« 筒井頼子+林明子 『はじめてのおつかい』 Miki's First Errand by Yoriko Tsutsui & Akiko Hayashi | Main | The Polar Express by Chris Van Allsburg (2) クリス・ヴァン・オールズバーグ 『急行「北極号」』 (2) »

Thursday, 03 December 2009

The Polar Express by Chris Van Allsburg (1) クリス・ヴァン・オールズバーグ 『急行「北極号」』 (1)

■はじめに Introduction

クリスマス・イブ。子どもたちを乗せて、北極に向けひた走る一両の汽車。幻想的な絵がすばらしい絵本。とくに、わたしは前半の数ページの独特の柔らかい輪郭と淡い色調が好きだ。

ただし、宮沢賢治の世界みたいなのとは異なる。アメリカの子ども向けのこのクリスマス絵本には、『銀河鉄道の夜』に見られるような、深みや悲しみや死の影はない。もっとも、そのような要素がありすぎては、ハリウッドでフルCGアニメとして映画化し、全世界で公開するのには向いていなかっただろうが。


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_trad_polar_express  ja Ja_kyuko_hokkyokugo

ja Ja_kyuko_kawade_shobo  vi Vi_tau_toc_hanh_bac_cuc

tr Tr_kutup_ekspresi  el El_to_poliko_express_allsburg

ru Ru_polar_express  pl Pl_ekspresspolarny_vanallsburg

hr Hr_polarni_ekspres  de De_der_polarexpress

ro Ro_bookpicexpresulpolar_2 it It_polar_express_salani_editore

pt Pt_o_expresso_polar es Es_el_expreso_polar

fr Fr_boralexpress en En_the_polar_express_large

[zh] ISBN: 9577620663 北極特快車 上誼文化 2004 中國語(繁體字)
[ja] ISBN: 4751519999 急行「北極号」 村上春樹訳 あすなろ書房 2003 日本語
[ja] ISBN: 4309260896 急行「北極号」 村上春樹訳 河出書房新社 1987 日本語
[vi] ISBN: 6024914474 Tàu Tốc Hành Bắc Cực Mỹ thuật, 2010 ベトナム語
[tr] ISBN: 9756347385 Kutup Ekspresi Kapital Medya Hizmetleri, 2005 トルコ語
[el] ISBN: 9602022566 Το πολικό εξπρές Αμμος, 2004 ギリシャ語
[ru] ISBN: 5942787069 Полярный экспресс Амфора, 2005 ロシア語
[pl] ISBN: 8389779447 Ekspress polarny Sonia Draga, 2005 ポーランド語
[hr] ISBN: 9532201955 Polarni ekspres Algoritam, 2004 クロアチア語
[de] ISBN: 3551515611 Der Polarexpress Carlsen, 2001 ドイツ語
[ro] ISBN: 6068044742 Expresul Polar 2014 ルーマニア語
[it] ISBN: 8884514800 Polar Express Salani, 2004 イタリア語
[pt] ISBN: 8520916902 O Expresso Polar Nova Fronteira, 2004 ポルトガル語
[es] ISBN: 980257046X El Expreso Polar Ediciones Ekare, 1995 スペイン語
[fr] ISBN: 2211033164 Boréal Express L'Ecole des loisirs, 1985 フランス語
[en] ISBN: 0395389496 The Polar Express Houghton Mifflin, 1985 英語


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2009
 何年もまえのクリスマス・イブの晩、ぼくはベッドにそっと横になっていた。シーツのざわざわする音もたてずに。ゆっくりと、しずかに、息をしていた。ある音を聞こうとしていたのだ。友だちが、聞こえるなんてありえないと言っていた音。サンタのそりの鈴の音を。
 「サンタなんてものはいない」と友だちは言いはった。でも、ぼくにはわかっていた。それはまちがっていると。
 その夜おそく、音が聞こえた。といっても、鈴の音じゃない。外から聞こえてきたのは、シューシューいう蒸気の音と、キーキーいう金属の音だ。窓の外をのぞくと、家のまえに列車が一両、ぴたりと止まっているのが見えた。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 Tomoki Yamabayashi=部分訳 『急行 北極号』 tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009-12-03
  • 村上春樹氏による下の2つの邦訳版をあえて参照せずにつくった拙訳。いうまでもないが、村上氏の訳文に漂うような文学的香りに欠けている。それでも、あえて公開・掲載するのだから訳者の羞恥心も欠けている(苦笑)。

