« Fanny Hill: Memoirs of a Woman of Pleasure by John Cleland (2) ジョン・クレランド / ジョン・クリーランド 『ファニー・ヒル 快楽の女の回想』『ファニー・ヒル:一娼婦の手記』『情婦ヒル』『ファーニィ・ヒル』 (2) | Main | Sloth (from The Seven Deadly Sins) by Evelyn Waugh イーヴリン・ウォー(『七つの大罪』から)「怠惰」 »

Monday, 23 August 2010

Seaton's Aunt by Walter de la Mare ウォルター・デ・ラ・メーア / ウォルター・デ・ラ・メア 「シートンのおばさん」

■はじめに Introduction

シートンは、ぼくのクラスメート。べつに親しい友達じゃない。彼には、おばさんがいる。べつに頼んだわけでもないのに、ある日、彼はぼくを連れて行って、おばさんに引き合わせる。謎のおばさん。


 Video 1 
A Few More Years Shall Roll なおしばしの 時を経なば

「さらに二年三年(ふたとせみとせ)が過ぎん」。デ・ラ・メアの中篇「シートンのおばさん」に引用されている讃美歌。ホレイシャス・ボナーによる原詩の全文は、Hymnary.org などにある。その一番の歌詞を南條竹則氏が仮訳したものが、『地獄—英国怪談中篇傑作集』の「編者あとがき」に掲載されている。以下はその抜粋:

   A few more years shall roll,         二年三年過ぎゆきて
   A few more seasons come,         また春秋もめぐりなば
   And we shall be with those that rest   先に眠りし人々と
   Asleep within the tomb:           墓場のうちにやすらわん。
   [Omission]                   [以下略]


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Ja_jigoku_eikoku_kaidan b. Ja_kaiki_shosetsu_kessakushu3 c. En_best_stories_of_walter_de_la_m_2


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 南條 2008
シートンのおばさんの噂は、本人と実際に会うよりもずっと前から聞かされていた。シートンは、声をひそめて打ち明け話をする時や、それでなくとも、わたしたちが幾分寛容な態度を示した時、「僕のおばさんが」「知ってるだろ、あのおばさんが」と口癖のように言ったからである——あたかも、この肉親が国際的友情を固める接合剤ででもあるかのように。


(J2) 大西 1969, 2006
シートンのおばさんの噂は、その本人にじっさいにお目にかかるずっと前から聞いていた。シートンの奴(やつ)は、静かな自信があってか、あるいはまたわれわれの黙認する様子を少しでも見てとってか、よく「ぼくのおばが」とか「ほら、あのぼくのおばさんが」とか言ったものだが、まるでそのおばさんが、ぼくらの和親協商(アンタント・コンデイアル)に接合剤のような役割を果たしているとでもいっているような調子だった。

  • ウォルター・デ・ラ・メア=作 大西尹明(おおにし・ただあき)=訳 「シートンのおばさん」
  • 引用は b. に拠りました。「和親協商」に振られたルビ「アンタント・コンデイアル」は entente cordiale の読みを表わしたつもりなのでしょう。だとすれば、正しくは「アンタント・コルディアル」もしくは「アンタント・コーディアル」と表記すべきだろうと思います。

 Video 2 
英語版オーディオブック Audiobook in English

Uploaded to YouTube by CamilenteAudioHorror on 22 Nov 2013.


■英語原文 The original text in English

I had heard rumours of Seaton's Aunt long before I actually encountered her. Seaton, in the hush of confidence, or at any little show of toleration on our part, would remark, "My aunt," or "My old aunt, you know," as if his relative might be a kind of cement to an entente cordiale.


■テレビ化作品 TV adaptation

IMDb によると、この小説は1983年にイギリスのグラナダ・テレビジョンによってドラマ化され、放映されたようです。監督はブライアン・パーカー、脚本はケン・テイラー。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-02-28 英語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Seaton's Aunt

(2) Walter de la Mare

■和書 Books in Japanese
(1) 英国+怪談

(2) イギリス+恐怖小説

(3) デ・ラ・メア

  

|

« Fanny Hill: Memoirs of a Woman of Pleasure by John Cleland (2) ジョン・クレランド / ジョン・クリーランド 『ファニー・ヒル 快楽の女の回想』『ファニー・ヒル:一娼婦の手記』『情婦ヒル』『ファーニィ・ヒル』 (2) | Main | Sloth (from The Seven Deadly Sins) by Evelyn Waugh イーヴリン・ウォー(『七つの大罪』から)「怠惰」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Seaton's Aunt by Walter de la Mare ウォルター・デ・ラ・メーア / ウォルター・デ・ラ・メア 「シートンのおばさん」:

« Fanny Hill: Memoirs of a Woman of Pleasure by John Cleland (2) ジョン・クレランド / ジョン・クリーランド 『ファニー・ヒル 快楽の女の回想』『ファニー・ヒル:一娼婦の手記』『情婦ヒル』『ファーニィ・ヒル』 (2) | Main | Sloth (from The Seven Deadly Sins) by Evelyn Waugh イーヴリン・ウォー(『七つの大罪』から)「怠惰」 »