« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

Wednesday, 30 December 2009

The Evolution of Useful Things by Henry Petroski ヘンリー・ペトロスキー『フォークの歯はなぜ四本になったか—実用品の進化論』

■はじめに Introduction

フォークの歯は、なぜ2本や3本や5本でなく、4本なのか? 工学畑の人による考察。


■表紙画像 Cover photos

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_petroski_jitsuyouhin  en En_petroski_useful_things en To_engineer_is_human


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語

【近刊】
タイトル:フォークの歯はなぜ四本になったか—実用品の進化論
著者:ヘンリー・ペトロスキー 
ソフトカバー 平凡社ライブラリー 平凡社
発売日:2010-01-09
ISBN-10 : 4582766935
ISBN-13 : 9784582766936
出版社による紹介


【品切れ】
タイトル:フォークの歯はなぜ四本になったか—実用品の進化論
著者:ヘンリー・ペトロスキー 
単行本 平凡社
発売日:1995-11-20
ISBN-10 : 458253211X
ISBN-13 : 9784582532111
出版社による紹介


[en] English
タイトル:The Evolution of Useful Things: How Everyday Artifacts
  -From Forks and Pins to Paper Clips and Zippers-
  Came to be as They are.
著者: Henry Petroski 
ペーパーバック
出版社:Vintage
発売日:1994-02-01
ISBN-10 : 0679740392
ISBN-13 : 9780679740391


[en] English
タイトル:To Engineer Is Human: The Role of Failure in Successful Design
著者: Henry Petroski 
ペーパーバック
出版社:Vintage
発売日:1992-03-31
ISBN-10 : 0679734163
ISBN-13 : 9780679734161


■フォークの歯(タイン) Tines of forks

Knives_and_forks
Image source: The (Predictable) Evolution Of Useful Things by Darrell Mann


■日本語訳 Translation into Japanese

(……)フォークのフォークたる所以は、もちろんその歯(タイン)にある。だが、いったい何本の歯があれば最良のフォークと言えるのか? そして、それはなぜか? 一本しか歯がないものはフォークのうちに入らないし、食べ物を突き刺して保持するためのとがったナイフと何ら変わらないだろう。(……)

 二本歯のフォークは、食べ物を切り分けて配るには理想的である。焼いた肉を回転させずに固定できるうえ、差しこんだり引き抜いたりするのがわりあい楽にできるからだ。(……)

 切ろうとするものが、押さえているあいだに回転しないようにするには、フォークの二本の歯を適度に離さなければならず、この間隔はある程度標準化された。けれども、小さくてぼろぼろした食べ物のかけらは、歯と歯の隙間からこぼれ落ちてしまい、突き刺さなければ拾い上げることができなかった。おまけに、肉を切り分けるうえでは二本歯の利点にほかならないはずしやすさが、食卓ではかえって逆効果になった。初期のテーブルフォークでは、突き刺した食べ物がすべり落ちやすかったのである。三本目の歯をつけることによって、さじで料理をすくって口に持って行くのと同じような機能が加わってより効率的になったばかりか、突き刺した食べ物を皿から口まで運ぶ途中で落とすことも少なくなった。

 歯を三本にしたのが改良ならば、四本のほうがなおさら良かった。十八世紀の初めになると、ドイツでは今日と同じような四本歯のフォークが登場し、十九世紀の終わりには、イギリスで四本歯のディナーフォークが一般的に使われるようになった。五本、あるいは六本歯のフォークもあるにはあるが、四本が最も適しているようだ。四本の歯がつくる面は比較的広く、しかも口に無理なく入る幅なのである。四本歯のフォークは櫛ほど歯の数が多くないし、肉片に刺さったきり離れないということもない。

   ヘンリー・ペトロスキー=著 忠平美幸(ただひら・みゆき)=訳
   『フォークの歯はなぜ四本になったか—実用品の進化論
   平凡社 1995-11-20


■英語原文 The original text in English

( . . . ) what makes the fork work, of course, are its tines. But how many tines make the best fork, and why? Something with a single tine is hardly a fork, and would be no better than a pointed knife for spearing and holding food. ( . . . )

  The two-pronged fork is ideal for carving and serving, for a roast can be held in place without rotating, and the fork can be slid in and out of the meat relatively easy. ( . . . )

  In order to prevent the rotation of what was being held for cutting, the two tines of the fork were necessarily some distance apart, and this spacing was somewhat standardized. However, small loose pieces of food fell through the space between the tines and thus could not be picked up by the fork unless speared. Furthermore, the very advantage of two tines for carving meat, their ease of removal, made it easy for speared food to slip off early table fork function more efficiently as something like a scoop to deliver food to the mouth, but also food pierced by more tines was less likely to fall off between plate and mouth.

  If three tines were an improvement, then four were even better. By the early eighteenth century, in Germany, four-tined forks looked as they do today, and by the end of the nighteenth century the four-tined dinner fork became the standard in England. There have been five- and six-tined forks, but four appears to be the optimum. Four tines provide a relatively broad surface and yet do not feel too wide for the mouth. Nor does a four-tined fork have so many tines that it resembles a comb, or function like one when being pressed into a piece of meat.

   The Evolution of Useful Things: How Everyday Artifacts
   -From Forks and Pins to Paper Clips and Zippers-
   Came to be as They are.
   by Henry Petroski 
   Vintage, 1994-02-01


■To Engineer is Human (1 of 5), a 1987 BBC television documentary written and
 presented by Professor Petroski, based on his 1985 book by the same title


■外部リンク External links

   * Henry Petroski - Wikipedia  (1942-  )
   * The (Predictable) Evolution Of Useful Things by Darrell Mann
   * フォークと食肉の力学的考察 2006-10-21
   * 『本棚の歴史』 ヘンリー・ペトロスキー
     松岡正剛の千夜千冊・遊蕩篇 2007-05-24


■更新履歴 Change log

 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Ein Hungerkünstler / A Hunger Artist by Franz Kafka カフカ 「ある断食芸人の話」「断食芸人」「飢餓術師」「断食行者」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  カフカ博物館まえの彫刻 Sculpture by David Cerny
 Video 2  短編 『断食芸人』 A Hunger Artist by Torlando Hakes & Erin Robinson
 Video 3  アニメ 『フランツ・カフカ』 Franz Kafka (1992) Animation by Piotr Dumała
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
  (C1) 叶 2003, 2007, etc.
  (C2) 贾
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
 Image gallery  さまざまな言語の版 Editions in various languages
■「断食芸人」日本語訳の一覧 List of Japanese translations
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 柴田 2008
  (J2) 三原 2005
  (J3) 山下+山下 2004
  (J4) 吉田 1994
  (J5) 池内 1988, 1989, etc.
  (J6) 長谷川 1988
  (J7) 円子 1980, 1992
  (J8) 浦山 1973
  (J9) 高安 1971
  (J10) 城山 1966, 1971, etc.
  (J11) 本野 1963
  (J12) 原田 1960, 1969, etc.
  (J13) 山下 1958, 1972, etc.
  (J14) 山下 1953, 1954
■ロシア語訳 Translation intoRussian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Video 4  スペイン語アニメ 『断食芸人』 Un Artista del Hambre
 Video 5  映画 『トト』 予告編 Toto un artista del hambre (2010)
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 1  英訳版のオーディオブック(朗読) Audiobook of English translation
■英訳 Translations into English
  (E1) Nervi, 2011
  (E2) Johnston
■チェコ語訳 Translation into Czech
 Audio 2  ドイツ語原書の朗読 Audiobook by EAPoeProductions (2013-03-11)
 Audio 3  ドイツ語原書の朗読 Audiobook by Killerphrasen (2012-11-07)
 Audio 4  ドイツ語原書の朗読 Audiobook by Lauschgoldladen (2012-09-29)
 Audio 5  ドイツ語原書の朗読 Audiobook by Klassikerkiste (2011-06-25)
■ドイツ語原文 The original text in German
 Video 6  小便する男たちの彫刻 David Cerny's Pissing Men panorama
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

ヨーロッパにはむかし、ひとまえで断食ないし絶食する行為を見世物にする人々がいた。カフカがでっちあげたのではなくて、実在する商売だったらしい。


 Video 1 
プラハのカフカ博物館まえにある彫刻(David Cerny 作)
Sculpture by David Cerny, in front of Franz Kafka Museum in Prague

David Cerny Official Site


 Video 2 
トーランド・ヘイクス+エリン・ロビンソン監督の短編 『断食芸人』
A Hunger Artist, a short film directed by Torlando Hakes & Erin Robinson

Uploaded to YouTube by on Torlando Hakes on 17 Jun 2009


 Video 3 
ピョートル・ドゥマウァ監督のポーランド・アニメ『フランツ・カフカ』 3/8
Franz Kafka (1992) an animated film directed by Piotr Dumała, Pt. 3/8

Franz Kafka (1992) - IMDb


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

(C1) 叶 2003, 2007, etc.
近几十年来,人们对饥饿表演的兴趣大为淡薄了。从前自行举办这类名堂的大型表演收入是相当可观的,今天则完全不可能了。那是另一种时代。当时,饥饿艺术家风靡全城;饥饿表演一天接着一天,人们的热情与日俱增;每人每天至少要观看一次:表演期临近届满时,有些买了长期票的人,成天守望在小小的铁栅笼子前;就是夜间也有人来观看,在火把照耀下,别有情趣;[略]

   《饥饿艺术家》 卡夫卡 著 叶廷芳 译
   a. 卡夫卡中短篇小说选 名著名译插图本·精华版
     人民文学出版社 2008-06
     ISBN-10: 7020071142
   b. 卡夫卡读本——弗兰茨·卡夫卡 著 叶廷芳 选编译
     新世界出版社  2007-04
     ISBN-10: 780228287
   c. 卡夫卡中短篇小说选 第3版 精装 【詳細
     人民文学出版社 2003-01
     ISBN-10:7020040357
     ISBN-13:9787020040353
   E-text at 说吧,记忆 - 裁缝 - 网易博客 (blog.163.com)


(C2) 贾
饥饿表演近几十年来明显地被冷落了。早些时候,大家饶有兴致地自发举办这类大型表演,收入也还不错。可是今天,这些都已毫无可能。那时的情形同现在相比确实大相径庭。当时,全城的人都在为饥饿表演忙忙碌碌,观众与日俱增,人人都渴望每天至少观看一次饥饿艺术家的表演。临近表演后期,不少人买了长期票,天天坐在小铁笼子跟前,就是晚上,观众也络绎不绝。为了看得不失效果,人们举着火把。[略]

   《饥饿艺术家》 作者:卡夫卡 译者:贾一诚
   E-text at:
   * 天涯在线书库 (www.tianyabook.com)
   * Mtime时光网 (Mtime.com)


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

饑餓表演近几十年來明顯地被冷落了。早些時候,大家饒有興致地自發舉辦這類大型表演,收入也還不錯。可是今天,這些都已毫無可能。那時的情形同現在相比确實大相徑庭。當時,全城的人都在為饑餓表演忙忙碌碌,觀眾与日俱增,人人都渴望每天至少觀看一次饑餓藝術家的表演。臨近表演后期,不少人買了長期票,天天坐在小鐵籠子跟前,就是晚上,觀眾也絡繹不絕。為了看得不失效果,人們舉著火把。[略]

   《饑餓藝術家》 作者:卡夫卡 譯者:賈一誠
   E-text at:
   * 龍騰世紀 (millionbook.net)
   * 小說博覽 (novelscape.net)
   * 雲台書屋 (b111.net)


 Image gallery 
さまざまな言語の版 Editions in various languages

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_kafka_7020040357 ja Ja_ikeuchi_danjiki_geinin it It_kafka_racconti

pt Pt_kafka_um_artista_da_fome_4 fr Fr_unartistedelafaim en En_the_basic_kafka

de De_ein_hungerknstler


■「ある断食芸人の話」「断食芸人」「飢餓術師」「断食行者」を収録している本の一覧
 List of books incorporating a Japanese translation of Ein Hungerkünstler

