« February 2011 | Main | April 2011 »

March 2011

Thursday, 31 March 2011

Food in World History by Jeffrey M. Pilcher ジェフリー・M・ピルチャー 『食の500年史』

■はじめに Introduction

世界の食文化の歴史に関するさまざまなトピックを、「コロンブス交換」以後に焦点を当て、270ページのコンパクトなサイズに盛り込んだ本。たとえば次のような論点を扱う:

  • 食はラテンアメリカの国民意識形成に、どう利用されたか?
  • 米国と中南米の食文化にイタリア系・中国系移民が与えた影響とは?
  • フランスの中上流レストラン文化と労働者向けカフェの間の断絶とは?
  • 国が食物生産に介入して生じた結果とは?
  • 遺伝子組み換えと食の危機が消費者と製品の関係に与えた影響とは?

■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_pilcher_shoku_no_500nenshi_2 de De_pilcher_nahrung_und_ernhrung en En_pilcher_food_in_world_history


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: 食の500年史
著者: ジェフリー・M・ピルチャー (著), 伊藤 茂 (翻訳)
単行本
出版社: エヌティティ出版
出版年: 2011-03-04
ISBN-10 : 4890139184
ISBN-13 : 9784890139187
Publisher's page for this book

    

[de] ドイツ語
タイトル: Nahrung und Ernährung: In der Menschheitsgeschichte [Broschiert]
著者: Jeffrey M. Pilcher (Autor), Christiana Haack (Übersetzer)
Broschiert
出版社: Magnus Verlag
出版年: 2006-10-20
ISBN-10 : 3884003305
ISBN-13 : 9783884003305
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: Food in World History
著者: Jeffrey M. Pilcher 
Series: Themes in World History
出版社: Routledge
出版年: 2005-10-18
ISBN-10 : 4890139184
ISBN-13 : 9784890139187
Publisher's page for this book


■日本語訳 Translations into Japanese

ソーセージやピクルス、チーズなどの伝統的な製法はいずれも初期の文明が生み出したすぐれた保存技術である。一方、人間の身体のほうも、過去数千年間で特定の物質の不足に適応できるようになり、それを克服した例もある。たとえば、北欧やアジアのステップ地帯の遊牧民は、日光を浴びる時間が少ないために十分なビタミンDを摂取できなかったが、ミルクに含まれるビタミンDを幼少期しか消化できない他の地域の人々とは異なり、彼らは生涯にわたって乳糖を摂取できるようにその体を進化させていった。

   はじめに
   ジェフリー・M・ピルチャー=著 伊藤茂(いとう・しげる)=訳
   『食の500年史』 NTT出版 2011-03-04


■英語原文 The original text in English

Traditional preparations such as sausage, jam, pickles, and cheese demonstrate the technological achievements of earlier civilizations in preserving meat, fruit, vegetables, and milk. Even human physiology can adapt, over millennia, to overcome material shortages. Northern Europeans and Asian steppe nomads, unable to obtain sufficient vitamin D from sunlight alone, evolved a lifelong tolerance to lactose, unlike most humans, who can only digest milk, and the vitamin D it contains, in childhood.

   Introduction
   Food in World History (Themes in World History) by Jeffrey M. Pilcher
   New York : Routledge, 2005-12-20
   Excerpt at Amazon.com


■Preview: Food in World History


■外部リンク External links

   * Jeffrey M. Pilcher - University of Minnesota
   * Jeffrey M. Pilcher - Amazon.com


■更新履歴 Change log

 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Jeffrey M. Pilcher

(2) food + world + history

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 24 March 2011

N'espérez pas vous débarrasser des livres by Umberto Eco & Jean-Claude Carrière ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール 『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』

■はじめに Introduction

原題を直訳すると、「本から離れようったってそうはいかない」といったところだろうか。(訳者あとがき)

『薔薇の名前』の作家・記号学者・哲学者・中世史家・文芸評論家ウンベルト・エーコと、映画『ブリキの太鼓』や『存在の耐えられない軽さ』の脚本家ジャン=クロード・カリエールの二人が紙の本について交わした対談をまとめた本。

電子書籍の時代が到来しても、本はなくならない。——二人にとってはほとんど自明なこの命題から話は始まる。対談のコーディネーターはジャン=フィリップ・ド・トナックというフランスのエッセイスト、ジャーナリスト。


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_umberto_eco_jean_claude_carriere ja Ja_eco_carriere tr Tr_kitaplardan_kurtulabileceinizi_s

ru Ru_carriere_eco pl Pl_niemyslzeksiazkizniknabprod58820 de De_die_grosse_zukunft_des_buches

nl Nl_eco_carriere_9789023441809 en En_this_is_not_the_end_of_the_boo_2 pt Pt_umberto_eco

es Nadie_acabara_con_los_libros it It_non_sperate_di_liberarvi_dei_lib fr Fr_eco_carriere_9782246742715


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[zh] 中國語(繁體字)
タイトル: 別想擺脫書
著者: 安伯托.艾可 & 尚-克洛德.卡里耶爾 & 尚-菲利普.德.托納克 譯者:尉遲秀 
平裝
出版社: 皇冠文化出版有限公司
出版年: 2010-07-19
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789573326816
Publisher's page for this book


[ja] 日本語
タイトル: もうすぐ絶滅するという紙の書物について
著者: ウンベルト・エーコ (著), ジャン=クロード・カリエール (著), 工藤妙子 (翻訳) 
単行本
出版社: 阪急コミュニケーションズ
出版年: 2009-12-30
ISBN-10 : 4484101130
ISBN-13 : 9784484101132
Publisher's page for this book


[tr] トルコ語
タイトル: Kitaplardan Kurtulabileceğinizi Sanmayın
著者: Umberto Eco (author), Jean-Claude Carrière (author), Sosi Dolanoğlu (translator) 
Dizi : Kırkmerak
出版社: Can Yayınları
出版年: 2010
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789750711848
Publisher's page for this book


[ru] ロシア語
タイトル: Не надейтесь избавиться от книг!
著者: Жан-Клод Карьер (author), Умберто Эко (author), Ольги Акимовой (translator) 
ハードカバー
出版社: Симпозиум
出版年: 2010
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9785890914231
Publisher's page for this book


[pl] ポーランド語
タイトル: Nie Myśl, że Książki Znikną
著者: Umberto Eco, Jean-Claude Carrière 
ハードカバー
出版社: W.a.B.; 1. Auflage.版
出版年: 2010-01
ISBN-10 : 8374148705
ISBN-13 : 9788374148702
Publisher's page for this book


[de] ドイツ語
タイトル: Die große Zukunft des Buches [Gebundene Ausgabe]
著者: Jean-Claude Carriere (Autor), Umberto Eco (Autor), Barbara Kleiner (Übersetzer) 
ハードカバー
出版社: Carl Hanser Verlag
出版年: 2010-08-16
ISBN-10 : 3446235779
ISBN-13 : 9783446235779
Publisher's page for this book


[nl] オランダ語
タイトル: Zo makkelijk kom je niet van boeken af / druk 1
著者: Umberto Eco Jean-Claude Carriere 
Perfect
出版社: De Bezige Bij
出版年: 2010-02
ISBN-10 : 902344180X
ISBN-13 : 9789023441809
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: This is Not the End of the Book: A conversation curated by Jean-Philippe de Tonnac
著者: Umberto Eco (Author), Jean-Claude Carrière (Author), Jean-Philippe de Tonnac (Introduction), Polly McLean (Translator) 
ハードカバー
出版社: Harvill Secker
出版年: 2011-05-05
ISBN-10 : 1846554519
ISBN-13 : 9781846554513
Publisher's page for this book


[pt] ポルトガル語
タイトル: Nao Contem Com O Fim Do Livro
著者: Umberto Eco (Autor), Jean-Claude Carrière (Autor), Andre Telles (Tradutor) 
Brochura
出版社: Record
出版年: 2010
ISBN-10 : 8501088536
ISBN-13 : 9788501088536
Publisher's page for this book


[es] スペイン語
タイトル: Nadie acabará con los libros
著者: Umberto Eco, Jean-Claude Carrière, Jean-Philippe de Tonnac 
ハードカバー
出版社: Lumeneditorial; Tra edition
出版年: 2010-03
ISBN-10 : 8426417671
ISBN-13 : 9788426417671


[it] イタリア語
タイトル: Non sperate di liberarvi dei libri
著者: Jean-Claude Carrière (著), Umberto Eco (著), Jean-Philippe de Tonnac (編集), A. M. Lorusso (翻訳) 
Collana: SAGGI
出版社: Bompiani
出版年: 2009-04
ISBN-10 : 8845262154
ISBN-13 : 9788845262159
Publisher's page for this book


[fr] フランス語
タイトル: N'espérez pas vous débarrasser des livres
著者: Umberto Eco, Jean-Claude Carrière, Jean-Philippe de Tonnac 
ハードカバー
出版社: Grasset & Fasquelle
出版年: 2009
ISBN-10 : 3868731350
ISBN-13 : 9783868731354
Publisher's page for this book


■日本語訳 Translation into Japanese

カリエール:
書棚にあるのに読んでいないし、この先も決して読まないであろう本に関しては、おそらく誰にでも、ずっと先に、もしかしたら来世になるかもしれないが、いつか必ず読むと決めている本をどこか、身近に置いておきたいという気持ちがあるんじゃないでしょうか。最期の時が来て、まだプルーストを読んでいないということに気づいて死んでゆく人々の嘆きは、じつに悲痛なものです。(363〜364ページ)

エーコ:
子供の頃、近所に住んでいた女性が毎年クリスマスに本をくれました。あるとき、その人に訊かれたんです。「ねえ、ウンベルトちゃん、あなたは本に何が書いてあるか知りたくて本を読むの? それとも読むのが好きだから本を読むの?」そして私が認めざるをえなかったのは、読んでいる本にそこまで興味がなかったときもあったということです。私はただ読むのが好きだったから、何でもかんでも読んでいたんです。これは子供心にも衝撃的な大発見の一つでしたよ!(374ページ)

   「我々が読まなかったすべての本」
   ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール=著
   ジャン=フィリップ・ド・トナック=対談コーディネーター
   工藤妙子(くどう・たえこ)=訳
   『もうすぐ絶滅するという紙の書物について
   阪急コミュニケーションズ 2010-12-30


■フランス語原文 The original text in French

Jean-Claude Carrière :
A propos des livres, dans nos bibliothèques, que nous n'avons pas lus, et que sans doute nous ne lirons jamais : il y a probablement chez chacun de nous l'idée de mettre de côté, de placer quelque part des livres avec lesquels nous avons un rendez-vous, mais plus tard, beaucoup plus tard, peut-être même dans une autre vie. Elle est terrible, la lamentation de ces mourants qui constatent que leur heure dernière est venue et qu'ils n'ont pas encore lu Proust.

