« The Leather Funnel by Arthur Conan Doyle (2) ドイル「革の漏斗(じょうご)」 (2) | Main | The Horror of the Heights by Arthur Conan Doyle ドイル 「大空の恐怖」 »

Wednesday, 18 June 2008

The Leather Funnel by Arthur Conan Doyle (3) ドイル「革の漏斗(じょうご)」 (3)

Left Medieval Justice: Cases and Laws in France, England and Germany, 500-1500 by Hunt Janin. McFarland & Company (2004)
Centre O Funil de Couro, an eBook by VirtualBooks (2004) ポルトガル語版
Right The Leather Funnel, an audio book (MP3) by One Voice Recordings (2006)

           ↓ Click to enlarge ↓

51g4fyhk6nl Leather_funnel_spanish Lg_sn5625
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 西崎 2004
「この行(くだり)を聞いてくれ」彼は言った。「十七世紀のフランス語で書かれている。けど、簡単に訳してみるよ。僕が謎を解いたか、解いてないか、きみ自身で判断してくれ。
『被告人はまず高等法院の判事室に連れて行かれ、それから裁判の行われる小塔に連れて行かれた。被告人に帰せられた罪状は父であるドリュー・ド・オーブレ閣下を殺害し、さらに兄であるふたりの人士も同様に殺害したというもので、ふたりの兄のうち、一名は政府の高官で、もう一名は議会の顧問だった。夫人自らがかくも忌まわしい行いに手を染めたのかどうか、俄には信じがたいところだった。夫人はごく穏和な外見で、小柄で、白い肌と青い目の持ち主だった。しかし有罪の判決を下した裁判官たちは夫人から共犯者の名前を引きだせるのではないかと考えて、夫人に通常の尋問および特別尋問を科することにした。そしてその後で被告人を荷馬車に乗せ、グレーヴ広場まで連れて行き、そこで首を斬り落とし、遺体を焼いて、その灰を空中に撒き散らすことを宣した』
 この箇所の日付は1676年の7月16日になっている」

   コナン・ドイル=著 西崎憲(にしざき・けん)=訳「革の漏斗」
   北原尚彦+西崎憲=編『ドイル傑作集2 北極星号の船長
   創元推理文庫 2004/12 所収 詳細は ここ
 
 
(2) 橋本 1980, 1990
「ちょっと聞いていてください。十七世紀のフランス語で書かれていますが、読みながらざっと訳していきますので、この謎が解けるかどうか自分で判断なさってください。『罪人は、実父であるパリの代理官ドリュ・ドブレ及び実兄である民事代官並びに議会法律顧問の、二人のドブレを殺害せる かど により、最高法院大審部並びに刑事裁判所に引出された。その容姿はかくも残虐なる罪を犯した女とはとても信じ難いものであった。たおやかな姿は小柄で色あくまで白く、碧い眼を持っていた。然るに法廷は彼の女を有罪と認めた。共犯者の所在を明らかにせんが為尋常及び特別訊問に付したる後、グレーヴ広場へ荷車で護送された。女は広場にて断首の後、屍体は火に焼かれその遺灰は風のなすままに委せられた』日付は1676年7月16日となっています」

   コナン・ドイル=著 橋本槙矩(はしもと・まきのり)=訳
   「革の漏斗(かわのじょうご)」
   2a.猫は跳ぶ—イギリス怪奇傑作集』福武文庫 1990/07 所収
   2b.夜光死体—イギリス怪奇小説集』旺文社文庫 1980/04 所収
 
 
(3) 延原 1960, 2007
「ちょっとこれをお聞きください。十七世紀のフランスの本ですが、読みながら訳してゆきますから、夢の謎が解けるかどうか、判断はあなたにおまかせします」
『……囚人は議会の大広間なる法廷に引きたてられたり。罪過は実父ドルー・ドブレならびに実兄たる二人のドブレ、その一人は陸軍中尉(ちゅうい)にして他の一人は議会顧問たるを殺害なしたるかどにyる。見るからに彼女が真にかかる大罪を犯したりとは信じがたし。容姿端麗にして矮小(わいしょう)、色白く眼光青ければなり。しかも法廷は彼女の犯行の動かしがたきを看破、普通尋問のほか、共犯者名を自白することもやあると特別訊問を行ないたる後グレーヴ広場へと押送(おうそう)したり。この地において斬首(ざんしゅ)したる後その遺骸(いがい)は焼きてその灰は風のままに飛散せしめらるるなり』
「この文章の記載は1676年7月16日です」

