« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

Wednesday, 28 January 2009

Night Train to Babylon by Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ「バビロン行きの夜行列車」「夜汽車はバビロンへ」

■表紙画像 Cover photos

a.バビロン行きの夜行列車』角川春樹事務所 (1998)
b.夜汽車はバビロンへ EQMM90年代ベスト・ミステリー』扶桑社ミステリー (2000)
c. Driving Blind. Pocket Books (1998)
d. The Cutting Edge: Best and Brightest Mystery Writers of the 90s from Ellery Queen's Mystery Magazine. Carroll & Graf Publishing (1998)

↓ Click to enlarge ↓

a. Babylon_iki_no_yakouressha  b. Yogisha_wa_babylon_e

c. Driving_blind  d. The_cutting_edge_90s


■はじめに Introduction

ベテランの翻訳家による2種類の訳。初出はほとんど同時期。おなじ年で、ほんの数か月ちがい。読みくらべると、たがいに驚くほど似ている箇所と、微妙に異なる箇所、そして意外なまでに違っている箇所とがある。原書が読みこなせるに越したことはないけれど、翻訳ならではの、こうした読みくらべの楽しみというものもある。


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 金原+野沢 1998
 ジェームズ・クルーソーを乗せた夜行列車はシカゴを飛び出し、酔っ払いのように大きく左右に揺れながら走っていた。ラウンジカーの通路を、車掌がよろめきながら歩いてくると、バーのほうをちらっとみてからクルーソーに片目をつぶってみせ、通り過ぎていった。クルーソーは聞き耳をたてた。
 どよめきと叫びとどなり声。
 まるで大騒ぎしている羊の群れだ。もうじき毛を刈られて丸裸になってしまうというのに、そうとは知らずに浮かれている羊たち。そうでなきゃ、崖から飛び降りようとしてる翼のないハンググライダーか。

   レイ・ブラッドベリ=著
   金原瑞人(かねはら・みずひと)+野沢佳織(のざわ・かおり)=訳
   「バビロン行きの夜行列車」
   金原瑞人+野沢佳織=訳『バビロン行きの夜行列車
   角川春樹事務所 1998/10 所収

   原書:
   Driving Blind by Ray Bradbury


(2) 深町 1998, 2000
 ジェームズ・クルーソーは、列車のラウンジカーにいた。シカゴを出た夜汽車は、さながら酔いどれのように大きく傾いたり揺れたりしながら、一路驀進(ばくしん)をつづけていた。車掌がよろめきながら近づいてきて、ちらりとバーのほうへ目をやり、クルーソーに片目をつむってみせてから、またよろめきつつ歩み去った。クルーソーはなおも耳をすましていた。
 どっとあがる歓声、叫喚(きょうかん)、わめき声。
 そう、これがその音だ、とクルーソーは思った。狂乱した羊の群れの声――毛を刈られて丸裸になろうとしているのに、なにも知らずに騒いでいる羊たちの。あるいはまた、ハンググライダ-――翼も持たずに断崖(だんがい)のふちからとびだそうとしているハンググライダ-の音。

   レイ・ブラッドベリ=著 深町眞理子(ふかまち・まりこ)=訳「夜汽車はバビロンへ」
   2a. ジャネット・ハッチングズ=編 深町眞理子〔ほか〕=訳
      『夜汽車はバビロンへ EQMM90年代ベスト・ミステリー
     扶桑社ミステリー 2000/09 所収
   2b.EQ』1998年3月号収載
   2a.2b. を改稿したもの。引用は 2a. に拠りました。

   原書:
   The Cutting Edge: The Best and Brightest Mystery Writers of the 90s
   Edited by Janet Hutchings


■英語原文 The original text in English

James Cruesoe was in the club car of a train plummeting out of Chicago, rocking and swaying as if it were drunk, when the conductor, lurching by, glanced at the bar, gave Cruesoe a wink, and lurched on. Cruesoe listened.

Uproars, shouts and cries.

That is the sound, he thought, of sheep in panic, glad to be fleeced, or hang gliders, flung off cliffs with no wings.

   Night Train to Babylon
   from Driving Blind (1997) by Ray Bradbury
   Excerpt at:
   * Powell's Books
   * Amazon.co.jp
   * Amazon.com
   * Amazon.ca
   * Amazon.de
   * Amazon.fr
 
 
■外部リンク External links

 [en] English
   * Ray Bradbury official site
   * Driving Blind - Wikipedia
   * Ray Bradbury - Wikipedia (1920- 2012)

 [ja] 日本語
   * レイ・ブラッドベリ - Wikipedia (1920-2012)
   * レイ・ブラッドベリ - 翻訳作品集成


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Pedestrian by Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ / レイ・ブラドベリ「散歩」「歩く人」「孤独な散歩者」「歩行者」

 Video 1 
Ray Bradbury's The Pedestrian (2004) directed by Ian MacKenzie

Uploaded to YouTube by Fried Time on 11 Jun 2015


 Video 2 
TV 「夜間外出禁止令」 世紀末の恐怖 (1989) レイ・ブラッドベリ シリーズ 第3期第5話
TV The Pedestrian (1989) The Ray Bradbury Theater, Season 3, Episode 5

監督: アラン・ボリンジャー 出演: レイブラッドベリ、 デヴィッド・オグデン・スタイアーズ、グラント・ティリー Uploaded to YouTube by Vondur on 7 Aug 2009. Director: Alun Bollinger. Starring Ray Bradbury, David Ogden Stiers, Grant Tilly.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 佐柳 1984
 霧(きり)深い十一月の夜八時、街の静寂(せいじゃく)に入りこみ、コンクリートの歩道を踏(ふ)みし め、草ののぞく割れ目をひょいひょいと跳(と)び越えて進んでいく。手をポケットにつっこみ、静寂のなかを歩いていくのが、レオナード・ミード氏がこよなく愛したことだった。彼は交差点の角に立ち、四方にどこまでも続く月明かりに照らされた道を見渡してから、どちらに行こうか決めるのであった。しかし、どの道を選ぼうとさほど違いはなかったのだ。この2053年の世界に、氏はただひとりだった――いや、ほとんどひとりだった。最後の決断をくだし、道を選ぶと、氏は大股(おおまた)に歩き始める。あとに葉巻の煙のような白い息を残しながら。

  • レイ・ブラッドベリ=著 佐柳ゆかり(さやなぎ・ゆかり)=訳 「散歩」 アイザック・アシモフ+M・H・グリーンバーグ+C・G・ウォー=編 『海外SFショート・ショート秀作選2』 集英社文庫コバルトシリーズ 1984/02 所収
  • 原書:

(J2) 柳 1977
この静寂(しじま)の奥深くへ――十一月の霧に包まれた宵の八時のこの町の静寂の奥深くへと入りこんでゆく、街筋のでこぼこになったアスファルトを踏みしめ、割れ目や裂け穴に新しい生命を伸ばしている雑草の上に足ざわりを歩一歩確かめ、そうして、手はポケットにつっこんで、あたり一面幾重にもひろがる静寂を押しひろげるように歩を進める――それはレナード・ミード氏にとって何ものにも代えがたい娯しみだった。四ツ角ごとに立ち止まっては、月の青い光に仄かに明るむ長い長い並木路に沿って、前後左右、窺うように目を配ってみる、そうして、今宵はどの道を行くべきか、しばし想いをめぐらしてみる、そんなこともひどく気に入っていたのだ(ほんとうのところを言えば、これはまったく何の意味もない思案だった――2052年のこの世界中に、ミード氏は敵もなければ友もない天涯孤独、まあ大概それに似たような状態だったのだから)。けれども、とにかくそんな風にして進むべき方向を定めるのだ、そうしてやがてのことに、大股に颯々と歩き始める、タバコの煙でも吐き出す調子で凍るように冷たい夜気をふっふっと大きく吐き出してみるのである。


(J3) 一ノ瀬 1971
 レナード・ミード氏がこよなく愛したことといえば、霧に煙る十一月の宵に、静まりかえった街中に出て、コンクリートの歩道を踏みしめ、その割れ目に雑草の生え茂っているのを避けながら、両手をポケットにいれて静寂の中を散策することであった。交差点の角に立って、四方に続く、月光に照らされた路地を見わたしてから、行くべき道を決める。しかしどちらへ行くかはどうでもよかった。彼はこの世、すなわち西暦2053年のこの世に生きるひとりぽっちの、いやほとんどひとりぽっちといえる人間だった。そして最後の決断を下して進むべき道を選ぶと、彼はパイプの煙のように白い息をはきながら大またで歩きはじめる。

  • レイ・ブラッドベリ=著 一ノ瀬直二(いちのせ・なおじ)=訳 「孤独な散歩者」 『スは宇宙のス』 創元SF文庫 1971/10 所収

(J4) 小笠原 1962, 1976, etc.
 十一月の霧深い夜、午後八時の街のしずけさに身をひたすこと、敷石の反りかえった歩道を歩むこと、草の生えた敷石の継ぎ目をまたいで先へ進むこと、ポケットに手をつっこみ静寂のなかを歩きつづけること、それがレナード・ミード氏の最大の喜びであった。交差点にぶつかると、月光に照らされた四本の道路をすかすようにじっとながめ、どちらへ行こうかと考えるが、実はどの道をえらんだとしても違いはなかった。この2053年の世界にあって、かれは孤独だった。あるいは、おおむね孤独だったというべきか。ようやく決心がつき、道路の選択がすむと、かれは葉巻の煙のように白く凍る息を吐きながら、大股に歩き始める。


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Sisli bir kasım akşamı saat sekizde kentin büründüğü o sessizliğe girmek, genleşen beton kaldırıma basmak, üzeri et kaplı çatlakları adımlamak ve elleri cepte sessizliklerin arasından yürümek: Bay Leonard Mead’in yapmayı en çok sevdiği şey buydu işte. Bir kavşağın köşesinde durur, ay ışığının aydınlattığı dört yöne doğru uzanan yaya kaldırımlarına bakar, hangi yana gideceğine karar vermeye çalışırdı, ama aslında hiç de önemi yoktu bunun; MS. 2052 yılının bu dünyasında yapayalnızdı, ya da onun gibi bir şey; sonunda kararını verir, bir yol seçer ve önüne sigara dumanı gibi buzlu hava kalıpları göndererek yürümeye koyulurdu.

   Son Yaya by Ray Bradbury
   Translated by İrma Dolanoğlu
   Istanbul: Nisan Yayinlari, 1986
   E-text at Tramvay Durağı


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Ha kilépett egy ködös novemberi este, nyolc óra tájt a város csöndjébe, ha a gidres-gödrös betonjárdát taposta, ha át-átlépte a gyomverte repedéseket, ha zsebre vágott kézzel, némán rótta az utat: ez volt Mr. Leonard Mead legnagyobb gyönyörűsége. Megállt egy-egy utcasarkon, ahol két sugárút metszette egymást, végignézett négy irányban a holdvilágos járdán, s eldöntötte, hogy merre menjen, bár igazában olyan mindegy; egymaga volt, vagy mintha egymaga lett volna ezen a világon az Úr 2053. esztendejében, s miután döntött, kinézte az útját, továbbballagott, s mint a szivarfüstöt, eregette száján a fagyos párát.

   Ray Bradbury - A gyalogjáró
   Translated by Göncz Árpád
   E-text at Scribd


■ロシア語訳 Translation into Russian

Больше всего на свете Леонард Мид  любил  выйти  в тишину, что туманным ноябрьским вечером, часам к восьми, окутывает город, и --  руки в карманы -- шагать сквозь тишину по неровному асфальту тротуаров, стараясь  не наступить на проросшую из трещин траву. Остановясь на  перекрестке, он  всматривался в длинные  улицы,  озарен­ные  луной, и решал,  в  какую  сторону  пойти, -- а впрочем, невелика разница: ведь  в этом мире, в лето  от Рождества  Христова две тысячи пятьдесят третье,  он один или все равно что один;  и наконец  он решался, выбирал  дорогу  и шагал, и перед ним, точно дым сигары, клубился в мороз­ном воздухе пар его дыхания.

   Рэй Брэдбери. Пешеход
   © Ray Bradbury
   © Copyright Нора Галь, наследники перевод
   Текст из 1999 Электронной библиотеки Алексея Снежинского


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Да навлиза в това мъртвило, което представляваше градът в осем часа в някоя мъглива ноемврийска вечер, да стъпва върху разнебитената бетонна пътека, да прекрачва подалата се от пукнатините трева и да си пробива път с ръце в джобовете сред безмълвието — ето това мистър Ленард Мийд най-много обичаше. Той заставаше на ъгъла на някоя пресечка, гледаше надолу по дългите осветени от лунна светлина просторни тротоари в четирите посоки, колебаейки се кой път да поеме, макар че в действителност нямаше никакво значение; той беше сам в този свят през 2053 от н.е. или почти сам и най-после направил своя избор, избрал пътека, той се отдалечаваше бавно, а дъхът му се виеше като цигарен дим в мразовития въздух.

