« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

Sunday, 28 March 2010

Seven Days in the Art World by Sarah Thornton サラ・ソーントン 『現代アートの舞台裏—5カ国6都市をめぐる7日間』

■はじめに Introduction

現代アートの世界を、美術評論ではなく、社会学・社会史的な関心から取材してまとめたルポルタージュ。1. オークション、2. 批評会、3. アートフェア、4. 賞、5. アート雑誌、6. スタジオ訪問、7. ビエンナーレの全7章から成る。「第6章 スタジオ訪問」では、村上隆氏のアトリエを訪問した様子が描写されている。


■村上隆がルイ・ヴィトンのために製作した短篇アニメ
 「スーパフラット・ファースト・ラブ」 (2009)
 Superflat First Love (2009) by Takashi Murakami for Louis Vuitton


■サラ・ソーントン——BBCのインタビューから
 Excerpts from BBC interview with Sarah Thornton

・無神論者にとって現代アートが一種の代替宗教になった
・教会など人々が儀式に集う場が社会的機能を持つのとまったく同じように、アートのイベントも、共通の関心を軸とするコミュニティ意識を生む

   ——サラ・ソーントン 『現代アートの舞台裏』「あとがきに代えて」から


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ko Ko_9788983715753_seven_days_in_the_ ja Ja_seven_days_in_the_art_world tr Tr_sanatdunyasindayedigun

pl Pl_siedem_dni_w_swiecie_sztuki de De_sieben_tage_in_der_kunstwelt it It_il_giro_del_mondo_dellarte_in_se

br Br_setediasnomundodaarte es Es_siete_das_en_el_mundo_del_arte_2 fr Fr_sept_jours_dans_le_monde_de_lart

en En_uk_9781847080844_4 en En_seven_days_in_the_art_world


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ko] 韓国語
タイトル: 걸작의 뒷모습
著者: 세라 손튼 (author) 이대형 배수희 (translator)
出版社: 세미콜론
出版年: 2011-09-23
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788983715753


[ja] 日本語
タイトル: 現代アートの舞台裏 5カ国6都市をめぐる7日間
著者: サラ・ソーントン 
単行本
出版社: ランダムハウス講談社
出版年: 2009-05-14
ISBN-10 : 4270004924
ISBN-13 : 9784270004920
版元による この本の紹介


[tr] トルコ語
タイトル: Sanat Dünyasında Yedi Gün
著者: Sarah Thornton (author)  Mine Haydaroğlu (translator)
出版社: Yapı Kredi Yayınları
出版年: 2012
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789750822483
版元による この本の紹介


[pl] ポーランド語
タイトル: Siedem dni w świecie sztuki
著者: Sarah Thornton 
Binding: soft
出版社: Propaganda
出版年: 2011
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788393396603


[de] ドイツ語
タイトル: Sieben Tage in der Kunstwelt
著者: Sarah Thornton 
ハードカバー
出版社: S. Fischer Verlage
出版年: 2009-05
ISBN-10 : 3100780221
ISBN-13 : 9783100780225
版元による この本の紹介


[it] イタリア語
タイトル: Il Giro del mondo dell'arte in sette giorni
著者: Sarah Thornton 
出版社: Feltrinelli
出版年: 2009
ISBN-10 : 8807711044
ISBN-13 : 9788807711046
版元による この本の紹介


[br] ブラジル・ポルトガル語
タイトル: Sete Dias no Mundo da Arte
著者: Sarah Thornton 
出版社: Ediouro/Agir
出版年: 2010-10 (forthcoming)
ISBN-10 :
ISBN-13 :


[es] スペイン語
タイトル: Siete días en el mundo del arte
著者: Sarah Thornton 
Paperback.  Colección OTRAS OBRAS
出版社: EDHASA
出版年:
ISBN-10 : 9876280562
ISBN-13 : 9789876280563
版元による この本の紹介


[fr] フランス語
タイトル: Sept jours dans le monde de l'art (Broché)
著者: Sarah Thornton (Auteur), Arlette Sancery (Traduction) 
出版社: Editions Autrement
出版年: 2009-05-25
ISBN-10 : 2746712954
ISBN-13 : 9782746712959
版元による この本の紹介


[en] 英語 (UK edition)
タイトル: Seven Days in the Art World
著者: Sarah Thornton 
ペーパーバック
出版社: Granta Books
出版年: 2009-09-07
ISBN-10 : 1847080847
ISBN-13 : 9781847080844


[en] 英語 (US edition)
タイトル: Seven Days in the Art World
著者: Sarah Thornton 
ハードカバー
出版社: W W Norton & Company
出版年: 2008-11-09
ISBN-10 : 039306722X
ISBN-13 : 9780393067224
版元による この本の紹介


■著者本人の出演するプロモーション・ビデオ
 Sarah Thornton - Seven Days in the Art World


■日本語訳 Translation into Japanese

かつてオークションハウスには、制作後二年未満の作品は取り扱わないように努めるという不文律があった。これは、ディーラーの縄張りを侵さないための配慮だった。それというのも、オークションハウスにはアーティストを一から売りこむだけの時間も技量もなかったからである。加えて、デミアン・ハーストなど重要な例外はあるものの、現役アーティストは先行きが不透明で、面倒だと思われていた。サザビーズのスタッフが、私にふと本音を漏らしたことがある。「私たちはアーティストではなく、作品しか相手にしていません。そのほうが都合もいいですしね。アーティスト連中とは長い付き合いですが、とんでもなくやっかいな相手ですよ」。だから、作品の供給が途絶えて作品数が打ち止めになり、市場の輪郭が明確になるという点に限って言えば、アーティストの死もチャンスとみなすことができる

   第1章 オークション クリスティーズ〈ニューヨーク〉
   サラ・ソーントン=著 鈴木泰雄(すずき・やすお)=訳
   『現代アートの舞台裏—5カ国6都市をめぐる7日間
   ランダムハウス講談社 2009-05-13
   原文の傍点は下線に置き換えました。


■英語原文 The original text in English

The auction houses used to have an unwritten rule to "try" not to sell art that was less than two years old. They didn't want to step on the toes of dealers, because they didn't have the time or the expertise to market artists from scratch. Moreover, with a few important exceptions, like Damien Hirst, living artists are perceived as unpredictable and inconvenient. As a Sotherby's staffer told me in a cavalier moment, "We don't deal with artists, just the work, and they're a bloody pain in the arse." Accordingly, an artist's death can be opportune insofar as it cuts off the supply, creates a finite oeuvre, and cleans the way for a well-defined market.

