« On the Origin of Species by Charles Darwin (1) ダーウィン 『種の起源』『種の起原』『種之起原』『生物始源』 (1) | Main | On the Origin of Species by Charles Darwin (2) ダーウィン 『種の起源』『種の起原』『種之起原』『生物始源』 (2) »

Wednesday, 23 June 2010

The Humble Little Condom: A History by Aine Collier アーニェ・コリア 『コンドームの歴史』

WARNING: The following article and advertisements are intended for adults only.
        Minors are advised to leave now.

警 告    以下の記事と広告は成人向けです。未成年の方は閲覧をご遠慮ください。


 Video 1 
放送禁止になったテレビCM——薬局編
Banned Condom Ad (Pharmacy)


■はじめに Introduction

コンドームの歴史。

つまりこれは、コンドームについての本であり、同時に歴史についての本でもある。

また、セックス、エイズ、性感染症、医学、性風俗、結婚観、宗教観、工業技術、性教育、純潔運動、避妊、バースコントロール、わいせつ広告などについての本でもある。


 Images 1 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_9787532144679_ zh Zh_trad_9789881301628_ ja Ja_the_humble_little_condom

it It_collier_preservativo en En_humble_little_condom


 Video 2 
隔たり / Mr.Children

作詞:Kazutoshi Sakurai 作曲:Kazutoshi Sakurai

たった0.05ミリ
合成ゴムの隔たりを
その日 君は嫌がった
僕は それに応じる

怖いのは病気じゃない
君が胸に秘めた想い
だけど嫌な気分じゃない
僕は それに応じる

柔らかい体温が今 夜を包む
魔法にかかったみたいだ[以下略]

   Source: 隔たり Mr.Children 歌詞情報 - goo 音楽


 Images 2 
【重 要!】 コンドームの使い方
【Important!】 How to Use a Condom

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
How_to_use_a_condom
Image source: Презерватив
Словари и энциклопедии на Академике
(Academic dictionaries and encyclopedias)

 Image 3 
動物の腸から作られたコンドーム(1900年頃)
A condom made from animal intestine circa 1900.

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓
Intestine_condom_1900_3
Image source: History of condoms - Wikipedia


■日本語訳 Translation into Japanese

少年ファラオのツタンカーメンが王位に就くはるか以前、先史時代の芸術家は男と女がペニスに覆いをつけてセックスしている場面を描いている。フランスのカンバレル洞窟で発見された一万二千年前のその壁画には、カップルが何を考えていたのかの説明書きはついていないが、十九世紀末にこれが発見されて以来、考古学者と歴史家の間では、「多産な」洞窟人たちが実はセーフセックスを実行していたのかどうかについて議論が続いている。

  • 1. パピルス、蛇、腰布 古代人とコンドーム
    アーニェ・コリア=著 藤田真利子(ふじた・まりこ)=訳 『コンドームの歴史』 河出書房新社 2010-02-28

■英語原文 The original text in English

Long before boy-pharaoh King Tut came to the throne, a prehistoric artist chronicled a man and a woman having sex--with his penis covered. The twelve-thousand-year-old cave art found in France's Grotte des Combarelles has no caption explaining just what the couple had in mind, but since their discovery in the late nineteenth century, archaeologists and historians have debated as to whether the "fecund" caveman and cavewoman were actually practicing safe sex.


 Video 3 


 Video 4 
放送禁止になったテレビCM——スウェーデンから
Banned Condom Ad (Sweden)


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-11-19 簡体字中国語版と繁體字中國語版の表紙画像を追加しました。
  • 2010-07-20 「隔たり / Mr.Children」の YouTube 動画と歌詞を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« On the Origin of Species by Charles Darwin (1) ダーウィン 『種の起源』『種の起原』『種之起原』『生物始源』 (1) | Main | On the Origin of Species by Charles Darwin (2) ダーウィン 『種の起源』『種の起原』『種之起原』『生物始源』 (2) »

Comments

I would like to exchange links with your site tomoki.tea-nifty.com Is this possible?

Posted by: MikroReklama | Thursday, 12 August 2010 11:38 am

MikroReklama,

Many thanks for your comment. Exchanging links would be possible but why do you need it? I don't see any relevance between your website and mine. Could you explain it please?

Posted by: tomoki y. | Thursday, 12 August 2010 01:29 pm

it was greatly gripping to deliver assign to tomoki.tea-nifty.com I require to bring in your fill someone in on in my blog. It can? And you et an account on Twitter?

Posted by: 32andU | Saturday, 06 November 2010 04:15 am

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Humble Little Condom: A History by Aine Collier アーニェ・コリア 『コンドームの歴史』:

« On the Origin of Species by Charles Darwin (1) ダーウィン 『種の起源』『種の起原』『種之起原』『生物始源』 (1) | Main | On the Origin of Species by Charles Darwin (2) ダーウィン 『種の起源』『種の起原』『種之起原』『生物始源』 (2) »