   コナン・ドイル=著 延原謙=訳「革の漏斗」
   3a.ドイル傑作集3 恐怖編』新潮文庫 改版 2007/08 所収
   3b.ドイル傑作集3 恐怖編』新潮文庫 1960/07 所収
   引用は 3a. に拠りました。
 
(1) (2) (3) のいずれも、文中の西暦年月日の漢数字を算用数字に置き換えました。
すなわち、一六七六年七月十六日 → 1676年7月16日
 
 
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

— Apenas escute    — disse ele. — Está escrito num francês do século dezessete, mas farei uma tradução aproximada. Você julgará por si mesmo se matei ou não a charada:

“A prisioneira foi conduzida à presença das Grand Chambers e Tournelles do Parlamento, em sessões de corte de justiça, acusada do assassinato do mestre Dreux d'Aubray, o pai dela, e de seus dois irmãos, os senhores d'Aubray, um deles tenente civil, e conselheiro do Parlamento o outro. Em pessoa, parecia difícil de acreditar que ela realmente tivesse cometido ações de tal perversidade, pois seu aspecto era meigo, e de baixa estatura, com uma pele bonita e olhos azuis. Entretanto, a Corte, tendo averiguado a sua culpa, condenou-a aos interrogatórios usual e extraordinário, de modo a obrigá-la a confessar os nomes de seus cúmplices, depois do que seria conduzida numa carreta até a Place de Grève, onde seria decapitada, sendo seu corpo posteriormente queimado e as cinzas jogadas aos ventos.

A data deste registro é de 16 julho de 1676.”

   O Funil de Couro by Arthur Conan Doyle
   Translated by Silveira de Souza
   E-text at Biblioteca Virtualbooks (pdf)
   Copyright (c) 2000/2003 Virtualbooks
 
 
■フランス語訳 Translation into French

— Ecoutez ceci, dit-il. C'est du français du dix-septième siècle. Je vous le traduis tant bien que mal. Vous jugerez si j'ai ou non déchiffr l'énigme.

《 La prisonnièe fut conduite par devant les Grand'Chambre et Tournelles du Parlement siégeant comme cour de justice,  l'effet d'y être interrogée sur le meurtre de M. Dreux d'Aubray son père, et de MM. d'Aubray ses frères, l'un conseiller au Parlement, l'autre lieutenant civil. Il semblait malais de croire qu'elle eût commis de tels forfaits,  voir sa petite taille, sa peau blanche et ses yeux bleus. Cependant, la Cour, l'ayant reconnue coupable, la condamna  la question ordinaire et extraordinaire, afin qu'elle désignât de force ses complices ; ensuite'de quoi elle serait portée en place de Grève, pour y être sa tête tranchée, son corps brûl et ses cendres jetées au vent. 》

Ceci est daté du 16 juillet 1676.

   L'Entonnoir de cuir by Arthur Conan Doyle
   E-text at Wikisource
 
 
■英語原文 The original text in English

"Just listen to this," said he; "it is in the French of the seventeenth century, but I will give a rough translation as I go. You will judge for yourself whether I have solved the riddle or not.

"`The prisoner was brought before the Grand Chambers and Tournelles of Parliament, sitting as a court of justice, charged with the murder of Master Dreux d'Aubray, her father, and of her two brothers, MM. d'Aubray, one being civil lieutenant, and the other a counsellor of Parliament. In person it seemed hard to believe that she had really done such wicked deeds, for she was of a mild appearance, and of short stature, with a fair skin and blue eyes. Yet the Court, having found her guilty, condemned her to the ordinary and to the extraordinary question in order that she might be forced to name her accomplices, after which she should be carried in a cart to the Place de Greve, there to have her head cut off, her body being afterwards burned and her ashes scattered to the winds.'

"The date of this entry is July 16, 1676."

