« The Friends of the Friends (original title: The Way It Came) by Henry James ヘンリー・ジェイムズ/ヘンリイ・ジェームス「友だちの友だち」(初出時の題:「顛末」または「いかに来たか」) | Main | Gone Wrong by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「堕落」「身の程知らずもほどほどに」 »

Wednesday, 25 March 2009

Proust and the Squid: The Story and Science of the Reading Brain by Maryanne Wolf メアリアン・ウルフ『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?』

■表紙画像 Cover photos

a. プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?
著者:メアリアン・ウルフ
ハードカバー
出版社:インターシフト
発売日:2008-10-15
ISBN-10 : 4772695133

b. Proust and the Squid: The Story and Science of the Reading Brain
著者: Maryanne Wolf
ペーパーバック
出版社:Icon Books Ltd
発売日:2008-11-06
ISBN-10 : 1848310307

c. The Psychology and Pedagogy of Reading - Special Edition
著者: Edmund Burke Huey
Available from the International Reading Association (IRA).
発売日:2009
ISBN-13 : 978-0-87207-696-9
Table of contents is here.

This book by Sir Edmund Huey was originally published in 1908 by MacMillan, and reprinted in 1968 by MIT Press. For other editions, click here.
上のサー・エドモンド・ヒュ-イの著書は読字/読書に関わる古典的研究。メアリアン・ウルフは『プルーストとイカ』の「はじめに」など多くの場所でヒューイを引用している。

↓ Click to enlarge ↓

a. Puruusuto_to_ika b. Maryanne_wolf_proust_and_the_squid c. Edmund_huey_psychology_pedagogy_rea

■はじめに Introduction

字を読む。言葉を読む。本を読む。

「読む」という行為は、特殊で複雑で美しい。およそ自明というには程遠いプロセスだ――と、メアリアン・ウルフは言う。彼女は米国の大学で小児発達学・認知神経科学を教え、ディスレクシア(読字障害)の研究を専門とする。彼女の2人の子供のうち1人はこの症状を有する。

ウルフは、読むという、この奥深く創造的な行為を、脳との関わりにおいて解き明かしてゆく。


■日本語訳 Translation into Japanese

私の人生は言葉とともにある。脳の入り組んだ溝に潜んでいる言葉を探し出し、その幾重にも重なった意味と形状を研究し、言葉の秘密を子どもたちに教える日々である。
   ――はじめに

文字を読む脳の発達と進化のこの二つの次元、つまり、個人的・知的次元と生物学的次元が併せて語られることはまれだが、そうすることで発見できるきわめて重要で素晴らしい手本がある。本書では、読字のまったく異なる二つの側面を説明するため、メタファーとしては有名なフランスの作家マルセル・プルーストを、また、研究例としては非常に過小評価されているイカを取り上げてみる。プルーストは読書を、人間が本来ならば遭遇することも理解することもなく終わってしまう幾千もの現実に触れることのできる、一種の知的〝聖域〟と考えていた。これらの初めて触れた現実は、どれも読者がアームチェアにくつろいだままで、その知的生活を一変させる力を秘めているというのである。
   ――第1章 プルーストとイカに学ぶ

   メアリアン・ウルフ=著 小松淳子(こまつ・じゅんこ)=訳
   『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?
   インターシフト 2008-10-15


■英語原文 The original text in English

I have lived my life in the service of words: finding where they hide in the convoluted recesses of the brain, studying their layers of meaning and form, and teaching their secrets to the young.
   -- Preface

These two dimensions of the reading brain's development and evolution—the personal-intellectual and the biological—are rarely described together, but there are critical and wonderful lessons to be discovered in doing just that. In this book I use the celebrated French novelist Marcel Proust as metaphor and the largely underappreciated squid as analogy for two very different aspects of reading. Proust saw reading as a kind of intellectual "sanctuary," where human beings have access to thousands of different realities they might never encounter or understand otherwise. Each of these new realities is capable of transforming readers' intellectual lives without ever requiring them to leave the comfort of their armchairs.
   -- Chapter One: Reading Lessons From Proust and the Squid

   Proust and the Squid: The Story and Science of the Reading Brain
   by Maryanne Wolf
   New York : HarperCollins, 2007

   Excerpt at:
   * Barnes & Noble
   * HarperCollins
   * Amazon.co.jp
   * Keenzo.com

   Audiobook excerpt of Preface
   * HighBridge Audio (in MP3 format)
   * Wisconsin Public Library Consortium (in WMA format)
   * Daniel Boone Regional Library (WMA)
   * State Library of Kansas (WMA)


■外部リンク External links

 [en] English
   * Proust and the Squid.com
   * Maryanne Wolf - Faculty Profiles Tufts University
   * Proust and the Squid - LibraryThing
   * Is Google Making Us Stupid? by Nicholas Carr
      An article in July/August 2008 issue of The Atlantic magazine.
      Technology writer Nicholas G. Carr is highly critical of the
      Internet's effect on cognition. Carr cites Maryanne Wolf in
      this article.

 [ja] 日本語
   * プルーストとイカ - インターシフト
      出版社による、この本の詳しい紹介。立ち読み (PDF) もできる。
      識者や主要メディア各社による多数の書評へのリンクも張られている。


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« The Friends of the Friends (original title: The Way It Came) by Henry James ヘンリー・ジェイムズ/ヘンリイ・ジェームス「友だちの友だち」(初出時の題:「顛末」または「いかに来たか」) | Main | Gone Wrong by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「堕落」「身の程知らずもほどほどに」 »

Comments

アグ ミニ ネヴァーフルすることができます完全に開いているかに cinched上側面。これまだ別場合に適したオプションたいハンドバッグを頻繁に変更します。絶対にそれ - ヴィンテージとデザイナーを愛している私の娘に与えた ! ugg アグ

Posted by: アグ ミニ | Sunday, 24 November 2013 at 05:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/44459086

Listed below are links to weblogs that reference Proust and the Squid: The Story and Science of the Reading Brain by Maryanne Wolf メアリアン・ウルフ『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?』:

« The Friends of the Friends (original title: The Way It Came) by Henry James ヘンリー・ジェイムズ/ヘンリイ・ジェームス「友だちの友だち」(初出時の題:「顛末」または「いかに来たか」) | Main | Gone Wrong by P.G. Wodehouse P・G・ウッドハウス「堕落」「身の程知らずもほどほどに」 »