« John Keats' Negative Capability キーツのネガティブ・ケイパビリティ | Main | The Apparition of Mrs Veal by Daniel Defoe デフォー 「ヴィールの亡霊」「ミセス・ヴィールの幽霊」「ヴィール夫人の亡霊」 »

Saturday, 07 June 2008

Florence Nightingale (from Eminent Victorians) by Lytton Strachey (2) リットン・ストレイチー 「フローレンス・ナイチンゲール」(『ヴィクトリア朝偉人伝』より) (2)

« 1 Florence Nightingale »
« 1 ナイチンゲール »

 Video 1 
BBCドラマ 「フローレンス・ナイチンゲール」 (2008) ポルトガル語字幕
BBC Drama: Florence Nightingale (2008) Subtitles in Portuguese

監督・脚本: ノーマンストーン 主演: ローラ・フレイザー BBC1 drama: Florence Nightingale, written and directed by Norman Stone, starring Laura Fraser. UK broadcast: 31 May-6 June 2008.

ナイチンゲールは「クリミアの天使」などではなかった。戦地で兵士たちの命を救ったというのは事実ではない。むしろ、彼女の誤った判断は、多くの人命を奪ってしまったのだ!——「ランプの貴婦人」の真相を探るテレビドラマ番組。


■BBCドラマは盗作? A historian accuses the BBC drama of plagiarism
Florencenightingal_346377a
Image source: Times Online

ナイチンゲールの伝記(下の c.)の著者である歴史家ヒュー・スモール (Hugh Small) 氏は、このBBCドラマが彼の本からの剽窃であるとしてBBCを非難した。その詳細を伝えるニュース記事が、下のリンク先。


 Video 2 
TV Florence Nightingale (1985)

監督: ダリル・デューク 出演: ジャクリーン・スミス(ナイチンゲール役)、クレア・ブルーム、ティモシー・ダルトン Directed by Daryl Duke. Starring Jaclyn Smith (as Florence Nightingale), Claire Bloom (as Fanny Nightingale), Timothy Dalton (as Richard Milnes).


 Video 3 
TV The Lady with the Lamp (1951) Trailer. Dubbed in German

監督: ハーバート・ウィルコックス 出演: アンナ・ニーグル(ナイチンゲール役)、マイケル・ワイルディング(シドニー・ハーバート役)Directed by Herbert Wilcox. Starring Anna Neagle (as Florence Nightingale), Michael Wilding (as Sidney Herbert).


 Video 4 
白衣の天使 (1936) 予告編 The White Angel (1936) - Original Trailer

監督: ウィリアム・ディターレ 出演: ケイ・フランシス、イアン・ハンター Directed by William Dieterle. Starring Kay Francis (Florence 'Flo' Nightingale), Ian Hunter (Reporter Fuller of the London Times ).


 Book covers 
ナイチンゲールの生涯をあつかった本
Books related to the life of Florence Nightingale

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 41pppu2bbql b. 512egz1v2xl_2 c. 5106fkgk0zl

   b. は c. の日本語訳。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 中野 2008
しかし、公的な場で仕事をするために必要なものが、ナイチンゲールには一つだけ欠けていた。成功した政治家に与えられる公的権力と権威を彼女は持っていなかったし、女性である彼女は絶対に持つことはできなかった。(……)

女性が自分の目的を達成するためには、男性の力を借りなければならないのである。そこで彼女は、シドニー・ハーバートをしっかりと掴まえ、教え、仕込み、吸収し、徹底的に支配した。彼は抵抗しなかったし、抵抗したいとも思わなかった。公共の利益のために身を捧げたいという、彼の生まれながらの性格は、ナイチンゲールと同じ道を歩んでいた。そして彼女の恐るべき個性が、すさまじい速度と容赦ない歩幅で、彼を前へ前へと駆り立てたのである。駆り立てた? 一体どこへ? ああ! なぜミス・ナイチンゲールと知り合ってしまったのだろう!

   リットン・ストレイチー=著 中野康司(なかの・こうじ)=訳
   「フローレンス・ナイチンゲール」
   『ヴィクトリア朝偉人伝』 みすず書房 2008/02 所収


(J2) 橋口 1993
公の場所で生きる上での資格として、ミス・ナイティンゲールには、一つだけ欠けているものがあった。成功した政治家が持つ権威と権力が、彼女にはなかった。どうあがいても、それは持てぬものであった。

(……)女性がその意志を実現させるのは、男性の手を通してでなくてはならなかった。

彼女は彼をつかんだ。教えた。思うようにつくり上げ、吸収した。徹底的に支配した。彼は抵抗しなかった。抵抗しようとは望まなかった。

生まれながらの彼の気質も、彼女の気質と同じ道を選んでいた。ただし、彼女の恐ろしい個性が、彼女独得の物凄い速さで、容赦なく大股に、彼を前へ前へと駆り立ててしまったのである、彼をどこへ駆り立てたのか? ああ! なぜミス・ナイティンゲールと知り合ってしまったのか!

   リットン・ストレイチー=著 橋口稔(はしぐち・みのる)=訳
   『ナイティンゲール伝 他一篇』 岩波文庫 1993/11 所収


(J3) 日高 1952, 1966
ナイチンゲールが公的生活に乘り出すのに、たつたひとつ缺けたものがあつた。彼女は、政治的成功ををさめるのに必要な、公的なちからと權威とをもつてゐなかつた——女はけつしてもつことができなかつた。(……)

女性がおのれの意志どほりにやらせるのは、男性の手によらねばならぬ。彼女は彼をとらへ、をしへ形づくり吸収し、どこまでも彼を支配する。彼はこばまなかつた、こばまうとさへしなかつた。うまれながらの氣質は、彼女とおなし方向にむいてゐた。ただ、かのおそるべき個性が、もちまへの猛烈な脚の速さと情容赦のない歩幅とで、彼をまへのはうへひきずつていつたのだ。ひきずつて? どこへ? ああ! なぜ彼は、ナイチンゲールなどと知りあつたのか。

   3a. リットン・ストレチー=著 日高直矢=訳 「ナイチンゲールの生涯」
      角川書店編集部=編 『世界の人間像22 ヴィクトリア朝時代の秀れた人々
      角川書店 1966 所収
   3b. ストレイチ=著 日高直矢=訳 「フローレンス・ナイチンゲール」
      『ヴィクトリア朝時代の秀れた人々』福村書店 1952/09 所収
   引用は 3b. に拠りました。原文にはない改行を1か所追加しました。


(J4) 岩崎 1939
ナイティンゲールが公的生活に必要なもので缺いてゐたものが唯一つあつた――彼女は政治家の成功に必要な公的の力と權威をもつてゐなかつた、又決して持ち得なかつた。(……)

彼女は男性を通じて意志を實行せねばならなかつた。彼女は徹底的に彼を捉へ、敎へ、形態を與へ、吸收し、支配した。彼は反抗しなかつた、又しようと願ひもしなかつた。彼の生れながらの氣質は彼女と同じ方向に向いてゐた。唯彼女の強烈な人格の方が、彼女自身のはげしい歩調と彼女自身の假借せぬ大股で、ぐん/\彼をひきずつて行つたのであつた。ひきずつて行つたのは、一體どこへ? あゝ! 彼がナイティンゲールを知つたのは何たる因果であつたらう。

   リツトン・ストレーチイ=著 岩崎民平(いわさき・たみへい)=譯
   『ナイティンゲール評傳
   實業之日本社 定價八○錢 1939/11/06(昭和14)


■イタリア語訳 Translation into Italian

   Eminenti Vittoriani: Il Cardinale Manning; Florence Nightingale;
   Il Dr. Arnold; Il Generale Gordon by Lytton Strachey.
   Translated by Maria Teresa Pieraccini.
   * Milano: Rizzoli, 1988, ISBN 88-17-16651-0
   * Milano: Rizzoli, 1973.


■フランス語訳 Translation into French

   Victoriens éminents by Lytton Strachey
   Paperback: Gallimard, 1980/10


■英語原文 The original text in English

There was one thing only which Miss Nightingale lacked in her equipment for public life; she had not--she never could have--the public power and authority which belonged to the successful politician.

(...) it was through the man that the woman must work her will. She took hold of him, taught him, shaped him, absorbed him, dominated him through and through. He did not resist--he did not wish to resist; his natural inclination lay along the same path as hers; only that terrific personality swept him forward at her own fierce pace and with her own relentless stride. Swept him--where to? Ah! Why had he ever known Miss Nightingale?

   Florence Nightingale
   in Eminent Victorians by Lytton Strachey
   First published by London: Chatto & Windus, 1918
   Paperback: Penguin Twentieth-Century Classics,
   Penguin USA, 1987/05
   E-text at Project Gutenberg
   [The line break in the text has been added by tomoki y.]


■ナイチンゲールの本性? The true character of Miss Nightingale?

英語に dominatrix という単語があります。いわゆるSMプレイにおけるSの女性のこと。リットン・ストレイチーは、そのような露骨な表現は用いていません。けれども、彼がその著書 "Eminent Victorians" で言っていることは、要するにナイチンゲールはサド的な「女王様」キャラだったということです。

彼女はイギリスの上流階級に生まれ育ち、その財産とコネクションをフルに活用して、有力な男たちをこき使って自己の目的を達成しました。男たちのなかには、彼女にこき使われることに快楽を覚える者もおりました。ナイチンゲールの書簡集[1]を編纂した Martha Vicinus 氏によれば、彼女は「ジャンヌ・ダルクとマーガレット・サッチャーを合わせたような」人物だったとのことです[2]。

大人になってから、大人向けに書かれた評伝を読んでみると、小学生向きの伝記には、けっして書かれていなかった偉人の人格や人間性の本質を発見することができて、興味深いです。

   [1] Ever Yours, Florence Nightingale: Selected Letters
     edited by Martha Vicinus, Harvard University Press, 1990/07
   [2] Light shed on the Lady of the Lamp
     The Sunday Herald, 2001/07/15, by Trevor Royle


 Map 1 
トルコ、スクタリ(現・イスタンブール郊外ウスキュダル)
Uskudar_map
Image source: World Atlas - MSN Encarta


スクタリ/スキュタリは、現在のウスキュダル/ユスキュダル/ウスクダル。江利チエミに『ウスクダラ』という歌があったそうです。ここに、クリミア戦争当時、イギリス軍の野戦病院がありました。「ナイチンゲールは1854年11月4日、ボスポラス海峡のアジア側にある、コンスタンチノープル近郊のスクタリに到着した」(上掲・中野康司=訳 2008/02 による)。


 Map 2 
ロンドン、メイフェア、サウス・ストリート10番地
10 South Street, Mayfair, London W1
South_st_mayfair_london_w1
Click here to enlarge. Aerial photo. Image source: Streetmap.co.uk

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

10_south_street_london_w1_6
Image source: Google Earth

ナイチンゲールが後半生を過ごし、亡くなった場所。ロンドンの中心部近くの超高級住宅街メイフェア地区にあります。


■ナイチンゲールのブルー・プラーク Florence Nightingale's Blue Plaque

41ghx5p42tl上記アドレスの家は、ナイチンゲールの死後20年ちかくを経た1929年に取り壊されました。跡地に今では別のビルが建っています。けれども、その外壁には、彼女を記念する ブルー・プラーク が設置されています。写真を下の joeyizzy さんのブログで見ることができます。

You can have a close look at Florence Nightingale's blue plaque at the following blog page. Many thanks, joeyizzy!  :-)
   
   Florence Nightingale's Blue Plaque
   Blue Plaque London, 2008/01/23
   a blog written by joeyizzy.
 
Right Cover photo of The London Blue Plaque Guide by Nick Rennison. Sutton Publishing Ltd, 1999/10


 Map 3 
ナイチンゲール博物館(ロンドン)
The Florence Nightingale Museum, London
Florence_nightingale_museum
Click here to enlarge. Aerial photo. Image source: Streetmap.co.uk

             ↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
Nightingale_museum_2
Image source: Google Earth 
 
テムズ川をはさんで、ちょうどビッグ・ベンの真向かいの辺にあります。


■著者名の日本語表記の異同
 Variation of the author's name transliterated into Japanese

  • ストレーチイ …… 岩崎 1939
  • ストレイチー …… 中野 2008
  • ストレイチー …… 橋口 1993
  • ストレイチ ……… 日高 1952
  • ストレチー ……… 日高 1966

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/05/06 つぎの3本の YouTube 動画を追加しました。
    1. TV Florence Nightingale (1985)
    2. TV The Lady with the Lamp (1951) 予告編
    3. 白衣の天使 (1936) 予告編
  • 2010/07/13 BBCドラマ「フローレンス・ナイチンゲール」(2008) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/10/15 岩崎民平=譯 1939/11/06 を追加しました。また、「著者名の日本語表記の異同」の項を新設しました。
  • 2008/06/22 「ナイチンゲールのブルー・プラーク」の項を新設しました。

 

« 1 Florence Nightingale »
« 1 ナイチンゲール »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Lytton Strachey

(2) Florence Nightingale

■和書 Books in Japanese
(1) リットン・ストレイチー

(2) フローレンス・ナイチンゲール

  

|

« John Keats' Negative Capability キーツのネガティブ・ケイパビリティ | Main | The Apparition of Mrs Veal by Daniel Defoe デフォー 「ヴィールの亡霊」「ミセス・ヴィールの幽霊」「ヴィール夫人の亡霊」 »

Comments

Plrase let mme know iff you're looking for a author for your weblog. You have some really great posts and I feel I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I'd absolutely lopve to write some content for your blog inn exchange for a link bacfk to mine. Please shoot me an e-mail if interested. Cheers!

Posted by: swing sets | Friday, 27 September 2013 01:18 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Florence Nightingale (from Eminent Victorians) by Lytton Strachey (2) リットン・ストレイチー 「フローレンス・ナイチンゲール」(『ヴィクトリア朝偉人伝』より) (2):

« John Keats' Negative Capability キーツのネガティブ・ケイパビリティ | Main | The Apparition of Mrs Veal by Daniel Defoe デフォー 「ヴィールの亡霊」「ミセス・ヴィールの幽霊」「ヴィール夫人の亡霊」 »