   Seven Days in the Art World by Sarah Thornton
   W. W. Norton & Company, 2008-11-09


■外部リンク External links

   * Sarah Thornton Official Website
   * Sarah Thornton - Wikipedia
   * Book review by Ben Lewis - The Sunday Times, 2008-10-05


■更新履歴 Change log

2012-09-05 韓国語版、トルコ語版、およびポーランド語版の表紙画像を
         追加しました。
2010-03-29 「サラ・ソーントン——BBCのインタビューから」の YouTube
         動画の下に、彼女の著書『現代アートの舞台裏』の
         「あとがきに代えて」からの抜粋を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, 22 March 2010

Imagined Communities by Benedict Anderson ベネディクト・アンダーソン 『想像の共同体』

■はじめに Introduction

国民 (a nation) とは、本来的に限定的で主権的な想像された政治的共同体である——民族や国民やナショナリズムについて思いをめぐらす人たちみんなが読む本。


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_imagined_communities zh Zh_trad_imagined_communities ja 488611508x_2

ja 487188516x_2 ko Ko_imagined_communities th Th_imagined_communities_2

tr Tr_hayali_cemaatler_benedict_anders he He_benedict_anderson_12431916117920 ru Ru_imagined_communities

uk Uk_benedict_anderson_imagined_commu bg Bg_benedict_anderson pl Pl_benedict_anderson_wspolnoty_wyob

sl Sl_9789616262897_benedict_anderson lt Lt_imagined_communities fi Fi_imagined_communities

no No_benedict_anderson_imagined_commu de De_die_erfindung_der_nation nl Nl_benedict_anderson_imagined_com_2

pt Br_comunidades_imaginadas ca Ca_84370625351498_benedict_anderson es Es_comunidades_imaginadas

fr Fr_limaginaire_national en En_imagined_communities

 

■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[zh] 中国語(簡体字)
タイトル: 想象的共同体:民族主义的起源与散布 (世纪人文系列丛书)
作者: (美)安德森 著,吴叡人 译
出版社: 上海人民出版社
出版年: 2005-04-01
ISBN-10: 7208054029
ISBN-13: 9787208054028
版元による この本の紹介


[zh] 中國語(繁體字)
タイトル: 想像的共同體  Imagined Community
著者: 班納迪克.安德森 原文作者:Benedict Anderson 譯者:吳叡人
出版社: 時報出版
出版年: 1999-04-26
ISBN-10 : 9571328871
ISBN-13 : 9789571328874
版元による この本の紹介


[ko] 韓国語
タイトル: 상상의 공동체 : 민족주의의 기원과 전파에 대한 성찰
著者: 베 네딕트 앤더슨 (지은이) 윤 형숙 (옮긴이)
出版社: 나남출판
出版年: 2003-10-05
ISBN-10 : 8930039022
ISBN-13 : 9788930039024
版元による この本の紹介


[ja] 日本語
タイトル: 定本 想像の共同体—ナショナリズムの起源と流行 (社会科学の冒険2期)
著者:ベネディクト アンダーソン 
単行本
出版社: 書籍工房早山
出版年: 2007-07
ISBN-10 : 488611508X
ISBN-13 : 9784886115089
版元による この本の紹介


[ja] 日本語
タイトル: 増補 想像の共同体—ナショナリズムの起源と流行 (ネットワークの社会科学シリーズ)
著者:ベネディクト アンダーソン 
単行本
出版社: NTT出版
出版年: 1997-05-20
ISBN-10 : 487188516X
ISBN-13 : 9784871885164
版元による この本の紹介


[th] タイ語
タイトル: ชุมชนจินตกรรม : บทสะท้อนว่าด้วยกำเนิดและการแพร่ขยายของชาตินิยม
著者: Benedict Anderson 
出版社: ตำราสังคมศาสตร์และ มนุษยศาสตร์, มูลนิธิ โครงการ
出版年: 1 / 2552(西暦2009)
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789744993793
More info at Thai Book World


[tr] トルコ語
タイトル: Hayali Cemaatler Milliyetçiliğin Kökenleri ve Yayılması
著者: Benedict Anderson 
出版社: Metis Yayınları / Tarih Toplum Felsefe Dizisi
出版年: 2011
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789753420266


[he] ヘブライ語
タイトル: קהילות מדומיינות
著者: בנדיקט אנדרסון 
出版社: האונברסיטה הפתוחה
出版年:
ISBN-10 :
ISBN-13 :


[ru] ロシア語
タイトル: Воображаемые сообщества. Размышления об истоках и распространении национализма
著者: Бенедикт Андерсон 訳者: В. Николаев
出版社: Канон-Пресс-Ц
出版年: 2001
ISBN-10 : 5933540173
ISBN-13 :
版元による この本の紹介


[uk] ウクライナ語
タイトル: Уявлені спільноти. Міркування щодо походження й поширення націоналізму
著者: Бенедикт Андерсон
出版社: Критика
出版年: 2001
ISBN-10 : 9667679160
ISBN-13 :


