« June 2009 | Main | August 2009 »

July 2009

Monday, 27 July 2009

The 40th Anniversary of The Very Hungry Caterpillar by Eric Carle エリック・カール 『はらぺこあおむし』 出版40周年

 Video 1 
アニメ版 エリック・カール 『はらぺこあおむし』
The Very Hungry Caterpillar by Eric Carle: an animated film adaptation



■『はらぺこあおむし』―33言語によるタイトルと表紙
 The Very Hungry Caterpillar: The Front Cover and Title in 33 Languages

偕成社 エリック・カール スペシャルページ のなかに 世界中の『はらぺこあおむし』 というコーナーがあります。それによると、この大ベストセラー絵本は現在、世界の33の言語で翻訳・出版されているそうです。『はらぺこあおむし』 33の言語と素顔 というページでは、これら33言語で表示されたタイトルのそれぞれをクリックすると、その言語の版の表紙画像を見ることができます。

Caterpillar_in_33_languages_2
Image source: Kaisei Web by Kaiseisha


 Cover Photo Gallery 1 

↓ Click to enlarge ↓

zh Simp_zh_very_hungry_caterpillar zh Zh_trad_9789577620989

ko Ko_hungry_caterpillar jp Jp_harapeko_aomushi_big_book_3

th Th_non_chom_hiu tr Tr_ac_trtl

he He_loadjpgphp_2 ar Al_dudatu_al_shadidatu_al_gou

el El_9789607846664 ru Ru_

pl Pl_bardzoglodnagasienica sk Sk_9788097092221_nenasytna_husenick

sl Sl_zelo_lacna_gosenica hu Hu_a_telhetetlen_hernyocska

cy Y_lindysyn_llwglyd_iawn_welsh_2 fi Fi_pikku_toukka_paksulainen_9789513

lt Lt_9789955387046_labaialkanasviksre is Is_grauga_lirfan_2

no No_denlillelarvenaldrimett_hd_image da Da_den_sultne_larve_aldrigmaet_2

de De_die_kleine_raupe_nimmersatt_2 nds Nds_de_ltte_ruup_jmmersmacht

af Af_dieruspewatsohongerwas_978079815 nl Nl_rupsje_nooitgenoeg

ro Ro_omida_mancacioasa__coperta_97897 it It_ilpiccolobrucomaisazio

eu Eu_gose_handiko_beldarra_9788484646 br Br_uma_lagarta_muito_comilona_978_2

pt Pt_a_largartinha_muito_comilona gl Gl_unhaeirugamoilarpeira_2

ca Ca_lerugueta_goluda_eric_carle_2 es La_oruga_muy_hambrienta

es Es_la_pequena_oruga_glotona_3 fr Fr_la_chenille_qui_fait_des_trous_2

en En_the_very_hungry_caterpillar

ja Ja_braille_harapeko_aomushi no No_braille_den_lille_larven_aldrime
   さわって楽しむ点字版     Touch-and-Feel braille edition

de De_braille_die_kleine_raupe_nimme_3 nl Nl_braille_rupsje_nooitgenoeg
 Touch-and-Feel braille edition  Touch-and-Feel braille edition

en Braille_very_hungry_caterpillar_2
 Touch-and-Feel braille edition

上にご覧のとおり、アラビア語版とヘブライ語版だけは表紙絵が左右逆向きになっています。同様の処理は、このまえ tomokilog でとりあげた モーリス・センダック 『かいじゅうたちのいるところ』 のヘブライ語版でも見られました。アラビア語やヘブライ語では右から左へ読むために、こうなっているのでしょう。


■上に表示されている言語 The languages shown above

Flag_of_the_peoples_republic_of_c_3 [zh] 好饿的毛毛虫 明天出版社 2008 中国語(簡体字)
Flag_of_the_republic_of_chinasvg_4 [zh] 好餓的毛毛蟲 上誼文化公司 2002 中國語(繁體字)
Flag_of_south_korea_3 [kr] Harapeko aomushi 絵本の家 2004 韓国語
Flag_of_japan_3 [jp] はらぺこあおむし (ビッグブック) 偕成社 1994 日本語
Flag_of_thailandsvg_2 [th] หนอนจอมหิว (Non čhom hiu) Bangkok : Phræo phuan dek, 2004 タイ語
Flag_of_turkeysvg [tr] Aç Tırtıl Mavibulut Yayınları, 2010 トルコ語
Flag_of_israelsvg_2 [he] הזחל הרעב ヘブライ語
Flag_of_egyptsvg [ar] Al Dudatu Al Shadidatu Al Gou Al-Balsam Publishing House, 2006 アラビア語
Flag_of_greecesvg_2 [el] Μία κάμπια πολύ πεινασμένη Εκδόσεις Φυτράκη, 2006 ギリシャ語
Flag_of_russiasvg_3 [ru] Очень голодная гусеница Розовый жираф 2011 ロシア語
Flag_of_polandsvg [pl] Bardzo głodna gąsienica Tatarak 2009 ポーランド語
Flag_of_slovakiasvg [sk] Nenásytná húsenička Zelený kocúr, 2012 スロバキア語
Flag_of_slovenia [sl] Zelo lačna gosenica Epta, 1997 スロベニア語
Flag_of_hungarysvg [hu] A telhetetlen hernyócska Pozsonyi Pagony, 2006 ハンガリー語
Flag_of_wales [cy] Y Lindysyn Llwglyd Iawn Dref Wen, Caerdydd, 2007 ウェールズ語
Flag_of_finlandsvg_2 [fi] Pikku toukka Paksulainen Tammi Kustannusosakeyhtiö, 2007 フィンランド語
Flag_of_lithuaniasvg [lt] Veľmi hladova húsenica Alma littera, 2010 リトアニア語
Flag_of_iceland [is] Gráðuga lirfan アイスランド語
Flag_of_norwaysvg [no] Den lille larven aldrimett ノルウェー語
Flag_of_denmarksvg [da] Den sultne larve Aldrigmæt デンマーク語
Flag_of_germanysvg_2 [de] Die kleine Raupe Nimmersatt Gerstenberg Verlag, 2008 ドイツ語
Flag_of_germanysvg_3 [nds] De lütte Ruup Jümmersmacht Audio CD. Hamburg : Neue Medien, 2008 低地ドイツ語(Plattdüütsche, Low German, もしくはそのうちの低ザクセン語)によるドラマ録音。つぎの2つのサイトで試聴できます。とても生き生きとしていて楽しい。Audio sample recording (mp3, 02:01 min) on Erlebnis-Lesen and Sprachwelt.de.
Flag_of_south_africa [af] Die ruspe wat so honger was NB Publishers, 2011 アフリカーンス語
Flag_of_the_netherlandssvg [nl] Rupsje Nooitgenoeg Gottmer, 2007 オランダ語
Flag_of_romaniasvg [ro] Omida mancacioasa Cartea Copiilor, 2010 ルーマニア語
Flag_of_italysvg_2 [it] Il piccolo bruco maisazio Mondadori, 1996 イタリア語
Flag_of_basque [eu] Gose handiko beldarra Kalandraka Kalandraka, 2011 バスク語
Flag_of_brazilsvg [br] Uma lagarta muito comilona Loja Callis, 2010 ポルトガル語(ブラジル)
Flag_of_portugalsvg [pt] A Largartinha muito Comilona Kalandraka. ポルトガル語
Flag_of_galicia [gl] Unha eiruga moi larpeira Kalandraka, 2005. ガリシア語
Flag_of_cataloniasvg [ca] L'erugueta goluda Kókinos, 2002. カタルーニャ語(カタロニア語)
Flag_of_spainsvg_2 [es] La oruga muy hambrienta Philomel Books, 2002 スペイン語
Flag_of_spainsvg_3 [es] La pequeña oruga glotona Kokinos, 2007 スペイン語
Flag_of_francesvg_2 [fr] La chenille qui fait des trous Mijade Editions, 2002 フランス語
Flag_of_the_united_kingdomsvg_3 [en] The Very Hungry Caterpillar Philomel, 1986 英語
Flag_of_japan_4 [ja] 点字つき さわる絵本 はらぺこあおむし 偕成社 2008 日本語点字
Flag_of_norwaysvg_2 [no] Den lille larven aldrimett Gyldendal, 2006 ノルウェー語点字
Flag_of_germanysvg_4 [de] Die kleine Raupe Nimmersatt, Braille-Schrift Gerstenberg, 2007 ドイツ語点字
Flag_of_the_netherlandssvg_2 [nl] Rupsje Nooitgenoeg (Braille) Lemniscaat, 2006. More details are here. 関連記事(日本語) オランダ語点字
Flag_of_the_united_kingdomsvg_4 [en] The Very Hungry Caterpillar Touch-and-Feel Braille Edition Philomel, 2008 英語点字 拡大写真つきの、日本語による詳しい紹介は ここ


■世界46言語で出版された『はらぺこあおむし』
 The Very Hungry Caterpillar in 46 languages

上記のとおり、現在、翻訳・出版されている『はらぺこあおむし』は33言語だそうです。ところが、これで全部かと思いきや、過去に出ていた版なども含めると、じつはもっとたくさんあるらしい。

エリック・カール公式サイト(英語)によると、『はらぺこあおむし』は、これまでに下の46言語で出版されたことがあるそうです。一部はすでに絶版となっている由。

  1. [af] Afrikaans アフリカーンス語
  2. [ar] Arabic アラビア語
  3. [eu] Basque バスク語
  4. [bn] Bengali ベンガル語
  5. [br] Breton ブルトン語
  6. [es] Castilian カスティリヤ語(標準スペイン語)
  7. [ca] Catalan カタルーニャ語(カタロニア語)
  8. [zh] Chinese 中国語
  9. [da] Danish デンマーク語
10. [nl] Dutch オランダ語
11. [en] English 英語
12. [fo] Faroese フェロー語
13. [fi] Finnish フィンランド語
14. [fr] French フランス語
15. [gd] Gaelic スコットランド・ゲール語
16. [gl] Galician ガリシア語
17. [de] German ドイツ語
18. [el] Greek ギリシア語
19. [gu] Gujarati グジャラート語
20. [he] Hebrew ヘブライ語
21. [hi] Hindi ヒンディー語
22. [hu] Hungarian ハンガリー語
23. [is] Icelandic アイスランド語
24. [id] Indonesian インドネシア語
25. [it] Italian イタリア語
26. [ja] Japanese 日本語
27. [ko] Korean 韓国語/朝鮮語
28. [ky] Kyrgystan/Kyrgyz キルギス語
29. [no] Norwegian ノルウェー語
30. [pa] Panjabi パンジャーブ語
31. [pl] Polish ポーランド語
32. [pt] Portuguese ポルトガル語
33. [ro] Romanian ルーマニア語
34. [ru] Russian ロシア語
35. [sr] Serbian セルビア語
36. [zh] Simplified Chinese 簡体字中国語
37. [sl] Slovenian スロベニア語
38. [so] Somali ソマリ語
39. [es] Spanish スペイン語
40. [ta] Tamil タミル語
41. [th] Thai タイ語
42. [tr] Turkish トルコ語
43. [ur] Urdu ウルドゥー語
44. [vi] Vietnamese ベトナム語
45. [cy] Welsh ウェールズ語
46. [yi] Yiddish イディッシュ語

   Source:
   The Official Eric Carle Web Site
   >> Foreign Language Editions of the Very Hungry Caterpillar


 Video 2 
『はらぺこあおむし』 40周年
40 Years of The Very Hungry Caterpillar

『はらぺこあおむし』の原書初版は1969年3月20日に発行されました。
The Very Hungry Caterpillar was first published on 20 March 1969.

Happy 40th Birthday to the Hungry Caterpillar.. A Book about Hope from page duncan on Vimeo. Also on YouTube and AOL Video.


 Cover Photo Gallery 2 
『はらぺこあおむし』 バイリンガル版
Bilingual editions of The Very Hungry Caterpillar

zh Zhen_9781852691264_ ja Enja_harapeko_aomushi_2

vi Vi_9781852691301_chu_sau_rom_qua_oi hi En_hi_the_very_hungry_caterpillar_2

bn Enbn_hungry_caterpillar_2 gu Hungrycaterpillargujarati

ur Enur_hungry_caterpillar_2 ky Kyen_9789967244030

ar Enar_the_very_hungry_caterpillar so Enso_hungry_caterpillar_somali

de Deen_die_kleine_raupe_nimmersatt es Esen_la_oruga_muy_hambrienta_2

わたくしが知るかぎり、『はらぺこあおむし』の二言語対訳版は、つぎの13種類が出版されています。さがせばもっと他にもあるかもしれません。
Bilingual editions of The Very Hungry Caterpillar have been published in the following thirteen pairs of languages or perhaps more:

[en/zh] English + CHINESE (Traditional) 英語+中國語(繁體字)
     ISBN: 1852691263 非常飢餓的毛毛蟲 Black Butterfly Children, 1994
     Image source: Ablekids
[en/ja] English + JAPANESE 英語+日本語
     ISBN: 403328320X 英語でもよめるはらぺこあおむし 偕成社 2006
[en/vi] English + VIETNAMESE 英語+ベトナム語
     ISBN: 1852691301 Chú sâu róm quá đói Mantra, 1998
     Image source: Ablekids
[en/hi] English + HINDI 英語+ヒンディ語
     ISBN: 8181901304 The Very Hungry Caterpillar Karadi Tales, 2008
     Image source: Junglee.com
[en/bn] English + BENGALI 英語+ベンガル語
     ISBN: 1852691255 The Very Hungry Caterpillar Mantra, 1992
     Image source: Ablekids
[en/pa] English + PANJABI 英語+パンジャーブ語
     ISBN: 1844448797 The Very Hungry Caterpillar Mantra, 2001
[en/gu] English + GUJARATI 英語+グジャラート語
     ISBN: 1852691271 The Very Hungry Caterpillar Mantra, 1992
     Image source: Little Linguist
[en/ur] English + URDU 英語+ウルドゥー語
     ISBN: 1852691298 The Very Hungry Caterpillar Mantra, 1992
[en/ky] English + KYRGYZ 英語+キルギス語
     ISBN: 9789967244 Abdan achka kopolok kurt Bishkek, 2007
[en/ar] English + ARABIC 英語+アラビア語
     ISBN: 1852691247 The Very Hungry Caterpillar
     Pub Group West, 1994
[en/so] English + SOMALI 英語+ソマリ語
     ISBN: 185269128X Duudkii aadka u gaajooday Mantra, 1992
     Image source: Ablekids
[en/de] English + GERMAN 英語+ドイツ語
     ISBN: 3806750556 Die kleine Raupe Nimmersatt
     Gerstenberg Gebrueder, 2005
[en/es] English + SPANISH 英語+スペイン語
     ISBN: 0399256059 La Oruga Muy Hambrienta
     Philomel, 2011

   出典 Sources:
   * Bilingual editions of The Very Hungry Caterpillar
   * Ablekids - Languages for Children
   * Little Linguist, etc.


■ジョージ・W・ブッシュの愛読書は『はらぺこあおむし』ってホント?
 Did George W. Bush ever actually name "The Very Hungry Caterpillar" as his favourite book?

アメリカ合衆国のジョージ・W・ブッシュ前大統領が「子供時代お気に入りだった本は?」と訊かれて、『はらぺこあおむし』と答えたとか、答えなかったとかいう説がありました。1999年ごろ広まり始めた説です。

原書 The Very Hungry Caterpillar の初版が出たのは上述のとおり、いまから40年前の1969年。ブッシュ前大統領(1946年生れ)は当時23歳。すでにイェール大学を卒業していたはずです。大統領は質問を誤解したのだという説もありました。「子供時代の愛読書」ではなくて、「好きな児童書」または「好きな絵本」は?と訊かれたと勘違いしたのではないかと。

いずれにせよ、ブッシュ氏が『はらぺこあおむし』を気に入っていることは事実のようです。まだ氏がテキサスの州知事だったころ、地元の小学一年生のクラスで読み聞かせをしていたのが報道されました。

George_w_bush_and_the_very_hungry_c
Photo: AP

『はらぺこあおむし』は幼少時の愛読書だと大統領が言ったか言わなかったか? 真相を突き止めないと夜も眠れないというかたは、下の各記事などをお読みください。


■その他の外部リンク Other external links


■更新履歴 Change log

  • 2014-07-10 英語+スペイン語バイリンガル版の画像と書誌情報を追加しました。また、ロシア語版、ウェールズ語版、ポルトガル語版、英語+繁體字中國語バイリンガル版、英語+グジャラート語バイリンガル版、および英語+繁體字中國語バイリンガル版の画像を、それぞれより鮮明なものと置き換えました。
  • 2013-01-24 トルコ語版、スロベニア語版、アイスランド語版、デンマーク語版、および英語+ヒンディ語バイリンガル版の画像と書誌情報を追加しました。
  • 2012-12-24 ギリシャ語版、リトアニア語版、およびスロバキア語版の画像と書誌情報を追加しました。また、英語/ベトナム語バイリンガル版の画像をより鮮明なものと差し替えました。
  • 2012-09-03 ロシア語版、アフリカーンス語版、ルーマニア語版、バスク語版、カタルーニャ語版その他の画像と書誌情報を追加しました。また、一部の画像をより鮮明なものと差し替えました。
  • 2009-08-01 『はらぺこあおむし』 バイリンガル版の項の記載内容を整理しました。また、「英語+ベンガル語」版の画像を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■おもちゃ Toys

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2)

Friday, 24 July 2009

Count Magnus by M. R. James / Montague Rhodes James (2) M・R・ジェイムズ/M・R・ジェイムス/モンタギュー・ローズ・ジェイムズ「マグナス伯爵」(2)

■アニメーション映画版「マグナス伯爵」(作者:hobbeskind)
 Count Magnus, an animated film adaptation by hobbeskind


■表紙画像 Book covers

[de] Der Horror-Omnibus: Kurzgeschichten von William Wilkie Collins, Walter de la Mare, Montague Rhodes James, Gustav Meyrink, Robert Louis Stevenson MaasMedia. 2005 ドイツ語版の怪奇小説アンソロジー
[fr] Histoires de fantômes complètes Neo. 2000. More details are here. M・R・ジェイムズ怪奇小説全集のフランス語版
[en] Ghost Stories of an Antiquary Penguin 1976

↓ Click to enlarge ↓

de De_2005_der_horror_omnibus_2  fr Fr_1990_histoires_de_fantmes_complt en En_1976_ghost_stories_of_an_antiqua

■はじめに Introduction

マグナス伯爵の「悪魔礼拝の旅」について調べるうちに、ラクソールは自分自身が、怪しい魔の領域に踏み込んでしまう。


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 矢野 1998
「マグナス伯爵、生きていたとき、あなたはそうとうの悪人だったようですね。それでも、わたしはいちど、あなたにお会いしたい……」
「その瞬間に(と、手記には書かれている。)わたしの足をしたたかに打ったものがある。あわてて足をひっこめると、チャリンと音をたてて、なにか床におちた。それは棺についていた、三つめの錠だった。身をかがめて、それをひろいあげ、身を起こそうとしたとき、ちょうつがいのきしむ音がして、棺のふたがゆっくりと押しあげられたのだ。わたしはこの目で、はっきりと見た。[略]」

   モンタギュ・ローズ・ジェイムズ=作 矢野浩三郎(やの・こうざぶろう)=訳
   「マグナス伯爵」
   『猿の手―恐怖と怪奇名作集4』 岩崎書店 1998-12-30
   児童向け再話。ルビは省略しました。


(2)小倉 1980
「存命中あなたはちょっとばかりわるい人だったかもしれないが、それでもわたしはあなたに会いたいと思う……いや、それよりも……」

   と、その瞬間わたしは片方の足の上をなぐられたような気がした。あわてて
  その足を引っこめると、何かがガチャンと敷石の上に落ちた。それは棺にかけ
  てあった三箇の南京錠の三つ目の……そして最後の錠だった。わたしはかが
  んでそれを拾いあげた。そして……天も照覧あれ、わたしは真実だけを書いて
  いるのだ……まだ体を起こしおわらないうちに金属製の蝶番(ちょうつがい)が
  ギーギーきしむ音がして、蓋があくのをはっきり見た。[略]

   M・R・ジェイムズ=著 小倉多加志(おぐら・たかし)=訳 「マグナス伯爵」
   マイケル・パリー=編 小倉多加志=訳
   『ドラキュラのライヴァルたち』 ハヤカワ文庫 1980-09-15
   原書:
   The Rivals of Dracula Edited by Michel Parry. Corgi, 1977.


(3) 紀田 1973, 1978, etc.
「マグナス伯よ、あなたは生きているとき、多分悪党だったのでしょう。でも、わたしはあなたに一目会って見たい――」
「まさにその瞬間」と、彼は書いている。「わたしの足に発止(はっし)とあたったものがある。あわてて足をひっこめてみると、チャリンと音がして何かが床に落ちた。それはあの三つ目の、そして最後の錠であった。わたしが身を屈めてそれを拾いあげようとしたとき――ここに記すことは神明に誓って真実であるが――蝶番(ちょうつがい)の軋る音とともに棺の蓋がおもむろに押しあげられるのを見たのであった。[略]」

   M・R・ジェイムズ=著 紀田順一郎(きだ・じゅんいちろう)=訳 「マグナス伯爵」
   a.M・R・ジェイムズ怪談全集1』(全2冊)創元推理文庫 2001-10-26
   b.M・R・ジェイムズ傑作集』 創元推理文庫 1978-03-24
   c.M・R・ジェイムズ全集(上)』(全2冊)創土社 1973-07
   引用は b. に拠りました。


(4) 各務 1971, 1975
「マグナス伯爵、あなたは当時かなりの悪人だったのかもしれませんね。でもそれはともかく、一度お会いしたいものです。それでなければ、むしろ……」
 「その瞬間」と手記は語る。「わたしは足の上をしたたかに打たれた。あわてて足を引くと、何かが音を立てて床に落ちた。それは棺についていた三つの錠のうちの最後の一箇だった。私は身をかがめて拾い上げた。そして――ここに記すことは、誓ってまぎれもない真実なのだ。――わたしがからだを起こそうとしたとき、蝶番(ちょうつがい)の軋(きし)む音がしたかと思うと、棺の蓋がゆっくりと持ち上がってきた。わたしはこの目ではっきりと見たのだ。[略]」

   M・R・ジェイムズ=著 各務三郎(かがみ・さぶろう)=訳 「マグナス伯爵」
   a. ロバート・ブロック〔ほか〕=著 矢野浩三郎(やの・こうざぶろう)=編
     『怪奇と幻想1 吸血鬼と魔女』(全3冊)角川文庫 1975-10-20
   b. 日本ユニエージェンシー=編 矢野浩三郎=監修
     『アンソロジー 恐怖と幻想1』 月刊ペン社 1971-01-15
   引用は a. に拠りました。


(5) 丸本 1961
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

   M・R・ジェイムズ=著 丸本聰明(まるもと・としあき)=訳
   「マグナス伯爵」 『別冊宝石』 1961-09-15 No.108


(6) 平井 1959
「マグナスよ、あなたは昔の乱破(らつぱ)のような方だったのでしょう。乱破でもなんでもよいから、わたしはあなたにお目にかかりたい。いや、それどころか……」
「とこの時――」とかれは書いている。「余の足をなにやら発矢(はっし)と打ちし物あり。急ぎ身をひきてみるに、牀上に戛然と響きして落ちたる物あり。つくづく見るに、かの棺を封じたる三つ目の錠前なれば、身をかがめて拾いとらんとせし時、――余は神冥(しんめい)に誓いてここに赤裸々なる真実を記すものなり――蝶番の音きりきりと軋(きし)みて、あわや目のあたり、棺の蓋のおもむろにひらき上がれるをつぶらかに見たり。[略]」

   M・R・ジェイムス=著 平井呈一(ひらい・ていいち)=訳 「マグナス伯爵」
   『消えた心臓 世界恐怖小説全集4』 東京創元社 1959-10-10


■ロシア語訳 Translations into Russian

«Да, граф Магнус, хоть, судя по всему, ты и был тем еще мошенником, я бы все равно не прочь с тобой повидаться, или…»

«В этот самый миг, — свидетельствует он, — я почувствовал удар по ступне и мигом отдернул ногу. Что-то, звякнув, упало на мощеный пол: как оказалось, то был третий замок. Я нагнулся, чтобы поднять его, и… — Господь свидетель, все написанное здесь истинная правда! — не успев выпрямиться, услышал скрип металлических петель и увидел, как начала подниматься крышка.

   «Граф Магнус», Монтегю Джеймс
   E-text at ПРОЗАиК (Prozaik.in)


■英語原文 The original text in English

'You may have been a bit of a rascal in your time, Magnus,' he was saying, 'but for all that I should like to see you, or, rather--'

'Just at that instant,' he says, 'I felt a blow on my foot. Hastily enough I drew it back, and something fell on the pavement with a clash. It was the third, the last of the three padlocks which had fastened the sarcophagus. I stooped to pick it up, and--Heaven is my witness that I am writing only the bare truth--before I had raised myself there was a sound of metal hinges creaking, and I distinctly saw the lid shifting upwards.

   Count Magnus
   from Ghost Stories of an Antiquary (1904)
   by M. R. James (Montague Rhodes James)
   E-text at:
   * Project Gutenberg
   * eBooks@Adelaide
   * Wikisource


■無料朗読録音(パブリックドメイン・オーディオブック)
 Free public domain audiobooks

   Ghost Stories of an Antiquary by M. R. James - LibriVox
   LibriVox is an online digital library of free public domain audiobooks.
   Listen to Count Magnus (36 min. 57 sec.) on LibriVox:
     [mp3@64kbps - 17.7MB]
     [mp3@128kbps - 35.4MB]
     [ogg vorbis - 20.3MB]


■外部リンク External links

 [en] English
   * M. R. James - Wikipedia (1862-1936)
   * Ghost Stories of an Antiquary - Wikipedia
   * M. R. James filmography - The Internet Movie Database

 [ja] 日本語
   * モンタギュウ・ロウズ・ジェイムズ - Wikipedia (1862-1936)
   * M・R・ジェイムズ - 翻訳作品集成
   * M・R・ジェイムズ - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   * M・R・ジェイムズ - 海外ミステリ総合データベース MISDAS


■更新履歴 Change log

2012-07-15 ロシア語訳を追加しました。
2009-07-26 小倉多加志=訳 1980-09-15 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村英語ブログへにほんブログ村外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages



■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Wednesday, 22 July 2009

Count Magnus by M. R. James / Montague Rhodes James (1) M・R・ジェイムズ/M・R・ジェイムス/モンタギュー・ローズ・ジェイムズ「マグナス伯爵」(1)

■はじめに Introduction

ラクソールという名の男がいた。オックスフォード出で、ヒマと教養と多少のカネがあり、独り者で知りたがりの男だった。スウェーデンの歴史を探るうちに、かつて初代マグナス・ド・ラ・ガルディ伯爵という人物がいたことを知った。英語でよく、"Curiosity killled the cat."(好奇心は身の毒)という。九つ命があり、しぶとい生き物だとされる猫でも、好奇心が旺盛すぎて命を落とすことがある。そんな意味らしい。ラクソールも詮索好きが災いすることになる。


 Images 
表紙画像 Book covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
a. M_r_james_kaidan_zenshu_1 b. 1998_saru_no_te c. 1980_dracula_no_rival_tachi
d. 2006_ghost_stories_of_an_antiquary e. 2005_count_magnus_and_other_ghost_s f. 1978_the_rivals_of_dracula_severn_h

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 矢野 1998
そして、わかったのは、伯爵の評判がきわめて悪かった、ということだった。[略]
 しかし、それよりも、宿屋の亭主がひどく気にかけていたのは、伯爵が悪魔礼拝の旅に出たことがあって、そのときに、なにか正体のわからないものを、つれて帰ってきたということだった。
 たぶん読者は、ラクソールとおなじように、その悪魔礼拝の旅というのは、どんなものだったのか、という疑問をもたれるにちがいない。だが、その点については[略]

  • モンタギュ・ローズ・ジェイムズ=作 矢野浩三郎(やの・こうざぶろう)=訳 「マグナス伯爵」 『猿の手―恐怖と怪奇名作集4』 岩崎書店 1998-12-30
  • 児童向け再話。ルビは省略しました。

(2)小倉 1980
そして伯爵がすこしも好意を持たれていなかったことがわかった。[略] しかし宿のあるじの心にこびりついて離れないらしいのは……一再ならず話題がそこへ戻ったところからみて……伯爵が〈悪魔の遍歴〉の旅に出て、何かを持ち帰るか、誰かを連れ帰るかしたことだった。
 読者のみなさんはラクソールと同様に、〈悪魔の遍歴〉とは何だという疑問を当然お持ちになるだろう。が、その点に対するみなさんの関心は[略]

  • M・R・ジェイムズ=著 小倉多加志(おぐら・たかし)=訳 「マグナス伯爵」 マイケル・パリー=編 小倉多加志=訳 『ドラキュラのライヴァルたち』 ハヤカワ文庫 1980-09-15
  • 原書: The Rivals of Dracula Edited by Michel Parry. Corgi, 1977.

(3) 紀田 1973, 1978, etc.
その結果、伯爵はまったく人気のない人物であったことが判明した。[略] しかし、そんな話よりも宿の主人がこだわっているのは――というのは、彼の話が一再ならずそこに戻っていったからだが――伯爵が悪魔礼拝の旅に出て、何物か、あるいは何者かを伴って帰ったということだった。
 当然ながら、読者はラクソール氏と同様その悪魔礼拝の旅とは何かを知りたがるだろう。しかし、この点は[略]


(4) 各務 1971, 1975
そして、わかったことは、伯爵の評判がきわめて悪かったということだった。[略] だが宿の亭主がひどく気にかけていたのは――というのも亭主の話がたびたびもどることからわかるように――伯爵が悪魔の遍歴に旅だったことがあり、帰路何かを持ち帰ったか、あるいは何者かを連れ帰ってきた、ということだった。
 ラクソール氏同様、読者がこの悪魔の遍歴とは何か? と疑問を抱かれても不思議はない。しかし、その疑問は[略]

  • M・R・ジェイムズ=著 各務三郎(かがみ・さぶろう)=訳 「マグナス伯爵」
  • 引用は a. 角川文庫 1975 に拠りました。文中の傍点を下線で置き換えました。

(5) 丸本 1961
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]

  • M・R・ジェイムズ=著 丸本聰明(まるもと・としあき)=訳 「マグナス伯爵」 『別冊宝石』 1961-09-15 No.108

(6) 平井 1959
ところが、いろいろ探ってみたところ、この土地の人達は、伯爵にぜんぜん好意を持っていないことが分った。[略] ラクソールは、話をなんどもそこへ引き戻しては、根掘り葉掘り訊いてみたのであるが、ところが宿のあるじのいちばん気にしている取って置きの話というのは、そんな話ではなくて、伯爵があるとき「悪魔の巡礼」に出たことがあり、その時何物だかよく分らないが、なにか怪しいものを連れて領地へ戻ってきたという話のほうだったらしいのである。
 「悪魔の巡礼」とは、一体なんのことだろう? ラクソールがその時そういって尋ねたように、当然、諸君もこの疑問をおこされるにちがいないと思うが、しかし[略]


■ロシア語訳 Translations into Russian

Выяснилось, что граф пользовался недоброй славой. [Omission] Но самое худшее — во всяком случае так считал не раз повторивший данное утверждение содержатель гостиницы — заключалось в том, что граф совершил Черное Паломничество и доставил оттуда нечто или кого-то. Вы, конечно же, заинтересуетесь тем, что же это за Паломничество. Но [Omission]

  • «Граф Магнус», Монтегю Джеймс
  • E-text at ПРОЗАиК (Prozaik.in)

 Audio 1 
英語原文のオーディオブック Audiobook in English

下の引用箇所の朗読は 8:56 から始まります。 Uploaded to YouTube by Jonny Sims on 27 Apr 2012. Reading of the excerpt below starts at 8:56.


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: アンソニー・ライアン
Audiobook in English read by Anthony Ryan

下の引用箇所の朗読は 8:56 から始まります。 Uploaded to YouTube by FULL audio books for everyone on 16 Oct 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 8:56.


 Audio 3 
『好古家の怪談集』全巻のオーディオブック 朗読: ピーター・イヤーズリー
Ghost Stories of an Antiquary. Complete audiobook read by Peter Yearsley

下に引用する箇所の朗読は 6. Count Magnus の11:30から始まります。 Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 11:30 of Track 6.


■英語原文 The original text in English

He found that the Count was decidedly not a favourite. [Omission] But what seemed to dwell on the innkeeper's mind most--for he returned to the subject more than once--was that the Count had been on the Black Pilgrimage, and had brought something or someone back with him. You will naturally inquire, as Mr Wraxall did, what the Black Pilgrimage may have been. But [Omission]


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-05-22 オーディオブックへのリンクを、より操作のしやすい YouTube の画面で置き換えました。
  • 2012-07-15 ロシア語訳を追加しました。
  • 2009-07-26 小倉多加志=訳 1980-09-15 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村英語ブログへにほんブログ村外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages



■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 20 July 2009

Where the Wild Things Are by Maurice Sendak モーリス・センダック 『かいじゅうたちのいるところ』『いるいる おばけが すんでいる』

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  イタリア語版読み聞かせ Reading of translation into Italian
 Video 2  英語版原書朗読 Reading of the English original
 Images   表紙画像 Cover photos
■表紙を見て気づいたこと Comments on the comparison of book covers
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) じんぐう 1975
  (J2) ウエザヒル翻訳委員会 1966
■英語原文 The original text in English
■三島由紀夫による「すいせんのことば」 Endorsement by Yukio Mishima
 Video 3  フランス語短編アニメ Short animated film in French
 Video 4  Video 5 のスペイン語吹替版 Same as Video 5 but dubbed in Spanish
 Video 5  短編アニメ Where the Wild Things Are (1973)
 Video 6  かいじゅうたちのいるところ (2009) Where the Wild Things Are (2009)
■2009年版映画公開予定 Release dates for the 2009 film
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

Where the Wild Things Are は、2012年に亡くなったアメリカの絵本作家モーリス・センダックの代表作。

日本語版は2種類出ている。ひとつは1966年に出版されたウエザヒル翻訳委員会訳で『いるいる おばけが すんでいる』。もうひとつは1975年に出版されて今なお売れ続けている神宮輝夫訳『かいじゅうたちのいるところ』。

1973年に米国・チェコスロバキア合作の短編アニメとなった。下の Video 5 
2009年にはスパイク・ジョーンズ監督により、実写長編映画となった。下の Video 6 


 Video 1 
『かいじゅうたちのいるところ』 イタリア語版読み聞かせ
Nel paese dei mostri selvaggi - Reading of translation into Italian

Uploaded to YouTube by LabComNarr on 2012-01-02.


 Video 2 
『かいじゅうたちのいるところ』 英語版原書朗読
Where The Wild Things Are - Reading of the English original

Uploaded to YouTube by StoryTime4Kids on 2008-06-06.


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_where_the_wild_things zh Zh_trad_where_the_wild_things_are ko Ko_sendak_where_the_wild_things_are

ja Ja_kaijuu_tachi_no_iru_tokoro ja Ja_iruiru_obake_ga_sunde_iru fa Fa_tarvijsarzamine_vahshiha

he He___wherethewildthingsaresendakmau tr Tr_canavarlar_ulkesinin_kral fi Fi_hassut_hurjat_hirvit

et Et_5450003854_seal_kus_elavad_metsa ru Ru_9785437000717_where_the_wild_thi cs Cs_tam_kde_ziji_divociny_sendak

no No_til_huttetuenes_land sv Se_till_vildingarnas_land da Da_sendak_villy_vilddyr

de De_wo_die_wilden_kerle_wohnen ro Ro_9786068044606_regele_tuturor_s_3 it It_nel_paese_dei_mostri_selvaggi_r1

eu Eu_piztiak_bizi_diren_lekuan gl Gl_onde_viven_os_monstros br Br_onde_vivem_os_monstros

ca Ca_9788484646921 es Es_donde_viven_los_monstruos nl Nl_max_en_de_maximonsters

fr Fr_max_et_les_maximonstres en En_where_the_wild_things_are

[zh] 野兽出没的地方 明天出版社 2009 中国語(簡体字)
[zh] 野獸國 漢聲雜誌 1987 中國語(繁體字)
[ko] 괴물들이 사는 나라 시공주니어 2004 韓国語
[ja] かいじゅうたちのいるところ 冨山房 1975 日本語
[ja] いるいる おばけが すんでいる ウエザヒル出版社 1966 日本語
[fa] سفر به سرزمين وحشی ها ペルシア語
[he] ארץ יצורי הפרא Keter, 2010 ヘブライ語
[tr] Canavarlar Ülkesinin Kralı Redhouse, 1985 トルコ語
[fi] Hassut hurjat hirviöt Tammi, 2009 フィンランド語
[et] Seal, kus elavad metsakollid Eesti Raamat, 1989 エストニア語
[ru] Там, где живут чудовища Розовый Жираф, 2014 ロシア語
[cs] Tam kde žijí divočiny Hynek, 1994 チェコ語
[no] Til huttetuenes land Cappelen, 2001 ノルウェー語
[sv] Till vildingarnas land Bonnier Carlsen, 2009 スウェーデン語
[da] Villy Vilddyr Høst, 2001 デンマーク語
[de] Wo die wilden Kerle wohnen Diogenes Verlag AG, 2008 ドイツ語
[ro] Regele tuturor sălbăticiunilor Arthur, 2014 ルーマニア語
[it] Nel paese dei mostri selvaggi Babalibri, 1999 イタリア語
[eu] Piztiak bizi diren lekuan Kalandraka, 2000 バスク語
[gl] Onde viven os monstros Kalandraka, 2000 ガリシア語
[br] Onde Vivem os Monstros Salamandra ブラジル・ポルトガル語
[ca] Allà on viuen els monstres Kalandraka, 2009 カタルーニャ語(カタロニア語)
[es] Donde viven los monstruos Rayo, 1996 スペイン語
[nl] Max en de maximonsters Lemniscaat, 1995 オランダ語
[fr] Max et les maximonstres Ecole des Loisirs, 2002 フランス語
[en] Where the Wild Things Are HarperCollins, 1988 英語


■表紙を見て気づいたこと Comments on the comparison of book covers

ペルシア語版とヘブライ語版だけ絵が左右裏向きになっているのは、なぜか? これら2言語ではアラビア語などにおけると同様、右から左へ読むせいなのだろう、たぶん。

表紙に訳者の表示があるのは、上に見るかぎり、中国語版と日本語版だけだ。まえに他の本でも気づいたことだが、翻訳者の地位は欧米諸国よりも中国や日本におけるほうが、いくぶん高いようだ。社会的な評価の高低であって、収入のことは知らない。

村上春樹作品の中国語訳をした翻訳家は、「あの村上春樹の」翻訳をした人ということで、中国では村上氏本人に負けないぐらい人気があると聞いたことがある。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) じんぐう 1975
「では みなのもの!」マックスは おおごえを はりあげた。
「かいじゅうおどりを はじめよう!」

   モーリス・センダック=さく じんぐうてるお(神宮輝夫)=やく
   『かいじゅうたちのいるところ
   冨山房 1975-01


(J2) ウエザヒル翻訳委員会 1966
「こんやは みんなで ひとさわぎ おばけさわぎを はじめよう」
マックスおうが いいました おばけの けらいに いいました

   モーリス・センダーク=原作・絵 ウエザヒル翻訳委員会=訳
   監修委員: 木下一雄、黒崎義介、坂元彦太郎、ハル・ライシャワー、三島由紀夫
   翻訳・編集委員: 園一彦、坂出寿栄、阪井妙子、M・ウエザビー、R・フリードリック
   『いるいる おばけが すんでいる』 アメリカ新絵本シリーズ
   ウエザヒル出版社 1966-05-25


■英語原文 The original text in English

"And now," cried Max, "let the wild rumpus start!"

   Where the Wild Things Are
   Story and pictures by Maurice Sendak.
   First published by Harper & Row. 1963.
   Currently available editions include: HarperCollins. 1988-11


■三島由紀夫による「すいせんのことば」 Endorsement by Yukio Mishima

上にご覧のとおり、2つの日本語訳のうち先に出たほう、つまり『いるいる おばけが すんでいる』という邦題のついた版には、監修委員として三島由紀夫が名を連ねています。この本の発売当時(1966年5月)配布されたチラシには、三島による「すいせんのことば」が印刷されていたようです。チラシの現物は見たことがありませんが、つぎのような文面が『三島由紀夫全集』に再録されているのを読むことができます:

    この「いるいるおばけがすんでいる」は、ふしぎと子どもをチャームする本です。
   うちの子どもも、この本が大好きです。ここには、大人に巧く躾(しつ)けられた、
   外交官みたいな人当りのいい子どものかはりに、マックスといふ、ちよつと偏屈
   な子どもが登場し、「子どもの孤独」がまざまざと描かれてゐることが、一つの
   理由だと思ひます。子どもの孤独に、子どもは敏感に反応します。そしてお化け
   の国のお化けたちの愉快なこと! [以下略]

   三島由紀夫 すいせんのことば(「いるいるおばけがすんでいる」)
   a.決定版 三島由紀夫全集34 評論9』 新潮社 2003-09-10
   b.三島由紀夫全集35』 新潮社 1976-04
   引用は a. に拠りました。


 Video 3 
『かいじゅうたちのいるところ』 フランス語アニメ
Max et les Maximonstres, a short animated film in French

Uploaded to YouTube by Chris Paquin on 2012-12-10. Translation by L'École des loisirs. Animation and montage by Chris Paquin.


 Video 4 
『かいじゅうたちのいるところ』 スペイン語アニメ
Donde Viven los Monstruos - Where the Wild Things Are (1973) in Spanish

下の Video 5 のスペイン語吹替版。 Uploaded to YouTube by bimbomba1 on 2011-07-06. Spanish-dubbed version of  Video 5  below.


 Video 5 
短編アニメ[邦題未確認] Where the Wild Things Are (1973)

脚色・監督: ジーン・ダイチ 日本語による詳細情報はここ Uploaded to YouTube by suriwycer on 8 Jul 2012. Adapted and Directed by Gene Deitch.


 Video 6 
映画 かいじゅうたちのいるところ (2009) 予告編
Film Where the Wild Things Are (2009) Trailer

監督:スパイク・ジョーンズ 製作:トム・ハンクス、モーリス・センダック〔ほか〕 原作:モーリス・センダック 脚本:デイヴ・エッガーズ、スパイク・ジョーンズ 出演:マックス・レコーズ、キャスリン・キーナー〔ほか〕


■『かいじゅうたちのいるところ (2009)』公開予定―2009年7月現在
 Release dates for Where the Wild Things Are (2009) - as of July 2009

   Country    Date
   France     14 October 2009
   Netherlands  15 October 2009
   USA      16 October 2009
   Brazil     23 October 2009
   Russia    29 October 2009
   Italy      30 October 2009
   Australia  3 December 2009
   Germany  3 December 2009
   UK      11 December 2009
   Spain    18 December 2009
   Japan    2010

   Excerpted from Where the Wild Things Are (2009) - IMDb


■外部リンク External links

 [en] English

 [ja] 日本語


■更新履歴 Change log

  • 2014-12-18 エストニア語版、ロシア語版、チェコ語版、およびルーマニア語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。 
  • 2013-06-16 目次と「はじめに」の項を新設しました。また、フランス語アニメ、スペイン語吹替版アニメ、および1973年版短編アニメの3本の YouTube 動画を追加しました。
  • 2013-01-28 バスク語版の表紙画像とイタリア語版読み聞かせの YouTube 動画を追加しました。また、ヘブライ語版の書誌情報を補足しました。
  • 2012-10-28 ペルシア語版、トルコ語版、ブラジル・ポルトガル語版、およびカタルーニャ語版の表紙画像を追加しました。
  • 2011-10-10 Where The Wild Things Are 朗読の YouTube 動画を追加しました。また、映画版『かいじゅうたちのいるところ』予告編の YouTube 動画がリンク切れになっていたので、有効な動画と差し替えました。
  • 2011-03-05 中国語訳(簡体字)の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2009-09-05 韓国語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2009-09-05 ノルウェー語、デンマーク語、ウエザヒル出版社 1966-05-25 日本語の3つの版の表紙画像、およびウエザヒル翻訳委員会=訳 1966-05-25 の訳文を追加しました。また、三島由紀夫による「すいせんのことば」の項を新設しました。さらに、外部リンクの項に、『かいじゅうたちのいるところ』の諸言語への翻訳版を列挙した米国図書館協会のページへのリンクを追加しました。
  • 2009-07-21 下のコメント欄にご覧のとおり、匿名の読者のかたから、英語でご親切な指摘を頂きました。表紙画像のうち、これまでポルトガル語と表示していたものは、じつはポルトガル語ではなく、ガリシア語(おもにスペイン北西部で話されている言語)なのだそうです。ご指摘に従い、表示を訂正しました。Many thanks for your kind remark!!

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■VHS

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Tuesday, 14 July 2009

Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird (4) イザベラ・バード/イサベラ・バード 『日本奥地紀行』『イザベラ・バードの日本紀行』 (4)

« 1 2 3 Unbeaten Tracks in Japan »
« 1 2 3 日本奥地紀行 »

■表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Isabella_bird_nihon_kikou_yushodo b. De_bird_unbetretene_pfade_in_japan c. Isabella_bird_unbeaten_tracks_book_

■はじめに Introduction

 なぜ彼女は日本へ来たか?
 なにを期待してやってきたのか? 結果はどうだったか? なにに惹かれ、なににがっかりしたか?
 幕末から明治期のイギリス人女性旅行家・紀行作家イザベラ・バード (1831-1904) は、1878年(明治11年)に来日した理由について、その著書『日本奥地紀行』の「まえがき」で下のように語る。引用したのは第一パラグラフの全文。彼女の筆致には遠慮がない。なにが気に入り、なにが気に入らなかったか? 冒頭からズケズケと書き始める。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金坂 2012
 はしがき
 母国を離れて、以前に効果的だった方法で健康を回復するよう勧められた私は、一八七八年[明治一一年]四月、日本を訪れることにした。気候がすばらしいという評判に惹かれたというよりは、日本には目新しいことや興味をひくものが特別に多くあり、これらが健康になりたいと思う孤独な旅人に大きな楽しみと元気を与えてくれると確信したからである。気候には失望したが、この国が私を有頂天にさせるというより、調査研究の対象になる国であることがわかった。その興味深さには予測をはるかに超えるものがあった。

   イザベラ・バード=著 金坂清則=訳注
   『完訳 日本奥地紀行 1——横浜—日光—会津—越後
   東洋文庫 平凡社 2012


(J2) 時岡 2008
 まえがき
 一八七八年四月、わたしは母国を離れて前にも効果のあった方法で健康を回復するよう勧められ、日本を訪れることにした。気候のすばらしさよりも、日本には新奇なものがとびきり多くあり、興味がつきないはずだという確信に惹かれてのことである。ひとりぼっちで療養する身にはこれがとても本質的なところで、楽しさと健康の回復をもたらしてくれるのである。気候にはがっかりした。とはいえ、日本はうっとりと見とれる国ではなく研究の対象となってしまったものの、興味は予想をはるかに超えた。

   イザベラ・バード=著 時岡敬子=訳
   『イザベラ・バードの日本紀行(上)』 (全2冊)
   講談社学術文庫 2008


(J3) 楠家+橋本+宮崎 2002
 まえがき
 母国を離れて外国に旅行するよう勧められたのは、一八七八(明治十一)年四月のことである。以前にも効果があった健康回復の手段としてであった。私が日本を訪れる決意を固めたのは、気候がすばらしいという評判に魅力を感じたからではない。それよりも、新奇で珍しく、いつまでも関心を引くものが日本にはかなりあるはずだ、と思ったからだ。そのことが健康を求める孤独な旅行者の心を喜ばせ、体をいやすのに役立つのである。日本の気候には失望を禁じえなかった。日本という国は、喜びで有頂天になる場所ではなく、あくまでも研究の対象であると悟った。それでも私のこの国に対する関心は来日以前の期待以上のものだった。

   I・L・バード=著
   楠家重敏+橋本かほる+宮崎路子=訳
   『バード 日本紀行』 雄松堂出版 2002


(J4) 高梨 1973, 2000, etc.
 はしがき
 一八七八年(明治十一年)四月に、以前にも健康回復の手段として効き目のあった外国旅行をすることを勧められたので、私は日本を訪れてみようと思った。それは、日本の気候がすばらしく良いという評判に魅かれたからではなく、日本には新奇な興味をいつまでも感じさせるものが特に多くて、健康になりたいと願う孤独な旅人の心を慰め、身体をいやすのに役立つものがきっとあるだろうと考えたからである。日本に行って、その気候には失望したが、しかし私は、日本の国土が、夢のように美しいものではなく、ただ研究調査に値するものであることを悟ったものの、日本に対する興味は私の期待を大きく上まわるものであった。

   イサベラ・バード=著 高梨健吉=訳
   『日本奥地紀行』 平凡社 1973, 2000, 2006


■英語原文(二巻本1880年初版に拠る)
 The original text in English (based on the 1880 first edition in two volumes)

PREFACE
Having been recommended to leave home, in April 1878, in order to recruit my health by means which had proved serviceable before, I decided to visit Japan, attracted less by the reputed excellence of its climate, than by the certainty that it possessed in an especial degree those sources of novel and sustained interest, which conduce so essentially to the enjoyment and restoration of a solitary health-seeker. The climate disappointed me, but though I found the country a study rather than a rapture, its interest exceeded my largest expectations.


■日本語訳についての詳しい書誌情報
 Detailed bibliography on Japanese translations

(J1) 金坂 2012
   イザベラ・バード=著 金坂清則(かなさか・きよのり)=訳注
   『完訳 日本奥地紀行 1——横浜—日光—会津—越後』 (全4巻)
   東洋文庫 平凡社 2012-03-21

(J2) 時岡 2008
   イザベラ・バード=著 時岡敬子(ときおか・けいこ)=訳
   『イザベラ・バードの日本紀行(上)』 (全2冊)
   講談社学術文庫 2008-04-10

(J3) 楠家+橋本+宮崎 2002
   I・L・バード=著
   楠家重敏(くすや・しげとし)+橋本かほる+宮崎路子=訳
   『バード 日本紀行』 新異国叢書 第3輯 3
   雄松堂出版 2002-08-20 この本の詳細は ここ

(J4) 高梨 1973, 2000, etc.
   a. イサベラ・バード=著 高梨健吉(たかなし・けんきち)=訳
     『日本奥地紀行』 オンデマンド ワイド版東洋文庫 平凡社 2006-11
   b. イザベラ・バード=著 高梨健吉=訳
     『日本奥地紀行』 平凡社ライブラリー 平凡社 2000-02
   c. イサベラ・バード=著 高梨健吉=訳
     『日本奥地紀行』 東洋文庫 平凡社 1973-01
   a.c. では著者のファーストネームを濁らないで「イサベラ」と
   表記してある。引用は c. 東洋文庫版に拠りました。


■2種類の英語原書について On the two editions of the English text

(E1) 1880年刊二巻本初版 1880 edition in two volumes
   Unbeaten Tracks in Japan: An Account of Travels in the Interior,
   Including Visits to the Aborigines of Yezo and the Shrines of Nikkô and Isé
   First edition in two volumes
   by Isabella L. Bird
   London : John Murray, 1880.

(E2) 1885年刊一巻本「普及版」 1885 'Popular edition' in one volume
   Unbeaten Tracks in Japan
   Abridged popular edition in one volume
   by Isabella L. Bird
   London : John Murray, 1885.


■4つの邦訳版の底本の違いについて
 On the differences of the source text of the four Japanese editions

バード著 Unbeaten Tracks in Japan の原著は、上記 (E1) のとおり、1880年に初版が二巻本で出版された。その後、上記 (E2) のとおり、1885年に一巻本の Popular Edition 「普及版」が出た。すなわち短縮版ないし簡略本である。

引用した4種類の邦訳のうち、(J4) 高梨訳は (E2) 「普及版」の全訳。(J3) 楠家+橋本+宮崎訳は (E1) 初版二巻本のうち (J4) に収録されている部分を除いた抄訳。(J2) 時岡訳は (E1) 初版を原書と同様2分冊にして全訳したもの。(J1) 金坂訳は (E1) 初版の2巻をそれぞれ2分割して全4巻とし、さらに (J2) 時岡訳などで省かれていた部分などを補った文字どおりの「完訳」を期したものである。詳しくは平凡社ブログをご覧ねがいたい。


■原書の書誌情報 Bibliography on the original text in English


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013-09-21 金坂清則=訳注 2012-03-21 を追加しました。また、これまで1911年普及版に拠っていた英語原文を二巻本1880年初版のテキストに改めました。


« 1 2 3 Unbeaten Tracks in Japan »
« 1 2 3 日本奥地紀行 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

保存

保存

保存

保存

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 12 July 2009

Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird (3) イザベラ・バード/イサベラ・バード 『日本奥地紀行』『イザベラ・バードの日本紀行』 (3)

« 1 2 Unbeaten Tracks in Japan 4 »
« 1 2 日本奥地紀行 4 »

           目次 Table of Contents

   ■はじめに Introduction
     Video   米沢盆地 「東洋のアルカディア」
          The Plain of Yonezawa "An Asiatic Arcadia"
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 金坂 2012
     (J2) 時岡 2008
     (J3) 渡辺 1998, 2005
     (J4) 高梨 1973, 2000, etc.
   ■英語原文 The original text in English
    Images  2種類の原書 Differences between the two editions
   ■3種類の邦訳、2タイトルの補訳
     Three translations and two supplementary translations into Japanese
   ■英語原書の書誌情報 Bibliography on the original text in English
    Map 1   山形県 地域区分図 Map of Regions in Yamagata Prefecture
    Map 2   置賜地方の自治体 Municipalities of the Okitama Region
    Map 3   米沢盆地付近の地図 Map of area around the Yonezawa Basin
   ■イザベラ・バードの記念碑 - 山形県内
     Monuments commemorating Isabella Bird's visit to Yamagata
   ■イザベラ・バード - 東北地方関連リンク
     Isabella Bird in the Tohoku Region - Related links
   ■その他の外部リンク Other external links
   ■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

幕末から明治期のイギリス人女性旅行家・紀行作家イザベラ・バード (1831-1904) は、1878年(明治11年)東北地方を旅して米沢盆地の辺りをたいそう気に入り、その著書『日本奥地紀行』のなかで絶賛した。


  Video  
イザベラ・バードゆかりの山形県・米沢盆地
―― 「東洋のアルカディア」あるいは「アジアの桃源郷」
The Plain of Yonezawa, dubbed by Isabella Bird as "An Asiatic Arcadia"

イザベラ・バードが米沢盆地を訪れたのは、暑い夏の日だった。なので、彼女が賞賛しているのは、たぶん雪景色ではないと思う。以上、念のため。 Uploaded to YouTube by yakkie7 on 15 Feb 2009.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金坂 2012
第二十三報 繁栄する地方
[七月一五日 (月曜日)] 上山(カミノヤマ)にて

とても暑いもののよく晴れた夏の日だった。雪をかぶる会津の峰々も、太陽の光にきらきら輝いているので、涼しげな感じはほとんどしなかった。南には繁栄する米沢の町、北には来訪者の多い温泉場である赤湯を擁する米沢平野[盆地]は、まさしくエデンの園である。「鋤(すき)の代わりに鉛筆で耕したかのよう」であり、米、綿、玉蜀黍(とうもろこし)、煙草、麻、藍(あい)、大豆、茄子(なす)、胡桃(くるみ)、西瓜(すいか)、胡瓜(きゅうり)、柿、杏(あんず)、石榴(ざくろ)が豊かに育っている。晴れやかにして豊饒(ほうじょう)なる大地であり、アジアのアルカディアである。繁栄し、自立している。


(J2) 時岡 2008
第二三信
上山(かみのやま)にて

[略]好天の夏の日でしたが、とても暑く、会津の雪を冠した連峰も陽光を受けてぎらぎらと輝き、あまり涼しくは見えませんでした。米沢の平野は南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉の町、赤湯があって、申し分のないエデンの園で、「鋤(すき)ではなく画筆で耕されて」おり、米、綿、とうもろこし、たばこ、麻、藍、大豆、茄子、くるみ、瓜、きゅうり、柿、あんず、ざくろをふんだんに産します。微笑みかけているような実り豊かな地です。繁栄し、自立した東洋のアルカディアです。


(J3) 渡辺 1998, 2005
米沢平野は南に繁栄する米沢の町、北には人で賑わう赤湯温泉をひかえて、まったくのエデンの園である。〝鋤のかわりに鉛筆でかきならされた〟ようで、米、綿、トウモロコシ、煙草、麻、藍、豆類、茄子、くるみ、瓜、胡瓜、柿、杏、柘榴が豊富に栽培されている。繁栄し自信に満ち、田畑のすべてがそれを耕作する人びとに属する稔り多きほほえみの地、アジアのアルカディアなのだ。

  • 渡辺京二氏による上掲引用部分のみの部分訳。引用は a. 平凡社ライブラリー版に拠りました。
    • 渡辺京二(わたなべ・きょうじ)=著 『逝きし世の面影』 平凡社ライブラリー 平凡社 2005-09-09
    • 渡辺京二=著 『逝きし世の面影』 日本近代素描1 葦書房 1998-09

(J4) 高梨 1973, 2000, etc.
第十八信
上ノ山にて

[略]たいそう暑かったが、快い夏の日であった。会津の雪の連峰も、日光に輝いていると、冷くは見えなかった。米沢平野は、南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉場の赤湯があり、まったくエデンの園である。「鋤で耕したというより鉛筆で描いたように」美しい。米、綿、とうもろこし、煙草、麻、藍、大豆、茄子(なす)、くるみ、水瓜、きゅうり、柿、杏、ざくろを豊富に栽培している。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカデヤ(桃源郷)である。

  • 引用は下の c. 東洋文庫版に拠りました。なお、a. と c. では著者のファーストネームを濁らないで「イサベラ」と表記してあります。
    • イサベラ・バード=著 高梨健吉(たかなし・けんきち)=訳 『日本奥地紀行』 オンデマンド ワイド版東洋文庫 平凡社 2006-11
    • イザベラ・バード=著 高梨健吉=訳 『日本奥地紀行』 平凡社ライブラリー 平凡社 2000-02
    • イサベラ・バード=著 高梨健吉=訳 『日本奥地紀行』 東洋文庫 平凡社 1973-01
  • 原書: Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird. Abridged popular edition, 1885

■英語原文 The original text in English

LETTER XVIII
KAMINOYAMA.

[Omission] It was a lovely summer day, though very hot, and the snowy peaks of Aidzu scarcely looked cool as they glittered in the sunlight.  The plain of Yonezawa, with the prosperous town of Yonezawa in the south, and the frequented watering-place of Akayu in the north, is a perfect garden of Eden, "tilled with a pencil instead of a plough," growing in rich profusion rice, cotton, maize, tobacco, hemp, indigo, beans, egg-plants, walnuts, melons, cucumbers, persimmons, apricots, pomegranates; a smiling and plenteous land, an Asiatic Arcadia, prosperous and independent ( , , , )

   Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird
   Popular Edition, 1885


 Images 
2種類の原書 Differences between the two editions

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
a. 1881_2_vols_john_murray_unbeatentra b. 1905_popular_john_murray_cu31924023
  • 原書2巻本の扉—1881年 ジョン・マレー社版 Image source: Open Library
  • 原書普及版の扉—1905年 ジョン・マレー社版 Image source: Open Library

バード著 Unbeaten Tracks in Japan 原書の初版は1880年に2巻本として出版された。その後1885年に1巻本の Popular Edition 「普及版」が出た。つまり短縮版ないし簡略本である。上の2つの画像はどちらも後年の版ではあるが a. が2巻本、b. が普及版の例である。拡大するとそれぞれ "In Two Volumes" "Popular Edition" の字が読み取れる。


■3種類の邦訳、2タイトルの補訳
 Three translations and two supplementary translations

高梨訳 (1973ほか) は上に述べた1885年「普及版」の邦訳であり、時岡訳 (2008) と金坂訳 (2012〜2013) は1880年初版2巻本からの翻訳である。時岡訳は原書どおり2分冊になっており、金坂訳は原書2分冊をそれぞれ二分割して全4巻に分けてある。

上の訳文で、金坂訳の「第23報」、時岡訳の「第23信」に対し、高梨訳が「第18信」と本文記事の通し番号が食い違っているのは、こうした底本の違いによる。

金坂訳は、高梨訳が収録していなかった部分(2巻本と普及版の差異の部分)や、時岡訳がいっけん完訳のようでじつは省いていた部分を精査して訳出し、原著どおり解説や付録や地図や索引も完備した文字どおりの「完訳」を意図している(詳細は平凡社ブログを参照)。

なお、高梨訳で未収録だった箇所のうち、「主要部分」は楠家重敏(くすや・しげとし)ほか訳 『バード 日本紀行』 (2002)、「細部」は高畑美代子(たかはた・みよこ)訳 『イザベラ・バード「日本の未踏路」完全補遺』 (2008) のタイトルで、それぞれ出版されていた。ただし、「完全補遺」が看板倒れないし誇張であったことは、金坂訳によって指摘されている。


■英語原書の書誌情報 Bibliography on the original text in English


 Map 1                        Map 2 
山形県 地域区分図               置賜(おきたま)地方の自治体
Map of Regions in Yamagata Prefecture  Municipalities of the Okitama Region
171x310pxsvg       236x310pxyamagata_okitamablock
 ■橙:村山地方                1. 米沢市   2. 南陽市   3. 長井市
 ■青:最上地方                4. 高畠町   5. 川西町   6. 小国町
 ■緑:置賜地方                7. 白鷹町   8. 飯豊町
 ■紫:庄内地方


  Map 3  
米沢盆地付近の地図 Map of area around the Yonezawa Basin

クリックやドラッグの操作でズームやナビゲートができます。ズームインして上山・米沢・赤湯などの位置をご確認ください。 Click & Drag to navigate.
View Larger Map


■イザベラ・バードの記念碑 - 山形県内
 Monuments commemorating Isabella Bird's visit to Yamagata

高梨訳『日本奥地紀行』の「解説」にも記されているが、山形県内には次のような記念碑が建てられている。なお、置賜文化フォーラムのサイトによると、高梨氏は山形県置賜(おきたま/おいたま)地方の小松町(今の川西町小松)の生まれだそうである。

  • イザベラ・バード記念碑(金山町)
  • イサベラ・バード記念碑と塔(川西町)
    • 1985年(昭和60)9月、山形県川西町(小松)ではイサベラ・バード記念碑と塔を建立した。記念塔の写真は 置賜文化フォーラム ページの下寄りにある。

■イザベラ・バード - 東北地方関連リンク
  Isabella Bird in the Tohoku Region - Related links


■その他の外部リンク Other external links


■更新履歴 Change log

  • 2013-09-20 金坂清則=訳注 2012-07-10 を追加し、書誌情報について加筆修正しました。また、関連リンクについて、リンク切れのものを削除し、新たにいくつか追加するなどして整理しました。さらに、3種類の地図を追加しました。
  • 2010-08-28 渡辺京二=部分訳の書誌情報に誤りがあったので訂正しました。
  • 2010-06-14 渡辺京二=部分訳 2005-09-09 を追加しました。
  • 2009-07-15 「イザベラ・バードの記念碑」の項を新設しました。また、外部リンクに「イザベラ・バード - 高畠を歩き、えがいた人々」を追加しました。

« 1 2 Unbeaten Tracks in Japan 4 »
« 1 2 日本奥地紀行 4 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 11 July 2009

Jefferson Davis quoted by Justice Pal ジェファーソン・デイヴィスからの引用:『パール反対意見書』『パール判決書』『パル判決書』

■はじめに Introduction

第二次世界大戦中に日本の指導者たちが犯したとされるA級・B級・C級の三種類の戦争犯罪。それぞれのクラスの戦争犯罪人たちを日本の降伏後に連合国が裁いたのが、ご承知のとおり極東国際軍事裁判です。1946年に開廷し1948年に結審した、このいわゆる東京裁判で、被告人全員の無罪を説いたのが、当時まだイギリス領だったインドから派遣された、裁判官ラダビノード・パール氏。下に引用するのは、パール判事(またはパル判事)が法廷に提出した、25万語におよぶ長大な反対意見書(いわゆる「パール判決書」)の最後の一節です。


 Gallery 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. 2008_totani_the_tokyo_war_crimes b. 2007_nakajima_paaru_hanji c. 2006_ushimura_sensou_sekininron_no_

d. 2002_higurashi_tokyo_saiban e. 2001_tanaka_nihon_muzairon f. 1999_dissentient_judgment


 Video 1 
「パール判事は何を問いかけたのか~東京裁判知られざる攻防~」
What Did Justice Radhabinod Pal Ask Tokyo Trial, Unknown Battles

Uploaded to YouTube by TheHadashi on 15 Oct 2013


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) Lucy 2008
やがて時が熱狂と偏見を和らげるであろうその時、やがて理性が虚偽の陳述からその仮面をはぎ取るであろうその時、公正なる正義の女神が過去において非難されたものの多くは賞賛され、賞賛されたものの多くは非難されなくてはならないことを正式に告げるであろう。


(J2) 東京裁判研究会 1966, 1984
「時が、熱狂と、偏見をやわらげた暁には、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとった暁には、そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに、その所を変えることを要求するであろう」。

  • 東京裁判研究会 『共同研究 パル判決書』
  • a. は b. を底本とし、著作権者の了解を得て、そのままの内容を現代仮名遣い・現代表記に改め、(上)(下)二分冊にして収録したもの。引用は a. に拠りました。a. に一部振られているルビは省略しました。

■英語原文 The original text in English

"When time shall have softened passion and prejudice, when Reason shall have stripped the mask from misrepresentation, then, justice, holding evenly her scales, will require much of past censure and praise to change places."


 Video 2 
ジェファーソン・デイヴィス ミニ・バイオグラフィー
Jefferson Davis - Mini Biogrpahy

Uploaded to YouTube by BIO on 16 Sep 2013


■ジェファーソン・デイヴィス―引用箇所の出典
 Jefferson Davis: The source of the quotation

上の引用箇所を、パール判事自身がこしらえた文章だと誤解している例を見かけます。ところが、事実はパール判事の作文ではありません。正しくは、南北戦争時代の「アメリカ連合国」(=南部がわ)大統領だったジェファーソン・デイヴィス (1808-1889) が1888年におこなった演説から、パール判事が引用したのです。引用符 " " が付いているのは、そのせいです。

南北戦争の終結後、旧南軍の捕虜収容所で旧北軍の捕虜たちが受けた虐待行為について、軍法会議が開かれました。その結果、ヘンリー・ワーズ Henry Wirz という士官が有罪となり、絞首刑に処せられました。ワーズは、戦時中最大の捕虜収容所だったジョージア州のアンダーソンヴィル捕虜収容所の所長だった人物です。ワーズにとって不運な判決が下された背景には、軍法会議のすこし前にエイブラハム・リンカーン大統領が暗殺されたばかりだったというタイミングの悪さがありました。

「南部連合の娘たち (The United Daughters of the Confederacy, UDC)」という組織があります。南軍に加わって戦死した人々を追悼する女性たちの団体です。UDCは、ワーズの鎮魂と彼の処刑に対する抗議の意をこめて、1908年アンダーソンヴィルにワーズの記念碑を建てました。そこには、上のジェファーソン・デイヴィスの言葉が刻まれています。


■東京裁判に関連する上記以外の本の例
 A partial list of other books related to the Tokyo War Crimes Trial

以下の各文献に記載される意見・情報その他の内容は、tomoki y. の持つ信条・見解などとは一切関係ありません。


■外部リンク External links

以下の各サイトに記載される意見・情報その他の内容は、tomoki y. の持つ信条・見解などとは一切関係ありません。


■更新履歴 Change log

  • 2016-10-25 「パール判事は何を問いかけたのか~東京裁判知られざる攻防~」と「ジェファーソン・デイヴィス ミニ・バイオグラフィー」の2本のYouTube動画を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■VHS


■DVD


■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese


  

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, 05 July 2009

A Visitor from Down Under by L.P. Hartley L・P・ハートリー/L・P・ハートレー「豪州からの客」「遠い国からの訪問者」「豪州からきたお客」

■はじめに Introduction

落語の「粗忽長屋」やエドガー・アラン・ポーの短篇「ウィリアム・ウィルソン」。分身やドッペルゲンガーや「自分を目の当たりにする自分自身」といったモティーフは、おもしろい。そして、あとを引くこわさがある。


■表紙画像 1 Cover photos 1

Left憑かれた鏡』河出書房新社 (2006)
Centre恐怖の分身』朝日ソノラマ (1986) Image source: 銀の知識人たち
Right消えた心臓』世界恐怖小説全集4 東京創元社 (1959) Image source: 北米探偵小説論再構築

↓ Click to enlarge ↓

Tsukareta_kagami  Kyoufu_no_bunshin  Kieta_shinzou_tokyo_sougensha_2

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 小山 2006
「どうして君が――いや、誰にしても――わたしを捕まえなくちゃならん? わたしは君らに何の危害も加えていないのに」
「いやいや、そうはまいりませんよ」
「なぜ?」
「あなたがその辺をうろついてると分かってたら、うかうか寝てなんかいられませんですな。いつまた人を殺すか知れないんだから。誰かが捕まえないといけない」
「しかし、誰もいなければ?」
「何でございます?」
「殺された男に親戚も友人もいなければ、さ。その男がふっと消えて、誰もそいつが死んだと知らなければ?」
「それはです」ウェイターは勿体らしくウィンクしてみせた。「そんな場合にゃ、殺された本人が追っ手になるでしょうな。のんびり墓で眠ってるわけにはいきませんよ。そうですとも、相手に殺されたと分かってるのにね」

   L・P・ハートリー=著 小山太一(こやま・たいち)=訳
   「豪州からの客」
   E・ゴーリー=編 柴田元幸+小山太一+宮本朋子=訳
   『憑かれた鏡―エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談
   河出書房新社 2006/08

   このアンソロジーの詳細:
   『憑かれた鏡』 - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   原書:
   The Haunted Looking Glass: Ghost Stories Chosen and
   Illustrated by Edward Gorey.
   First published in 1959.
   Recent paperback editions include:
   The Haunted Looking Glass, New York Review Books, 2001/03

(2) 長井 1986
「おまえであれだれであれ、なぜ私を追いかける必要がある?」ランボルド氏は訊ねた。「私はおまえにもそのほかの人たちにも、何にも危害を加えていないじゃないか」
「でも、そうしなければなりますまい」
「どうして?」
「あなたが自由に歩き回っている限りは、おちおち眠ってもいられませんからね。あなたはもう一度同じ罪を犯すかもしれない。だからだれかが、あなたを捕まえなければならないんですよ」
「でも、だれもいなかったとしたら?」
「といいますと?」
「殺された男には親戚も友人もいなかったとする。そして、ただ姿が見えなくなっただけで、だれも彼が死んだことを知らないとしたら?」
「そうですね、旦那様」ウエイターは薄気味悪いウインクをして、答えた。「その場合には、その男自身があなたを追いかけに出てこなくちゃならないでしょうね。でないと、心安らかに眠れませんや。そうですとも。自分が何をすべきかくらいは心得ているでしょうし」

   L・P・ハートレー=著 長井裕美子(ながい・ゆみこ)=訳
   「遠い国からの訪問者」
   デズモンド・マッカーシー〔ほか〕=著 シンシア・アスキス=選
   『恐怖の分身 : ゴースト・ストーリー傑作選
   ソノラマ文庫  海外シリーズ31 朝日ソノラマ 1986/09

   このアンソロジーの詳細:
   * 『恐怖の分身』 - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   * 『恐怖の分身』 - 翻訳作品集成
   原書:
   The Ghost Book (1927) compiled by Cynthia Asquith


(3) 大西 1958
「どうしてまた、きみが、いや、そのだれかしらが、そんな役割を演じてわたしを逮捕したいんだね? わたしはきみに、いやだれにも、悪いことはしたおぼえはないんだが」
「はあ、それでもやはりそうしないわけにはまいりませんのです」
「どうして?」
「あなたさまがつかまらずにいるのを知っていながら、枕を高くして寝るわけにはまいらないからでございます。あなたさまのことでございますから、もう一度同じことをやりかねません。だれかがそれに気をつけていなければならないのでございます」
「だが、だれもいなかったとしたらどうだね?」
「と申しますと?」
「つまり、殺されたものに、親戚も友人もなく、ただ行方不明になっただけで、だれひとりそいつが死んだのを知らないばあいはどうなるのだね?」
「はあ、その点でございますか」とクラットサムはものものしくウィンクをしてみせながらいった。「そのばあいには、その男みずから、あなたさまのあとをつけなくてはなりません。墓のなかにおちついてはおられますまい。そうでございますとも。おちついてはおられません。犯人のしわざを知っていながらでは」

   L・P・ハートレー=著 大西尹明(おおにし・ただあき)=訳
   「豪州からきたお客」
   M・R・ジェイムス〔ほか〕=著 平井呈一+大西尹明=訳
   『消えた心臓』世界恐怖小説全集4 東京創元社 1959/10/10

   このアンソロジーの詳細:
   * 世界恐怖小説全集 - 本棚の中の骸骨
   * 『消えた心臓』 - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト
   * 『消えた心臓』 - 翻訳作品集成


■英語原文 The original text in English

  'Why should you or they,' asked Mr Rumbold, 'want to round me up? I haven't done you any harm, or them.'
  'Oh, but we should have to, sir.'
  'Why?'
  'We couldn't rest in our beds, sir, knowing you was at large. You might do it again. Somebody'd have to see to it.'
  'But supposing there was nobody?'
  'Sir?'
  'Supposing the murdered man hadn't any relatives or friends; supposing he just disappeared, and no one ever knew that he was dead?'
  'Well, sir,' said the waiter, winking portentously, 'in that case he'd have to get on your track himself. He wouldn't rest in his grave, sir, no, not he, and knowing what he did.'

   A Visitor from Down Under (1926) by L.P. Hartley
   The excerpt is taken from The Oxford Book of English Ghost Stories
   Edited by Michael Cox & R. A. Gilbert
   Oxford University Press, USA (December 15, 2008)
   Preview at Google Books


■表紙画像 2  Cover photos 2

a. The Collected Macabre Stories of L.P. Hartley
著者: L.P. Hartley
ハードカバー
出版社:The Tartarus Press
発売日:2001-12-01
ISBN-10 : 1872621627

b. Night Fears and Other Supernatural Tales (Everyman)
著者: L. P. Hartley
ペーパーバック
出版社:Phoenix (an Imprint of The Orion Publishing Group Ltd)
発売日:1993-11-04
ISBN-10 : 0460873601

c. The Complete Short Stories of L.P. Hartley
著者: L. P. Hartley
ハードカバー
出版社:Beaufort Books
発売日:1986-10
ISBN-10 : 0825303532

d. The Traveling Grave and Other Stories
著者: L. P. Hartley
ハードカバー
出版社:Arkham House
発売日:1948
Image source: The Travelling Grave and Other Stories - Wikipedia

e. Night Fears
著者: L. P. Hartley
出版社:Putnam’s & Sons, London
発売日:1924(大正13)
注記:ハートレーの最初の著書の初版本。ロンドンの古書店 Peter Harrington によると「500部限定版」という著者の主張の真偽はともかくとして、カバー(=ダストジャケット)付きで、しかもこの保存状態の品は稀とのこと。同書店の付けた売値は£875.00。
Image source: Peter Harrington

 

↓ Click to enlarge ↓

a. The_collected_macabre_stories_of_lp b. Night_fears_and_other_supernatural_ c. Hartley_complete_short_stories_2

d. Travelling_grave e. Night_fears_by_l_p_hartley

■外部リンク External links

   * L. P. Hartley - Wikipedia (1895-1972)
   * L. P. Hartley - Fantastic Fiction
   * L. P. Hartley - Internet Book List
   * L. P. Hartley - A Guide to Supernatural Fiction
   * Great Ghost Stories/Great Horror Stories - SF Site
   * Visitor From Down Under - Wilson Swain, 2006-06-20


■更新履歴 Change log

2011/06/30 英語原文のテキストを挿入しました。
2009/07/05 「表紙画像2」の項を新設しました。また、英語原文を仕入れるのを
         忘れていたのに気がつきました。追って入手したら挿入するつもりです。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 02 July 2009

Unbeaten Tracks in Japan by Isabella L. Bird (2) イザベラ・バード/イサベラ・バード 『日本奥地紀行』『イザベラ・バードの日本紀行』 (2)

« 1 Unbeaten Tracks in Japan 3 4 »
« 1 日本奥地紀行 3 4 »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Gallery 1  表紙画像 Cover photos
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 金坂 2012
  (J2) 時岡 2008
  (J3) 高梨 1973, 2000, etc.
■表記と訳文についての注 Notes on translation and transliteration
 Text & Audio  英語原文+朗読 Audio_button_icon_5 The original text in English with audio Audio_button_icon_5
■原書の書誌情報 Bibliography on the original text
  * ペーパーバック Paperbacks
  * 電子書籍 eBooks
  * 抜粋 Excerpts
■2種類の原書、3種類の邦訳、2タイトルの補訳 Differences among the editions
  Maps    ペリーの地図とグーグルマップ Perry's map and a Google Map
■植民地主義と地名 Colonialism and place names
 Gallery 2  表紙画像 Cover photos
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

1878(明治11)年5月21日、あるイギリス人旅行家が初めて来日した。サンフランシスコから18日間の航海の後、彼女の乗る汽船シティ・オブ・トーキョー号は東京湾に入った。沖合いから富士山をかいま見たあと、船は横浜港へ入港した。その光景を彼女はスコットランドにいる妹宛ての手紙に書きつづった。

それ以前に、彼女はすでにオーストラリア・ハワイ・北米(とくにロッキー山脈)などを旅していた。のちに中国・韓国・東南アジア・インド・中東・アフリカなども訪れる。日本へは一人旅だった。

まぎれもない大旅行家だが、生涯を通じてむしろ病弱な人だった。ホーム(国内/家)で、じっとしていると具合が悪くて、アウェイ(海外/旅先)だと、がぜん元気が出る質(たち)だった。本国でつきまとう求愛者たちから逃げていた節もある。病は心因性だったのだろうか。

妹がチフスで亡くなると落胆し帰国し、とうとう結婚した。するとまた病気になった。夫の死後、とたんに元気を回復し、さらに国外を旅した。

旅行家の名前は、イザベラ・ルーシー・バード。夫の姓をつけてイザベラ・ビショップ、イザベラ・バード・ビショップ、ミセス・ビショップなどと呼ばれることもある。73歳の誕生日を目前にして亡くなるまで旅を続けた。横浜に上陸したときは46歳だった。


 Gallery 1 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
a. Ja_kanasaka_2012_9784582808193 b. Tokioka_isabella_bird_no_nihon_kiko
c. Nihon_okuchi_kikou_heibonsha_librar d. Bird_9784990284800_unbeaten_tracks_

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 金坂 2012
第一報 第一印象
五月二一日[火曜日] 横浜 オリエンタルホテルにて

[略] 富士山は靄の彼方に引っ込み隠れてしまった。靄は夏の間ほとんど、その雄大さを包み隠してしまうのである。私たちの船はレセプション湾[久里浜湾]、ペリー島[猿島]、ウェブスター島[夏島]、サラトガ岬[富津(ふつ)崎]、ミシシッピ湾[本牧(ほんもく)鼻の南の湾入部。根岸湾]を通過した。いずれもアメリカ外交の成功を永く記念するアメリカ風の地名である。トリーティ岬(ポイント)[本牧鼻]を少し過ぎたところで一艘の赤い灯船に出くわしたが、それには「本牧鼻(トリーティ・ポイント)」という文字が大きく書かれていた。ここより外側には、外国船は一切停泊できないのである。


(J2) 時岡 2008
第一信
五月二一日、横浜、オリエンタル・ホテルにて

[略] 富士山はもやのなかに引きこもってしまいましたが、もやは夏の大半その雄大な姿を包み隠しています。レセプション湾、ペリー島[猿島]、ウェブスター島[夏島]、サラトガ岬[富津崎]、ミシシッピ湾[根岸湾]――米国外交の成功を不滅のものとするアメリカ式地名――をすぎ、トリーティ岬[本牧岬]から遠くないところで、「条約港」と大きく記した赤い灯台船に遭いました。ここより外では外国船は投錨できません。


(J3) 高梨 1973, 2000, etc.
第一信
横浜 オリエンタル・ホテル 五月二十一日

[略] 夏中は壮大な姿を現わしているという富士も、霞の中に消えてしまった。私たちの船は、リセプション湾、ペリー島、ウェブスター島、サラトガ岬(富津崎)、ミシシッピー湾(根岸湾)――いずれもアメリカ外交の成功を永く記念するアメリカ人の命名である――を通過した。トリーティ・ポイント(本牧岬)から遠くないところで、赤い灯台船に出会った。その船には大きな文字でトリーティ・ポイントと書いてあった。いかなる外国船も、この外には停泊できないのである。

  • イサベラ・バード=著 高梨健吉(たかなし・けんきち)=訳 『日本奥地紀行』 オンデマンド ワイド版東洋文庫 平凡社 2006-11
  • イザベラ・バード=著 高梨健吉=訳 『日本奥地紀行』 平凡社ライブラリー 平凡社 2000-02
  • イサベラ・バード=著 高梨健吉=訳 『日本奥地紀行』 東洋文庫 平凡社 1973-01

   引用は c. 東洋文庫版 1973-01 に拠りました。


■表記と訳文について―tomoki y. による注
 On translation and transliteration: Notes by tomoki y.

  1. 表記について
    • 上掲高梨訳の a. と c. では著者のファーストネームを濁らないで「イサベラ」と表記してある。
  2. 訳文について
    • 引用第一文の富士山は、夏のあいだ見えるのか見えないのか? 金坂訳・時岡訳と、高梨訳とでは解釈が逆になっている。当然そうあるべきだが、より新しい金坂訳・時岡訳のほうが正しいと思う。

 Text & Audio 
英語原文+朗読音声(Audio_button_icon_5 をクリック)
The original text in English (Click Audio_button_icon_5 for the recording)

Audio_button_icon_6 Letter I
Oriental Hotel, Yokohama
May 21.

[Omission] Audio_button_icon_7 Fuji retired into the mist in which he enfolds his grandeur for most of the summer; we passed Reception Bay, Perry Island, Webster Island, Cape Saratoga, and Mississippi Bay--American nomenclature which perpetuates the successes of American diplomacy--and not far from Treaty Point came upon a red lightship with the words "Treaty Point" in large letters upon her. Outside of this no foreign vessel may anchor.

  • Unbeaten Tracks in Japan: An Account of Travels in the Interior, Including Visits to the Aborigines of Yezo and the Shrines of Nikkô and Isé by Isabella L. Bird. London : J. Murray, 1880.
  • Audio courtesy of   LibriVox    Recording was made by Availle.

■原書の書誌情報 Bibliography on the original text in English


■2種類の原書、3種類の邦訳、2タイトルの補訳 Differences among the editions

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
a. 1881_2_vols_john_murray_unbeatentra b. 1905_popular_john_murray_cu31924023
  • 原書2巻本の扉—1881年 ジョン・マレー社版 Image source: Open Library
  • 原書普及版の扉—1905年 ジョン・マレー社版 Image source: Open Library

バード著 Unbeaten Tracks in Japan 原書の初版は1880年に2巻本として出版された。その後1885年に1巻本の Popular Edition すなわち短縮版ないし「普及版」が出た。上の2つの画像はどちらも後年の版ではあるが a. が2巻本、b. が普及版の例である。拡大するとそれぞれ "In Two Volumes" "Popular Edition" の字が読み取れる。

高梨訳 (1973ほか) はこのうち1885年「普及版」の邦訳。そして、時岡訳 (2008) は1880年初版2巻を、原書と同様2分冊にして翻訳したものである。さらに、金坂訳 (2012〜2013) は、原書2分冊のそれぞれを二分割して全4巻に訳したもの。金坂訳は高梨訳や時岡訳が訳し漏らしていた部分を精査して訳出し、原著どおり解説や付録や地図や索引も完備した文字どおりの「完訳」を意図している(詳細は平凡社ブログを参照)。

なお、高梨訳で未収録だった箇所のうち、主要部分は楠家重敏(くすや・しげとし)ほか訳 『バード 日本紀行』 (2002)、細部は高畑美代子(たかはた・みよこ)訳 『イザベラ・バード「日本の未踏路」完全補遺』 (2008) のタイトルで、それぞれ出版されていた。ただし、「完全補遺」が看板倒れないし誇大広告であったことは、金坂訳によって批判されている。


  Maps   
ペリーの地図 (1857) とグーグルマップ (2013) Perry's map and a Google Map

a. Xga5_090_7 b.
Click to enlarge                                          View in a larger map  
  • 1857 Steel Engraving Tokyo Yedo Edo Bay Antique Map Archipelago Cartography. A used map for sale. US$50 as of 2013-09-16 at eBay. 1857年に発行された江戸湾の地図。1854年の黒船来航時にペリーの艦隊が行なった測量にもとづいて作られている。中古品がオークションサイト eBay から購入可能(2013年9月16日現在の落札価格は50ドル)。拡大すると南から順に Reception Bay, Perry I., Webster I., Mississippi Bay, Treaty P. などの地名が読み取れる。
  • Google Map of the Tokyo Bay area

■植民地主義と地名 Colonialism and place names

上の邦訳にカッコ書きで示されているとおり、レセプション湾とは久里浜湾、ペリー島とは猿島(横須賀市)、ウェブスター島とは夏島(横須賀市夏島町)、サラトガ岬とは富津崎(千葉県富津市)、ミシシッピ湾とは根岸湾(横浜市磯子区)、トリーティ・ポイントとは本牧(ほんもく)鼻(横浜市中区)、キング岬とは野島岬(千葉県南房総市)を、それぞれ指す。

夏島は、かつて横浜市と横須賀市の境界辺りの追浜の沖合いにあった島。その後埋立てにより陸続きとなり、現在では三浦半島の一部を成し日産自動車の工場などがある。

民俗学者・宮本常一氏 (1907-1981) が、かつてこう書いた――「もし、日本がアメリカの属国になっていたとしたら、今もこう呼ばれていただろうと思うのです。われわれが在来の名前を守っていくことができたということに、独自の意味があるのではなかろうかと思うのです」。

実際のところ第二次大戦の敗戦後、東京には占領軍のつけたアメリカ風の地名が並んでいた。銀座四丁目(尾張町)は「タイムズ・スクエア」、内堀通りは「Aアベニュー」、代々木練兵場(のちの東京オリンピック選手村→代々木公園)は「ワシントン・ハイツ」、東京宝塚劇場は沖縄で戦死したアメリカ人従軍記者の名にちなんで「アーニー・パイル劇場」、などなど。

マシュー・C・ペリー提督(正確には海軍代将)とダグラス・マッカーサー将軍(正確には陸軍元帥)のふたりのアメリカ人軍事・政治・外交指導者は、日本の地名を恒久的に変えることなく去った。


 Gallery 2 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Miyamoto_tsuneichi_isabella_bird b. Occupation_forces_in_tokyo_194552 c. Saito_ren_ernie_pyle_gekijou

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013/09/16 金坂清則=訳注 2012-03-21 の表紙画像を追加し、3つの邦訳版の異同について修正・補足しました。また、2種類の原書扉の画像と2種類の地図も追加しました。
  • 2013/09/14 リブリヴォックスの英語版オーディオブック(朗読)へのリンクを張りました。
  • 2013/01/28 金坂清則=訳注 2012-03-21 を追加し、邦訳版のあいだの異同についての記述を修正しました。
  • 2009/07/04 「ウェブスター島」(夏島)の現在の地名による位置表示を、より正確と思われるものに修正しました。しかし、私は神奈川県の地理に詳しくありません。もし誤りがあればご指摘ください。また、「植民地主義と地名」の項にリンクを追加しました。

« 1 Unbeaten Tracks in Japan 3 4 »
« 1 日本奥地紀行 3 4 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »