« Proust and the Squid: The Story and Science of the Reading Brain by Maryanne Wolf メアリアン・ウルフ『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?』 | Main | Youth by Joseph Conrad (1) コンラッド 「青春」「靑春」 (1) »

Saturday, 28 March 2009

Gone Wrong by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「堕落」「身の程知らずもほどほどに」

■はじめに Introduction

ビバリーヒルズですっかりスポイルされてしまった犬についての短いお話。語り手は犬。その名はスティッフィーもしくはスティフィ。聞き手は人間。オレもしくは私。


■表紙画像 Cover photos

Left犬と作家の素敵な24の物語』 バベルプレス (2006)
Centre犬のいい話―ヤツラのいない生活なんて』 心交社 (1992)
Right Best Dog Stories. Outlet (1991)

↓ Click to enlarge ↓

Inu_to__sakka_no_24_no_monogatari  Inu_no_ii_hanashi  Omara_best_dog_stories

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 山岡 2007
「そうさ、クラリーと一緒に映画に出ているんだ」
「クラリー?」
「クララ・スヴェルトさ。なかなかいい娘(こ)だぜ。彼女以上の相手役はいないだろうな。あのガルボっていう娘が評判ほどでなかったら、次回作でもクラリーと組まない理由はないんだがね。ガルボが使えるかどうか、目下観察中さ。あのスウェーデン語なまりはちょっといただけないが、それでもオレは使えると思うね。さて、相棒、そろそろ時間だろう? しゃべりすぎはのどに良くないんでね。それにもうすぐ使いの車が来て、スタジオまで送ってもうらんだ。それじゃあ、会えて楽しかったぜ」

   P.G.ウッドハウス=著 山岡由美子=訳 「堕落」
   アナトール・フランス〔ほか〕=著 岡本千晶=監訳 石家佳代子〔ほか〕=訳
   『犬と作家の素敵な24の物語』 バベルプレス 2007.1 所収

   この本の内容詳細はつぎの各サイト:
   * e翻訳堂
   * 羽島市立図書館
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト


(2) 芦 1992
 「ああ。クラリーと映画を撮ってる」
 「ク、クラリー?」
 「クララ・スヴェルト。可愛い子ちゃんだぜ。いいよ、あの娘は。次の作品でもつかおうと思ってる……例のグレタ・ガルボとかって娘が評判ほどでなかったら、の話だけどね。今度グレタと一本撮ろうかと思ってね、目下検討中。スウェーデン語なまりの英語はいただけないけど、まあ、なんとかいけるだろう。さてと、そろそろ失礼するよ。のどを休ませてやらないと。それに、おっつけ迎えの車もくるんだ。いや、君に会えて楽しかったよ」

   P・G・ウッドハウス=著 芦真璃子=訳 「身の程知らずもほどほどに」
   レスリー・オマラ=編 堀たほ子〔ほか〕=訳
   『犬のいい話―ヤツラのいない生活なんて』 心交社 1992.10 所収

   この本の内容詳細はつぎの各サイト:
   * 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   * 日の出町立図書館

   原書:
   Best Dog Stories
   Introduction by Gerald Durrell ; edited by Lesley O'Mara.
   Wing Books, New York 1991.


■英語原文 The original text in English

  'Yes,' he said. 'Doing a picture with Clarry.'
  'Clarry?'
  'Clara Svelte. A nice little thing. I could wish no better support. I see no reason why I should not use her in my next, unless this girl Garbo is as good as they say. I am having Greta watched closely, with a view to taking her on. That Swedish accent is a bit of a drawback, of course, but I could carry her. And now, my dear fellow,' said Stiffy, T know you will excuse me. I have to save my voice. And my man will be along in a moment wih the car to take me to the lot. So glad to have seen you.'

   Gone Wrong by P.G. Wodehouse
   in Best Dog Stories
   Introduction by Gerald Durrell ; edited by Lesley O'Mara.
   * ISBN: 1854790811. London : O’Mara, 1990-09-20.
   * ISBN: 0517064987.
    New York : Wings Books, Distributed by Outlet Book Co., 1991-08-27.
   * ISBN: 0330317350, Pan Books, 1991-11-08.

   More details at:
   * Internet Book List
   * Great River Regional Library
   * Missouri River Regional Library


■外部リンク External links

 [en] English
   * P. G. Wodehouse - Wikipedia (1881-1975)
   * P. G. Wodehouse - Every Author

 [ja] 日本語
   * 「身の程知らずもほどほどに(Gone Wrong)」(1932)
     - 文芸誌ムセイオン P・G・ウッドハウスを読む
   * ウッドハウス邦訳書誌


■更新履歴 Change log

2010/11/20 英語原文のテキストを挿入しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Dog stories

(2) P.G. Wodehouse

■和書 Books in Japanese
(1) 犬+作家+物語

(2) P・G・ウッドハウス

  

|

« Proust and the Squid: The Story and Science of the Reading Brain by Maryanne Wolf メアリアン・ウルフ『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?』 | Main | Youth by Joseph Conrad (1) コンラッド 「青春」「靑春」 (1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Gone Wrong by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「堕落」「身の程知らずもほどほどに」:

« Proust and the Squid: The Story and Science of the Reading Brain by Maryanne Wolf メアリアン・ウルフ『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?』 | Main | Youth by Joseph Conrad (1) コンラッド 「青春」「靑春」 (1) »