[bg] ブルガリア語
タイトル: Въобразените общности. Размишления върху произхода и разпространението на национализма
著者: Бенедикт Андерсън 訳者: Яна Генова
出版社: Критика и хуманизъм
出版年: 1998
ISBN-10 : 9545870397
ISBN-13 : 9789545870392


[pl] ポーランド語
タイトル: Wspólnoty wyobrażone: rozważania o źródłach i rozprzestrzenianiu się nacjonalizmu
著者: Benedict Anderson 訳者: Stefan Amsterdamski 
出版社: Znak
出版年: 1997
ISBN-10 : 8370066127
ISBN-13 :
版元による この本の紹介


[sl] スロベニア語
タイトル: Zamišljene skupnosti : o izvoru in širjenju nacionalizma
著者: Benedict Anderson 訳者: Alja Brglez Uranjek & Andrej Kurillo 
出版社: Studia Humanitatis, Ljubljana
出版年: 2008-05-22
Paperback
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789616262897
版元による この本の紹介


[lt] リトアニア語
タイトル: Įsivaizduojamos bendruomenės. Apmąstymai apie nacionalizmo kilmę ir plitimą
著者: Benedict Anderson 訳者: Aušra Čižikienė 
出版社: Baltos lankos
出版年: 1999
ISBN-10 : 9986861748
ISBN-13 :
版元による この本の紹介


[fi] フィンランド語
タイトル: Kuvitellut yhteisöt: Nationalismin alkuperän ja leviämisen tarkastelua
著者: Anderson Benedict 訳者: Kuortti Joel 序文: Jouko Nurmiainen
出版社: Vastapaino
出版年: 2007
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789517681872


[no] ノルウェー語
タイトル: Forestilte fellesskap : refleksjoner omkring nasjonalismens opprinnelse og spredning
著者: Benedict Anderson
出版社: Spartacus
出版年: 1996
ISBN-10 : 8243000607
ISBN-13 : 9788243000605


[de] ドイツ語
タイトル: Die Erfindung der Nation. Zur Karriere eines folgenreichen Konzepts
著者: Benedict Anderson 
ペーパーバック
出版社: Campus Verlag GmbH
出版年: 2002-02
ISBN-10 : 3593355728
ISBN-13 : 9783593355726
版元による この本の紹介


[nl] オランダ語
タイトル: De verbeelde gemeenschap
著者: Benedict Anderson 
ペーパーバック
出版社: Leuven University Press
出版年: 2004
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789058673749


[pt] ポルトガル語
タイトル: Comunidades Imaginadas - Reflexões Sobre a Origem e a Difusão do Nacionalismo
著者: Benedict Anderson 訳者: Denise Bottman
出版社: Companhia das Letras
出版年: 1993
ISBN-10 : 853591188x
ISBN-13 : 9788535911886
版元による この本の紹介


[ca] カタルーニャ語(カタロニア語)
タイトル: Comunitats imaginades. Reflexions sobre l'origen i la propagació del nacionalisme
著者: Benedict Anderson 訳者: M. Àngels Giménez
出版社: Valencia : Universitat de València
出版年: 2005
ISBN-10 : 8437062535
ISBN-13 : 9788437062532
版元による この本の紹介


[es] スペイン語
タイトル: Comunidades imaginadas: Reflexiones sobre el origen y la difusion del nacionalismo (Poltica)
著者: Anderson Benedict 訳者: Eduardo L. Suárez
ペーパーバック
出版社: Fondo De Cultura Economica USA
出版年: 2007-12-31
ISBN-10 : 9681638670
ISBN-13 : 9789681638672
版元による この本の紹介


[fr] フランス語
タイトル: L'imaginaire national : Réflexions sur l'origine et l'essor du nationalisme (Poche)
著者: Benedict Anderson (Auteur), Pierre-Emmanuel Dauzat (Traduction) 
出版社: Editions La Découverte
出版年: 2006-08-18
ISBN-10 : 270715007X
ISBN-13 : 9782707150073
版元による この本の紹介


[en] 英語
タイトル: Imagined Communities: Reflections on the Origin and Spread of Nationalism
著者: Benedict Anderson 
ペーパーバック
出版社: Verso Books
出版年: 1991-07
ISBN-10 : 0860915468
ISBN-13 : 9780860915461


■日本語訳からの抜粋 Excerpt from the Japanese translation

国民とはイメージとして心に描かれた想像の政治共同体(イマジンド・ポリティカル・コミュニティ)である——そしてそれは、本来的に限定され、かつ主権的なもの〔最高の意思決定主体〕として想像される。

国民は〔イメージとして心の中に〕想像されたものである。というのは、いかに小さな国民であろうと、これを構成する人々は、その大多数の同胞を知ることも、会うことも、あるいはかれらについて聞くこともなく、それでいてなお、ひとりひとりの心の中には、共同の聖餐(コミュニオン)のイメージが生きているからである。

国民は、限られたものとして想像される。なぜなら、たとえ一○億の生きた人間を擁する最大の国民ですら、可塑的ではあれ限られた国境をもち、その国境の向うには他の国民がいるからである。

国民は主権的なものとして想像される。なぜなら、この国民の概念は、啓蒙主義と革命が神授のヒエラルキー的王朝秩序の正統性を破壊した時代に生まれたからである。

そして最後に、国民は一つの共同体として想像される。なぜなら、国民のなかにたとえ現実には不平等と搾取があるにせよ、国民は、常に、水平的な深い同志愛として心に思い描かれるからである。

   ベネディクト・アンダーソン=著
   白石さや(しらいし・さや)+白石隆(しらいし・たかし)=訳


■ロシア語訳からの抜粋 Excerpt from the Russian translation

НАЦИЯ – это воображенное политическое сообщество, и воображается оно как что-то неизбежно ограниченное, но в то же время суверенное.

Оно воображенное, поскольку члены даже самой маленькой нации никогда не будут знать большинства своих собратьев-по-нации, встречаться с ними или даже слышать о них, в то время как в умах каждого из них живет образ их общности.

Нация воображается ограниченной, потому что даже самая крупная из них, насчитывающая, скажем, миллиард живущих людей, имеет конечные, хотя и подвижные границы, за пределами которых находятся другие нации.

Она воображается суверенной, ибо данное понятие родилось в эпоху, когда Просвещение и Революция разрушали легитимность установленного Богом иерархического династического государства.

И наконец, она воображается как сообщество, поскольку независимо от фактического неравенства и эксплуатации, которые в каждой нации могут существовать, нация всегда понимается как глубокое, горизонтальное товарищество.


■ポルトガル語による要約 Summary in Portuguese

Nação é uma comunidade política imaginada - e imaginada como sendo intrinsecamente limitada e, ao mesmo tempo, soberana. Para ele, a nação seria:

Imaginada porque seus membros nunca conhecerão todos os demais; na mente de cada indivíduo reside uma imagem da comunidade da qual participam. Ou seja, ainda que os limites de uma nação não existam empiricamente, seus indivíduos são capazes de criar e imaginar tais fronteiras, criando e imaginando seus membros.

Limitada porque a nação é limitada em suas fronteiras por outros territórios.

Soberana porque o surgimento do nacionalismo, segundo Anderson, está relacionado ao declínio dos sistemas tradicionais de governabilidade.

Comunidade porque uma nação é concebida enquanto estrutura horizontal na sociedade. Ou seja: é possível membros de diferentes classes sociais, em diferentes posições sociais, ocuparem um mesmo âmbito nacional e estarem vinculados por um projeto em comum.


■ドイツ語訳からの抜粋 Excerpt from the German franslation

[Die Nation] ist eine vorgestellte politische Gemeinschaft - vorgestellt als begrenzt und souverän.

Vorgestellt ist sie deswegen, weil die Mitglieder selbst der kleinsten Nation die meisten anderen niemals kennen, ihnen begegnen oder auch nur von ihnen hören werden, aber im Kopf eines jeden die Vorstellung ihrer Gemeinschaft existiert.

Die Nation wird als begrenzt vorgestellt, weil selbst die größte on ihnen mit vielleicht einer Milliarde Menschen in genau bestimmten, wenn auch variablen Grenzen lebt, jenseits derer andere Nationen liegen.

Sie ist „souverän, weil ihr Begriff in einer Zeit geboren wurde, als Aufklärung und Revolution die Legitimität der als von Gottes Gnaden gedachten hierarchischdynastischen [sic] Reiche zerstörten.

Sie ist eine „Gemeinschaft, […] weil sie, unabhängig von realer Ungleichheit und Ausbeutung, als ‚kameradschaftlicher‘ Verbund von Gleichen verstanden wird.“


■英語原文からの抜粋 Excerpt from the original text in English

[A nation] is an imagined political community--and imagined as both inherently limited and sovereign.

A nation is imagined because the members of even the smallest nation will never know most of their fellow-members, meet them, or even hear of them, yet in the minds of each lives the image of their communion.

The nation is imagined as limited because even the largest of them, encompassing perhaps a billion living human being, has finite, if elastic, boundaries, beyond which lie other nations.

They are sovereign insofar as no dynastic monarchy can claim authority over them, an idea arising in the early modern period. The concept was born in an age in which Enlightenment and Revolution were destroying the legitimacy of the divinely-ordained, hierarchical dynastic realm.

Finally, a nation is an imagined community because "regardless of the actual inequality and exploitation that may prevail in each, the nation is always conceived as a deep, horizontal comradeship.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013-03-19 トルコ語版、ヘブライ語版、ウクライナ語版、ブルガリア語版、ポーランド語版、スロベニア語版、ノルウェー語版、オランダ語版、カタルーニャ語版の表紙画像および書誌情報を追加しました。
  • 2010-03-28 「はじめに」の冒頭の語「国民」のあとに原語 (a nation) を挿入しました。このように修正を加えた理由については、コメント欄の伊藤 龍樹さんとわたしとの間のやりとりをご参照ください。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Sunday, 14 March 2010

The Looming Tower: Al-Qaeda and the Road to 9/11 by Lawrence Wright ローレンス・ライト 『倒壊する巨塔—アルカイダと「9・11」への道』

■はじめに Introduction

2007年のピューリッツァー賞(ピューリツァー賞/ピュリツァー賞)一般ノンフィクション部門受賞作。


■グーグル社主催の講演シリーズ「Authors@Google」で話す著者ローレンス・ライト
 Authors@Google: Lawrence Wright


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

ローレンス・ライトの公式サイト によれば、彼の著書『倒壊する巨塔—アルカイダと「9・11」への道』は25言語に翻訳されているそうです。下に表紙画像とともに紹介するのは、その一部。

According to Lawrence Wright's official website, his book The Looming Tower: Al-Qaeda and the Road to 9/11 has been translated into 25 languages. Shown below with cover photos are some of these editions.


[zh] 中国語(簡体字)
タイトル: 巨塔杀机基地组织与9·11之路
著者: (美)劳伦斯﹒赖特(Lawrence Wright) 张鲲 蒋莉 
単行本
出版社: 上海译文出版社
出版年: 2009-01
ISBN-10 : 753274622
ISBN-13 : 9787532746224
More info at:
* 蔚蓝网 (wl.cn)
* 蔚藍網台灣 (welan.com.tw)


[ja] 日本語
タイトル: 倒壊する巨塔〈上〉—アルカイダと「9・11」への道
著者: ローレンス・ライト 
単行本
出版社: 白水社
出版年: 2009-08
ISBN-10 : 4560080194
ISBN-13 : 9784560080191
版元による この本の紹介 と「プロローグ」の 立ち読みページ


[ar] アラビア語
タイトル: البروج المشيدة: القاعدة والطريق إلى 11 سبتمبر
著者: لورانس رايت 
出版社:
出版年:
ISBN-10 :
ISBN-13 :


[it] イタリア語
タイトル: Le altissime torri. Come al-Qaeda giunse all'11 settembre
著者: Lawrence Wright, traduzione di Giovanni Ferrara degli Uberti
出版社: Adelphi – Milano
出版年: 2007-09-11
ISBN-10 : 8845921948
ISBN-13 : 9788845921940
Publisher's page for this book


[es] スペイン語
タイトル: La torre elevada: Al-Qaeda y los orígenes del 11-S
著者: Lawrence Wright 
Colección Debate
出版社: Debate
出版年: 2009-09-18
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788483068380


[de] ドイツ語
タイトル: Der Tod wird euch finden
著者: Lawrence Wright (Autor), Hans Freundl (Übersetzer), Stephan Gebauer (Übersetzer)
ペーパーバック
出版社: Goldmann Wilhelm
出版年: 2008-09
ISBN-10 : 3442129869
ISBN-13 : 9783442129867


[fr] フランス語
タイトル: La guerre cachée : Al-Qaïda et les origines du terrorisme islamiste (Broché)
著者: Lawrence Wright (Auteur), Anatole Muchnik (Traduction)
出版社: Robert Laffont
出版年: 2007-08-16
ISBN-10 : 2221108647
ISBN-13 : 9782221108642


[en] 英語
タイトル: The Looming Tower: Al-Qaeda and the Road to 9/11
著者: Lawrence Wright
出版社: Robert Laffont
出版年: 2006-08-08
ISBN-10 : 037541486X
ISBN-13 :


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_the_looming_tower ja Ja_the_looming_tower ar Ar_the_looming_tower

it It_le_altissime_torri es Es_the_looming_tower fr Fr_the_looming_tower

de De_the_looming_tower en En_the_looming_tower


■日本語訳 Translation into Japanese

エジプトのアレキサンドリアからニューヨーク港を目指す大型客船の一等船室に、華奢な身体つきをした中年の作家兼教育者がすわっていた。名をサイイド・クトゥブといった。彼はいま、信仰の危機を迎えていた。「アメリカにむかうごく普通の留学生のように、奨学金をもらい、食べて寝るだけの生活を送るべきか、それとも特別な暮らしを目指すべきか」思案はつづく。「多くの罪深い誘惑に直面しても、イスラムの教えを堅持すべきか、それとも見渡すかぎりの誘惑にそのまま浸ってみるべきか」と。一九四八年十一月のことだった。水平線のかなたに聳えたつ新世界はすぐる大戦の勝者であり、ひどく豊かで、そして自由だった。一方、あとに残してきたエジプトは貧しさと悲しみの巷だった。このエジプト人船客は、じつはそれまで故国を離れた経験がなかった。今回の出国も、別に本人が望んでのことではない。

   第1章 殉教者
   ローレンス・ライト=著 平賀秀明(ひらが・ひであき)=訳
   『倒壊する巨塔〈上〉—アルカイダと「9・11」への道
   白水社 2009-08-20


■アラビア語訳 Translation into Arabic

في نوفمبر/تشرين الثاني من عام 1948م داخل حجرة خاصة في الدرجة الأولى بباخرة متجهة إلى نيويورك من ميناء الإسكندرية المصري، جلس سيد قطب — كاتب ومعلم ضئيل الجسم في منتصف العمر — يعاني صراعًا داخليًّا يقض مضجعه إذ كان يتساءل في قرارة نفسه: «أأذهب إلى أمريكا وأسير فيها سير المبتعثين العاديين الذين يكتفون بالأكل والنوم، أم لا بد من التميز بسمات معينة؟ وهل غير الإسلام والتمسك بآدابه والالتزام بمناهجه في الحياة وسط اللمعان المترف المزود بكل وسائل الشهوة واللذة والحرام؟» ثم تطلع إلى الأفق ورأى العالم الجديد يلوح أمامه بكل ثرائه وحريته مزدانًا برداء النصر الذي ارتداه بعد انتهاء الحرب، ومن ورائه تقف مصر غارقة في دموعها ترتدي ثيابها البالية التي تداعى عليها الزمن. وكانت هذه هي المرة الأولى التي يغادر فيها هذا الشاب المصري بلده، وقد غادرها رغمًا عنه.

الشهيد
البروج المشيدة: القاعدة والطريق إلى 11 سبتمبر
by لورانس رايت
Excerpt at كلمات عربية (kalimatarabia.com)


■英語原文 The original text in English

In a first-class stateroom on a cruise ship bound for New York from Alexandria, Egypt, a frail, middle-aged writer and educator named Sayyid Qutb experienced a crisis of faith. “Should I go to America as any normal student on a scholarship, who only eats and sleeps, or should I be special?” he wondered. “Should I hold on to my Islamic beliefs, facing the many sinful temptations, or should I indulge those temptations all around me?” It was November 1948. The new world loomed over the horizon, victorious, rich, and free. Behind him was Egypt, in rags and tears. The traveler had never been out of his native country. Nor had he willingly left now.

   The Martyr
   The Looming Tower: Al-Qaeda and the Road to 9/11
   by Lawrence Wright
   Knopf, 2006-08-08
   Excerpt at:
   * New York Times
   * Random House


■外部リンク External links

 [en] English
   * Lawrence Wright Official Website
   * Lawrence Wright - Wikipedia (1947-  )
   * Lawrence Wright - Random House Speakers Bureau

 [ja] 日本語
   * 読売新聞書評 2009-12-07 評者:榧野信治(読売新聞本社論説副委員長)
   * 毎日新聞書評 2009-10-04 評者:山内昌之
   * 日本経済新聞書評 2009-09-27 評者:脇祐三(日本経済新聞社論説副委員長)
   * 朝日新聞書評 2009-09-06 評者:松本仁一


■更新履歴 Change log

 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 09 March 2010

Антон Чехов - Скрипка Ротшильда / Rothschild's Fiddle by Anton P. Chekhov チェーホフ 「ロスチャイルドのバイオリン」「ロスチャイルドのヴァイオリン」「ロスチャイルドのワ゛ヰオリン」「提琴」

■はじめに Introduction

貧しい棺桶屋と彼の持つバイオリンについての短いお話。


■フレーイシュマン+ショスタコーヴィチ 歌劇「ロスチャイルドのヴァイオリン」1/3
 Fleishmann/Shostakovich "Rothschild's Violin" Part 1 of 3

チェーホフの短篇小説にもとづいた一幕物オペラ。夭逝した弟子フレーイシュマンが未完のまま残した作品を師ショスタコーヴィチが完成させた。


■日本語訳 Translation into Japanese

(1) 浦 2010
 その田舎町はちっぽけで、村に比べても見劣りがした。しかも、そこに住んでいるのはほとんど年寄りばかりで、これがまた滅多に死なず、腹立たしくなるくらいだ。病院でも監獄でも棺桶が注文されることはほとんどない。要するに、商売はあがったりなのだ。もしヤコフ・イワーノフが県庁所在地の棺桶屋であったなら、家一軒でんとかまえ、うやうやしくヤコフ・マトヴェーイチさまとでも称されたところだが、この町ではただたんにヤコフと呼び捨てにされ、どういうわけか〈青銅(ブロンザ)〉とあだ名されていた。暮らしぶりは水呑み百姓のように貧しく、一間っきりの小さなあばら屋に暮らし、その一間にヤコフとマルファ、暖炉、二人用の寝台、棺桶、作業台、商売道具の一切が収まっていた。

   アントン・チェーホフ=著 浦雅春(うら・まさはる)=編訳
   「ロスチャイルドのヴァイオリン」
   『馬のような名字—チェーホフ傑作選
   河出文庫 2010-03-20 版元による この本の紹介


(2) 沼野 2009, 2010
 ちっぽけな町で、村にもひけをとるくらいだった。住んでいるのも年寄りばかり、しかもなかなか死なないので、いまいましくなるくらいだ。病院からも、監獄からも、棺桶の注文はめったになかった。これじゃあ、商売あがったりだ。もしもヤーコフ・イワノフが県庁所在地の都会で棺桶屋をやっていたら、立派な家を構え、イワノフ様なんて呼ばれていたことだろう。でもこのしけた町では、おい、ヤーコフ、と呼びすてにされ、なぜか「青銅(ブロンザ)」というあだ名まで付けられていた。暮らしは貧しく、一部屋しかない古い小屋に、しがない農民のように住んでいた。その部屋には彼のほか、マルファと、暖炉と、二人用の寝台と、いくつもの棺桶と、作業台と、所帯道具の一切合財が詰め込まれていたのだ。

   アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ=著
   沼野充義(ぬまの・みつよし)=訳 「ロスチャイルドのバイオリン」
   a.新訳 チェーホフ短篇集』 集英社 2010-09-30
     版元による この本の紹介
   b.すばる』 集英社 2009年6月号
   初出誌は b.。引用は a. に拠りました。傍点を下線で置き換えました。


(3) 児島 2005
 その町はいかにも小さかった。
 暮らし向きは寒村よりさらにひどく、住んでいる人はといえばほとんどが老人だった。
 そして、この人たちが亡くなるのは腹立たしいほど稀(まれ)なこと。つまり、棺桶(かんおけ)なるものは病院でも牢屋(ろうや)でもまずは必要とされない。
 かいつまんで言うと、棺桶づくりの仕事は繁盛(はんじょう)とは、まず関係がなかった。
 ヤーコフ・イワーノフが、もし県都の棺桶屋だったら、きっと持家の一軒も建てて、ふつうにヤーコフ・マトヴェーヴィチと呼ばれたことだろう。
 だも彼はこの町で単にヤーコフと呼ばれ、巷(ちまた)ではなぜか綽名(あだな)の〈青銅(ブロンザ)〉で通っていた。
 暮らし向きは良くなく、大かたの農民と同じように、一部屋きりの古い小さな農家に、妻のマルファと暮らしていた。
 家には暖炉(ペチカ)、二人用の寝台、いくつかの棺桶、作業台、家事や仕事に必要な小道具類などが、手狭な場所にさらにすきなく置かれていた。

   アントン・P・チェーホフ=作 イリーナ・ザトゥロフスカヤ=絵
   児島宏子(こじま・ひろこ)=訳
   『ロスチャイルドのバイオリン』 チェーホフ・コレクション
   未知谷 2005-02-25 版元によるこの本の紹介


(4) 松下 1986
 このいなか町はちっぽけで、村にも劣り、ほとんど老人ばかりが住んでいたが、その老人たちがまた腹立たしいほどめったに死ななかった。病院だろうと監獄だろうと、棺桶(かんおけ)のいることなどそれこそめずらしかった。ひと口(くち)に言って商売はあがったりだった。もしもヤーコフ・イワーノフが県庁所在地の棺桶屋だったら、きっと自分の家も持ち、ちゃんとヤーコフ・マトヴェーイチと呼ばれたにちがいなかった。こんないなか町のこととて、ただヤーコフと呼びすてにされるだけで、通り名をなぜかブロンザ(青銅)と言い、たったひと間(ま)きりの小さな古ぼけた小屋に、水呑(みずのみ)百姓同然のしがない暮しをしていた。このひと間に、彼とマールファ、暖炉、ふたり用の寝台、棺桶、かんな台、そして世帯道具いっさいが同居しているのだった。

   チェーホフ=作 松下裕(まつした・ゆたか)=訳
   「ロスチャイルドのヴァイオリン」
   『幸福 谷間』 麥秋社 1986-11-25


(5) 池田 1960, 1976, etc.
 その田舎町は村よりちっぽけで、ほとんど老人ばかりが住んでいたが、その老人たちがいまいましくなるぐらい、めったに死ななかった。病院でも監獄でも、だから、棺桶が必要になるのはごく稀だった。ひと口に言えば、商売あがったりである。もしヤーコフ・イワーノフが県庁所在地の棺桶屋だったら、たぶん自分の家の一つも持って、まっとうにヤーコフ・マトヴェーイチと呼ばれただろうが、この田舎町ではただ素気なくヤーコフと呼ばれるだけで、なぜか通り名を「青銅(ブロンザ)」と言い、ひと間(ま)きりの小さい古い百姓小屋に、水呑み百姓も同じ貧乏暮らしを送っていた。このたったひと間に、彼とマルファと、暖炉と、二人用の寝台と、棺桶と、かんな台と、世帯道具いっさいが詰め込まれていたのである。

   チェーホフ=作 池田健太郎(いけだ・けんたろう)=訳
   「ロスチャイルドのバイオリン」
   a.チェーホフ 短篇と手紙』 みすず書房 2002-01-07
   b.チェーホフ全集9』 中央公論社 1976
   c.チェーホフ全集9』 中央公論社 1960
   引用は a. に拠りました。


(6) 中村 1936
 村よりひどい位のちつぽけな田舎町で、そこには殆ど老人ばかりが住んでゐたが、それがまた死なないことゝと言つたら、忌々しい位であつた。それで、病院でも、監獄でも、棺の需要は非常に少なかつた。一口に言ふと、商売が甚だ面白くなかつたのである。若しヤーコフ・イワーノフがこれで縣廳所在市の棺屋だつたら、彼は今頃はきつと自分の家の一つも持つて、人からもヤーコフ・マトヴェーイチと呼ばれて、幾らか立てられる身分にもなつてゐたであらうが、この町ではたゞマトヴェイと呼ばれるだけで、町での綽名は何故かブロンザ(青銅の意)と言ふのだつた、そしてまるで水呑百姓のやうに、一間きりの小さな古い家に貧乏暮らしをしてゐて、その一間に、彼と、マールファと、暖炉と、二人寝の寝台と、幾つもの棺と、仕事台と、一切の家財道具とがあるのだつた。

   チェーホフ=作 中村白葉(なかむら・はくよう)=譯
   「ロスチャイルドのワ゛ヰオリン」
   『チェーホフ全集9 黑衣の僧』 金星堂 1936-02-20(昭和11)


(7) 楠田 1910
[ルビを取り除いたテキスト]
町と云つても殆んど名ばかりで村と變らない。——住んで居る人々は多く老人のみだが、死亡と云ふ事は滅多に無い。是は彼に取つて明かに苦痛である。病院でも監獄でさへも棺の必要は餘り無い。言換れば商賣が繁昌しないのである。若しヤコブ・イバノフが市の棺造人であつたならば、彼は普通の家も有つて、ヤコブ・マヴイエッチと稱へて居たのであらう。然れども實際はヤコブと云ふ名で知られて居つて、其の理由は解らないがブロンザと云ふ綽名を有つて居る。唯一間しか無い昔の茅屋に住んで居つて、水呑百姓として貧しく暮して居つた。茅屋の内には妻のマーファも居れば、暖爐や、二人寢の寢臺、棺桶、指物師用の腰掛、其の他の器具もある。

[原文——ルビ付き]
町(まち)と云(い)つても殆(ほと)んど名(な)ばかりで村(むら)と變(かは)らない。——住(す)んで居(ゐ)る人々(ひと/゛\)は多(おほ)く老人(らうじん)のみだが、死亡(しぼう)と云(い)ふ事(こと)は滅多(めつた)に無(な)い。是(これ)は彼(かれ)に取(と)つて明(あきら)かに苦痛(くつう)である。病院(びやうゐん)でも監獄(かんごく)でさへも棺(くわん)の必要(ひつよう)は餘(あま)り無(な)い。言換(いひかへ)れば商賣(しやうばい)が繁昌(はんじやう)しないのである。若(も)しヤコブ・イバノフが市(し)の棺造人(くわんつくりにん)であつたならば、彼(かれ)は普通(ふつう)の家(うち)も有(も)つて、ヤコブ・マヴイエッチと稱(とな)へて居(ゐ)たのであらう。然(け)れども實際(じつさい)はヤコブと云(い)ふ名(な)で知(し)られて居(を)つて、其(そ)の理由(りいう)は解(わか)らないがブロンザと云(い)ふ綽名(あだな)を有(も)つて居(ゐ)る。唯(たゞ)一間(ひとま)しか無(な)い昔(むかし)の茅屋(こや)に住(す)んで居(を)つて、水呑(みづのみ)百姓(しやう)として貧(まづ)しく暮(くら)して居(を)つた。茅屋(こや)の内(うち)には妻(つま)のマーファも居(を)れば、暖爐(ストーブ)や、二人寢(ふたりね)の寢臺(ねだい)、棺桶(くわんをけ)、指物師用(さしものしよう)の腰掛(こしかけ)、其(そ)の他(た)の器具(きぐ)もある。

   チエーホフ=著 「提琴」
   表紙表示: 楠田麥圃(くすだ・ばくほ)=譯
   奥付表示: 楠田斧三郎(くすだ・おのさぶろう)=譯
   a.チエーホフ短篇集』 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
   b.チエーホフ短篇集』 内外出版協會 1910-02(明治43)
   亡・要・若の旧字は新字で置き換えました。


■イタリア語訳 Translation into Italian

La cittadina era piccola, peggio di un villaggio, e vi vivevano quasi soltanto dei vecchi, i quali morivano così raramente che era addirittura un dispetto. All'ospedale e alla prigione, di bare ne richiedevan pochissime. In una parola, gli affari erano cattivi. Se Jakov Ivànov fosse stato fabbricante di bare nella città principale del governatorato, certamente avrebbe avuta una casa propria e l'avrebbero chiamato Jakov Matvèi£c£; qui in questa cittaduzza lo chiamavano semplicemente Jakov, e per di più i ragazzi di strada gli avevano dato, chissà perché, il soprannome di Bronza; ed egli viveva poveramente, come un semplice contadino, in una piccola casupola vecchia, nella quale c'era soltanto una camera, e in questa camera avevano posto lui, Marfa, la stufa, un letto matrimoniale, le bare, il banco da lavoro e tutto quel che occorre alla vita quotidiana.

   Il violino di Rotschild by Anton Cechov
   E-text at Uto Ughi Fan Club - Letteratura


■スペイン語訳 Translation into Spanish

El pueblecito era pequeño, peor que una aldea; vivían en él casi nada más que viejos, los cuales morían tan de tarde en tarde que incluso fastidiaba. En el hospital y en los calabozos de la cárcel había poca necesidad de ataúdes. En una palabra, las cosas iban mal. Si Yakov Ivanov hubiera sido fabricante de ataúdes en una ciudad de provincia, seguramente tendría casa propia y le llamarían Yakov Matvéich, pero aquí en el pueblecilio le llamaban simplemente Yakov. Su apodo callejero era, no se sabe por que, Bronce, y vivía pobremente, como un simple campesino, en una pequeña y vieja isba, en la cual había una sola habitación, y en esa habitación tenían cabida él, Marfa, la estufa, la cama de matrimonio, el banco de trabajo y todos sus utensilios.

   El violín de Rothschild by Anton Chejov
   Quoted in La historia comienza: ensayos sobre literatura by Amos Oz
   Siruela, 2007


■フランス語訳 Translation into French

La ville était une petite, pire qu'un village, et il a été habité par à peine en mais vieux peuple qui sont morts avec une rareté qui ennuyé vraiment. Dans l'hôpital et dans la forteresse de prison très peu de cercueils ont été eus besoin. En fait l'affaire était mauvaise. Si Yakov Ivanov avait été entrepreneur des pompes funèbres dans la ville principale de la province il aurait eu certainement une maison de son propre, et les gens auraient l'adressé comme Yakov Matveyitch;  ici dans ce misérable peu les gens de ville l'ont appelé simplement Yakov;  son surnom dans la rue était pour quelque Bronze de la raison, et il habitait dans un chemin pauvre comme un humble paysan, dans un peu vieille hutte dans lequel il y avait seulement une pièce, et dans cette pièce lui et Marfa, le poêle, un double lit, les cercueils, son banc, et toutes leurs affaires ont été entassées ensemble.

   Le violon de Rothschild by Anton Pavlovich Chekhov
   E-text at Le douzième projet


■英訳 Translation into English

The town was a little one, worse than a village, and it was inhabited by scarcely any but old people who died with an infrequency that was really annoying. In the hospital and in the prison fortress very few coffins were needed. In fact business was bad. If Yakov Ivanov had been an undertaker in the chief town of the province he would certainly have had a house of his own, and people would have addressed him as Yakov Matveyitch; here in this wretched little town people called him simply Yakov; his nickname in the street was for some reason Bronze, and he lived in a poor way like a humble peasant, in a little old hut in which there was only one room, and in this room he and Marfa, the stove, a double bed, the coffins, his bench, and all their belongings were crowded together.

   Rothschild's Fiddle by Anton P. Chekhov
   from The Chorus Girl and Other Stories (1920)
   Translated by Constance Garnett
   E-text at The Literature Network


■ロシア語原文 The original text in Russian

Городок был маленький, хуже деревни, и жили в нем почти одни только старики, которые умирали так редко, что даже досадно. В больницу же и в тюремный замок гробов требовалось очень мало. Одним словом, дела были скверные. Если бы Яков Иванов был гробовщиком в губернском городе, то, наверное, он имел бы собственный дом и звали бы его Яковом Матвеичем; здесь же в городишке звали его просто Яковом, уличное прозвище у него было почему-то Бронза, а жил он бедно, как простой мужик, в небольшом старой избе, где была одна только комната, и в этой комнате помещались он, Марфа, печь, двухспальная кровать, гробы, верстак и всё хозяйство.

   Антон Чехов
   Скрипка Ротшильда
   E-text at Интернет-библиотека


■外部リンク External links

 書評 Book reviews
   * 『ロスチャイルドのバイオリン』 書評:児島宏子の奄美日記
   * 朝の書評:『チェーホフ 短篇と手紙』

 著者について On the author
   [zh] 安東·帕夫洛維奇·契訶夫 - 維基百科 (1860-1904)
   [ja] アントン・チェーホフ - Wikipedia (1860-1904)
   [fr] Anton Tchekhov - Wikipédia (1860-1904)
   [en] Anton Chekhov - Wikipedia (1860-1904)
   [de] Anton Pawlowitsch Tschechow – Wikipedia (1860-1904)
   [ru] Чехов, Антон Павлович — Википедия (1860-1904)


■更新履歴 Change log

2012-02-03 楠田斧三郎=譯 1910-02 を追加しました。
2012-02-02 イタリア語訳とスペイン語訳を追加しました。
2010-09-30 沼野充義=訳 2010-09-30 を追加しました。
2010-03-12 浦雅春=編訳 2010-03-20 を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »