« U.S. Secretary of State Byrnes' Reply to Japanese Surrender Offer ポツダム宣言受諾に関わる「バーンズ回答」 | Main | Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan, 1852-1854 『ペリー艦隊日本遠征記』『ペリー提督日本遠征記』『ペルリ提督日本遠征記』 »

Wednesday, 06 May 2009

Remarks of Commodore Perry upon the Probable Future Commercial Relations with Japan and Lew Chew by Matthew C. Perry マシュー・C・ペリー「日本と琉球との通商関係の将来についてのペリー提督の所見」

■はじめに Introduction

日本が資源国だというペリーの認識はまちがっていた。だが、近い将来、日本は東洋の最重要国の一つとなり、日米間の貿易は必ずや盛んになるだろうという彼の予言は見事に的中した。


 News 
黒船来航絵巻を取得 - 大英博物館
British Museum snaps up a historic black ship scroll
Photo
Image source: 大英博物館提供・共同

En_britishmuseumbuysjapanesescroll
Image source: The Guardian

大英博物館は3日、幕末にペリー提督率いる黒船が日本に来航した際の様子を描いた当時の絵巻を取得したと発表した。2013年4月17日から10月まで同博物館で展示する。 ロンドン=共同 2013-04-04
A Japanese scroll showing in meticulous detail the arrival of the US fleet led by Commodore Matthew Perry in 1854 has been acquired by the British Museum. The Guardian, 2013-04-02


 The East looks at the West 
東から見た西 - ペリー提督の肖像 Perry in the eyes of the Japanese

↓ Click to enlarge ↓

Perry_portraits_2

むかし「紅毛碧眼/こうもうへきがん」という言葉があった。上の画像をクリックして拡大図をご覧いただきたい。ペリーの「碧眼=青い目」をよく確かめずに描いた絵師は、まちがえて虹彩ではなく白目(しろめ)の部分を青く塗っている(左の2枚)。また、提督は右から2枚めでは「天狗」と化し、いちばん右の絵では文字どおり「毛唐/けとう」 hairy barbarian の姿をしている。

   Image source: Black Ships & Samurai
   Massachusetts Institute of Technology, Visualizing Cultures


 The West looks at the East 
西から見た東 - 1854年3月8日 二回目の来航 横浜上陸
The Landing at Yokohama, March 8, 1854.

↓ Click to enlarge ↓

Heine_landing_at_yokohama
Landing at Yokohama (1854) by William Heine (1825-1885). Color on paper. 64x89.3cm Image reproduced from Black Ships & Samurai MIT Visualizing Cultures

原画:ペリー提督・横浜上陸の図 ハイネ原画による石版画 所蔵:横浜開港資料館
上記リンク先のMITサイトから複製された上の画像の出処は次の本: 『資料が語る横浜の百年 : 幕末から昭和初期まで』 横浜開港資料館+横浜開港資料普及協会=編 横浜開港資料普及協会=発行 1991-06


 Map 
ペリーによる中国海域および日本への遠征 (1852, 1853) の航路
A map of Perry's journey to the Far East
Map_of_perrys_journey_1852_2
The map drawn by Ian Agnew. Image source: Perry & the Trip to Japan The Fitzwilliam Museum, University of Cambridge


 Book covers, etc. 
関連書の表紙/扉画像およびポスター
Covers and a Title Page of related books and a Poster

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. A_perry_kantai_nihon_enseiki_jou b. B_university_of_tokyo_mit_peruri__p c. C_kishi_toshimitsu_perry_no_shiroha

d. D_perry_narrative_of_the_expedition e. E_perry_kantai_daikoukaiki f. F_inoguchi_takashi_ga_yomitoku

g. G_perry_teitoku_nihon_ensei_nikki h. H_peruri_nihon_enseiki i. I_suzuki_peruri_teitoku_nihon_ensei


 Title page 
『ペリー提督日本遠征記』原書第1巻の扉
Title page of the original edition of The Narrative of the Expedition to the China Seas and Japan, 1852-1854. Volume 1.

↓ Click to enlarge ↓

a. Narrative_title_page b. Hawk_kyoto_gaikokugo_daigaku c. Perry_narrative_doshisha

Copies a. and b. were published by order of the Congress of the United States, Washington: A.O.P. Nicholson, Printer. Copy c. was published by order of the Congress of the United States, Washington: Beverley Tucker, Senate Printer. All three copies were published in 1856.


■日本語訳 Translation into Japanese

条約締結交渉を行なった日本の諸侯の論点は理にかなったものだった。また彼らの誠実さは、アメリカ艦隊が日本を離れる前に、最も目障りな法律のいくつかが撤廃あるいは破棄されたことから十分立証される。例えば、以前は偶然にしろ故意にしろ、日本の地を離れた者は死罪を申し渡されていたが、現在はこれが撤廃されている。外国人とのいかなる物々交換もまかりならぬという法律も廃止された。また日本の帆船を建造する際にはすべて、船尾の低い全く同一の型と艤装のものでなければならぬとし、意図的に外洋航海には危険な船を造るよう定めた*奇妙な法令も廃止された。同様に寛容になることをめざしたさまざまな政策転換が行なわれた。このことからも、あまり年を経ずして、日本が東洋の中で最も重要な国家の一つに数え挙げられるようになり、豊かな資源をもつ同国の生産物とわれわれの製品の多くが交換される有益な貿易関係が成立することは疑う余地がない。 ― M・C・P

* 奇妙な法令 大船建造の禁。嘉永六年(1853)九月に解除された。

   「日本と琉球との通商関係の将来についてのペリー提督の所見」
   『中国海域および日本へのアメリカ艦隊遠征記』(全3巻)第2巻 所収

   上の意見書の校注者はM・W・スティールと太田昭子。
   翻訳文は、太田がまず作成し、これをスティールが補訂して整えた。
   tomoki y. が次の本から抜粋して引用した。

   加藤周一〔ほか〕=編 田中彰(たなか・あきら)=校注
    『日本近代思想大系1 開国』 岩波書店 1991-01-23
   I. 開国勧告と黒船来航 2. ペリー提督意見書


■英語原文 The original text in English

The arguments of the Japanese princes who negotiated the treaty were certainly reasonable enough, and their sincerity was sufficiently proved by the fact that a few of the most obnoxious of the laws of the empire were repealed or set aside before the departure of the American squadron ; such, for instance, as the abrogation of that which inflicted the punishment of death upon all who, whether by accident or design, found themselves separated from their country ; another which prohibited the slightest barter with strangers, and the more singular decree which required that all Japanese vessels should be constructed upon one precise model and rig, with open sterns, thus purposely rendering them unsafe for ocean navigation. Other changes, tending to the same liberal object have since taken place, and it may be safely predicted that many years will not elapse before this magnificent country will be numbered amongst the most important of the eastern nations, with which a profitable trade will be established by the interchange of many of our manufactured articles for the products of a country already possessed of great resources. -M.C.P.

   Remarks of Commodore Perry upon the Probable Future
   Commercial Relations with Japan and Lew Chew.

   Narrative of the Expedition of an American Squadron
   to the China Seas and Japan, Volume 2.


■英語原典の書誌情報詳細 Bibliographic details of the original source in English

  • Narrative of the expedition of an American squadron to the China seas and Japan, performed in the years 1852, 1853, and 1854 under the command of Commodore M. C. Perry, United States Navy, by order of the Government of the United States.
  • Published by order of the Congress of the United States. Washington, Beverley Tucker, Senate printer, 1856. 3 Volumes. (The excerpt above is taken from Volume 2, Page 186)

■電子複写本 Scanned book

 [en] Description in English

  • Scanned book Vol. 2 is here at The Otis Cary Collection, Digital archive of rare materials, Doshisha University Academic Repository.
  • Scanned page containing the above excerpt is here.

 [ja] 日本語による詳細

  • 電子複写本の第2巻は、同志社大学学術リポジトリ 貴重書デジタル・アーカイブ ケーリ文庫のなかの ここ にある。
  • 上に引用した箇所を含むページは ここ にある。

■入手可能なペーパーバック版 Paperback edition in stock


■マシュー・C・ペリーに関連する画像ギャラリー
 Galleries of images related to Matthew C. Perry

次の各リンク先は画像も解説もすばらしく、サイトのデザインも洗練されている。すぐれた史料のコレクションは米国東部や英国の名門大学の図書館・博物館に集中しているという印象を受ける。それとも、私が日本語と英語以外の言語をあまり読めないので、英語圏以外に良いものがあっても見つけられないだけの話なのか?


■関連サイト A Related website

[en] English
On July 8 (lunar June 3) of 1853 (Ka'ei 6), the U.S. East India Fleet, led by Commodore Matthew Calbraith PERRY, dropped anchor off Uraga in Edo (Tokyo) Bay, and asked the Japanese to accept a missive from President Millard FILLMORE addressed to the Japanese Emperor relating to U.S.-Japanese amity and commercial traffic ( . . .)

   The National Diet Library's Online Gallery
   Modern Japan in archives: 100-year history from the opening of the country
   to the San Francisco Peace Treaty
   Chapter 1. Initial Steps toward a Constitutional State
   1-1 Opening of the Country - Dawn of the Modern Era

[ja] 日本語
嘉永6年6月3日(1853年7月8日)、ペリー(Matthew Calbraith Perry)の率いる米国東インド艦隊は浦賀沖に投錨し、日米間の友好と商業的交通に関する国書の授受を申し入れた(……)

   国立国会図書館 電子展示会
   「史料にみる日本の近代 -開国から講和まで100年の軌跡-
   第1章 立憲国家への始動
   1-1 開国―近代の幕開け


■その他の外部リンク Other external links

 [en] English
   * Y150: A Grand Exposition for Yokohama's 150 Years
     28 April 2009 - 27 September 2009
     A series of events celebrating the 150th anniversary of the opening of
     the Port of Yokohama
   * Matthew C. Perry - Wikipedia (1794-1858)

 [zh] 中國語(繁體字)
   * 開國博Y150: 横濵、150周年大博覧會 (PDF)
     2009年4月28日~2009年9月27日
     横濵開港150周年紀念主題活動

 [ja] 日本語
   * 横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」公式サイト

      Yokohama150_banner_2

   * マシュー・ペリー - Wikipedia (1794-1858)
     - 関連著作
     - 参考文献


■更新履歴 Change log

  • 2013/04/06 大英博物館が黒船来航絵巻を取得したというニュース記事を追加しました。
  • 2009/05/06 「ペリー提督意見書」日本語訳の書誌情報を補足しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替わります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) ペリー+開国

(2) ペリー+黒船

(3) ペリー+日本遠征

  

|

« U.S. Secretary of State Byrnes' Reply to Japanese Surrender Offer ポツダム宣言受諾に関わる「バーンズ回答」 | Main | Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan, 1852-1854 『ペリー艦隊日本遠征記』『ペリー提督日本遠征記』『ペルリ提督日本遠征記』 »

Comments

写真で見るペリーはぽっちゃり顔でたれ目、決して怖い印象は受けませんが、5つのポートレートのうち、右2つは、黒船(外国)がいかに当時の日本にとって脅威だったかを表していますね。何かの圧力がかかっていたとも考えられそうな。

ペリー来航の数年前には、アメリカが日本に通商条約を求めるためやってくるという情報が幕府に届いていたようですが、1853年7月、ペリーが浦賀にやってきた3カ月後には、大船建造禁止令の廃止(緩和?)、翌月には外国渡航が解禁されたとなると、西洋列強の国力、攘夷が日本の国益にならないことを、幕府は十分に知っていたのでしょうね。

Posted by: y_flores_o | Wednesday, 06 May 2009 10:51 pm

y_flores_oさん

> いかに当時の日本にとって脅威だったかを表していますね。

ええ、そのようです。現実の見聞に、恐怖感やら想像力やらが合わさって、ああいうイメージを作り上げたのでしょうね。

> 西洋列強の国力、攘夷が日本の国益にならないことを、幕府は十分に知っていたのでしょうね。

黒船は日本にとって「寝耳に水」だったように子供のころ習いましたが、実はそうでもなかったということらしいですね。

Posted by: tomoki y. | Thursday, 07 May 2009 02:29 pm

オーストラリア ugg 古典的な外観は時代を超越したと今人気ですが、我々 はまた新しいルックス モノグラム ・ キャンバスから進化を見てきました。それ以外は、LVのフォームハンドバッグは、今日のオンデマンド。これらのタイプののシンボル永遠に。 ugg dakota

Posted by: オーストラリア ugg | Saturday, 23 November 2013 11:14 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Remarks of Commodore Perry upon the Probable Future Commercial Relations with Japan and Lew Chew by Matthew C. Perry マシュー・C・ペリー「日本と琉球との通商関係の将来についてのペリー提督の所見」:

« U.S. Secretary of State Byrnes' Reply to Japanese Surrender Offer ポツダム宣言受諾に関わる「バーンズ回答」 | Main | Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan, 1852-1854 『ペリー艦隊日本遠征記』『ペリー提督日本遠征記』『ペルリ提督日本遠征記』 »