   The Leather Funnel by Arthur Conan Doyle
   Tales of Terror and Mystery (1925)

   Recent paperback editions include:
   * The Leather Funnel, and The Great Keinplatz Experiment
    Dodo Press, 2008/04
   * Tales of Terror and Mystery
    Book Jungle, 2007/09

   E-text at:
   * Project Gutenberg Australia
   * The Literature Page
   * HorrorMasters.com (pdf)
   * Project Gutenberg
   * east of the web
   * Wikisource
 
 
■法律用語その他の訳について
 On Japanese equivalents of legal and other terms

a) The Grand Chambers and Tournelles of Parliament
   高等法院の判事室(……)それから裁判の行われる小塔  西崎 2004
   最高法院大審部  並びに  刑事裁判所        橋本 1980, 1990
   議会の大広間なる法廷   (訳出なし?)       延原 1960, 2007

フランス革命以前のフランスにおける Parliament (原語綴りだと Parlement) とは、今日でいうところの国会や議会のような立法機関ではなく、司法機関つまり裁判所だったようです。この意味での Parliament に「高等法院」という訳語をあてている辞書もあります。

Tournelles については、よく知りませんが、刑事事件を扱う裁判所であったことは、まちがいないようです。つぎのような説明をしている本があります:

   The Chambre de la Tournelles (the "tower chamber," so called
   because it was located in a turret of the palace) handled
   criminal matters.

出典:
Medieval Justice: Cases and Laws in France, England and Germany, 500-1500, by Hunt Janin.
Published by McFarland, 2004. ISBN: 0786418419
Sample page at Google Book Search

総じてこれら裁判所関連用語については、定訳があるのかどうか知りませんが、橋本訳がいちばん正解に近そうです。
 
 
b) sitting as a court of justice
この "sit" は「(裁判所が)開廷する」という意味の自動詞。主語は the prisoner(刑事)被告人ではありません。
 
 
c) Master Dreux d'Aubray, her father
Master が何を意味するのかは、よくわかりません。
   父であるドリュー・ド・オーブレ閣下   西崎 2004
   実父であるパリの代理官ドリュ・ドブレ  橋本 1980, 1990
   実父ドルー・ドブレ           延原 1960, 2007
 
 
d) civil lieutenant
どういう役職か知りませんが、陸軍中尉というのは、たぶん誤訳だと思います。
   政府の高官  西崎 2004
   民事代官   橋本 1980, 1990
   陸軍中尉   延原 1960, 2007
 
 
e) a counsellor of Parliament
この役職名も、よく知りません。
   議会の顧問   西崎 2004
   議会法律顧問  橋本 1980, 1990
   議会顧問    延原 1960, 2007
 
 
f) after which she should be carried in a cart (...)
   被告人を荷馬車に乗せ(……)その灰を空中に撒き散らすことを宣した。
                            西崎 2004
   グレーヴ広場へ荷車で(……)その遺灰は風のなすままに委せられた。
                            橋本 1980, 1990
   グレーヴ広場へと(……)その灰は風のままに飛散せしめらるるなり
                            延原 1960, 2007
「灰をまき散らす」という最後の部分までが、判決の内容です。実際に処刑が行なわれたことを、すでに発生した過去の事実として振りかえって描写しているのではありません。この点を正しく訳しているのは、3つの訳のうち、西崎訳だけ。
 
 
■外部リンク External links

   * Arthur Conan Doyle - Wikipedia (1859-1930)
   * Arthur Conan Doyle - Wikisource
   * アーサー・コナン・ドイル - 翻訳作品集成
 
 
■更新履歴 Change log

2008/06/19
けさ、このページを公開した際、スペイン語訳として挙げていた文章は、じつはポルトガル語訳でした(だいぶボケてます;苦笑)。おわびして訂正いたします。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ 翻訳ブログ人気ランキング参加中

  

|

« The Leather Funnel by Arthur Conan Doyle (2) ドイル「革の漏斗(じょうご)」 (2) | Main | The Horror of the Heights by Arthur Conan Doyle ドイル 「大空の恐怖」 »

Comments

Hey Nolan, really?

Posted by: insurance adjusters quebec | Monday, 29 November 2010 at 06:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/41510580

Listed below are links to weblogs that reference The Leather Funnel by Arthur Conan Doyle (3) ドイル「革の漏斗(じょうご)」 (3):

« The Leather Funnel by Arthur Conan Doyle (2) ドイル「革の漏斗(じょうご)」 (2) | Main | The Horror of the Heights by Arthur Conan Doyle ドイル 「大空の恐怖」 »