« The Dirt on Clean: An Unsanitized History by Katherine Ashenburg キャスリン・アシェンバーグ 『図説 不潔の歴史』 | Main | Tokyo Underworld: The Fast Times and Hard Life of an American Gangster in Japan by Robert Whiting ロバート・ホワイティング 『東京アンダーワールド』 »

Sunday, 19 October 2008

What I Believe by E. M. Forster E・M・フォースター 「わたしの信じること」「私の信条」「わが信条」

■はじめに Introduction

イギリスの小説家E・M・フォースター (1879-1970) は、愛国心についてどう考えていたか? 国家と個人の関係をどう捉えていたか? 第二次世界大戦勃発の1年前、1938年7月に発表された文章。そのなかの、とりわけ有名な一節。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2008
個人的な仁義は、近頃では見下されている。そんなものはブルジョワ的ぜいたくであって、古き良き時代の遺物だというのだ。個人的仁義など捨て去って、かわりになにか社会的運動とか主義主張に献身しろ━━そう、われわれは追い立てられる。わたしは主義主張というのが好きになれない。もし祖国を裏切るか友達を裏切るかと二者択一をせまられたら、わたしは祖国を裏切るぐらい腹がすわった人間でありたいと思う。


(J2) 小野寺 1994
個人的人間関係は、今日では軽蔑されている。ブルジョワ的な贅沢であり、すでに過去になった幸福な時代の遺物だと見られて、そんなものは捨ててしまえ、それよりも何か政治的な運動とか主義に身を捧げろとせっつかれる。私は、この主義というのが嫌いで、国家を裏切るか友を裏切るかと迫られたときには、国家を裏切る勇気をもちたいと思う。

  • E・M・フォースター=著 小野寺健(おのでら・たけし)=訳 「私(わたし)の信条」 『民主主義に万歳二唱1』 E・M・フォースター著作集11 みすず書房 1994/07

(J3) 中野 1962
今日は人格的関係がいわば侮蔑の中にある。あるいはブルジョワ的贅沢の一つともみなされ、あるいはすでに過去となり終った快晴時の産物ともみなされ、われわれはむしろそれを棄て去って、その代わりになにか新しい運動、新しい主義に献身せよとさえ迫られている。私は一切の主義、一切の主張なる観念を嫌悪する。国を売ると、友を売ると、もし私がこの選択をせまられたとするならば、私はむしろ私に国を売る勇気のあることを望む。

  • フォースター=著 中野好夫(なかの・よしお)=訳 「わが信条」 河盛好蔵ほか=編 『世界人生論全集7』 筑摩書房 1962/12/25

(J4) その他の訳例
引用箇所の最後の一文については、以下のような訳例も見かけました(順不同):


■ロシア語訳(部分) Translation into Russian (fragment)

Если бы пришлось выбирать — предать мою страну или предать друга, надеюсь, я нашел бы мужество предать страну. [Omission].


■ドイツ語訳(部分) Translation into German (fragment)

Wenn ich zwischen meinem Land verraten und verraten mein Freund wählen Ich hoffe, dass ich den Mut, mein Land verraten haben. [Omission].


■イタリア語訳(部分) Translation into Italian (fragment)

Se dovessi scegliere tra il tradire il mio paese e tradire il mio amico, spero di avere il fegato di tradire il mio paese. [Omission].

  • What I Believe, in Two Cheers for Democracy  by Edward Morgan Forster
  • Quoted in Wikiquote

■ポルトガル語訳(部分) Translation into Portuguese (fragment)

Se eu tivesse de escolher entre trair a minha pátria e trair um amigo, esperaria ter a coragem necessária para trair a minha pátria.

  • Edward Morgan Forster
  • Quoted in kdfrases

■スペイン語訳 Translation into Spanish

Hoy en día se desdeñan las relaciones personales, se las concibe como lujos burgueses, como productos de una época de bonanza ya pasada, se nos urge a que las desechemos y en su lugar abracemos cierta causa o cierto movimiento. Yo aborrezco la mera idea de causa y si tuviera que elegir entre traicionar a mi país o traicionar a mi amigo, sólo espero tener las agallas para traicionar a mi país [Omission].


■英語原文 The original text in English

Personal relations are despised today. They are regarded as bourgeois luxuries, as products of a time of fair weather which is now past, and we are urged to get rid of them, and to dedicate ourselves to some movement or cause instead. I hate the idea of causes, and if I had to choose between betraying my country and betraying my friend I hope I should have the guts to betray my country.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-02-23 ロシア語訳(部分)、ドイツ語訳(部分)、イタリア語訳(部分)、およびポルトガル語訳(部分)を追加しました。
  • 2014-01-19 スペイン語訳を追加しました。
  • 2010-08-13 中野好夫=訳 1962/12/25 の訳文を挿入しました。
  • 2010-07-19 中野好夫=訳 1962/12/25 の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■CD


  

|

« The Dirt on Clean: An Unsanitized History by Katherine Ashenburg キャスリン・アシェンバーグ 『図説 不潔の歴史』 | Main | Tokyo Underworld: The Fast Times and Hard Life of an American Gangster in Japan by Robert Whiting ロバート・ホワイティング 『東京アンダーワールド』 »

Comments

Magnificent goods from you, man. I have bbe aware your stuff prior tto and yyou are simply tooo wonderful. I really like what you've acquired right here, really like what you are saying and the way in which during which you are saying it. You're making iit enjoyable andd youu continue tto take care of to stay it wise. I can nnot wait to learn faar more from you. Thaat is actually a wonderful web site.

Posted by: wireless bluetooth headphones | Thursday, 26 September 2013 07:15 pm

Amazing things here. I'm very satisfied to peer your post. Thanks so much and I'm looking forward to touch you. Will you kindly drop me a mail?

Posted by: minifour.org | Saturday, 16 November 2013 07:47 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference What I Believe by E. M. Forster E・M・フォースター 「わたしの信じること」「私の信条」「わが信条」:

« The Dirt on Clean: An Unsanitized History by Katherine Ashenburg キャスリン・アシェンバーグ 『図説 不潔の歴史』 | Main | Tokyo Underworld: The Fast Times and Hard Life of an American Gangster in Japan by Robert Whiting ロバート・ホワイティング 『東京アンダーワールド』 »