« La Morte / Was it a dream? by Guy de Maupassant モーパッサン/モウパツサン「死せる女」「一場の夢?」「死んだ女」「夢かあらぬか」「夢なりしか」 | Main | How to Be an Alien by George Mikes ジョルジ・ミケス / ジョージ・ミケシュ 『異邦人のための心得』『英国人入門』『外人処世訓』 »

Tuesday, 19 May 2009

Letter from Commodore Perry to the Emperor of Japan ペリー提督から日本帝国皇帝への手紙

■はじめに――二人の皇帝 Introduction: Two Emperors of Japan

[ja] 日本には、2人の皇帝が並び立っているという奇妙な特徴がある。ひとりは世俗的な役割を、もうひとりは宗教的な役割を担っている(……)

   序論 第3節 政府
   『ペリー艦隊日本遠征記 Vol.1
   オフィス宮崎=訳 栄光教育文化研究所 1997

[en] Japan presents the singular feature of having two Emperors at the same time, the one secular, the other ecclesiastical ( . . . )

   Introduction. Section 3: Government.
   Narrative of the Expedition of an American Squadron
   to the China Seas and Japan, performed in the years
   1852, 1853, and 1854. Volume 1. 1856.

これは、ヨーロッパにおける、国王とローマ法王との関係に似ている。条約締結にあたって誰と交渉するかが最重要の課題であった。アメリカ大統領国書の宛先も、同時に添えたペリー書簡も宛先は「日本国皇帝」(Emperor of Japan) となっている。受理したのは幕府であった。ここで事実上、日本国皇帝イコール徳川将軍の関係が確立した。

   第二章 アメリカ東インド艦隊 4. アメリカの得た日本情報
   加藤祐三(かとう・ゆうぞう)=著 『幕末外交と開国
   ちくま新書 筑摩書房 2004-01-10


■「皇帝」への手紙 Letter to the Emperor

下に引用するのが、そのペリー書簡。つまり1853年に、当時のアメリカ合衆国海軍東インド艦隊司令長官が日本の「皇帝」に宛てて書いた手紙。

上に加藤氏が述べているとおり、この「皇帝」とは、京都にいた皇帝ではなく江戸にいた皇帝のほうを指す。司令長官ペリー提督は、天皇ではなく徳川将軍に宛てて、この手紙を書いた。

こういう二国間のトップレベルの人どうしで交わされる手紙は、どういう文体の日本語に訳すべきか? 私にはわからない。


■表紙その他 Cover photos, etc.

a. オフィス宮崎=編訳 『ペリー艦隊日本遠征記(上)』(全2冊) 万来舎 2009-04 原書Vol. 1を二分冊に収録。下の b. を再編集したもの。詳細は ここ

b. オフィス宮崎=編訳 『ペリー艦隊日本遠征記 Vols.1-3』(全3巻・海図付セット) 栄光教育文化研究所 1997 原書Vols.1-3を三分冊に収録。カラー図版や組版も含め、原書を忠実に再現した初の完訳版。定価150,000円 分売不可。オフィス宮崎による紹介ページは ここ

c. Narrative of the Expedition to the China Seas and Japan, 1852-1854  by Matthew Calbraith Perry (Commodore M. C. Perry). Paperback. Dover Publications. 2000-09-15

↓ Click to enlarge ↓

a. Perry_kantai_nihon_enseiki_jou  b. Perry_3_vols_office_miyazaki_3  c. Perry_narrative_of_the_expedition

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 三方 1999
アメリカ蒸気艦サスケハナ号にて
ウラガ 一八五三年七月十二日
 条約を協議する全権を賦与された、この海域における米国海軍の提督である私は、皇帝の最高位の臣下と協議することを望んでいる。それは、米国大統領から皇帝にあてた国書および信任状の原本を奉呈するためである。
 その会見のために、できるだけ早い日時が設定されることを望む。
 日本国皇帝殿

   『猪口孝が読み解く「ペリー提督日本遠征記」
   三方洋子=訳 NTT出版 1999


(2) オフィス宮崎 1997
合衆国蒸気フリゲート艦サスケハナ号
浦賀 1853年7月12日
 当海域における合衆国海軍司令長官は、条約の協議に関する全権を委任されており、本官に対する信任状の原文、および本官に委任されている合衆国大統領より皇帝陛下宛ての親書の原文を捧呈する準備をするために、日本帝国の最高位役人と会談することを切望する。
 日本帝国皇帝陛下に呈す。

   『ペリー艦隊日本遠征記 Vol.1
   オフィス宮崎=訳 栄光教育文化研究所 1997


(3) 木原 1996
合衆国汽走フリゲート艦サスケハナ号
浦賀にて、一八五三年七月十二日
 本海域に駐屯する合衆国海軍司令長官は、条約交渉の全権を付与された者であり、日本帝国最高の役職者の一人と協議したいと望んでおります。その目的は、司令長官の信任状の原本を提示するとともに、合衆国大統領より託された皇帝陛下への国書の原本をお渡しすることであります。
 そのための会見をなるべく早く行いたく、日程を指定していただけるよう希望いたします。
 日本国皇帝陛下

   『ペリー提督日本遠征日記
   木原悦子=訳 小学館 1996


(4) 金井 1985
浦賀にある合衆国蒸気フリゲート艦サスケハナ号にて
一八五三年七月十二日〔嘉永六年六月七日〕
 当海域における合衆国海軍司令長官は、条約協議のための全権を委任されており、本官に対する信任状の原文、ならびに本官が合衆国大統領により委任された皇帝陛下あての親書の原文を捧呈するための手順を整えるため、日本帝国の最高位の役人の一人との会談を切望するものである。
 提案された会見のための一日も早い日取りが決定されるよう希望するものである。
 日本帝国皇帝陛下に呈す。

   『ペリー日本遠征日記
   金井圓=訳 雄松堂出版 1985


(5) 大羽 1947, 1953
於浦賀碇泊の合衆国旗艦サスクェンナ号、
一八五三年七月十二日
 この海域における合衆国艦隊司令長官は条約締結の全権を委任されたるを以て、拙官信任状並びに合衆国大統領より日本国皇帝陛下に宛てたる親書捧呈に関して、日本国最高官吏との協議を切望致しおれり。
 接見の日時は早々御取極め下されるよう希望するものなり。
 日本国皇帝陛下

   大羽綾子=訳
   a.ペリー提督日本遠征記』 法政大学出版局 1953
   b.ペルリ提督遠征記』 酣灯社 1947
   引用は a. に拠りました。


(6) 土屋+玉城 1935, 1948, etc.
合衆國船フリゲート艦サスクエハンナ號にて
一八五三年七月十二日 浦賀に於て
 當海洋に於ける合衆國海軍の司令長官は條約協議に關する全權を委任せられ居るものにして、本官に對する信任状原文並びに本官に委託されたる合衆國大統領より皇帝陛下宛ての親書原文を捧呈するの準備をなさんがために、日本帝國の最高役人の一人との會商を切願するものなり。
 願はくは會見の日の一日も早く決定せられんことを。
 日本帝國皇帝陛下に呈す

   土屋喬雄+玉城肇=訳
   a.ペルリ提督日本遠征記(上)』 臨川書店 1988
   b.ペルリ提督日本遠征記2』 岩波文庫 1948
   c.ペルリ提督日本遠征記(上)』 弘文荘 1935 (昭和10)
   引用は b. に拠りました。太字箇所は原文では太字でなく傍点。


(7) 鈴木 1912, 1937
[次のとおり抄訳/再話。まずルビなしで示す - tomoki y.]
是より先提督は、日本の皇帝陛下に宛てた信任状と國書捧呈に關して貴帝國の最高官の一人と豫め打合せを致したいと云ふ旨を認めた手紙とを用意して置いた。

[原文は次のとおり総ルビ - tomoki y.]
是(これ)より先(さき)提督(ていとく)は、日本(にほん)の皇帝陛下(くわうていへいか)に宛(あ)てた信任状(しんにんじやう)と國書(こくしよ)捧呈(はうてい)に關(くわん)して貴帝國(きていこく)の最高官(さいかうくわん)の一人(ひとり)と豫(あらかじ)め打合(うちあは)せを致(いた)したいと云(い)ふ旨(むね)を認(したゝ)めた手紙(てがみ)とを用意(ようい)して置(お)いた。

   鈴木周作=抄譯
   a.ペルリ提督日本遠征記』 大同館書店 1937 (昭和12)
   b.ペルリ提督日本遠征記』 大同館 1912 (明治45)
   引用は b. に拠りました。


■英語原文 The original text in English

"United States Steam Frigate Susquehanna,
Uraga, July 12, 1853.

  "The Commander-in-chief of the United States naval forces in these seas, being insested with full powers to negotiate treaties, is desirous of conferring with one of the highest offices of the Empire of Japan, in view of making arrangements for the presentation of the original of his letter of credence, as also the original of a letter with which he is charged, addressed to his Imperial Majesty by the President of the United States.
  "It is hoped that an early day will be appointed for the proposed interview.
  "To his Imperial Majesty the Emperor of Japan."

   Chapter 13
   Narrative of the Expedition of an American Squadron
   to the China Seas and Japan, performed in the years
   1852, 1853, and 1854. Volume 1. 1856.


■引用箇所を掲載した原典のページの複写画像
 Scanned images of the pages containing the excerpts quoted above

↓ Click to enlarge ↓

Perry_japanese_2   Perry_english_3

Left

 [en] English
   Page 90 (Image 118 of 368)  Peruri Teitoku Nihon enseiki.
   Perry, Matthew Calbraith.  Daidōkan, Meiji 45 [1912]
   Perry Visits Japan: a visual history
   Brown University Library, Center for Digital Initiatives (CDI)

 [ja] 日本語
   『ペルリ提督日本遠征記』 大同館 1912-06-15(明治45)

Right

 [en] English
   Volume 1, Chapter 13, Page 244.
   Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas
   and Japan, 1856.
   Image source: here at The Otis Cary Collection,
   Digital archive of rare materials,
   Doshisha University Academic Repository.
   Scanned page containing the above excerpt is here.

 [ja] 日本語
   『アメリカ艦隊による中国海域および日本への遠征記』 1856
   電子複写本の第1巻は、同志社大学学術リポジトリ
   貴重書デジタル・アーカイブ ケーリ文庫のなかの ここ にある。
   上に引用した箇所を含むページは ここ にある。


■日本語訳 の書誌情報詳細 Bibliographic details of translations into Japanese

(1) 三方 1999
   第十三章 浦賀の役人との交渉・大統領国書を呈上
   猪口孝(いのぐち・たかし)=監修 三方洋子(みかた・ようこ)=訳
   『猪口孝が読み解く「ペリー提督日本遠征記」』 NTT出版 1999-10-07 部分訳。


(2) オフィス宮崎 1997
   第13章
   加藤祐三=序文 オフィス宮崎=翻訳・構成 宮崎寿子=制作責任者
   『ペリー艦隊日本遠征記 Vol.1』 (全3巻)
   栄光教育文化研究所 1997-10-10
   原書:アメリカ合衆国議会公文書:第1巻US(S)771-79
   オフィス宮崎による紹介ページは ここ


(3) 木原 1996
   第二章 日記・第二巻 江戸湾進入
   マシュー・C・ペリー=原著 木原悦子(きはら・えつこ)=訳
   『ペリー提督日本遠征日記』 地球人ライブラリー 小学館 1996-10-20


(4) 金井 1985
   第二冊 対日予備交渉と広東滞在
   一八五三年六月から一八五四年二月まで
   測量と測深
   金井圓(かない・まどか)=訳
   『ペリー日本遠征日記』 新異国叢書 第2輯1 雄松堂出版 1985-10-25


(5) 大羽 1947, 1953
   第一部 最初の訪日――一八五三年(嘉永六年)
   第七章 ペリー提督日本上陸、国書奉呈
   合衆国海軍省=編 大羽綾子(おおば・あやこ)=訳
   a.ペリー提督日本遠征記』 法政大学出版局 1953-07-15 定価390円
   b.ペルリ提督遠征記』 酣灯社(かんとうしゃ)1947-02-10 定價三十五圓
   引用は a. に拠りました。


(6) 土屋+玉城 1935, 1948
   土屋喬雄(つちや・たかお)+玉城肇(たまき・はじめ)=訳
   a.ペルリ提督日本遠征記(上)』 臨川書店 1988-01
   b. 第一章 『ペルリ提督日本遠征記2』(全4冊)岩波文庫 1948-08-15
   c.ペルリ提督日本遠征記(上)』(全2冊)弘文荘 1935-03-10(昭和10)
     發行者:反町茂雄 定價十五圓 五百部印行
   a. c. の複製。引用は b. に拠りました。
   文中の太字箇所は原文では太字でなく傍点。


(7) 鈴木 1912, 1937
   第三編 浦賀の卷上 九 江戸の挨拶
   櫻井省三=校閲 鈴木周作=抄譯
   a.ペルリ提督日本遠征記』 大同館書店 1937-10-20(昭和12)
     定價金貳圓
   b.ペルリ提督日本遠征記』 大同館 1912-06-15(明治45)
     定價金壹圓貳拾錢
   引用は b. に拠りました。


■英語原典の書誌情報詳細 Bibliographic details of the original source in English

↓ Click to enlarge ↓

Perry_narrative_title_page
Image source: Here at The Otis Cary Collection,
Digital archive of rare materials, Doshisha University Academic Repository.

 [en] English

 The following is a full reproduction of the title page of the original book.
 以下は原書扉の記載をすべて転載したもの。

   Narrative of the expedition of an American squadron
   to the China seas and Japan, performed in the years
   1852, 1853, and 1854 under the command of Commodore M. C. Perry,
   United States Navy, by order of the Government of the United States.

   Compiled from the original notes and journals
   of Commodore Perry and His Officers, at His Request,
   and Under His Supervision, by Francis L. Hawks, D.D. L.D.D.
   with Numerous Illustrations.

   Published by order of the Congress of the United States.
   Washington, Beverley Tucker, Senate printer, 1856. 3 Volumes.

 [ja] 日本語

 What follows is the Japanese equivalent of the above.
 以下は上記の日本語訳。訳文は 『ペリー艦隊日本遠征記
 栄光教育文化研究所 1997 に拠る。

   アメリカ艦隊による中国海域および日本への遠征記
   合衆国政府の命を受け合衆国海軍 M・C・ペリー提督によって
   1852、1853、および1854年に実施された。

   ペリー提督と、その要請による士官たちの原記録と日誌に基づき
   神学博士、法学博士フランシス・L・ホークスの監督
   のもとに編纂され多数の図版も収録した。

   合衆国議会の命により出版
   ワシントン 1856年


■マシュー・C・ペリーに関連する画像ギャラリー
 Galleries of images related to Matthew C. Perry

   * Commodore Perry and the Opening of Japan. Naval Diplomat and Collector
     The Fitzwilliam Museum, University of Cambridge
   * Search images related to Matthew C. Perry
     Yale University Beinecke Rare Book and Manuscript Library
   * Perry Visits Japan: a visual history
     Brown University Library, Center for Digital Initiatives
   * Black Ships & Samurai
     MIT Visualizing Cultures


■その他の外部リンク Other external links

 [en] English
   * Y150: A Grand Exposition for Yokohama's 150 Years
     28 April 2009 - 27 September 2009
     A series of events celebrating the 150th anniversary of the opening of
     the Port of Yokohama
   * Mathew C. Perry - Wikipedia (1794-1858)

 [zh] 中國語(繁體字)
   * 開國博Y150: 横濵、150周年大博覧會 (PDF)
     2009年4月28日~2009年9月27日
     横濵開港150周年紀念主題活動

 [ja] 日本語
   * 横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」公式サイト

      Yokohama150_banner_2

   * マシュー・ペリー - Wikipedia (1794-1858)
     - 関連著作
     - 参考文献


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) ペリー+開国

(2) ペリー+黒船

(3) ペリー+日本遠征

  

|

« La Morte / Was it a dream? by Guy de Maupassant モーパッサン/モウパツサン「死せる女」「一場の夢?」「死んだ女」「夢かあらぬか」「夢なりしか」 | Main | How to Be an Alien by George Mikes ジョルジ・ミケス / ジョージ・ミケシュ 『異邦人のための心得』『英国人入門』『外人処世訓』 »

Comments

全体的にはオフィス宮崎(1997)がよい訳だと感じました。

まず、こういった文章では I や you は出てきません。肩書同士でやり取りする親書はその権限を示すのが常道と考えられます。

合衆国蒸気船サスケハナ号
浦賀 1853年7月12日

条約協議の全権を委任された当海域における合衆国海軍総司令官は、日本国皇帝との信任状、並びに合衆国大統領から皇帝陛下への親書の原文を推敲するため日本国皇帝の最高枢密機関の代表と会談を望む。

即刻日程を調整されたし。
日本国皇帝陛下

Posted by: 伊藤 龍樹 | Thursday, 21 May 2009 12:40 am

伊藤 龍樹さん

いつもコメントありがとうございます。

「推敲するため」は、ちょっと原文から離れすぎるような気がするのですが。「最高枢密機関」や「調整されたし」も、意味はよく通じますが、字義どおりの訳ではなさそう。

外交文書では、たとえ少し生硬であっても、原文と訳文における、各語・各フレーズの対応関係を明確にすることのほうが、こなれて分かりやすい訳文を作ることよりも、優先しそうな気がします。では、おまえならどう訳す?と問われると困るのですが。

Posted by: tomoki y. | Saturday, 23 May 2009 07:59 pm

ugg 偽物 住宅何を超えて200 店クイーン ・ ヴィクトリア ・ ビルディングを占めている、完全都市ブロックオーストラリア。レプリカを恐れて、ジョージ設立会社のキーストーンクラシックパターン ロゴ。 ugg アウトレット 三田

Posted by: ugg 偽物 | Sunday, 24 November 2013 05:35 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Letter from Commodore Perry to the Emperor of Japan ペリー提督から日本帝国皇帝への手紙:

« La Morte / Was it a dream? by Guy de Maupassant モーパッサン/モウパツサン「死せる女」「一場の夢?」「死んだ女」「夢かあらぬか」「夢なりしか」 | Main | How to Be an Alien by George Mikes ジョルジ・ミケス / ジョージ・ミケシュ 『異邦人のための心得』『英国人入門』『外人処世訓』 »