« Waistland: The (R)Evolutionary Science Behind Our Weight and Fitness Crisis by Deirdre Barrett ディードリ・バレット 『加速する肥満——なぜ太ってはダメなのか』 | Main | The King of the Cats by Stephen Vincent Benét スティーブン・ヴィンセント・ベネー / スティーヴン・ヴィンセント・ベネー / スティーヴン・V・ベネット / S・V・ベネ 「猫の王様」「猫の王さま」「猫の王」 »

Friday, 12 November 2010

Clapton: The Autobiography by Eric Clapton エリック・クラプトン 『エリック・クラプトン自伝』

■はじめに Introduction

性のめざめ。エリック・クラプトン少年、9歳のときの恥辱。


■Video 1 東京
 Tears in Heaven, Tokyo, 2001

「ティアーズ・イン・ヘヴン」 作詞・作曲: エリック・クラプトン、ウィル・ジェニングス
Tears in Heaven. Song written by Eric Clapton and Will Jennings


■Video 2 ニューヨーク
 Tears in Heaven, Madison Square Garden NYC, 1999


■Video 3 英語字幕とスペイン語字幕
 Tears in Heaven. Supertitles in English, Subtitles in Spanish

クラプトンは2004年に、このとても個人的な、とても悲しい歌を演奏するのをやめた。
Clapton stopped playing this very sad, very personal song in 2004.


■Video 4 ドイツ語訳詞つき
 Tears in Heaven. with lyrics in German


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_2008_clapton_jiden fi Fi_clapton_omaelmkerta da Da_clapton_en_selvbiografi

de De_clapton_mein_leben pt Pt_clapton_a_autobiografia_2 es Es_clapton_a_autobiografia_2

fr Fr_clapton_par_clapton uk En_2008_clapton_arrow_2 us En_2008_clapton_broadway

uk En_2007_clapton_autobiography_centu us 2007_clapton_crown_archetype


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

英国版は表題にファーストネーム Eric が付き、米国版は Eric が付かないらしい。

[ja] 日本語
タイトル: エリック・クラプトン自伝
著者: エリック・クラプトン 
単行本
出版社: イースト・プレス
出版年: 2008-04-24
ISBN-10 : 4872578864
ISBN-13 : 9784872578867
版元による この本の紹介


[fi] フィンランド語
ERIC CLAPTON: OMAELÄMÄKERTA
Sivumäärä: 398
Kirjoittaja: Clapton Eric
Kustantaja: Kustannusosakeyhtiö Otava
Asu: Kovakantinen kirja
Julkaisuvuosi: 2008 (lisätietoa)


[da] デンマーク語
Clapton (Hæftet) - en selvbiografi
Levering: Udsolgt fra forlaget
Se produktdetaljer (sideantal, udgivelsesdato, udgave, ISBN m.v.)
Indbinding: Hæftet
Forlag: Gyldendal
Udgivet: 17-11-2007
ISBN-10: 8702054582
ISBN-13: 9788702054583


[de] ドイツ語
Mein Leben [Gebundene Ausgabe]
Eric Clapton (Autor), Kristian Lutze (Übersetzer), Werner Schmitz (Übersetzer)
Gebundene Ausgabe: 346 Seiten
Verlag: Kiepenheuer & Witsch Verlag (22. Oktober 2007)
Sprache: Deutsch
ISBN-10: 3462039342
ISBN-13: 978-3462039344


[pt] ポルトガル語
Eric Clapton : a Autobiografia
Editora: Planeta do Brasil
Autor: ERIC CLAPTON
Origem: Nacional
Ano: 2007


[es] スペイン語
CLAPTON LA AUTOBIOGRAFIA
de CLAPTON, ERIC
GLOBAL RHYTHM PRESS
Lengua: CASTELLANO
Encuadernación: Tapa dura
ISBN: 9788496879140
Año de edición:2008
Plaza edición: BARCELONA


[fr] フランス語
Clapton par Eric Clapton [Broché]
Eric Clapton (Auteur), Florence Bertrand (Traduction)
Broché: 320 pages
Editeur : Buchet Chastel (11 octobre 2007)
Collection : Musique
Langue : Français
ISBN-10: 2283022517
ISBN-13: 978-2283022511


[en] 英語 UK paperback
タイトル: Eric Clapton: The Autobiography
著者: Eric Clapton 
ペーパーバック
出版社: London: Arrow Books (an imprint of Random House UK)
出版年: 2008-07-03
ISBN-10 : 0099505495
ISBN-13 : 9780099505495
Publisher's page for this book


[en] 英語 US paperback
タイトル: Clapton: The Autobiography
著者: Eric Clapton 
ペーパーバック
出版社: New York: Broadway Books (an imprint of the Crown Publishing Group, a division of Random House Inc.)
出版年: 2008-05-27
ISBN-10 : 076792536X
ISBN-13 : 9780767925365
Publisher's page for this book


[en] 英語 UK hardcover
タイトル: Eric Clapton: The Autobiography
著者: Eric Clapton 
ハードカバー
出版社: London: Century (a division of Random House UK)
出版年: 2007-10-09
ISBN-10 : 1846051606
ISBN-13 : 9781846051609
Publisher's page for this book


[en] 英語 US hardcover
タイトル: Clapton: The Autobiography
著者: Eric Clapton 
ハードカバー
出版社: New York: Crown Archetype (an imprint of the Crown Publishing Group, a division of Random House, Inc.)
出版年: 2007-10-09
ISBN-10 : 038551851X
ISBN-13 : 9780385518512
Publisher's page for this book


■日本語訳 Translation ino Japanese

[略]運よく彼女は教室では私のすぐ前の席だったので、ある朝、勇気を奮い立たせて、その言葉が何を意味するのかも知らずに、「シャグ(セックス)は好き?」と聞いてみた。彼女は何をいっているのか見当もつかなかったので、考え込んでいるような表情で私を見ていた。ところが彼女は、休み時間に他の女の子に私がいったことを話して、その意味を尋ねたのだ。昼食後、校長室に呼び出された私は、彼女に何をいったのか厳しく詰問され、謝ることを約束させられた後に、体を折り曲げられてお尻を思いきり6回叩かれた。私は泣きながら帰ったが、この出来事全体が私に深刻な影響を与えることになった。それ以来セックスを罰と恥ずかしさと気まずさに結びつけがちになり、こんな感情が何年にもわたって性生活に影を落とすことになったのだ。

   少年時代
   エリック・クラプトン=著 中江昌彦(なかえ・まさひこ)=訳
   『エリック・クラプトン自伝』 イースト・プレス 2008-04-24


■英語原文 The original text in English

[Omission] As luck would have it, she was put at the desk directly in front of me in the classroom, so one morning I plucked up courage and asked her, without any idea of what the words meant, “Do you fancy a shag?” She looked at me with a bemused expression, because she obviously didn’t have a clue what I was talking about, but at playtime she went and told another girl what I’d said, and asked what it meant. After lunch I was summoned to the headmaster’s office, where, after being quizzed as to exactly what I had said to her and being made to promise to apologize, I was bent over and given six of the best. I left in tears, and the whole episode had a dreadful effect on me, as from that point on I tended to associate sex with punishment, shame, and embarrassment, feelings that colored my sexual life for years.

   Growing up
   Clapton: The Autobiography by Eric Clapton
   Century, 2007-10-09
   Excerpt at:
   * myLifetime.com
   * Barnes & Noble
   * BookDaily.com
   * Amazon.co.uk


■外部リンク External links

 [en] English
   * Eric Clapton Official Website
   * Eric Clapton discography - MusicBrainz
   * Eric Clapton - Wikipedia (1945-  )
   * Eric Clapton - AllMusic
   * The Eric Clapton FAQ

 [ja] 日本語
   * エリック・クラプトンの作品 - Wikipedia
   * エリック・クラプトン - Wikipedia (1945-  )


■更新履歴 Change log

 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■CD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« Waistland: The (R)Evolutionary Science Behind Our Weight and Fitness Crisis by Deirdre Barrett ディードリ・バレット 『加速する肥満——なぜ太ってはダメなのか』 | Main | The King of the Cats by Stephen Vincent Benét スティーブン・ヴィンセント・ベネー / スティーヴン・ヴィンセント・ベネー / スティーヴン・V・ベネット / S・V・ベネ 「猫の王様」「猫の王さま」「猫の王」 »

Comments

I visited multiple blogs but the audio feature for audio songs current at this site is really fabulous.

Posted by: the tao of badass | Thursday, 21 February 2013 04:51 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Clapton: The Autobiography by Eric Clapton エリック・クラプトン 『エリック・クラプトン自伝』:

« Waistland: The (R)Evolutionary Science Behind Our Weight and Fitness Crisis by Deirdre Barrett ディードリ・バレット 『加速する肥満——なぜ太ってはダメなのか』 | Main | The King of the Cats by Stephen Vincent Benét スティーブン・ヴィンセント・ベネー / スティーヴン・ヴィンセント・ベネー / スティーヴン・V・ベネット / S・V・ベネ 「猫の王様」「猫の王さま」「猫の王」 »