« Madeline by Ludwig Bemelmans ルドウィッヒ・ベーメルマンス 『げんきなマドレーヌ』 | Main | The Little House by Virginia Lee Burton (1) バージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』(1) »

Sunday, 01 November 2009

Bartleby, the Scrivener, by Herman Melville メルヴィル 『書写人バートルビー』『代書人バートルビー』『書記バートルビ』『バートルビー』

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
  Video 1   映画 『バートルビー』 Bartleby (2001)
 Gallery 1  表紙画像 Cover photos
■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
■"the law-copyists or scriveners" in Japanese
■"I would prefer not to" in translation
  (1) 日本語訳 Translations into Japanese
    *牧野 2015
    *柴田 2013
    *柴田 2007, 2008
    *高桑 2005
    *原 1995
    *酒本 1988
    *杉浦 1983, 2008
    *坂下 1979
    *土岐 1979
    *寺田 1972
    *田中 1966
    *阿部 1961, 1972, etc.
    *北川 1960
    *林 1948, 1949
  (2) ヨーロッパ諸言語への訳 Translations into various European languages
  (3) 英語原文 The original text in English
■英語原文 The original text in English
■日本語訳の一覧 List of Japanese translations
■日本語訳の書誌情報詳細 Detailed bibliography on Japanese translations
  Video 2   『バートルビー』 スペイン語版のPV Book trailer in Spanish
 Gallery 2  舞台・映画・オーディオブック Audiobook, Cinema & Stage Adaptations
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

19世紀なかば。ニューヨーク、ウォール街。

変人バートルビー。法律事務所に雇われて、法律文書を手で書き写す仕事をしている。いわばコピー機のない時代の人間コピー機。はじめは、無口だがよく働く男であるかのように見えた。

ところが、バートルビーは決められた仕事以外一切しない。どんな簡単な用事でさえも引き受けない。何を訊かれても、答えは「そうしないほうがいいのですが」。やがて、この一言以外いっさい口をきかなくなる。さらに、決められた仕事さえもするのをやめてしまう。雇い主の法律家は、驚き、いきどおり、落胆し、いぶかしみ、あわれむのだが……。


  Video 1  
映画 『バートルビー』 Bartleby (2001)

Uploaded to YouTube by SlamdunkMovies on 18 Sep 2006. Bartleby (2001) - IMDb 日本未公開?(未確認)


 Gallery 1 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

da Da_skriveren_bartleby de De_schreiberbartleby de De_bartleby_der_schreiber_inseltasc

it It_bartleby_lo_scrivano pt Pt_bartleby_o_escrivo br Br_bartlebyn_o_escriturario

es Es_bartleby_el_escribiente es Es_tapabartleby_large fr Fr_bartleby_une_histoire_de_wall_st

fr Fr_bartlebylescribe_folio en En_bartleby_cornell


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

  •   「バートゥルビィ」………………原 1995
  •    「バートルビー」………………杉浦 1983, 2008
  •    「バートルビー」………………坂下 1979
  •    「バートルビー」………………土岐 1979
  •    「バートルビー」………………北川 1960
  •    「バートルビイ」………………寺田 1972
  •    「バアトルビ」…………………林 1948, 1949
  •  「書記バートルビ」…………………阿部 1961, 1972, etc.
  •  「書記バートルビィ」………………田中 1966
  •  「書記バートルビー」………………牧野 2015
  • 「書写人バートルビー」………………柴田 2007, 2008, etc.
  • 「代書人バートルビー」………………酒本 1988

■フレーズ "the law-copyists or scriveners" の日本語訳
 How to translate "the law-copyists or scriveners" into Japanese?

  • 下級の法律書記あるいは筆耕ども………………阿部 1961, 1972, etc.
  • 司法書士、代書人…………………………………土岐 1979
  • 代書人ないしは筆耕仲間…………………………杉浦 1983, 2008
  • 弁護士のとこの筆耕、書記………………………北川 1960
  • 法律の写本づくり、またの名を学士……………坂下 1979
  • 法律事務關係の筆耕とか書記……………………林 1948, 1949
  • 法律写字生あるいは筆耕…………………………寺田 1972
  • 法律筆耕人、すなわち書記………………………牧野 2015
  • 法律文書の筆耕、写字生…………………………原 1995
  • 法律文書の筆耕たちのことで、つまりは代書人…酒本 1988
  • 法律文書の筆者係ないし筆生……………………高桑 2005
  • 法律文書を書き写す、書写人たち  ……………柴田 2007, 2008, etc.

■ "I prefer not to" をどう翻訳するか?
 How to translate "I would prefer not to"?

(1) 日本語訳 Translations into Japanese

  • 「あまり気が進みません」…………………………土岐 1979
  • 「いたしたくございません」………………………寺田 1972
  • 「ごめんこうむりましょう」………………………阿部 1961, 1972, etc.
  • 「したくありません」………………………………林 1948, 1949
  • 「しないほうがいいのですが」……………………高桑 2005
  • 「せずにすめばありがたいのですが」……………酒本 1988
  • 「そうしないほうが好ましいのです(アイ・ウド・プリファー・ノット・トゥ)」………………………………………………柴田 2013
  • 「そうしないほうが好ましいのですが」…………柴田 2007, 2008
  • 「その気になれないのですが」……………………杉浦 1983, 2008
  • 「ぼく、そうしない方がいいのですが」…………坂下 1979
  • 「やりたくないのですが」…………………………原 1995
  • 「わたくしはしない方がいいと思います」………牧野 2015
  • 「気が進みません」…………………………………田中 1966
  • 「行きたくはありません」…………………………北川 1960

(2) ヨーロッパ諸言語への訳 Translations into various European languages


(3) 英語原文 The original text in English

   "I would prefer not to"


■英語原文 The original text in English

"I would prefer not to."


■「バートルビー」の日本語訳を収録した本や雑誌や電子テキストの一覧
 List of books and e-text containing a Japanese translation of Bartleby

牧野   1. 書記バートルビー/漂流船 -- 光文社, 2015.9
柴田   2. アメリカン・マスターピース 古典篇 -- スイッチ・パブリッシング, 2013.10
柴田   3. モンキービジネス Vol.1. -- ヴィレッジブックス, 2008.4
杉浦   4. 諸国物語. -- ポプラ社, 2008.2
柴田   5. 書写人バートルビー. -- 放送大学, 2007 --  (世界の名作を読む)
高桑   6. バートルビー / ジョルジョ・アガンベン[他]. -- 月曜社, 2005.7
原     7. メルヴィル中短篇集 / ハーマン・メルヴィル[他]. -- 八潮出版社, 1995.12.
       -- (八潮版・アメリカの文学 ; 22)
酒本   8. 代書人バートルビー / ハーマン・メルヴィル[他]. -- 国書刊行会, 1988.11.
       -- (バベルの図書館 ; 9)
杉浦   9. 乙女たちの地獄. 1. / ハーマン・メルヴィル[他]. -- 国書刊行会, 1983.3.
       -- (ゴシック叢書 ; 24)
坂下 10. 幽霊船 / ハーマン・メルヴィル[他]. -- 岩波書店, 1979.12. -- (岩波文庫)
土岐 11. 世界文学全集. 39. -- 集英社, 1979.11
阿部 12. 近代世界文学. 13(メルヴィル) / メルヴィル[他]. -- 筑摩書房, 1975.9
阿部 13. 筑摩世界文学大系. 36. -- 筑摩書房, 1972.10
田中 14. 世界の文学. 第53. -- 中央公論社, 1966.12
阿部 15. アメリカ短篇名作集 / 大橋健三郎. -- 学生社, 1961.9
北川 16. バートルビー・船乗りビリー・バッド / ハーマン・メルヴィル[他].
       -- 南雲堂, 1960. -- (双書・20世紀の珠玉)
寺田 17. 魔の群島・バートルビイ / ハーマン・メルヴィル[他]. -- 英宝社, 1957.9
       -- (英米名作ライブラリー)
林  18. 地の涯の海 / ハーマン・メルヴィル[他]. -- 思索社, 1949.8
林  19. 地の涯の海 / ハーマン・メルヴィル[他]. -- 思索社, 1948


■著者別・出版年順の日本語訳の書誌情報詳細
 Detailed bibliography on Japanese translations, sorted by year & translator

(1) 牧野 2015
   ハーマン・メルヴィル=作 牧野有通(まきの・ありみち)=訳
   「書記バートルビー——ウォール街の物語」
   『書記バートルビー/漂流船』 光文社古典新訳文庫 2015-09-20

(2) 柴田 2013
   ハーマン・メルヴィル=作 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳
   「書写人バートルビー——ウォール街の物語」
   『アメリカン・マスターピース 古典篇』 柴田元幸翻訳叢書
   スイッチ・パブリッシング 2013-10-19

(3) 柴田 2007, 2008
   ハーマン・メルヴィル=作 柴田元幸(しばた・もとゆき)=訳
   a. 「書写人バートルビー——ウォール街の物語」
     『モンキービジネス 2008 Spring vol.1 野球号
     ヴィレッジブックス 2008-04-19 版元によるこの雑誌の内容紹介
   b.書写人バートルビー ―― ウォール街の物語』 [PDF]
     放送大学 世界の名作を読む (2007) シラバス
     主任講師:工藤庸子 (放送大学教授) 大石和欣 (名古屋大学准教授)
     インターネット配信: 柴田元幸氏の講義録音を聞く (全45分)
   引用は b. に拠りました。

(4) 高桑 2005
   ハーマン・メルヴィル=著 高桑和巳(たかくわ・かずみ)=訳 「バートルビー」
   この邦訳はつぎの本に付録という扱いで収録されている。
   ジョルジョ・アガンベン=著
   『バートルビー―偶然性について』 月曜社 2005-07-30

(5) 原 1995
   ハーマン・メルヴィル=著 原光(はら・ひかる)=訳 「バートゥルビィ」
   『メルヴィル中短篇集』 八潮版・アメリカの文学22 八潮出版社 1995-12-15

(6) 酒本 1988
   ハーマン・メルヴィル=著 酒本 雅之(さかもと・まさゆき)=訳
   『バベルの図書館9 代書人バートルビー』 国書刊行会 1988-11-11

(7) 杉浦 1983, 2008
   メルヴィル=著 杉浦銀策(すぎうら・ぎんさく)=訳 「バートルビー」
   a. 諸国物語』 ポプラ社 2008-02-19
   b.乙女たちの地獄1』 ゴシック叢書24 国書刊行会 1983-03
   引用は a. に拠りました。

(8) 坂下 1979
   ハーマン・メルヴィル=作 坂下昇(さかした・のぼる)=訳 「バートルビー」
   『幽霊船 他一篇』 岩波文庫 1979-12-17

(9) 土岐 1979
   メルヴィル=著 土岐恒二(とき・こうじ)=訳 「バートルビー」
   『世界文学全集39 タイピー 他』 集英社 1979-11-25

(10) 田中 1966
   メルヴィル=著 田中西二郎(たなか・せいじろう)=訳
   『世界の文学53 イギリス名作集・アメリカ名作集
   中央公論社 1966-12-10

(11) 阿部 1961, 1969, etc.
   メルヴィル=著 阿部知二(あべ・ともじ)=訳 「書記バートルビ」
   a.近代世界文学13 メルヴィル)』 筑摩書房 1975-09
   b.筑摩世界文学大系36』 筑摩書房 1972-10-15
   c.世界文學大系55 メルヴィル』 筑摩書房 1969
   d.アメリカ短篇名作集』 学生社 1961-09-10
   引用は b. に拠りました。

(12) 北川 1960
   ハーマン・メルヴィル=著 北川悌二(きたがわ・ていじ)=訳 「バートルビー」
   『バートルビー・船乗りビリー・バッド
   双書・20世紀の珠玉 南雲堂 1960-01-10

(13) 寺田 1957
    ハーマン・メルヴィル=著 寺田建比古(てらだ・たけひこ)=訳
   「バートルビイ」
   『魔の群島・バートルビイ』 英米名作ライブラリー 英宝社 1957-09-10

(14) 林 1948, 1949
   ハーマン・メルヴィル=著 林哲也(はやし・てつや)=譯 「バアトルビ」
   a.地の涯の海』 思索選書 思索社 1949-08-20
   b.地の涯の海』 思索社 1948
   引用は a. に拠りました。


  Video 2  
『バートルビー』 スペイン語版書籍のプロモーション・ビデオ
Book trailer del libroBartleby, el escribiente

Uploaded to YouTube by Diego MORENO ZAMBRANA on 27 Nov 2007.


 Gallery 2 
舞台・映画・オーディオブック An audiobook and cinema & stage adaptations

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

de De_bartleby_der_schreiber_sprechthe fr Fr_bartleby_le_scribe en En_bartleby_poster

en En_bartleby650_nytimes_4 en En_bartleby_dvd


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016-04-09 牧野有通=訳 2015-09-20 の訳文を追加しました。
  • 2013-11-28 柴田元幸=訳 2013-10-19 を追加しました。
  • 2012-06-12 柴田元幸=訳の書誌情報のうち、放送大学に関連するリンクの一部がリンク切れになっていたことに気がつきましたので、とりあえず可能な範囲で修正しました。
  • 2012-05-21 北川悌二=訳 1960-01-10 の訳文を追加しました。
  • 2011-02-01 柴田元幸=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2009-11-14 林哲也=譯 1949-08-20 の書誌情報と訳文を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Bartleby

(2) Herman Melville

■和書 Books in Japanese
(1) バートルビー

(2) メルヴィル

■DVD
(1) Herman Melville

(2) Bartleby

■CD, VHS

   

|

« Madeline by Ludwig Bemelmans ルドウィッヒ・ベーメルマンス 『げんきなマドレーヌ』 | Main | The Little House by Virginia Lee Burton (1) バージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Madeline by Ludwig Bemelmans ルドウィッヒ・ベーメルマンス 『げんきなマドレーヌ』 | Main | The Little House by Virginia Lee Burton (1) バージニア・リー・バートン『ちいさいおうち』(1) »