« I See You Never by Ray Bradbury (2) レイ・ブラッドベリ / レイ・ブラッドベリー / レイ・ブラッドベリイ 「もう会えない」「二度と見えない」「わかれ」 (2) | Main | From a Railway Carriage (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティヴンソン / スティーブンソン (『子どもの詩の園』から)「鉄道の客車から」「汽車の窓から」 »

Monday, 23 February 2009

Zen in the Art of Writing by Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ 『ブラッドベリがやってくる―小説の愉快』

■はじめに Introduction

『ブラッドベリがやってくる―小説の愉快』は、原題を『小説作法における禅 (Zen in the Art of Writing)』といって、1961年から1986年のあいだに、雑誌むけの記事や自作への序文として書かれた九つのエッセイを集め、さらに八つの詩を加えたものである。(「訳者あとがき」より)


■表紙画像 Cover photos

a.ブラッドベリがやってくる―小説の愉快』晶文社 (1996)
b. Lo zen e l’arte della scrittura DeriveApprodi (2000)  ISBN: 88-87423-34-2 More details here. Table of contents here.  Image source: traspi.net  イタリア語版
c. Zen en el arte de escribir Minotauro (1997) スペイン語版
d. Zen in der Kunst des Schreibens Autorenhaus Verlag (2003) ドイツ語版
e. Zen in the Art of Writing: Essays on Creativity, Expanded Joshua Odell Editions (1994)

↓ Click to enlarge ↓

a. Bradbury_ga_yattekuru  b. Lo_zen_e_larte_della_scrittura c. Zen_en_el_arte_de_escribir

d. Zen_in_der_kunst_des_schreibens  e. Bradbury_zen_art_of_writing


■では、書いていて何がわかるのか。
 And what, you ask, does writing teach us?

[ja] 日本語訳 Translation into Japanese

 では――と言われるかもしれない――書いていて何がわかるのか。
 まずは第一に、われわれは生きているということがわかる。そして、生きているのは特別にあたえられた状態なのであって、もとからの権利なのではないともわかる。ひとたび生命なるものを授与されたなら、今度は生命を保つべく働かなければならない。(……)
 第二に、書くことはサバイバルである。いかなる芸術も、良質の芸術であるならば、すべてそうである。
 かなりの人間にとって、書かないということは死につながる。
 一日たりとも、武器をとらない日があってはならない。完勝までは望めないとわかっているかもしれないが、でも戦いは避けられない。たとえ、ささやかな小競りあいでも、かならず戦っておく。(……)あるピアニストが言ったではないか――一日練習をさぼると自分でわかり(……)
 作家の場合には(……)にしても、やはり似たようなことは言える。
 作家がどうなるかというと、世界に追いつかれて心が病みそうになる。書くことを一日さぼれば、そういう病毒が身体にたまって死にかける。ないしは、発狂したようになる。ないしは、その両方である。
 つまり、書くことに酔っていないといけない。それでもって現実に滅ぼされずにすむ。
 書いていることによって、真理、生命、現実の正しい味わい方ができる。料理法さえ正しければ、食べて飲んで消化しても、はあはあ息苦しくなってベッドでのたうちまわり、死んだ魚のようにならなくてすむ。

      レイ・ブラッドベリ「序文」


[en] 英語原文 The original text in English

  And what, you ask, does writing teach us?
  First and foremost, it reminds us that we are alive and that it is a gift and a privilege, not a right.  We must earn life once it has been awarded us....
  Secondly, writing is survival.  Any art, any good work, of course, is that.
  Not to write, for many of us, is to die.
  We must take arms each and every day, perhaps knowing that the battle cannot be entirely won, but fight we must, if only a gentle bout.....Remember the pianist who said that if he did not practice every day he would know....  A variation of this is true for writers.
  What would happen [if you did not write every day] is that the world would catch up with and try to sicken you...the poisons would accumulate and you would begin to die, or act crazy, or both.
  You must stay drunk on writing so reality cannot destroy you.
  For writing allows just the proper recipes of truth, life, reality as you are able to eat, drink, and digest without hyperventilating and flopping like a dead fish in your bed.

      "Preface" by Ray Bradbury


■やる気、その気、愛情、おもしろがる精神、などというものがないくせに……
 If you are writing without zest, without gusto, without love, without fun. . .

[ja] 日本語
やる気、その気、愛情、おもしろがる精神、などというものがないくせに書いているとしたらならば、とうてい作家になりきってはいない。
      レイ・ブラッドベリ「書くことの喜び」

[en] English
If you are writing without zest, without gusto, without love, without fun, you are only half a writer.
      "The Joy of Writing" by Ray Bradbury


■サイエンス・フィクションは、未来を見ているふりをして、じつは……
 Science fiction pretends at futures in order to. . .

[ja] 日本語
サイエンス・フィクションは、未来を見ているふりをして、じつは今日の路傍に倒れる病んだ犬を癒そうというのである。遠まわし表現こそ命。メタファーが薬。
      レイ・ブラッドベリ「ロボット博物館の黄昏」

[en] English
Science fiction pretends at futures in order to cure sick dogs lying in today's road.  Indirection is everything.  Metaphor is the medicine.
      "On the Shoulders of Giants" by Ray Bradbury


■出典 Sources

[ja] 日本語訳 Translation into Japanese
   レイ・ブラッドベリ=著 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   『ブラッドベリがやってくる―小説の愉快
   晶文社 1996/06

[en] 英語原文 The original text in English
   Zen in the Art of Writing by Ray Bradbury
   * Hardcover Santa Barbara, CA: Capra Press, 1990
   * Paperback Bantam Books, 1992/04
   * Expanded edition paperback Joshua Odell Editions, 1994/04
   * E-text at RayBradbury.ru
   * Excerpt at Steven Mills - Quotes


■外部リンク External links

[en] English
   * Ray Bradbury official site
   * Ray Bradbury - Wikipedia (1920-2012)

[ja] 日本語
   * レイ・ブラッドベリ - Wikipedia (1920-2012)
   * レイ・ブラッドベリ - 翻訳作品集成


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  

|

« I See You Never by Ray Bradbury (2) レイ・ブラッドベリ / レイ・ブラッドベリー / レイ・ブラッドベリイ 「もう会えない」「二度と見えない」「わかれ」 (2) | Main | From a Railway Carriage (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティヴンソン / スティーブンソン (『子どもの詩の園』から)「鉄道の客車から」「汽車の窓から」 »

Comments

Hi there i am kavin, its myy first time to commenting anywhere, when i read this posti thought i could also create comment due to this good post.

Posted by: http://www.barredeson.com/ | Saturday, 16 November 2013 08:47 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Zen in the Art of Writing by Ray Bradbury レイ・ブラッドベリ 『ブラッドベリがやってくる―小説の愉快』:

« I See You Never by Ray Bradbury (2) レイ・ブラッドベリ / レイ・ブラッドベリー / レイ・ブラッドベリイ 「もう会えない」「二度と見えない」「わかれ」 (2) | Main | From a Railway Carriage (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson スティーヴンスン / スティヴンソン / スティーブンソン (『子どもの詩の園』から)「鉄道の客車から」「汽車の窓から」 »