柴田   1. カフカ・セレクション. 2 / フランツ・カフカ[他]. -- 筑摩書房, 2008.9.
      -- (ちくま文庫) 【詳細
池内   2. 断食芸人 / フランツ・カフカ[他]. -- 白水社, 2006.8.
      -- (白水Uブックス ; 157) 【詳細
三原   3. カフカ『断食芸人』〈わたし〉のこと / 三原弟平. -- みすず書房, 2005.12.
      -- (理想の教室)
山下+山下   4. 変身 / カフカ[他]. -- 改版. -- 岩波書店, 2004.9. -- (岩波文庫)
山下   5. 変身のロマン / 澁澤龍彦. -- 学習研究社, 2003.5. -- (学研M文庫)
池内   6. 変身 / カフカ[他]. -- 白水社, 2001.6. -- (カフカ小説全集 ; 4)
池内   7. カフカ寓話集  / カフカ[他]. -- 岩波書店, 1998.1. -- (岩波文庫) 【詳細
吉田   8. 断食芸人 / フランツ・カフカ[他]. -- 高科書店, 1994.1
円子   9. カフカ全集. 1 / マックス・ブロート. -- 新潮社, 1992.10
山下  10. 変身のロマン / 渋沢竜彦. -- 立風書房, 1990.9
城山  11. 集英社ギャラリー「世界の文学」. 12 / 川村二郎.
      -- 集英社, 1989.12 【詳細
池内  12. ちくま哲学の森. 6 / 鶴見俊輔. -- 筑摩書房, 1989.12. 【詳細
池内  13. 禿鷹 / フランツ・カフカ[他]. -- 国書刊行会, 1988.4.
      -- (バベルの図書館 ; 4) 【詳細
長谷川 14. カフカ傑作短篇集 / 長谷川四郎. -- 福武書店, 1988.3.
      -- (福武文庫) 【詳細
円子  15. カフカ全集. 1 / マックス・ブロート. -- 新潮社, 1980.11. 【詳細
原田  16. 近代世界文学. 29(カフカ) / カフカ[他]. -- 筑摩書房, 1975.9
城山  17. 世界文学全集. 30 / 綜合社. -- 集英社, 1974.5
浦山  18. 変身 / カフカ[他]. -- 旺文社, 1973.1. -- (旺文社文庫)
原田  19. 筑摩世界文学大系. 65. -- 筑摩書房, 1972.8
山下  20. 変身のロマン / 渋沢竜彦. -- 立風書房, 1972.8
城山  21. ドイツ短篇24. -- 集英社, 1971.11. -- (現代の世界文学)
高安  22. 世界文学ライブラリー. 24. -- 講談社, 1971.10
高安  23. 変身・判決・断食芸人 / カフカ[他]. -- 講談社, 1971.7.
      -- (講談社文庫)
原田  24. 筑摩世界文学大系87 カフカ -- 筑摩書房, 1969.6
城山  25. 世界文学全集. 第8 / 伊藤整. -- 集英社, 1966.10
本野  26. ある流刑地の話 / フランツ・カフカ[他]. -- 角川書店, 1963.9.
      -- (角川文庫)
原田  27. 筑摩世界文学大系58 カフカ 筑摩書房. 1960.4
山下  28. 変身 / カフカ[他]. -- 岩波書店, 1958.1. -- (岩波文庫)
山下  29. 現代世界文学全集. 第7. -- 新潮社, 1954.7
山下  30. カフカ全集. 第3巻 / マックス・ブロート. -- 新潮社, 1953.7


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柴田 2008
 この数十年で断食芸人たちへの関心は大きく低下した。以前は勧進元になってその手の興行を大がかりに打てばずいぶんと儲かったものだったが、今ではそれはまったく無理になった。時代は変わったのだ。
 あの頃は一つの都市の興味が、まるまる断食芸人に集まったものだった。断食が始まると、日を追って関心は高まって行った。誰もが断食芸人を、少なくとも日に一度は見ないと気が済まないのだった。断食が進んで行くと場所を予約する人々が現れ、日がな一日小さな檻のまえに座り込んだ。夜中まで興行が続き、効果を高めるために松明(たいまつ)が灯された。[以下略]

   柴田翔(しばた・しょう)=訳 「ある断食芸人の話」
   フランツ・カフカ=著 平野嘉彦(ひらの・よしひこ)=編
   『カフカ・セレクション2 運動/拘束
   ちくま文庫 2008-09-10 【詳細


(J2) 三原 2005
 ここ数十年のあいだに、断食芸人たちへの関心はいちじるしく後退してしまった。以前なら、大がかりなこの種の興行をそれだけ単独でやってもじゅうぶん引き合ったものだが、今日ではまずそうしたことは不可能である。時代が変ってしまったのだ。当時は市(まち)中が断食芸人でもちきりだった。断食の日数(ひかず)が重なるにつれ、その関心はいよいよ高まっていった。だれもがすくなくとも日に一度は断食芸人のすがたを見たがった、断食もいよいよたけなわとなると、予約客といったものたちまで出てきた。彼らは何日にもわたって、格子づくりの小さな檻のまえに座を占めるのだった。見物は、炬火(たいまつ)の明かりのもとでその効果を高めるべく、夜間にも行われた。[以下略]

   カフカ=著 三原弟平(みはら・おとひら)=訳 「断食芸人」
   『カフカ『断食芸人』〈わたし〉のこと』 理想の教室
   みすず書房 2005-12-10


(J3) 山下+山下 2004
 この数十年のあいだに、断食(だんじき)芸人の人気はすっかりがた落ちになった。かつては、自前で大がかりな断食興行を打つことがよい儲(もう)けになったものだが、今日ではまるでお話にならない。時代が変わったのだ。当時は、町をあげて断食芸人の噂でもちきりだった。断食日が進むにつれ、人気はますます高まっていった。猫も杓子(しゃくし)も、せめて日に一度は断食芸人を見ないことには気がすまなかった。中日(なかび)をすぎると、鉄格子で作られた箱形の檻(おり)の前に、通しの券を買って何日でも坐りつづける客さえいた。夜がふけても、松明(たいまつ)の光でさらに引き立ち、見世物は続けられた。[以下略]

   カフカ=作
   山下肇(やました・はじめ)+山下萬里(やました・ばんり)=訳
   「断食芸人」
   『変身・断食芸人』 岩波文庫 2004-09-16
   下の山下肇訳 岩波文庫 1958-01-07 を改訳したもの。


(J4) 吉田 1994
 ここ何十年かのうちに、断食芸人に対する関心は、大きく後退してしまった。以前は、こうした大々的な見せ物を 独自の演出で催すのは、いい実入りになったものだが、いまでは まるでだめである。時代は変わってしまった。あのころは町じゅうが断食芸人で持ちきりだった、断食が一日一日と進むにつれて、関心は高まった。誰もが、断食芸人を、せめて一日に一度は 見たいと思った、断食が末期になると、予約会員というものができて、日がな一日、格子のついた 小さな檻のまえに 坐っていた、夜も、効果を高めるために、松明のもとで 観覧が行なわれた[以下略]

   カフカ=著 吉田仙太郎(よしだ・せんたろう)=訳
   『断食芸人 カフカ自撰小品集3』 高科書店 1994-01-10


(J5) 池内 1988, 1989, etc.
 この何十年かの間に、断食芸人に対する関心がすっかり薄れてしまった。以前なら自分で大々的に興行を打って、けっこうな実入りにありつけたものだが、今ではそんなことはとうてい不可能である。時代がすっかり変わってしまったのだ。昔は町じゅうが沸きたっていたものだ。断食の日数(ひかず)が増していくにつれて、目に見えて関心が高まっていく。誰もが一日に一度は断食芸人を見ないではいられない。そのうち席を予約して、のべつ格子つきの小さな檻の前にへばりついている連中があらわれた。夜中も興行中も炬火(たいまつ)が赤々と燃えていて、なおのこと見物(みもの)というものだった。[以下略]

   フランツ・カフカ=著 池内紀(いけうち・おさむ)=訳 「断食芸人」
   a.断食芸人』 白水社 白水Uブックス 2006-09 【詳細
   b.カフカ小説全集4 変身 ほか』 白水社 2001-06-15 【詳細
   c.カフカ寓話集』 岩波文庫 1998-01-16 【詳細
   d.ちくま哲学の森6』 筑摩書房 1989-12-18 【詳細
   e.禿鷹 バベルの図書館4』 国書刊行会 1988-04-20 【詳細
   引用は a. に拠りました。


(J6) 長谷川 1988
 最近数十年のうちに、飢餓術師に対する興味は、はなはだ低下してしまった。以前ならよい儲けになったものだが、今日(こんにち)では、そのような大興行を自費で催すことは、全く不可能である。今とは時代が別だったのだ。当時は全市が飢餓術師でもちきりだった。飢餓から飢餓へと日のすすむにつれ、関心はいやましに高まった。誰もが日に一度は飢餓術師を見たいと思った。飢餓期間も終りに近づくと、小さな格子檻(こうしおり)の前に何日間も坐り込んでいる予約申込者たちがいたものである。夜も参観が行なわれ、炬火(かがりび)の光で効果はますます高まるのだった。[以下略]

   カフカ=著 長谷川四郎(はせがわ・しろう)=訳 「飢餓術師」
   『カフカ傑作短篇集』 福武書店 1988-03-15 福武文庫 【詳細


(J7) 円子 1980, 1992
 ここ数十年の間に断食芸人に対する関心ははなはだしく衰退してしまった。かつては自分が勧進元になって断食芸の大興行を催せば一財産作れたものだが、そういうことは今日では不可能になった。時代が変ったのである。かつては町中が断食芸人に熱狂したものだった。断食が日一日とつづくにつれて関心が高まり、誰もがすくなくとも一日に一度は断食芸人を見たがった。興行も終りに近づくころには、予約して一日中格子のついた小さな檻の前にすわって見物するひとびとも現れた。興行は夜の間も、効果を挙げるために松明(たいまつ)に火を点して、つづけられた。[以下略]

   フランツ・カフカ=著 円子修平(まるこ・しゅうへい)=訳 「断食芸人」
   マックス・ブロート=編 フランツ・カフカ=著
   川村二郎(かわむら・じろう)+円子修平=訳
   a.決定版 カフカ全集1 変身・流刑地にて』(全12冊セット)
     新潮社 1992-10-10
   b.決定版 カフカ全集1 変身・流刑地にて
     新潮社 1980-11 【詳細
   引用は a. に拠りました。


(J8) 浦山 1973
 この数十年のあいだに断食芸人に対する興味は衰退の一途をたどった。以前には一本立てでこの種の大きな興行を催してもいいもうけになったのだが、今日(こんにち)ではまったくだめになってしまった。時代が変わってしまったのだ。当時は町全体が断食芸人で持ち切りであった。断食日にはいると、日を重ねるにつれ人気は上昇してきた。だれもが、少なくとも日に一度は断食芸人を見物しようとした。興行が終わりごろになると、終日小さな檻(おり)の前に坐(すわ)りこむ予約者もあらわれた。夜間でも興行が催され、松明(たいまつ)の光で効果を高めるのであった。[以下略]

   カフカ=著 浦山光之(うらやま・みつゆき)=訳 「断食芸人」
   カフカ=著 川崎光隆(かわさき・よしたか)+浦山光之=訳
   『変身 : (他)判決・流刑地にて・火夫・断食芸人
   旺文社文庫 1973-01-20


(J9) 高安 1971
 ここ十年二十年のあいだに断食芸人への関心の波はひどくひいてしまった。以前にはそのような見せものを自分のまかないでやることがよい商売になったものが、今ではそれがまったく成り立たなくなっていた。時代がちがっていたのだ。あのころは町じゅうが断食芸人で持ちきりだった。断食日から断食日へと人気は高まるばかりだった。だれもが日に一度は断食芸人を見たいと思った。あとの方になると、定期券を買って終日小さな檻の前にすわっている人たちまでできた。夜も見物はおこなわれ、効果を高めるためにたいまつを照らすのであった。[以下略]

   カフカ=著 高安国世(たかやす・くによ)=訳 「断食芸人」
   a.世界文学ライブラリー24』 講談社 1971-10-20
   b.変身・判決・断食芸人 : ほか二編』 講談社文庫 1971-07-01
   引用は a. によりました。


(J10) 城山 1966, 1971, etc.
 この二、三十年のあいだに、断食芸人にたいする関心は、ひどく衰えてしまった。そういう興行を自分で大がかりに催すと、以前はよい収入になったのだが、今日ではまったく不可能なことである。時代がちがっていた。当時は町中の評判が、断食芸人にあつまっていた。断食日から断食日へと、関心はたかまり、だれもが少なくとも日に一度は、断食芸人をみようとした。終わりがちかづくにつれて、いく日でも、格子のついた小さな檻の前にすわって見ようとする予約の客があった。夜も見物がおこなわれ、効果をたかめるため松明(たいまつ)の火がつかわれた。[以下略]

   カフカ=著 城山良彦(しろやま・よしひこ)=訳 「断食芸人」
   a.ドイツ3・中欧・東欧・イタリア/集英社ギャラリー「世界の文学」
     集英社 1989-12 【詳細
   b.愛蔵版 世界文学全集30 リルケ、カフカ
     綜合社=編集 集英社=発行 1974-05-25
   c.ドイツ短篇24』 現代の世界文学 集英社 1971-11-10
   d.世界文学全集 20世紀の文学8 カフカ』 集英社 1966-10-28
   引用は c. に拠りました。


(J11) 本野 1963
 断食芸人に興味をもつ風潮は、ここ十年ほどのあいだに、非常に衰えてしまった。以前ならこうした見世物の大がかりなものを興行しても十分もうかったのだが、いまは全然だめである。世の中がすっかり変ってしまった。あのころは町じゅうが断食芸人に夢中であった、日がたつにつれ、関心は高まるばかり、誰でも少くとも日に一回は断食芸人の姿を見ようとした、断食がおわりに近づく時期になると、小さな檻のまえに一日じゅう腰をおろしている常連の姿も見受けられる、夜になっても、たいまつの火で効果的に演出して、興行が続けられた、[以下略]

