« Little Blue and Little Yellow by Leo Lionni レオ・レオーニ 『あおくんときいろちゃん』 | Main | The Friends of the Friends (original title: The Way It Came) by Henry James ヘンリー・ジェイムズ/ヘンリイ・ジェームス「友だちの友だち」(初出時の題:「顛末」または「いかに来たか」) »

Thursday, 12 March 2009

The Law of Life by Jack London ジャック・ロンドン 「生の掟」「生命の法則」「生命の掟」

■はじめに Introduction

下に引用するのは、ジャック・ロンドンの短篇小説 The Law of Life の最終パラグラフの後半部分。この作品の題名となっているフレーズが、最後の最後に現われる。

極北のある地方での話。主人公は、まえの首長/族長/酋長であったクスクーシュ老人。年老いて部族のお荷物になったため、現在の首長/族長/酋長である息子によって、ひとり野ざらしの場所に置き去りにされる――あたかも日本の姥捨て伝説や『楢山節考』のように。

やがて、身動きの取れない老人を、獣の輪が取り囲む。


■The Law of Life の日本語訳を収録した本と雑誌の一覧
 List of books and a magazine that contain a Japanese translation of
 The Law of Life

   1. 柴田 火を熾す / ジャック・ロンドン. -- スイッチ・パブリッシング, 2008.10
   2. 柴田 Coyote (コヨーテ) No.20. -- スイッチ・パブリッシング, 2007.7
   3. 辻井 ジャック・ロンドン選集. 6 / ジャック・ロンドン[他]. -- 本の友社, 2006.4
   4. 辻井 極北の地にて / ジャック・ロンドン[他]. -- 改訂. -- 新樹社, 2005.6
   5. 大津 20世紀アメリカ短篇選. 上 / 大津栄一郎. -- 岩波書店, 1999.3.
          -- (岩波文庫)
   6. 辻井 極北の地にて / ジャック・ロンドン[他]. -- 新樹社, 1996.7
   7. 井上 別れのとき / 文芸春秋. -- 文芸春秋, 1993.3. -- (文春文庫 ; 7)
   8. 井上 死の同心円 / ジャック・ロンドン[他]. -- 国書刊行会, 1988.5.
          -- (バベルの図書館 ; 5)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 柴田 2007, 2008
命にしがみついて何になる? そう老人は胸のうちで思い、燃えさかる棒を雪のなかに投げ捨てた。じゅうっと音を立てて火が消えた。輪は不安げなうなり声を上げたが、その場から動きはしなかった。そしていま一度、老いた雄ヘラジカの最後の抵抗をクスクーシュは見た。疲れた頭を、老人は膝の上に垂らした。しょせんどうだというのだ? これが生の掟ではないか?

   ジャック・ロンドン=著 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳 「生の掟」
   a.火を熾す(ひをおこす)』 柴田元幸翻訳叢書
     スイッチ・パブリッシング 2008.10
   b. Coyote (コヨーテ) 20号 スイッチ・パブリッシング 2007.7
   初出誌は b.a.b. に加筆・訂正したもの。引用は a. に拠りました。


(2) 大津 1999
なんで生命にしがみつかなきゃいけないんだ、と彼は言った。そして燃えている木を雪の上に落とした。火はじゅっという音を立てて消えた。狼の群れは不安そうにうなり声をあげたが、動かなかった。年をとった雄のムースの最後の光景がまた瞼の裏に見えた。コスクーシュは疲れて頭をぐったりと膝の上に落とした。つまるところ、こんなことがなんだと言うんだ。これが生命の法則ではないか。

   ジャック・ロンドン=著 大津栄一郎=訳 「生命の法則」
   大津栄一郎=編訳 『20世紀アメリカ短篇選(上)』 岩波文庫 1999.3


(3) 辻井 1996, 2005, etc.
どうしてわしは、必死に生きようとしなくちゃならないんだろう?と、彼は自問する。そして、燃えている薪を雪の中に落とした。それは、ジューンと音を立てて消えた。狼の輪は、けげんそうにうなった。が、その場を動きはしない。もう一度老人は、あの老いた大鹿の最後の踏んばりを思った。それから、疲れたように膝の上に頭を落とした。結局それがどうしたっていうのだ? それが、生の掟というものではないのか?

   ジャック・ロンドン=著 辻井栄滋(つじい・えいじ)=訳 「生の掟」
   a.決定版 ジャック・ロンドン選集6 短篇集』 本の友社 2006.4
   b.極北の地にて』 改訂版 新樹社 2005.6
   c.極北の地にて』 新樹社 1996.7
   引用は a. に拠りました。


(4) 井上 1988, 1993
なぜおれは命にしがみついているのか? と彼はたずね、燃える薪を雪の中に落した。薪はジュッと音を立てて消えた。獣の輪はおびえたように鼻をならしたが、後へ引かなかった。またしても、年老いた雄のヘラジカの最後の抵抗が瞼に浮かんだ。コスクーシュは疲れたように頭を膝の上に落した。けっきょく、どうでもいいことではないか。これが生命の掟ではないのか?

   ジャック・ロンドン=著 井上謙治(いのうえ・けんじ)=訳 「生命の掟」
   a.アンソロジー人間の情景7 別れのとき』 文春文庫 1993.3
   b.死の同心円』 バベルの図書館 5 国書刊行会 1988.5
   引用は b. に拠りました。


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Hát miért is csüggne annyira az életen? - kérdezte Koszkus, s a lángoló rőzsenyalábot a hóba ejtette. A fa sisteregve kialudt. A kör kelletlenül morgott, és nem tágított. Utoljára villant föl benne a vén szarvasbika küzdelme, és fáradtan térdére ejtette fejét. Utóvégre nem mindegy? Vagy nem ez az élet törvénye?

   Az élet törvénye by Jack London
   Translated by Határ Győző
   E-text at MEK (Magyar Elektronikus Könyvtár)


■ロシア語訳 Translation into Russian

Зачем цепляться за жизнь? - спросил Коскуш самого себя и уронил пылающую головню на снег. Она зашипела и потухла. Волки тревожно зарычали, но не  двигались с места. Снова Коскуш увидел последнюю битву старого лося и тяжело опустил голову на колени. В конце концов не все ли равно?  Разве  не  таков  закон жизни?

   Джек Лондон. Закон жизни
   E-text at Lib.Ru


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

„Защо трябва да се вкопчвам за живота?“ — запита се той и пусна пламтящата главня в снега. Тя засъска и угасна. Кръгът започна да ръмжи неспокойно, но не се помръдна. Отново пред очите му се мярна последното сражение на стария елен. Тогава Коскуш отпусна уморено глава на коленете си. Какво значение имаше в края на краищата всичко това? Нима това не е законът на живота?

   Джек Лондон. Законът на живота
   Translated by Борис Дамянов, 1963
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


■チェコ語訳 Translation into Czech

"Proč tak lpět na životě?" tázal se stařec a odhodil oharek do sněhu. Oharek zasyčel a uhasl. Kruh příšerně zavrčel, avšak neustoupil. A Koskoosh opět spatřil tu poslední zastávku starého sobího býka a znaven sklonil hlavu ke kolenům. K čemu to vše? Není to snad zákon života?

   Zákon života by Jack London
   E-text at Knihy na netu


■ドイツ語訳 Translation into German

Warum sich ans Leben klammern? fragte er sich und ließ das flammende Scheit in den Schnee fallen. Es zischte und erlosch. Der Kreis knurrte unruhig, blieb aber liegen. Wieder sah er den letzten Kampf des alten Elchbullen, und Koskoosh ließ das Haupt müde auf die Knie sinken. Was tat es schließlich? War es nicht das Gesetz des Lebens?

   Das Gesetz des Lebens by Jack London
   Translated by Határ Győző
   E-text at Sternchenland.com


■イタリア語訳 Translation into Italian

“Perché avrebbe dovuto aggrapparsi alla vita?” si chiese, e lasciò cadere sulla neve il tizzone fiammeggiante, che sfrigolò e si spense. Il branco ringhiò inquieto, ma mantenne le posizioni. Di nuovo Koskoosh vide l’ultima difesa del vecchio alce maschio, poi lasciò cadere stancamente la testa sulle ginocchia. Cosa importava dopo tutto? Non era forse quella la legge della vita?

   La legge della vita by Jack London
   Excerpt at Riccardo Caldara's blog


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Por que é que ele se havia de agarrar à vida? perguntou, e deixou cair o tição na neve. Este crepitou e apagou-se. O círculo rosnou inquieto, mas manteve-se firme. E Koskoosh viu de novo o velho alce-boi na sua última paragem; deixou pender a cabeça gasta sobre os joelhos. Que importava? Não era aquilo, afinal, a lei da vida?

   A Lei da Vida by Jack London
   Translated by Luís Varela Pinto
   E-text at luisvpinto.no.sapo.pt


■スペイン語訳 Translation into Spanish

-¿Por qué me aferro a la vida? - se preguntó.
Y arrojó el tizón a la nieve. La ardiente rama se apagó con crepitante chisporroteo. Los lobos lanzaron gruñidos de inquietud, pero el círculo no se deshizo. Koskoosh volvió a ver el final de la lucha del viejo alce y, desfallecido, inclinó la cabeza sobre las rodillas. ¿Qué importaba la muerte? Había que acatar la ley de la vida.

   La ley de la vida by Jack London
   E-text at Ciudad Seva


 Audio 
The Law of Life (2/2) narrated by Shep O'Neal

下に引用する箇所の朗読は 2:37 から。パート1は ここ。 Uploaded to YouTube by InterestingThingsESL on 5 Dec 2006. Reading of the excerpt below starts at 2:37. Part one is here.


■英語原文 The original text in English

Why should he cling to life? he asked, and dropped the blazing stick into the snow. It sizzled and went out. The circle grunted uneasily, but held its own. Again he saw the last stand of the old bull moose, and Koskoosh dropped his head wearily upon his knees. What did it matter after all? Was it not the law of life?

   The Law of Life by Jack London
   First published in McClure's Magazine Vol. 16, March, 1901.
   Later incorporated into the book: Children of the Frost, 1902.
   E-text at:
   * The World of Jack London
   * Project Gutenberg
   * Wikisource


■カナダ・ユーコン準州の地図 Map of Yukon Territory, Canada by Google Maps


View Larger Map


■外部リンク External links

 [en] English

 [ja] 日本語


■更新履歴 Change log

  • 2013-02-15 ハンガリー語訳、ロシア語訳、ブルガリア語訳、チェコ語訳、ドイツ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« Little Blue and Little Yellow by Leo Lionni レオ・レオーニ 『あおくんときいろちゃん』 | Main | The Friends of the Friends (original title: The Way It Came) by Henry James ヘンリー・ジェイムズ/ヘンリイ・ジェームス「友だちの友だち」(初出時の題:「顛末」または「いかに来たか」) »

Comments

Great writing! You should definitely follow up on this topic?!?

Posted by: aij car insurance | Saturday, 27 November 2010 at 01:43 PM

What's up, just wanted to say, I enjoyed this post. It was practical. Keep on posting!

Posted by: Florida | Tuesday, 30 April 2013 at 11:18 PM

When you consider the robotic adverts that surround this short article, remember that the Buyer Federation of America (CFA) has long suggested people to workout careful attention when using Internet payday loan web-sites, where loans due from the next payday, can price around $30 per $100 assimilated and debtors typically face annual interest levels (APRs) of 650%. Loan Pitchman Permanently Banned from Telemarketing - 03/26/2010 In accordance with a CFA study of one hundred Internet payday loan websites, tiny loans involving electronic access to consumers' checking accounts pose high dangers to consumers who borrow income by transmitting individual financial info via the Internet. legit payday loans

Posted by: quick approval loans | Monday, 12 August 2013 at 03:59 AM

ugg ベイリーボタン それは、紛れもないの症状スタイル、社会階級と洗練された。これらのバッグは非常にファンキーなに関連付けられている外観よりもむしろレザー トート バッグ。場所として愛されて言うことができる実際にすることが重要です週末に殺到します。 ugg ジミーチュウ

Posted by: ugg ベイリーボタン | Sunday, 24 November 2013 at 01:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/44309560

Listed below are links to weblogs that reference The Law of Life by Jack London ジャック・ロンドン 「生の掟」「生命の法則」「生命の掟」:

« Little Blue and Little Yellow by Leo Lionni レオ・レオーニ 『あおくんときいろちゃん』 | Main | The Friends of the Friends (original title: The Way It Came) by Henry James ヘンリー・ジェイムズ/ヘンリイ・ジェームス「友だちの友だち」(初出時の題:「顛末」または「いかに来たか」) »