« 宮崎駿 『となりのトトロ』 My Neighbour Totoro by Hayao Miyazaki | Main | Curious George by H. A. Rey H・A・レイ 『ひとまねこざるときいろいぼうし』『おさるのジョージ』 »

Tuesday, 15 September 2009

A Piece of Steak by Jack London ジャック・ロンドン 「一枚のステーキ」「ひと切れのビフテキ」「一切れのビフテキ」

■はじめに Introduction

「一枚のステーキ」は、落ち目のボクサーを描いたジャック・ロンドンの短篇小説。下に引用するのは、その冒頭部分です。


 Video 
短編アニメ映画 "U Buen Bistec"(一枚のステーキ)予告編
Un Buen Bistec: A short animated film by Pablo Oliveira - Trailer


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

汤姆·金用最后一小口面包,揩干净最后一滴肉汁,然后放在嘴里慢慢咀嚼,沉思着。当他从桌子边站起来时,他明显感到饥饿的压迫感。然而只有他一个人吃过东西。隔壁房间里的两个孩子早就被打发去睡觉了,为的是他们在睡梦中会忘记自己还没有吃过晚饭。他妻子什么也没吃,默默坐着,用担忧的目光注视着他。她是一个消瘦而憔悴的工人阶级妇女,但是她脸上也不乏以前曾经漂亮过的痕迹。做肉汁用的面粉是她向过道对面的邻居借来的。最后的两个子儿花完了,用来买了面包。


 Images 
ジャック・ロンドン「一枚のステーキ」(邦訳・原文・コミック版)を収めた本
Books containing Jack London's A Piece of Steak or its translation/adaptation

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Ja_hi_o_okosu_shibata_motoyuki b. Boxings_best_short_stories c. A_piece_of_steak

■A Piece of Steak の日本語訳を収録した本と雑誌の一覧
 List of books and a magazine that contain a Japanese translation of
 A Piece of Steak

   1.  柴田 火を熾す / ジャック・ロンドン. -- スイッチ・パブリッシング, 2008.10
   2.  柴田 Coyote (コヨーテ) No.26. -- スイッチ・パブリッシング, 2008.3
   3.  柴田 Coyote (コヨーテ) No.25. -- スイッチ・パブリッシング, 2008.2
   4.  辻井 ジャック・ロンドン選集. 6 / ジャック・ロンドン[他]. -- 本の友社, 2005.10
   5.  辻井 試合 / J.ロンドン[他]. -- 社会思想社, 1987.7.
          -- (現代教養文庫 ; 1168)
   6.  西崎 現代アメリカ文学選集. 第6. -- 荒地出版社, 1968.2
   7.  西崎 現代アメリカ文学全集. 第14 / 刈田元司. -- 荒地出版社, 1958
   8.  尾上 荒野の呼び声 / ロンドン[他]. -- 研究社出版, 1957.9
          -- (アメリカ文学選集)
   9.  瀧川 小麥相場・たき火. -- 英宝社, 1956.8 -- (英米名作ライブラリー)


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2008
 パンの最後のひとかけらでトム・キングは皿から小麦ソースの最後のひとしずくを拭き取り、その一口分をゆっくり、考え深げに噛んだ。食卓を立つと、まだ全然腹ぺこだ、という思いが襲ってきた。けれど食べたのは彼一人なのだ。隣の部屋にいる二人の子供は、夕食をもらえなかったことを忘れてしまうよう早寝させられた。妻も何ひとつ手をつけず、黙って座って、案じるような目でじっと彼を夫を見ていた。妻は痩せた、やつれた労働階級の女だったが、かつては綺麗だった面影も残っていた。小麦ソースを作る小麦粉は廊下をはさんだ向かいの家族から妻が借りたものだった。最後の半ペニー貨二枚はパンを買うのに使った。

   ジャック・ロンドン=著 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳 「一枚のステーキ」
   a.火を熾す(ひをおこす)』 柴田元幸翻訳叢書
     スイッチ・パブリッシング 2008-10
   b. Coyote (コヨーテ) 26号. スイッチ・パブリッシング 2008-03
   c. Coyote (コヨーテ) 25号. スイッチ・パブリッシング 2008-02
   初出誌は b.c. の二分載。a.b. および c. に加筆・訂正したもの。
   引用は a. に拠りました。


(J2) 辻井 1987, 2005
 トム・キングは、パンの最後のひと切れで小麦粉ソースの最後の一滴まできれいにふき取ると、ようやくひと口分になったものを、ゆっくりと瞑想にふけるように噛んだ。テーブルから立ちあがったとき、彼はまぎれもない空腹感に悩まされた。それでも、彼だけは食事をしたのだ。もう一つの部屋にいる二人の子供たちは、眠れば夕食ぬきだったことを忘れるだろうと、早くから寝かしつけられていた。彼の連れあいは食べ物には何も手をつけず、黙ってすわって、心配そうなまなざしで夫を見守った。労働者階級の、やせてやつれた女であった。とはいっても、若い頃にはきれいだった面ざしが、まだなくなってはいなかったが。ソース用の小麦粉は、廊下を隔てた向かい側の家から、彼女が借りてきたのだった。最後に残っていた半ペニー銅貨二枚は、パンを買うのに使い果たしてしまっていた。

   ジャック・ロンドン=著 辻井栄滋(つじい・えいじ)=訳 「ひと切れのビフテキ」
   a.決定版 ジャック・ロンドン選集2』 本の友社 2005-10
   b.試合―ボクシング小説集』 現代教養文庫 社会思想社 1987-07
   引用は a. に拠りました。


(J3) 西崎 1958, 1968
 トム・キングはパンの最後の一かけらで皿に残っている僅かの小麦粉ソースをきれいに拭いとると、こうして一口分になった食物を、瞑想にでもふけっているようにゆっくりと噛んだ。テーブルから立上ったとき、彼ははっきりした空腹感にしめつけられた。それでも食事ができたのは、彼だけだった。二人の子供はもう一つの部屋で、眠っていれば夕飯を食べなかったことを忘れるだろうというので早くから寝かせつけられていた。彼の妻は何一つ口にせず、黙って坐ったまま心配そうな眼で彼を見まもっていた。彼女は若い頃きれいだった面影がまだなくなってはいないが、労働者階級の痩せた、くたびれた女だった。ソース用小麦粉は彼女が廊下を隔てた家から借りたものだった。最後に残っていた二つの半ペニ銅貨はパンを買うのになくなっていた。

   ジャック・ロンドン=著 西崎一郎=訳 「一切れのビフテキ」
   a.現代アメリカ文学選集6 ヘンリー・ジェイムズ、ジャック・ロンドン、
     トマス・ウルフ』 荒地出版社 1968-02
   b.現代アメリカ文学全集14』 荒地出版社 1958
   引用は a. に拠りました。


(J4) 尾上 1957
パンの最後の一かけらでトム・キングは、小麦粉ソースの僅かの残りを皿からきれいに拭きとり、このようにして得た一口分の食物を、瞑想にふけっているかのように、ゆっくり噛んだ。食卓から立ち上ったとき、彼ははっきりした空腹感になやまされた。しかも、彼だけが食事をすませたのだった。隣りの部屋にいる子供たちは、眠っている間に、彼等が晩御飯を抜きにしたことを忘れるようにと、早くから寝かせつけられていた。妻は何一つ口にせず、黙ったまま坐り、心配げな眼で彼を見まもっていた。彼女は、昔の美しさの面影をまだ顔に残していないわけではなかったが、労働者階級出の生活に疲れた痩せた女であった。ソース用の小麦粉は、彼女が廊下を隔てた隣人から借りたものだった。残った最後の二セントはパンを買うのに消えてしまっていたのである。

   ジャック・ロンドン=著 尾上政次(おのえ・まさじ)=訳 「一切れのビフテキ」
   『荒野の呼び声』 アメリカ文学選集 研究社出版 1957-09-25


(J5) 瀧川 1956
 トム・キングは、パンの最後の一切れで皿のメリケン粉ソースの残りかすをきれいに拭い、口にほおりこんでゆっくりと、思案しているように噛みしめた。テーブルから立ちあがると、救いがたい空腹感がどっと襲ってくる。しかも食ったのは彼だけだ。別の部屋にいる二人の子供たちは、夕飯ぬきのひもじさを忘れるようにと早くから寝かされている。女房は何も食わず、すわって、彼が食うのをさもしい目つきでじっと見ていた。下層階級の痩せてやつれた女だが、おもだちに若いころの美しさがまだ残っている。ソースを作るメリケン粉は、廊下を隔てた向う隣りから彼女が借りて来たものだ。なけなしの半ペニー貨二枚は、パンを買うのに使いはたされていた。