   Рей Бредбъри . Пешеходец
   Translated by Лидия Цекова-Маринова, 1985
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■ドイツ語訳 Translation into German

An einem nebligen Novemberabend um acht Uhr in die Stille der Stadt hinauszugehen, den Fuß auf den buckligen Beton zu setzen, über grasbewachsene Risse hinwegzutreten und, die Hände in den Taschen, dahinzuwandern durch all das Schweigen, das Mr. Leonard Meads Lieblingsbeschäftigung. Dann stand er an der Ecke einer Straßenkreuzung und spähte die langen mondbeschienen Alleen in vier Richtungen hinunter; er war allein auf dieser Welt des Jahres 2052 oder so gut wie allein, und wenn er sich dann endgültig für einen Pfad entschieden hatte, schritt er weiter und schickte in der frostigen Luft Atemwolken vor sich her wie Zigarrenrauch.

   Geh nicht zu Fuß durch stille Straßen by Ray Bradbury
   E-text at Pastebin.com


■イタリア語訳 Translation into Italian

Entrare in quel silenzio che era la città alle otto di un'opaca sera di novembre, sentire sotto le suole quei riquadri di cemento raggrinzito, calpestare l'erba cresciuta fra gli interstizi e aprirsi un varco, con le mani in tasca, in mezzo ai silenzi: era questo che il signor Leonard Mead amava fare sopra ogni altra cosa. Si fermava al primo crocicchio e scrutava i lunari corridoi dei marciapiedi nelle quattro direzioni, come se sceglierne una piuttosto che un'altra facesse qualche differenza. Poi, presa la decisione e stabilito l'itinerario, tornava ad avviarsi, spingendo davanti a sé, come fumo di sigaro, volute d'aria gelida.

   Il Pedone by Ray Bradbury
   E-text at Il foro di Settecolori - Raccontini brevi


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Ingressar no silêncio que era a cidade às oito de uma noite enevoada de novembro, pôr os pés na calçada irregular de concreto, evitando pisar nas fendas onde crescia o mato e ir em frente, mãos nos bolsos, através dos silêncios, era o que o Sr. Leonard Mead mais gostava de fazer. Parava em uma esquina e olhava para as longas avenidas enluaradas que se estendiam nas quatro direções, decidindo para que lado ir. Na verdade, não fazia diferença. Estava só neste mundo de 2053 d.C, ou praticamente só, e tomando finalmente uma decisão, escolhendo um caminho, seguiria em frente, lançando baforadas de ar gelado como se fossem a fumaça de um charuto.

   O pedestre by Ray Bradbury
   E-text at Visionvox


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Entrar en aquel silencio que era la ciudad a las ocho de una brumosa noche de noviembre, pisar la acera de cemento y las grietas alquitranadas, y caminar, con las manos en los bolsillos, a través de los silencios, nada le gustaba más al señor Leonard Mead. Se detenía en una bocacalle, y miraba a lo largo de las avenidas iluminadas por la Luna, en las cuatro direcciones, decidiendo qué camino tomar. Pero realmente no importaba, pues estaba solo en aquel mundo del año 2052, o era como si estuviese solo. Y una vez que se decidía, caminaba otra vez, lanzando ante él formas de aire frío, como humo de cigarro.

   El Peatón by Ray Bradbury
   E-text at Recuerdo de Ray Bradbury - elmundo.es


 Audio 1 
英語原文のオーディオブック 朗読:ダニエル・ショートランド
Audiobook in English read by Daniel Shortland

Uploaded to YouTube by The Reading Project on 24 May 2015


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: クリス・ストックデール
Audiobook in English read by Chris Stockdale

Uploaded to YouTube by stockyard71 on 16 Mar 2012


■英語原文 The original text in English

To enter out into that silence that was the city at eight o'clock of a misty evening in November, to put your feet upon that buckling concrete walk, to step over grassy seams and make your way, hands in pockets, through the silences, that was what Mr Leonard Mead most dearly loved to do. He would stand upon the corner of an intersection and peer down long moonlit avenues of sidewalk in four directions, deciding which way to go, but it really made no difference; he was alone in this world of 2053 A.D., or as good as alone, and with a final decision made, a path selected, he would stride off, sending patterns of frosty air before him like the smoke of a cigar.


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

  • 「孤独な散歩者」……一ノ瀬 1971
  • 「散歩」………………佐柳 1984
  • 「歩く人」 ……………柳 1977
  • 「歩行者」……………小笠原 1962, 1976, etc.

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016/12/16 ダニエル・ショートランド朗読による英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。また、イアン・マッケンジーによる短編アニメがリンク先で削除されていたので、おなじ動画についての別のリンクを張りなおしました。
  • 2014/07/11 英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/03/13 トルコ語訳、ハンガリー語訳、ブルガリア語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、ポルトガル語訳、およびスペイン語訳を追加しました。また、レイ・ブラッドベリ シリーズ/世紀末の恐怖 (1989) の YouTube 動画も追加しました。
  • 2011/01/22 ロシア語訳を追加しました。
  • 2009/02/22 佐柳ゆかり=訳 1984/02 の訳文を追加しました。また、「邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2009/02/07 佐柳ゆかり=訳 1984/02 の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。
  • 2009/02/02 一ノ瀬直二=訳 1971/10 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  

保存

保存

保存

保存

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, 25 January 2009

The Rocking-Horse Winner by D. H. Lawrence (3) D・H・ロレンス/D・H・ローレンス「木馬に乗った少年」「木馬に乗る少年」「木馬の勝ち馬」「木馬の勝者」「木馬を駆る少年」(3)

« 1 2 The Rocking-Horse Winner »
« 1 2 木馬の勝者 »

■The Rocking-Horse Winner - Cross-Eyed Mary Music Video


■はじめに Introduction

悲劇的な結末。


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  男孩在夜里死去了。
  而正当他直挺挺地死去时,他妈妈听见她兄弟的声音在对她说:“我的天啊,海丝特,你净赚了8万镑,却亏掉了一个儿子。可怜的小家伙,可怜的小家伙,他最好结束这骑着木马去寻找优胜者的日子。”

   〈摇木马的男孩〉 D.H.劳伦斯
   E-text at 语文备课大师


■The Rocking-Horse Winner の日本語訳を収録した本の一覧
 List of books containing a Japanese translation of The Rocking-Horse Winner

    1. 鉄村 D.H.ロレンス短篇全集. 第4巻 / D.H.ロレンス[他]. -- 大阪教育図書, 2005.2
    2. 上田 ロレンス短編集 / D.H.ロレンス[他]. -- 新版. -- 新潮社, 2000.9.
    -- (新潮文庫)
    3. 矢野 シデムシの歌 / オーガスト・ダーレス[他]. -- 岩崎書店, 1998.6.
    -- (恐怖と怪奇名作集 ; 1)
    4. 長井 恐怖の分身 / デズモンド・マッカーシー[他]. -- 朝日ソノラマ, 1986.9.
    -- (ソノラマ文庫 ; 31)
    5. 河野 ロレンス短篇集 / 河野一郎. -- 岩波書店, 1986.1. -- (岩波文庫)
    6. 鏡味+野口 D・H・ロレンス名作集 / 鏡味国彦,野口肇.
    -- 文化書房博文社, 1982.7
    7. 橋本 世界短編名作選. イギリス編 / 井内雄四郎. -- 新日本出版社, 1978.10
    8. 平沼 幽霊奇譚. -- 牧神社, 1977
    9. 鈴江 ローレンス短篇集 / 上村哲彦. -- 太陽社, 1975.9 -- (太陽選書)
  10a. 矢野 ちくま文学の森. 10 / 安野光雅. -- 筑摩書房, 1988.7
  10b. 矢野 怪奇と幻想. 第3巻. -- 角川書店, 1975. -- (角川文庫)
  11. 名原 二羽の青い鳥 / D.H.ロレンス[他]. -- 三笠書房, 1955. -- (三笠新書)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 鉄村 2005
 だが、その夜のうちに少年は骸(むくろ)となった。
 横たわっている息子の遺体のかたわらで、母親は自分に語りかける弟の声を聞いていた。「やれやれだよ、へスター姉さん、姉さんは八万あまりの儲けをしたけれどさ、可哀相な息子の命はすってしまったわけだ。可哀相になぁ、ほんとに可哀相なやつだった。でも、この世から消えていってよかったんだ。この世にいる限り、あいつは勝ち馬を探し求めて揺る木馬を駆ることしかないのだからな。」

   D.H.ロレンス=著 鉄村春生(てつむら・はるお)=訳「木馬の勝者」
   西村孝次, 鉄村春生, 上村哲彦, 戸田仁=監訳
   『D.H.ロレンス短篇全集4』大阪教育図書 2005.2


(2) 上田 2000
 だが少年はその夜のうちに死んだ。
 そして死んだ少年を前にして、母親は自分に語りかけている兄弟の声を聞いた。「これはこれは、へスター、君は八万あまりもうけたけれど、代わりにかわいそうな息子を失(な)くしてしまった。だがかわいそうに、かわいそうに、この子はこの世から消えてなくなるのがいちばんよかったんだ。この世じゃ勝ち馬を求めて木馬に乗るだけだったんだから」

   D.H.ロレンス=著 上田和夫(うえだ・かずお)=訳「木馬の勝ち馬」
   『新版 ロレンス短編集』新潮文庫 2000.9

(3) 矢野 1998
 その夜、ポールは息をひきとった。
 少年のなきがらが横たわっているベッドのそばで、ポールの母は、オスカーがこういうのを聞いた。。
「姉さん、あなたは八万ポンド以上を手に入れた。そのかわり、かわいい息子をなくしたんだ。かわいそうに、この子は、競馬の勝ち馬を知るために、木馬を駆りたてつづけてきたんだ。だが、いまは、そんな人生から、やっとぬけだすことができたんだよ」

   D・H・ロレンス=作 矢野浩三郎(やの・こうざぶろう)=訳
   「木馬に乗る少年」
   オーガスト・ダーレス〔ほか〕=作『シデムシの歌
   恐怖と怪奇名作集1 岩崎書店 1998.6
   この本は児童向けの抄訳/再話。ルビは省略しました。


(4) 長井 1986
 その夜,少年は息を引き取った。
 そして冷たく横たわる少年の遺体を前にして、母は兄オスカーがこう囁くのを聞いたのだった。「なんてことだ、へスター。おまえは八万ポンドを儲け、代わりにかわいそうな坊やを破滅させちまった。ああ、本当に気の毒に。だがな、奴にとってはきっとこれで幸せだったんだよ。これでもう、勝ち馬を知るために揺り木馬に乗る必要もなくなったんだからね」

   D・H・ローレンス=著 長井裕美子(ながい・ゆみこ)=訳「揺り木馬の啓示」
   デズモンド・マッカーシー〔ほか〕=著 シンシア・アスキス=選
   『恐怖の分身 : ゴースト・ストーリー傑作選
   ソノラマ文庫  海外シリーズ31 朝日ソノラマ 1986.9
   このアンソロジーの詳細:
   * 『恐怖の分身』 - 翻訳作品集成
   * 『恐怖の分身』 - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   原書:
   The Ghost Book (1927) compiled by Cynthia Asquith


(5) 河野 1986
 だが、少年はその夜のうちに息を引き取った。
 わが子の遺体を前に、母親は弟が語りかけるのを聞いた――「やれやれ、へスター姉さんは八万何千ポンドか儲けたが、かわいそうに、坊やはを命をすっちまった。しかし、かわいそうにな、坊やはこの世から抜け出せてよかっただろう。この世じゃ、勝ち馬を見つけるまで木馬に乗らなきゃならんのだから」

   ロレンス=著 河野一郎(こうの・いちろう)=訳「木馬の勝者」
   河野一郎=編訳『ロレンス短篇集』岩波文庫 1986.1


(6) 鏡味+野口 1982, 1985
 しかし、少年はその夜死んだ。
 臨終の丁度その時、母親は弟が自分にこう言っているのを聞いた。「なあ、へスター、あんたは八万何ポンド丸儲けしたが、その代わり、あいつ、あのかわいそうな息子を丸損したね。かわいそうに、かわいそうに、死んでしまったが、それが一番だ。この世では、あの子は勝ち馬を求めて揺り木馬に乗るだけの人生だったんだろうから」

   D・H・ロレンス=著
   鏡味国彦(かがみ・くにひこ)+野口肇(のぐち・はじめ)=共訳
   「木馬に乗った少年」
   『D・H・ロレンス名作集』文化書房博文社 1982.7

(7) 橋本 1978
 その夜のうちに、ポールは息を引き取った。
 臨終のとき、母親は弟のオスカーが、こう言うのを聞いた。 「へスター姉さん、あんたは八万ポンドあまりもうけたけれど、可哀想な息子を失ったね。この子は死んだけど、それがいちばん良かったんだ。生きていても勝ち馬を求めて木馬に乗るだけの人生だったんだから」

   ロレンス=著 橋本槙矩=訳「木馬に乗った少年」
   蔵原惟人=監修 井内雄四郎(いのうち・ゆうしろう)〔ほか〕=編
   『世界短編名作選. イギリス編』新日本出版社 1978.10


(8) 平沼 1977
しかし少年はその日の夜、死んだ。
骸(むくろ)となって横たわる、息子のそばに付き添いながら、母親は、かたわらで兄のオスカーがこう言うのを聞いていた。
「ああ、へスター、あんたは八千[ママ]ポンド余りのお金を手に入れて幸福だけど、可哀いそうに、この子は、生命(いのち)を無くしちまった。それでも、このいじましく、可哀いそうなこの子は、勝馬を見つけ出したい一心で夢中で木馬を駆り立てる人生から、ともかくぬけ出すことができたんだから、それが一番よかったんじゃないかな。」

   D・H・ロレンス=著 平沼孝之=訳「木馬の賭」
   『幽霊奇譚』牧神社 1977/12
   この本は、主要オンライン書店の目録や国立国会図書館 NDL-OPAC には
   掲載されていないようです。書誌情報の詳細を知るには、つぎの各サイトが
   たいへん参考になります:
   * 翻訳作品集成|D・H・ロレンス
   * 翻訳作品集成|牧神社/アンソロジー
   * Index to Anthologies|ホラー/怪奇幻想小説|妖怪/モンスターテーマ
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト|著者別作品一覧|ろ
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト|作品一覧 092


(9) 鈴江 1975
 しかし少年はその夜死んだ。
 少年が息を引き取ったその時、母は弟がこういうのを聞いたのだった。
 「へスター姉さん。姉さんは八万ポンドあまりの勝ち、かわいそうな坊やは負けの目なんだ。かわいそうに、かわいそうに。しかしこの世から抜け出すのが、あの子には一番良いことだったんだ。この世では、木馬に乗って勝ち馬を探すという業(ごう)から、あの子は逃れられないのだから。」

   ローレンス=著 鈴江璋子=訳「木馬に乗った少年」
   上村哲彦(かみむら・てつひこ)〔ほか〕訳 『ローレンス短篇集
   太陽選書 太陽社 1975


(10) 矢野 1975, 1988
 少年はその夜、息を引き取った。
 少年の亡骸(なきがら)が横たわるかたわらで、母親は弟が彼女にこう言っているのを聞いた。
 「いいかい、へスター、きみは八万五千ポンドあまりを手に入れ、かわりに可哀そうな息子を失くした。だが、ああ、可哀そうなこの子は、勝ち馬をみつけるために木馬を駆りたてる人生から、やっと抜けだすことができたんだ」

   10a. D.H.ロレンス=著 矢野浩三郎=訳「木馬を駆る少年」
     安野光雅〔ほか〕=編『ちくま文学の森10 賭けと人生
     筑摩書房 1988.7
   10b. D.H.ロレンス=著 矢野浩三郎=訳「木馬を駆る少年」
     チャールズ・ボーモント〔ほか〕=著
     『怪奇と幻想3 残酷なファンタジー』角川文庫 1975
   10a. の底本は 10b.。引用は 10a. に拠りました。ルビは省略しました。


(11) 名原 1955
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   D.H.ロレンス=著 名原広三郎(なばら・ひろさぶろう)=訳
   「木馬の勝ち馬」
   『二羽の青い鳥』三笠新書 三笠書房 1955


■英語原文 The original text in English

But the boy died in the night.

And even as he lay dead, his mother heard her brother's voice saying to her, "My God, Hester, you're eighty-odd thousand to the good, and a poor devil of a son to the bad. But, poor devil, poor devil, he's best gone out of a life where he rides his rocking-horse to find a winner."

   The Rocking-Horse Winner (1926) by D. H. Lawrence
   E-text at:
   * Project Gutenberg Australia
   * The New York Journal
   * Adam Smith Academy
   * Short Story Classics
   * Ready to go eBooks
   * ClassicShorts.com
   * Dowse Fiction
 
 
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「木馬に乗った少年」……鏡味+野口 1982, 1985
   「木馬に乗った少年」……橋本 1978
   「木馬に乗った少年」……鈴江 1975
   「木馬に乗る少年」………矢野 1998
   「木馬の勝ち馬」…………上田 2000
   「木馬の勝ち馬」…………名原 1955
   「木馬の勝者」……………鉄村 2005
   「木馬の勝者」……………河野 1986
   「木馬の賭」………………平沼 1977
   「木馬を駆る少年」………矢野 1975, 1988
   「揺り木馬の啓示」………長井 1986


■外部リンク External links

 [en] English
   * The Rocking-Horse Winner - Wikipedia
   * D. H. Lawrence - Wikipedia (1885-1930)

 [ja] 日本語
   * 翻訳作品集成|D・H・ロレンス
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト|D・H・ローレンス
   * D.H.ロレンスとは - はてなキーワード
   * D・H・ロレンス事典 鷹書房弓プレス 2002.4
   * 日本ロレンス協会


■更新履歴 Change log

2011/04/01 中国語訳(簡体字)を追加しました。
2009/02/06 河野一郎=編訳 1986.1 を追加しました。
2009/02/04 長井裕美子=訳 1986.9 を追加しました。
2009/02/01 鉄村春生=訳 2005.2 を追加しました。


« 1 2 The Rocking-Horse Winner »
« 1 2 木馬の勝者 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, 24 January 2009

The Rocking-Horse Winner by D. H. Lawrence (2) D・H・ロレンス/D・H・ローレンス「木馬に乗った少年」「木馬に乗る少年」「木馬の勝ち馬」「木馬の勝者」「木馬を駆る少年」(2)

« 1 The Rocking-Horse Winner 3 »
« 1 木馬の勝者 3 »

■1949年版映画化作品  A 1949 film adaptation

The Rocking Horse Winner (1949), a film directed by Anthony Pelissier and starring Valerie Hobson as Hester and John Howard Davies as Paul. DVD available from Amazon.com and VHS from Amazon.co.jp. More details at IMDb and Wikipedia.


■はじめに Introduction

勝ち馬の予想を的中させる、秘密の方法を発見した息子だったが……。


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

“必须有更多的钱!噢!噢!噢!必须有更多的钱!噢,现在,现在,……现在……在……在……必须有更多的钱!比以前更多!比以前更多!”

  这真把保罗吓坏了。他跟家庭教师学习拉丁语、希腊语,可紧张激烈的时间是跟巴塞特一起度过的。“大民族”赛马会已成为过去:他还没有“知道”,并且输了100镑。暑期即将到来,他极为心焦地等着“林肯”赛马会。可即使是“林肯”赛马会,他也不“知道”,他又赔了350镑。他眼神疯狂、怪异,内心似乎有什么东西要爆炸了。

   〈摇木马的男孩〉 D.H.劳伦斯
   E-text at 语文备课大师


■The Rocking-Horse Winner の日本語訳を収録した本の一覧
 List of books containing a Japanese translation of The Rocking-Horse Winner

    1. 鉄村 D.H.ロレンス短篇全集. 第4巻 / D.H.ロレンス[他]. -- 大阪教育図書, 2005.2
    2. 上田 ロレンス短編集 / D.H.ロレンス[他]. -- 新版. -- 新潮社, 2000.9.
    -- (新潮文庫)
    3. 矢野 シデムシの歌 / オーガスト・ダーレス[他]. -- 岩崎書店, 1998.6.
    -- (恐怖と怪奇名作集 ; 1)
    4. 長井 恐怖の分身 / デズモンド・マッカーシー[他]. -- 朝日ソノラマ, 1986.9.
    -- (ソノラマ文庫 ; 31)
    5. 河野 ロレンス短篇集 / 河野一郎. -- 岩波書店, 1986.1. -- (岩波文庫)
    6. 鏡味+野口 D・H・ロレンス名作集 / 鏡味国彦,野口肇.
    -- 文化書房博文社, 1982.7
    7. 橋本 世界短編名作選. イギリス編 / 井内雄四郎. -- 新日本出版社, 1978.10
    8. 平沼 幽霊奇譚. -- 牧神社, 1977
    9. 鈴江 ローレンス短篇集 / 上村哲彦. -- 太陽社, 1975.9 -- (太陽選書)
  10a. 矢野 ちくま文学の森. 10 / 安野光雅. -- 筑摩書房, 1988.7
  10b. 矢野 怪奇と幻想. 第3巻. -- 角川書店, 1975. -- (角川文庫)
  11. 名原 二羽の青い鳥 / D.H.ロレンス[他]. -- 三笠書房, 1955. -- (三笠新書)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 鉄村 2005
「もっとお金がなくちゃ! あぁーあぁー、もっとお金が なくちゃ。あぁー、いますぐ、いますぐ! はやくー――もっとお金が なくちゃ!――もっと、もっとぉ! もっと、もっとだわよぉ!」
 その声にポールは心の底から怯えた。家庭教師のもとで少年はこつこつとラテン語とギリシア語の勉強に励んだ。だが、いちばん熱の入るのは、バセットと一緒に過ごすときだった。グランド・ナショナル競馬は過ぎていった。「ひらめき」は訪れることなく、百ポンドすっ てしまった。夏が迫ってきた。ポールはリンカン競馬を予想しようと苦闘した。だが、そのリンカン競馬のときですらも「ひらめき」は訪れることなく、五十ポンド失ってしまった。まるで体のなかで何かが爆発しようとでもしているかのように、少年の目は半狂乱状態になり、異様になってきた。

   D.H.ロレンス=著 鉄村春生(てつむら・はるお)=訳「木馬の勝者」
   西村孝次, 鉄村春生, 上村哲彦, 戸田仁=監訳
   『D.H.ロレンス短篇全集4』大阪教育図書 2005.2


(2) 上田 2000
「もっとお金が なくちゃ! そらっ! もっとお金がなくちゃ! そら、さあ、さあ、さあ! さあ!――もっとお金が なくちゃ!」――いままでよりもっと! いままでよりもっと!
 その声にポールはひどくおびえた。彼は家庭教師について、ラテン語とギリシア語をせっせと勉強した。だが、バセットといっしょにいるときのほうが真剣だった。グランド・ナショナルのレースは終わった。彼には「お告げ」がなく、百ポンドを すっ てしまった。夏がせまってきた。リンカーンのレースのために、彼は苦悶(くもん)していた。だがリンカーンでも、彼に「お告げ」がなく、五十ポンドを すっ た。まるで彼の中で何かが爆発しかかっているように、目がぎらぎら燃えて異様になった。

   D.H.ロレンス=著 上田和夫(うえだ・かずお)=訳「木馬の勝ち馬」
   『新版 ロレンス短編集』新潮文庫 2000.9
   文中の太字箇所は原文では太字でなく傍点。


(3) 矢野 1998
 『もっとお金がいる。あああ、もっとお金がいる! あああ、いま、いますぐ! お金が、もっと、もっと、もっとたくさん、いるぞ!』
 ポールはおそろしくて、ふるえあがった。その声からのがれるために、家庭教師の教える、ラテン語やギリシャ語の勉強に熱をいれたり、バセットのところへいって、競馬の話をしてすごすことが、おおくなった。
 グランド・ナショナルのレースが終わったが、ポールは『たしかな』馬を 知ること はできなかった。それで、百ポンド負けてしまった。そして、つづくリンカーン・レースでも、とうとう 知ること はできず、こんどは五十ポンド負けた。
 ポールは目を血ばしらせ、いらいらして、落ち着きをうしなった。心のなかのなにかが、破裂してしまったように見えた。

   D・H・ロレンス=作 矢野浩三郎(やの・こうざぶろう)=訳
   「木馬に乗る少年」
   オーガスト・ダーレス〔ほか〕=作『シデムシの歌
   恐怖と怪奇名作集1 岩崎書店 1998.6
   この本は児童向けの抄訳/再話。文中の太字箇所は原文では太字でなく傍点。
   ルビは省略しました。


(4) 長井 1986
もっとお金が必要だ! お、おー! もっとお金が必要だ! おお、いま、いますぐに! さあさあ早く――もっとお金が必要だ!――もっともっと! 前よりもっと!
 気違いじみた合唱はひどくポールを怯(おび)えさせた。家庭教師について長時間ラテン語とギリシャ語を勉強したが、バセットと話している時間以外はまるで身が入らない。そうこうしているうちに何も〈ひらめ〉かないままにグランド・ナショナルが終わり、彼は百ポンドを失った。そして、季節はもうすぐ夏。リンカーンを目前にして、ポールはじりじりと日を過ごしていた。しかもリンカーンの時でさえ〈ひらめ〉かず、またも五十ポンド負けてしまった。少年の目は血走り、異様に輝いて、今しもその内部で何かが爆発しそうだった。

   D・H・ローレンス=著 長井裕美子(ながい・ゆみこ)=訳「揺り木馬の啓示」
   デズモンド・マッカーシー〔ほか〕=著 シンシア・アスキス=選
   『恐怖の分身 : ゴースト・ストーリー傑作選
   ソノラマ文庫  海外シリーズ31 朝日ソノラマ 1986.9
   このアンソロジーの詳細:
   * 『恐怖の分身』 - 翻訳作品集成
   * 『恐怖の分身』 - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   原書:
   The Ghost Book (1927) compiled by Cynthia Asquith


(5) 河野 1986
「もっとお金がなくては! もっとォ……もっとォ! いま、いますぐ! もっとォ、もっとォ! 金、かね、カネだぁ〜〜!」
 その声に、ポールはひどくおびえた。家庭教師について、ラテン語とギリシャ語の勉強をせっせと進めていた。だが、バセットとすごす時間のほうがずっと充実していた。グランド・ナショナル競馬も終わってしまった。霊感のわかなかったポールは、百ポンド損をしてしまった。夏がまぢかに迫っていた。必死の思いでリンカーン競馬を待ち受けた。だが、リンカーンにも霊感はわかず、五十ポンドを失ってしまった。まるで体内で何かが爆発しかけているかのように、ポールの目は血走り、異様に輝いた。

   ロレンス=著 河野一郎(こうの・いちろう)=訳「木馬の勝者」
   河野一郎=編訳『ロレンス短篇集』岩波文庫 1986.1


(6) 鏡味+野口 1982, 1985
「もっとお金が 必要だ! おおー! もっとお金が 必要だ。おー、いま、いまぁぁ! いまぁぁ――もっとお金が 必要だ! ――今までよりももっと! 今までよりももっとだわ!」
 それはポールをひどく怖がらせた。彼は家庭教師についてラテン語とギリシャ語をせっせと勉強した。だがバセットと過ごす時間の方が緊張していた。グランド・ナショナル競馬は過ぎてしまった。彼に「お告げ」はなかった。それで百ポンド損をした。夏がそこまで来ていた。彼はリンカーン競馬のために、苦悶していた。しかし、リンカーン競馬でさえ彼は「わからなかった」。そして五十ポンド損をした。まるで彼の内部で何かが爆発しかかっているように、彼は血走った目付きになり、異様になった。

   D・H・ロレンス=著
   鏡味国彦(かがみ・くにひこ)+野口肇(のぐち・はじめ)=共訳
   「木馬に乗った少年」
   『D・H・ロレンス名作集』文化書房博文社 1982.7
   文中の太字箇所は原文では太字でなく傍点。


(7) 橋本 1978
「もっと金銭(かね)が必要だ。お、お、お、もっと金銭(かね)が要(い)る。今すぐ、いまー、いまー、もっと、もっと金銭(かね)が要るー、もっと」
 ポールはすっかり怯えていた。彼は家庭教師とラテン語やギリシャ語の勉強を続けていた。しかしいちばん熱心になれるのは、何といってもバセットと過ごす時間であった。グランド・ナショナルが終ったが、彼は ひらめか なかったので百ポンドばかり損をしてしまった。夏はもう目の前に迫っていた。彼は悶々としてリンカーンを待った。しかし、リンカーンでも ひらめき がなく、五十ポンドすってしまった。あたかも彼の内部で何かが爆発しかかっているように、彼はすさんだ異様な眼つきになった。

   ロレンス=著 橋本槙矩=訳「木馬に乗った少年」
   蔵原惟人=監修 井内雄四郎(いのうち・ゆうしろう)〔ほか〕=編
   『世界短編名作選. イギリス編』新日本出版社 1978.10


(8) 平沼 1977
「もっとお金が 欲しい! ああ、あ、あ、もっとお金が 欲しい! ああ、ねえ、ね! ねえ、ね、ね、もっとお金が 欲しーい! もっと、もっとよ? もっと、もっとー!」
その声はポールをおそろしく怯えさせた。彼は毎日、家庭教師とラテン語やギリシア語を勉強して過していた。しかし彼の心を締めつけ、緊張させる時間は、バセットと一緒にいるときなのだ。グランド・ナショナル競馬はすでに終っていたが、しかし彼には「これだ」という予感は遂に訪ずれず、結局百ポンドを失なった。彼はリンカン競馬に、必死の形相で立ち向った。だが、リンカン競馬でさえ「これだ」という予感を得ることなく、また五十ポンドを失なう羽目になった。さながら身体のなかで何かが爆発しかけてでもいるかのように、彼は狂暴な目つきをするようになり精神に変調が出はじめた。

   D・H・ロレンス=著 平沼孝之=訳「木馬の賭」
   『幽霊奇譚』牧神社 1977/12
   文中の太字箇所は原文では太字でなく傍点。
   この本は、主要オンライン書店の目録や国立国会図書館 NDL-OPAC には
   掲載されていないようです。書誌情報の詳細を知るには、つぎの各サイトが
   たいへん参考になります:
   * 翻訳作品集成|D・H・ロレンス
   * 翻訳作品集成|牧神社/アンソロジー
   * Index to Anthologies|ホラー/怪奇幻想小説|妖怪/モンスターテーマ
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト|著者別作品一覧|ろ
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト|作品一覧 092


(9) 鈴江 1975
 「もっとお金が要る! おお! もっとお金が要るわ! おおう、いま、いまぁ、いまぁぁ、もっとお 金が 要るわ! いままでよりもっと、もっと、もっと要るんだわ!」
 その声にポールはひどく脅えた。彼は家庭教師についてラテン語とギリシャ語の勉強をかなり進めていた。しかしもっと緊張した時間をバセットのもとで過ごしていた。グランド・ナショナル競馬は過ぎてしまった。彼は〈確信〉がなくて百ポンド損をした。夏はもう目の前だった。彼は苦悩してリンカーン競馬を待った。しかしリンカーンにさえも、彼は わからな くて五十ポンド損をした。まるで何かが体の内で爆発しかかっているように、彼は錯乱した目つきになり、異様になった。

   ローレンス=著 鈴江璋子=訳「木馬に乗った少年」
   上村哲彦(かみむら・てつひこ)〔ほか〕訳 『ローレンス短篇集
   太陽選書 太陽社 1975


(10) 矢野 1975, 1988
「もっとお金が要る。ああー、もっとお金が要る。ああ、いま、いま! いますぐ、お金が要る!――もっともっと!――もっとたくさん!」
 ポールは恐しさに震えあがった。彼は家庭教師とのラテン語やギリシャ語の勉強へと逃れたが、バセットとすごす時間のほうが多かった。グランド・ナショナル・レースは過ぎ去ったが、彼は 知ること ができず、百ポンドを失った。夏が近づいていた。彼はリンカーン・レースを控えて苦悶した。だがリンカーン・レースでも、ついに 霊感 はわかず、五十ポンド負けた。彼の眼は血走り、落ち着きを失って、まるでなにかが彼の内部で破裂したかのように見えた。

   10a. D.H.ロレンス=著 矢野浩三郎=訳「木馬を駆る少年」
     安野光雅〔ほか〕=編『ちくま文学の森10 賭けと人生
     筑摩書房 1988.7
   10b. D.H.ロレンス=著 矢野浩三郎=訳「木馬を駆る少年」
     チャールズ・ボーモント〔ほか〕=著
     『怪奇と幻想3 残酷なファンタジー』角川文庫 1975
   10a. の底本は 10b.。引用は 10a. に拠りました。
   文中の太字箇所は原文では太字でなく傍点。ルビは省略しました。


(11) 名原 1955
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   D.H.ロレンス=著 名原広三郎(なばら・ひろさぶろう)=訳
   「木馬の勝ち馬」
   『二羽の青い鳥』三笠新書 三笠書房 1955


■英語原文 The original text in English

"There must be more money! Oh-h-h; there must be more money. Oh, now, now-w! Now-w-w - there must be more money! - more than ever! More than ever!"

It frightened Paul terribly. He studied away at his Latin and Greek with his tutor. But his intense hours were spent with Bassett. The Grand National had gone by: he had not 'known', and had lost a hundred pounds. Summer was at hand. He was in agony for the Lincoln. But even for the Lincoln he didn't 'know', and he lost fifty pounds. He became wild-eyed and strange, as if something were going to explode in him.

   The Rocking-Horse Winner (1926) by D. H. Lawrence
   E-text at:
   * Project Gutenberg Australia
   * The New York Journal
   * Adam Smith Academy
   * Short Story Classics
   * Ready to go eBooks
   * ClassicShorts.com
   * Dowse Fiction
 
 
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「木馬に乗った少年」……鏡味+野口 1982, 1985
   「木馬に乗った少年」……橋本 1978
   「木馬に乗った少年」……鈴江 1975
   「木馬に乗る少年」………矢野 1998
   「木馬の勝ち馬」…………上田 2000
   「木馬の勝ち馬」…………名原 1955
   「木馬の勝者」……………鉄村 2005
   「木馬の勝者」……………河野 1986
   「木馬の賭」………………平沼 1977
   「木馬を駆る少年」………矢野 1975, 1988
   「揺り木馬の啓示」………長井 1986


■外部リンク External links

 [en] English
   * The Rocking-Horse Winner - Wikipedia
   * D. H. Lawrence - Wikipedia (1885-1930)

 [ja] 日本語
   * 翻訳作品集成|D・H・ロレンス
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト|D・H・ローレンス
   * D.H.ロレンスとは - はてなキーワード
   * D・H・ロレンス事典 鷹書房弓プレス 2002.4
   * 日本ロレンス協会


■更新履歴 Change log

2011/03/31 中国語訳(簡体字)を追加しました。
2009/02/06 河野一郎=編訳 1986.1 を追加しました。
2009/02/04 長井裕美子=訳 1986.9 を追加しました。
2009/02/01 鉄村春生=訳 2005.2 を追加しました。


 

« 1 The Rocking-Horse Winner 3 »
« 1 木馬の勝者 3 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。 
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Friday, 23 January 2009

The Rocking-Horse Winner by D. H. Lawrence (1) D・H・ロレンス / D・H・ローレンス 「木馬に乗った少年」「木馬に乗る少年」「木馬の勝ち馬」「木馬の勝者」「木馬を駆る少年」 (1)

« The Rocking-Horse Winner 2 3 »
« 木馬の勝者 2 3 »

■はじめに Introduction

人並みにめぐまれた家庭であるにもかかわらず、「カネがない。カネがない。もっとおカネを。おカネをもっと!」という強迫観念に取り憑かれてしまったかのような家。幸運とは、おカネをもうけさせてくれるもの――そう母から聞かされた息子は、やがて人生の勝ち馬に乗る方法を発見するのだが……。


 Video 
The Rocking Horse Winner (1949)

監督: アンソニー・ペリシアー 出演: ヴァレリー・ホブソン, ジョン・ハワード・デイヴィス Uploaded by LtGolub on Aug 24, 2011. Directed by Anthony Pelissier. Starring Valerie Hobson, John Howard Davies.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

有那么一个女人,美丽漂亮,上帝把一切的好东西几乎都赐给了她,然而她却没有运气。她为爱情而结婚,而这爱情变成了灰烬。她有美丽健康的孩子,然而她觉得那是强加于身的,不能去爱他们。他们也冷漠地瞧着她,好像在挑她的毛病。她惊慌失措地要去掩盖一些缺点,却不知道该掩盖些什么。 [略] 别人总是这么说她:“她真是个好母亲。她很爱她的孩子们。”只有她自己和孩子们清楚,事实并非这样。他们可以从对方的眼睛里看到这一点。


■The Rocking-Horse Winner の日本語訳を収録した本の一覧
 List of books containing a Japanese translation of The Rocking-Horse Winner

  1. 井上 ロレンス短篇集 / D.H.ロレンス[他]. -- 筑摩書房, 2010.11. -- (ちくま文庫)
  2. 鉄村 D.H.ロレンス短篇全集. 第4巻 / D.H.ロレンス[他]. -- 大阪教育図書, 2005.2
  3. 上田 ロレンス短編集 / D.H.ロレンス[他]. -- 新版. -- 新潮社, 2000.9. -- (新潮文庫)
  4. 矢野 シデムシの歌 / オーガスト・ダーレス[他]. -- 岩崎書店, 1998.6. -- (恐怖と怪奇名作集 ; 1)
  5. 長井 恐怖の分身 / デズモンド・マッカーシー[他]. -- 朝日ソノラマ, 1986.9. -- (ソノラマ文庫 ; 31)
  6. 河野 ロレンス短篇集 / 河野一郎. -- 岩波書店, 1986.1. -- (岩波文庫)
  7. 鏡味+野口 D・H・ロレンス名作集 / 鏡味国彦,野口肇. -- 文化書房博文社, 1982.7
  8. 橋本 世界短編名作選. イギリス編 / 井内雄四郎. -- 新日本出版社, 1978.10
  9. 平沼 幽霊奇譚. -- 牧神社, 1977
  10. 鈴江 ローレンス短篇集 / 上村哲彦. -- 太陽社, 1975.9 -- (太陽選書)
  11. 矢野 ちくま文学の森. 10 / 安野光雅. -- 筑摩書房, 1988.7
  12. 矢野 怪奇と幻想. 第3巻. -- 角川書店, 1975. -- (角川文庫)
  13. 名原 二羽の青い鳥 / D.H.ロレンス[他]. -- 三笠書房, 1955. -- (三笠新書)

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 井上 2010
 美しい女性がいた。人生の初めには恵まれた条件が揃っていたのに、彼女には運がなかった。愛し合って結婚したが、その愛も粉々になってどこかに消えた。可愛らしい子供がいたが、望みもしないのに押しつけられたようで、その子らにも愛情が湧かなかった。子供たちも、あら捜しをするような冷い眼で彼女を見た。そんなときには、早く私の悪いところを隠さないと、と思った。[略] 皆は「何て良い母親なんだろう。眼に入れても痛くないほど子供を可愛がっている」と言ったが、彼女と子供たちには、そうでないことが分っていた。互いの眼を見れば、そこにはっきりとそう書いてあった。

  • D.H.ロレンス=著 井上義夫(いのうえ・よしお)=訳 「木馬に乗った少年」 井上義夫=編訳 『ロレンス短篇集』 ちくま文庫 2010.11

(J2) tomoki y. 2009
 美人で、生まれ育ちも良い。だが、運にだけは恵まれない――そんな女がいた。愛のために結婚した。だが、その愛も失(う)せた。子宝にも恵まれた。だが、子宝というより、お荷物を背負わされた気分で、愛情は湧かなかった。子供のほうも冷たい目で母親を見た。まるで欠点を探すかのように。すると、彼女もあわてて、自分にはなにか欠点があって、それを隠さなければいけないように思った。[略] だれもが彼女を評して言った。「なんていいお母さんだろう。あんなに子供たちをかわいがって」。だが、母子だけが、事実はそうでないことを知っていた。おたがいの目を見れば分かることだった。


(J3) 鉄村 2005
 一人の女がいた。美しく、そのうえ何もかも恵まれた境遇に生まれついていたものの、運にだけは縁のない女だった。恋愛結婚であったが、その愛もやがて冷めて灰となった。可愛い子供たちが生まれたが、無理やり押しつけられたもののような気がして、愛情を注ぐことができなかった。子供たちも、まるであら探しでもするかのように冷ややかな目を母親に向けた。すると母親はあわてて、何か自分のあらを隠さねばならない気になるのだった。[略] 世間では口をそろえて言っていた。「あの女(かた)は実に立派な母親だ。お子さんがたをとても可愛がっていらっしゃる」と。ただ母親本人だけは、それに子供たちだけは、そうではないことを知っていた。母親と子供たちはお互いの目のなかにそのことを読み取っていた。

  • D.H.ロレンス=著 鉄村春生(てつむら・はるお)=訳 「木馬の勝者」 西村孝次, 鉄村春生, 上村哲彦, 戸田仁=監訳 『D.H.ロレンス短篇全集4』 大阪教育図書 2005.2

(J4) 上田 2000
 美しき女(ひと)あり、生まれつき何ひとつ意に満たぬものはなかったが、運にはめぐまれなかった。恋愛結婚をしたが、その愛も冷えてしまった。かわいい子どもたちもいたが、無理に押しつけられたような気がして、愛することができなかった。子どもたちのほうでも、まるであら捜しでもするかのように、冷たい目で彼女を見た。そこであわてて、自分の悪いところを隠さねばならぬように思った。[略] だれもがみな彼女のことを、「ほんとにいいお母さんだ。子どもたちをとてもかわいがっている」といった。ただ彼女自身と、子どもたちだけが、そうでないことを知っていた。彼らはおたがいの目のなかにそれを読みとっていた。

  • D.H.ロレンス=著 上田和夫(うえだ・かずお)=訳 「木馬の勝ち馬」 『新版 ロレンス短編集』 新潮文庫 2000.9
  • 文中の傍点を下線で置き換えました。

(J5) 矢野 1998
 ロンドン郊外のあるところに、美しい女性がいた。生まれも育ちも、めぐまれていたが、運がなかった。愛のために結婚したが、愛はすぐに消えた。かわいい子供たちがいたが、あまり好きになれなかった。
 子供たちは、母親の欠点を見つけたかのように、冷たい目で母を見るのだ。それで彼女はあわてて、その欠点をかくさなければ、と思うのだった。[略]
 それを知らない他人は、みんな、
「とってもいいお母さんだね。あんなに子供たちを愛している」と、いった。
 でも本人だけは、それと子供たちだけは、そうではないことを知っていた。

  • D・H・ロレンス=作 矢野浩三郎(やの・こうざぶろう)=訳 「木馬に乗る少年」 オーガスト・ダーレス〔ほか〕=作 『シデムシの歌』 恐怖と怪奇名作集1 岩崎書店 1998.6
  • この本は児童向けの抄訳/再話。ルビは省略しました。

(J6) 長井 1986
 あるところにひとりの美しい女性がいた。彼女はあらゆるものを持ち合わせていたが、ただひとつ、運がなかった。愛のために結婚したが愛は塵(ちり)と化し、可愛らしい子供たちにも恵まれたが子供を押しつけられたような気がして、愛情を感じることができなかった。子供たちは子供たちで、まるで母親のあら探しでもするかのように彼女を見る。すると彼女は、今すぐにその欠点を隠さなければという気になるのだった。[略] だが世間の人々は口をそろえて、彼女のことをこう評した。 「本当になんてやさしいお母さんかしら。あんなに子供たちを大切にして、かわいがって」しかし彼女だけが、そして子供たちだけが、それは真実ではないことを知っていた。お互いに相手の目の中にそれを読み取っていたのである。


(J7) 河野 1986
 美しい女がいた。人もうらやむ境遇に生まれついていたが、運に見放されていた。愛情で結ばれ結婚をしたが、やがてその愛もさめてしまった。かわいい子どもたちにも恵まれたが、むりやり押しつけられたような気がして、かわいがることができなかった。子どもたちのほうでも、あら捜しをするような冷たい目つきで母親を見つめた。すると、何か自分のおちどを隠さねばならないような気がしてうろたえた。[略] 世間ではだれもが噂をしていた――「ほんとによくできたお母さま。お子さん方をあんなにかわいがって」ただ本人だけが、そして子どもたち自身が、そうでないことを知っていた。おたがいの目の中に、それを読み取っていたのだ。

  • ロレンス=著 河野一郎(こうの・いちろう)=訳 「木馬の勝者」 河野一郎=編訳 『ロレンス短篇集』 岩波文庫 1986.1

(J8) 鏡味+野口 1982, 1985
 美しい女(ひと)がいた、あらゆる有利な条件を備えて世の中へ出たが、彼女には運がなかった。恋愛結婚をしたが、その愛は冷えてしまっていた。可愛い子供たちがいたが、彼女は子供たちを押しつけられたものと感じて、愛することができなかった。子供たちは、まるであら捜しをしているように、彼女を冷たい目で見た。それで急いで彼女は、自分の内にある欠点を包み隠さねばならないという気がするのであった。[略] 他人(ひと)は誰でも彼女のことを「あの人は本当にいい母親だ。子供たちを熱愛している」と話した。彼女自身と、それに子供たち自身だけが、そうでないことを知っていた。彼らはそのことを互いの目のなかに読み取った。

  • D・H・ロレンス=著 鏡味国彦(かがみ・くにひこ)+野口肇(のぐち・はじめ)=共訳 「木馬に乗った少年」 『D・H・ロレンス名作集』 文化書房博文社 1982.7

(J9) 橋本 1978
 美貌の女がいた。あらゆる点で恵まれた人生を歩んできたが、どういうわけか彼女には運というものがない。或る男を愛し、結婚した。しかし、いつしか愛は冷えていたのである。可愛い子供たちにも恵まれたのに、無理に押しつけられたもののように思われ、愛情が湧いてこなかった。子供たちも、あらさがしするような冷たい眼で彼女を見る。そんなとき、彼女は自分のなかに、急いで包み隠さなければならない欠点があるような気がするのであった。[略] 他人(ひと)はみな「あの人は良い母親だ。子供をあんなに可愛がっている」と言ったが、彼女と子供たちはそれが嘘であることを知っていた。たがいの眼を見ればわかることであった。

  • ロレンス=著 橋本槙矩=訳 「木馬に乗った少年」 蔵原惟人=監修 井内雄四郎(いのうち・ゆうしろう)〔ほか〕=編 『世界短編名作選. イギリス編』 新日本出版社 1978.10

(J10) 平沼 1977
美人であるうえ、申し分ない境遇のもとで人生を始めたにもかかわらず、なぜか幸運にだけは恵まれないひとりの婦人がいた。愛し合って結婚したものの、愛はとうに冷え、形骸だけが残った。可愛い子供たちもいた。だが子供のために窮屈な生活を押しつけられている気がして、愛情がわかなかった。子供もそんな母親の心を見透かして、冷たい、咎めるかのような目で見る。これではいけないと思い、自分の落度は急いで隠さなければとは思うのだが[略] 他人は誰でも例外なく、「素敵なお母さまだ、子供たちをとっても愛している」と評していたが、当の本人と、その子供たちだけは、それが本当でないことを知っていた。どちらも相手の目のなかに、互いの心を読み取っていたのだ。


(J11) 鈴江 1975
 美貌の女がいた。家系も、社会的地位も良く、世渡りの条件すべて有利に生まれついていたが、運がなかった。愛しあって結婚したのだったが、その愛は冷えた。可愛い子供たちも生まれていたのだけれど、彼女は子供たちを突きつけられたもののように感じて、愛することができなかった。まるで母の落度を見すかしているように、子供たちは母を冷めたい目で見た。それで彼女はなにか自分の落度を隠さなければならないような落着かない気分になる。[略] 誰もが彼女のことをこう噂した。「あの人は実に良い母親だ。子供たちを溺愛している。」ただ彼女自身が、そして子供たち自身がそうではないことを知っていた。互いに目の中にそれを読んだのである。

  • ローレンス=著 鈴江璋子=訳 「木馬に乗った少年」 上村哲彦(かみむら・てつひこ)〔ほか〕訳 『ローレンス短篇集』 太陽選書 太陽社 1975

(J12) 矢野 1975, 1988
 美しい婦人がいた。人生の門出はあらゆる美点に恵(めぐ)まれていたが、運がなかった。愛のために結婚(けっこん)したが、愛は塵埃(じんあい)に帰した。愛らしい子供たちがいたが、それも無理におしつけられたもののような気持がつきまとって、どうしても好きになれなかった。子供たちは彼女の欠点を見つけでもしたかのように、冷たい眼で彼女をながめた。そこで彼女は、あわててその欠点をおおい隠(かく)さなければならないと感じるのである。[略] 他人はみな、彼女のことをこう言った。「好(よ)いお母さんだ。あんなにも子供を愛している」ただ彼女だけは、それと子供たちだけは、そうではないことを知っていた。かれらはおたがいの眼のなかに、それを読みとっていた。


(J13) 名原 1955
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

  • D.H.ロレンス=著 名原広三郎(なばら・ひろさぶろう)=訳 「木馬の勝ち馬」 『二羽の青い鳥』 三笠新書 三笠書房 1955

 Images 
スチール写真・DVDパッケージ・肖像写真 Film stills, a DVD cover and a portrait

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. The_rocking_horse_winner_john_mil_4 b. Rocking_horse_winner_dvd

c. Rocking_horse_film_still_4 d. Dhlawrence1906_3


■ロシア語訳 Translation into Russian

Жила на свете женщина,  она была хороша  собой и начинала свой  путь со многими иными преимуществами, но не было ей удачи. Вышла замуж она по любви, любовь обратилась в прах. У нее росли прелестные дети, но они обременяли ее, и она не любила их. Дети смотрели на нее холодно, будто в чем-то обвиняли. И она спешила  скрыть  эту  вину.  Хотя  и не знала, что именно  ей надо  было скрывать. [Omission] О  ней говорили: "Какая прекрасная мать!  Она  обожает своих детей".  Но только она одна да еще дети знали, что это не так. Они читали это в глазах друг друга.

  • Дэвид Герберт Лоуренс. Победитель на деревянной лошадке. Translated by Ларисы Ильинской
  • E-text at Lib.Ru

■ドイツ語訳 Translation into German

Es war einmal eine Frau, die schön war und lauter gute Karten in der Hand hatte; doch sie hatte kein Glück. Sie heiratete aus Liebe, und die Liebe wurde zu Asche. Sie hatte nette Kinder; doch dachte sie, sie wären ihr aufgezwungen worden, und sie konnte sie nicht lieben. Sie sahen sie mit kalten Blicken an, als ob sie einen Fehler an ihr entdeckt hätten. Und sofort glaubte sie, da sei ein Fehler in ihr, den sie verstecken müsse. [Omission] Alle andern sagten von ihr: »Sie ist solch gute Mutter! Sie liebt ihre Kinder abgöttisch.” Nur sie selbst und ihre Kinder wussten, dass es nicht so war. Sie lasen es einander von den Augen ab.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Era una mujer hermosa. Había reunido todos los atributos que puede deparar la vida, y sin embargo, la suerte no la acompañó. Se casó por amor, y el amor se hizo añicos. Tuvo hermosos hijos, y siempre creyó que la obligaron a tenerlos. Entonces no pudo amarlos. Ellos la miraban con frialdad, como si la culparan de algo. Y ella pronto sintió que tenía que ocultar alguna falta. Sin embargo, nunca supo cuál fue la culpa que debía encubrir. [Omission] Todos decían: "Es una buena madre. Adora a sus hijos". Sólo ella y sus propios hijos sabían que eso no era verdad. En sus miradas se podía cristalizar la verdad.


■フランス語訳 Translation into French

Il y avait une fois une femme qui était très belle. Elle avait débuté dans la vie avec tous les avantages, et pourtant elle n'avait pas de chance. Elle avait fait un mariage d'amour, et cet amour était tombé en poussière. Elle avait de beaux enfants, avait l'impression qu'ils lui avaient été imposés et elle était dans l'impossibilité de les aimer. Eux, la regardaient avec froideur comme s'ils avaient quelque chose à lui reprocher, et elle-même sentait qu'elle devait en hâte dissimuler quelque chose. [Omission] Tout le monde disait : « Quelle bonne mère! Elle adore ses enfants. » Mais elle et ses enfants eux- mêmes savaient que ce n'était pas vrai. Chacun lisait dans les yeux de l'autre.


 Audio 
英語原文のオーディオブック Audiobook in English

Uploaded to YouTube by MovieMan101pro on 23 Sep 2014


■英語原文 The original text in English

There was a woman who was beautiful, who started with all the advantages, yet she had no luck. She married for love, and the love turned to dust. She had bonny children, yet she felt they had been thrust upon her, and she could not love them. They looked at her coldly, as if they were finding fault with her. And hurriedly she felt she must cover up some fault in herself. [Omission] Everybody else said of her: "She is such a good mother. She adores her children." Only she herself, and her children themselves, knew it was not so. They read it in each other's eyes.


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

  • 「木馬に乗った少年」……井上 2010
  • 「木馬に乗った少年」……鏡味+野口 1982, 1985
  • 「木馬に乗った少年」……橋本 1978
  • 「木馬に乗った少年」……鈴江 1975
  • 「木馬に乗る少年」………矢野 1998
  • 「木馬の勝ち馬」…………上田 2000
  • 「木馬の勝ち馬」…………名原 1955
  • 「木馬の勝者」……………tomoki y. 2009
  • 「木馬の勝者」……………鉄村 2005
  • 「木馬の勝者」……………河野 1986
  • 「木馬の賭」………………平沼 1977
  • 「木馬を駆る少年」………矢野 1975, 1988
  • 「揺り木馬の啓示」………長井 1986

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015/03/20 英語原文のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/07/17 ロシア訳訳、ドイツ語訳、スペイン語訳、およびフランス語訳を追加しました。
  • 2011/04/31 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2010/11/29 井上義夫=編訳 2010.11 を追加しました。
  • 2009/02/06 河野一郎=編訳 1986.1 を追加しました。
  • 2009/02/04 長井裕美子=訳 1986.9 を追加しました。
  • 2009/02/01 鉄村春生=訳 2005.2 を追加しました。
  • 2009/01/24 tomoki y. 訳 2009.1 を追加しました。

 

« The Rocking-Horse Winner 2 3 »
« 木馬の勝者 2 3 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 18 January 2009

Conte de Noél by Guy de Maupassant モーパッサン「クリスマス物語」

■はじめに Introduction

「クリスマスにちなんだお話を何か知っているか?」と訊かれて、ある医者が語ったエピソード。


 Images 
フランス映画と英訳本 A French film and an English translation

a. Maupassant_le_plaisir_2 b. Maupassant_belami
  • Le Plaisir (1952), directed by Max Ophüls. A film based on three stories by Guy de Maupassant: Le Masque, La Maison Tellier, and Le Modèle. Image source: The Getty
  • Bel-Ami. Translated into English by Douglas Parmee. Penguin Classics (1975)

■日本語訳 Translation into Japanese
 
亭主が言った。
 『どんな味だね、その卵は?』
 彼女は答えず、卵を全部食べてしまった。すると突然、彼女は血走った、気違いじみた目でじっと亭主を見つめ、両腕を上げ、ねじ曲げ、頭のてっぺんから足の先まで痙攣(けいれん)させたかと思うと、床に転がり、恐ろしい叫び声をあげた。
 一晩じゅう、彼女はひどい痙攣でもがいた。ひどい震えで体をゆすぶられ、恐ろしいひきつけで顔がゆがんだ。鍛冶屋は女房を押さえつけておくことができなかったので、しかたなく縛った。
 彼女は疲れを知らぬ声で、絶えずわめきつづけた。
 『わたしの体のなかにあれがいる! わたしの体のなかにあれがいる!』
 わしは翌日呼ばれたのだ。あらゆる鎮静剤を処方してみたが、全然効果がなかった。彼女は気が違っていた。

  • ギイ・ド・モーパッサン=作 長島良三=訳 「クリスマス物語」 レイ・ブラッドベリ〔他〕=著 長島良三(ながしま・りょうぞう)=編 『贈り物—クリスマス・ストーリー集1』 角川文庫 1978/11

■英訳 Translation into English

The husband said:

"Well, how does it taste, that egg?^

She did not answer, but finished swallowing it. Then, suddenly, she set her eyes on her husband, fixed haggard, and excited, raised her arms, turned and twisted them, convulsed from head to foot, and rolled on the floor, sending forth horrible shrieks.

All night she struggled in these frightful spasms, trembling with fright, deformed by hideous convulsions. The smith, unable to restrain her, was obliged to bind her. And she screamed without ceasing, with voice indefatigable:

"I have it in my body! I have it in my body!"

I was called the next day. I ordered all the sedatives known, but without effect. She was mad.


 Audio 
フランス語原文のオーディオブック Audiobook in French

下の引用箇所の朗読は 6:18 から始まります。 Uploaded to YouTube by Littérature - Livres Audio Poesis.fr on 29 Dec 2014. Reading of the excerpt below starts at 6:18.


■フランス語原文 The original text in French

Le mari disait : 《 Eh bien ! qué goût qu'il a, c't'oeuf ? 》

Elle ne répondit pas et elle acheva de l'avaler ; puis, soudain, elle planta sur son homme des yeux fixes, hagards, affolés, leva les bras, les tordit et, convulsée de la tête aux pieds, roula par terre, en poussant des cris horribles.

Toute la nuit elle se débattit en des spasmes épouvantables, secouée de tremblements effrayants, déformée par de hideuses convulsions. Le forgeron, impuissant à la tenir, fut obligé de la lier.

Et elle hurlait sans repos, d'une voix infatigable :

《 J'l'ai dans l'corps ! J'l'ai dans l'corps ! 》

Je fus appelé le lendemain. J'ordonnai tous les calmants connus sans obtenir le moindre résultat. Elle était folle.


■外部リンク External links


■外部リンク External links

  • 2015/03/20 フランス語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, 09 January 2009

Gabriel-Ernest by Saki (2) サキ 「狼少年」「おおかみ男」「ガブリエル-アーネスト」「ゲイブリエル-アーネスト」 (2)

« 1 Gabriel-Ernest »
« 1 ガブリエル-アーネスト »

■表紙画像 Cover photos

ko Ko_saki_9788955615913 ja Ja_saki_9784336025579 tr Tr_saki_9757501298009

de De_saki_die_verschwiegenheit_der_la it It_saki_9788821602221 es Es_9788485876525_la_reticencia_de_l

S. Sakis_short_stories

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■はじめに Introduction

この短篇小説の題名を「おおかみ男」や「オオカミ少年」と訳してしまっては、種明かしをするようなものです。原題そのままに「ゲイブリエル-アーネスト」としたほうが、良いように思います。まあ、ともかくそういうお話です。一見、無垢で純真に見えた少年の正体は、じきに明らかになります。

ただ、数ある平凡なホラーの域にとどまらず、この作者らしい味が出ているのは、少年愛や同性愛的な雰囲気が漂っている点でしょう。そして、ちょっといじけたような意地悪さも見える。サキは、へそまがりや天の邪鬼の人向きの作家です。
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese
 
(J1) tomoki y. 2009
「(……)不意に気がつきました。はだかの男の子がいるのです。近くの池で水遊びでもしていたのかな、と思いました。木や草のはえていない丘の斜面に立って、この子も日が沈むのを見ていました。その姿態が、まるでローマ神話に出てくる半人半獣の牧神ファウヌスそっくりなのです。すぐさま思いました。この子をモデルとして使いたいなあ。次の瞬間には、この子に声をかけなければと思いました。ところが、まさにそのとき、日が沈んで(……)男の子も姿を消してしまったのです!」
 
   サキ=著 Tomoki Yamabayashi=訳 「ゲイブリエル-アーネスト」
   tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009/01/09
 
 
(J2) 和田 1999
「(……)すると、そのときだった。素っ裸の少年がいるのに気づいた。どうやら近くの池で泳いでいたらしい。見晴らしのいい丘の中腹で、彼もまた落日をながめていた。彼のポーズには、ローマ神話のファウヌス〔人間の胴体と山羊の下半身をもつ牧神の神〕を彷佛とさせるものがあった。画家の僕としては、即座に、彼をモデルに雇おうと思ったくらいだ。彼に声をかけようとしたやさき、太陽が地平線に沈んで(……)少年が消えた!」
 
   サキ=著 和田唯(わだ・ただし)=訳 「ゲイブリエル-アーネスト」
   O・ワイルド〔ほか〕=著 大橋洋一=監訳
   『ゲイ短編小説集』 平凡社ライブラリー 1999/12
 
 
(J3) 倉阪 1998
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki-y.]
 
   サキ=著 倉阪鬼一郎(くらさか・きいちろう)=訳 南條武則=解説
   「ガブリエル・アーネスト」  
   『小説すばる』 集英社 1998年2号
 
 
(J4) 木村 1985
「(……)とつぜんおれは、はだかの少年に気がついた。近くの池でおよいでいたんだろうな。そいつもむきだしの丘の中腹で、夕焼けをみながらたっていたんだ。そいつのようすが、異教の神話にでてくる牧神にムードがぴったりだったから、おれはたちまち、絵のモデルになってもらおうときめた。もうちょっとで、声をかけるところだった。そのときちょうど太陽が山のむこうにしずんで(……)少年まで消えてしまったんだ!」
 
   サキ〔ほか〕=作 木村由利子=文
   『おおかみ男』 怪奇シリーズ ポプラ社文庫 1985/08
   ルビは省略しました。
 
 
(J5) 山主 1984
「(……)ふっと気がつくと、近くの池からあがってきたらしいはだかの少年が、一本も木のはえていない丘の斜面に立って、やっぱり夕焼けを見ていたのだ。そのすがたはまるで、ローマ神話にある半人半羊(はんじんはんよう)の林野(りんや)の神のようだった。ぼくはすぐにその少年をモデルにして絵をかきたいと思って声をかけようとした。その時、太陽が沈んでしまって(……)少年が消えちまったのさ!」
 
   サキ=作 山主敏子=訳 「オオカミ少年」
   ブラックウッド〔ほか〕=原作
   『世界こわい話ふしぎな話傑作集3 イギリス編
   金の星社 1984/01
   原文は総ルビですが、ここではその一部を省略しました。
 
 
(J6) 中西 1982, 1988, etc.
「(……)ふと気がつくとまる裸の男の子が一人、近所の池から上って来たんだろうと思ったが、それが立木の一本もない丘の斜面に立ったまま、やはり夕焼を見ているんだ。その姿勢がギリシャ・ローマ神話の半人半獣の神ファウヌスそっくりだ。すぐさま、ひとつあれをモデルに頼もうと思いついて、今にも声をかけようとした。ところがその瞬間、夕日がスーッと沈んで(……)その子供が消えてなくなったんだ」
 
   サキ=著 中西秀男=訳
   6a. 「ガブリエル-アーネスト」
     電子書籍 『ザ・ベスト・オブ・サキ1』 2004/09/17
     ただし、提供サイト Timebook Town は2009/02/28 サービスを終了しました。
   6b. 「ガブリエル-アーネスト」
     『ザ・ベスト・オブ・サキ1』 ちくま文庫 1988/05
   6c. 「ゲイブリエル-ア-ネスト」
     『無口になったアン夫人』 バベルの図書館 国書刊行会 1988/02
   6d. 「ガブリエル-アーネスト」
     『ザ・ベスト・オブ・サキ2』 サンリオSF文庫 1982/08
   6a. の底本は 6b.6b.6d. および『ザ・ベスト・オブ・サキ1
   サンリオSF文庫 1978/11 を、サキの発表順に再編集し、新訳4篇を
   加えたもの。引用は 6b. に拠りました。
 
 
(J7) 河田 1981
「(……)ふと気がつくと、近くの池で泳いで来たらしいすっ裸の少年が一人、木のない丘の中腹に立って、やはり夕焼けをながめているじゃないか。そのポーズを見て、ぼくはローマ神話の半人半獣の神を連想し、すぐモデルにやといたくなって、早速声をかけようとした。ところが、そのとたん、太陽が沈んで(……)少年が消えてしまったんだよ」
 
   サキ=著 河田智雄(かわだ・ともお)=訳 「狼少年」
   『サキ傑作集』 岩波文庫 1981/11
 
 
(J8) 田内 1979, 2001
「(……)そのとき、丘の斜面の草の上に立って、裸の少年が夕日を見ているのが、不意に目についたんだ。近くの沼ででも泳いで来たんだろうとぼくは思ったんだよ。その格好が、ギリシャ神話の半人獣にあまりにも似てたので、ぼくはすぐにでもモデルを頼みたいと思ったんだよ。そのままだったら次の刹那(せつな)、きっと声をかけてたにちがいないのだが、丁度その時、夕日が沈んでしまったんだ。(……)少年の姿が、消えてしまったんだよ」
 
   サキ=著 田内初義(たうち・はつよし)=訳 「狼少年」
   8a. 電子書籍 『サキ短編集』 グーテンベルク21 2001/12
     電子書店パピレスでも販売。  TXT版XMDF版無料サンプル
   8b.サキ短編集』 講談社文庫 1979/06
   8a. の底本は 8b.。引用は 8b. に拠りました。
 
 
(J9) 三田村 1967
「(……)ふと見ると、沼のそばの岩の上に、まっぱだかの男の子が立っているんだよ。わしは、声をかけようと思った。すると、きゅうにあたりが暗くなって、男の子のすがたが見えなくなった。(……)」
 
   三田村信行=再話 「オオカミ少年」(サキ=作「狼少年」より)
   山中恒+佐野美津男=編 現代子どもセンター=監修
   『母と子のお話図書館1 とってもおもしろい話 ちょっとこわい話
   三一書房 1967/02
 
 
(J0) 中村 1958, 1969
「(……)突然、一人の素裸の少年がいるのに気がついた、近くの沼で泳いでいたのだろうと思ったがね、樹のない丘の中腹に立って、やっぱり落日を眺めているのだ。そのポーズが、いかにも異教の神話の半人半羊神を彷佛たらしめるので、すぐにモデルに雇いたいと思い、そのままだったら、声をかけただろうと思う。ところが、その瞬間、太陽が地平線から沈んで(……)その少年の姿も一緒に消えたのだよ。」
 
   サキ(ヘクター・ヒュー・マンロウ)=著
   中村能三(なかむら・よしみ)=訳 「狼少年」
   10a.サキ選集』 創土社 1969/10
   10b.サキ短篇集』 新潮文庫 1958/03
   引用は 10b. に拠りました。
 
 
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 
-( . . . ) De pronto me di cuenta de la presencia de un muchacho desnudo; pensé que fuera un muchacho que se había estado bañando en algún pozo cercano, y que se había quedado en la falda de la colina también mirando el atardecer. Su actitud sugería de tal modo la de un fauno silvestre de la mitología pagana que inmediatamente se me ocurrió contratarlo como modelo, y lo hubiera llamado un momento después. Pero justo en ese momento el sol dejó de verse, y ( . . . ) el muchacho también desapareció!
 
   Gabriel-Ernesto by Saki
   E-text at Ciudad Seva
 
 
■Gabriel-Ernest, read by Richard Mitchley

Produced by Robert Nichol. Copyright Vox Audio.


■英語原文 The original text in English

"( . . . ) Suddenly I became aware of a naked boy, a bather from some neighbouring pool, I took him to be, who was standing out on the bare hillside also watching the sunset.  His pose was so suggestive of some wild faun of Pagan myth that I instantly wanted to engage him as a model, and in another moment I think I should have hailed him.  But just then the sun dipped out of view, and ( . . . ) the boy vanished too!"

 
 
■外部リンク External links

 
 
■更新履歴 Change log

  • 2010/09/29 Richard Mitchley による朗読の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/01/31 田内初義=訳 1979/06 を追加しました。

 

« 1 Gabriel-Ernest »
« 1 ガブリエル-アーネスト » 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替わます。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.
 
■洋書 Books in non-Japanese languages


 
■和書 Books in Japanese


  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, 07 January 2009

Stevenson and the Fleeming Jenkins by James Alfred Ewing ジェームズ・アルフレッド・ユーイング「スティーヴンスンとフレミング・ジェンキン家の人々」

■はじめに Introduction

前回の記事 では、エディンバラにおける四人の男たちの邂逅(かいこう)について紹介した。ロバート・ルイス・スティーヴンスンが、吉田松陰についてのおそらく世界最初の伝記を執筆するきっかけとなった晩餐についてである。今回は、このおなじ出会いの場を、その場にいあわせた、スティーヴンスンの大学の後輩ジェームズ・アルフレッド・ユーイングのがわから覗いてみる。ユーイングの回想は、ロザリン・マッソン編『アイ・キャン・リメンバー・ロバート・ルイス・スティーヴンスン』に収録されている。スティーヴンスンの死後、彼を追悼するためにまとめられた本である。


 Images 
表紙・肖像画その他 Cover photos, portraits, etc.

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Yoshida_shoin_zo b. Fleeming_jenkin c. Masaki_taizo

d. Monogataru_hito_tusitala e. James_alfred_ewing f. John_moffat_rl


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2009
ルイスと最後に会ったのは、私の記憶するかぎり1878年夏だった。ジェンキンがルイスと私の二人を夕食に招いてくれたときのこと。ジェンキンの目的は、われわれを正木退蔵という人物に引き会わせることだった。正木氏は日本の官僚。東京大学教授の適任者を求めてエディンバラへ来て、この私に目をつけたのだった。正木氏は吉田寅次郎という、日本の維新初期の英雄の逸話をわれわれに語った。愛国と冒険、苦難と挫折の物語だった。ルイスは深く心を揺さぶられた。メモを取り、のちに正木氏に補足を依頼した。こうしてできあがった短篇は、ほかならぬルイスでなくては書けないような作品となった。ルイスは若い吉田が投獄され、じきに処刑されるに至ったとき耳にした漢詩の詩句が、いかに深く吉田の心に刻まれたかを描写している。

 大丈夫寧(むし)ろ玉砕すべく
 何ぞ能(よ)く瓦全(がぜん)せん

これらの詩句は、ひょっとすると、スティーヴンスンを魅了して、彼自身の短い生涯にもふさわしい座右の銘となったのだろうか?

  

(J2) よしだ 2000
「私にとって、ルイスとの思い出は、最後に彼に会った1878年のある夏の思い出である。
 それは、ジェンキンが私とルイスを、東京大学の教授となる人物を探し求めてエディンバラにやってきた日本の官吏、マサキ・タイソウ氏に会わせるために夕食に招待してくれた時で、マサキ氏が私に白羽の矢を立てた時のことである。
 マサキ氏は私たちに、日本の革新時代の初期の英雄、ヨシダ・トラジロウの話をした。
 それは愛国と冒険・苦闘の連続と、希望と挫折の物語であった。
 ルイスは深く感動した。
 彼は、その話を書き留め、後にマサキ氏に補足してもらい、ついにルイスにしか書けなかった物語を書き残した。
 その中で、彼は牢獄の中で若いヨシダがまもなく処刑されるという時に、この古典の詩の言葉を聞いて、いかに勇気づけられたかを語っている。
 大丈夫寧ろ玉となりて砕くべし
 瓦となりて全うすること能ず
 この言葉が、スティーヴンスンを魅惑して、彼のモットーになり、彼自身の短い生涯をもたらしたのではなかろうか」


■英語原文 The original text in English

The last meeting with Louis that I recollect was in the summer of 1878, when Jenkin asked us both to dinner to meet Mr Taiso Masaki, a Japanese official who had come to Edinburgh in search of a professor for the University of Tokyo and had swept me into his net. Mr Masaki told us the story of an early hero of the Japanese renaissance Yoshida Torajiro a story of patriotism and adventure, of sustained struggle and frustrated hopes. Louis was deeply stirred. He made some notes, got Mr Masaki to supplement them later, and finally wrote the story out as no one but he could have done. He tells there how the young Yoshida, when in prison and soon to be led to execution, took heart on hearing the words of the classic poem :

 It is better to be a crystal and be broken,
 Than to remain perfect as a tile upon the housetop.

Did these words, I wonder, appeal to Stevenson as a motto which might have application to his own short life?


■「玉砕」について - tomoki y. のコメント

第二次大戦中に、日本国民自身をあざむき、連合国をおそれさせた「玉砕」という観念。これに、19世紀後半のスコットランドの新進作家が感激していたという事実が興味深い。ただし、唐代に書かれた『北斉書』という歴史書に由来するその詩句の意味を、正木がどれだけ正確にスティーヴンスンに伝えたかはわからない。また、スティーヴンスンがどれだけ深く理解したかもわからない。いや、そもそもわれわれ21世紀初頭に生きる日本人が、「玉砕」という言葉について、かつて大本営発表がもちいた用語法以外にどれだけ知っているかも問題なのだが。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2009-06-29 黒川清氏の関連ブログ記事へのリンクが間違っていたので訂正しました。失礼しました。
  • 2009-06-28 外部リンクの項に黒川清氏の関連ブログ記事「タヒチ-4 (吉田松陰のこと)」へのリンクを追加しました。黒川氏はその記事の中で私のこのページをご紹介くださいました。感謝。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 05 January 2009

Yoshida-Torajiro by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティヴンソン / ステイヴンスン 「吉田寅次郎」「ヨシダ・トラジロウ」

           目次 Table of Contents

   ■エディンバラの夕べ——はじめに An evening in Edinburgh: Introduction
   ■正木と松陰とスティーヴンスン
    Images  ポスター, 表紙, 肖像, その他 Poster, cover, portraits, etc.
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) tomoki y. 2009
     (J2) よしだ 2000
     (J3) 町田 1974
     (J4) 斎藤 1958
     (J5) 工藤 1954, 1966
     (J6) 梶木 1953
     (J7) 柴 1934
    Video 1  NHK大河ドラマ 『花燃ゆ』 (2015)
    Video 2  NHKテレビ 『その時 歴史が動いた』 (2003)
    Video 3  NHK大河ドラマ 『花神』 (1977)
   ■英語原文 The original text in English
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


■エディンバラの夕べ——はじめに An evening in Edinburgh: Introduction

1878(明治11)年夏ごろ、スコットランドのエディンバラ大学土木工学科の教授フレミング・ジェンキン (Fleeming Jenkin) の家で、4人の男が夕食を共にした。その4人とは、正木退蔵(まさき・たいぞう)、ロバート・ルイス・スティーヴンスン、ジェームズ・アルフレッド・ユーイング (James Alfred Ewing)、そしてジェンキン自身。

正木は長州出身。幕末期に13歳で松下村塾最後の門下生の一人となり、短い間ながら吉田松陰に師事した。明治維新後イギリスに留学して帰国。その後1876年に官吏として再渡英。留学生を監督したり、東大などにお雇い教師を招聘(しょうへい)する目的で、ロンドンやエディンバラを訪問中だった。

スティーヴンスンは作家志望で、土木工学の勉強を怠けてはいたが、ジェンキン教授の教え子だった。また、教授とアマチュア演劇の愉しみを分かち合う間柄でもあった。ジェンキン家は、エディンバラのヘリオット・ロウ17番地にあるスティーヴンスン家から歩いて3〜4分のところにあった。

ユーイングはスティーヴンスンの大学の後輩。ジェンキンの愛弟子だった。ジェンキンは正木に、この有望な若者ユーイングを紹介するつもりで、二人を同席させたのだった。目論見は当たった。ユーイングは後に東大教授として来日し、日本の物理学、磁気学、地震学などの発展に寄与した。


■正木と松陰とスティーヴンスン

さて、正木はこの夕食の席でジェンキンとスティーヴンスン、ユーイングとの間の良き師弟愛を目の当たりにして、松陰を思い出したらしい。3人のスコットランド紳士のまえで、自らの師であった人のことを熱く語った。安政の大獄による松陰の刑死からすでに20年近くも後のことである。正木の熱弁が約1年後、スティーヴンスンに、吉田松陰(通称:寅次郎)についての短い伝記を書かせるきっかけとなった。運命の出会いの場となった夕食のとき、正木33歳、スティーヴンスン27歳、ユーイング23歳、ジェンキン45歳。

なお、正木との出会いから執筆までの1年のブランクに、スティーヴンスン本人にも、恋人を追ってカリフォルニアに渡るなどの大ドラマがあった。それは寅次郎伝の筆致にも影響をおよぼしている。が、詳細はここには書ききれない。


 Images 
ポスター, 表紙, 肖像, その他 Poster, cover, portraits, etc.

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Stevenson_yoshida_shoin b. Yoshida_retsuretsutaru c. 225pxjames_alfred_ewing

d. 17_heriot_row_edinburgh_2 e. Familiar_studies_men_books


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2009
 そして自己の使命を思うと、吉田は他の者なら挫(くじ)けてしまうようなことに、かえって奮い立つのであった。吉田が軍備理論を講義したとき、彼の念頭にあったのは、第一に日本の国防であった。日本は外からの攻撃に弱い。このことを吉田は、日本人よりも力の強い毛唐たちの振る舞い、あるいは毛唐たちの巨大な軍艦の来訪を例に挙げて説いた。日本は包囲されていた。こうして、吉田の愛国心は、自滅ともいうべき形をとった。すなわち、彼は愛国心でもって強力な外国人たちを排斥しようとした。それが、かえって外国人の招来を助長する結果となってしまった。そのことが今日では彼の主要な功績の一つとされているのだ。


(J2) よしだ 2000, 2009
 そしてヨシダは、他の人なら落胆してしまうようなことでも、達成しようとする目的のために勇気を奮い起こすことのできる人物であった。彼が兵学の理論を講じたときに、彼の頭の中に、第一にあったのは日本の防備ということであった。
 日本の国は外からの攻撃に対して弱体であった。それは外国の大きな軍艦の艦隊がやってきて、日本を軍事力で包囲したやり方を見れば、当時、夷人(いじん)たちが日本に対していかに優勢であったかということがよく分かる。
 しかし、ヨシダの愛国主義は、まったくくつがえされたともいえる形をとるのだ。
 彼は、これらの優勢な列強の夷人たちを愛国心でもって追い払おうとした。しかし、その行為が、かえって彼らの文化を導き入れることに役立った。それが現在の日本の新しい時代にとって、彼の功績の一つにさえなっている。


(J3) 町田 1974
 他人なら落胆したようなことでも、そのためにかえって、吉田は仕事に対し情熱をかきたてたのだ。兵学を講じたとき彼の心を占めていたのは、第一に日本の防備であった。日本の対外的な弱さは、跋扈(ばっこ)する夷人(いじん)の態度や巨大な夷敵の軍艦の来訪をみれば明白なことであった。日本は包囲された国であった。かくして、吉田の愛国心は、みずから失敗を招いたといわれるような形をとった。これらのきわめて強力な夷人を打ち払おうと考えたが、かえって夷人を招じ入れることに役立ったことが、今では、彼の功績の一つになっているのである。

  • スティヴンソン=著 町田晃=訳 「吉田寅次郎」 山口県教育会=編 『吉田松陰全集 別巻』 大和書房 1974/11

(J4) 斎藤 1958
他人ならば気がくじけたであろうような事が、松陰をふるい立たせて、仕事に向かわせたのである。兵法論を教授している時に、彼の心を占めていたものは、何よりもまず日本の防備であった。日本の対外的な脆弱さは、傍若無人な異国野蛮の徒の態度や、彼等の大きな軍艦の来航などの例をみても当時はハッキリしていた。日本はいわば、敵にとりかこまれた国であった。かくして松陰の愛国心は自ら敗北したともいうべき形をとった。彼はこれらの列強を寄せつけてはならぬと考えていた。しかるに今では彼はこれらの列強を招き入れるのに一役買ったことが、彼の主な功績の一つに数えられているのである。


(J5) 工藤 1954, 1966
余人ならば、必ず絶望したであろうことがらは、彼をして、かえって、その使命に向って勇躍せしめたのである。彼は軍学の師範であったために、彼の心を支配したものは、まず国防問題であった。日本の国防的無力さは、侵略洋夷(い)の行動と彼らの率いる大艦隊の来航によって実証された。日本は全く外敵の包囲を受けた国家であった。かくの如く吉田の愛国心はそれ自らを失敗せしめたと言える形をとった。彼らは向うところ敵なき洋夷の侵略を防ぐことが愛国主義と信じたのであった。この洋夷のことがらについて国内に紹介したことは、今日では彼の功績の一つとして数えられているのである。

  • R. L. Stevenson=著 工藤直太郎=訳注 「吉田寅次郎」
  • b. は抜粋訳。引用は a. 大学書林版 1966 に拠りました。

(J6) 梶木 1953
そして他人であれば失望したようなことが、吉田の元気をふるいおこさせ彼に仕事をさせたのであった。彼が兵学の説を上申した時には、彼の心中にあったのは、第一に日本の防衛であった。日本が外国に対して非常に脆いことは、夷狄の人々が蹂躙している様子によっても例証されたし、また、外国の大きな黒船の来寇によっても例証された。日本は諸外国によって包囲されていたのであった。このようにして、吉田の愛国心は、その愛国心には副わないとも言えるような形をとったのである。すなわち、彼はこれらの強力な外国人を防ぐことを念願していたが、その外国人を国内に紹介するのにあずかって力があったことが、今では彼の主要な功績の一つになっているからである。


(J7) 柴 1934
他の人をなら落膽させただらうと思ふやうな事が、吉田を仕事に身を入れさせた。彼が兵學を講じた時、彼に餘念なからしめたものは、先づ第一に、日本の國防であつた。此の國が外部的に無氣力であつたといふ事は、我物顏の夷狄の態度と、巨大な夷狄の軍艦の來訪とで、其の當時、例證された。日本は、包圍された國であつた。斯くの如くにして、吉田の愛國心は成り立つた。が、其の成り立ちは其のものを挫折せしめたと言はれるかも知れない。ち、彼は、此等の全く有力な外國人を追ひ拂ふ事を以て事とした。が、其の外國人を紹介する助となつたといふ事は、今や彼の重な功蹟の一つともなつて居る。

  • ステイヴンスン=著 柴孝平(しば・こうへい)=譯註 「吉田寅次郎」 『随筆集』 外語研究社 1934/05(昭和9) 英文併記
  • 上の著者名は扉の表記に拠る。奥付ではスティーヴンスンと表示。

 Video 1 
NHK大河ドラマ 『花燃ゆ』 (2015)

出演: 井上真央(杉文)、伊勢谷友介(吉田寅次郎)、大沢たかお(小田村伊之助)、高良健吾(高杉晋作)ほか。 Uploaded to YouTube by NHKonline on 4 Jan 2015.


 Video 2 
NHKテレビ 『その時 歴史が動いた』 (2003)
幕末立志伝 今こそ変革の時 〜吉田松陰・久坂玄瑞・高杉晋作の挑戦〜

【死の一年前、吉田松陰が弟子に向けておくった詩】
立志尚特異 俗流與議難 不思身後業 且偸目前安 百年一瞬耳 君子勿素餐

志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない
世俗の意見に惑わされてもいけない
死んだ後の業苦(ごうく)を思いわずらうな
また目前の安楽は一時しのぎと知れ
百年の時は一瞬にすぎない
君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように

  • Original broadcast: 12 March 2003. Uploaded to YouTube by karate2011bu on 3 Mar 2013.

 Video 3 
NHK大河ドラマ 『花神』 (1977)

出演: 篠田三郎(吉田寅次郎)、中村雅俊(高杉晋作)、志垣太郎(久坂玄瑞)ほか。 Uploaded to YouTube by tysevenstars on 9 Aug 2010.


■英語原文 The original text in English

( . . . ) and what would have discouraged another braced Yoshida for his task. As he professed the theory of arms, it was firstly the defences of Japan that occupied his mind. The external feebleness of that country was then illustrated by the manners of overriding barbarians, and the visit of big barbarian war ships: she was a country beleaguered. Thus the patriotism of Yoshida took a form which may be said to have defeated itself: he had it upon him to keep out these all-powerful foreigners, whom it is now one of his chief merits to have helped to introduce ( . . . )


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015/04/20 梶木隆一=訳註 1953-11-30 を追加しました。また、工藤直太郎=訳注の書誌情報を補足しました。
  • 2015/01/29 NHK大河ドラマ 『花燃ゆ』 の年について誤記していたのを訂正しました。正しくは2015年です。
  • 2015/01/05 NHK大河ドラマ 『花燃ゆ』 (2014) の YouTube 動画を追加しました。また、よしだみどり=著の書誌情報を補足しました。
  • 2014/11/10 NHK大河ドラマ 『花神』 (1977) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013/07/09 目次を新設しました。
  • 2013/06/28 斎藤美洲=訳註 1958/11/25 の訳文を挿入しました。
  • 2013/06/26 斎藤美洲=訳註 1958/11/25 の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入します。
  • 2010/11/12 NHKテレビ『その時 歴史が動いた』の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/02/24 柴孝平=譯註 1934/05 を追加しました。
  • 2009/01/30 工藤直太郎=訳注 1966/09 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  
  

| | Comments (7) | TrackBack (0)

三島由紀夫「太陽と鉄」 Sun and Steel by Yukio Mishima

■表紙画像 Cover photos

Left Sun and Steel Kodansha International. 1980
Centre 篠山紀信 『三島由紀夫の家 普及版』美術出版社 2000
Right決定版 三島由紀夫全集33 評論8』新潮社 2003

↓ Click to enlarge ↓

Yukio_mishima_sun_and_steel  Mishima_yukio_no_ie  Mishima_zenshu_33


■英訳 Translation into English

Of late, I have come to sense within myself an accumulation of all kinds of things that cannot find adequate expression via an objective artistic form such as the novel. A lyric poet of twenty might manage it, but I am twenty no longer, and have never been a poet at any rate. I have grouped around, therefore, for some other form more suited to such personal utterances and have come up with a kind of hybrid between confession and criticism, a subtly equivocal mode that one might call "confidential criticism."

I see it as a twilight genre between the night of confession and the daylight of criticism. The "I" with which I shall occupy myself will not be the "I" that relates back strictly to myself, but something else, some residue, that remains after all the other words I have uttered have flowed back into me, something that neither relates back nor flows back.

[Omission]

   Sun and Steel (1970) by Yukio Mishima
   Translated by John Bester
   Paperback: Japan's Modern Writers. Kodansha International. 1980
 
 
■日本語原文 The original text in Japanese

 このごろ私は、どうしても小説といふ客観的芸術ジャンルでは表現しにくいもののもろもろの堆積を、自分のうちに感じてきはじめたが、私はもはや二十歳の抒情詩人ではなく、第一、私はかつて詩人であつたことがなかつた。そこで私はこのやうな表白に適したジャンルを模索し、告白と評論との中間形態、いはば「秘められた批評」とでもいふべき、微妙なあいまいな領域を発見したのである。

 それは告白の夜と批評の昼との堺の黄昏(たそがれ)の領域であり、語源どほり「誰(た)そ彼」の領域であるだらう。私が「私」といふとき、それは厳密に私に帰属するやうな「私」ではなく、私から発せられた言葉のすべてが私の内面に還流するわけではなく、そこになにがしか、帰属したり還流したりすることのない残滓(ざんし)があつて、それをこそ、私は「私」と呼ぶであらう。

[以下略]

   三島由紀夫=著「太陽と鉄」
   1. 三島由紀夫 / 三島由紀夫. -- 新学社, 2007.7.
     -- (新学社近代浪漫派文庫 ; 42)
   2. 三島由紀夫文学論集. 1 / 三島由紀夫[他]. -- 講談社, 2006.4.
     -- (講談社文芸文庫)
   3. 決定版 三島由紀夫全集. 33 評論8 / 三島由紀夫. -- 新潮社, 2003.8.
   4. 太陽と鉄 / 三島由紀夫. -- 講談社, 2000. -- (講談社文庫)
   5. 太陽と鉄 / 三島由紀夫. -- 中央公論社, 1987.11. -- (中公文庫)
   6. 三島由紀夫全集. 32 / 編纂:佐伯彰一. -- 新潮社, 1975
   7. 三島由紀夫全集. 32 / 編纂:佐伯彰一. -- 新潮社, 1975
   8. 太陽と鉄 / 三島由紀夫. -- 講談社, 1968
   引用は 3. に拠りました。


■外部リンク External links

   * 三島由紀夫 - Wikipedia (1925-1970)
   * 三島由紀夫文学館
   * Yukio Mishima - Wikipedia (1925-1970)


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 04 January 2009

石川啄木 『悲しき玩具』 Sad Toys by Takuboku Ishikawa

 Video 1 
巨匠たちの輝き かなしみの詩

オリジナル放送: BS-TBS 2014-03-05 Uploaded to YouTube by yoshiyuki sumiregusa on 17 Mar 2014.


 Video 2 
そして、歌が溢れた ~松本幸四郎×石川啄木~

オリジナル放送: NHK BSプレミアム 2013-05-06 15:00〜16:00。東北6県ではNHK総合 2013-05-24 20:00~20:43 にも放送。 Uploaded to YouTube by yoshiyuki sumiregusa on 11 May 2013.


 Video 3 
Brigitte Fontaine - tanka 2

Uploaded to YouTube by HondaBeatH6 on 5 Jul 2008.


■『悲しき玩具』から五首 Five tanka poems from Sad Toys

  • Poem 38
    • Feel somehow
      As if this will be my year―
      O this clear, windless dawn on the first!
    • 何となく、
      今年はよい事あるごとし。
      元日の朝晴れて風無し。
  • Poem 41
    • On the fourth
      At last
      His once-a-year card
    • 正月の四日になりて
      あの人の
      年に一度の葉書も來にけり。
  • Poem 42
    • My brain
      Concocting only the impossible in this world!―
      Will the coming year be the same?
    • 世におこなひがたき事のみ考へる
      われの頭よ!
      今年もしかるか。
  • Poem 48
    • Is this fatigue the accumulation of a year?
      New Year's Day
      And yet so sleepy, so drowsy . . .
    • 過ぎゆける一年のつかれ出しものか、
      元日といふに
      うとうと眠し。
  • Poem 54
    • Gone all too soon
      The New Year days,
      And again the same old rut . . .
    • いつしかに正月も過ぎて、
      わが生活(くらし)が
      またもとの道にはまり來れり。

 Images 
表紙画像 Cover photos
a. Romaji_diary_and_sad_toys b. Photo c. Shimpen_takuboku_kashu_iwanami_buno

↑ クリックして拡大 Click to enlarge ↑

■出典 Sources


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/06/18 つぎの2本の YouTube 動画を追加しました。
    1. BS-TBS 巨匠たちの輝き かなしみの詩
    2. NHK BSプレミアム そして、歌が溢れた ~松本幸四郎×石川啄木~

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD & CD
  

  

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Saturday, 03 January 2009

The New Year by Death Cab for Cutie デス・キャブ・フォー・キューティー (DCFC) 「ザ・ニュー・イヤー」

■Death Cab For Cutie - The New Year (Official Video)

Uploaded by DCFCtv on 12 Jan 2009. © 2009 WMG
Death Cab For Cutie, The New Year music video, from the album Transalanticism. Directed by Jay Martin.


■tomoki y. による歌詞の日本語訳 Lyrics translated into Japanese by tomoki y.

というわけで 新年だ
といったって あいかわらずさ
クリスタルが ガチャガチャいって
バンバンと爆発音が どこやら遠くに(遠くに)

というわけで 新年だ
といったって 抱負なんてないよ
無理やり 悔いあらためたり
問題を安易に 解決しようなんてね

[以下略]

   デス・キャブ・フォー・キューティー (DCFC) 「ザ・ニュー・イヤー」
   Translation by Tomoki Yamabayashi
   tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009/01/03


■英語歌詞原文 The original lyrics in English

so this is the new year.
and i don't feel any different.
the clanking of crystal
explosions off in the distance (in the distance).

so this is the new year
and I have no resolutions
for self assigned penance
for problems with easy solutions

[Omission]

   The New Year by Death Cab for Cutie
   Ben Gibbard · Nick Harmer · Jason McGerr · Chris Walla
   from the album Transatlanticism. Released: February 19, 2004
   Lyrics source: sing365.com


■外部リンク External links

   * Death Cab for Cutie official site
   * Death Cab for Cutie - Wikipedia
   * The New Year (song) - Wikipedia
   * デス・キャブ・フォー・キューティー - ワーナーミュージック・ジャパン


■更新履歴 Change log

 
 
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »