« 王之渙 〈登鸛鵲樓〉「登鹳鹊楼」「鸛鵲楼に登る」 Ascending the Stork Tower by Wang Zhihuan | Main | Clapton: The Autobiography by Eric Clapton エリック・クラプトン 『エリック・クラプトン自伝』 »

Tuesday, 02 November 2010

Waistland: The (R)Evolutionary Science Behind Our Weight and Fitness Crisis by Deirdre Barrett ディードリ・バレット 『加速する肥満——なぜ太ってはダメなのか』

■アルカーイダをしのぐ殺傷力 More destructive power than al-Qaeda

クリストフ では、あなたの戦略的な目標は何ですか。大勢のアメリカ人を殺すことですか?
ビン・ラディン いや、そうではない。それが目的なら、手下どもにマクドナルドのフランチャイズを展開させるね……。

  • 出典: ディードリ・バレット 『加速する肥満』 (2010) 第2章に引用されているニューヨーク・タイムズ記事の一節

So what's your strategic aim? To kill lots of Americans?
No. If we wanted to do that, we'd have our agents open up McDonald's franchises...


 Video 
映画 『スーパーサイズ・ミー』 (2004) 予告篇 オランダ語字幕つき
Super Size Me (2004) Trailer with subtitles in Dutch

監督・出演: モーガン・スパーロック Directed by, and starring, Morgan Spurlock


■はじめに Introduction

ディードリ・バレットの著書 『加速する肥満』 は新しいダイエット法を提案する本ではない。ハーヴァードの心理学者が進化論的視点から肥満について考察した本だ。

著者は、われわれが本能にしたがって「からだが欲しがる」ものを食べればいいという考えを否定する。動物行動学の「超常刺激」 supernormal stimuli という概念を借用して、われわれは本能ではなく論理に耳を傾けるべきだと説く。


 Images 
表紙画像と肖像写真 Cover photos and a portrait

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_2010_kasokusuru_himan_barrett en En_2007_waistland_barrett DB Deirdre_barrett


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2010
 「動物にエサをやらないでください」。アメリカの動物園なら、どこでも見かける掲示だ。小さい子どもたちから見たら、意地悪をしているようにしか見えないだろう。カワウソが宙返りして、かわいい。ポテトチップスやマシュマロ・カップケーキを分けてあげて、なにが悪いの? そうした疑問に、大人はあわてて答える。動物には、肉や魚や植物や、注意深く栄養のバランスを配合したエサをやらないといけないの。カワウソのエサは○○○、ライオンの食事はXXX、ゾウのごはんは△△△。みんな決まっている。子どもたちが善意から食べ物をあげようとしても、そうした食べ物は動物を肥満にしたり、病気にしたり、早死にさせたりしてしまう。ポテトチップスやキャンディは、人間の食べ物なのだよ。
 以上のような考え方の、どこがまちがっているだろうか? [以下略]

  • ディアドリ・バレット=著 Tomoki Yamabayashi=部分訳 『肥満——体重と健康への危険を進化論(革命)的に科学する』 tomokilog - うただひかるまだがすかる 2009-11-21
  • 下の小野木明恵氏の訳を、あえて参照せずにつくった拙訳。おそまつさま(苦笑)。

(J2) 小野木 2010
 どの動物園にも「動物に餌(えさ)をやってはいけません」という看板がある。小さい子どもから見れば、意地悪をしているようにしか思えない。宙返りするかわいいカワウソに、ポテトチップスやマシュマロのカップケーキを分けてあげたっていいじゃないかと訊かれた大人は、慌ててこう説明する。「動物が食べるのは、肉や魚や草や、栄養バランスをしっかり計算した粒状の餌だけ。カワウソもライオンも象も、それぞれ食べるものが決まっているの。きみたちが親切のつもりで与えるもののせいで、動物たちが太ったり病気になったり寿命を縮めたりすることもあるんだ。ポテトチップスやキャンディは、人間の食べ物だけど、動物には毒なんだよ」
 この考えのどこがまちがいか、わかるだろうか。[以下略]

  • はじめに——動物に餌をやってはいけません
    ディードリ・バレット=著 小野木明恵(おのき・あきえ)=訳 『加速する肥満——なぜ太ってはダメなのか』 NTT出版 2010-05-21
  • 原文の傍点を下線で置き換えました。

■英語原文 The original text in English

  Zoos across America post signs: "DON'T FEED THE ANIMALS." To young children, this looks mean-spirited. If they love the cute otter turning flips, why not share their potato chips or marshmallow cups? Adults quickly explain that what animals need is meat, fish, greens or chow pellets carefully engineered for a balance of nutrients. This is otter meal...lion food...elephant chow. The children's well-intentioned offerings would make the animals fat, sick, short-lived. Chips and candy are human food.
  What's wrong with this picture? [Omission]


■外部リンク External links

 [en] English

 [ja] 日本語


■更新履歴 Change log

 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
  
  

|

« 王之渙 〈登鸛鵲樓〉「登鹳鹊楼」「鸛鵲楼に登る」 Ascending the Stork Tower by Wang Zhihuan | Main | Clapton: The Autobiography by Eric Clapton エリック・クラプトン 『エリック・クラプトン自伝』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Waistland: The (R)Evolutionary Science Behind Our Weight and Fitness Crisis by Deirdre Barrett ディードリ・バレット 『加速する肥満——なぜ太ってはダメなのか』:

« 王之渙 〈登鸛鵲樓〉「登鹳鹊楼」「鸛鵲楼に登る」 Ascending the Stork Tower by Wang Zhihuan | Main | Clapton: The Autobiography by Eric Clapton エリック・クラプトン 『エリック・クラプトン自伝』 »