   フランツ・カフカ=著 本野亨一(もとの・こういち)=訳
   「断食芸人」
   『ある流刑地の話 他六篇』 角川文庫 1963-09-30


(J12) 原田 1960, 1969, etc.
 この何十年かのあいだに、断食芸人たちに対する関心はひどく下落してしまった。以前には一本立てでこの種の大きな興行を催すことがいいもうけになったのだが、今ではそんなことは不可能だ。あのころは時代がちがっていたのだ。あのころには町全体が断食芸人に夢中になった。断食日から断食日へと見物人の数は増えていった。だれもが少なくとも日に一度は断食芸人を見ようとした。興行の終りごろには予約の見物人たちがいて、何日ものあいだ小さな格子檻(こうしおり)の前に坐りつづけていた。夜間にも観覧が行われ、効果を高めるためにたいまつの光で照らされた。[以下略]

   カフカ=著 原田義人(はらだ・よしと)=訳 「断食芸人」
   a.近代世界文学29 カフカ』 筑摩書房 1975-09
   b.筑摩世界文学大系65 カフカ』 筑摩書房 1972-08
   c.筑摩世界文学大系87 カフカ』 筑摩書房 1969-06-30
   d.筑摩世界文学大系58 カフカ』 筑摩書房 1960-04-10
   引用は c. に拠りました。


(J13) 山下 1958, 1972, etc.
 この数十年というもの、断食(だんじき)芸人の人気はすっかりがた落ちになった。以前は、単独の経営で大がかりな興行をぶつことがよい儲(もう)けになったものだが、今日ではまったくだめである。時代が変ったのだ。当時は都市全体が断食芸人でもちきりだった。断食日から断食日と人気は高まる一方で、猫も杓子(しゃくし)も断食芸人を少くとも日に一度は見ないと気がすまなかった。後段になると、格子のついた小さな檻(おり)の前に何日も坐りこんでいる予約の見物さえいた。夜なかでも観覧が行われ、炬火(たいまつ)の光で効果をあげていた。[以下略]

   フランツ・カフカ=著 山下肇(やました・はじめ)=訳 「断食芸人 」
   a. 澁澤龍彦=編 『変身のロマン』 学習研究社 2003-05
     学研M文庫
   b. 澁澤龍彦=編 『変身のロマン』 立風書房 1990-09 新装版 【詳細
   c. 澁澤龍彦=編 『変身のロマン』 立風書房 1972
   d.変身 他一篇』 岩波文庫 1958-01-07
   引用は d. に拠りました。


(J14) 山下 1953, 1954
 ここ數十年というもの、斷食行者にたいする關心は甚だしく衰退した。以前は都市自ら直營で大がかりな興行をぶつことがよい儲けになつたものだが、今日ではまつたく駄目である。時代が變つたのだ。當時は都市全體が斷食行者でもちきりだつた。斷食日から斷食日と關心は高まる一方で、猫も杓子も斷食行者を少くとも日に一度は見ないと氣がすまなかつた。後日になると、格子のついた小さな檻の前に何日も坐りこんでいる豫約申込者さえいた。夜なかでも炬火の光の効果をあげるために點檢が行われた。[以下略]

   カフカ=作 山下肇(やました・はじめ)=譯 「斷食行者」
   a.現代世界文學全集7 審判・變身・流刑地にて
     新潮社 1954-07-20
   b. マックス・ブロート=編
    『カフカ全集3 變身・流刑地にて・支那の長城・觀察
     新潮社 1953-07-31
   引用は b. に拠りました。


■ロシア語訳 Translation intoRussian

За  последние  десятилетия  интерес к артистам, практикующим  искусство голодания,  сильно упал. И если раньше  было очень даже  выгодно  устраивать крупные представления подобного рода за собственные средства, то сегодня это совершенно невозможно. Тогда были другие времена. Тогда весь город говорил о голодающем  артисте, от  одного дня  голодания  к другому  число посетителей увеличивалось,  каждый хотел увидеть голодающего  хотя бы раз  в  день; чуть позже  уже появлялись  держатели  абонементов,  которые целыми днями  сидели перед маленькой клеткой; и даже ночью зрелище продолжалось -- для увеличения эффекта при свете факелов. [Omission]

   Франц Кафка. Искусство голодания
   Translated by А. Тарасова
   E-text at Lib.Ru


■ポーランド語訳 Translation into Polish

W ostatnich dziesiątkach lat zainteresowanie głodomorami bardzo osłabło. Podczas gdy dawniej urządzanie tego rodzaju przedstawień na własny rachunek dobrze się opłacało, teraz jest to zupełnie niemożliwe. Były inne czasy. Niegdyś głodomorem zajmowało się całe miasto; od jednego do drugiego dnia głodu wzrastało zaciekawienie, każdy pragnął zobaczyć głodomora przynajmniej raz dziennie, później pojawiali się abonenci, którzy przez cały dzień siedzieli przed małą, okratowaną klatką; pokazy odbywały się także w nocy, dla większego wrażenia przy świetle pochodni; [Omission]

   Głodomór by Franz Kafka
   Translated by Juliusz Kydryński
   E-text at zwoje.com (Andrew Kobos's site)


■イタリア語訳 Translation into Italian

In questi ultimi decenni l'interesse pei digiunatori è molto diminuito. Mentre prima meritava metter su spettacoli di questo genere per proprio conto, oggi sarebbe assolutamente impossibile. Erano altri tempi quelli. Tutta la città si occupava allora del digiunatore; a ogni giorno di digiuno aumentava l'interesse del pubblico; tutti volevano vedere il digiunatore, almeno una volta al giorno; e negli ultimi giorni c'erano perfino degli abbonati che sedevano intere giornate davanti alla sua piccola gabbia; anche di notte avevan luogo delle visite, alla luce delle fiaccole, per aumentarne l'effetto;  [Omission]

   Un digiunatore by Franz Kafka
   La metamorfosi Edizioni Mondadori, 2010-10-07
   Translated by Rodolfo Paoli
   Preview at Google Books


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

O interesse pelos jejuadores profissionais cai consideravelmente nos últimas décadas. Se antigamente a organização por conta própria deste tipo de espetáculos trazia o seu lucro, hoje em dia isso seria absolutamente impossível. Os tempos eram outros. Houve época em que a cidade inteira sentia viva curiosidade pelo artista da fome, aumentando a excitação à medida que o jejum se prolongava, querendo todos vê-lo ao menos uma vez por dia. Havia mesmo pessoas que compravam bilhetes para os últimos espetáculos, sentando-se desde manhã até a noite diante das grades da jaula. As exibições noturnas eram realçadas por archotes ( . . . ) [Omission]

   Um Artista da Fome by Franz Kafka
   E-text at Virtual Books Online


 Video 4 
スペイン語アニメ 『断食芸人』 1/2 Un Artista del Hambre 1/2

Uploaded to YouTube by alejandromhb on 15 Jul 2009. Realizado por Álvaro Barba y Alejandro Montero.


 Video 5 
映画 『トト』 予告編 Toto un artista del hambre - Trailer

Uploaded to YouTube by Rodrigo Hidalgo on 19 May 2009. Directed by Pablo Stephens.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

En los últimos decenios, el interés por los ayunadores ha disminuido muchísimo. Antes era un buen negocio organizar grandes exhibiciones de este género como espectáculo independiente, cosa que hoy, en cambio, es imposible del todo. Eran otros los tiempos. Entonces, toda la ciudad se ocupaba del ayunador; aumentaba su interés a cada día de ayuno; todos querían verlo siquiera una vez al día; en los últimos del ayuno no faltaba quien se estuviera días enteros sentado ante la pequeña jaula del ayunador; había, además, exhibiciones nocturnas, cuyo efecto era realzado por medio de antorchas; [Omission]

   Un artista del hambre by Franz Kafka
   E-text at Ciudad Seva


■フランス語訳 Translation into French

L'intérêt que l'on porte aux jeûneurs professionnels a beaucoup baissé au cours des dernières décennies. Alors qu'il était avantageux autrefois d'organiser pour son propre compte des spectacles de cette nature, cela est devenu aujourd'hui tout à fait impossible. C'étaient d'autres temps. A cette époque, toute la ville s'occupait du jeûneur ; l'intérêt croissait de jour de jeûne en jour de jeûne ; chacun voulait voir le jeûneur au moins une fois par jour ; vers la fin, il y avait des abonnés qui restaient toute la journée assis devant la petite cage grillagée... [Omission]

   Un Artiste de la faim
   in Un Artiste de la faim, à la colonie pénitenciaire et autres récits
   by Franz Kafka
   Translated from German by Claude David
   Gallimard (Éditions), 1990-11-01
   Excerpt at:
   * A.B.E. Marketing
   * Amazon.com
   * Fluctuat.net


 Audio 1 
英訳版のオーディオブック(朗読) Audiobook of English translation

Uploaded to YouTube by BackToTheArchives on 6 Dec 2012


■英訳 Translations into English

(E1) Nervi, 2011
During these last decades the interest in professional fasting has markedly diminished. It used to pay very well to stage such great performances under one's own management, but today that is quite impossible. We live in a different world now. At one time the whole town took a lively interest in the hunger artist; from day to day of his fast the excitement mounted; everybody wanted to see him at least once a day; there were people who bought season tickets for the last few days and sat from morning till night in front of his small barred cage; even in the nighttime there were visiting hours, when the whole effect was heightened by torch flares [Omission]

   A Hunger Artist by Franz Kafka
   Translated by Mauro Nervi
   E-text at The Kafka Project 2011/01/08


(E2) Johnston
In the last decades interest in hunger artists has declined considerably. Whereas in earlier days there was good money to be earned putting on major productions of this sort under one’s own management, nowadays that is totally impossible. Those were different times. Back then the hunger artist captured the attention of the entire city. From day to day while the fasting lasted, participation increased. Everyone wanted to see the hunger artist at least once a day. During the later days there were people with subscription tickets who sat all day in front of the small barred cage. And there were even viewing hours at night, their impact heightened by torchlight. [Omission]

   A Hunger Artist by Franz Kafka
   Translated by Ian Johnston
   E-text at johnstonia, the website of Ian Johnston


■チェコ語訳 Translation into Czech

V posledních desetiletích značně ochabl zájem o umělce v hladovění. Kdežto dříve se vyplatilo pořádat velká představení toho druhu ve vlastní režii, dnes je to naprosto nemožné. Bývaly to jiné časy. Tenkrát se umělcem v hladovění zaobíralo celé město; účast rostla každým okamžikem hladovění; kdekdo chtěl umělce v hladovění vidět aspoň jednou za den; v pozdějších dnech byli abonenti, kteří před malou zamřížovanou klíckou proseděli celé dny; i v noci se konaly exkurze, pro zvýšení účinku se zapalovaly pochodně; [Omission]

   Umělec v hladovění by Franz Kafka
   E-text at V noci jsem snil, že jsem motýlem


 Audio 2 
ドイツ語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in the original German

Uploaded to YouTube by EAPoeProductions on 11 Mar 2013


 Audio 3 
ドイツ語原書の朗読 Audiobook in the original German

「断食芸人」は 24:02 あたりから。 Uploaded to YouTube by Killerphrasen on 7 Nov 2012. Reading of A Hunger Artist starts around 24:02.


 Audio 4 
ドイツ語原書の朗読 Audiobook in the original German

Uploaded to YouTube by Klassikerkiste on 29 Sep 2012. Read by Lauschgoldladen.


 Audio 5 
ドイツ語原書の朗読 Audiobook in the original German

Uploaded to YouTube by Aspasia16 on 25 Jun 2011. Read by Axel Grube.


■ドイツ語原文 The original text in German

In den letzten Jahrzehnten ist das Interesse an Hungerkünstlern sehr zurückgegangen. Während es sich früher gut lohnte, große derartige Vorführungen in eigener Regie zu veranstalten, ist dies heute völlig unmöglich. Es waren andere Zeiten. Damals beschäftigte sich die ganze Stadt mit dem Hungerkünstler; von Hungertag zu Hungertag stieg die Teilnahme; jeder wollte den Hungerkünstler zumindest einmal täglich sehn; an den spätern Tagen gab es Abonnenten, welche tagelang vor dem kleinen Gitterkäfig saßen; auch in der Nacht fanden Besichtigungen statt, zur Erhöhung der Wirkung bei Fackelschein; [Omission]

   Ein Hungerkünstler (1924) by Franz Kafka
   First published in Die Neue Rundschau in 1922
   初出誌は『ディ・ノイエ・ルントシャウ』(『新展望』、『新ドイツ展望』
   などと訳される)1922年10月
   E-text at:
   * Franz-Kafka-Website
   * Wikisource


 Video 6 
David Cerny による小便する男たちの彫刻 - 360度パノラマ
David Cerny's Pissing Men: 360 degrees panorama

David Cerny's Pissing Men in Prague


■外部リンク External links

 [de] Deutsch

 [en] English

 [ja] 日本語


■更新履歴 Change log

  • 2013-04-13 目次を新設しました。また、つぎの5本の YouTube 画面を追加しました。
    1. スペイン語アニメ 『断食芸人』
    2. 英訳版のオーディオブック
    3. Killerphrasen によるドイツ語原書の朗読
    4. Klassikerkiste によるドイツ語原書の朗読
    5. Klassikerkiste による、もう1種類のドイツ語原書の朗読
  • 2013-03-16 ドイツ語原文のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012-08-08 ロシア語訳、ポーランド語訳、およびイタリア語訳を追加しました。
  • 2012-08-02 Mauro Nervi による英訳を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Ein Hungerkuenstler

(2) Franz Kafka

■和書 Books in Japanese
(1) 断食芸人

(2) カフカ

■DVD

■CD

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Sunday, 20 December 2009

The Interpretation of Murder by Jed Rubenfeld ジェド・ルーベンフェルド『殺人者は夢を見るか』

■はじめに Introduction

1909年、フロイトがユングを連れてマンハッタンに到着する。相前後して起こる殺人事件。フロイトの精神分析と事件の謎。史実と虚構を織り交ぜたミステリー。

映画化作品は2010年公開予定。はたしてダン・ブラウン原作『ダ・ヴィンチ・コード』のようなヒット作となるかどうか。


■『殺人者は夢を見るか』——著者、自作を語る
 The Interpretation of Murder: The author talks about the novel


■本の表紙と肖像写真 Cover photos and a portrait

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_rubenfeld zh Zh_trad_interpretation ko Ko_rubenfeld_interpretation

ja Ja_rubenfeld_satsujinsha th Th_rubenfeld_interpretation tr Tr_bir_cinayetin_psikanalizi

ru Ru_ ee Ee_mrva_tlgendamine pl Pl_sekret_freuda_2

hu Hu_akar_beszlni_rla cz Cz_analyza_vrazdy sv Se_rubenfeld_analys

da Da_mordets_analyse it L_interpretazione_della_morte pt Pt_rubenfeld_a_interpretao

es Es_rubenfeld_la_interpretacion fr Fr_rubenfeld_linterprtation de De_rubenfeld_morddeutung

nl Nl_rubenfeld_moordduiding en En_the_interpretation_of_murder en En_rubenfeld_interpretation

JR Jed_rubenfeld_portrait_nytimes


■言語、書誌情報その他 Linguistic and bibliographic information and others

[zh] 中国語(簡体字)
谋杀的解析
译者: 李继宏
作者: 贾德·鲁本菲尔德
ISBN: 9787532741083
出版社: 上海译文出版社
装帧: 平装
出版年: 2006年9月


[zh] 中國語(繁體字)
謀殺的解析 (The Interpretation of Murder)
作者:傑德.魯本菲爾德 (Jed Rubenfeld)
譯者:李靜宜
出版社:遠流
出版日期:2007年06月29日
語言:繁體中文 ISBN:9789573260981
裝訂:平裝


[ko] 韓国語
살인의 해석
제드 러벤펠드 (지은이) | 박현주 (옮긴이) | 비채 | 2007-02-1
ISBN-13: 9788992036290


[ja] 日本語
殺人者は夢を見るか〈上〉 (講談社文庫)
著者: ジェド・ルーベンフェルド
訳者: 鈴木恵 
文庫 講談社 出版社による この本の紹介
発売日:2007-10-16
ISBN-10 : 4062758776
ISBN-13 : 9784062758772


[th] タイ語
เจาะจิตล่าฆาตกร (The Interpretation of Murder)
สำนักพิมพ์ : นานมีบุ๊คส์
โดย: Jed Rubenfeld; วีรจิต กลัมพะสุต(แปล);
ISBN : 9789742870812
ปก : ปกอ่อน


[tr] トルコ語
Bir Cinayetin Psikanalizi (The Interpretation Of Murder)
Jed Rubenfeld
Koridor Yayıncılık
Basım Tarihi : 10 - 2005
ISBN : 9944-983-15-2


[ru] ロシア語
Убийство по Фрейду (The Interpretation of Murder)
Авторы:    Джед Рубенфелд (Jed Rubenfeld)
Год выпуска:    2007
ISBN:    978-5-353-02738-6


[ee] エストニア語
Mõrva tõlgendamine
Jed Rubenfeld
Ilmumisaasta 2006
Kirjastus Ersen
ISBN-10 9949122295
ISBN-13 9789949122295


[pl] ポーランド語
Tytuł:    Sekret Freuda
Autor:    Jed Rubenfeld
Tłumacz:    Cichawa Paweł
Wydawca:    Sonia Draga
Oprawa:    oprawa broszurowa
Rok wydania:    2006
Numer ISBN:    8389779641


[hu] ハンガリー語
Cím:     Akar beszélni róla?
Szerző:    Rubenfeld, Jed (1959-)
Egyéb szerző:    Bozai Ágota (1965-) (ford.)
Nyelv:    Magyar
ISBN:    978-963-689-005-6


[cz] チェコ語
Analýza vraždy
Autor: Jed Rubenfeld
Vazba: Pevná s přebalem matná
Kategorie: Dobrodružství
ISBN: 80-242-2004-0


[sv] スウェーデン語
Titel: Analys av ett mord / Jed Rubenfeld ; översättning: Carla Wiberg
Författare: Rubenfeld, Jed
Kategori: Deckare. Engelskspråkiga romaner och noveller översatta till svenska.
Förlag: Damm


[da] デンマーク語
Titel: Mordets Analyse
Forfatter: Jed Rubenfeld
Oversat af: Mette Egerod 
Forlag: Aschehoug
ISBN: 87-11-29305-5


[it] イタリア語
Titolo: L' interpretazione della morte
Autori: Rubenfeld Jed
Traduttore: Zuppet R.
Editore: Rizzoli
Data di Pubblicazione: 2007
ISBN: 8817015954
ISBN-13: 9788817015950


[pt] ポルトガル語
A Interpretação do Crime
Autor: Rubenfeld, Jed
Editora: Bertrand Editora


[es] スペイン語
La interpretación del asesinato
Paperback
Publisher: Anagrama; Segunda edicion edition (October 15, 2007)
ISBN-10: 843397453X
ISBN-13: 978-8433974532


[fr] フランス語
L'interprétation des meurtres (Broché)
Broché: 473 pages
Editeur : Editions du Panama (21 septembre 2007)
Langue : Français
ISBN-10: 2755701927
ISBN-13: 978-2755701920


[de] ドイツ語
Morddeutung
著者: Jed Rubenfeld 
ハードカバー
出版社:Heyne Verlag
発売日:2007-02
ISBN-10 : 3453265440
ISBN-13 : 9783453265448


[nl] オランダ語
Moordduiding
Auteur: Rubenfeld, J.
Paperback
Ook verkrijgbaar als: Pocket
415 pagina's | Sijthoff | november 2006


[en] English
The Interpretation of Murder
著者: Jed Rubenfeld 
ペーパーバック
出版社:Headline Review (London)
発売日:2007-02-05
ISBN-10 : 0755334795
ISBN-13 : 9780755334797


[en] English
The Interpretation of Murder: A Novel
著者: Jed Rubenfeld 
ハードカバー
出版社:Henry Holt & Company (New York)
発売日:2006-09
ISBN-10 : 0805080988
ISBN-13 : 9780805080988


JR
Portrait of Jed Rubenfeld. Photo by Sigrid Estrada. Image source: New York Times


第一部 1. Chapter 1

■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

快樂一點都不神秘。

不快樂的人全都是一個模樣。或因舊傷未癒,或因期望落空,或因自尊受損,或因愛情火花被鄙夷──甚至,更糟糕的,不屑一顧──澆熄,但愛依然糾纏著他們,又或者是他們緊抱著不放,因此,他們每一天都活在昨天的陰影之下。而快樂的人不回顧過往,也不前瞻未來。他活在當下。

但是,問題就在這裡。當下永遠無法傳達一件事:意義。追求快樂與追求意義的道路並不相同。要找快樂,只需要活在當下,而不需要為當下而活。但是,如果要找的是意義──他的夢、他的秘密、他的生命的意義──就必須重新駐足過往,無論是何等黑暗的過往;同時為未來而活,無論是何等不確定的未來。於是,我們的心性就在快樂與意義之間來回擺盪,而我們只能二者擇一。

   謀殺的解析 (The Interpretation of Murder)
   作者:傑德.魯本菲爾德 譯者:李靜宜
   出版社:遠流 出版日期:2007年06月29日


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) tomoki y. 2009
幸福には謎めいたところなど何もない。

不幸な人間はみな似たり寄ったりだ。遠いむかしの苦悩、かなえられなかった夢、傷つけられたプライド、軽蔑(ひどい場合には無視)によってしか報いられなかった熱愛。これらが人をむしばむ。いや、人がこれらをむさぼるというべきか。不幸な人間は、こうして過去の暗い影の下で日々を生きる。幸福な人間は過去を振り返らない。未来を見ることもない。ただ現在にだけ生きる。

だが、ここに落とし穴がひそむ。現在が与えてくれないものが、ひとつだけある。意味だ。幸福の秘訣は、意味とおなじではない。幸福を得るには刹那(せつな)にだけ生きればいい。刹那のためにだけ生きればいい。だが、もし意味を求めるならば——自分の夢、自分の秘密、自分の人生の持つ意味を知りたいと欲するならば——人間は、どんな暗い過去でも、それを振り返らなければならない。どんなに不確かな未来でも、それをめざして生きなければならない。こうして神は、われら万人の目の前に幸福と意味を突きつけて、二者択一を迫る。

   ジェド・ルーベンフェルド=著 Tomoki Yamabayashi=抜粋訳
   『殺人の解釈』
   tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009-12-20
   下の鈴木氏の訳をあえて参照せずにつくった拙訳。冗長で歯切れが
   悪く、娯楽小説としてスラスラ読める訳になっていない。
   


(2) 鈴木 2007
幸福には謎はない。

不幸な人間はみな同じだ。遠い昔に受けた痛手、かなえられなかった夢、傷ついた誇り、冷笑や冷淡さに吹き消された愛の炎、そういうものにつきまとわれ、あるいはつきまとい、日々過去を引きずって生きている。幸福な人間は過去を振り返らない。未来にも目を向けない。現在に生きている。

だが、そこが厄介なのだ。現在にはけっしてもたらせないものがひとつある。意味だ。幸福と意味とではありようがちがう。幸福を見つけるには瞬間に生きるだけでいい。刹那(せつな)的に生きるだけでいい。だが、意味を——おのれの夢や、秘密や、人生の意味を——求めるならば、いかに暗かろうと過去を再訪せねばならず、いかに不確かだろうと未来のために生きねばならない。ゆえに自然は、各人の前に幸福と意味とをぶらさげ、どちらかを選ぶよう強要する。

   ジェド・ルーベンフェルド=著 鈴木恵(すずき・めぐみ)=訳
   『殺人者は夢を見るか〈上〉
   講談社文庫 2007-10-16


■ポーランド語訳 Translation into Polish

W szczęściu nie kryje się żadna tajemnica.

Wszyscy ludzie nieszczęśliwi są do siebie podobni: przywiera do nich jakieś dawno minione wydarzenie (albo oni przywierają do niego). Może to być rana odniesiona przed wielu laty albo niespełnione pragnienie, albo cios wymierzony dumie, albo miłość, której iskra nie rozbłysnęła płomieniem, zdławiona została pogardą lub, co gorsza, obojętnością. Żyją więc spowici w całun przeszłości. Człowiek szczęśliwy natomiast nie ogląda się za siebie. Nie patrzy też w przód. Żyje teraźniejszością.

W tym jednak sęk. Teraźniejszość nie może bowiem jednego: nie pozwala dostrzec sensu. Drogi do szczęścia i sensu nie biegną obok siebie. Aby zaznać szczęścia, człowiek musi żyć chwilą i tylko dla niej. Jeśli jednak chce odnaleźć sens, odkryć znaczenie swoich pragnień i tajemnic, całego swojego życia - musi po raz wtóry pogrążyć się w przeszłości, nawet tej najczarniejszej, jednocześnie żyjąc dla przyszłości, jakkolwiek byłaby niepewna. Tak więc machając przed oczami życiowym szczęściem i sensem życia, natura nas mami, nalegając, byśmy wybrali albo jedno, albo drugie.

   Sekret Freuda by Jed Rubenfeld
   Tłumacz: Cichawa Paweł
   Wydawca: Sonia Draga
   Excerpt at Merlin.pl


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

A felicidade não tem segredos.

Os homens infelizes parecem-se todos. Algum desgosto há muito sofrido, um desejo negado, um golpe no orgulho, uma reluzente centelha de amor extinta pelo desprezo - ou pior, pela indiferença -, agarram-se a eles, ou o inverso, e, com isso, esses homens vivem envoltos no manto dos dias passados. O homem feliz não olha para trás. não olha para a frente. Vive no presente.

É aqui, porém, que reside a dificuldade. Há algo que o presente nunca pode dar: sentido. Os caminhos da felicidade e do sentido não são iguais. Para chegar à felicidade, um homem precisa apenas de viver no momento - precisa apenas de viver para o momento. Já se quiser sentido - o sentido dos seus sonhos, dos seus segredos, da sua vida -, um homem precisa de reabitar o seu passado, por muito sombrio que este seja, e viver para o futuro, por muito incerto. É assim que, à nossa frente, a natureza exibe felicidade e sentido, insistindo unicamente para que escolhamos entre eles.

   A Interpretação do Crime by Jed Rubenfeld
   Editora: Bertrand Editora
   Excerpt at hi5 - Catarina Lobo


■スペイン語訳 Translation into Spanish

No hay misterio en la felicidad.

Los hombres infelices son todos parecidos. Alguna herida de hace mucho tiempo, algún deseo denegado, algún golpe al orgullo, algún incipiente destello de amor sofocado por el desdén -o, peor aún, por la indiferencia-, se aferra a ellos, o ellos a lo que les hizo daño, y así viven cada día en un sudario de ayeres. El hombre feliz no mira hacia atrás. Vive en el presente.

Y ahí está el problema. El presente nunca puede darnos una cosa: sentido. Los caminos de la felicidad y del sentido no son los mismos. Para encontrar la felicidad, un hombre sólo necesita vivir en el instante; sólo necesita vivir para el instante. Pero si quiere sentido -el sentido de sus sueños, de sus secretos, de su vida-, deberá rehabitar el pasado, por oscuro que fuere, y vivir para el futuro, por incierto que sea. Así, la naturaleza pone a bailar delante de nuestros ojos la felicidad y el sentido, y se limita a urgirnos a que elijamos una de las dos cosas

   La interpretación del asesinato by Jed Rubenfeld
   Anagrama; Segunda edicion edition, 2007-10-15


■フランス語訳 Translation into French

Il n'y a point de mystère au bonheur.

Les malheureux se ressemblent tous. Une blessure d'autre-fois, un désir jamais assouvi, un orgueil outragé, un amour naissant brisé par le mépris, ou pire, l'indifférence, autant de sentiments dont ils ne peuvent ou ne veulent se défaire, vivant ainsi chaque jour dans l'ombre du passé. L'homme heureux, lui , ne regarde pas en arrière. Il ne scrute pas l'avenir. Il vit dans le présent.

C'est là l'écueil.Il est une chose que le présent ne peut apporter: le sens ! Bonheur et sens ne peuvent cohabiter. Pour être heureux, il faut vivre dans l'instant présent; pour l'instant présent. Si en revanche, on est en quête de sens, celui de ses rêves , de ses secrets, de sa vie; il faut réinvestir son passé, braver les ténèbres, et vivre pour l'avenir, fût-il incertain. Ainsi la nature exibe-t-elle sous nos yeux le bonheur et le sens nous obligeant à choisir.

   L'Interprétation des meurtres by Jed Rubenfeld
   Excerpt at Bonheur et sens - une nuit un chat, 2009-04-04


■英語原文 The original text in English

There is no mystery to happiness.

Unhappy men are all alike. Some wound they suffered long ago, some wish denied, some blow to pride, some kindling spark of love put out by scorn—or worse, indifference—cleaves to them, or they to it, and so they live each day within a shroud of yesterdays. The happy man does not look back. He doesn't look ahead. He lives in the present.

But there's the rub. The present can never deliver one thing: meaning. The ways of happiness and meaning are not the same. To find happiness, a man need only live in the moment; he need only live for the moment. But if he wants meaning—the meaning of his dreams, his secrets, his life—a man must reinhabit his past, however dark, and live for the future, however uncertain. Thus nature dangles happiness and meaning before us all, insisting only that we choose between them.   

   The Interpretation of Murder by Jed Rubenfeld
   Henry Holt & Company, 2006-09
   Excerpt at:
   * TextbooksRus.com
   * Wattpad


第三部 15. Chapter 15

■日本語訳 Translation into Japanese

「(……)あなたは文明道徳を一掃しようとしているんです——人間の獣性を抑えている唯一のものを。代わりに何を差し出すんです? そこに何を置くつもりなんです?」
「ただの真実です」フロイトは言った。
「オイディプスの真実ですか?」
「とりわけ」
「オイディプスには大いに役立ちましたな、真実は」

   ジェド・ルーベンフェルド=著 鈴木恵=訳
   『殺人者は夢を見るか〈上〉』 講談社文庫 2007


■英語原文 The original text in English

'( . . . ) You would pipe away civilized morality -- the only thing that keeps man's brutality in check. What do you offfer in exchange, Dr Freud? What will you put in its place?'
'Only the truth,' said Freud.
'The truth of Oedipus?' said Dana.
'Among others,' said Freud.
'A great deal of good it did him.'

   The Interpretation of Murder by Jed Rubenfeld
   Henry Holt & Company, 2006


■外部リンク External links

  書評
   * Book review by Ada Calhoun - New York Times, 2006-09-17

  映画化作品(2010年公開予定)製作の進捗状況
   * The Interpretation of Murder (2010) - IMDb
   * The Interpretation of Murder - ComingSoon.net
   * ジェド・ルーベンフェルド - 見てから読む?映画の原作


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

The Snowman by Raymond Briggs レイモンド・ブリッグズ 『スノーマン』『ゆきだるま』


 Video 1 
「ウォーキング・イン・ジ・エア」——アニメ映画 スノーマン (1982) 挿入歌
Peter Auty sings "Walking in the Air" - The animated film The Snowman (1982)

作詞・作曲:ハワード・ブレイク 歌:ピーター・オーティ Uploaded to YouTube by basj1976 on 17 Dec 2008.


■日本語訳詞 Lyrics in Japanese

私達は空の上を歩いている
月の光あふれる空中に浮かんでいる
遠く、地上の町では
誰もが眠っている今

私はしっかりと
群青の風につかまって
ああ飛べるんだと感じている
高く、高く、あなたと一緒に
[以下略]

   ウォーキング・イン・ジ・エア
   作詞・作曲:ハワード・ブレイク 訳詞:Koko Tashiro
   白鳥英美子『ウィンター・ワンダーランド』ライナーノーツ
   このCDを貸してくれたAちゃん、ありがとう。


■英語原詞 The original lyrics in English

We're walking in the air
We're floating in the moonlit sky
The people far below are sleeping as we fly

I'm holding very tight
I'm riding in the midnight blue
I'm finding I can fly so high above with you
[Omission]

   Walking in the Air
   Song and lyrics by Howard Blake
   Lyrics at Lyrics Time (lyricstime.com)
   More details at Howard Blake's Official Website


 Image gallery 1 
表紙画像 Cover photos

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_snowman_3 ko Ko_snowman_2 ja Ja_the_snowman_2

ja Ja_yukidaruma_briggs fi Fi_lumiukko ru Ru_postersnowman

sv Sv_snogubben_raymond_briggs_97891_2 da Da_snemanden_briggsr de De_mein_schneemann_3

nl Nl_9789054444794_de_sneeuwman it It_il_pupazzo_di_neve_2 pt Pt_o_boneco_de_neve

ca Ca_9788424624293_el_ninot_de_neu es Es_elmunecodenieve_2 fr Fr_le_bonhomme_de_neige_2

en En_the_snowman_3

 

■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[zh] ISBN: 9787532468195 雪人 中国語 More info at 百易书站 (book.bitrich.com)
[ko] ISBN: 9788985675666 눈사람 아저씨 韓国語 More info at book-mart.co.kr
[ja] ISBN: 9784566003972 スノーマン 日本語 「ゆきだるま」を改題したもの。
[ja] ISBN: 9784566002258 ゆきだるま 日本語
[fi] ISBN: 9789512016808 Lumiukko フィンランド語
[ru] ISBN: 不明         Снеговик ロシア語
[sv] ISBN: 9789132164415 Snögubben スウェーデン語
[da] ISBN: 9788759104125 Snemanden デンマーク語
[de] ISBN: 9783570006184 Mein Schneemann ドイツ語
[nl] ISBN: 9789054444794 De Sneeuwman オランダ語
[it] ISBN: 9788847709898 Il pupazzo di neve イタリア語 More info at libri.shop.it
[pt] ISBN: 9789722121200 O Boneco de Neve ポルトガル語
[ca] ISBN: 9788424624293 El Ninot De Neu カタルーニャ語(カタロニア語)
[es] ISBN: 9788437266091 El muñeco de nieve スペイン語
[fr] ISBN: 9782246063124 Le bonhomme de neige フランス語 More info at FNAC
[en] ISBN: 9780241100042 The Snowman 英語原題 The original title in English


■文のない絵本 A picture book without words

この絵本には絵だけがあって、文章がない。絵を見れば、だれでも理解できるから。

のちに「ストーリーブック」と称するお話の文章が付け加わった童話版が出た。けれども、たぶん視覚障害者以外の人にとってみれば、それは想像力の退化を促す改悪版でしかないような気がする。


 Image gallery 2 
DVD のジャケット DVD covers

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_the_snowman_dvd_3 fi Fi_lumiukko_dvd_2 no No_dvd_318711large

sv Se_snogubben da Da_snemanden570610658499801_2 de De_derschneemann0602498732034

[ja] 日本
タイトル: スノーマン (1982) [DVD]
出演: デヴィッド・ボウイ
   (この映画の案内役として冒頭に本人として登場する)
監督: ダイアン・ジャクソン
形式: Color
音声: 英語, 日本語
字幕: 日本語
販売元: アニプレックス
DVD発売日: 2004-11-26
時間: 32 分
ASIN: B0004ALM6M


[fi] フィンランド
タイトル: Lumiukko (1982)
監督: Dianne Jackson
配給: Snowman Enterprises Ltd.
時間: 26 分
DVD発売日: 2004
音声: Finnish, Swedish: Stereo
字幕: --
付録:
-Storyboards
-Animatic (8 minutes)
Alternative-introduction narrated by David Bowie
More details at DVDnet


[no] ノルウェー
タイトル: Snømannen


[sv] スウェーデン
タイトル: Snögubben


[da] デンマーク
タイトル: Snemanden (1982) [DVD]
出演: David Bowie
監督: Dianne Jackson
形式: Color
音声: Dolby Digital 2.0 Dansk
販売元: Scanbox Entertainment
DVD発売日: 2009-10-20
時間: 30 分


[de] ドイツ
タイトル: Der Schneemann


 Video 2 
映画『スノーマン』 The Snowman (1982), Part 1  Part 2  Part 3


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015-02-15 ロシア語版の本の表紙画像を追加しました。
  • 2014-12-26 スウェーデン語版の本の表紙画像を追加しました。
  • 2013-12-04 フィンランド語版の本の表紙画像を追加しました。また、ビデオと表紙画像の一部を差し替えました。
  • 2012-12-16 画像を数枚追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■おもちゃ Toys

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 19 December 2009

Corduroy by Don Freeman ドン・フリーマン 『くまのコールテンくん』

■はじめに Introduction

ぬいぐるみのクマ、コールテンくんのお話。デパートのおもちゃ売り場に並んでいるのをリサちゃんという女の子が見つけて……。
The story of a teddy bear named Corduroy, who is bought in a department store by a girl named Lisa.


■表紙画像 Cover photos

zh Zh_simp__2 zh Zh_corduroy

ko Ko_corduroy_don_freeman ja Ja_kuma_no_koorutenkun_2

he He_221648 ru Ru_9785904946791_

ro Ro_9786068544021_nasturel_don_freem es Es_corduroy_0590441949_2

fr Fr_9782324005923_lourson_corduroy en En_corduroy

  • 中 [zh] ISBN: 9787513307314 小熊可可
         唐·弗里曼/著 刘宇清/译 新星出版社 2012 中国語(簡体字)
  • 中 [zh] ISBN: 9789579691222 小熊可可
         唐.菲力曼/著 朱昆槐/譯 上誼文化 2002 中國語(繁體字)
  • 韓 [ko] ISBN: 9788949110226 꼬마 곰 코듀로이 
         著者: 돈 프리먼 비룡소 그림동화 시리즈17 1998
  • 日 [ja] ISBN: 9784032021905 くまのコールテンくん 
         ドン・フリーマン著 まつおか きょうこ訳 偕成社 1975
  • ヘ [he] ISBN: unconfirmed   קורדרוי 
         הוצאת צלטנר ספרים  דון פרימן
  • 露 [ro] ISBN: 9785904946791 Плюшевый Мишка 
         Юрий Шипков. Карьера Пресс, 2013
  • 羅 [ru] ISBN: 9786068544021 Năsturel 
         Don Freeman. Cartea Copiilor, 2013 ルーマニア語
  • 西 [es] ISBN: 9780590441940 Corduroy Don Freeman. Scholastic, 1988
  • 仏 [fr] ISBN: 9782324005923 L'ourson Corduroy 
         Don Freeman. tr. Valentine Camus. Editions Gründ, 2013
  • 英 [en] ISBN: 9780670241330 Corduroy Don Freeman. Viking Juvenile, 1968

■挿絵見本 Sample illustration

En_corduroy_illustration

"Corduroy is a bear who once lived in the toy department of a big store. Day after day he waited with all the other animals and dolls for somebody to come along and take him home."
Image source: Jama Rattigan's Alphabet Soup


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2009
くまの コーデュロイは、まえは おおきな デパートの おもちゃうりばに すんでいました。まいにちまいにち ほかの どうぶつや にんぎょうたちと いっしょに まっていました。だれかが やってきて おうちへ つれていってくれるのを。

   ドン・フリーマン=文・絵 Tomoki Yamabayashi=抜粋訳
   『コーデュロイ』
   tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009-12-19
   下の松岡氏の訳を、あえて見ないでつくった拙訳。
   どういうところが下手か、自分で訳してみるとわかります。


(J2) まつおか 1975
くまの コールテンくんは、はじめ、おおきな デパートの おもちゃうりばに いました。おもちゃうりばでは、どうぶつも、にんぎょうも、みな、はやく だれかが きて、じぶんを うちに つれていってくれないかなあと、おもっていました。コールテンくんも、まいにち そう おもっていました。

   ドン・フリーマン=さく まつおか きょうこ(松岡享子)=やく
   『くまのコールテンくん
   偕成社 1975-05


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Corduroy es un osito que en un tiempo vivió en la juguetería de una tienda grande. Día tras día esperaba junto a los otros animales y muñecas que alguien viniera y llevarlo a casa.

   Corduroy (Spanish Edition) by Don Freeman
   Scholastic Inc. 1988

   

■英語原文 The original text in English

Corduroy is a bear who once lived in the toy department of a big store. Day after day he waited with all the other animals and dolls for somebody to come along and take him home.

   Corduroy
   Story and Pictures by Don Freeman
   Viking Penguin Inc. 1968-03-11
   Excerpt at Amazon.com


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015-07-15 ヘブライ語版の表紙画像を追加しました。
  • 2014-01-11 簡体字中国語版、ロシア語版、ルーマニア語版、およびフランス語版の表紙画像を追加しました。
  • 2009-12-21 挿絵見本を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 18 December 2009

Flotsam by David Wiesner デイヴィッド・ウィーズナー 『漂流物』

■はじめに Introduction

少年が海辺で拾ったカメラ。そこに写っていたのは……?


 Video 1 
デイヴィッド・ウィーズナーの絵本『漂流物』のための1分間 PV
A 60-second "trailer" for Flotsam, David Wiesner's picture book

Created by John Haller, a third-year student in the graduate film program at Columbia University, this video footage was the winner of the Picture Book Video Award 2006. For more details, see Houghton Mifflin's web page HERE .


■注記 Note

この絵本には絵だけがあって、文はありません。したがって、各言語の翻訳版で訳されている部分は、タイトルと著者名だけということになります。


■表紙画像 Cover photos

zh 13 zh Zh_simp_flotsam_wiesner

ko Ko_flotsam_wiesner_2 ja Ja_flotsam_hyoryubutsu

de De_strandgut_wiesner es Es_9789707773608_2

fr Fr_le_monde_englouti en En_flotsam_david_wiesner


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[zh] 繁體字中國語
タイトル: 海底來的秘密 (Flotsam)
著者: 大衛威斯納/文圖
出版社: 格林文化
出版年: 2006-12-28
ISBN-10 : 9577459900
ISBN-13 :
More info at 奇蜜網路玩具店 (kimy.com.tw)


[zh] 簡体字中国語
タイトル: 海底的秘密
著者: (美)大卫·威斯纳
出版社: 河北教育
出版年: 2008-12-01
ISBN-10 :
ISBN-13:9787543470750
More info at 博库书城 (www.bookuu.com)


[ko] 韓国語
タイトル: 시간 상자 (Flotsam)
著者: 데이비드 위즈너 (David Wiesner)
出版社: 베틀북
出版年: 2007-04-20
ISBN-10 : 898488510X
ISBN-13 : 9788984885103
More info at Crevasse 같은 삶 (kinolife.com)


[ja] 日本語
タイトル: 漂流物
著者: デイヴィッド・ウィーズナー 
出版社: BL出版(大型本)
出版年: 2007-05
ISBN-10 : 4776402386
ISBN-13 : 9784776402381


[de] ドイツ語
タイトル: Strandgut
著者: David Wiesner 
出版社: Carlsen Verlag Gmbh
出版年: 2007-01
ISBN-10 : 3551516936
ISBN-13 : 9783551516930


[es] スペイン語
タイトル: Flotante
著者: David Wiesner 
出版社: Oceano De Mexico
出版年: 2008-03
ISBN-10 : 970777360X
ISBN-13 : 9789707773608


[fr] フランス語
タイトル: Le monde englouti (Album)
著者: David Wiesner 
出版社: Circonflexe
出版年: 2006-10-31
ISBN-10 : 2878334000
ISBN-13 : 978-2878334005


[en] 英語
タイトル: Flotsam (Caldecott Medal Book)
著者: David Wiesner 
出版社: Clarion Books
出版年: 2006-09-04
ISBN-10 : 0618194576
ISBN-13 : 9780618194575


 Video 2 
Zoom by Istvan Banyai イシュトバン・バンニャイ『ZOOM』

そういえば別の作家によるこんな絵本もあったなあ、と思い出しました。

[ja] 日本語
タイトル:ZOOM (fukkan.com)
著者: イシュトバン・バンニャイ 
単行本 ブッキング
発売日:2005-04
ISBN-10 : 4835441745
ISBN-13 : 9784835441740


[en] English
タイトル:Zoom (Viking Kestrel picture books)
著者: Istvan Banyai (1949- )
ハードカバー
出版社:Viking Juvenile
発売日:1995-03-01
ISBN-10 : 0670858048
ISBN-13 : 9780670858040


 Video 3 
Powers of Ten (1977) パワーズ・オブ・テン (1977)

また、Kees Boeke の著書 Cosmic View に基づいて1977年イームズ夫妻が IBM のために作った、あの有名な短篇ドキュメンタリー映画『パワーズ・オブ・テン』も。


■Secret Worlds: The Universe Within, etc.

さらに、そのアップデイト版ともいうべき、より鮮明な画像は次の各サイトに。

   * Secret Worlds: The Universe Within
    Molecular Expressions: Science, Optics & You
    Interactive Java Tutorials
   * The Powers of 10
    The Universe - Solved!
   * Cosmic Zoom


■外部リンク External links

   * David Wiesner interview - Sector 7 - BookPage.com
   * David Wiesner - Houghton Mifflin
   * David Wiesner - Wikipedia (1956-  )
   * Flotsam - Google Books
   * Flotsam - LibraryThing


■更新履歴 Change log

2012-01-26 スペイン語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) David Wiesner

(2) Istvan Banyai

(3) Cosmic View by Kees Boeke (originally published in 1957)

■和書 Books in Japanese
(1) デイヴィッド・ウィーズナー

(2) イシュトバン バンニャイ

(3) パワーズ・オブ・テン

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Thursday, 10 December 2009

The Polar Express by Chris Van Allsburg (2) クリス・ヴァン・オールズバーグ 『急行「北極号」』 (2)

■はじめに Introduction

クリス・ヴァン・オールズバーグが絵と文をかいた絵本『急行「北極号」』(原書初版1985年)は映画化され、2004年に公開された。邦題は『ポーラー・エクスプレス』。モーションキャプチャ の手法を用いたフルCGアニメである。監督・製作・脚本は ロバート・ゼメキス。主演はトム・ハンクス。配給はワーナー・ブラザーズ。通常版とIMAX 3D版の2種類が製作された。

この冬に封切られ、現在全世界で上映中の映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、『ポーラー・エクスプレス』の成功に基づき、同様の手法を継承し発展させたもの。やはりフルCGアニメで通常版と3D版がある。監督・製作・脚本は、おなじくロバート・ゼメキス。主演はジム・キャリー。なお、tomokilog では過去6回にわたってディケンズの原作『クリスマス・キャロル』を取りあげた(1 2 3 4 5 6)。


■映画『ポーラー・エクスプレス』(2004) ポスター、DVDジャケットなど
 The Polar Express (2004): Movie posters, DVD covers, etc.

zh Zh_polar_express zh Zh_polar_express_poster_tw_2 ko Ko_polar_express_film_2

ja Ja_polar_express_film_2 vi Vi_tau_toc_hanh_bac_cuc th Th_polar_express_film_2

tr Tr_kutup_ekspresi he He__2 el El_to_poliko_express_film

ru Ru__3 ka Ka_polar_express_ pl Pl_eksprespolarny_film

sl Si_polar_express_film_2 cs Cs_polarni_expres hu Hu_polar_expressz

et Et_polaarekspress fi Fi_napapiirin_pikajuna_2 no No_polarekspressen

se Se_polarexpressen da Da_polarekspressen de De_der_polarexpress_4

br Br_o_expresso_polar_poster es Es_el_expreso_polar_3 fr Fr_boral_express_film_2

fr Fr_le_pole_express en En_the_polar_express_2

『ポーラー・エクスプレス』(2004) 監督:ロバート・ゼメキス
The Polar Express (2004), directed by Robert Zemeckis.


■タイトル、国/地域、言語 Title, Country/Area, and Language

Flag_of_the_peoples_republic_of_chi [zh] 极地特快 中国 (簡体字中国語)
Flag_of_the_republic_of_chinasvg [zh] 北極特快車 台灣 (繁體字中國語)
Flag_of_south_korea [ko] 폴라 익스프레스 韓国 (韓国語)
Flag_of_japan [ja] ポーラー・エクスプレス 日本 (日本語)
Flag_of_vietnam [vi] Tàu Tốc Hành Bắc Cực ベトナム (ベトナム語)
Flag_of_thailandsvg [th] เดอะโพล่า เอ็กซ์เพรส タイ (タイ語)
Flag_of_turkeysvg [tr] Kutup Ekspresi トルコ (トルコ語)
Flag_of_israelsvg_2 [he] רכבת לקוטב イスラエル (ヘブライ語)
Flag_of_greecesvg [el] το πολικο εχπρεσσ ギリシャ (ギリシャ語)
Flag_of_russiasvg [ru] Полярный экспресс ロシア (ロシア語)
Flag_of_georgiasvg [ka] პოლარული ექსპრესი グルジア (グルジア語)
Flag_of_polandsvg [pl] Ekspres polarny ポーランド (ポーランド語)
Flag_of_slovenia [sl] Polarni vlak スロヴェニア (スロヴェニア語)
Flag_of_the_czech_republicsvg [cs] Polární expres チェコ (チェコ語)
Flag_of_hungarysvg [hu] Polár Expressz ハンガリー (ハンガリー語)
Flagofestonia [et] Polaarekspress エストニア (エストニア語)
Flag_of_finlandsvg_2 [fi] Napapiirin pikajuna フィンランド (フィンランド語)
Flag_of_norwaysvg_2 [no] Polarekspressen ノルウェー (ノルウェー語)
Flag_of_swedensvg [se] Polarexpressen スウェーデン (スウェーデン語)
Flag_of_denmarksvg [da] Polar-Ekspressen デンマーク (デンマーク語)
Flag_of_germanysvg [de] Der Polarexpress ドイツ (ドイツ語)
Flag_of_brazilsvg [br] O Expresso Polar ブラジル (ポルトガル語)
Flag_of_argentina [es] El Expreso Polar アルゼンチン、チリ、ペルー、ベネズエラ (スペイン語)
Flag_of_canada [fr] Boréal Express カナダ (フランス語)
Flag_of_francesvg [fr] Le pôle express フランス、ベルギー (フランス語)
Flag_of_the_united_kingdomsvg_2 [en] The Polar Express イギリス、アメリカ (英語)


■ご注意 Caution

いわゆる「ネタバレ注意」の警告です。以下に原作の本文最終ページ、エピローグ部分の日本語訳と英語原文とをご紹介します。まだこの絵本を読んだことがないかた、とくに、物語の結末をあらかじめ知ったら楽しみが損なわれるとお考えのかたは、ここで読むのを中止なさってください。推理小説のような、どんでん返しがあるわけじゃあるまいし、気にしないというかたは、このままお進みください。


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) tomoki y. 2009
 ひところは、ぼくの友だちのほとんどが鈴の音を聴くことができた。だが、年がたつにつれ、どの友だちの耳にも鈴は鳴らなくなった。妹のサラでさえも、ある年のクリスマス、もはやあの甘い音色が聞こえなくなってしまった。ぼくは大人になったけれど今でも鈴の音が聞こえる。サンタが本当にいると信じている人ならだれだって聞こえるのだ。

   クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 Tomoki Yamabayashi=部分訳
   『急行 北極号
   tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009-12-10
   村上春樹氏による下の2つの邦訳版をあえて参照せずにつくった拙訳。


(2) 村上 2003

2a. ルビを取り除いたテキスト

 昔、ぼくのともだちはだいたいみんな、その鈴の音を聞くことができた。でも年月が流れて、彼らの耳にはもう沈黙しか聞こえない。サラだってそうだ。彼女はあるクリスマスの朝に、その鈴を振ってみたのだが、もうあの美しい音は鳴り響かなかった。ぼくはすっかりおとなになってしまったけれど、鈴の音はまだ耳に届く。心から信じていれば、その音はちゃんと聞こえるんだよ。


2b. 原文—ルビつき

 昔(むかし)、ぼくのともだちはだいたいみんな、その鈴(すず)の音を聞(き)くことができた。でも年月(としつき)が流(なが)れて、彼(かれ)らの耳にはもう沈黙(ちんもく)しか聞(き)こえない。サラだってそうだ。彼女(かのじょ)はあるクリスマスの朝(あさ)に、その鈴(すず)を振(ふ)ってみたのだが、もうあの美(うつく)しい音は鳴(な)り響(ひび)かなかった。ぼくはすっかりおとなになってしまったけれど、鈴(すず)の音はまだ耳に届(とど)く。心(こころ)から信(しん)じていれば、その音はちゃんと聞(き)こえるんだよ。

   クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳
   『急行「北極号」
   あすなろ書房 2003-11-10
   下の河出書房新社版 1987 を改訳したもの。


(3) 村上 1987
 以前(まえ)は僕の友達はだいたいみんなその鈴の音を聞くことができた。でも年月(としつき)が経ってしまって、もうその音は誰の耳にも届かない。サラはある年のクリスマスにそれを振ってみたが、彼女にさえその美しい音は聞こえなかった。僕はもうすっかり大人になってしまったけれど、鈴の音はまだ聞こえる。本当に信じていれば、それはちゃんと聞こえるんだよ。

   クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳
   『急行「北極号」
   河出書房新社 1987-12-10


■英語原文 The original text in English

At one time most of my friends could hear the bell, but as years passed, it fell silent for all of them. Even Sarah found one Christmas that she could no longer hear its sweet sound. Though I've grown old, the bell still rings for me as it does for all who truly believe.

   The Polar Express
   Written and illustrated by Chris Van Allsburg
   Boston : Houghton Mifflin, 1985
   ISBN : 0395389496
   Excerpts at:
   * The Polar Express (film) - Wikiquote
   * The Polar Express - Wikipedia
   * FatherMag.com


■訳文の比較 Comparison between the translations

拙訳は、いうまでもないが、村上春樹氏の訳文に漂うような文学的香りに欠けている。それでも、あえて公開・掲載するのだから訳者の羞恥心も欠けている(苦笑)。もうすこし具体的に訳語を比較してみよう。たとえば、could hear, fell silent, could no longer hear, still rings, it does (=it rings) は、それぞれの訳で、どうなっているか?

(1) tomoki y. 2009
聴くことができた。鳴らなくなった。聞こえなくなってしまった。今でも(……)聞こえる。聞こえるのだ。

(2) 村上 2003
聞くことができた。沈黙しか聞こえない。音は鳴り響かなかった。まだ耳に届く。聞こえるんだよ。

(3) 村上 1987
聞くことができた。耳にも届かない。聞こえなかった。まだ聞こえる。聞こえるんだよ。

村上氏の改訳版では「聞こえる」という言葉の単調な繰り返しを避けて、「鳴り響かなかった」「耳に届く」「聞こえる」と変化をつけている。

また、おなじ版の「沈黙しか聞こえない」という訳はサイモンとガーファンクルの歌の題「サウンド・オブ・サイレンス」を連想させる。原文の fell silent に相当する日本語として、より直訳的であると同時に、より詩的でもある。わたしにはとても真似ができない芸当だ。


■外部リンク External links

 [en] English
  On the author and the picture book
   * The Official Chris Van Allsburg Website
   * Chris Van Allsburg - Brief biographies
   * Chris Van Allsburg - Kidsreads.com
   * Chris Van Allsburg - Wikipedia (1949-  )
   * The Polar Express - Wikipedia
  On the film adaptation
   * The Polar Express (2004) - Official Website (US)
   * The Polar Express (2004) - IMDb
   * The Polar Express (film) - Wikipedia

 [ja] 日本語
  著者と絵本について
   * クリス・ヴァン・オールズバーグ - Wikipedia (1949-  )
   * クリス・ヴァン・オールズバーグ - 洋書デビュー
   * 急行「北極号」 - 絵本ナビ
  映画について
   * ポーラー・エクスプレス (2004) - 公式サイト(日本)
   * ポーラー・エクスプレス (2004) - キネマ旬報映画データベース
   * ポーラー・エクスプレス (2004) - allcinema
   * ポーラー・エクスプレス - Wikikpedia


■更新履歴 Change log

2012-11-12 グルジア語の画像を追加しました。
2012-11-05 ベトナム語の画像を追加しました。
2012-09-04 チェコ語、ノルウェー語、デンマーク語の画像を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ

■はじめに Introduction

クリスマス・イブ。子どもたちを乗せて、北極に向けひた走る一両の汽車。幻想的な絵がすばらしい絵本。とくに、わたしは前半の数ページの独特の柔らかい輪郭と淡い色調が好きだ。

ただし、宮沢賢治の世界みたいなのとは異なる。アメリカの子ども向けのこのクリスマス絵本には、『銀河鉄道の夜』に見られるような、深みや悲しみや死の影はない。もっとも、そのような要素がありすぎては、ハリウッドでフルCGアニメとして映画化し、全世界で公開するのには向いていなかっただろうが。


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_trad_polar_express  ja Ja_kyuko_hokkyokugo

ja Ja_kyuko_kawade_shobo  vi Vi_tau_toc_hanh_bac_cuc

tr Tr_kutup_ekspresi  el El_to_poliko_express_allsburg

ru Ru_polar_express  pl Pl_ekspresspolarny_vanallsburg

hr Hr_polarni_ekspres  de De_der_polarexpress

ro Ro_bookpicexpresulpolar_2 it It_polar_express_salani_editore

pt Pt_o_expresso_polar es Es_el_expreso_polar

fr Fr_boralexpress en En_the_polar_express_large

[zh] ISBN: 9577620663 北極特快車 上誼文化 2004 中國語(繁體字)
[ja] ISBN: 4751519999 急行「北極号」 村上春樹訳 あすなろ書房 2003 日本語
[ja] ISBN: 4309260896 急行「北極号」 村上春樹訳 河出書房新社 1987 日本語
[vi] ISBN: 6024914474 Tàu Tốc Hành Bắc Cực Mỹ thuật, 2010 ベトナム語
[tr] ISBN: 9756347385 Kutup Ekspresi Kapital Medya Hizmetleri, 2005 トルコ語
[el] ISBN: 9602022566 Το πολικό εξπρές Αμμος, 2004 ギリシャ語
[ru] ISBN: 5942787069 Полярный экспресс Амфора, 2005 ロシア語
[pl] ISBN: 8389779447 Ekspress polarny Sonia Draga, 2005 ポーランド語
[hr] ISBN: 9532201955 Polarni ekspres Algoritam, 2004 クロアチア語
[de] ISBN: 3551515611 Der Polarexpress Carlsen, 2001 ドイツ語
[ro] ISBN: 6068044742 Expresul Polar 2014 ルーマニア語
[it] ISBN: 8884514800 Polar Express Salani, 2004 イタリア語
[pt] ISBN: 8520916902 O Expresso Polar Nova Fronteira, 2004 ポルトガル語
[es] ISBN: 980257046X El Expreso Polar Ediciones Ekare, 1995 スペイン語
[fr] ISBN: 2211033164 Boréal Express L'Ecole des loisirs, 1985 フランス語
[en] ISBN: 0395389496 The Polar Express Houghton Mifflin, 1985 英語


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2009
 何年もまえのクリスマス・イブの晩、ぼくはベッドにそっと横になっていた。シーツのざわざわする音もたてずに。ゆっくりと、しずかに、息をしていた。ある音を聞こうとしていたのだ。友だちが、聞こえるなんてありえないと言っていた音。サンタのそりの鈴の音を。
 「サンタなんてものはいない」と友だちは言いはった。でも、ぼくにはわかっていた。それはまちがっていると。
 その夜おそく、音が聞こえた。といっても、鈴の音じゃない。外から聞こえてきたのは、シューシューいう蒸気の音と、キーキーいう金属の音だ。窓の外をのぞくと、家のまえに列車が一両、ぴたりと止まっているのが見えた。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 Tomoki Yamabayashi=部分訳 『急行 北極号』 tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009-12-03
  • 村上春樹氏による下の2つの邦訳版をあえて参照せずにつくった拙訳。いうまでもないが、村上氏の訳文に漂うような文学的香りに欠けている。それでも、あえて公開・掲載するのだから訳者の羞恥心も欠けている(苦笑)。

(J2) 村上 2003

2a. ルビを取り除いたテキスト

 ずいぶん昔、まだ子どものころ、クリスマス・イブの夜中に、僕は静かにベッドに横になっていた。シーツのすれるこそりという音さえたてなかった。ゆっくりと静かに息をし、耳を澄ませ、ある音が聞こえてくるのをじっと待っていた。サンタのそりの鈴の音が、ちりんちりんと鳴り響くのを。ぼくのともだちのひとりは、そんなもの聞こえるわけがないさと言ったのだけれど。
 「サンタなんて、どこにもいないんだよ」とそのともだちは自信たっぷりに言った。でもぼくはそんなことを信じなかった。
 夜もふけてから、もの音が聞こえてきたが、それは鈴の音じゃなかった。外から聞こえてきたのは、しゅうっという蒸気の音と、金属がきいいっときしむ音だった。窓の外を見ると、なんとうちの前に汽車がぴたりととまっていた。


2b. 原文—ルビつき

 ずいぶん昔(むかし)、まだ子どものころ、クリスマス・イブの夜中(よなか)に、僕は静(しず)かにベッドに横(よこ)になっていた。シーツのすれるこそりという音さえたてなかった。ゆっくりと静(しず)かに息(いき)をし、耳を澄(す)ませ、ある音が聞(き)こえてくるのをじっと待(ま)っていた。サンタのそりの鈴(すず)の音が、ちりんちりんと鳴(な)り響(ひび)くのを。ぼくのともだちのひとりは、そんなもの聞(き)こえるわけがないさと言(い)ったのだけれど。
 「サンタなんて、どこにもいないんだよ」とそのともだちは自信(じしん)たっぷりに言(い)った。でもぼくはそんなことを信(しん)じなかった。
 夜(よ)もふけてから、もの音が聞(き)こえてきたが、それは鈴(すず)の音じゃなかった。外から聞こえてきたのは、しゅうっという蒸気(じょうき)の音と、金属(きんぞく)がきいいっときしむ音だった。窓(まど)の外(そと)を見ると、なんとうちの前(まえ)に汽車(きしゃ)がぴたりととまっていた。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳 『急行「北極号」』 あすなろ書房 2003-11-10
  • この本は下の河出書房新社版 1987 を改訳したもの。

(J3) 村上 1987
 ずいぶん昔、子供の頃、クリスマス・イブの夜中に、僕は静かに静かにベッドに横になっていた。こそりというシーツのすれる音さえ立てなかった。僕は息をひそめて耳を澄ませ、ある音が聞こえてくるのを待っていた。サンタの橇(そり)の鈴の音が聞こえてくるのを。だって僕の友だちがそんな音なんて聞こえるもんかと言ったからだ。
「サンタなんて本当はいないんだもの」 友だちは自信たっぷりにそう言った。そんなこと僕はもちろん信じなかった。
 夜もふけてから音が聞こえてきたが、でもそれは鈴の音ではなかった。外から聞こえてくるのはしゅうっという蒸気の音と、金属がキイイイッとすれる音だった。窓の外を見ると、なんと家の前に汽車がぴたっと横づけになっているのだ。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳 『急行「北極号」』 河出書房新社 1987-12-10
  • 原文の傍点を下線で置き換えました。

■イタリア語訳 Translation into Italian

  Una vigilia di Natale di molti anni fa, me ne stavo tranquillo nel mio letto. Non muovevo le lenzuola, respiravo lentamente, senza far rumore. Aspettavo di udire un suono, un suono che secondo un mio amico non avrei mai sentito: le campanelle della slitta di Babbo Natale.
  'Babbo Natale non esiste' insisteva il mio amico, ma sapevo che si sbagliava.
  Nel cuore di quella notte io udii dei suoni, però non erano le campanelle. Da fuori giunse un sibilo di vapore e uno stridio di metallo. Guardai dalla finestra e vidi un treno, immobile davanti a casa mia.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

  Era noche buena, hace muchos años. Yo estaba acostado en mi cama, sin moverme, sin permitir siquiera que las sábanas susurraran. Respiraba silencioso y pausado. Aguardaba, anhelando escuchar un sonido. Un sonido que un amigo me había asegurado jamás escucharía: el tintineo de cascabeles del trineo de San Nicolás.
  -- No existe San Nicolás -- había insistido un amigo. Pero yo sabía que estaba equivocado.
  Muy tarde aquella noche, sí escuché sonidos, pero no de cascabeles. De la calle llegaban unos resoplidos de vapor y un chirriar de metales. Me asomé a la ventana. Había un tren detenido justo enfrente de mi casa.


■フランス語訳 Translation into French

  Une veille de Noël, il y a bien des années, j'étais tranquillement allongé dans mon lit. Je ne froissais pas mes draps. Je respirais lentement et silencieusement. Je tendais l'oreille pour distinguer un son - que jamais je n'entendrais m'avait assuré un ami - celui des clochettes tintinnabulantes du traîneau du Père Noël..
  «Le Père Noël n'existe pas», avait insisté mon ami, mais je savais qu'il se trompait.
  Tard cette nuit-là, j'entendis des bruits, mais ce n'étaient pas des tintinnabulements de clochettes. De l'extérieur me parvinrent le sifflement de la vapeur et le grincement du métal. Je regardai par ma fenêtre et vis un train, parfaitement immobile, arrêté devant ma maison.


 Video 
映画 ポーラー・エクスプレス (2004) 予告編 The Polar Express (2004) Trailer

『ポーラー・エクスプレス』公式サイト Official sites for The Polar Express (2004):
  1. Warner Bros. [jp] 日本
  2. Warner Bros. [br] ブラジル
  3. Warner Bros. [fr] フランス
  4. Warner Bros. [us] 米国


■英語原文 The original text in English

  On Christmas Eve, many years ago, I lay quietly in my bed. I did not rustle the sheets. I breathed slowly and silently. I was listening for a sound--a sound a friend had told me I’d never hear--ringing bells of Santa’s sleigh.
  "There's no Santa," my friend insisted, but I knew he was wrong.
  Late that night I did hear sounds, though not of ringing bells. From outside came the sounds of hissing steam and squeaking metal. I looked through my window and saw a train standing perfectly still in from of my house.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-01-05 ルーマニア語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2012-11-05 ベトナム語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2012-09-19 クロアチア語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2009-12-10 外部リンクを追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 03 December 2009

The Polar Express by Chris Van Allsburg (1) クリス・ヴァン・オールズバーグ 『急行「北極号」』 (1)

■はじめに Introduction

クリスマス・イブ。子どもたちを乗せて、北極に向けひた走る一両の汽車。幻想的な絵がすばらしい絵本。とくに、わたしは前半の数ページの独特の柔らかい輪郭と淡い色調が好きだ。

ただし、宮沢賢治の世界みたいなのとは異なる。アメリカの子ども向けのこのクリスマス絵本には、『銀河鉄道の夜』に見られるような、深みや悲しみや死の影はない。もっとも、そのような要素がありすぎては、ハリウッドでフルCGアニメとして映画化し、全世界で公開するのには向いていなかっただろうが。


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_trad_polar_express  ja Ja_kyuko_hokkyokugo

ja Ja_kyuko_kawade_shobo  vi Vi_tau_toc_hanh_bac_cuc

tr Tr_kutup_ekspresi  el El_to_poliko_express_allsburg

ru Ru_polar_express  pl Pl_ekspresspolarny_vanallsburg

hr Hr_polarni_ekspres  de De_der_polarexpress

ro Ro_bookpicexpresulpolar_2 it It_polar_express_salani_editore

pt Pt_o_expresso_polar es Es_el_expreso_polar

fr Fr_boralexpress en En_the_polar_express_large

[zh] ISBN: 9577620663 北極特快車 上誼文化 2004 中國語(繁體字)
[ja] ISBN: 4751519999 急行「北極号」 村上春樹訳 あすなろ書房 2003 日本語
[ja] ISBN: 4309260896 急行「北極号」 村上春樹訳 河出書房新社 1987 日本語
[vi] ISBN: 6024914474 Tàu Tốc Hành Bắc Cực Mỹ thuật, 2010 ベトナム語
[tr] ISBN: 9756347385 Kutup Ekspresi Kapital Medya Hizmetleri, 2005 トルコ語
[el] ISBN: 9602022566 Το πολικό εξπρές Αμμος, 2004 ギリシャ語
[ru] ISBN: 5942787069 Полярный экспресс Амфора, 2005 ロシア語
[pl] ISBN: 8389779447 Ekspress polarny Sonia Draga, 2005 ポーランド語
[hr] ISBN: 9532201955 Polarni ekspres Algoritam, 2004 クロアチア語
[de] ISBN: 3551515611 Der Polarexpress Carlsen, 2001 ドイツ語
[ro] ISBN: 6068044742 Expresul Polar 2014 ルーマニア語
[it] ISBN: 8884514800 Polar Express Salani, 2004 イタリア語
[pt] ISBN: 8520916902 O Expresso Polar Nova Fronteira, 2004 ポルトガル語
[es] ISBN: 980257046X El Expreso Polar Ediciones Ekare, 1995 スペイン語
[fr] ISBN: 2211033164 Boréal Express L'Ecole des loisirs, 1985 フランス語
[en] ISBN: 0395389496 The Polar Express Houghton Mifflin, 1985 英語


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2009
 何年もまえのクリスマス・イブの晩、ぼくはベッドにそっと横になっていた。シーツのざわざわする音もたてずに。ゆっくりと、しずかに、息をしていた。ある音を聞こうとしていたのだ。友だちが、聞こえるなんてありえないと言っていた音。サンタのそりの鈴の音を。
 「サンタなんてものはいない」と友だちは言いはった。でも、ぼくにはわかっていた。それはまちがっていると。
 その夜おそく、音が聞こえた。といっても、鈴の音じゃない。外から聞こえてきたのは、シューシューいう蒸気の音と、キーキーいう金属の音だ。窓の外をのぞくと、家のまえに列車が一両、ぴたりと止まっているのが見えた。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 Tomoki Yamabayashi=部分訳 『急行 北極号』 tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009-12-03
  • 村上春樹氏による下の2つの邦訳版をあえて参照せずにつくった拙訳。いうまでもないが、村上氏の訳文に漂うような文学的香りに欠けている。それでも、あえて公開・掲載するのだから訳者の羞恥心も欠けている(苦笑)。

(J2) 村上 2003

2a. ルビを取り除いたテキスト

 ずいぶん昔、まだ子どものころ、クリスマス・イブの夜中に、僕は静かにベッドに横になっていた。シーツのすれるこそりという音さえたてなかった。ゆっくりと静かに息をし、耳を澄ませ、ある音が聞こえてくるのをじっと待っていた。サンタのそりの鈴の音が、ちりんちりんと鳴り響くのを。ぼくのともだちのひとりは、そんなもの聞こえるわけがないさと言ったのだけれど。
 「サンタなんて、どこにもいないんだよ」とそのともだちは自信たっぷりに言った。でもぼくはそんなことを信じなかった。
 夜もふけてから、もの音が聞こえてきたが、それは鈴の音じゃなかった。外から聞こえてきたのは、しゅうっという蒸気の音と、金属がきいいっときしむ音だった。窓の外を見ると、なんとうちの前に汽車がぴたりととまっていた。


2b. 原文—ルビつき

 ずいぶん昔(むかし)、まだ子どものころ、クリスマス・イブの夜中(よなか)に、僕は静(しず)かにベッドに横(よこ)になっていた。シーツのすれるこそりという音さえたてなかった。ゆっくりと静(しず)かに息(いき)をし、耳を澄(す)ませ、ある音が聞(き)こえてくるのをじっと待(ま)っていた。サンタのそりの鈴(すず)の音が、ちりんちりんと鳴(な)り響(ひび)くのを。ぼくのともだちのひとりは、そんなもの聞(き)こえるわけがないさと言(い)ったのだけれど。
 「サンタなんて、どこにもいないんだよ」とそのともだちは自信(じしん)たっぷりに言(い)った。でもぼくはそんなことを信(しん)じなかった。
 夜(よ)もふけてから、もの音が聞(き)こえてきたが、それは鈴(すず)の音じゃなかった。外から聞こえてきたのは、しゅうっという蒸気(じょうき)の音と、金属(きんぞく)がきいいっときしむ音だった。窓(まど)の外(そと)を見ると、なんとうちの前(まえ)に汽車(きしゃ)がぴたりととまっていた。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳 『急行「北極号」』 あすなろ書房 2003-11-10
  • この本は下の河出書房新社版 1987 を改訳したもの。

(J3) 村上 1987
 ずいぶん昔、子供の頃、クリスマス・イブの夜中に、僕は静かに静かにベッドに横になっていた。こそりというシーツのすれる音さえ立てなかった。僕は息をひそめて耳を澄ませ、ある音が聞こえてくるのを待っていた。サンタの橇(そり)の鈴の音が聞こえてくるのを。だって僕の友だちがそんな音なんて聞こえるもんかと言ったからだ。
「サンタなんて本当はいないんだもの」 友だちは自信たっぷりにそう言った。そんなこと僕はもちろん信じなかった。
 夜もふけてから音が聞こえてきたが、でもそれは鈴の音ではなかった。外から聞こえてくるのはしゅうっという蒸気の音と、金属がキイイイッとすれる音だった。窓の外を見ると、なんと家の前に汽車がぴたっと横づけになっているのだ。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳 『急行「北極号」』 河出書房新社 1987-12-10
  • 原文の傍点を下線で置き換えました。

■イタリア語訳 Translation into Italian

  Una vigilia di Natale di molti anni fa, me ne stavo tranquillo nel mio letto. Non muovevo le lenzuola, respiravo lentamente, senza far rumore. Aspettavo di udire un suono, un suono che secondo un mio amico non avrei mai sentito: le campanelle della slitta di Babbo Natale.
  'Babbo Natale non esiste' insisteva il mio amico, ma sapevo che si sbagliava.
  Nel cuore di quella notte io udii dei suoni, però non erano le campanelle. Da fuori giunse un sibilo di vapore e uno stridio di metallo. Guardai dalla finestra e vidi un treno, immobile davanti a casa mia.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

  Era noche buena, hace muchos años. Yo estaba acostado en mi cama, sin moverme, sin permitir siquiera que las sábanas susurraran. Respiraba silencioso y pausado. Aguardaba, anhelando escuchar un sonido. Un sonido que un amigo me había asegurado jamás escucharía: el tintineo de cascabeles del trineo de San Nicolás.
  -- No existe San Nicolás -- había insistido un amigo. Pero yo sabía que estaba equivocado.
  Muy tarde aquella noche, sí escuché sonidos, pero no de cascabeles. De la calle llegaban unos resoplidos de vapor y un chirriar de metales. Me asomé a la ventana. Había un tren detenido justo enfrente de mi casa.


■フランス語訳 Translation into French

  Une veille de Noël, il y a bien des années, j'étais tranquillement allongé dans mon lit. Je ne froissais pas mes draps. Je respirais lentement et silencieusement. Je tendais l'oreille pour distinguer un son - que jamais je n'entendrais m'avait assuré un ami - celui des clochettes tintinnabulantes du traîneau du Père Noël..
  «Le Père Noël n'existe pas», avait insisté mon ami, mais je savais qu'il se trompait.
  Tard cette nuit-là, j'entendis des bruits, mais ce n'étaient pas des tintinnabulements de clochettes. De l'extérieur me parvinrent le sifflement de la vapeur et le grincement du métal. Je regardai par ma fenêtre et vis un train, parfaitement immobile, arrêté devant ma maison.


 Video 
映画 ポーラー・エクスプレス (2004) 予告編 The Polar Express (2004) Trailer

『ポーラー・エクスプレス』公式サイト Official sites for The Polar Express (2004):
  1. Warner Bros. [jp] 日本
  2. Warner Bros. [br] ブラジル
  3. Warner Bros. [fr] フランス
  4. Warner Bros. [us] 米国


■英語原文 The original text in English

  On Christmas Eve, many years ago, I lay quietly in my bed. I did not rustle the sheets. I breathed slowly and silently. I was listening for a sound--a sound a friend had told me I’d never hear--ringing bells of Santa’s sleigh.
  "There's no Santa," my friend insisted, but I knew he was wrong.
  Late that night I did hear sounds, though not of ringing bells. From outside came the sounds of hissing steam and squeaking metal. I looked through my window and saw a train standing perfectly still in from of my house.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-01-05 ルーマニア語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2012-11-05 ベトナム語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2012-09-19 クロアチア語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2009-12-10 外部リンクを追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »