« Morgenröte. Gedanken über die moralischen Vorurteile / Daybreak: Thoughts on the Prejudices of Morality / The Dawn of Day by Friedrich Nietzsche (1) ニーチェ/ニイチェ/ニイチエ 『曙光—道徳的偏見についての考察』『黎明—道德的先入見に關する思想』 (1) | Main | Mao: A Life by Philip Short (2) フィリップ・ショート 『毛沢東 ある人生』 (2) »

Wednesday, 15 September 2010

Mao: A Life by Philip Short (1) フィリップ・ショート 『毛沢東 ある人生』 (1)

■はじめに Introduction

作家で元BBC記者のフィリップ・ショートが書いた毛沢東の伝記。上下2冊に分かれた大作。第1章には、毛沢東の生まれた家や育った環境に由来する、彼のきわめて個人的な性癖が描かれている。人間くさいエピソードのいくつか。いや冗談でなく本当に、臭ってきそうだ。


■毛沢東——名前の表記と発音
 Mao Zedong: In various writing formats, romanized transliterations, etc.

   簡体字中国語 Simplified Chinese  …………… 毛泽东
   繁體字中國語 Traditional Chinese …………… 毛澤東
   現代日本語 Contemporary Japanese ………… 毛沢東
   漢語拼音 Hanyu Pinyin   ……………………… Máo Zédōng
   ウェード式表記 Wade-Giles …………………… Mao Tse-tung
   和名表記 Japanese …………………………… もう・たくとう
   発音転記 Transliteration into Japanese ……… マオ・ツォートン


Mao, une histoire chinoise (2006)
 A French TV programme written by Adrian Maben

フランスのテレビ・ドキュメンタリー。全4回で各60分前後。シナリオを書いたエイドリアン・メイベンは、かつてピンク・フロイドのコンサートの記録映画 『ライブ・アット・ポンペイ』 (1972) や有名写真家を追ったドキュメンタリー 『ヘルムート・ニュートン』 (1989) などの監督を務めた。


Mao's Bloody Revolution Revealed (2007) 1 of 9
 『暴露——毛沢東の血塗られた革命』 (tomoki y. による仮邦題)

英テレビ局チャンネル5のドキュメンタリー番組。オリジナル放映は2007年5月。『毛沢東 ある人生』の著者フィリップ・ショートが毛沢東の率いた血なまぐさい共産革命を追う。監督は上掲フランス番組のシナリオを書いたエイドリアン・メイベン。
A TV documentary produced for UK's Channel Five. Author and former BBC correspondent Philip Short looks at Mao's life from his childhood and rise to power to his death in 1976. Directed by Adrian Maben. More info at IMDb.


■中华人民共和国开国大典(1949年10月1日、北京天安门)
 中華人民共和国建国式典(1949年10月1日、北京・天安門)
 The grand ceremony inaugurating the People's Republic of China

1949年10月1日、北京で行われた中華人民共和国建国式典。天安門の上に立った毛沢東がつよい湖南訛りの中国語で建国を宣言する。Mao announcing the establishment of the People's Republic of China during the ceremony on Tiananmen Square on 1 October 1949.


■『毛沢東 ある人生』——表紙画像コレクション
 Mao: A Life: Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_philip_short_mao_a_life es Es_philip_short_mao es Es_philip_short_mao_hardcover

fr Fr_philip_short_mao_tsetoung en En_philip_short_mao_paperback en En_philip_short_mao_a_life


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: 毛沢東 ある人生(上)
著者: フィリップ・ショート 
単行本
出版社: 白水社
出版年: 2010-07-17
ISBN-10 : 456008081X
ISBN-13 : 9784560080818
版元による この本の紹介


[es] スペイン語
タイトル: Mao (Biblioteca de Bolsillo) [Paperback]
著者: Philip Short (Author), David Martinez Robles (Translator) 
ペーパーバック
出版社: Critica
出版年: 2007-12-30
ISBN-10 : 8484328589
ISBN-13 : 9788484328582


[es] スペイン語
タイトル: Mao [Hardcover]
著者: Philip Short (Author), David Martinez Robles (Translator) 
ハードカバー
出版社: Critica
出版年: 2004-02
ISBN-10 : 8484324362
ISBN-13 : 9788484324362


[fr] フランス語
タイトル: Mao Tsé-toung [Broché]
著者: Philip Short (Auteur), Colette Lahary-Gautié (Traduction) 
LITT.GENE.
出版社: Fayard
出版年: 2005
ISBN-10 : 2213626073
ISBN-13 : 9782213626079
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: Mao: A Life
著者: Philip Short 
ペーパーバック
出版社: John Murray Publishers Ltd
出版年: 2004-10-11
ISBN-10 : 0719566762
ISBN-13 : 9780719566769


[en] 英語
タイトル: Mao: A Life
著者: Philip Short 
ハードカバー
出版社: Hodder & Stoughton Ltd
出版年: 1999-11-04
ISBN-10 : 034060624X
ISBN-13 : 9780340606247
Publisher's page for this book


■日本語訳 Translation into Japanese

中国民族は、特にアングロサクソン人を恥ずかしくて縮み上がらせるような自然のプロセスにも、昔からまったく臆することがない。子供たちは、いまでも国の少なからぬ地域ではそうだが、股の割れたズボンをはいて育ち、催したらどこでもしゃがんで用を足す。大人は共同便所を使い、脱糞が社交の一部なのだった。毛沢東は最後まで、西洋式の水洗便所にはなじまなかった。一九五○年初期、国家元首になってからの中南海(ゾンナンハイ)においてさえ、毛沢東の護衛の仕事の一つはシャベルを持って毛沢東の後から庭へ出て、毛沢東が脱糞するための穴を掘ることだった。この慣行がやっと終わったのは、周恩来(ゾウ・エンライ)が毛沢東のお眼鏡にかなう特製外便所を、寝室の隣に作らせてからのことだった。

   第1章 儒教的な子供時代
   フィリップ・ショート=著
   山形浩生(やまがた・ひろお)+守岡桜(もりおか・さくら)=訳
   『毛沢東 ある人生(上)』 白水社 2010-07-30


■英語原文 The original text in English

The Chinese as a nation have always been unfazed by natural processes which send Anglo-Saxons in particular into contortions of squeamishness. Small children were, and in most parts of the country still are, brought up wearing split trousers so that they can squat and relieve themselves wherever the urge takes them. Adults use communal latrines, where defecation is a social event. Mao was never reconciled to Western-style lavatories with a seat and flushing water. Even at Zhongnanhai in the early 1950s, when he was already Head of State, it was one of the duties of his personal bodyguards to follow him out into the garden with a shovel, and dig a hole in the ground for Mao to perform his bowel movement. The practice ended only after Zhou Enlai arranged for a specially built latrine which met with Mao's approval to be installed next to his bedroom.

   Chapter One: A Confucian Childhood
   Mao: A Life by Philip Short
   Hodder & Stoughton Ltd, 1999-11-04
   Excerpt at Amazon.com


■外部リンク External links

 [zh] 毛泽东 - 维基百科 (1893-1976) 中文
 [zh] 毛澤東 - 維基大典 (1893-1976) 文言
 [ja] 毛沢東 - ウィキペディア (1893-1976) 日本語
 [en] Mao Zedong - Wikipedia (1893-1976) English


■更新履歴 Change log

 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« Morgenröte. Gedanken über die moralischen Vorurteile / Daybreak: Thoughts on the Prejudices of Morality / The Dawn of Day by Friedrich Nietzsche (1) ニーチェ/ニイチェ/ニイチエ 『曙光—道徳的偏見についての考察』『黎明—道德的先入見に關する思想』 (1) | Main | Mao: A Life by Philip Short (2) フィリップ・ショート 『毛沢東 ある人生』 (2) »

Comments

「自然のプロセス」って…。
natural process は「生理現象」でしょう。

"Nature calls me."と言えば「自然が私を呼んでいる」ではなくて「もよおしてきた」ですよね。まあ、「もよおしてきた」を「自然が私を呼んでいる」と婉曲表現すること自体がアングロサクソンの羞恥心の表れでもあるわけですが。

Posted by: 伊藤 龍樹 | Wednesday, 15 September 2010 03:50 pm

"Natural process" と「生理現象」が完全な同義語かどうかは、わたしにはわかりません。ですが、「自然のプロセス」を「生理現象」に置き換えたら、より日本語らしい自然な日本語になり、文全体がうんと分かりやすくなることだけは確かですね。

原語の婉曲表現の婉曲さの度合いを、どのていど忠実に訳語に反映させるべきかは、場合にも拠り、一般化はしにくいものです。上の引用箇所の場合、医学や生理学の文脈ではなく、訳語にあまり精密さは要求されないと考えられるので、もしそこに Nature calls me. という表現が現れて、和訳する必要に迫られたとしたら、「もよおす」で構わないと思います。

Posted by: tomoki y. | Wednesday, 15 September 2010 09:07 pm

Asking questions are genuinsly fastidious thimg if youu are not understanding anything entirely, however thiis post provides pleasant understanding even.

Posted by: Rolland | Wednesday, 09 October 2013 02:21 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Mao: A Life by Philip Short (1) フィリップ・ショート 『毛沢東 ある人生』 (1):

« Morgenröte. Gedanken über die moralischen Vorurteile / Daybreak: Thoughts on the Prejudices of Morality / The Dawn of Day by Friedrich Nietzsche (1) ニーチェ/ニイチェ/ニイチエ 『曙光—道徳的偏見についての考察』『黎明—道德的先入見に關する思想』 (1) | Main | Mao: A Life by Philip Short (2) フィリップ・ショート 『毛沢東 ある人生』 (2) »