« The Story of the Late Mr Elvesham by H. G. Wells (3) H・G・ウェルズ 「亡きエルヴシャム氏の物語」「故エルヴィシャム氏の物語」(3) | Main | The Truth of the Counter-Revolutionary Rebellion in Beijing by the Propaganda Department of the Beijing City Communist Party 中国共産党北京市委員会宣伝部「北京で発生した反革命暴乱の真相」 »

Saturday, 28 June 2008

The Romance of Certain Old Clothes by Henry James ヘンリー・ジェイムズ 「古衣装の物語」「古衣裳のロマンス」「古い衣裳のロマンス」「ある古衣の物語」

■はじめに Introduction

The Romance of Certain Old Clothes は、アメリカの作家ヘンリー・ジェイムズが1868年に書いた短編小説。初出はアトランティック・マンスリー誌 第21巻第124号。1885年に英国で出版される際に、ジェイムズは登場人物の名前の変更などいくつかの改訂を行った。


 Video 
ヘンリー・ジェイムズの生涯 The Life of Henry James

Uploaded to YouTube by xYuKaRiBaByx on 23 May 2010


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 51dba7g9v7l b. 51tyvvq4yfl c. 710sw8a1e5l

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 南條+坂本 2005
彼女の心に最後まで残っている感情は疑いの念だった。自分が苦痛にあえいでいるとき、ロザリンドと一緒にいたと夫に言われたショックから、まだ立ち直っていなかった。彼女は夫を愛しているのと同じくらい信頼していたが、永久(とわ)の旅路につこうとする今、姉に対して冷たい恐怖感をおぼえた。ロザリンドが自分の幸運をずっと妬(ねた)んでいることを、彼女は心の底に感じていた。つつがなく過ぎた幸福な一年も、あの時の姉の姿——自分の婚礼衣装を着て、かりそめの勝利の微笑(えみ)を浮かべた顔を脳裏から拭い去ってはくれなかった。

  • ヘンリー・ジェイムズ=著 南條竹則+坂本あおい=訳 「古衣装の物語(ロマンス)」 『ねじの回転—心霊小説傑作選』 創元推理文庫 2005/04 この本の詳細は ここ
  • ジェイムズは1868年に初稿が出たあと、二度書き改めました。この訳の底本はその最終稿です。

(J2) 鈴木 1989
彼女の胸の中にいまだに燻(くすぶ)っている最後の感情は疑いの気持ちであった。彼女はアーサーから受けたあのショックからまだ立ち直っていなかった。すなわち、彼女が陣痛で苦しみもがいていたそのさなか、彼がロザリンドといっしょにいたと、夫が話して聞かせたことであった。彼女は夫を愛しているのとほとんど同じくらい夫を信じてもいた。しかし永久に別れを告げなければならない今となって、姉のことはぞっとして冷たい恐怖を感じた。彼女は心底から、ロザリンドは自分の幸運をいつまでも妬(ねた)んでやまなかったのだと思った。そしてしあわせで安らかであった一年の月日も、自分の結婚衣裳を着飾って、そしていつわりの勝利感で微笑を装っていた若い姉の面影を打ち消してはいなかったのだとも思った。

  • ヘンリー・ジェームズ=著 鈴木武雄=訳 「古衣裳のロマンス」 荒俣宏=編 『アメリカ怪談集』 河出文庫 1989/05

(J3) 仁木 1985
この場におよんでもまだ彼女の心にひっかかっている感情は疑いの気持ちであった。彼女は、自分が陣痛に苦しんでいる間、アーサーがヴィオラと一緒にいたと聞かされたそのショックから立ち直っていなかったのだ。彼女は夫を愛していると同時に、またそれに劣らないくらい信じていた。しかし、永遠に別れなければならない今となっては、彼女は姉に凍るようなぞっとした恐怖をおぼえた。彼女は心の中で、ヴィオラが自分の幸福をねたんでやまなかったと思った。何事もなく幸福な一年間が、ウェディング・ドレスをまとい、いつわりの勝利に微笑んでいる若い姉の面影をかき消してはいなかったのだ。


(J4) 橋本 1980, 1990
彼女の胸にわだかまっている最後の感情は疑いであった。彼女が陣痛の苦しみを味わっている時にロザリンドと一緒にいたと、夫の口から聞かされた時のショックがまだ残っていた。彼女の夫に対する信頼は愛情と同じくらい深いものだったが、永久に神に召されてゆこうとしている現在(いま)、彼女は姉に対し冷たい恐怖を感じた。姉は自分の幸運を妬(ねた)み続けているという気がパーディタの心の奥深くにあった。幸せな結婚をして一年たった今でも、彼女のウェディング・ドレスをこっそり着て、偽わりの勝ち誇ったような微笑(えみ)をうかべていたロザリンドの姿は決して忘れられなかった。


■イタリア語訳 Translation into Italian

L'ultimo sentimento che indugiava nel suo cuore era di sospetto. Non era riuscita a riprendersi dal colpo infertole da Arthur quando egli le aveva detto che nell'ora del suo travaglio era stato con Rosalind. Aveva fede nel marito quasi pari all'amore che gli portava; ma ora, sul punto di scomparire per sempre, provava nei confronti della sorella un senso di gelido terrore. Intuiva nell'intimo che Rosalind non aveva mai cessato d'invidiarle la sua buona sorte; un anno di serena sicurezza non aveva cancellato in lei l'immagine della fanciulla ornata dei suoi paramenti nuziali, sorridente di finto trionfo.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

El postrer sentimiento que anidaba en su corazón era de desconfianza. No se había recobrado de la conmoción que Arthur le había producido al enterarla de que en el instante de su tormento él había estado con Viola. Confiaba en su marido casi tanto como lo amaba; pero ahora que iba a abandonar este mundo para siempre, su hermana le inspiraba un escalofriante horror. En el fondo sabía que Viola nunca había dejado de envidiarle su buena suerte; y un año de feliz seguridad no había borrado la imagen de la joven ataviada con sus galas nupciales y sonriendo con imaginado triunfo.

  • La leyenda de ciertas ropas antiguas by Henry James
  • E-text at Ciudad Seva

 Audio 
英語原文のオーディオブック 朗読: チキト・クラスト
Audiobook in English read by Chiquito Crasto

下の引用箇所の朗読は 27:57 から始まります。 Uploaded to YouTube by freeaudiobooks84 on 2 Oct 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 27:57.


■英語原文 The original text in English

The last feeling which lingered in her heart was one of suspicion. She had not recovered from the shock which Arthur had given her by telling her that in the hour of her agony he had been with Rosalind. She trusted her husband very nearly as well as she loved him; but now that she was called away for ever she felt a cold horror of her sister. She felt in her soul that Rosalind had never ceased to be jealous of her good fortune; and a year of happy security had not effaced the young girl's image, dressed in her wedding-garments, and smiling with simulated triumph.

  • The Romance of Certain Old Clothes by Henry James
    First published in The Atlantic Monthly, February 1868.

■英語原文の書誌情報 Bibliography on the original text in English


■表記/訳題の異同 Variations of translation and transliteration

  • 著者名:James
      ジェイムズ………………………南條+坂本 2005
      ジェイムズ………………………仁木 1985
      ジェイムズ………………………橋本 1980, 1990
      ジェームズ………………………鈴木 1989
  • 表題:The Romance of Certain Old Clothes
      ある古衣の物語…………………橋本 1980, 1990
      古い衣裳のロマンス……………仁木 1985
      古衣裳のロマンス………………鈴木 1989
      古衣装の物語(ロマンス)……南條+坂本 2005

  古 vs 古い, 衣裳 vs 衣装, 物語 vs ロマンス


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/05/23 「はじめに」の項を新設し、英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/08/26 イタリア語訳とスペイン語訳を追加しました。
  • 2011/11/28 YouTube 動画 "Henry James" を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  

|

« The Story of the Late Mr Elvesham by H. G. Wells (3) H・G・ウェルズ 「亡きエルヴシャム氏の物語」「故エルヴィシャム氏の物語」(3) | Main | The Truth of the Counter-Revolutionary Rebellion in Beijing by the Propaganda Department of the Beijing City Communist Party 中国共産党北京市委員会宣伝部「北京で発生した反革命暴乱の真相」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Romance of Certain Old Clothes by Henry James ヘンリー・ジェイムズ 「古衣装の物語」「古衣裳のロマンス」「古い衣裳のロマンス」「ある古衣の物語」:

« The Story of the Late Mr Elvesham by H. G. Wells (3) H・G・ウェルズ 「亡きエルヴシャム氏の物語」「故エルヴィシャム氏の物語」(3) | Main | The Truth of the Counter-Revolutionary Rebellion in Beijing by the Propaganda Department of the Beijing City Communist Party 中国共産党北京市委員会宣伝部「北京で発生した反革命暴乱の真相」 »