Umberto Eco :
Lorsque j'étais enfant, une voisine me donnait un livre chaque année pour Noël. Un jour elle m'a demandé : "DIs-moi Umbertino, tu lis pour savoir ce qu'il y a dans le livre que tu lis ou pour l'amour de lire ?" Et j'ai dû admettre que je n'étais pas toujours passionné par ce que je lisais. Je lisais pour le goût de lire, n'importe quoi. C'est une des grandes révélations de mon enfance !

   N'espérez pas vous débarrasser des livres
   by Umberto Eco, Jean-Claude Carrière, Jean-Philippe de Tonnac
   Grasset & Fasquelle, 2009
   Excerpts at:
   * Babelio.com
   * Booknode


■外部リンク External links

 [zh] 繁體中文
   * 《別想擺脫書》(Nobody Will Finish With Books) - 扎誌
   * 翁貝托·埃可 - 維基百科 (1932-  )
 [ja] 日本語
   * ウンベルト・エーコ - Wikipedia (1932-  )
   * ジャン=クロード・カリエール - Wikipedia (1931-  )
   * ジャン=クロード・カリエール - allcinema
 [tr] Türkçe
   * Dipnot Kitap Kulübü
 [fi] フィンランド語
   * Eurooppalaisia puheenvuoroja - YLE Radio 1
 [en] English
   * Umberto Eco homepage
   * Umberto Eco - Wikipedia (1932-  )
   * Jean-Claude Carrière - Wikipedia (1931-  )
   * Jean-Claude Carrière - IMDb
 [it] Italiano
   * Umberto Eco's Official Website
   * Umberto Eco - Wikipedia (1932-  )
 [fr] Français
   * Umberto Eco - Wikipédia (1932-  )
   * Jean-Claude Carrière - Wikipédia (1931-  )


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) ウンベルト・エーコ

(2) ジャン=クロード・カリエール

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 16 March 2011

A Hanging by George Orwell (2) オーウェル 「絞首刑」 (2)

« 1 A Hanging »
« 1 絞首刑 »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Image  1937年のオーウェル Orwell in 1937
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 川端 1995, 2009
  (J2) 小野寺 1982
  (J3) 高畠 1972
  (J4) 塩沢 1970
  (J5) 松浪 1961
  (J6) 小野 1957, 1959
 Video  Famous Authors: George Orwell (1996)
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio  英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

死刑囚が処刑場へ向かって歩いている。囚人の左右には銃をかついだ衛兵が二人ついている。後ろからはもう二人の衛兵が彼の両肩と両腕をつかんでいる。「わたし」も、この行進に従って歩く一人だ。

絞首台まで、あと約40メートルに近づいたとき。死刑囚は途中の水たまりに足を踏み入れまいとして、ひょいとよける。「わたし」は、すぐ後ろでそれを目撃する。

「わたし」は、はっと悟る。人が生きているとは、死ぬとは、どういうことか。人を殺すとは、人が殺されるとは、どういうことか。


 Image 
1937年のオーウェル Orwell in 1937
Orwell_ilp_summer_school_1937
独立労働党サマースクールにて。右から二人目の長身の男がオーウェル。 Independent Labour Party Summer School (Orwell second from the right. Image source: www.k-1.com/Orwell


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  有一下他甚至不顾两边有看守架着他,脚下稍微向旁边闪了一步,以躲开路上的一个水坑。
  这让我有些讶异,直到这一刻我才认识到毁灭一个健康的、有意识的人意味着什么。


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

  有個男人抓著他的肩膀。他走至某處時,稍微往旁偏去,以避開路面的一隅水漥。
  幾乎可說是好奇,但我在那之前從未思考過,摧毀一名身體健全、具有清明意識的人類,究竟意味著什麼。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 川端 1995, 2009
 そして一度、衛兵たちに両肩をつかまれているのに、途中の水たまりを避けようとして、ちょっと脇にのいた。
 奇妙なことだが、その瞬間まで私は、一人の健康な、意識のある人間を殺すということがどういうことなのか、まったく分かっていなかった。


(J2) 小野寺 1982
 そして一度、衛兵に両肩をつかまれているのに、彼は途中の水たまりをかるく脇へよけたのだ。
 妙なことだがその瞬間まで、わたしには意識のある一人の健康な人間を殺すというのがどういうことなのか、わかっていなかったのだ。

  • ジョージ・オーウェル=著 小野寺健(おのでら・たけし)=訳 「絞首刑」 小野寺健=編訳 『オーウェル評論集』 岩波文庫 1982-04-16

(J3) 高畠 1972
 そして、たった一度、彼は、水たまりに踏み込むまいとして、両側から看守に肩をおさえられながらも、ちょっとわきへのいた。
 奇妙なことだが、その瞬間まで、わたしは、健康でちゃんと意識をもったひとりの人間を殺すというのは、どんなことなのか、一度も考えたことがなかったのだった。

  • ジョージ・オーウェル=著 高畠文夫(たかばたけ・ふみお)=訳 「絞首刑」 『動物農場』 角川文庫 1972-08-30

(J4) 塩沢 1970
 両肩を男たちにつかまえられているのに、一度だけ彼は少し脇へ寄り、途中の水たまりを避けた。
 奇妙なことだが、私はその時まで、ひとりの健康で正気の人間を殺してしまうことが何を意味するか、何も分かっていなかった。

  • ジョージ・オーウェル=著 塩沢由典(しおざわ・よしのり)=訳 「絞首刑」 『オーウェル著作集1 1920-1940』 (全4巻) 平凡社 1970-07-10

(J5) 松浪 1961
そして彼の両肩をつかんでいる人間がいるにもかかわらず、一度彼は水たまりをさけるためにちょっとわきへ寄った。
 奇妙なことだが、そのときまで私は、健康な、意識のある人間を殺すということがどんなことであるのか気付いたことがなかった。

  • A Hanging(訳題なし) 松浪有(まつなみ・たもつ)=訳注 『訳注オーウェル選』 現代作家シリーズ 53 南雲堂 1961-09-25

(J6) 小野 1957, 1959
そして一度、看守たちが両肩をつかまえていたにもかかわらず、かれは路上の水たまりを避けてちょっとわきによけた。
 奇妙なことだが,私はその瞬間まで、一人の健全な、意識をもった人間を破壊するということが何を意味するか、一度も気づいていなかったのである。

  • Orwell / オーウェル=著 小野協一(おの・きょういち)=訳 「象を射つ」
  • 引用は b. 南雲堂 1957 版に拠りました。

 Video 
Famous Authors: George Orwell (1996) Part 5
George_orwell_part_5
ビデオの埋め込みは許可されていないので、ご覧になりたいかたはここをクリックしてください。 Embedding disabled by request. To view the video, click here. Written, produced and directed by Malcolm Hossick


■ロシア語訳 Translation into Russian

А один раз, несмотря на вцепившихся ему в плечи людей, он шагнул 'чуть в сторону, огибая лужу на дороге.

Как ни странно, но до этой минуты я еще до конца по понимал, что значит убить здорового, находящегося в полном сознании человека.

  • Джордж Оруэлл - Казнь через повешение. Translated by М. Теракопян (M. Terakopyan), 1988
  • E-text at Orwell.ru

■ドイツ語訳 Translation into German

Und plötzlich, ungeachtet der Männer, die ihn an jeder Schulter hielten, trat er etwas zur Seite, um einem Pudel im Wege auszuweichen.

Merkwürdig. Aber bis zu diesem Augenblick war mir gar nicht bewusst gewesen, was es bedeute, einen gesunden, geistig klaren Menschen zu zerstören.


■イタリア語訳 Translation into Italian

A un tratto, nonostante i due carcerieri che lo tenevano per le spalle, si fece leggermente da parte per evitare una pozzanghera.

Per quanto strano possa sembrare, fino a quel momento non avevo veramente capito che cosa significhi distruggere un uomo sano e cosciente.

  • Un impiccato by George Orwell. Translated by Gabriella Giudici.
  • E-text at GabriellaGiudici.it

■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

E, apesar dos homens que o agarravam pelos ombros, desviou-se uma vez ligeiramente para evitar uma poça de água.

É curioso, mas até esse momento nunca me apercebera realmente do que significa destruir um homem saudável e consciente.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Y en un momento, a pesar de los hombres que lo tenían asido de ambos hombros, se hizo levemente a un lado para evitar un charco.

Es curioso, pero hasta ese instante yo nunca me había dado cuenta de lo que significa matar a un hombre que tiene salud y conciencia.

  • El ajusticiamiento by George Orwell
  • E-text at Scribd

■フランス語訳 Translation into French

A un moment, malgré les deux hommes qui le tenaient par les épaules, il fit un léger pas de côté pour éviter une flaque d’eau.

C'est curieux, mais jusqu'à cet instant, je n'avais pas compris ce que signifie détruire un homme conscient et en bonne santé.


 Audio 
英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English

下の引用箇所の朗読は 4:59 から始まります。 Uploaded to YouTube by Carlos Barrera on 4 May 2013. Reading of the excerpt below starts at 4:59.


■英語原文 The original text in English

And once, in spite of the men who gripped him by each shoulder, he stepped slightly aside to avoid a puddle on the path.

It is curious, but till that moment I had never realized what it means to destroy a healthy, conscious man.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016-11-17 松浪有=訳注 1961-09-25 を追加しました。
  • 2014-11-25 小野協一=訳註 1957-06-25 を挿入し、ドイツ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳の訳文、ならびに英語原文のオーディオブックを追加しました。

« 1 A Hanging »
« 1 絞首刑 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese

  

保存

保存

保存

保存

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 13 March 2011

Prince Caspian by C. S. Lewis C・S・ルイス 『カスピアン王子のつのぶえ』

■はじめに Introduction

カスピアン王子は、忠実な味方をあつめてミラースをやっつけようと、お城からにげだしました。そのとき、宝ぐらから、スーザン女王のつのぶえを持ちだしたのです。

   C・S・ルイス=原作 マシュー・M・アームストロング=絵
   中村妙子(なかむら・たえこ)=訳
   『絵本 カスピアン王子のつのぶえ』 ナルニア国ものがたり
   岩波書店 2008-03-06


 Image Gallery 1 
『絵本 カスピアン王子のつのぶえ』
The Return to Narnia: The Rescue of Prince Caspian, a picture book

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_kasupian_ouji_no_tsunobue_400111 de De_dierueckkehrnachnarniaprinzkas_2

es Es_regreso_a_narnia fr Fr_retournarniaausecoursduprincecas

en En_the_return_to_narnia_2


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: 絵本 カスピアン王子のつのぶえ (ナルニア国ものがたり)
著者: C.S. ルイス 
大型本
出版社: 岩波書店
出版年: 2008-03-06
ISBN-10 : 4001112078
ISBN-13 : 9784001112078
版元による この本の紹介


[de] ドイツ語
タイトル: Die Rückkehr nach Narnia - Prinz Kaspians Rettung
著者: C. S. Lewis 
ハードカバー
出版社: Brendow Verlag
出版年: 2007-09
ISBN-10 : 3865061931
ISBN-13 : 9783865061935
Publisher's page for this book


[es] スペイン語
タイトル: Regreso a Narnia: El rescate del príncipe Caspian
著者: Escritor: Clive S. Lewis Ilustrador: Matthew S. Armstrong Traductor: Gemma Gallart Álvarez 
単行本
出版社: Destino
出版年: 2007
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788408072607


[fr] フランス語
タイトル: Retour à Narnia : Au secours du Prince Caspian [Album]
著者: Matthew Armstrong (Auteur), C-S Lewis (Auteur) 
Collection : NARNIA PR DERIV
出版社: Gallimard-Jeunesse
出版年: 2007-10-11
ISBN-10 : 2070614http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post441
ISBN-13 : 9782070614448
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: The Return to Narnia: The Rescue of Prince Caspian
著者: C. S. Lewis 
ハードカバー
出版社: HarperCollins
出版年: 2006-10-01
ISBN-10 : 0061131105
ISBN-13 : 9780061131103


 Video 1 
映画 『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛 (2008)』 予告篇
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian (2008) Trailer

アンドリュー・アダムソン(監督) ベン・バーンズ(カスピアン王子) ジョージー・ヘンリー(ルーシー・ペベンシー) Andrew Adamson (director), Ben Barnes (Prince Caspian), Georgie Henley (Lucy Pevensie)


 Image Gallery 2 
映画 『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛 (2008)』 ポスター&DVD
Narnia: Prince Caspian (2008) Posters and DVD covers

zh Zh_simp_narnia_prince_caspian_2 zh Zh_the_chronicles_of_narnia_prince_ ko Ko_narnia_prince_caspian

ja Ja_narnia_prince_caspian vi Vi_posternarniakw6 th Th_

he Photo tr Tr_narnia_gunlukleri_prens_2 hu Hu_narnia_kronikai_caspian_herceg_3

el El_ ru Ru_narnia_prince_caspian bg Bg_the_chronicles_of_narnia_

uk Uk_ pl Pl_opowiesci_z_narnii_ksiaze_kaspia fi Fi_narnian_tarinatprinssi_kasppian

no No_legenden_om_narnia_prins_caspian sv Se_berattelsen_om_narnia_prins_casp da Da_narniaprinscaspian_plakat

et Et_narnia_kroonikad_prints_caspia_2 cz Cz_letopisy_narnie_princ_kaspian de De_prinzkaspianvonnarniadasbuchzumf

nl Nl_narnia_kronieken it It_le_cronache_di_narnia_il_princip br Br_as_crnicas_de_nrnia_prncipe_casp

ca Ca_lescroniquesdenarniaelprincepcas es Es_narnia_el_principe_caspian fr Fr_le_prince_caspian

en En_prince_caspian


■訳題と画像の拝借元リンク Titles in translation and links to image sources

[zh] 纳尼亚传奇:凯斯宾王子 中国語(簡体字)
[zh] 納尼亞傳奇:賈斯潘王子 中國語(繁體字)
[ko] 나니아 연대기: 캐스피언 왕자 韓国語
[ja] ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛 日本語
[vi] Biên Niên Sử Narnia: Hoàng Tử Caspian ベトナム語
[th] นาร์เนีย แคสเปี้ยเจ้าชาย タイ語
[he] סיפורי נרניה: הנסיך כספיאן ヘブライ語
[tr] Narnia günlükleri - Prens kaspiyan トルコ語
[el] Το χρονικό της Νάρνια: Ο πρίγκιπας Κάσπιαν ギリシア語
[ru] Хроники Нарнии: Принц Каспиан ロシア語
[bg] Хрониките на Нарния: Принц Каспиян ブルガリア語
[uk] Хроніки Нарнії: Підкорювач Світанку ウクライナ語
[pl] Opowieści z Narnii: Książę Kaspian ポーランド語
[fi] Narnian tarinat: Prinssi Kaspian フィンランド語
[no] Legenden om Narnia – Prins Caspian ノルウェー語
[sv] Berättelsen om Narnia: Prins Caspian スウェーデン語
[da] Narnia: Prins Caspian デンマーク語
[et] Narnia kroonikad: Prints Caspian エストニア語
[cz] Letopisy Narnie: Princ Kaspian チェコ語
[de] Die Chroniken von Narnia: Prinz Kaspian von Narnia ドイツ語
[nl] De Kronieken Van Narnia: Prins Caspian オランダ語
[it] Le cronache di Narnia: Il principe Caspian イタリア語
[br] As Crônicas de Nárnia: Príncipe Caspian ブラジル・ポルトガル語
[ca] Les Cròniques de Nàrnia: el príncep Caspian カタルーニャ語(カタロニア語)
[es] Las crónicas de Narnia: el príncipe Caspian スペイン語
[fr] Le Monde de Narnia : Le Prince Caspian フランス語
[en] The Chronicles of Narnia: Prince Caspian 英語


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

[略]他把一件东西放在凯斯宾的手上。凯斯宾看不清楚那是什么,但凭触觉他知道那是一只号。

  “这是纳尼亚最宝贵、最神圣的一件东西,为了找到它,我忍受了种种的恐怖,念了无数遍的咒语,那时候我还很年轻。这是苏珊女王的一只神号,是在纳尼亚消失之前她留在这里的。据说,无论是谁吹响了它,这号角都会带来神灵的帮助——谁也说不出那将是怎样的帮助,也许它能把女王露茜、国王爱德蒙、女王苏珊和至尊王彼得召唤回来。他们将为我们这片苦难的土地伸张正义。也许这只号甚至能把阿斯兰唤回来。带着它吧,凯斯宾国王!但是,记住!不到最紧急的关头不要使用它。[略]”

   《纳尼亚传奇》之《凯斯宾王子》第5章
   E-text at:
   * 梦幻纳尼亚 DreamNarnia
   * 百度空间
   * 萨鲁世界


■日本語訳 Translation into Japanese

 先生は、カスピアンの手に何かをつかませました。王子はそれを見ることができませんが、手ざわりで、角笛だとわかりました。

 コルネリウス博士はいいました。「それなるは、ナルニア一の聖なる宝でございますぞ。わたしがまだ若かったればこそ、それを手に入れるため、かずかずのおそれをしのび、かずかずのまじないをかけましたもの。それは、スーザン女王の魔法の角笛で、あの黄金時代のおわりに、女王がこのナルニアから消えさられた時にあとに残したのでございました。うわさによりますと、だれが吹きならそうと、かならずふしぎな助けがくると申すことで、どのようなふしぎかは、だれもぞんじません。それは、むかしの世から、ルーシィ女王、エドマンド王、スーザン女王、ピーター王をよびもどす力があって、そのかたがたがすべてを正してくださるかもしれません。ひょっとすると、アスランその方さえ、よびだすこともありましょうぞ。おとりなされ、カスピアン王。ただし、のっぴきならないひつようのおりのほかは、使いなさるな。[略]」

   5. カスピアンの冒険
   C・S・ルイス=作 瀬田貞二(せた・ていじ)=訳

   引用は c. に拠りました。ルビは省略しました。


 Video 2 
映画 『ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛 (2008)』 Part 1
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian (2008) Part 1

下に引用するコルネリウス博士の台詞「のっぴきならないひつようのおりのほかは、使いなさるな」は4:03あたりに現れる。公式サイト: ディズニー Doctor Cornelius's line: "Do not use it except at your greatest need," quoted below, appears around 4:03. Official site: Disney


■英語原文 The original text in English

He put in Caspian's hands something which he could hardly see but which he knew by the feel to be a horn.

"That," said Doctor Cornelius, "is the greatest and most sacred treasure of Narnia. Many terrors I endured, many spells did I utter, to find it, when I was still young. It is the magic horn of Queen Susan herself which she left behind her when she vanished from Narnia at the end of the Golden Age. It is said that whoever blows it shall have strange help - no one can say how strange. It may have the power to call Queen Lucy and King Edmund and Queen Susan and High King Peter back from the past, and they will set all to rights. It may be that it will call up Asian himself. Take it, King Caspian: but do not use it except at your greatest need. [Omission]"

   Chapter Five: Caspian's Adventure in the Mountains
   Prince Caspian by C. S. Lewis
   London, Macmillan. 1963
   E-text at Scribd


■外部リンク External links

 [en] English
   * Prince Caspian - Wikipedia
   * The Chronicles of Narnia - Wikipedia
   * C. S. Lewis - Wikipedia (1898-1963)

 [ja] 日本語
   * カスピアン王子のつのぶえ - Wikipedia
   * ナルニア国ものがたり - Wikipedia
   * C・S・ルイス - Wikipedia (1898-1963)


■更新履歴 Change log

2012-12-27 タイ語版とギリシャ語版の表紙画像を追加しました。
2012-12-06 ブルガリア語版、ウクライナ語版、およびカタロニア語版の表紙画像
         を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■CD

■おもちゃ Toy

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 03 March 2011

A Hanging by George Orwell (1) オーウェル 「絞首刑」 (1)

« A Hanging 2 »
« 絞首刑 2 »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Image  20歳ごろのオーウェル Orwell at the age around 20
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 川端 1995, 2009
  (J2) 小野寺 1982
  (J3) 高畠 1972
  (J4) 塩沢 1970
  (J5) 小野 1957, 1959
 Video  Famous Authors: George Orwell (1996)
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio  英語原文のオーディオブック(朗読) Audiobook in English
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

ビルマ(ミャンマー)は、1930年代までイギリス領インド帝国内の一州だった。1922年、名門イートン校を卒業したジョージ・オーウェルは、オックスフォードやケンブリッジに進む級友たちとは異なり、19歳でこの植民地に赴任し、1927年までの5年間、警察官を務めた。

「絞首刑」 (1931) は、このときの経験に基づいて書かれたエッセイの一つ。「象を撃つ」 (1936) とならぶ、オーウェルの初期の代表作。


 Image 
20歳ごろのオーウェル Orwell at the age around 20
Orwell_at_the_police_training_schoo
撮影1923年。ビルマ・マンダレーの警察官養成学校にて。後列左から三人目、ひときわ長身なのがオーウェル。190センチ以上あったらしい。 Year 1923. Burma Provincial Police Training School, Mandalay. Orwell standing third from the left. He was tall at six foot three. Image source: www.k-1.com/Orwell


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

那是在缅甸,一个泡在雨水中的清晨。一束昏黄的灯光——暗得好象是从黄锡纸发出来的,有气无力地从高墙外斜照进监狱院子里。我们侯在死牢外面,这是一排正面安了两重铁栅栏的小房子,象关动物的小笼子。每间牢房十英尺见方,除了一张光板床和一只饮水罐,里面什么东西也没有。其中有几间关着肤色棕黑、一声不响的犯人,一律裹着毯子,蹲在里层的栅栏跟前。这些都是一两周之内就会被送上绞架的死刑犯。


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

那是在伯瑪城,一個飄著雨的濕潤早晨。一絲蒼白的光線,帶著仿若錫紙的色澤,斜照入監獄庭院的高牆之中。我們在死刑牢房外等待,一排鐵欄橫亙在面前,令人聯想到關動物用的獸籠。每間牢房的大小約計為十呎平方,除卻木板床以及壺裝飲用水,幾乎是空無一物。在其中幾間,褐色皮膚的男人沉默地蹲倨於深處,將毛毯披掛在身上。他們皆已被判處死罪,絞刑在一兩個禮拜內便會執行。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 川端 1995, 2009
雨季のビルマ〔現在のミャンマー〕は朝からじとじとしていた。黄色いすず箔のような弱々しい光が、高い塀の上から刑務所の庭に斜めに射していた。われわれは死刑囚独房の外に待機していた。鉄格子を前面に二重にはめこんだ小屋が並んでいて、獣を入れる小さな檻のようだ。どの独房もおよそ十フィート四方で、板の寝床と飲み水を入れた壷をのぞけば、あとは何もない。その何室かには、褐色の膚の男たちが、押し黙ったまま、内側の格子のところに毛布をかぶってうずくまっていた。みんな死刑囚で、この一、二週間のうちに絞首刑に処せられることになっている。


(J2) 小野寺 1982
雨季のビルマは、朝からじっとりとぬれている。黄色い錫のフォイルのような弱々しい光が、高い塀の上から刑務所の庭にななめに差していた。われわれは死刑囚の独房の前にいた。前面に二重の鉄格子がはまった小屋が並んでいるところは、獣(けもの)を入れた檻(おり)の行列のようだ。どれも縦横十フィートで、中には木製のベッドと飲み水用のポットが一つある以外、何もない。そのいくつかでは、内側の格子を前に、褐色の肌をした男が体に毛布をまきつけて黙然とうずくまっていた。みんな死刑囚で、来週か再来週には絞首刑になる運命なのだった。

  • ジョージ・オーウェル=著 小野寺健(おのでら・たけし)=訳 「絞首刑」 小野寺健=編訳 『オーウェル評論集』 岩波文庫 1982-04-16

(J3) 高畠 1972
ところはビルマで、雨季のびっとりしたある朝のことだった。黄色い銀紙のような弱々しい光が、高い塀(へい)ごしに、刑務所の中庭へ斜めに差し込んでいた。われわれは、死刑囚の監房の外で待っていた。正面に二重の鉄柵(てつさく)をはめた、小さな動物の檻(おり)のような小屋が、ずらりと並んでいる。どれも十フィート四方ほどの広さで、板床がひとつと、飲み水の入ったつぼがひとつおいてあるほかは、内部(なか)は全くガランとしている。その監房のいくつかには、内側の鉄柵のところに、毛布をまとった茶色の男が、黙ってうずくまっている。来週か再来週(さらいしゅう)のうちに処刑されることになっている死刑囚たちだ。

  • ジョージ・オーウェル=著 高畠文夫(たかばたけ・ふみお)=訳 「絞首刑」 『動物農場』 角川文庫 1972-08-30

(J4) 塩沢 1970
ビルマのことだった。雨期でじとじとした朝。弱々しい光が、黄色い錫箔のように光り、刑務所の庭へ、高い塀越しに斜めにさしていた。われわれは死刑囚用の独房の外で待っていた。二重の鉄格子のはまった、小さなおりのような、小屋がひと並びといったところだ。ひとつの房は横十フィートに縦十フィート、木製のベッドと飲み水用の水差しを除いて、なかは全くがらんとしていた。いくつかの独房には、とび色の肌をした男たちが、毛布を巻きつけて、内側の鉄格子のところにだまってうずくまっていた。彼らは死刑囚たちで、来週か再来週には、絞首刑が待っていた。

  • ジョージ・オーウェル=著 塩沢由典(しおざわ・よしのり)=訳 「絞首刑」 『オーウェル著作集1 1920-1940』 (全4巻) 平凡社 1970-07-10

(J5) 小野 1957, 1959
ところはビルマ、雨期のじとじとした朝であった。黄色い錫箔のような弱い光が、高い塀越しに監獄の庭に斜めにさしていた。私たちは死刑囚監房——小さな動物の檻のように、前面に二重の鉄柵のはまった小屋がずらっと並んでいる——の外で待っていた。各房はだいたい十フィート四方で、板床と飲水の入ったつぼ以外には何もなかった。それらの房の幾つかには、褐色の男が、黙りこんだまま、毛布をまとって、内側の鉄柵のところにうずくまっていた。それらはここ、一,二週間のうちに絞首刑にされることになっている死刑囚であった。

  • Orwell / オーウェル=著 小野協一(おの・きょういち)=訳 「象を射つ」
  • 引用は b. 南雲堂 1957 版に拠りました。

 Video 
Famous Authors: George Orwell (1996) 1 of 6
Famous_authors_george_orwell_2
ビデオの埋め込みは許可されていないので、ご覧になりたいかたは  ここをクリック  してください。 Embedding disabled by request. To watch the video  CLICK HERE   Written, produced and directed by Malcolm Hossick


■ロシア語訳 Translation into Russian

В Бирме стоял сезон дождей. Промозглым утром из-за высоких стен в тюремный двор косыми лучами падал слабый, напоминавший желтую фольгу, свет. В ожидании мы стояли перед камерами смертников — перед вереницей похожих на клетки сараев с двумя рядами прутьев вместо передней стенки. Камеры эти, размером примерно десять на десять футов, были почти совершенно пустыми, если не считать дощатой койки и кружки для воды. Кое-где у внутреннего ряда прутьев, завернувшись в одеяла, сидели на корточках безмолвные смуглые люди. Их приговорили к повешению, жить им оставалось неделю или две.

  • Джордж Оруэлл - Казнь через повешение. Translated by М. Теракопян (M. Terakopyan), 1988
  • E-text at Orwell.ru

■ドイツ語訳 Translation into German

Es war in Burma. Ein schmutziger Morgen der Regenzeit. Fiebriges Licht, wie gelbes Wellblech, ragte über die hohen Mauern in den Gefängnishof. Wir warten vor den Todeszellen, Verschläge in einer Reihe, vorne mit doppelten Balken, wie kleine Tierkäfige. Jede dieser Zellen maß etwa 10 x 10 Fuß, war völlig leer, bis auf eine Pritsche und einen Krug für Trinkwasser. In einigen saßen bra une Männer, wortlos ans Gitter gedrängt, die Decken um ihren Leib geschlagen. Das waren die Verurteilten, die in der nächsten Woche oder so gehängt werden sollten.


■イタリア語訳 Translation into Italian

Accadde in Birmania, un fradicio mattino durante la stagione delle piogge. Una luce malaticcia, come stagnola giallastra, da sopra l’alto muro pioveva di sbieco nel cortile della prigione. Eravamo in attesa davanti alle celle dei condannati a morte: una fila di cubicoli, chiusi da doppie infettiate, come piccole gabbie per animali. Ogni cella era poco più di tre metri per tre e non conteneva che un tavolaccio e una brocca d’acqua da bere. Alcune erano occupate da silenziosi uomini dalla pelle scura, accovacciati presso l’inferriata interna, con una coperta drappeggiata intorno al corpo. Erano i condannati a morte, che sarebbero stati impiccati quella settimana o la settimana successiva.

  • Un impiccato by George Orwell. Translated by Gabriella Giudici.
  • E-text at GabriellaGiudici.it

■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Foi na Birmânia, numa encharcada manhã das chuvas. Uma luz desmaiada, como uma prata de chocolate dourada, alongava-se por sobre as paredes altas, entrando no pátio da prisão. Esperávamos no exterior das celas dos condenados, uma fileira de barracões com grades duplas na parte da frente, como pequenas jaulas para animais. Cada cela media cerca de três metros por três e o seu interior era quase completamente despido, exceptuando uma cama de tábuas e um cântaro de água potável. Em algumas, homem morenos silenciosos agachavam-se junto das grades internas, enrolados nos seus cobertores. Eram os condenados, que seriam enforcados dentro de uma ou duas semanas.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Ocurrió en Birmania, en una húmeda mañana de la estación de las lluvias. Una luz enfermiza, como amarilla hoja de estaño, se colaba sobre las altas paredes hasta el patio de la cárcel. Estábamos esperando cerca de las celdas de los condenados, que eran una especie de cobertizos semejantes a jaulitas para animales, con barrotes dobles al frente. Cada celda medía alrededor de diez pies por diez y se hallaba completamente vacía a excepción de una tabla para dormir y un jarro para tomar agua. En algunas de ellas se agazapaban contra los barrotes interiores hombres cobrizos y silenciosos envueltos en sus sábanas. Estos eran los condenados, que serían colgados en la primera o segunda semana subsiguiente.

  • El ajusticiamiento by George Orwell
  • E-text at Scribd

■フランス語訳 Translation into French

En Birmanie, un matin détrempé par les pluies. Une lumière blafarde, couleur de papier d'étain jaune, passait obliquement par-dessus les hauts murs jusque dans la cour de la prison. Nous attendions à l'extérieur des cellules des condamnés, une rangée d'abris fermés par des doubles barreaux, comme des petites cages pour animaux. Chaque cellule mesurait environ trois mètres sur trois et étaient complètement vides à l'exception d'un lit de planches et d'un pot à eau. Dans certaines d'entre elles, des hommes à la peau brune et silencieux se tenaient accroupis aux barreaux intérieurs, ceints de leur couverture. Ces hommes étaient condamnés à mort; ils seraient pendus d'une semaine à l'autre.


 Audio 
「絞首刑」 英語原文のオーディオブック(朗読) A Hanging - Audiobook in English

Uploaded to YouTube by 29harveydinio on 29 Jan 2012


■英語原文 The original text in English

It was in Burma, a sodden morning of the rains. A sickly light, like yellow tinfoil, was slanting over the high walls into the jail yard. We were waiting outside the condemned cells, a row of sheds fronted with double bars, like small animal cages. Each cell measured about ten feet by ten and was quite bare within except for a plank bed and a pot of drinking water. In some of them brown silent men were squatting at the inner bars, with their blankets draped round them. These were the condemned men, due to be hanged within the next week or two.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-11-25 目次を新設し、ドイツ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2014-11-21 小野協一=訳註 1957-06-25 を挿入しました。
  • 2013-04-26 英語版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。

 

« A Hanging 2 »
« 絞首刑 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »