« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

Monday, 31 August 2009

Lebensregel / The Rule of Life by Johann Wolfgang von Goethe ゲーテ「人生の原則」「生活の知恵」「処世のおきて」「わが座右の銘」「處世法」

■表紙画像 Book covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. _9784759310788 b. Shibata_kappo_suru_goethe c. Goethe_maxim_and_reflections_peng_2


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 木原 2009
すばらしい人生を送りたいと思ったら、
過ぎ去ったことは気にせず、
腹をたてないよう努め
いつも現在をたのしみ、
とりわけ誰も憎まず、
先のことは神様にまかせること。

   141ページ
   ゲーテ=作 木原武一(きはら・ぶいち)=訳 人生の原則 詩「格言風に」
   『ゲーテ一日一言』 海竜社 2009-07-14


(2) 内藤 1979
すてきな人生をきずきたければ
過ぎたことに拘泥(こうでい)せぬこと
つねに 現在をたのしむこと
腹をたてぬよう努力すること
とくに人間を憎んだりせぬこと
そして先のことは神様に任せること

   ゲーテ=作 内藤道雄=訳 「人生の原則」 エピグラム風に
   a.ゲーテ全集1』 潮出版社 新装普及版 2003-09
 ★ b.ゲーテ全集1』 潮出版社 1979-06-25
   引用は b. に拠りました。


(3) 関 1961, 1983
楽しい生活がしたいなら、
すんだことにくよくよせぬこと、
めったなことに腹をたてるな。
いつも現在をたのしみ味わい、
とりわけ、人を憎まぬこと。
そして未来は神にまかせておけ。

   ゲーテ=作 関泰祐(せき・たいすけ)=訳 生活の知恵(「警句的短詩」)
 ★ a. 関泰祐=訳編 『人生について―ゲーテの言葉
     社会思想社 1983-12-30
   b. 関泰祐=訳編 『人生について―ゲーテの言葉
     社会思想研究会出版部 現代教養文庫 1961
   a.b. をそのまま拡大し、装幀を新たにして愛蔵版としたもの。
   引用は a. に拠りました。


(4) 高橋 1951, 1952, etc.
気もちよい生活を作ろうと思ったら、
済んだことをくよくよせぬこと、
滅多なことに腹を立てぬこと、
いつも現在を楽しむこと、
とりわけ、人を憎まぬこと、
未来は神にまかせること。

   ゲーテ=作 高橋健二=訳 「処世のおきて」(「警句的」から)
 ★ a.ゲーテ格言集』 新潮文庫 改版 1991-09-30
   b.ゲーテ詩集』   新潮文庫 改版 1989-08-10
   c.ゲーテ詩集』   世界の詩集9 彌生書房 1964-01-20
   d.世界文學全集(第一期)2 ゲーテ』 河出書房 1954-04-20
   e.ゲーテ格言集』 新潮文庫 1952-06-25
   f.ゲーテ詩集』   新潮文庫 1951-04-25
   引用は a. に拠りました。


(5) 芳賀 1937
善き生を建てんとならば、
過ぎ去りしものを歎くな。
例へ失ひしものの偉なりとも、
己新しく生れ出でしがごとく生きよ。
其の日其の日の営みこそ、いかにあらんと心用ひよ。
其の日其の日の必需こそ、日々に君にうつたへむ。
己が行ひを、愉しとせよ。
ひとの行ひを貴しと思へ。
特に、又いかなる人なりとも憎むべからず。
余のものは神に委ぬるぞよし。

   ゲーテ=作 芳賀檀(はが・まゆみ)=譯 「わが座右の銘」 警句集
   『ゲーテ全集2』 改造社 1937-08-20(昭和12)


(6) 生田 1919
生き甲斐のある生活をしようと思ふなら
過ぎ去つた事に屈托してはならない
極くつまらない事さへ腹立たしくするから
始終現在を樂んで行くがよい
とりわけ何人をも憎んではならない
そして未來は神にまかしておけ

   ウォルフガング・ゲエテ=著 生田春月(いくた・しゅんげつ)=譯
   「處世法」 エピグラム
   『ゲエテ詩集』 改造社 1919-05-23(大正8)
   E-text at 物語倶楽部


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「わが座右の銘」……芳賀 1937
   「人生の原則」………木原 2009
   「人生の原則」………内藤 1979
   「処世のおきて」 ……高橋 1951, 1952, etc.
   「生活の知恵」………関 1961, 1983
   「處世法」……………生田 1919


■英訳 Translation into English

If thou wouldst live unruffled by care,
Let not the past torment thee e'er;
As little as possible be thou annoy'd,
And let the present be ever enjoy'd;
Ne'er let thy breast with hate be supplied,
And to God the future confide.

   The Rule of Life -- Epigrams
   by Johann Wolfgang von Goethe
   Translated by Edgar Alfred Bowring (1826-1911)
   E-text at:


■ドイツ語原文 The original text in German

Willst du dir ein hübsch Leben zimmern,
Mußt dich um's Vergangne nicht bekümmern;
Das Wenigste muß dich verdrießen;
Mußt stets die Gegenwart genießen,
Besonders keinen Menschen hassen
Und die Zukunft Gott überlassen.

   Lebensregel (1815) by Johann Wolfgang von Goethe
   E-text at:


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2010-06-16 生田春月=譯 1919-05-23 を追加しました。また、「邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2009-10-02 木原武一=訳 2009-07-14 を追加しました。
  • 2009-09-01 芳賀檀=譯 1937-08-20 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ 
Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Johann Wolfgang von Goethe

(2) Goethe + maximen

(3) Goethe + maxims

■和書 Books in Japanese

■DVD

■CD

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Thursday, 27 August 2009

The Premature Burial by Edgar Allan Poe (2) エドガー・アラン・ポー 「早すぎた埋葬」「早すぎる埋葬」「早まった埋葬」「早過ぎた埋葬」 (2)

« 1 The Premature Burial »
« 1 早すぎた埋葬 »

 Video 
The Premature Burial, a short film adaptation.
Uploaded by theshirtevent, 2007-02-24


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

她的屍体被放在了家族的地窖里,此后整整三年无人来此地窖。后来她丈夫往地窖里运一口石棺,打开了地窖门。但是天哪,他看到的是一副多么可怕的景象啊! 他刚一把大门推开,一具白花花的东西就倒在了他怀里。原来是妻子的骨架,上面的尸布尚未完全朽烂。

   《活葬》 埃德加·爱伦·坡作品集
   E-text at 亦凡公益图书馆 (shuku.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小川 2006
遺体は地下の墓所に葬られ、静かな時が流れた。三年後に、新しく石棺を入れることになって、墓所の扉が開けられた。すると、扉に手をかけた夫を待ちかまえていたのは、いかなる恐怖の衝撃であったろうか。両開きの戸が引かれると、何やら白く装ったものが、夫の腕の中へがたがたと倒れ込んできた。妻の骸骨だ。死装束(しにしょうぞく)は腐っていなかった。

   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   「早すぎた埋葬」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006/10


(J2) 谷崎 1985
彼女は一家の墓室(ぼしつ)へほうむられた。そして三年のあいだそのままになっていたが、ちょうど三年めに、べつの石棺(せきかん)をいれるため、墓室(ぼしつ)はふたたびひらかれた。おお! なんとおそろしいショックがとびらをあけた夫(おっと)の身をおそったことであろう! とびらがそとへゆれたとたんに、なにか白い布(ぬの)のかかったものが、彼の腕(うで)へかさかさとなっておちた。それはまだくさっていない きょうかたびら をまとったままの彼の妻(つま)の骸骨(がいこつ)であった。

   エドガー=アラン=ポー=作 谷崎精二=訳 「早すぎた埋葬」
   『エドガー=アラン=ポー怪奇・探偵小説集1』 偕成社文庫 1985
   児童書。下掲 (6) 谷崎 1962, 1969, etc. の字句・表記を修正したもの。
   文中の「きょうかたびら」の太字は、原文では太字でなく傍点。


(J3) 永川 1978
彼女の棺は家族用の納骨室におさめられ、その後三年間はだれもそこに出入りしなかった。ほぼ三年後にべつの石棺をおさめるために、納骨室の扉をひらくことになったが――ああ! なんというおそろしい驚愕(きょうがく)が、彼女の夫を待ちうけていたか! 扉をひらいたのは彼だった。外側に大きくそれを開けはなつと同時に、なにか白装束のものが乾いた音をたてて彼の腕のなかに倒れかかってきた。彼の妻の骸骨である。その屍衣(しい)はまだ腐ってもいなかった。

   ポー=作 永川玲二=訳 「早まった埋葬」
   五木寛之〔ほか〕=編 『世界文学全集1 ポー/ホーソーン
   学習研究社 1978/09


(J4) 田中 1974
夫人はその家の納骨室に安置され、その後三年間、納骨室の平安を乱す者はなかった。この三年という期間が過ぎると、石棺に入れるために、納骨室は開かれた――だが、ああなんという恐ろしい驚愕が、その夫を待ち受けていたことか! かれは自分で扉を押し開いた。扉が外側に大きく開け放たれると、なにか白い衣装を纏(まと)ったものが、からからと音を立てて、かれの腕の中に崩れ落ちて来た。それは、まだ朽ちていない経帷子(きょうかたびら)に包まれた、妻の骸骨だったのだ。

   エドガー・アラン・ポオ=作 田中西二郎=訳 「早まった埋葬」
   『ポオ小説全集1』 創元推理文庫 1974/06


(J5) 田桐 1964
夫人はその家の地下納骨堂に安置され、その後三年間、この部屋は平安のうちに過ぎた。三年という期間が過ぎたとき、石の霊柩(れいきゅう)を納めるために納骨堂が開かれた――だが、ああ、みずから扉を押し開いた夫に何という恐ろしいショックが待ちかまえていたことだろう。左右の扉が外側に開け放たれたとき、何か白いものをまとったものが、かわいた音をたてて彼の両腕に倒れてきた。それは、まだもとのままの形をとどめている経帷子を着た妻の骸骨だった。

   ポオ=作 田桐大澄(たぎり・ひさずみ)=訳 「早すぎた埋葬」
   『ポオ短篇集』 八潮版・アメリカの文学 八潮出版社 1964/08


(J6) 谷崎 1962, 1969, etc.
女は一家の墓へ葬られた。そして三年のあいだそのままになっていたが、ちょうど三年目に一つの石棺を入れるためにふたたび開かれた。おお! いかに恐ろしい激感(ショック)がみずからその扉を投げ開(あ)けた夫の身を襲ったことであろう! 扉が外へ揺(ゆ)れたとたんに、何か白い布のかかったものが、彼の腕へかさかさと鳴って落ちた。それはまだ腐らなかった屍衣(きょうかたびら)を纏(まと)うたままの彼の妻の骸骨であった。

   エドガア・アラン・ポオ=作 谷崎精二=訳 「早すぎた埋葬」
   a.ポオ小説全集2 幻怪小説』(全4巻)新装版 春秋社 1998/09
   b.エドガア・アラン・ポオ全集2』(全6巻)春秋社 1969/11
   c.ポオ小説全集2 - 幻怪小説編』(全4巻・別巻1)春秋社 1962/07
   引用は b. に拠りました。


(J7) ダイジェスト・シリーズ刊行会 1950
 それから、三年間、彼女は、同家の墓穴に安置されていたが、その後、石棺にうつしおさめることになり、墓穴をひらいてみた。
 おどろいてはいけない。死んだ彼女のご亭主たる辯護士が、墓穴の扉を、ひきあけたとたん死人のまとう、白衣が、かれのほうに、倒れかかり、その下から骸骨が、ガラガラ、音立てて崩れ落ちた。

   エドガー・アラン・ポオ=作
   編著者:ダイジエスト・シリーズ刊行會 代表:磯部秀見 「早すぎた埋葬」
   『怪奇と詩情―ポーの人と作品』ダイジエスト・シリーズ3
   ジープ社 定價八○圓 1950/06/15 所収
   「ダイジエスト・シリーズ」というシリーズ名からも察せられるとおり、
   この訳は完訳ではなく抄訳です。


(J8) 佐々木 1931, 1951, etc.
夫人はその一家の墓舎に納められた。その墓舎はそれから三年間開かれなかったが、三年目の終りに一つの石棺に入れるために開かれた。――ところが、おお! なんという恐ろしい衝撃(ショック)が、自らその扉をさっと開いた夫を待ち受けていたろう! 門が外側へまわったとたん、なにか白装束のものが彼の腕にがらがらと落ちかかってきたのだ。それはまだ腐らない屍衣(きょうかたびら)を着た妻の骸骨であった。

   エドガー・アラン・ポー(エドガア・アラン・ポオ)=作
   佐々木直次郎(ささき・なおじろう)=訳 「早すぎる埋葬」
   a.早すぎる埋葬」 青空文庫 電子テキスト
     入力:江村秀之 校正:鈴木厚司 公開:2005-01-27
   b.新版世界文学全集19 ジーキル博士とハイド氏・黒猫』 新潮社 1959
   c.モルグ街の殺人事件』 新潮文庫 1951-08-15
   d.エドガア・アラン・ポオ小説全集1 軽気球虚報』 第一書房 1931(昭和6)
   a. の底本は c.(2004-02-05, 100刷)。引用は c. に拠りました。


(J9) 江戸川 1929
夫人は一族累代の墓地に納められた。その墓地の窖はそれから三年と言ふものはそのまま手を付けられなかつた。が、三年目の終りに、もう一つの棺を入れる爲に窖が開かれる事になつた。だが、これはまた!! なんと言ふ恐怖がその扉を自ら押し開いた良人を待受けてゐたことであらう! 扉が外側に搖れ開いた瞬間、何やら白い布を纏うた物がカラカラと奇妙な音を立てて良人の腕へ しなだれ 落ちて來た。それは彼の妻の骸骨であつた。――未だ腐らなかつた經帷子を着たままの。

[原文は次のとおり、総ルビ]

夫人(ふじん)は一族(ぞく)累代(るゐだい)の墓地(ぼち)に納(をさ)められた。その墓地(ぼち)の窖(あな)はそれから三年(ねん)と言(い)ふものはそのまま手(て)を付(つ)けられなかつた。が、三年目(ねんめ)の終(をは)りに、もう一(ひと)つの棺(くわん)を入(い)れる爲(ため)に窖(あな)が開(ひら)かれる事(こと)になつた。だが、これはまた!! なんと言(い)ふ恐怖(きようふ)がその扉(ドア)を自(みづか)ら押(お)し開(ひら)いた良人(をつと)を待受(まちう)けてゐたことであらう! 扉(ドア)が外側(そとがは)に搖(ゆ)れ開(ひら)いた瞬間(しゆんかん)、何(なに)やら白(しろ)い布(きれ)を纏(まと)うた物(もの)がカラカラと奇妙(きめう)な音(おと)を立(た)てて良人(をつと)の腕(うで)へ しなだれ 落(お)ちて來(き)た。それは彼(かれ)の妻(つま)の骸骨(がいこつ)であつた。――未(ま)だ腐(くさ)らなかつた經帷子(きやうかたびら)を着(き)たままの。

   アラン・ポー=作 江戸川亂歩=譯 「早すぎた埋葬」
   『世界大衆文學全集30 ポー、ホフマン集』 改造社 1929/04/03(昭和4)
   文中の「しなだれ」は原文では太字でなく傍点。


(J10) 谷崎 1929
女は一家の土窖(つちあな)へ葬られた。そして三年の間そのまゝになつてゐたが、丁度三年目に一つの石棺を入れる爲めに再び開かれた。おゝ! 如何に恐ろしき激感(シヨツク)が自らその扉を投げ開けた夫の身を襲(おそ)つたことであらう! 扉が外へ搖(ゆ)れた途端に、何か白い布の掛つた物が彼の腕へかさ/\と鳴つて落ちた。それはまだ腐らなかつた屍衣(きやうかたびら)を纏(まと)うたまゝの彼の妻の骸骨であつた。

   ポオ=作 谷崎精二=譯 「早過ぎた埋葬」
   『世界文學全集11 ポオ傑作集 緋文字・其他
   新潮社(非賣品)1929/01/15(昭和4)


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

A hölgyet a családi sírboltba helyezték, amelyet a rákövetkező három évben nem bolygattak meg. Ennek az időnek leteltével felnyitották, hogy egy szarkofágot helyezzenek el benne; de jaj, minő rémületes megrázkódtatás várt a férjre, aki személyesen tárta fel az ajtót! Amint szárnyai kilódultak helyükből, egy fehérbe burkolt valami hullott csörömpölve a férj karjaiba. Feleségének csontváza volt az, amelynek leplét még nem lepte be a penész.

   Az elsietett temetés by Edgar Allan Poe. Translated by Fóthy János.
   E-text at MEK


■ロシア語訳 Translation into Russian

Женщину захоронили в  фамильном  склепе,  и  три  года  туда  никто  не  заглядывал. На четвертый год усыпальница была открыта - доставили  саркофаг;  но, увы! - какой страшный  удар  ожидал  мужа,  собственноручно  отпиравшего  склеп! Едва дверцы растворились, фигура в белом с сухим  треском  повалилась  ему в объятия. То был скелет его жены  в  еще  не  истлевшем  саване.

   Эдгар Алан По.
   Преждевременные похороны
   E-text at Lib.ru


■イタリア語訳 Translation into Italian

La signora venne tumulata nella tomba di famiglia, che per i tre anni successivi non fu più toccata. Al termine di questo periodo, venne aperta per deporvi un sarcofago; ma ahimè! quale terribile colpo aspettava il marito che spalancò di persona la porta! Quando i battenti vennero spinti indietro, un oggetto rivestito di bianco gli cadde rumorosamente tra le braccia. Era lo scheletro della moglie, avvolto nel sudario ancora intatto.

   La Sepoltura Prematura by Edgar Allan Poe
   E-text at Sonia Baglieri


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Cortázar
La señora fue depositada en la bóveda familiar, que permaneció cerrada durante los tres años siguientes. Al expirar este plazo fue abierta para la recepción de un sarcófago; mas, ¡ah!, ¡qué espantoso choque aguardaba al marido cuando abrió en persona la puerta! Al empujar los batientes, un objeto vestido de blanco cayó rechinando en sus brazos. Era el esqueleto de su mujer con la mortaja todavía puesta.

   El entierro prematuro by Edgar Allan Poe
   Translated by Julio Cortázar
   E-text at Lector Online


(Es2) Translator unknown
La dama fue depositada en la cripta familiar, que permaneció cerrada durante los tres años siguientes. Al expirar ese plazo se abrió para recibir un sarcófago, pero, ¡ay, qué terrible choque esperaba al marido cuando abrió personalmente la puerta! Al empujar los portones, un objeto vestido de blanco cayó rechinando en sus brazos. Era el esqueleto de su mujer con la mortaja puesta.

   El entierro prematuro by Edgar Allan Poe
   E-text at Wikisource


■フランス語訳 Translation into French

La dame fut deposee dans le caveau de famille, et rien n’y fut derange pendant les trois annees suivantes. Au bout de ces trois ans, on ouvrit le caveau pour y deposer un sarcophage. — Quelle terrible secousse attendait le mari qui lui-meme ouvrit la porte! Au moment ou elle se fermait derriere lui, un objet vetu de blanc tomba avec fracas dans ses bras. C’etait le squelette de sa femme dans son linceul encore intact.

   L’Ensevelissement prématuré by Edgar Allan Poe
   Translated by Félix Rabbe
   E-text at Wikisource


 Audio 1 
英語原文のオーディオブック 朗読: チキート・クラスト
Audiobook in English read by Chiquito Crasto

下の引用箇所の朗読は 4:42 から始まります。 Uploaded to YouTube by The 16th Cavern on 11 Nov 2014. Reading of the excerpt below starts at 4:42.


 Audio 2 
英語原文のオーディオブック 朗読: ピーター・イアーズリー
Audiobook in English read by Peter Yearsley

下の引用箇所の朗読は 5:21 から始まります。 Uploaded to YouTube by Audiobook Warehouse on 14 Jul 2014. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 5:21.


■英語原文 The original text in English

The lady was deposited in her family vault, which, for three subsequent years, was undisturbed. At the expiration of this term it was opened for the reception of a sarcophagus;——but, alas! how fearful a shock awaited the husband, who, personally, threw open the door! As its portals swung outwardly back, some white-apparelled object fell rattling within his arms. It was the skeleton of his wife in her yet unmoulded shroud.

   The Premature Burial (1844) by Edgar Allan Poe
   E-text at Project Gutenberg


■"Door," "portals swung outwardly back"などの理解について

"Door" が単数形なのにたいして "portals" は複数形となっている。扉はいくつあるのか? また、"outwardly back" とあるが、扉はどちら向きに、どのように開くのか? 小川高義氏は、上掲 (1) 小川 2006 に引用したとおり「両開きの戸が引かれると」と訳している。そう訳した理由・背景について小川氏は、ことし4月に上梓した次の著書のなかで、するどくて説得力のある説を展開しておられる。

   小川高義(おがわ・たかよし)=著
   『翻訳の秘密―翻訳小説を「書く」ために
   研究社 2009-04-01


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「早すぎた埋葬」……小川 2006
   「早すぎた埋葬」……谷崎 1985
   「早すぎた埋葬」……田桐 1964
   「早すぎた埋葬」……谷崎 1962, 1969, etc.
   「早すぎた埋葬」……ダイジェスト・シリーズ刊行会 1950
   「早すぎる埋葬」……佐々木 1931, 1951, etc.
   「早まった埋葬」……永川 1978
   「早まった埋葬」……田中 1974
   「早過ぎた埋葬」……江戸川 1929
   「早過ぎた埋葬」……谷崎 1929


■更新履歴 Change log

2014-11-08 ハンガリー語訳を追加しました。
2012-08-11 Julio Cortázar によるスペイン語訳を追加しました。
2010-01-05 中国語訳の訳文を修正しました。
2009-09-15 ダイジエスト・シリーズ刊行會=編著 1950/06/15 を追加しました。
2009-09-06 佐々木直次郎=訳の書誌情報を補足し、訳例の配列を変更しました。


 

« 1 The Premature Burial »
« 1 早すぎた埋葬 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1)「ポオ」表記のもの

(2)「ポー」表記のもの

(3) 小川高義

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 26 August 2009

The Premature Burial by Edgar Allan Poe (1) エドガー・アラン・ポー 「早すぎた埋葬」「早すぎる埋葬」「早まった埋葬」「早過ぎた埋葬」 (1)

« The Premature Burial 2 »
« 早すぎた埋葬 2 »

        目次 Table of Contents

■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
 Audio 1  日本語版オーディオブック Audiobook in Japanese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 小川 2006
  (J2) 谷崎 1985
  (J3) 永川 1978
  (J4) 田中 1974
  (J5) 田桐 1964
  (J6) 谷崎 1962, 1969, etc.
  (J7) ダイジェスト・シリーズ刊行会 1950
  (J8) 佐々木 1931, 1951, etc.
  (J9) 江戸川 1929
  (J10) 谷崎 1929
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 2  ドイツ語版オーディオブック Audiobook in German
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
 Audio 3  スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (Es1) Summers, Froufe, Álvarez, 2007
  (Es2) Cortázar
  (Es3) Translator unknown
 Audio 4  フランス語版オーディオブック Audiobook in French
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Rabbe, 1887
  (F2) Hennequin, 1882
 Audio 5  英語朗読: グレッグ・キルバーガー Dramatic reading by Greg Kilberger
 Audio 6  ラジオドラマ The Premature Burial (1975) - radio drama
■英語原文 The original text in English
■"in the neighboring city of Baltimore"の訳は?
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

毫无疑问,被活活埋葬,可谓一桩最大的痛苦。[略] 其中一个极富特点、读者们尚记忆犹新的,不久前就发生在巴爾的摩市,当时它引起了极大的轰动。

   《活葬》 埃德加·愛倫·坡作品集
   E-text at 亦凡公益圖書館 (shuku.net)
   簡体字の一部が正しく表示されていません。追って修正するつもりです。


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

   愛倫·坡 〈過早埋葬〉
   《黑貓:愛倫坡驚悚故事集
   出版社:商周出版
   出版日期:2005-11-03
   ISBN:9861245057


 Audio 1 
「早すぎる埋葬」 日本語版オーディオブック(朗読試聴)9分6秒
The Premature Burial: An audiobook sample of a Japanese translation (09:06)

佐々木直次郎=訳「早すぎる埋葬」の朗読サンプル。全編約56分のうち最初の9分あまりが聴ける。新潮文庫版でいうと全21ページのうち最初の3ページあまりに相当する。この録音全体の購入方法など詳細は こちら

なお、訳者の没後50年を経て著作権保護期間が終了し、パブリック・ドメインに移っている佐々木直次郎氏 (1901-1943) の訳の全文は、電子テキスト・アーカイブ(=電子図書館) 青空文庫 で無料で閲読できる。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小川 2006
もし生きながら埋められるとしたら、人間の運命としてこの上もない恐怖であるに違いない。[略] まず瞠目(どうもく)の例を一つ。これについては記憶に新しい読者もあろう。さほど昔のことではない。すぐ隣のボルティモア市で、痛恨事として知れ渡ったものである。

   エドガー・アラン・ポー=作 小川高義(おがわ・たかよし)=訳
   「早すぎた埋葬」
   『黒猫/モルグ街の殺人』 光文社古典新訳文庫 2006-10-20


(J2) 谷崎 1985
生きながらほうむられるということは、かつて人類の運命(うんめい)におちてきた不幸(ふこう)のなかでも、もっともおそろしいものである。[略] そのもっともおどろくべき、また読者(どくしゃ)の記憶(きおく)にまだ新(あら)たな例(れい)は、このあいだボルティモアの付近(ふきん)の市街地(しがいち)でおこった、いたましい、そのうえ強いおどろきをうけた事件(じけん)である。

   エドガー=アラン=ポー=作 谷崎精二(たにざき・せいじ)=訳
   「早すぎた埋葬」
   『エドガー=アラン=ポー怪奇・探偵小説集1』 偕成社文庫 1985-03
   児童書。下掲 (6) 谷崎 1962, 1969, etc. の字句・表記を修正したもの。


(J3) 永川 1978
生きながら埋葬されてしまうこと――これこそは、かつて人の身に降りかかった極度の苦難のうち、最たるものと言うべきだろう。[略] そのひとつは、きわめて特異な事件だから、読者のなかにも事情をまだ生々しくおぼえているひともすくなくないと思う。比較的最近、ボルティモア付近の町でおこったその事件が、地元のひとびとのあいだでは苦痛にみちた、激烈な、広汎な興奮をまきおこした。

   ポー=作 永川玲二(ながかわ・れいじ)=訳 「早まった埋葬」
   五木寛之〔ほか〕=編 『世界文学全集1 ポー/ホーソーン
   学習研究社 1978-09


(J4) 田中 1974
まだ生きているうちに埋葬されてしまう――これこそ疑いもなく、これまでただの人間に降りかかった極度の苦痛のうちでも、最も恐ろしいものにちがいない。[略] 読者の中には、まだその事情を生々(なまなま)しく記憶しておられる方々もあろうが、まことに驚くべき特色を持った一つの例が、比較的最近、ボルティモアに近い、ある町で起こり、この町の広範囲の人々の間に、苦痛な、激しい驚愕(きょうがく)を惹き起こした。

   エドガー・アラン・ポオ=作 田中西二郎(たなか・せいじろう)=訳 
   「早まった埋葬」
   『ポオ小説全集1』 創元推理文庫 1974-06-28


(J5) 田桐 1964
生きながら埋葬されるということが、普通の人間の運命にふりかかった極度の苦痛の中でも最も恐ろしいものであることは疑いの余地がない。[略] 読者の中には、まだ当時の事情をはっきり記憶しておいでのかたもあると思うが、非常に顕著な特徴のある一つの例がボールティモアに近いある都市に起こり、各方面にわたって痛ましく凄まじいセンセーションを起こしたことがあったが、これはさして古い話ではない。

   ポオ=作 田桐大澄(たぎり・ひさずみ)=訳 「早すぎた埋葬」
   『ポオ短篇集』 八潮版・アメリカの文学 八潮出版社 1964-08-30


(J6) 谷崎 1962, 1969, etc.
生きながら葬られるということは、かつて人類の運命に落ちきたったこれらの極端な不幸の中で、疑いなくもっとも恐ろしいものである。[略] そのもっとも驚くべき、かつまた読者の記憶にまだ新たな例は、あまり久しくない前にボルティモーアの付近の市街に起こって、強い、いたましい、かつ広大な驚きを与えたのであった。

   エドガア・アラン・ポオ=作 谷崎精二=訳 「早すぎた埋葬」
   a.ポオ小説全集2 幻怪小説』(全4巻)春秋社 新装版 1998-09
   b.エドガア・アラン・ポオ全集2』(全6巻)春秋社 1969-10-20
   c.ポオ小説全集2 - 幻怪小説編』(全4巻・別巻1)春秋社 1962-07
   引用は b. に拠りました。


(J7) ダイジェスト・シリーズ刊行会 1950
いろいろな悲惨事のうちで、最もいたましいものの一つに、まだ生きているのに、あやまつて、埋葬されるという事實が、あげられる。[略] 「早すぎた埋葬」の實例は、いくつもあるが、例えばボルモチア州[ママ]のある市に起つた、辯護士夫人の場合など、まだ諸君の記憶に新たなるものがあろう。

   エドガー・アラン・ポオ=作
   編著者:ダイジエスト・シリーズ刊行會 代表:磯部秀見 「早すぎた埋葬」
   『怪奇と詩情―ポーの人と作品』 ダイジエスト・シリーズ3
   ジープ社 定價八○圓 1950/06/15 所収
   「ダイジエスト・シリーズ」というシリーズ名からも察せられるとおり、
   この訳は完訳ではなく抄訳です。


(J8) 佐々木 1931, 1951, etc.
まだ生きているあいだに埋葬されたということは、疑いもなくかつてこの世の人間の運命の上に落ちてきた、これらの極度の苦痛のなかでも、もっとも恐ろしいものである。[略] そのたいへん有名な、そして読者のなかのある人々の記憶にはまだ新たな一件が、あまり古くはないころ、ボルティモアの付近の市に起り、痛ましい強烈な驚きを広く世人に与えたことがある。

   エドガー・アラン・ポー(エドガア・アラン・ポオ)=作
   佐々木直次郎(ささき・なおじろう)=訳 「早すぎる埋葬」
   a.早すぎる埋葬」 青空文庫 電子テキスト
     入力:江村秀之 校正:鈴木厚司 公開:2005-01-27
   b.新版世界文学全集19 ジーキル博士とハイド氏・黒猫』 新潮社 1959
   c.モルグ街の殺人事件』 新潮文庫 1951-08-15
   d.エドガア・アラン・ポオ小説全集1 軽気球虚報』 第一書房 1931(昭和6)
   a. の底本は c.(2004-02-05, 100刷)。引用は c. に拠りました。


(J9) 江戸川 1929
[……]生きながら葬られる――此事こそ、これまで人間の運命の上に落ちて來た極端な不幸の中で、特に疑ひもなく最も怖ろしいものである。[略] その中の最も顯著な一つとして、讀者のある方々には尚記憶新なる事實がバルチモアに近接したある市に起つたのである。その事件は痛々しい強烈な且つ廣汎な驚駭を捲き起した。

[原文は次のとおり総ルビ - tomoki y.]

[……]生(い)きながら葬(はうむ)られる――此事(このこと)こそ、これまで人間(にんげん)の運命(うんめい)の上(うへ)に落(お)ちて來(き)た極端(きよくたん)な不幸(ふかう)の中(うち)で、特(とく)に疑(うたが)ひもなく最(もつと)も怖(おそ)ろしいものである。[略] その中(うち)の最(もつと)も顯著(けんちよ)な一(ひと)つとして、讀者(どくしや)のある方々(かた/゙\)には尚(なほ)記憶(きおく)新(あらた)なる事實(じじつ)がバルチモアに近接(きんせつ)したある市(まち)に起(おこ)つたのである。その事件(じけん)は痛々(いた/\)しい強烈(きやうれつ)な且(か)つ廣汎(くわうはん)な驚駭(きやうがく)を捲(ま)き起(おこ)した。

   ポー=作 江戸川亂歩(えどがわ・らんぽ)=譯 「早過ぎた埋葬」
   『世界大衆文學全集30 ポー、ホフマン集』 改造社 1929-04-03(昭和4)


(J10) 谷崎 1929
生きながら葬(はうむ)られるといふ事は、嘗て人類の運命に落ち來つた是等の極端な不幸の中で、疑ひなく最も恐ろしきものである。[略] その最も驚くべき、且つ又讀者の記憶に未だ新たなる例は、餘り久しからざる以前にバルティモーアの附近の市街に起つて、強い、傷(いた)ましい、且つ廣大な驚愕を與へた事であつた。

   エドガア・アラン・ポオ=著 谷崎精二=譯 「早過ぎた埋葬」
   『世界文學全集11 ポオ傑作集 緋文字・其他
   新潮社(非賣品) 1929-01-15(昭和4)


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Kétségtelen, hogy az élve eltemettetés az elhalálozás legiszonyúbb végleteinek egyike. [Omission] Egy igen figyelemreméltó eset, amelynek körülményei még frissen élhetnek néhány olvasóm emlékezetében, nemrégiben történt, a szomszédos Baltimore városban, ahol kínos, heves és széles körű izgalmat váltott ki.

   Az elsietett temetés by Edgar Allan Poe.  Translated by Fóthy János.
   E-text at MEK


■ロシア語訳 Translation into Russian

Самое же тяжкое  из  всех  испытаний,  когда-либо  выпадавших  на  долю  смертного, - погребение заживо.  [Omission]  Один из них  весьма  примечателен,  к  тому же и его обстоятельства, вероятно, еще памятны кое-кому из читающих эти  строки, - произошел он сравнительно недавно в городке  близ  Балтимора,  где  вызвал большое смятение и наделал много шума.

   Эдгар Алан По. Преждевременные похороны
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Бути похованим живцем - це, безперечно, найстрахітніше з лих, які будь-коли випадали на долю смертного. [Omission]  Один, вельми, прикметний, - обставини його, можливо, ще свіжі в пам’яті багатьох читачів, - стався нещодавно в недалекому місті Балтіморі, де спричинив дуже прикру, гостру и поширену на все місто тривогу.

   Едгар Аллан По. Поховані живцем
   © ЛІСНЯК Ю. Я., переклад з англійської, 1992.
   E-text at Український Центр (ukrcenter.com)


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Być pogrzebanym za życia jest niewątpliwie najostateczniejszą okropnością, jaka może przydarzyć się człowiekowi śmiertelnemu. [Omission]  Jeden, nadzwyczaj osobliwy, którego szczegóły nie zatarły się zapewne jeszcze w pamięci mych czytelników, zdarzył się nie tak dawno temu w sąsiednim mieście Baltimore i stał się przyczyną silnego, przykrego i powszechnego wzburzenia.

   Przedwczesny pogrzeb by Edgar Allan Poe
   E-text at Piotr Kuras


■チェコ語訳 Translation into Czech

Být pohřben zaživa patří nesporně k těm nejstrašlivějším mukám, jaká mohou být údělem ubohých smrtelníků. [Omission]  K takové pozoruhodné události, jejíž okolnosti budou snad ještě v živé paměti některých čtenářů, došlo před nedávnem v sousedním Baltimoru, kde vyvolala silné pohnutí a značný rozruch.

   Předčasný pohřeb by Edgar Allan Poe
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


 Audio 2 
「早すぎた埋葬」 ドイツ語版のオーディオブック(朗読)
Lebendig Begraben: Audiobook of German translation

下の引用箇所の朗読は 1:533:29 から始まります。 Uploaded to YouTube by GreatAudioBooks on 16 Jun 2014. Reading of the excerpt below starts at 1:53 and 3:29.


■ドイツ語訳 Translation into German

Lebendig begraben zu werden, ist ohne Frage die grauenvollste aller Martern, die je dem Sterblichen beschieden wurde. [Omission] Einer derselben, dessen eigenartige Umstände einigen meiner Leser noch frisch im Gedächtnis sein dürften, ereignete sich vor nicht allzulanger Zeit in der benachbarten Stadt Baltimore, wo er in allen Kreisen tiefe und schmerzliche Aufregung hervorrief.

   Lebendig Begraben by Edgar Allan Poe
   Translated by Gisela Etzel
   E-text at Sterneck.net


■イタリア語訳 Translation into Italian

Essere sepolti vivi è, senza dubbio, il più terribile tra gli orrori estremi che siano mai toccati in sorte ai semplici mortali. [Omission]  Un esempio molto significativo, delle cui circostanze forse è ancora vivo il ricordo in qualcuno dei miei lettori, si verificò non molto tempo fa nella vicina città di Baltimora, dove suscitò una sensazione dolorosa, profonda e di estesa risonanza.

   La Sepoltura Prematura by Edgar Allan Poe
   E-text at Sonia Baglieri


 Audio 3 
スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by Jesús Alberto Arbeláez Arce on 21 Jul 2013


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1) Summers, Froufe, Álvarez, 2007
Ser enterrado vivo es, sin ningún género de dudas, el más terrorífico de esos extremos que pueda sobrevenirle al ser humano. [Omission]  Uno de los más notables, y cuyas circunstancias puede que aún estén frescas en la memoria de muchos lectores, ocurrió no hace mucho tiempo en la ciudad vecina de Baltimore, donde produjo una sensación intensa y dolorosa difundida por todas partes.

   El enterramiento prematuro by Edgar Allan Poe
   Revelación mesmérica: Antología VII
   Translated by Ricardo Summers, Aníbal Froufe, Francisco Álvarez
   EDAF, 2007
   Preview at Google Books


(Es2) Cortázar
Ser enterrado vivo es, fuera de toda discusión, el más terrible de los extremos que jamás haya caído en suerte al simple mortal. [Omission]  Uno de características muy notables, y cuyas circunstancias quizá se conserven frescas todavía en la memoria de algunos de mis lectores, aconteció no hace mucho en la vecina ciudad de Baltimore, donde provocó una penosa, intensa y dilatada conmoción.

   El entierro prematuro by Edgar Allan Poe
   Translated by Julio Cortázar
   E-text at Instituto Latinoamericano de la Comunicación Educativa (ILCE) [PDF]


(Es3) Translator unknown
Ser enterrado vivo es, sin ningún género de duda, el más terrorífico extremo que jamás haya caído en suerte a un simple mortal. [Omission]  Uno de características muy asombrosas, y cuyas circunstancias igual quedan aún vivas en la memoria de algunos de mis lectores, ocurrió no hace mucho en la vecina ciudad de Baltimore, donde causó una conmoción penosa, intensa y muy extendida.

   El entierro prematuro by Edgar Allan Poe
   E-text at Wikisource


 Audio 4 
フランス語版オーディオブック 訳文は Émile Hennequin に拠る
Audiobook in French based on translation by Hennequin

下の引用箇所の朗読は 1:57 から始まります。 Uploaded to YouTube by  on . Reading of the excerpt below starts at 1:57.


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Rabbe, 1887
Être enseveli vivant, c’est à coup sûr la plus terrible des extrémités qu’ait jamais pu encourir une créature mortelle. [Omission] Un de ces exemples, d'un caractère fort remarquable, et dont les circonstances peuvent être encore fraîches dans le souvenir de quelques-uns de mes lecteurs, s'est présenté il n'y a pas longtemps dans la ville voisine de Baltimore, et y a produit une douloureuse, intense et générale émotion.

  • L'ensevelissement prématuré (from Derniers Contes) by Edgar Allan Poe. Translated by Félix Rabbe (1887).
  • E-text at:

(F2) Hennequin, 1882
Être enterré vivant est certes la plus terrible des extrémités qui se soient jamais appesanties sur une créature mortelle. [Omission]

  • L’Inhumation prématurée (from Contes grotesques) by Edgar Allan Poe. Translated by Émile Hennequin (1882).
  • E-text at Wikisource

 Audio 5 
英語原文のドラマ仕立ての朗読: グレッグ・キルバーガー
Dramatic reading in English by Greg Kilberger

下の引用箇所の朗読は 1:383:12 から始まります。 Uploaded to YouTube by Strobie Studios on 31 Oct 2011. Reading of the excerpts below starts at 1:38 and 3:12. Directed by Scott Strosahl.


 Audio 6 
「早すぎた埋葬」 ラジオドラマ
The Premature Burial (1975) - CBSRMT Episode 197

Uploaded by vangelis721 on Sep 20, 2011. The CBS Radio Mystery Theater. Original broadcast: January 6, 1975. Hosted by E. G. Marshall. Starring Keir Dullea, Paul Hecht, Marian Seldes.


■英語原文 The original text in English

To be buried while alive is, beyond question, the most terrific of these extremes which has ever fallen to the lot of mere mortality. [Omission]  One of very remarkable character, and of which the circumstances may be fresh in the memory of some of my readers, occurred, not very long ago, in the neighboring city of Baltimore, where it occasioned a painful, intense, and widely extended excitement.


■"in the neighboring city of Baltimore"の訳は?

英語原文にある "in the neighboring city of Baltimore" の意味は「ボルティモアの隣町で」ですか? いいえ、正しくは「近隣のボルティモア市で」でしょう。筆者の居場所からみて隣町にあたるのがボルティモアです。定冠詞 the の理解に関わる基本事項なのに、上の日本語訳者のうち、小川高義氏以外の全員が誤訳しているのは不思議です。

通常、tomokilog では誤訳をとりたてて指摘しません。誤訳はどんな名人だってするし、ありふれている。私のようなへなちょこ翻訳屋が得意がって言い立てるのはおこがましいからです。

しかし、このボルティモアの件は極端な例かもしれません。この点や、この短篇の他の箇所の訳し方については、小川氏の次の著書にとりあげられています。

   小川高義(おがわ・たかよし)=著
   『翻訳の秘密―翻訳小説を「書く」ために
   研究社 2009-04-01

ただし、この本は先人たちの誤訳をあげつらうような趣旨のものではありません、念のため。


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

   「早すぎた埋葬」……小川 2006
   「早すぎた埋葬」……谷崎 1985
   「早すぎた埋葬」……田桐 1964
   「早すぎた埋葬」……谷崎 1962, 1969, etc.
   「早すぎた埋葬」……ダイジェスト・シリーズ刊行会 1950
   「早すぎる埋葬」……佐々木 1931, 1951, etc.
   「早まった埋葬」……永川 1978
   「早まった埋葬」……田中 1974
   「早過ぎた埋葬」……江戸川 1929
   「早過ぎた埋葬」……谷崎 1929


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-12-21 フランス語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2014-12-16 Ricardo Summers, Aníbal Froufe, Francisco Álvarez によるスペイン語訳、およびスペイン語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2014-11-08 ハンガリー語訳を追加しました。
  • 2013-10-29 目次を新設し、ウクライナ語訳を追加しました。
  • 2012-08-15 ドイツ語訳とつぎの2つの YouTube 画面を追加しました。
    1. ドイツ語版オーディオブック
    2. 英語原文の朗読
    3. 「早すぎた埋葬」 ラジオドラマ
  • 2012-08-11 Julio Cortázar によるスペイン語訳を追加しました。
  • 2009-11-08 チェコ語訳を追加しました。
  • 2009-09-15 ダイジエスト・シリーズ刊行會=編著 1950/06/15 を追加しました。
  • 2009-09-06 佐々木直次郎=訳の書誌情報を補足し、訳例の配列を変更しました。

 

« The Premature Burial 2 »
« 早すぎた埋葬 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1)「ポオ」表記のもの

(2)「ポー」表記のもの

(3) 小川高義

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, 21 August 2009

The Book of Bunny Suicides by Andy Riley アンディ・ライリー 『自殺うさぎの本』

■注意 Caution

この本は子ども向けの絵本ではありません。おとな向けのブラック・ユーモアのひとコマ漫画集みたいなものです。おまちがえのないように。
This is not a picture book for young children but a book of dark humour cartoons oriented to adults.


■表紙画像コレクション Cover photo collection
zh Zh__small ko Ko_andy_riley

ja Ja_andy_riley_jisatsu_usagi_2 ru Ru_9785905230011_the_book_of_bunny_

fi Fi_pupujen_itsemurhakirja dk Dk_aldrig_mere_gulerdder_2

no No_kamikazekaniner_4 sv Se_kamikazekaniner

cz Cz_krlkovy_sebevrady de De_das_grosse_haeschenharakiri_2

it It_il_libro_dei_coniglietti_suic_2 es Es_el_libro_de_los_conejitos_suic_3

fr Fr_le_coup_du_lapin_3 en En_the_book_of_bunny_suicides_2


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[zh] 中國語(繁體字)
找死的兔子
著者: 安迪‧萊利 Andy Riley
出版社: 小知堂
出版年: 2004-07-05
ISBN: 9574503364
Image source: 元智大學 館藏資源 (Yuan Ze University Library Catalog)

[ko] 韓国語
자살토끼
著者: 앤디 라일리 저 | 거름 
出版社: 기획출판 거름
出版年: 2004-09-20
ISBN: 8934002794

[ja] 日本語
自殺うさぎの本
著者: アンディ・ライリー 
出版社: 青山出版社
出版年: 2005-12
ISBN: 4899980612

[ru] ロシア語
Книга о безумных кроликах
著者: Энди Райли (Andy Riley)
出版社: Эталон
出版年: 2011
ISBN: 9785905230011

[fi] フィンランド語
Pupujen itsemurhakirja
著者: Andy Riley
出版社: Bazar Kustannus
出版年: 2004
ISBN: 9519107312

[dk] デンマーク語
Aldrig mere gulerødder
著者: Andy Riley
出版社: Valby : Borgen
出版年: 2004
ISBN: 8721023514
Image source: bibfolk.horsens.dk

[no] ノルウェー語
Kamikazekaniner
著者: Andy Riley
出版社: Bazar
出版年: 2005-01
ISBN: 9788280870629
Image source: Bazar Forlag

[sv] スウェーデン語
Kamikazekaniner
著者: Andy Riley
出版社: Bazar Förlag AB
出版年: 2004-07
ISBN: 9170280223
Image source: Science Fiction Bokhandeln

[cz] チェコ語
Králíčkovy sebevraždy
著者: Andy Riley
出版社: Paseka
出版年: 2008-12
ISBN: 9788071859482
Image source: Gorila.sk

[de] ドイツ語
Das grosse Haeschen-Harakiri. Ratgeber fuer lebensmuede Kaninchen
著者: Andy Riley
出版社: Heyne Verlag
出版年: 2005-03
IISBN: 345340033X

[it] イタリア語
Il libro dei coniglietti suicidi
著者: Andy Riley
出版社: Mondadori
出版年: 2004
ISBN: 8804533080
Image source: scrigno.netsons.org

[es] スペイン語
El libro de los conejitos suicidas
著者: Andy Riley
出版社: Astiberri
出版年: 2007-03
ISBN: 9788496815032

[fr] フランス語
Le Coup du lapin : Adieu monde cruel
著者: Andy Riley
出版社: Chiflet & Cie
出版年: 2006-04-25
ISBN: 2351640101

[en] 英語
The Book of Bunny Suicides
著者: Andy Riley
出版社: Plume
出版年: 2003-12-30
ISBN: 0452285186


■訳題中の「カミカゼ」「ハラキリ」について
 Kamikaze and harakiri: On the titles in translation

ノルウェー語版とスウェーデン語版のタイトルに kamikaze の語が見える。ドイツ語版には harakiri の語が含まれている。

太平洋戦争末期に編成された特攻隊や、1970年11月に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺をした三島由紀夫氏。――これら先人のおかげで、「神風」や「腹切り」は世界に通用するボキャブラリーの一部となった。日本語の垣根を超え、世界共通語の仲間入りを果たしたのである。

いまでは、動機・目的・手段・方法のいかんを問わず、クレイジーな自殺、ないし自滅的・自己破壊的行為は、ひろく「カミカゼ」「ハラキリ」と呼ぶことができる。名詞としても形容詞としても使用可能だ。この本に登場する、うさぎくんたちは、数々のユニークで独創的でウィットに富んだ自殺を試みる。「カミカゼ」のお手本といってもいい。


■外部リンク External links

 [en] English
   * Andy Riley (AndyRileyish) - Twitter
   * Andy Riley - Wikipedia (1970-  )

 [ja] 日本語
   * アンディ・ライリー - 絵本ならべ


■更新履歴 Change log

2012-06-09 韓国語版およびロシア語版の表紙画像および書誌情報を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, 18 August 2009

Die Leiden des jungen Werther / The Sorrows of Young Werther by Johann Wolfgang von Goethe ゲーテ 『若いウェルテルの悩み』『若きウェルテルの悩み』『若きヴェルテルの悩み』『若きヴェルターの悩み』

        目次 Table of Contents

 Video 1  ゲーテの恋: 君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」(2010) 予告篇
 Video 2  Young Goethe in Love (2010) Official Trailer
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■韓国語訳 Translation into Korean
 Video 3  Werther, a short film directed by Caro S
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 大宮 2015
  (J2) 神品 1979, 2003
  (J3) 柴田 1976, 1979, etc.
  (J4) 滝内 1969
  (J5) 斎藤 1968, 1971, etc.
  (J6) 塩谷 1967, 1976, etc.
  (J7) 佐藤(晃) 1966, 1970
  (J8) 井上 1965, 1984
  (J9) 内垣 1964, 1994
  (J10) 片岡 1962, 1973
  (J11) 手塚 1960, 1965, etc.
  (J12) 前田 1960, 1964
  (J13) 竹山 1951. 1978
  (J14) 高橋(義) 1950, 1951, etc.
  (J15) 川崎 1950, 1952, etc.
  (J16) 芳賀 1949, 1952, etc.
  (J17) 国松/國松 1948, 1949, etc.
  (J18) 友成 1948
  (J19) 木村 1948
  (J20) 高橋(健) 1947, 1948, etc.
  (J21) 佐藤(通) 1947, 1950, etc.
  (J22) 澤西/沢西 1943, 1949, etc.
  (J23) 阿部 1935-40, 1948
  (J24) 茅野 1928
  (J25) 鼓 1925, 1942, etc.
  (J26) 村上 1917
  (J27) 秦 1914, 1917, etc.
  (J28) 久保 1904
  (J29) 高山 1891, 1916, etc.
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
 Audio 1  ポーランド語版オーディオブック Audiobook in Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■チェコ語訳 Translation into Czech
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Audio 2  スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 3  英語版オーディオブック Audiobook in English
■英訳 Translations into English
  (E1) Pike, 2004
  (E2) Hulse, 1989
  (E3) Mayer & Bogan, 1971, 1990
  (E4) Steinhauer, 1970
  (E5) Hutter, 1962
  (E6) Carlyle & Boylan, 1902, 2002
 Video 4  Die Leiden des jungen Werther to go (Goethe in 10 Minuten)
 Audio 4  ドイツ語原文オーディオブック Audiobook in German
■ドイツ語原文 The original text in German
■日本語訳の書誌情報 Bibliography on Japanese translations
 (J1) 大宮 2015        (J2) 神品 1979, 2003
 (J3) 柴田 1976, 1979, etc.  (J4) 滝内 1969
 (J5) 斎藤 1968, 1971, etc.  (J6) 塩谷 1967, 1976, etc.
 (J7) 佐藤(晃) 1966, 1970  (J8) 井上 1965, 1984
 (J9) 内垣 1964, 1994     (J10) 片岡 1962, 1973
 (J11) 手塚 1960, 1965, etc.  (J12) 前田 1960, 1964
 (J13) 竹山 1951. 1978
 (J14) 高橋(義) 1950, 1951, etc.
 (J15) 川崎 1950, 1952, etc.  (J16) 芳賀 1949, 1952, etc.
 (J17) 国松(國松) 1948, 1949, etc.
 (J18) 友成 1948        (J19) 木村 1948
 (J20) 高橋(健) 1947, 1948, etc.
 (J21) 佐藤(通) 1947, 1950, etc.
 (J22) 沢西/澤西 1943, 1949, etc.
 (J23) 阿部 1935, 1948     (J24) 茅野 1928
 (J25) 鼓 1926, 1942, etc.   (J26) 村上 1917
 (J27) 秦 1914, 1917, etc.   (J28) 久保 1904
 (J29) 高山 1891, 1916, etc.

■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


 Video 1 
ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜 (2010) 予告篇
Trailer for release in Japan

ドイツ語原題は、Goethe! 監督: フィリップ・シュテルツェル 主演: アレクサンダー・フェーリング ドイツ語音声 日本語字幕


 Video 2 
Young Goethe in Love (2010) - Official Trailer

The original title in German: Goethe!  Directed by Philipp Stölzl. Starring Alexander Fehling. Sound in German. Subtitles in English.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  有关可怜维特的故事,凡是我能搜集到的,我都尽力汇集在这里,供你们翻阅
[Omission]
  善良的人呀,你正体验着他那样的烦恼,那就从他的痛苦中汲取慰藉吧,倘若由于命运的播弄或自身的过错而觅不到知音,那就让这本小书做你的朋友吧。

   《少年维特之烦恼》 作者:歌德 译者:韩耀成
   E-text at 语文备课大师


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

  有關可怜維特的故事,凡是我能搜集到的,我都盡力匯集在這里,供你們翻閲 [Omission]
  善良的人呀,你正体驗著他那樣的煩惱,那就從他的痛苦中汲取慰藉吧,倘若由于命運的播弄或自身的過錯而覓不到知音,那就讓這本小書做你的朋友吧。

   《少年維特的煩惱》 著者:歌德 譯者:韓耀成
   E-text at:
   * 龍騰世紀 (millionbook.net)
   * 雲台書屋 (b111.net)
   Printed editions include:
   a.少年維特的煩惱》 人民文學
   b.少年維特的煩惱》 商務(香港) 2008-06-01
   c.少年維特的煩惱》 譯者:楊武能 中國書籍出版社 2005-05-01
   d.少年維特的煩惱》 譯者:侯浚吉 桂冠圖書股份有限公司 1994


■韓国語訳 Translation into Korean

  가엾은 베르테르에 관한 이야기 중에서 찾아 낼 수 있는 자료들을 전부 모아 보았습니다. 그리하여 이렇게 여러분에게 보여 드립니다.
[Omission]
  그리고 베르테르와 같은 상념에 사로잡힌 다정스러운 분들이 만일 당신이 불우한 환경이나 혹은 당신의 허물로 말미암아 친근한 벗과 사귈 수가 없는 처지라면, 이 작은 책자를 당신의 벗으로 삼아 주시기 바랍니다.

   요한 볼프강 폰 괴테 - 젊은 베르테르의 슬픔
   E-text at cfile213.uf.daum.net


 Video 3 
Werther, a short film directed by Caro S,
inspired by Goethe's Die Leiden des jungen Werther


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 大宮 2015
 かわいそうなヴェルターの奴(やつ)の話を探せるだけ探し集めるのは骨が折れた。まあ読んでみてくれ。[略]
 心優しいあんたなら、あいつとおんなじように衝き動かされる感じがするだろう。あいつが散々苦しんだことから慰めを汲みとってくれ。ちっぽけな本だけど、あんたの友達にしてやってほしい。運命の巡り合わせかあんた自身のせいか、ほかに親友が見当たらないっていうならね。
   ゲーテ=作 大宮勘一郎=訳 「若きヴェルターの悩み」


(J2) 神品 1979, 2003
 かわいそうなヴェルターのことについて調べのつく限りのことを調べてみた。それをここにお目にかけたい。[略]
 ヴェルターと同じ情熱に悶えている人なら、彼の苦悩を知って、そこから慰めを汲んでくれるとうれしい。このささやかな書物をあなたの友だちにしていただきたい、もし運命のせいか、あるいはご自分の不手際で、ほかにもっと親しい友をおもちになれないのだったら。
   ゲーテ=作 神品芳夫=訳 「若きヴェルターの悩み」


(J3) 柴田 1976, 1979, etc.
 あわれなヴェルテルの生涯について探せる限りのすべてを、ここに余すことなく集め、あなた方にお読み頂くべく、まとめました。[略]
 そして、善良なる魂を持つ君、彼と同じく激しく求めるものをわがうちに感じている君よ。どうか彼の苦悩の日々から自らの慰めを汲み、そしてこの小さな一冊の本を君の心の友として下さい、もし君が、境遇の故にせよ自らの至らなさの故にせよ、心親しき友を見出せずにいるのなら――。
   ゲーテ著 柴田翔=訳 「若きヴェルテルの悩み」


(J4) 滝内 1969


(J5) 斎藤 1968, 1971, etc.
 哀れなウェルテルの身の上について、さがしだせるかぎりのものは丹念に集めて、それをここにお目にかけるのです。[略]
 そして、心ばえのすぐれて高き人よ、かのウェルテルとおなじく、抑えがたい胸の高まりを感じたもう人よ、願わくば、彼の悩みから慰みを汲みとりたまえ。もし君が、めぐりあわせにもせよ、自分自身のせいにもせよ、親しい友を見いだしえないでいるならば、このささやかなる本をよき友となしたまえ。
   ゲーテ=作 斎藤栄治=訳 「若きウェルテルの悩み」


(J6) 塩谷 1967, 1976, etc.
 わたしは、あわれなウェルテルの身の上について、さがしだせるだけのものをさがしだして、ここにみなさんにお目にかけます。[略]
 そして心やさしい人よ、もしもあなたが、かれと同じように、おさえきれない心のもだえを持っておいでなら、かれの悩みからなぐさめをくみとり、そしてもしも、宿命からでも、自分のせいからでも、親しい友を見つけだすことができないでいるのでしたら、この小さな本を、あなたの友として下さい。
   ゲーテ=原作 塩谷太郎=訳 「若きウェルテルの悩み」


(J7) 佐藤(晃) 1966, 1970


(J8) 井上 1965, 1984
 あわれなウェルテルについての話を、見つけられるかぎりさがして、できるだけ集めました。ここに、お目にかけます。[略]
 心やさしい読者よ、もしあなたが、ウェルテルと同じようにせっぱつまった思いを胸に抱いておられるなら、ウェルテルの受けた苦しみからどうか慰みを汲みとって下さい。また、運命のまわりあわせか、あるいはご自身のせいでか、あなたが親しい友だちを見つけられないでおられるなら、どうか、このささやかな本をあなたの伴侶(はんりよ)にして下さい。
   ゲーテ=著 井上正蔵=訳 「若きウェルテルの悩み」


(J9) 内垣 1964, 1994
 かわいそうなウェルテルの身の上に関して見つけだせるかぎりのものを、私は熱心に集めてきたのだが、それをいまお目にかけるにあたって[略]
 さらに、彼と同じような促しを感じている善良な魂の持主は、どうか彼の受難から慰めを汲(く)みとっていただきたい。そして宿業(しゆくごう)からか自分の罪障からか、近しい友だちを見つけることができないならば、このささやかな書物を友だちと思っていただきたい。
   ゲーテ=著 内垣啓一=訳 「若きウェルテルの悩み」


(J10) 片岡 1962, 1973


(J11) 手塚 1960, 1965, etc.
 不仕合わせなウェルテルの身のうえについて探しだせるだけのものを集めてみました。こうしてみなさんにお目にかけます。[略]
 それから、ウェルテルと同じような思いにかられているやさしいかたよ。あなたは、どうかウェルテルの悲しみから慰めを汲みとってください。そしてこの小さい書物をあなたの友だちとしてくださるように。もしも、あなたが境遇にめぐまれないために、それともあなた自身のせいで、親しい友だちをみつけることができないでいるのでしたら。
   ゲーテ=作 手塚富雄=訳 「若いウェルテルの悩み」


(J12) 前田 1960, 1964
 あわれなウェルテルの身の上について、見つけだせるかぎりのものを、熱心にさがし集めました。それをここにお目にかけるのですが[略]
 そして、ちょうどウェルテルとおなじように、あなたも胸に悶えるものを感じていらっしゃるならば、どうかかれの悩みから慰めを汲みとり、また、運命のせいや自分の咎(とが)でほかに親しい友が見つからなければ、このささやかな書物をあなたの伴侶にしてやってください。
   ゲーテ=著 前田敬作=訳 「若きウェルテルの悩み」


(J13) 竹山 1951. 1978
 薄倖(はつこう)なウェルテルの身の上について、捜しだせるかぎりのものを集めました。ここにそれをお目にかけます。[略]
 さらに、よき心の人よ。もしあなたにもウェルテルとおなじく胸にせまる思いの抑えがたいものがあるなら、彼の悩みから慰めを汲みとってください。また、宿命にもせよ、おのが罪からにもせよ、あなたが親しい友をみいでることができないでいるなら、この小さな本をとってあなたの伴侶としてください。
   ゲーテ=作 竹山道雄=訳 「若きウェルテルの悩み」


(J14) 高橋(義) 1950, 1951, etc.
 哀れなウェルテルの身の上についてさがせるだけのものは熱心にさがしあつめ、ここにこうしてお目にかけてみる。[略]
 また、ちょうどウェルテルと同じように胸に悶(もだ)えを持つやさしい心の人がおられるならば、ウェルテルの悩みを顧みて自らを慰め、そうしてこの小さな書物を心の友とされるがよい、もし運命のめぐり合せや、あるいは自分の落度から、親しい友を見つけられずにいるのなら。
   ゲーテ=作 高橋義孝=訳 「若きウェルテルの悩み」


(J15) 川崎 1950, 1952, etc.
(J16) 芳賀 1949, 1952, etc.


(J17) 国松/國松 1948, 1949, etc.
 きのどくなヴェルテルの身の上について、自分の目にふれたかぎりのものを根気よく収集し、ここにそれを諸君のお目にかけることにする。[略]
 さらに、ヴェルテルとちょうど同じような胸のたぎちを感じている、やさしい心根のひとよ、きみはヴェルテルの悩みからなぐさめをくみとりたまえ。そうして、もしもなにかのめぐりあわせかわが身のおちどから、親しい友を見いだしえないときには、この小冊子をきみが友としたまえ。
   ゲーテ=著 国松孝二/國松孝二=訳 「若きヴェルテルの悩み」


(J18) 友成 1948


(J19) 木村 1948
 憐れなウェルテルの身の上に就いて見出し得る限りのものを努めて蒐輯し、これを茲に諸君の一覽に供する。[略]
 更に、彼と均しき衝動を感ずるよき魂に云はん。乞ふ彼の苦惱より慰安を酌まれよ。おんみ若し宿命により、乃至は自らの招げる責によつて、親しき友を見出し得ざる時は、此の小冊を以ておんみの友とせられるがよい。
   ゲーテ=著 木村謹治=譯 「若きウェルテルの惱み」


(J20) 高橋(健) 1947, 1948, etc.
 哀れなヴェルテルの身の上について見つけだせるだけは、努めて集めました。そしてこゝにそれを皆さんの前に出します。[略]
 そして、彼と同じように胸に迫る思いを感ずるやさしい心ねの方よ、彼の惱みから慰めを汲みとり、このさゝやかな本を君の友だちにしてください。もし、君が運命または自分の罪で、より近しい友を見いだすことができないのでしたら。
   ゲーテ=著 高橋健二=譯 「若きヴェルテルの惱み」


(J20) 佐藤(通) 1947, 1950, etc.
 あわれなヴェールテルの物語について見つけだせるかぎりを、わたくしは精だして集めてきた。そして、今ここにみなさんの前に供える。[略]
 それから、かれのようにちょうど迫る思いを胸に感ずるよき魂よ、おんみは、かれの悩みから慰みを汲(く)むがよい、そしてこの小冊子をおんみの友とするがよい、もし、おんみが、運命のゆえに、またはみずからの罪責のゆえに、身近い友を見つけることができずにおるならば。
   ゲーテ=作 佐藤通次=訳 「若きヴェールテルの悩み」


(J21) 澤西/沢西 1943, 1949, etc.
 あはれなヴェルテルの話について、見つけだせるかぎり私は熱心にあつめて、ここに諸君におめにかける。[略]
 また、切ない思ひをおなじくするやさしい魂よ、かれの惱みからなぐさめを汲み、この小さな本を友とするがいい。運命のせゐか、また、自分のせゐで、もつと親しい友が見つからないならば。
   ゲーテ=作 澤西健=譯 「若きヴェルテルの惱み」


(J22) 阿部 1935-40, 1948


(J23) 茅野 1928
 憐れなヹルテルの話について、見つけ出すことの出來ただけのものを、私は勉強して集輯した。さうしてそれを此處に諸君に提供する。[略]
 それから丁度彼と同じ逼迫を感じてゐる善い魂よ、お前は彼の惱みから慰藉を汲むがよい。さうして運命のためか、或は自分の罪のためかで、より親しい一人の友人をも見つけることが出來ないやうなら、この小冊子をお前の友とするがいい。
   ゲョエテ=著 茅野蕭々(ちの・しょうしょう)=譯 「若いヹルテルの惱み」


(J24) 鼓 1925, 1942, etc.
 私は、憐れなヹルテルの實話を、見付かるだけ、勉めて集めた。これを茲に皆樣に提供します、[略]
 また、ヹルテルと同じ心のせまりを感じる善良な魂よ、お前は彼の惱みから氣休めを汲め、さうして運命か自分の罪かで、他に親しい友が見付からぬなら、この小冊子を友として呉れ。
   ゲーテ=著 鼓常良=譯 「若きヹルテルの惱み」


(J25) 村上 1917
 憐れなヹルテルの物語に就(つ)いて、求め得られるだけの材料(ざいれう)を、努(つと)めて蒐集した。そしてそれを今ここで、諸君の前に列(なら)べようと思ふのであるが[略]
 もし讀者がヹルテルのやうな煩悶を、胸に秘(ひ)めて居られるならば、讀者(どくしや)は、この憐(あは)れな物語の憐れな主人公の悲哀(かなしみ)から、慰藉(なぐさめ)を得て貰ひ度い。もし、さうでなくして、これを讀(よ)まるる讀者にして、主人公と同一運命(うんめい)、もしくは同一罪障(ざいしやう)とに泣かず、その間に何の似寄(によ)りもないやうであつたならば、どうかこの物語は、ただ諸君の伴侶(はんりよ)として愛讀して頂(いたゞ)き度い。
   ゲェテ=著 村上靜人=譯 「ヹルテルの悲哀」


(J26) 秦 1914, 1917, etc.
 哀れなヱルテルの物語について、探し得られるものだけを私は勉めて蒐めた。ここにそれを諸君の前にさし出さうとするのですが[略]
 また若しあなたが今彼のやうな苦悶を胸に抱いておいでならば、彼の悲しみからある慰藉を求めて戴きたい。もしあなたの運命やあなたの罪業のうちに、これと似たやうなものがお目に止まらないならば、この小さな書物は唯お友達として戴きたいのです。
   ギヨオテ=作 秦豊吉=譯  「若きヱルテルの悲み」


(J27) 久保 1904
 あはれなるエルテルの生涯に就いて、苟くも尋ね得べかりものを、予は、こゝに勉めて蒐集し、今や之を卿等に示さむとはするなり。[略]
 加之彼と均しく胸中に苦悶を覺ゆる、やさしき心の人々は、彼の悲哀より慰藉を汲み得べく、翻つて又、運命と業因と、兩つながら毫も似通ひしところなき人々も、この小冊子を以て、希くは、その好伴侶となすを得む。
   ゲーテ=著 久保天隨(久保得二)=譯 「うえるてる」


(J28) 高山 1891, 1916, etc.
[該当箇所は訳出されていないようです - tomoki y.]
   高山樗牛=譯 「淮亭郎の悲哀」


■ロシア語訳 Translation into Russian

  Я бережно собрал все, что удалось мне разузнать об истории бедного Вертера, предлагаю ее вашему вниманию [Omission]
  А ты, бедняга, подпавший тому же искушению, почерпни силы в его страданиях, и пусть эта книжка будет тебе другом, если по воле судьбы или по собственной вине ты не найдешь себе друга более близкого.

   Иоганн Вольфганг Гете. Страдания юного Вертера
   Translated by Н. Касаткиной
   E-text at Небесное Искусство (sky-art.com)


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

  Все, що тільки можна було дізнатися про долю бідолашного Вертера, я ретельно зібрав і ось кладу перед вами, [Omission]
  Ти ж, юначе, коли потрапиш у таку скруту, як він, знаходь собі втіхи в його стражданнях, і хай тобі ця книжечка стане другом, якщо ти з своєї вини чи з вини примхливої долі не знайдеш ближчого приятеля.

   Йоганн Вольфганг Гете. Страждання молодого Вертера
   Translated by Сидір Сакидон
   E-text at:
   * Зарубіжна література - бібліотека (ukrlib.com.ua)
   * Український Центр (ukrcenter.com)


 Audio 1 
ポーランド語版オーディオブック Audiobook in Polish

Uploaded to YouTube by ThePietruchowski on 29 Nov 2012.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

  Wszystkie szczegóły dziejów biednego Wertera, jakie tylko zebrać zdołałem, zgromadziłem skrzętnie i podaję wam tutaj [Omission]
  Zacna duszo, odczuwająca też same, co on tęsknoty, niechże ci z cierpień jego spłynie w duszę pociecha i jeśli los zawistny, lub wina własna nie pozwoliły ci pozyskać przyjaciela bliższego, niechże ci książka ta przyjacielem się stanie.

   Cierpienia młodego Wertera by Johann Wolfgang von Goethe
   E-text at WolneLektury.pl
   Cf. Cierpienia młodego Wertera - A very comprehensive site in Polish
   specifically focused on The Sorrows of Young Werther


■チェコ語訳 Translation into Czech

  Vše, čeho jsem se o ubohém Wertherovi mohl dopídit, sebral jsem pečlivě a zde vám to podávám [Omission]
  A ty, dobrá duše, která jsi strhována týmž vírem jako on, naber útěchy z jeho utrpení a učiň tuto knížku svým přítelem, nedovedeš-li si sudbou nebo vlastní vinou nalézti bližšího.

   Utrpení mladého Werthera by Johann Wolfgang von Goethe
   E-text at Knihy na netu


■イタリア語訳 Translation into Italian

  Ho raccolto con cura e qui espongo quanto ho potuto trovare intorno alla storia del povero Werther [Omission]
  E tu, anima buona, che come lui senti l'interno tormento, attingi conforto dal suo dolore, e fai che questo scritto sia il tuo amico, se per colpa tua o della sorte non puoi trovarne di più intimi.

   I dolori del giovane Werther by Johann Wolfgang von Goethe
   E-text at Wikiquote


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

  Com o maior desvelo recolhi todas as memórias que encontrei relativas à história do infeliz Werther e eu as exponho aqui à vossa vista [Omission]
  E tu, ó alma sensível e terna, se igual paixão te arrastar, sirva-te de amigo este escrito — se porventura o rigor da sorte ou a tua própria culpa não te permitir encontrar mais facilmente outro.

   Os sofrimentos do jovem Werther by Johann Wolfgang von Goethe
   Published by São Paulo: Hedra, 1988.
   ISBN : 8577150208
   E-book at Google Books
   For other editions, see this page.


 Audio 1 
スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by frank serrano rodriguez on 6 Oct 2015.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

  He reunido con cautela todo lo que he podido acerca del sufrido Werther y aquí se los ofrezco, [Omission]
  ¡Y tú, alma sensible y piadosa, oprimida y afligida por iguales quebrantos, aprende a consolarte en sus padecimientos! Si el destino o tus errores no te permiten tener cerca a un amigo, que este libro pueda suplir su ausencia.

   Werther by Johann Wolfgang von Goethe
   E-text at Ciudad Seva


■フランス語訳 Translation into French

  J'ai rassemblé avec soin tout ce que j'ai pu recueillir de l'histoire du malheureux Werther, et je vous l'offre ici. [Omission]
  Et toi, homme bon, qui souffres du même mal que lui, puise de la consolation dans ses douleurs, et permets que ce petit livre devienne pour toi un ami, si le destin ou ta propre faute ne t'en ont pas laissé un qui soit plus près de ton cœur.

   Les Souffrances du jeune Werther by Johann Wolfgang von Goethe
   E-text at Wikisource


 Audio 2 
英語版オーディオブック Audiobook in English

Read by Rob De Lorenzo. Uploaded to YouTube by pogopogopogo3 on 5 Mar 2012. Audio courtesy of LibriVox.


■英訳 Translations into English

(E1) Pike, 2004
  I have conscientiously gathered everything I have been able to find about the story of poor Werther and here lay it before you [Omission]
  And you, good soul, that feels the same pressures as he, take comfort from his sufferings and let this little book be your friend, if through fate or your own fault, you can find no closer one.

   The Sorrows of Young Werther
   Translated by Burton Pike. Modern Library, 2004


(E2) Hulse, 1989
  I have diligently collected everything I have been able to discover concerning the story of poor Werther, and here present it to you [Omission].
  And you, good soul, who feels a compulsive longing such as his, draw consolation from his sorrows, and let this little book be your friend whenever through fate or through your own fault you can find no closer companion.

   The Sorrows of Young Werther
   Translated by Michael Hulse. Penguin Classics, 1989
   Preview at Amazon.co.jp


(E3) Mayer & Bogan, 1971, 1990
  I have carefully collected and here present to you whatever facts I have been able to discover concerning the history of poor Werther [Omission]. 
  And you, noble soul who feels the same longing that he felt, take comfort from his suffering, and let this little book be your friend, when, because of destiny or some fault of your own, you cannot find a nearer and dearer one.

   The Sorrows of Young Werther, and Novella
   Translated by Elizabeth Mayer and Louise Bogan.
   Poems translated and foreword by W. H. Auden.
   * Vintage Books, 1990
   * Random House, 1971


(E4) Steinhauer, 1970
[Omission]
  And you, good soul, who feel the same anguish as he, derive comfort from his sufferings, and let this little book be your friend, if your destiny or your own fault should prevent you from finding a more intimate one.

   The Sufferings of Young Werther
   Translated by Harry Steinhauer. W. W. Norton & Company, 1970


(E5) Hutter, 1962
  Whatever I could find concerning the story of poor Werther I have collected and present it to you herewith [Omission]
  And you, my good man, who may feel a similar urge--take comfort in his suffering and let this book be your friend if, through fate or your own fault, you can find none better.

   The Sorrows of Young Werther
   in The Sorrows of Young Werther and Selected Writings
   Translated by Catherine Hutter
   Signet Classic, 1962-08-01   
   Scanned book at Google Books


(E6) Carlyle & Boylan, 1902, 2002
  I have carefully collected whatever I have been able to learn of the story of poor Werther, and here present it to you, [Omission]
  And thou, good soul, who sufferest the same distress as he endured once, draw comfort from his sorrows; and let this little book be thy friend, if, owing to fortune or through thine own fault, thou canst not find a dearer companion.

   The Sorrows of Young Werther
   Translated by R. Dillon Boylan. Edited by Nathen Haskell Dole.
   * Dodo Press, 2008-02-15
   * Dover Thrift Editions Dover Publications, 2002
   * F. A. Nicolls & Company, 1902
   E-text at Project Gutenberg
   Scanned book at Google Books


 Video 4 
Die Leiden des jungen Werther to go (Goethe in 10 Minuten)

Uploaded to YouTube by Sommers Weltliteratur to go on 10 Mar 2015.


 Audio 3 
ドイツ語原文オーディオブック Audiobook in German

Uploaded to YouTube by Headline Sounds Production on 10 Sep 2015.


■ドイツ語原文 The original text in German

  Was ich von der Geschichte des armen Werther nur habe auffinden können, habe ich mit Fleiß gesammelt und lege es euch hier vor [Omission]
  Und du gute Seele, die du eben den Drang fühlst wie er, schöpfe Trost aus seinem Leiden, und laß das Büchlein deinen Freund sein, wenn du aus Geschick oder eigener Schuld keinen näheren finden kannst.

   Die Leiden des jungen Werthers by Johann Wolfgang von Goethe
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


■日本語訳の書誌情報 Bibliography on Japanese translations

(J1) 大宮 2015
   ゲーテ=作 大宮勘一郎=訳 「若きヴェルターの悩み」
   大宮勘一郎(おおみや・かんいちろう)=編 
   『ポケットマスターピース02 ゲーテ
   集英社文庫ヘリテージシリーズ 2015-10-27


(J2) 神品 1979, 2003
   ゲーテ=作 神品芳夫(こうしな・よしお)=訳 「若きヴェルターの悩み」
   a.ゲーテ全集6』 潮出版社 新装普及版 2003-11
 ★ b.ゲーテ全集6』 潮出版社 1979-05-25
   引用は b. に拠りました。


(J3) 柴田 1976, 1979, etc.
   ゲーテ著 柴田翔(しばた・しょう)=訳 「若きヴェルテルの悩み」
   a.若きヴェルテルの悩み』 筑摩書房 ちくま文庫 2002-10
   b.集英社ギャラリー [世界の文学] 10 ドイツ1』 集英社 1991-05
 ★ c.世界文学全集15』 綜合社=編 集英社=発行 1979-09-25
   d.世界文学全集7』 綜合社=編 集英社=発行 愛蔵版 1976
   引用は c. に拠りました。


(J4) 滝内 1969
   ゲーテ=著 滝内槙雄(たきうち・まきお)=訳 「若きヴェルテルの悩み」
   『世界文学全集5』 綜合社=編 集英社=発行 デュエット版 1969


(J5) 斎藤 1968, 1971, etc.
   ゲーテ=作 斎藤栄治(さいとう・えいじ)=訳 「若きウェルテルの悩み」
 ★ a.豪華版 世界文学全集2』 講談社 1976-10-20
   b.世界文学全集18 ゲーテ1』 講談社 1974
   c.若きウェルテルの悩み』 講談社 講談社文庫 1971
   d.世界文学ライブラリー2』 講談社 1971
   b.世界文学全集3 ゲーテ』 講談社 1968
   引用は a. に拠りました。


(J6) 塩谷 1967, 1976, etc.
   ゲーテ=原作 塩谷太郎(しおや・たろう)=訳 「若きウェルテルの悩み」
 ★ a.若きウェルテルの悩み』 世界の名作文学20 岩崎書店 1985-01-30
   b.若きウェルテルの悩み』 世界の名作文学20 岩崎書店 1976
   c.若きウェルテルの悩み』 ジュニア版世界の文学20 岩崎書店 1967
   引用は a. に拠りました。


(J7) 佐藤(晃) 1966, 1970
   ゲーテ=著 佐藤晃一=訳 「若きウェルテルの悩み」
   a.ドイツの名作10 ゲーテ』 三修社 1970
   b.ドイツの文学1』 三修社 1966


(J8) 井上 1965, 1984
   ゲーテ=著 井上正蔵=訳 「若きウェルテルの悩み」
   a.若きウェルテルの悩み』 旺文社文庫 1984-04
 ★ b.若きウェルテルの悩み』 旺文社文庫 1965-07-10
   引用は b. に拠りました。


(J9) 内垣 1964, 1994
   ゲーテ=著 内垣啓一(うちがき・けいいち)=訳 「若きウェルテルの悩み」
   a.新装 世界の文学セレクション36 ゲーテ』 中央公論社 1994-09
 ★ b.世界の文学5 ゲーテ』 中央公論社 1964-07-12
   引用は b. に拠りました。


(J10) 片岡 1962, 1973
   ゲーテ=著 片岡啓治(かたおか・けいじ)=訳 「若きウェルテルの悩み」
   a.世界青春文学館2』 立風書房編集部=編 立風書房 1973
   b.世界青春文学名作選1』(全3冊) 学習研究社出版局=編
     学習研究社 学研新書 1962


(J11) 手塚 1960, 1965, etc.
   ゲーテ=作 手塚富雄(てづか・とみお)=訳 「若いウェルテルの悩み」
 ★ a.河出世界文学全集3 ゲーテ』 河出書房新社 1989-10-10
   b.河出世界文学大系11 ゲーテ1』 河出書房新社 1980-11
   c.ポケット版 世界の文学18』 河出書房 1968
   d.世界名作全集2 ファウスト、若いウェルテルの悩み』 河出書房新社 1967
   e.カラー版 世界文学全集6 ゲーテ』 河出書房新社 1966
   f.世界文学全集2 ファウスト、若いウェルテルの悩み』 河出書房新社 1965
   g.世界文学全集2 ゲーテ』 河出書房新社 1960-07
   引用は a. に拠りました。


(J12) 前田 1960, 1964
   ゲーテ=著 前田敬作(まえだ・けいさく)=訳 「若きウェルテルの悩み」
   a.若きウェルテルの悩み』 人文書院 1964
 ★ b.ゲーテ全集7』 人文書院 1960-01-15
   引用は b. に拠りました。


(J13) 竹山 1951. 1978
   ゲーテ=作 竹山道雄(たけやま・みちお)=訳
 ★ a.若きウェルテルの悩み』 岩波文庫 改版 1978-12-18
   b.若きヱルテルの悩み』 岩波文庫 1951-04-25
   引用は a. に拠りました。


(J14) 高橋(義) 1950, 1951, etc.
   ゲーテ=作 高橋義孝(たかはし・よしたか)=訳 「若きウェルテルの悩み」
   a.グラフィック版 世界の文学9』 世界文化社 1978
   b.世界文学全集21』 学習研究社 1978-01
 ★ c.若きウェルテルの悩み』 新潮文庫 改版 1972-08-10
   d.新潮世界文学3 ゲーテ1』 新潮社 1970-12-20
   e.世界文学全集1』 新潮社 1962
   f.新版世界文学全集2』 新潮社 1959
   g.若きウェルテルの悩み』 新潮社 新潮青春文学叢書 1954
   h.若きウェルテルの悩み』 新潮文庫 1951-02-28
   i.ゲーテ名作選3』 中央公論社 1950
   引用は c. に拠りました。


(J15) 川崎 1950, 1952, etc.
   ゲーテ=著 川崎芳隆=訳 「若きヴェルテルの悩み」
   a.若きヴェルテルの悩み』 近代文庫 1956
   b.若きヴェルテルの悩み』 創芸社 1952
   c.若きヴェルテルの悩み』 創芸社 1950


(J16) 芳賀 1949, 1952, etc.
   ゲーテ=著 芳賀檀(はが・まゆみ)=訳 「若きヴェルテルの悩み」
   a.若きヴェルテルの悩み』 潮出版社 潮文庫  1971
   b.若きヴェルテルの悩み』 創元社 創元文庫 1952
   c.若きヴェルテルの悩み』 創元社 創元選書 1949


(J17) 国松(國松) 1948, 1949, etc.
   ゲーテ=著 国松孝二/國松孝二(くにまつ・こうじ)=訳
   1. 「若きヴェルテルの悩み」
     a.若きヴェルテルの悩み・マルテの手記・変身
       筑摩書房 Chikuma classics 1977-12
     b.近代世界文学6 ゲーテ』 筑摩書房 1975-09
   ★ c.筑摩世界文学大系24 ゲーテ1』 筑摩書房 1972-01-25
     d.世界文学全集13』 筑摩書房 1969
     e.世界名作全集11』 筑摩書房 1961-10-25
     f.若きヴェルテルの悩み』 白水社 1960
     g.世界文学大系19 ゲーテ1』 筑摩書房 1960-06-30
       2. 「若きウェルテルの惱み」
     h.若きウェルテルの惱み・ヘルマンとドロテーア
       三笠書房 若草文庫 1954
     i.若きウェルテルの惱み・ヘルマンとドロテーア』 養德社 1950-06-05
     j.ゲーテ全集8』 育生社 再版 1949
     k.ゲーテ全集8』 育生社 1948-06-25
   引用は c. に拠りました。


(J18) 友成 1948
   ゲーテ=著 友成行吉(ともなり・こうきち)=訳 「若きヴェルテルの悩み」
   『若きヴェルテルの悩み』 晃文社 ドイツ文学選集3 1948


(J19) 木村 1948
   ゲーテ=著 木村謹治(きむら・きんじ)=譯 「若きウェルテルの惱み」
   『若きウェルテルの悩み』 第三書房 1948-06-20


(J20) 高橋(健) 1947, 1948, etc.
   ゲーテ=著 高橋健二(たかはし・けんじ)=譯
   「若きヴェルテルの惱み」
   a.世界名作全集6 若きヴェルテルの悩み・女の一生
     平凡社 1959-02-20
 ★ b.世界文學全集(第1期)2 ゲーテ』 河出書房 1954-04-20
   c.世界文豪名作全集2』 河出書房 1953
   d.若きヴェルテルの悩み』 河出書房 市民文庫 1953
   e.詩集・若きヴェルテルの悩み・ヘルマンとドロテーア・ファウスト(第1部)
     河出書房 世界文学全集学生版 1952
   f.ゲーテ作品集5』 創元社 1951
   g.若きヴェルテルの悩み』 郁文堂出版 独和対訳叢書1 1951
   h.世界文學全集(第1期)8 19世紀篇 ゲーテ集』 河出書房 1949-08-10
   i.ゲーテ名作集5 若きヴェルテルの悩み』 郁文堂 再版 1949
   j.若きヴェルテルの悩み』 郁文堂書店 独和対訳叢書7 1948
   k.若きヴェルテルの悩み』 郁文堂 1947
   引用は b. に拠りました。


(J21) 佐藤(通) 1947, 1950, etc.
   ゲーテ=作 佐藤通次(さとう・つうじ)=訳 「若きヴェールテルの悩み」
 ★ a.若きヴェールテルの悩み』 角川文庫 改訳新版 1964-06-10
   b.若きヴェールテルの悩み』 角川文庫 1950-08-15
   c.ゲーテ全集1 小説集1』 丁子屋書店 1947-08-18
   引用は a. に拠りました。


(J22) 沢西/澤西 1943, 1949, etc.
   ゲーテ=作 沢西健/澤西健=譯 「若きヴェルテルの惱み」
   a.若きヴェルテルの悩み』 白水社世界名作選 1953
   b.若きヴェルテルの悩み』 白水社 1949
 ★ c. 澤西健=譯 『若きヴェルテルの惱み』 白水社 1943-01-22(昭和18) 
     国立国会図書館デジタル化資料
   引用は c. 白水社 1943-01-22 に拠りました。
   運の旧字は新字で置き換えました。


(J23) 阿部 1935, 1948
   ゲーテ=著 阿部六郎=訳 「若きヴェルテルの悩み」
   a.若きヴェルテルの悩み』 改造社 改造選書 1948
   b.ゲーテ全集15』(全36冊) 改造社 1935(昭和10)


(J24) 茅野 1928
   ゲョエテ=著 茅野蕭々(ちの・しょうしょう)=譯 「若いヹルテルの惱み」
   『若いヹルテルの惱み』 岩波書店 岩波文庫 1928-01-05(昭和3)


(J25) 鼓 1926, 1942, etc.
   ゲーテ=著 鼓常良(つづみ・つねよし)=譯  「若きヹルテルの惱み」
   a.若きヴェルテルの悩み』 桃山書林 1947
   b. 「若きヴェルテルの惱み」 『ゲーテ全集 第7卷』 大東出版社 
     1942(昭和17)
 ★ c. 「若きヹルテルの惱み」 『ゲーテ全集 第6卷』 大村書店 非賣品 
     1925-05-10(大正14) 国立国会図書館デジタル化資料
   引用は c. 大村書店版に拠りました。呉の旧字は新字で置き換えました。


(J26) 村上 1917
   ゲェテ=著 村上靜人(むらかみ・せいじん)=譯 「ヹルテルの悲哀」
   村上靜人=譯編 『ゲェテ傑作集』 泰西傑作集3
   佐藤出版部 1917-11-10(大正6) 国立国会図書館デジタル化資料


(J27) 秦 1914, 1917, etc.
   a. ゲーテ=作 秦豊吉(はた・とよきち)=譯  「若きエルテルの悲み」
     『若きエルテルの悲み・ヘルマンとドロテア・兄と妹
     小山書店 ポケット・ブック・コレクション第7-8(全10冊) 1955
   b. ゲーテ=著 秦豊吉=訳  「若きエルテルの悲み」
     『若きエルテルの悲み・ヘルマンとドロテア・兄と妹』 
     小山書店 小山文庫 1949
   c. ゲエテ=著 秦豐吉=譯  「若きエルテルの悲み」
     『若きエルテルの悲み・ヘルマンとドロテア・兄と妹』 聚英閣 1927(昭和2)
   d. ゲエテ=著 秦豐吉=譯 「若きヱルテルの悲み」
     『世界文學全集9 フアウスト其他』 新潮社 1927-09-15(昭和2)
 ★ e. ギヨオテ=作 秦豐吉=譯
     『若きヱルテルの悲み』 定價八拾錢 新潮社 1917-01-28(大正6)
   f. ギヨオテ=作 秦豐吉=譯
     『若きヱルテルの悲み』 定價貳拾五錢 新潮社 新潮文庫 第2編
     1914-09-18(大正3)
   引用は e. (tomoki y. 個人蔵書)に拠りました。


(J28) 久保 1904
   ゲーテ=著 久保天隨(くぼ・てんずい)、またの名を久保得二(くぼ・とくじ)=譯
   「うえるてる」
 ★ a.うえるてる』 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
   b.うえるてる』 金港堂 1904-07(明治37)
   a.b. の全ページのスキャン画像を収めた電子アーカイブ資料。
   b. が『ウェルテル』の日本語への初の完訳だとされる。引用は a. に拠りました。


(J29) 高山 1891, 1916, etc.
   高山樗牛(たかやま・ちょぎゅう)=譯 「淮亭郎の悲哀」
   a.改訂註釋 樗牛全集 第6卷 想華及感激』 博文館
     正價金參圓貳拾錢 1931-11(昭和6)
     国立国会図書館デジタル化資料
   b.増補縮刷 樗牛全集 第6巻』 博文館 1916(大正5)
   c. 『増補縮刷 樗牛全集 第5巻』 博文館 1916(大正5)
   d. 『山形日報』 1891年(明治24)7月23日から9月30日にかけて連載
   b.c. の脱漏三編を収録。
   d. は厳密な意味での『ウェルテル』の本邦初訳ではない。しかし、
   『ウェルテル』の日本における「初めての本格的な紹介」だとされる。
   原作の5分の4ほどを訳出したもの。


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

  「ヹルテルの悲哀」………………村上 1917
  「うえるてる」……………………久保 1904
  「若いヹルテルの惱み」…………茅野 1928
  「若いウェルテルの悩み」………手塚 1960, 1965, etc.
  「若きウェルテルの悩み」………竹山 1978
  「若きウェルテルの悩み」………斎藤 1968, 1971, etc.
  「若きウェルテルの悩み」………塩谷 1967, 1976, etc.
  「若きウェルテルの悩み」………佐藤(晃) 1966, 1970
  「若きウェルテルの悩み」………井上 1965, 1984
  「若きウェルテルの悩み」………内垣 1964, 1994
  「若きウェルテルの悩み」………片岡 1962, 1973
  「若きウェルテルの悩み」………前田 1960, 1964
  「若きウェルテルの悩み」………高橋(義) 1950, 1951, etc.
  「若きウェルテルの惱み」………國松 1948, 1949, etc.
  「若きウェルテルの惱み」………木村 1948
  「若きエルテルの悲み」…………秦 1927, 1949, etc.
  「若きヱルテルの悩み」…………竹山 1951
  「若きヹルテルの惱み」…………鼓 1926
  「若きヱルテルの悲み」…………秦 1914, 1917, etc.
  「若きヴェールテルの悩み」……佐藤(次) 1950, 1952
  「若きヴェルターの悩み」………大宮 2015
  「若きヴェルターの悩み」………神品 1979, 2003
  「若きヴェルテルの悩み」………柴田 1976, 1979, etc.
  「若きヴェルテルの悩み」………滝内 1969
  「若きヴェルテルの悩み」………国松 1960, 1961, etc.
  「若きヴェルテルの悩み」………川崎 1950, 1952, etc.
  「若きヴェルテルの悩み」………沢西 1949, 1953
  「若きヴェルテルの悩み」………芳賀 1949, 1952, etc.
  「若きヴェルテルの悩み」………友成 1948
  「若きヴェルテルの悩み」………鼓 1947
  「若きヴェルテルの悩み」………阿部 1935-40, 1948
  「若きヴェルテルの惱み」………高橋(健) 1947, 1948, etc.
  「若きヴェルテルの惱み」………鼓 1942
  「淮亭郎の悲哀」…………………高山 1891, 1916, etc.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015-11-29 大宮勘一郎=訳 2015-10-27 と、ポーランド語版・スペイン語版・英語版・ドイツ語原文の各オーディオブックを追加しました。
  • 2013-07-25 澤西健=譯 1943-01-22 と鼓常良=譯 1925-05-10 を追加し、澤西譯と鼓譯の書誌情報を修正・補足しました。また、高山樗牛=訳の書誌情報と外部リンクを修正・補足しました。
  • 2013-04-11 つぎの3種類の英訳の訳文を挿入しました。
    1. Michael Hulse, 1989
    2. Elizabeth Mayer and Louise Bogan, 1971, 1990
    3. Harry Steinhauer, 1970
  • 2013-02-15 チェコ語訳を追加しました。
  • 2013-02-05 韓国語訳、ロシア語訳、ウクライナ語訳、およびスペイン語訳を追加しました。
  • 2012-01-30 塩谷太郎=訳 1985-01-30 と、Burton Pike による英訳の訳文を追加しました。
  • 2011-11-03 『ゲーテの恋』 Young Goethe in Love 予告篇の日本語版と英語版の YouTube 動画を追加しました。
  • 2011-04-01 中国語訳(簡体字)を追加しました。
  • 2009-11-13 茅野蕭々=譯 1928-01-05 の書誌情報を修正しました。また、その訳文を挿入しました。
  • 2009-08-18 国松孝二=訳 1972-01-25、井上正蔵=訳 1965-07-10、内垣啓一=訳 1964-07-12、佐藤通次=訳 1964-06-10、木村謹治=譯 1948-06-20、村上靜人=譯 1917-11-10 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) ゲーテ+ウェルテル

(2) ゲーテ+ヴェルテル

(3) ゲーテ+ヴェルター

■CD

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 14 August 2009

Green Tea by Joseph Sheridan Le Fanu シェリダン・レ・ファニュ 「緑茶」

■はじめに Introduction

西洋怪談の古典。20世紀後半以降のホラー小説やホラー映画に慣れた人には、はたしてどれだけアピールするか分からない。怖いというより雰囲気のある作品。


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
a. 2006_kaiki_shousetsu_kessakushu1 b. 2005_green_tea_and_other_strange_ta c. 1999_le_fanu_in_a_glass_darkly_oxfo


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 横山 1985
本質的人間とは一個の精神であり、その精神は有機的物質なのだが、光や電気のような要素として通常われわれが理解しているものとは異なる物質でもあるのだと信じる。そして、物質的肉体とは、文字通りの意味で、衣裳であり、したがって、死とは生きている人間の生存中止でなく自然的肉体からの脱出にほかならず、それはわれわれが死と名づけるものの瞬間にはじまる一過程であり、それが完了するのは、遅くとも数日後の「実質的」復活なのだ。

  • 第一章
    ジョセフ・シェリダン・レ・ファニュ=著 横山潤(よこやま・じゅん)=訳 「緑茶」 由良君美(ゆら・きみよし)=編 『イギリス幻想小説傑作集』 白水社 白水Uブックス 1985-10-10

(J2) 平井 1969, 2006
人間の本質は霊である。霊は有機物だ。ただし、有機物といっても、われわれがふつう物質を考えているものとはちがう。ちょうど、光や電気が物質とちがうようにちがう。肉体は文字通り衣(ころも)であり、したがって死とは、生きている人間の存在の中断ではなくして、単なる肉体からの離脱にすぎない。――これがわれわれが「死」と名づける瞬間にはじまる過程であって、この過程は、死後数日たつと完了する。それが「神」への復活なのだと、こう自分は信じている。

  • 1. ヘッセリウス博士、ジェニングズ師と会う
    J・S・レ・ファニュ=著 平井呈一(ひらい・ていいち)=訳 「緑茶」
  • 引用は a. 創元推理文庫 新版に拠りました。

(J3) 砧 1956
人間は、本質的に、霊であります。霊は、有機化された存在であります。ただ、その具体性の点では、われわれのふつうに物質と呼んでいるものと、あたかも、光または電気が、物質とことなる如く、ことなつています。形のある具体的な肉体、それは、まさに文字通りの意味において、一種の衣裳であります。したがつて、死は、決して、生命ある人間の存在の中断ではなく、自然的肉体からの離脱(りだつ)にすぎません――これは、われわれの死と名づけるその瞬間にはじまる過程(プロセス)であります。遅くとも数日後の、この過程の完結こそは、『未生(みしよう)以前の世界』への復活なのです。

  • 1. ヘッセリウス博士、ジェニングズ師と邂逅の顛末を語ること
    シェリダン・レ・ファニュ=著 砧一郎(きぬた・いちろう)=訳 「緑茶」 早川書房編集部=編 『幻想と怪奇1 英米怪談集』 早川書房 ハヤカワ・ミステリ 1956-08-15

 Audio 1 
英語原文の朗読 Audiobook in English

下に引用する箇所は 7:58 から始まります。 Uploaded to YouTube by FULL audio books for everyone on 1 Oct 2012. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 7:58.


 Audio 2 
英語原文の朗読 Audiobook in English

  • もう1種類の朗読録音が次のリンク先にあります。
    Another edition of audiobook can be found at:

■英語原文 The original text in English

I believe that the essential man is a spirit, that the spirit is an organised substance, but as different in point of material from what we ordinarily understand by matter, as light or electricity is; that the material body is, in the most literal sense, a vesture, and death consequently no interruption of the living man's existence, but simply his extrication from the natural body—a process which commences at the moment of what we term death, and the completion of which, at furthest a few days later, is the resurrection "in power."


 Video 
レ・ファニュ文学散歩 Le Fanu Pilgrimage

シェリダン・レ・ファニュゆかりの地、アイルランドのダブリンを探訪する。撮影者/ナレーターが素人っぽくて、カメラのぶれと雑音が気になる。だが作家レ・ファニュに興味のあるかたには、現地の雰囲気がいくらかは伝わるだろう。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013-04-11 英語原文のオーディオブックの画面を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Sunday, 09 August 2009

The Ghost Ship by Richard Middleton リチャード・ミドルトン 「幽霊船」

■はじめに Introduction

 村が嵐におそわれた。豚小屋の屋根が吹っ飛んで、船が畑に降ってきた。
 恐怖・幻想小説のアンソロジーに、これまでたびたび収録されてきた作品。だが、こわいというよりは、とぼけたおかしさのある短篇。ラム酒で酔っぱらった頭で読むとちょうどいいらしい(って、ホントか?)。


 Images 
表紙画像 Book covers

↓ Click to enlarge ↓

ja 1998_kyou_mo_ii_tenki ja 1997_yuureisen es Es_2000_middleton_el_buque_fantasma

de De_die_besten_klassischen_und en 2003_the_ghost_ship en 2003_the_ghost_ship_others

■The Ghost Ship の日本語訳を収録した本と雑誌の一覧
 Books and magazines that contain a Japanese translation of The Ghost Ship

  1. 矢野 今日もいい天気 / 岩崎書店 , 1998-09 ( 恐怖と怪奇名作集 ; 3 )
  2. 南条 幽霊船 / 国書刊行会 , 1997-04 ( 魔法の本棚 )
  3. 山本 ミステリマガジン (Hayakawa's Mystery Magazine) 1988-03 No.383
  4. 南条 イギリス幻想小説傑作集 / 白水社 , 1985-10 ( 白水Uブックス )
  5. 野口 アンソロジー・恐怖と幻想 ; 第2巻 / 月刊ペン社 , 1971
  6. 宮島 英吉利近代傑作集 / 近代社 , 1925 ( 世界短篇小説大系 ; [第6] )
  7. 宮島 英米十六文豪集 / 宮島新三郎・訳 新潮社出版 , 1920-12-20

■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 矢野 1998
 そもそものはじまりは、一八九七年の春の大嵐(おおあらし)のときだ。あの年は二度も、大嵐があった。その最初のほうのときなんだが、いまでも、きのうのことのようによくおぼえてるよ。
 朝起きてみたら、うちのブタ小屋の草ぶきの屋根が、凧(たこ)みたいに風にとばされて、となりの後家(ごけ)さんとこの庭に落ちていた。そのしばらくあとで、おれは「キツネとブドウ亭(てい)」という酒場(さかば)へ行って、そこの亭主(ていしゅ)にその話をした。すると、亭主は笑って、こういったよ。
「じつは、うちの畑にも、嵐(あらし)がなにやら吹(ふ)き寄(よ)せてったよ。どうも船みたいなものらしいんだけどね」

    リチャード・ミドルトン=著 大久保浩=絵
   矢野浩三郎(やの・こうざぶろう)=訳 「幽霊船」
   ジェローム・ビクスビー〔ほか〕=作
   『今日もいい天気 恐怖と怪奇名作集3
   岩崎書店 1998-09-30
   注意:この訳は全訳ではなく、児童向け再話です。


(2) 山本 1988
 あれは一八九七年の大嵐に始まったことだった。あの年には二度大嵐があったが、あれはその最初の嵐のときだった。どうしてそれを憶えているかというと、朝起きてみたら、うちの豚小屋の藁屋根が風にはがされて、子どもの凧みたいに後家の家の庭に吹っ飛ばされていたんだ。生垣ごしに見ると、後家――トム・ランポートの後家だ――がヒナギクの根を掘る鍬でキンレンカの手入れをしていた。それをしばらく見ていたあと、おれは〈フォックス・アンド・グレイプス〉に行って亭主に後家がおれに言ったことを話した。亭主は笑った。彼にはかみさんがいるから、セックスの話は平気なんだ。亭主は言った。「それで思い出したが、きのうの嵐でおれんとこにへんなものが飛ばされてきたよ。船だと思うんだがね。」

   リチャード・ミドルトン=著 山本俊子(やまもと・としこ)=訳 「幽霊船」
   『ミステリマガジン (Hayakawa's Mystery Magazine)』 No.383 1988-03


(3) 南条 1985, 1997
 事の起こりは九七年の春の大嵐なんだ。あの年は二回大嵐があって、その最初のほうなんだが、今でもきのうのことのように憶えているよ。なんせ朝起きたら、うちの豚小屋の藁(わら)屋根が子供の凧(たこ)みたいにすっ飛んで、後家さんとこの庭に落ちていたんだからな。垣根の外から見たら、後家さん――つまり、トム・ランポートの後家さん――が、下敷きになった きんれんか をなんとかしようとして鍬(くわ)で突っついていた。しばらくその様子を見ていてから、おれは《狐と葡萄》っていう酒場にいって、後家さんの言い草をおやじに聞かせてやった。おやじは笑ったね。所帯持ちで女ってものをよく知ってるからね。笑いながら、「そのことだがよ」と言った。「嵐がなんやら、うちの畑に吹き込みよった。どうも船みてえなものらしいんだけどよ。」

    a. リチャード・ミドルトン=著 南条竹則=訳
     『幽霊船』 魔法の本棚 国書刊行会 1997-04
     この本は The ghost ship and other stories. 第2版の翻訳
    b. リチャード・バラム・ミドルトン=著 南条竹則=訳 「幽霊船」
     由良君美=編 『イギリス幻想小説傑作集
     白水Uブックス 白水社 1985-10
   引用は b. に拠りました。文中の太字箇所は、原文では太字でなく傍点。


(4) 野口 1971
すべては一八九七年、すなわち二度の大暴風のあった年の春の、大暴風から発した。それは一回目のほうの台風で、朝になるとわが家の豚小屋の草ぶき屋根が子供の凧(たこ)のようにきれいさっぱりと吹き上げられて後家の庭へと落ちているのを見つけたので、とてもよく覚えているのだ。生垣ごしに見ると後家――つまりトム・ラムポートの後家――はヒナギク掘りの鍬でノウゼンハレンを突いてとっているところだった。わたしは後家を少しのあいだ見まもっていてから「狐と葡萄」亭へ行き、後家がわたしにいったことを亭主に告げた。女房持ちで、女性のことを気軽に話す亭主は声をあげて笑い、「そういえば」といった。
「あの大嵐はわしの畠に何かを吹きつけよった。船のようなものだと思うんだがね」

   リチャード・ミドルトン=作 野口迪子=訳 「幽霊船」
   『アンソロジー・恐怖と幻想2』 月刊ペン社 1971-03-01


(5) 宮島 1920, 1925
元來が、九十七年の春にあつた大暴風から始まつたことだ、あの年には二度大暴風があつたが、此處にいふのはその最初の方で、自分は好くそれを記憶してゐる、といふのは、自分の豚小舎の草葺屋根が、子供の紙鳶のやうに見事に隣の寡婦(ごけ)さんの庭に吹き飛ばされてゐたのを、朝になつて見付けたからである。自分が生垣越しに眺めてゐると、その寡婦(ごけ)さん――トム・ラムポートの寡婦です――が、菊掘り鏝(ごて)でナスタアシアム(草の名)を突(つ)ついてゐた。自分は暫く女を見詰めてから『フォックス・エンド・グレエプス』(酒屋)に出掛けて行つて、女が自分に言つたことを亭主に話した。亭主は大聲で笑つた、亭主は女房持ちなので女といふものに對しては暢氣であつた。『時にさ、』彼はかう言つた、『この暴風(あらし)が俺(わし)の畑に何か吹き落したんだ。それがどう見ても船らしいんだ。』

   リチャード・ミッドルトン=作 宮島新三郎=譯 「幽靈船」
   a.英吉利近代傑作集』 世界短篇小説大系6
     近代社 1925-07-25(大正14)
   b.英米十六文豪集 世界短篇傑作叢書2
     新潮社出版 1920-12-20(大正9)
   引用は a. に拠りました。


■ドイツ語訳 Translations into German

The Ghost Ship のドイツ語訳は、つぎの a.c. の3つの短篇集に収録されているようです。3冊とも私は未見なので、詳細は存じません。たぶん b.c. の内容はおなじではないかと憶測します。b. または c. の収録作品のリストは ここ で見られます。

   a. Die besten klassischen und modernen Gruselgeschichten
     von Poe bis Hemingway
     Edited by Mary Hottinger
     Diogenes Verlag AG, 1991
     More details are here.
   b. Nacht über dem Moor und andere Gespenstergeschichten
     Edited by Hanna Bautze
     Ravensburger Buchverlag, 1986-05
   c. Nacht über dem Moor und andere Gespenstergeschichten
     - Ein Buch für junge Leser
     Edited by Hanna Bautze
     Maier Verlag, 1975


■フランス語訳 Translations into French

Le Visage Vert - Littérature fantastique というサイトによると、The Ghost Ship のフランス語訳は、つぎの a.c. の3種類が出版されているようです。

   Le Vaisseau fantôme / The Ghost Ship
   a. in Le Poisson sur le toit et autres contes sensibles,
     Bruxelles : Desclée de Brouwer, 1947,
     mis en français par Maurice Beerblock,
     sous le titre « Le Vaisseau fantasque ».
   b. in Les Miroirs de la Peur,
     éd. Roland Stragliati et Françoise Martenon,
     Paris : Casterman, “Histoires fantastiques”, 1969, p. 235-251,
     traduit de l'anglais par Françoise Martenon et Roland Stragliati.
   c. in Histoires d'océans maléfiques,
     éd. Jacques Finné,
     Paris : Librairie des Champs-Élysées, 1978, p. 97-112,
     traduit de l'anglais par Jacques Finné.


 Audio 
英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English

下の引用箇所の朗読は 3:47 から始まります。 Uploaded to YouTube by freeaudiobooks84 on 15 Oct 2013. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 3:47.


■英語原文 The original text in English

It all came of the great storm in the spring of '97, the year that we had two great storms. This was the first one, and I remember it very well, because I found in the morning that it had lifted the thatch of my pigsty into the widow's garden as clean as a boy's kite. When I looked over the hedge, widow--Tom Lamport's widow that was--was prodding for her nasturtiums with a daisy-grubber. After I had watched her for a little I went down to the "Fox and Grapes" to tell landlord what she had said to me. Landlord he laughed, being a married man and at ease with the sex. "Come to that," he said, "the tempest has blowed something into my field. A kind of a ship I think it would be."


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-11-01 山本俊子=訳 1988-03 と英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 06 August 2009

The Three Robbers by Tomi Ungerer トミー・アンゲラー / トミ・ウンゲラー / トミー・ウンゲラー 『すてきな三にんぐみ』

■はじめに Introduction

『すてきな三にんぐみ』は絵本作家トミ・ウンゲラーの代表作のひとつ。フランス語版の初版は1961年に出版された。

この絵本は1972年と2007年の2回映画化された。1972年版のほうは短編。2007年版のほうは長編だが、原作にはあまり忠実でない。


 Image gallery 1 
絵本の表紙画像 Cover photos of the children's book

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_tomi_ungerer_ zh Zh_trad_the_three_robbers ko Ko_ungerer_three_robbers

ja Ja_1977_tomi_ungerer_suteki_na_sann he He___the_three_robbers pl Pl_trzej_zbojcy

no No_tomi_ungerer_de_tre_rverne da Dk_de_tre_rvere de De_2007_tomi_ungerer_die_drei_raeub

gswGsw_die_drei_raiwer9782716507264 nl Nl_tomi_ungerer_de_drie_rovers en En_2008_tomi_ungerer_the_three_robb

breBre_tomi_ungerer_an_tri_forban it It_i_tre_briganti pt Pt_tomi_ungerer_os_tr_ladres

gl Gl_tomi_ungerer_os_tres_bandidos ca Ca_elstresbanditscat800 es Es_2007_tomi_ungerer_los_tres_bandi

fr Fr_2001_tomi_ungerer_les_trois_br_2 芸 Geijutsu_shincho_2009_08_2


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

  [zh] 三个强盗  少年儿童出版社 2006  中国語(簡体字)
  [zh] 三個強盜  上誼文化 2003  中國語(繁體字)
  [ko] 세 강도 시공주니어 1999 韓国語
  [ja] すてきな三にんぐみ 偕成社 1977 日本語
  [he] שלשת השודדים  הוצאת עם עובד  ヘブライ語
  [pl] Trzej zbójcy  Format, 2009  ポーランド語
  [no] De tre røverne  Cappelen, 2008  ノルウェー語
  [da] De tre røvere  Carlsen, 2008  デンマーク語
  [de] Die drei Räuber  Diogenes Verlag AG, 2007  ドイツ語
  [gsw] Die Drei Raiwer  La Nuée Bleue, 2008  アルザス語
  [nl] De drie rovers  Lemniscaat, 2003  オランダ語
  [en] The Three Robbers  Phaidon Press, 2008  英語
  [bre] An tri forban  TES, 2008  ブルトン語
  [it] I tre briganti  Nord-Sud Edizioni, 2007  イタリア語
  [pt] Os Trê Ladrões  Global, 2008  ポルトガル語
  [gl] Os tres bandidos  Kalandraka, 2001  ガリシア語
  [ca] Els tres bandits  Kalandraka, 2005  カタルーニャ語(カタロニア語)
  [es] Los Tres Bandidos  Kalandraka, 2007  スペイン語
  [fr] Les Trois Brigands  Ecole des Loisirs, 2001  フランス語
  [] 芸術新潮 2009年8月号 特集:トミ・ウンゲラーのおかしな世界


■邦題について On the title of the Japanese edition

《三个強盗》と『すてきな三にんぐみ』。中国語版と日本語版のタイトルを見比べると、非常に対照的です。

原題は直訳すると、「三人の強盗」、「三人の盗賊」、あるいは「三人の追いはぎ」。中国語版のほうが、原題に忠実です。ヨーロッパ諸言語の版も、中国語版と同様、ストレートな訳になっています。ただひとつ日本語版だけが、なぜか「すてきな三にんぐみ」という、あまい、おとなしい、やわらかい、すご味のない題になっている。

私はウンゲラーという作家の芸術活動の全体像を把握しているわけではありません。けれど、彼がおとな向けのポルノ作品も数多く手がけ、政治的なメッセージも臆せず表明する人だということは知っています。もともと毒のある表現を好む人のようです。

サン・テグジュペリの Le Petit Prince が「星の王子さま」と様変わりしたように、日本の児童文学や絵本の世界では、毒抜きをしたり「かわいさ」を付け加えてしまう傾向があるようです。一概に悪いとは言いません。それも日本文化の個性の一面ではあるかもしれません。が、しかし。


■抜粋 Excerpts

  • [ja] 日本語
    ひとつ、ラッパじゅう。
    ふたつ、こしょう・ふきつけ。
    そして みっつめは、まっかな おおまさかり。
  • [en] English
    The first had a blunderbuss,
    The second had a pepper-blower.
    And the third had a huge red ax.
  • [es] Español
    El primero tenía una escopeta.
    El segundo, un fuelle lleno de pimienta.
    El tercero, una enorme hacha roja.
  • [fr] Français
    Le premier avait un tromblon,
    Le deuxième avait un soufflet qui crachait du poivre.
    Le troisième avait une énorme hache rouge.

 Video 1 
1972年アメリカ・チェコスロバキア短編アニメ映画 The Three Robbers (1972) - 全編

Tomi Ungerer - Les trois brigands The Three Robbers 1972
Uploaded by baraqueafritz - Full seasons and entire episodes online.

The Three Robbers (1972) 原作:Tomi Ungerer、監督・脚色:Gene Deitch、製作国:アメリカ・チェコスロバキア、時間:6分。アメリカでは1972年に封切り。他の国での公開の有無や時期は未確認。監督のジーン・ダイッチ(ジーン・ダイチ)はアメリカ生まれで現在はチェコを中心に活動するイラストレーター、アニメ作家、映画監督。MGMのアニメ『トムとジェリー』シリーズの監督も13本手がけました。


 Video 2 
2007年ドイツ・アニメ映画 Die drei Räuber - 予告編
The Three Robbers (2007) : Trailer of a German animated film adaptation

Uploaded to YouTube by filmportal on 26 Sep 2007. Die drei Räuber (2007) 原作:Tomi Ungerer、監督・脚本:Hayo Freitag、製作国:ドイツ、時間:ドイツ公開版は75分。IMDb によれば2007年から2008年にかけて、ドイツ、フランス、トルコ、ベルギー、オランダなどで封切り。アメリカ、イギリス、日本などでの公開の有無は未確認。予告編を見たかぎり、原作や上の1972年版をしのぐ出来だとは想像しにくいです。どなたかご覧になりましたか?


 Image gallery 2 
2007年版アニメのポスターやDVDジャケット
Posters and DVD covers for the 2007 animated film
zh Zh_trad_ tr Tr_three_robbers_uc_haydut hu Hu_dreirubera_harom_rablodvdhungari

ru Ru_rauber_dvd_super hr Hr_tri_razbojnika de De_diedreiraeuber

it It_tiffany_e_i_tre_briganti fr Fr_les_trois_brigands

  [zh] 三個強盜 中國語(繁體字)
  [hu] A három rabló ハンガリー語
  [tr] Üç Haydut トルコ語
  [ru] Три разбойника ロシア語
  [hr] Tri razbojnika クロアチア語
  [de] Die Drei Räuber ドイツ語
  [it] Tiffany e i tre briganti イタリア語
  [fr] Les Trois Brigands フランス語


 Image gallery 3 
2007年版アニメのポスターやDVDジャケット
Posters and DVD covers for the 2007 animated film
sv Sv_thethreerobbersmovieposter200710 nl Nl_de_drie_rovers fr Fr_les_trois_brigands_b

  [sv] Tre rövare スウェーデン語
  [nl] De Drie Rovers オランダ語
  [fr] Les Trois Brigands フランス語


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013-11-26 カタルーニャ語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。また、アニメ版の画像も追加しました。
  • 2012-11-05 繁體字中国語版、ヘブライ語版、ポーランド語版、およびアルザス語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2009-11-22 韓国語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2009-08-07 1972年アメリカ・チェコスロバキア短編アニメ版の動画を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) トミー・アンゲラー

(2) トミー・ウンゲラー

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 05 August 2009

Christel by Johann Wolfgang von Goethe ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 「クリステル」

        目次 Table of Contents

 Video 1  Johann Wolfgang von Goethe - Speedpainting by Martin Missfeldt
 Images   本の表紙 Book covers
■日本語訳 Translations into Japanese
  (1) 大山 1967, 1975, etc.
  (2) 加納 1966, 1967
  (3) 山口 1958, 1967, etc.
  (4) 星野 1951, 1954, etc.
  (5) 手塚 1949, 1951, etc.
  (6) 高橋 1948, 1949, etc.
  (7) 片山 1936
  (8) 松山 1925, 1926, etc.
  (9) 三浦 1925
  (10) 生田 1919
■ロシア語訳 Translation into Russian
■英訳 Translation into English
 Video 2  Christel sung by Raphael Grosch
■ドイツ語原文 The original text in German
■日本語訳の書誌情報 Bibliography on Japanese translations
  (1) 大山 1967, 1975, etc.
  (2) 加納 1966, 1967
  (3) 山口 1958, 1967, etc.
  (4) 星野 1951, 1954, etc.
  (5) 手塚 1949, 1951, etc.
  (6) 高橋 1948, 1949, etc.
  (7) 片山 1936
  (8) 松山 1925, 1926, etc.
  (9) 三浦 1925
  (10) 生田 1919
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


 Video 1 
Johann Wolfgang von Goethe - Speedpainting by Martin Missfeldt

Speed-Painting.  Photoshop, 1 hour 30 min.  Martin Missfeldt


 Images 
本の表紙 Book covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Ushio_shuppansha_goethe_zenshu1 b. Goethe_kakugenshu c. Goethe_erotic_poems


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 大山 1967, 1975, etc.
ぼくは気がめいってしまって
しばしばく憂鬱におそわれる。
しかし、クリステルの傍(そば)にいると、
たちまちそんな気持がふっとんでしまう。
ぼくの目はただあちらへ、こちらへ、
たえずかの女の姿を追うばかり。
かいもくぼくにはわからないのだ。なぜ、いつ、どこで、
かの女がこんなにも好きになったのか。
[以下略]

   ゲーテ=作 大山定一=訳
   「クリステル」 詩と小曲


(2) 加納 1966, 1967
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]
   ゲーテ=著 加納健=訳


(3) 山口 1958, 1967, etc.
何かというと重く鈍く気が鬱して
恐ろしく沈鬱になってしまう!
でもクリステルの傍にさえいれば
すっかり気持が立ちなおる
何処(どこ)に眼をやってもちらつくあの娘(こ)の姿
いったいどんな事情から いつ 何処で
どうしてこんなにあの娘(こ)が好きになったやら
いっこうにぼくにはわからない
[以下略]

   ゲーテ=作 山口四郎=訳 「クリステル」 小曲集


(4) 星野 1951, 1954, etc.
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]
   ゲーテ=著 星野慎一=訳


(5) 手塚 1949, 1951, etc.
ともすれば なぜかは知らず
気がふさぐ。
クリステルといっしょにおれば
からりと晴れる。
いつもちらつくその姿、
いったい、どうして どこで
いつから なぜ
こんなに好きになったのか。
[以下略]

   ゲーテ=作 手塚富雄=訳 「クリステル」


(6) 高橋 1948, 1949, etc.
そこはかとなくうらぶれて暗く
重い氣もちになることがよくあるが、
わたしのクリステルのそばにいると、
なにもかもまたよくなる。
どこにいてもあの人の姿が見える。
どうして、どこで、いつ、
なぜ、あの人がわたしの氣に入ったのか、
わたしには皆目わからない。
[以下略]

   ゲーテ=作 高橋健二=訳 「クリステル」


(7) 片山 1936
莫然とした愁ごころ、
沈欝な氣分にたびたび襲はれるが、
慕はしいクリステルといつしよに居れば
何もかも良くなるのだ
どこに居てもあの姿が見えて來る。
どうして、どこで、いつクリステルが
好きになつたのか自分にも判らない。
[以下略]

   ゲーテ=著 片山敏彦=譯 「クリステル」 小曲


(8) 松山 1925, 1926, etc.
私の氣持は何うかするとふさぎ込み、
私の元氣は全くなくなつてしまふ、
しかしクリステルの愛に接すると、
また私は健かな氣分になつてくる、
何處に行つても彼女の姿がちらつく、
そしてほんとにこんな廣い世間で、
何處で何時まあ何うしてあの女を、
私は慕ふやうになつたらう。
[以下略]

   ゲーテ=著 松山敏=訳


(9) 三浦 1925
時々寂しい陰欝な心と
重い血をさへもつことがある
それでもクリステルの側に行くと
すべては再び恢復する
ここで見、かしこで見、しかも
なぜ、いつ、どこでまたどうして
彼女が私の氣に入つたか
それが少しもわからない
[以下略]

   ゲーテ=著 三浦吉兵衞=譯 「クリステル」


(10) 生田 1919
どうかすると暗い沈んだ氣持になつて
わたしはすつかり滅入りこんでしまふ
けれどかあいいクリステルのところへ行くと
またすつかりいい氣持になつて來る
何處へ行つてもあの人の姿がはなれない
さうしてなぜまたこんなに廣い世の中で
どんなに、何處で、何時あの人が
わたしの氣に入つたのかわからない
[以下略]

   ゲエテ=著 生田春月=譯 「クリステル」


■ロシア語訳 Translation into Russian

Порой уныло я брожу,
Измученный тоской,
А вот на Кристель погляжу —
Все снимет как рукой.
И отчего, я не пойму.
Сильней день ото дня,
За что, зачем и почему
Она влечет меня?

[Omission]

   Кристель
   Иоганн Вольфганг фон Гете
   E-text at lingvisto.org


■英訳 Translation into English

My senses ofttimes are oppress'd,
Oft stagnant is my blood;
But when by Christel's sight I'm blest,
I feel my strength renew'd.
I see her here, I see her there,
And really cannot tell
The manner how, the when, the where,
The why I love her well.
[Omission]

   Christel
   The Poems of Goethe
   Translated in the original metres
   Translated by Edgar Alfred Bowring, 1826-1911
   E-text at:
   * The Literature Network
   * Project Gutenberg
   * Internet Archive


 Video 2 
Christel sung by Raphael Grosch

Uploaded to YouTube by Raphael Grosch on 4 Jul 2011. Ein Song aus dem Repertoire der Band KRANZER. Musik und Komposition: Raphael Grosch. Gesang: Raphael Grosch. Text: Johann Wolfgang von Goethe


■ドイツ語原文 The original text in German

Hab oft einen dampfen, düstern Sinn,
Ein gar so schweres Blut!
Wenn ich bei meiner Christel bin,
Ist alles wieder gut.
Ich seh sie dort, ich seh sie hier
Und weiß nicht auf der Welt,
Und wie und wo und wann sie mir,
Warum sie mir gefällt.
[Omission]

   Christel
   by Johann Wolfgang von Goethe
   Entstanden 1773/74, Erstdruck 1776.
   E-text at:
   * Deutsche Gedichte, eine Anthologie
   * Poems Quotes and Poets
   * textlog.de
   * Zeno.org


■日本語訳の書誌情報 Bibliography on Japanese translations

(1) 大山 1967, 1975, etc.
   ゲーテ=作 大山定一(おおやま・ていいち)=訳
   「クリステル」 詩と小曲
   a.ゲーテ詩集―世界詩人選1』 小沢クラシックス「世界の詩」
     小沢書店 1996-05
   b.ゲーテ詩集』 新潮社 1975
 c.世界詩人全集1 ゲーテ詩集』 新潮社 1967-10-20
     収録作品一覧は ここ
   引用は c. に拠りました。なお、大山定一訳ゲーテ全詩篇 という、
   日独併記の便利でありがたい書誌情報ページがあります。


(2) 加納 1966, 1967
   ゲーテ=著 加納健=訳
  a.ゲーテ詩集』 金園社 世界名詩選 1967
   b.ゲーテ詩集』 金園社 世界名詩選 1966
   引用は a. に拠るつもりです。


(3) 山口 1958, 1967, etc.
   ゲーテ=作 山口四郎(やまぐち・しろう)=訳 「クリステル」 小曲集
   a.口誦 ゲーテ詩集』 中央大学出版部 2004-07
   b.ゲーテ全集1』 潮出版社 新装普及版 2003-09
  c.ゲーテ全集1』 潮出版社 1979-06-25
   d.ゲーテ詩集』 三修社 1967
   e.ゲーテ詩集』 三修社 ドイツ語文庫 1958
   引用は c. に拠りました。


(4) 星野 1951, 1954, etc.
   ゲーテ=著 星野慎一(ほしの・しんいち)=訳
  a.ゲーテ詩集』 潮出版社 潮文庫 1973
   b.ゲーテ詩集』 三笠書房 1971
   c.ゲーテ詩集』 三笠書房 世界の名詩集1 1967
   d.ゲーテ詩集』 河出書房 河出文庫 1954
   e.ゲーテ詩集』 河出書房 市民文庫 1951
   引用は a. に拠るつもりです。


(5) 手塚 1949, 1951, etc.
   ゲーテ=作 手塚富雄(てづか・とみお)=訳 「クリステル」
  a. 筑摩世界文学大系24 ゲーテ1』 筑摩書房 1972-01-27
   b. ゲーテ詩集』 角川文庫 改版 1966
   c.世界名詩集大成6 ドイツ篇1』 平凡社 1960-02-10
   d.世界文学大系19 ゲーテ1』 筑摩書房 1960
   e.ゲーテ詩集』 角川文庫 1951-04-20
   f. ゲーテ詩集』 筑摩書房 1949
   引用は a. に拠りました。


(6) 高橋 1948, 1949, etc.
   ゲーテ=作 高橋健二(たかはし・けんじ)=訳 「クリステル」
  a. ゲーテ 愛の詩集』 人文書院 改訂版 1973
   b.ゲーテ詩集』 弥生書房 世界の詩 1964
   c.ファウスト 若きヴェルテルの惱み 他
     河出書房 世界文学全集(第一期)2 1954-04-20
   d.ゲーテ 愛の詩集』 人文書院 1953-06-20
   e.ゲーテ詩集』 新潮社 世界名詩選集 1953
   f.ゲーテ詩集』 新潮社 新潮文庫 1951
   g.ゲーテ恋愛詩集』 郁文堂書店 5版 1949
   h.ゲーテ詩集』  新潮社 14版 1948
   引用は a. に拠りました。


(7) 片山 1936
   ゲーテ=著 片山敏彦(かたやま・としひこ)=譯 「クリステル」 小曲
   『改造社版 ゲーテ全集1』 改造社 1936-02-19(昭和11)


(8) 松山 1925, 1926, etc.
   ゲーテ=著 松山敏(まつやま・さとし)=訳
   a.ゲーテ詩集』 人生社 世界詩人文庫 1951
  b. 『ゲーテ詩集』 文英堂書店 改訂 1926-10-05(大正15)
     国立国会図書館デジタル化資料
   c.ゲーテ詩集』 文英堂書店 世界名詩選5 1925(大正14)
   引用は b. に拠りました。込・姿の旧字は新字で置き換えました。


(9) 三浦 1925
   ゲーテ=著 三浦吉兵衞(みうら・きちべえ)=譯 「クリステル」
   『ゲーテ全集1 詩集』 大村書店 1925-08-20(大正14)


(10) 生田 1919
   ウォルフガング・ゲエテ=著 生田春月=譯 「クリステル」 小曲
   『ゲエテ詩集』 新潮社 1919-05-23(大正8)
   E-text at 物語倶楽部


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013-09-12 目次を新設し、Raphael Grosch による歌の YouTube 画面を追加し、松山敏=譯 1926-10-05 の訳文を挿入しました。
  • 2010-06-16 生田春月=譯 1919-05-23 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Goethe + gedichte

(2) Goethe + poems

(3) Goethe + poemas

■和書 Books in Japanese

■DVD

■CD

  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« July 2009 | Main | September 2009 »