   ジャック・ロンドン=著 瀧川元男(たきがわ・もとお)=訳 「一切れのビフテキ」
   『小麥相場・たき火』 英米名作ライブラリー 英宝社 1956-08


■ロシア語訳 Translation into Russian

Последним  кусочком  хлеба Том  Кинг  подобрал последнюю каплю  мучного соуса, начисто вытер им тарелку и  долго,  сосредоточенно жевал  его.  Из-за стола  он  встал с гнетущим ощущением голода.  А ведь только он один и поел. Обоих ребятишек уложили спать пораньше в  соседней комнате в надежде, что во сне  они забудут о  пустых  желудках. Жена не притронулась  к еде  и  сидела молча, озабоченно наблюдая за  мужем. Это  была худая, изможденная  женщина, дочь рабочего,  сохранившая еще  остатки былой  привлекательности. Муку  для соуса она заняла у соседей. Последние два полпенни ушли на покупку хлеба.

  • Джек Лондон. Кусок мяса
    перевод Н. Аверьяновой (N. Averyanova)
    OCR, spellcheck: Сайт "Борьба САМБО" (sombo@mail.ru)
  • E-text at Lib.Ru

■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

С последния залък хляб Том Кинг обра сетните остатъци от кафявия сос по чинията си, лапна го и бавно и замислено го сдъвка. Когато стана от масата, усети с гнетящо чувство, че е много гладен. А при това бе ял само той. Двете деца в съседната стая бяха сложени да спят по-рано, та като заспят, да забравят, че са си легнали без вечеря. Жена му не хапна нищо; седнала мълчаливо, тя го бе наблюдавала със загрижен поглед. Беше слаба, състарена жена от работническата класа, запазила още следи от предишната си хубост. Брашното за соса бе взела назаем от съседката в отсрещната квартира. Последните две монети по половин пени бе похарчила, за да купи хляб.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Con l’ultimo pezzetto di pane, Tom King ripulì il piatto del sugo che vi rimaneva. Poi, s’infilò il pane in bocca e prese a masticarlo lentamente, con aria assorta. Quando infine s’alzò da tavola, lo fece con la netta sensazione di non aver mangiato abbastanza. Pure, era stato l’unico della famiglia a toccar cibo; i bambini erano stati messi a letto nella stanza accanto perché s’addormentassero dimenticando d’aver saltato la cena, e sua moglie gli aveva fatto compagnia a tavola, seduta in silenzio a osservarlo piena d’ansia, senza mangiare: una donna della classe operaia, esile e dall’aria stanca, sfibrata, sebbene sul volto recasse ancora i segni di una passata bellezza. La farina per il sugo l’aveva presa a prestito dal vicino che abitava in fondo al corridoio, il pane l’aveva comprato con gli ultimi spiccioli che le erano rimasti.


 Audio 1 
スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by Polsdk de Cardona on 23 Mar 2011.


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(Es1)
Con el último fragmento de pan, Tom King limpió su plato de la última partícula de salsa de harina y mascó el bocado resultante, en forma lenta y meditativa. Cuando se levantó de la mesa, lo oprimía la sensación de estar indudablemente hambriento. Y sin embargo, sólo él había comido. Los dos niños de la otra habitación fueron enviados temprano a la cama, para que en el sueño olvidasen que habían quedado sin cenar. Su esposa no tocó un bocado, y permaneció sentada en silencio, mirándolo con ojos solícitos. Era una mujer delgada, gastada, de la clase obrera, aunque no faltaban en su rostro las señales de una belleza anterior. La harina para la salsa la había pedido prestada a una vecina del otro lado del corredor. Los últimos dos medios peniques fueron destinados a comprar pan.

  • Un trozo de carne by Jack London
  • E-text at Edu MEC [PDF]

(Es2)
Tom King rebañó el plato con el último trozo de pan para recoger la última partícula de gachas, y masticó aquel bocado final lentamente y con semblante pensativo. Cuando se levantó de la mesa, le embargaba una inconfundible sensación de hambre. Él era el único que había cenado. Los dos niños estaban acostados en la habitación contigua. Los habían llevado a la cama antes que otros días para que el sueño no les dejara pensar en que se habían ido a dormir sin probar bocado. La esposa de Tom King no había cenado tampoco. Se había sentado frente a él y lo observaba en silencio, con mirada solícita. Era una mujer de clase humilde, flaca y agotada por el trabajo, pero cuyas facciones conservaban restos de una antigua belleza. La vecina del piso de enfrente le había prestado la harina para las gachas. Los dos medio peniques que le quedaban los había invertido en pan.


■フランス語訳 Translation into French

Avec son dernier morceau de pain, Tom King essuya sur son assiette les moindres traces de sauce blanche et mâcha cette ultime bouchée lentement et d’un air préoccupé. Il se leva de table avec la sensation d’avoir encore faim. Pourtant lui seul avait mangé. Dans la chambre voisine on avait fait coucher de bonne heure les enfants, avec l’espoir que le sommeil leur ferait oublier l’absence de souper. Sa femme n’avait rien avalé non plus. Assise en silence, elle fixait sur lui des regards inquiets. C’était une pauvre créature de la classe ouvrière, maigre et usée, et cependant son visage conservait maintes traces de sa gentillesse de jadis. Elle avait dépensé ses derniers sous à acheter du pain, et emprunté à une voisine de quoi faire la sauce.

  • Une tranche de bifteck by Jack London
  • E-text at Wikisource

 Audio 2 
英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English

Uploaded to YouTube by Warren Smith on 10 Feb 2014.


■英語原文 The original text in English

With the last morsel of bread Tom King wiped his plate clean of the last particle of flour gravy and chewed the resulting mouthful in a slow and meditative way. When he arose from the table, he was oppressed by the feeling that he was distinctly hungry. Yet he alone had eaten. The two children in the other room had been sent early to bed in order that in sleep they might forget they had gone supperless. His wife had touched nothing, and had sat silently and watched him with solicitous eyes. She was a thin, worn woman of the working-class, though signs of an earlier prettiness were not wanting in her face. The flour for the gravy she had borrowed from the neighbor across the hall. The last two ha'pennies had gone to buy the bread.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-11-14 尾上政次=訳 1957-09-25 の訳文を挿入しました。
  • 2014-11-08 ブルガリア語訳を追加しました。
  • 2014-11-03 イタリア語訳、フランス語訳、およびもう1種類のスペイン語訳の訳文、ならびにスペイン語版と英語原文のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2011-02-05 中国語訳(簡体字)とロシア語訳を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages



■和書 Books in Japanese

  

|

« 宮崎駿 『となりのトトロ』 My Neighbour Totoro by Hayao Miyazaki | Main | Curious George by H. A. Rey H・A・レイ 『ひとまねこざるときいろいぼうし』『おさるのジョージ』 »

Comments

Amiable post and this post helped me alot in my college assignement. Say thank you you as your information.

Posted by: Wordpress Themes | Thursday, 05 August 2010 at 12:45 PM

Sorry for my bad english. Thank you so much for your good post. Your post helped me in my college assignment, If you can provide me more details please email me.

Posted by: Debt Relief | Thursday, 07 October 2010 at 09:01 AM

Complex Post. This enter helped me in my college assignment. Thnaks Alot

Posted by: Online Payday Loans | Sunday, 10 July 2011 at 06:18 AM

ugg 中敷 LV は、ソフィア ・ コッポラとその次の広告映画の彼女の父フランシス ・ コッポラでロープをかける !前に経験した財布が、私が今まで所有だろう今まで続いたが長い。LV のスタイルは理解するためにする識別。 ugg レインブーツ

Posted by: ugg 中敷 | Sunday, 24 November 2013 at 05:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/44165180

Listed below are links to weblogs that reference A Piece of Steak by Jack London ジャック・ロンドン 「一枚のステーキ」「ひと切れのビフテキ」「一切れのビフテキ」:

« 宮崎駿 『となりのトトロ』 My Neighbour Totoro by Hayao Miyazaki | Main | Curious George by H. A. Rey H・A・レイ 『ひとまねこざるときいろいぼうし』『おさるのジョージ』 »