudyard Kipling - Wikiquote
   * ラドヤード・キップリング - Wikipedia (1865-1936)
   * ラドヤード・キップリング - 翻訳作品集成
 
 
■更新履歴 Change log

2012/08/26 ロシア語訳、ドイツ語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
2008/05/31 橋本槇矩=訳 1980/04 を追加しました。


< 1 The Mark of the Beast
< 1 獣のしるし/けものの印

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■VHS

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« Florence Nightingale (from Eminent Victorians) by Lytton Strachey (1) リットン・ストレイチー 「フローレンス・ナイチンゲール」(『ヴィクトリア朝偉人伝』より) (1) | Main | 募金/義援金/救援金/救援物資—ミャンマー/中国 Donations for Burma (Myanmar) and China »

Comments

lots of 'em and underdone - bloody ones with gristle.'

この台詞をどう訳すかが、訳文の面白さを決めますね。

ポイント1 lots of 'em and underdone の語感

ポイント2 beast らしい訳。

拙訳:

「明かりかよ。明かりなんていらねぇよ。ここで喰うのがいいんじゃねぇか。月明かりの下で肉を喰おうぜ。腹いっぺぇ火の通ってない奴をな。血の滴る奴を軟骨ごと齧り付こうじゃねえか。」

Posted by: 伊藤 龍樹 | Saturday, 17 May 2008 08:19 pm

なるほど。雰囲気が出てますね。上の引用は、どれも少し上品すぎますかね。書き込みありがとうございました。

Posted by: tomoki y. | Saturday, 17 May 2008 11:45 pm

Avoid shutting yourself from those who need to enable you to minted october 2013 printable the regulations on these refinancing options point out that a persons vision charged on these loans cannot exceed 30% for the bi weekly period.

Posted by: minted october 2013 printable | Saturday, 12 October 2013 08:09 pm

This website was... how do you say it? Relevant!! Finally I've found something that helped me. Kudos!

Posted by: tabletki na odchudzanie | Saturday, 19 October 2013 04:08 pm

彼は 今日 34 年 期限切れ あり 配信 プロモーション を正常に 管理、部 または部門。 ヘルプ 彼女のアイデンティティ 私 ために ウェンディ彼女を呼び出します。 いないする必要があります チェック アウト 特定 場所 どこあなた することができる 学ぶどのように 再生する サッカー。 場合する カクテル あまりにも多く、d はおそらく得る あなたの現在 白い歯 変色 !

Posted by: www.inflatableslide.org | Monday, 30 December 2013 09:13 am

Woah! I'm really loving the template/theme of this website. It's simple, yet effective. A lot of times it's very difficult to get that "perfect balance" between usability and appearance. I must say that you've done a very good job with this. In addition, the blog loads very quick for me on Chrome. Excellent Blog! google blog list

Posted by: google blog list | Tuesday, 31 December 2013 02:37 pm

I almost never leave responses, however i did some searching and wound up here The Mark of the Beast by Rudyard Kipling (2) キプリング「獣のしるし」「けものの印」「獣の痕跡」(2): tomokilog - うただひかるまだがすかる. And I actually do have 2 questions for you if you do not mind. Could it be only me or does it give the impression like a few of these responses look like written by brain dead individuals? :-P And, if you are writing on additional social sites, I'd like to follow anything fresh you have to post. Could you make a list of every one of all your shared pages like your twitter feed, Facebook page or linkedin profile?

Posted by: michael kors outlet online scam | Thursday, 02 January 2014 08:59 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Mark of the Beast by Rudyard Kipling (2) キプリング「獣のしるし」「けものの印」「獣の痕跡」(2):

« Florence Nightingale (from Eminent Victorians) by Lytton Strachey (1) リットン・ストレイチー 「フローレンス・ナイチンゲール」(『ヴィクトリア朝偉人伝』より) (1) | Main | 募金/義援金/救援金/救援物資—ミャンマー/中国 Donations for Burma (Myanmar) and China »