(J2) 村上 2003

2a. ルビを取り除いたテキスト

 ずいぶん昔、まだ子どものころ、クリスマス・イブの夜中に、僕は静かにベッドに横になっていた。シーツのすれるこそりという音さえたてなかった。ゆっくりと静かに息をし、耳を澄ませ、ある音が聞こえてくるのをじっと待っていた。サンタのそりの鈴の音が、ちりんちりんと鳴り響くのを。ぼくのともだちのひとりは、そんなもの聞こえるわけがないさと言ったのだけれど。
 「サンタなんて、どこにもいないんだよ」とそのともだちは自信たっぷりに言った。でもぼくはそんなことを信じなかった。
 夜もふけてから、もの音が聞こえてきたが、それは鈴の音じゃなかった。外から聞こえてきたのは、しゅうっという蒸気の音と、金属がきいいっときしむ音だった。窓の外を見ると、なんとうちの前に汽車がぴたりととまっていた。


2b. 原文—ルビつき

 ずいぶん昔(むかし)、まだ子どものころ、クリスマス・イブの夜中(よなか)に、僕は静(しず)かにベッドに横(よこ)になっていた。シーツのすれるこそりという音さえたてなかった。ゆっくりと静(しず)かに息(いき)をし、耳を澄(す)ませ、ある音が聞(き)こえてくるのをじっと待(ま)っていた。サンタのそりの鈴(すず)の音が、ちりんちりんと鳴(な)り響(ひび)くのを。ぼくのともだちのひとりは、そんなもの聞(き)こえるわけがないさと言(い)ったのだけれど。
 「サンタなんて、どこにもいないんだよ」とそのともだちは自信(じしん)たっぷりに言(い)った。でもぼくはそんなことを信(しん)じなかった。
 夜(よ)もふけてから、もの音が聞(き)こえてきたが、それは鈴(すず)の音じゃなかった。外から聞こえてきたのは、しゅうっという蒸気(じょうき)の音と、金属(きんぞく)がきいいっときしむ音だった。窓(まど)の外(そと)を見ると、なんとうちの前(まえ)に汽車(きしゃ)がぴたりととまっていた。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳 『急行「北極号」』 あすなろ書房 2003-11-10
  • この本は下の河出書房新社版 1987 を改訳したもの。

(J3) 村上 1987
 ずいぶん昔、子供の頃、クリスマス・イブの夜中に、僕は静かに静かにベッドに横になっていた。こそりというシーツのすれる音さえ立てなかった。僕は息をひそめて耳を澄ませ、ある音が聞こえてくるのを待っていた。サンタの橇(そり)の鈴の音が聞こえてくるのを。だって僕の友だちがそんな音なんて聞こえるもんかと言ったからだ。
「サンタなんて本当はいないんだもの」 友だちは自信たっぷりにそう言った。そんなこと僕はもちろん信じなかった。
 夜もふけてから音が聞こえてきたが、でもそれは鈴の音ではなかった。外から聞こえてくるのはしゅうっという蒸気の音と、金属がキイイイッとすれる音だった。窓の外を見ると、なんと家の前に汽車がぴたっと横づけになっているのだ。

  • クリス・ヴァン・オールズバーグ=著 村上春樹(むらかみ・はるき)=訳 『急行「北極号」』 河出書房新社 1987-12-10
  • 原文の傍点を下線で置き換えました。

■イタリア語訳 Translation into Italian

  Una vigilia di Natale di molti anni fa, me ne stavo tranquillo nel mio letto. Non muovevo le lenzuola, respiravo lentamente, senza far rumore. Aspettavo di udire un suono, un suono che secondo un mio amico non avrei mai sentito: le campanelle della slitta di Babbo Natale.
  'Babbo Natale non esiste' insisteva il mio amico, ma sapevo che si sbagliava.
  Nel cuore di quella notte io udii dei suoni, però non erano le campanelle. Da fuori giunse un sibilo di vapore e uno stridio di metallo. Guardai dalla finestra e vidi un treno, immobile davanti a casa mia.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

  Era noche buena, hace muchos años. Yo estaba acostado en mi cama, sin moverme, sin permitir siquiera que las sábanas susurraran. Respiraba silencioso y pausado. Aguardaba, anhelando escuchar un sonido. Un sonido que un amigo me había asegurado jamás escucharía: el tintineo de cascabeles del trineo de San Nicolás.
  -- No existe San Nicolás -- había insistido un amigo. Pero yo sabía que estaba equivocado.
  Muy tarde aquella noche, sí escuché sonidos, pero no de cascabeles. De la calle llegaban unos resoplidos de vapor y un chirriar de metales. Me asomé a la ventana. Había un tren detenido justo enfrente de mi casa.


■フランス語訳 Translation into French

  Une veille de Noël, il y a bien des années, j'étais tranquillement allongé dans mon lit. Je ne froissais pas mes draps. Je respirais lentement et silencieusement. Je tendais l'oreille pour distinguer un son - que jamais je n'entendrais m'avait assuré un ami - celui des clochettes tintinnabulantes du traîneau du Père Noël..
  «Le Père Noël n'existe pas», avait insisté mon ami, mais je savais qu'il se trompait.
  Tard cette nuit-là, j'entendis des bruits, mais ce n'étaient pas des tintinnabulements de clochettes. De l'extérieur me parvinrent le sifflement de la vapeur et le grincement du métal. Je regardai par ma fenêtre et vis un train, parfaitement immobile, arrêté devant ma maison.


 Video 
映画 ポーラー・エクスプレス (2004) 予告編 The Polar Express (2004) Trailer

『ポーラー・エクスプレス』公式サイト Official sites for The Polar Express (2004):
  1. Warner Bros. [jp] 日本
  2. Warner Bros. [br] ブラジル
  3. Warner Bros. [fr] フランス
  4. Warner Bros. [us] 米国


■英語原文 The original text in English

  On Christmas Eve, many years ago, I lay quietly in my bed. I did not rustle the sheets. I breathed slowly and silently. I was listening for a sound--a sound a friend had told me I’d never hear--ringing bells of Santa’s sleigh.
  "There's no Santa," my friend insisted, but I knew he was wrong.
  Late that night I did hear sounds, though not of ringing bells. From outside came the sounds of hissing steam and squeaking metal. I looked through my window and saw a train standing perfectly still in from of my house.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-01-05 ルーマニア語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2012-11-05 ベトナム語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2012-09-19 クロアチア語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。
  • 2009-12-10 外部リンクを追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« 筒井頼子+林明子 『はじめてのおつかい』 Miki's First Errand by Yoriko Tsutsui & Akiko Hayashi | Main | The Polar Express by Chris Van Allsburg (2) クリス・ヴァン・オールズバーグ 『急行「北極号」』 (2) »

Comments

Great writing! I want to see a follow up on this topic!?! Roman

Posted by: hakes insurance | Friday, 10 December 2010 10:04 am

Woah! I'm really digging the template/theme of this blog. It's simple, yet effective. A lot of times it's tough to get that "perfect balance" between user friendliness and appearance. I must say you have done a great job with this. In addition, the blog loads extremely fast for me on Firefox. Superb Blog!

Posted by: http://makemoneyonlinefast.ddenti.com/ | Wednesday, 18 December 2013 02:36 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Polar Express by Chris Van Allsburg (1) クリス・ヴァン・オールズバーグ 『急行「北極号」』 (1):

« 筒井頼子+林明子 『はじめてのおつかい』 Miki's First Errand by Yoriko Tsutsui & Akiko Hayashi | Main | The Polar Express by Chris Van Allsburg (2) クリス・ヴァン・オールズバーグ 『急行「北極号」』 (2) »