« The Rational Optimist: How Prosperity Evolves by Matt Ridley マット・リドレー 『繁栄——明日を切り拓くための人類10万年史』 | Main | Prince Caspian by C. S. Lewis C・S・ルイス 『カスピアン王子のつのぶえ』 »

Thursday, 03 March 2011

A Hanging by George Orwell (1) オーウェル 「絞首刑」 (1)

« A Hanging 2 »
« 絞首刑 2 »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Image  20歳ごろのオーウェル Orwell at the age around 20
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 川端 1995, 2009
  (J2) 小野寺 1982
  (J3) 高畠 1972
  (J4) 塩沢 1970
  (J5) 小野 1957, 1959
 Video  Famous Authors: George Orwell (1996)
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio  英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

ビルマ(ミャンマー)は、1930年代までイギリス領インド帝国内の一州だった。1922年、名門イートン校を卒業したジョージ・オーウェルは、オックスフォードやケンブリッジに進む級友たちとは異なり、19歳でこの植民地に赴任し、1927年までの5年間、警察官を務めた。

「絞首刑」 (1931) は、このときの経験に基づいて書かれたエッセイの一つ。「象を撃つ」 (1936) とならぶ、オーウェルの初期の代表作。


 Image 
20歳ごろのオーウェル Orwell at the age around 20
Orwell_at_the_police_training_schoo
撮影1923年。ビルマ・マンダレーの警察官養成学校にて。後列左から三人目、ひときわ長身なのがオーウェル。190センチ以上あったらしい。 Year 1923. Burma Provincial Police Training School, Mandalay. Orwell standing third from the left. He was tall at six foot three. Image source: www.k-1.com/Orwell


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

那是在缅甸,一个泡在雨水中的清晨。一束昏黄的灯光——暗得好象是从黄锡纸发出来的,有气无力地从高墙外斜照进监狱院子里。我们侯在死牢外面,这是一排正面安了两重铁栅栏的小房子,象关动物的小笼子。每间牢房十英尺见方,除了一张光板床和一只饮水罐,里面什么东西也没有。其中有几间关着肤色棕黑、一声不响的犯人,一律裹着毯子,蹲在里层的栅栏跟前。这些都是一两周之内就会被送上绞架的死刑犯。


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

那是在伯瑪城,一個飄著雨的濕潤早晨。一絲蒼白的光線,帶著仿若錫紙的色澤,斜照入監獄庭院的高牆之中。我們在死刑牢房外等待,一排鐵欄橫亙在面前,令人聯想到關動物用的獸籠。每間牢房的大小約計為十呎平方,除卻木板床以及壺裝飲用水,幾乎是空無一物。在其中幾間,褐色皮膚的男人沉默地蹲倨於深處,將毛毯披掛在身上。他們皆已被判處死罪,絞刑在一兩個禮拜內便會執行。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 川端 1995, 2009
雨季のビルマ〔現在のミャンマー〕は朝からじとじとしていた。黄色いすず箔のような弱々しい光が、高い塀の上から刑務所の庭に斜めに射していた。われわれは死刑囚独房の外に待機していた。鉄格子を前面に二重にはめこんだ小屋が並んでいて、獣を入れる小さな檻のようだ。どの独房もおよそ十フィート四方で、板の寝床と飲み水を入れた壷をのぞけば、あとは何もない。その何室かには、褐色の膚の男たちが、押し黙ったまま、内側の格子のところに毛布をかぶってうずくまっていた。みんな死刑囚で、この一、二週間のうちに絞首刑に処せられることになっている。


(J2) 小野寺 1982
雨季のビルマは、朝からじっとりとぬれている。黄色い錫のフォイルのような弱々しい光が、高い塀の上から刑務所の庭にななめに差していた。われわれは死刑囚の独房の前にいた。前面に二重の鉄格子がはまった小屋が並んでいるところは、獣(けもの)を入れた檻(おり)の行列のようだ。どれも縦横十フィートで、中には木製のベッドと飲み水用のポットが一つある以外、何もない。そのいくつかでは、内側の格子を前に、褐色の肌をした男が体に毛布をまきつけて黙然とうずくまっていた。みんな死刑囚で、来週か再来週には絞首刑になる運命なのだった。

  • ジョージ・オーウェル=著 小野寺健(おのでら・たけし)=訳 「絞首刑」 小野寺健=編訳 『オーウェル評論集』 岩波文庫 1982-04-16

(J3) 高畠 1972
ところはビルマで、雨季のびっとりしたある朝のことだった。黄色い銀紙のような弱々しい光が、高い塀(へい)ごしに、刑務所の中庭へ斜めに差し込んでいた。われわれは、死刑囚の監房の外で待っていた。正面に二重の鉄柵(てつさく)をはめた、小さな動物の檻(おり)のような小屋が、ずらりと並んでいる。どれも十フィート四方ほどの広さで、板床がひとつと、飲み水の入ったつぼがひとつおいてあるほかは、内部(なか)は全くガランとしている。その監房のいくつかには、内側の鉄柵のところに、毛布をまとった茶色の男が、黙ってうずくまっている。来週か再来週(さらいしゅう)のうちに処刑されることになっている死刑囚たちだ。

  • ジョージ・オーウェル=著 高畠文夫(たかばたけ・ふみお)=訳 「絞首刑」 『動物農場』 角川文庫 1972-08-30

(J4) 塩沢 1970
ビルマのことだった。雨期でじとじとした朝。弱々しい光が、黄色い錫箔のように光り、刑務所の庭へ、高い塀越しに斜めにさしていた。われわれは死刑囚用の独房の外で待っていた。二重の鉄格子のはまった、小さなおりのような、小屋がひと並びといったところだ。ひとつの房は横十フィートに縦十フィート、木製のベッドと飲み水用の水差しを除いて、なかは全くがらんとしていた。いくつかの独房には、とび色の肌をした男たちが、毛布を巻きつけて、内側の鉄格子のところにだまってうずくまっていた。彼らは死刑囚たちで、来週か再来週には、絞首刑が待っていた。

  • ジョージ・オーウェル=著 塩沢由典(しおざわ・よしのり)=訳 「絞首刑」 『オーウェル著作集1 1920-1940』 (全4巻) 平凡社 1970-07-10

(J5) 小野 1957, 1959
ところはビルマ、雨期のじとじとした朝であった。黄色い錫箔のような弱い光が、高い塀越しに監獄の庭に斜めにさしていた。私たちは死刑囚監房——小さな動物の檻のように、前面に二重の鉄柵のはまった小屋がずらっと並んでいる——の外で待っていた。各房はだいたい十フィート四方で、板床と飲水の入ったつぼ以外には何もなかった。それらの房の幾つかには、褐色の男が、黙りこんだまま、毛布をまとって、内側の鉄柵のところにうずくまっていた。それらはここ、一,二週間のうちに絞首刑にされることになっている死刑囚であった。

  • Orwell / オーウェル=著 小野協一(おの・きょういち)=訳 「象を射つ」
  • 引用は b. 南雲堂 1957 版に拠りました。

 Video 
Famous Authors: George Orwell (1996) 1 of 6
Famous_authors_george_orwell_2
ビデオの埋め込みは許可されていないので、ご覧になりたいかたは  ここをクリック  してください。 Embedding disabled by request. To watch the video  CLICK HERE   Written, produced and directed by Malcolm Hossick


■ロシア語訳 Translation into Russian

В Бирме стоял сезон дождей. Промозглым утром из-за высоких стен в тюремный двор косыми лучами падал слабый, напоминавший желтую фольгу, свет. В ожидании мы стояли перед камерами смертников — перед вереницей похожих на клетки сараев с двумя рядами прутьев вместо передней стенки. Камеры эти, размером примерно десять на десять футов, были почти совершенно пустыми, если не считать дощатой койки и кружки для воды. Кое-где у внутреннего ряда прутьев, завернувшись в одеяла, сидели на корточках безмолвные смуглые люди. Их приговорили к повешению, жить им оставалось неделю или две.

  • Джордж Оруэлл - Казнь через повешение. Translated by М. Теракопян (M. Terakopyan), 1988
  • E-text at Orwell.ru

■ドイツ語訳 Translation into German

Es war in Burma. Ein schmutziger Morgen der Regenzeit. Fiebriges Licht, wie gelbes Wellblech, ragte über die hohen Mauern in den Gefängnishof. Wir warten vor den Todeszellen, Verschläge in einer Reihe, vorne mit doppelten Balken, wie kleine Tierkäfige. Jede dieser Zellen maß etwa 10 x 10 Fuß, war völlig leer, bis auf eine Pritsche und einen Krug für Trinkwasser. In einigen saßen bra une Männer, wortlos ans Gitter gedrängt, die Decken um ihren Leib geschlagen. Das waren die Verurteilten, die in der nächsten Woche oder so gehängt werden sollten.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Accadde in Birmania, un fradicio mattino durante la stagione delle piogge. Una luce malaticcia, come stagnola giallastra, da sopra l’alto muro pioveva di sbieco nel cortile della prigione. Eravamo in attesa davanti alle celle dei condannati a morte: una fila di cubicoli, chiusi da doppie infettiate, come piccole gabbie per animali. Ogni cella era poco più di tre metri per tre e non conteneva che un tavolaccio e una brocca d’acqua da bere. Alcune erano occupate da silenziosi uomini dalla pelle scura, accovacciati presso l’inferriata interna, con una coperta drappeggiata intorno al corpo. Erano i condannati a morte, che sarebbero stati impiccati quella settimana o la settimana successiva.

  • Un impiccato by George Orwell. Translated by Gabriella Giudici.
  • E-text at GabriellaGiudici.it

■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Foi na Birmânia, numa encharcada manhã das chuvas. Uma luz desmaiada, como uma prata de chocolate dourada, alongava-se por sobre as paredes altas, entrando no pátio da prisão. Esperávamos no exterior das celas dos condenados, uma fileira de barracões com grades duplas na parte da frente, como pequenas jaulas para animais. Cada cela media cerca de três metros por três e o seu interior era quase completamente despido, exceptuando uma cama de tábuas e um cântaro de água potável. Em algumas, homem morenos silenciosos agachavam-se junto das grades internas, enrolados nos seus cobertores. Eram os condenados, que seriam enforcados dentro de uma ou duas semanas.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Ocurrió en Birmania, en una húmeda mañana de la estación de las lluvias. Una luz enfermiza, como amarilla hoja de estaño, se colaba sobre las altas paredes hasta el patio de la cárcel. Estábamos esperando cerca de las celdas de los condenados, que eran una especie de cobertizos semejantes a jaulitas para animales, con barrotes dobles al frente. Cada celda medía alrededor de diez pies por diez y se hallaba completamente vacía a excepción de una tabla para dormir y un jarro para tomar agua. En algunas de ellas se agazapaban contra los barrotes interiores hombres cobrizos y silenciosos envueltos en sus sábanas. Estos eran los condenados, que serían colgados en la primera o segunda semana subsiguiente.

  • El ajusticiamiento by George Orwell
  • E-text at Scribd

■フランス語訳 Translation into French

En Birmanie, un matin détrempé par les pluies. Une lumière blafarde, couleur de papier d'étain jaune, passait obliquement par-dessus les hauts murs jusque dans la cour de la prison. Nous attendions à l'extérieur des cellules des condamnés, une rangée d'abris fermés par des doubles barreaux, comme des petites cages pour animaux. Chaque cellule mesurait environ trois mètres sur trois et étaient complètement vides à l'exception d'un lit de planches et d'un pot à eau. Dans certaines d'entre elles, des hommes à la peau brune et silencieux se tenaient accroupis aux barreaux intérieurs, ceints de leur couverture. Ces hommes étaient condamnés à mort; ils seraient pendus d'une semaine à l'autre.


 Audio 
「絞首刑」 英語原文のオーディオブック(朗読) A Hanging - Audiobook in English

Uploaded to YouTube by 29harveydinio on 29 Jan 2012


■英語原文 The original text in English

It was in Burma, a sodden morning of the rains. A sickly light, like yellow tinfoil, was slanting over the high walls into the jail yard. We were waiting outside the condemned cells, a row of sheds fronted with double bars, like small animal cages. Each cell measured about ten feet by ten and was quite bare within except for a plank bed and a pot of drinking water. In some of them brown silent men were squatting at the inner bars, with their blankets draped round them. These were the condemned men, due to be hanged within the next week or two.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-11-25 目次を新設し、ドイツ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2014-11-21 小野協一=訳註 1957-06-25 を挿入しました。
  • 2013-04-26 英語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。

 

« A Hanging 2 »
« 絞首刑 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese

  

|

« The Rational Optimist: How Prosperity Evolves by Matt Ridley マット・リドレー 『繁栄——明日を切り拓くための人類10万年史』 | Main | Prince Caspian by C. S. Lewis C・S・ルイス 『カスピアン王子のつのぶえ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/51024317

Listed below are links to weblogs that reference A Hanging by George Orwell (1) オーウェル 「絞首刑」 (1):

« The Rational Optimist: How Prosperity Evolves by Matt Ridley マット・リドレー 『繁栄——明日を切り拓くための人類10万年史』 | Main | Prince Caspian by C. S. Lewis C・S・ルイス 『カスピアン王子のつのぶえ』 »