« Farewell, Godspeed edited by Cyrus M. Copeland サイラス・M・コープランド編 『友よ 弔辞という詩』 | Main | 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 (2) Night of the Milky Way Railway / Milky Way Railroad / Night Train to the Stars / Night on the Milky Way Train, by Kenji Miyazawa (2) »

Wednesday, 29 October 2008

An Inconvenient Truth by Al Gore vs How Not to Be Fooled by Erroneous Global Warming Claims by Syun-Ichi Akasofu アル・ゴア 『不都合な真実 ECO入門編』 vs 赤祖父俊一 『正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために』

■注意 Note

赤祖父氏の著書の英題 "How Not to Be Fooled by Erroneous Global Warming Claims" は、正式なものではありません。わたくしが勝手に訳してつけた仮題です。

The English title of Professor Akasofu's book: "How Not to Be Fooled by Erroeous Global Warming Claims" is not official. It is my tentative translation from Japanese.


■表紙画像 Cover photos

Left不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機』 ランダムハウス講談社 (2007)
Centre An Inconvenient Truth: The Crisis of Global Warming and What We Can Do About It (Young Adult Version). Bloomsbury Publishing PLC (2007)
Right正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために』 誠文堂新光社 (2008)

↓ Click to enlarge ↓

Al_gore_an_inconvenient_truth_eco  An_inconvenient_truth_ya_edition  Akasofu_chikyu_ondanka

   

■アル・ゴア氏の主張 Mr Al Gore's statement

科学者は、温暖化の原因についてはほぼ完全に合意しています。

カリフォルニア大学では、この10年間に出された温暖化に関する専門家による科学的な研究結果すべてに目を通し、大規模なサンプルをランダムに選び出しました。それを調べたところ、科学界の主流の認識と意見が相反する研究結果は1つもありませんでした。

  過去10年間に、論文審査を受けて
  科学の学術雑誌に発表された
  「地球温暖化」に関する論分数    928

  温暖化の原因を疑う論文の割合   0%

  ―――――――――――――――――― 

  過去14年間に一般向け新聞
  に掲載された温暖化に関する
  記事の数               3,543

  温暖化の原因を疑う記事の割合   53%

    以上、第14章 「真実を否定してはならない」 pp.160-161より

 

地球温暖化をめぐるありがちな10の誤解

誤解その1
「人間が地球の気候変動を引き起こしているのかどうかに関して、科学者の意見は一致していない」
                       ↓
実際には、科学的な意見は「人間の活動が地球の気候を変えている」ということでしっかり一致している。(……)

誤解その3
「気候とは、時の経過とともに自然に移り変わるものだ。だから、私たちが今見ている変化はどれも、自然の周期の一環にすぎない」
                       ↓
確かに気候は自然に変化するものである。(……)しかしそのような変化が起こった際の自然な二酸化炭素濃度の変動はどれも、私たちが現在引き起こしているものより小さい。(……)

     以上、「地球温暖化をめぐるありがちな10の誤解」 p.205より
 
 
■赤祖父俊一氏の主張 Mr Syun-Ichi Akasofu's statement

(……)現在進行中の温暖化の大部分(約六分の五)は地球の自然変動であり、人類活動により放出された炭酸ガスの温室効果によるのはわずか約六分の一程度である可能性が高い(……)。すなわち、現在進行している温暖化の六分の五は、「小氷河期」という比較的寒かった期間(1400~1800年)から地球が回復中のためである。寒い期間からの回復は当然温暖化であり、「小氷河期」は地球上で人類活動に無関係に進行する現象、すなわち自然変動である。

(……)地球温暖化問題はまだ(……)学問の初期段階であり、国際政治、政策に関与する段階ではない(……)。

(……)日本の現在の状態は 「米国前副大統領アル・ゴアを救世主として温暖化狂想曲で踊っており、報道はその調子を鼓舞して太鼓を叩いている」 とでも表現しようがない。

    以上、「はしがき」 p.12, pp.15-16より。太字は原文から。


世界最大の問題の一つは貧困である。裕福国と貧困国の差である。この問題を解決しない限り世界は不安定である(テロの発生源でもある)。したがって貧困こそ世界人類にとって将来の最大問題ではないのか。なぜこの現存する重大問題より不確定な温暖化問題に集中しなければならないのか。

    以上、「第七章 地球温暖化問題はどうしてこんな騒ぎになってしまったのか」
    p.158より


これからの日本にとって最も重要な問題は日本の将来を確固たるものにすることである。そのためには具体的にはまず将来のエネルギーと食糧を確保することである。(……)炭酸ガスの温室効果による温暖化は、世界にとっても、日本にとっても最重要、最緊急問題ではない。地球温暖化が本当の危機であるならこれは 贅沢な危機 である。優先順位を誤ってはいけない。なぜ日本がそんな問題で世界のリーダーとなりたいのか、わからない。

    以上、「第九章 日本はどうすればよいか」 p.171より
    太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


■出典 Sources

   アル・ゴア=著 枝廣淳子(えだひろ・じゅんこ)=訳
   『不都合な真実―地球温暖化の危機 ECO入門編
   ランダムハウス講談社 2007/06
   Adaptation of: An Inconvenient Truth by Al Gore, 2006

   赤祖父俊一(あかそふ・しゅんいち)=著
   『正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために
   成文堂新光社 2008/07

 

■外部リンク External links

 概説 General information
   * Global warming - Wikipedia
   * Climate change - Wikipedia
   * Kyoto Protocol - Wikipedia

 主張者と反対者 Advocates and opponents
   * Intergovernmental Panel on Climate Change - Wikipedia (IPCC)
   * Al Gore - Wikipedia (1948- )
   * Syun-Ichi Akasofu - Wikipedia (1930-  )

 議論 Discussions
   * Climate change: A guide for the perplexed
   * 地球温暖化問題懐疑論へのコメント


にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Re0new the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD
(1) Global warming

(2) 地球温暖化

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Global warming

(2) Climate change

(3) The Kyoto Protocol

■和書 Books in Japanese
(1) 地球温暖化

(2) 気候変動

(3) 京都議定書

■CD


  

|

« Farewell, Godspeed edited by Cyrus M. Copeland サイラス・M・コープランド編 『友よ 弔辞という詩』 | Main | 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 (2) Night of the Milky Way Railway / Milky Way Railroad / Night Train to the Stars / Night on the Milky Way Train, by Kenji Miyazawa (2) »

Comments

takes in By Dre headphones are the most recent design in ear mobile mobile mobile mobile mobile mobile phones technology. These top top top top top top top top high quality, stylish, top top top top high quality designed headphones offer awesome speaker design with managed interference cancellations and improving. Concentrating on songs like this will cause you to feel like you are in the studio room place area place place place place with the artists as they are recording. These over the ear headphones can offer you with seems to be that you have never heard in songs you think you noticed. The awesome Excellent Importance sound will attack you away! With many different headphones with various features and styles, the Exceeds By Dre headphones offer something for everyone. These top top top top top top top top high quality, over the ear headphones allow the viewers to experience high-definition songs to it's highest possible. Awesome, the starting proof white complete. Extreme comfort with awesome ear pillows made of ultra-soft, allow air through materials. Feature iPhone, Blackberry mobile mobile phones mobile mobile mobile mobile phones mobile mobile mobile mobile mobile phones mobile cellular mobile mobile mobile mobile mobile phones mobile cellular mobile mobile mobile mobile mobile phones and songs mobile mobile phone device capabilities, giving you the opportunity to stop wearing and start making recommendations to without losing a trip. These top top top top top top top top high quality, interference finishing headphones can transportation you to places far away with their awesome replication of songs. The light and the comfort of the on ear design create the Single your best option for a songs fan on the go. Smartphone capabilities along with Control Talk technology offer top top top top top top top top high quality, immediately calling. The headscarf is designed of a super versatile and durable material that eliminates splitting and splitting. You will be amazed at the sound top top top top top top top high quality coming from such a lightweight set of headphones.

Posted by: Neil | Friday, 25 October 2013 at 07:56 PM

The other day, while I was at work, my cousin stole my iphone and tested to see if it can survive a twenty five foot drop, just so she can be a youtube sensation. My iPad is now broken and she has 83 views. I know this is entirely off topic but I had to share it with someone!

Posted by: burnthefatfeedthemuscle-Review.blogspot.Com | Monday, 18 November 2013 at 06:39 AM

Hey

Posted by: michael kors bags outlet | Friday, 27 December 2013 at 04:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/42941950

Listed below are links to weblogs that reference An Inconvenient Truth by Al Gore vs How Not to Be Fooled by Erroneous Global Warming Claims by Syun-Ichi Akasofu アル・ゴア 『不都合な真実 ECO入門編』 vs 赤祖父俊一 『正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために』:

« Farewell, Godspeed edited by Cyrus M. Copeland サイラス・M・コープランド編 『友よ 弔辞という詩』 | Main | 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 (2) Night of the Milky Way Railway / Milky Way Railroad / Night Train to the Stars / Night on the Milky Way Train, by Kenji Miyazawa (2) »