« April 2011 | Main | June 2011 »

May 2011

Sunday, 29 May 2011

Reading the OED: One Man, One Year, 21,730 Pages by Ammon Shea アモン・シェイ 『そして、僕はOEDを読んだ』

■はじめに Introduction

好きな人ならわかる、この興奮。
好きな人にしかわからない、この快感。
辞書を読む悦楽。


■そして、僕はOEDを読んだ - アモン・シェイ
 Reading the OED - Ammon Shea

Uploaded by NewTomCity on Oct 17, 2008. Ammon Shea discusses reading the OED in one year.


■表紙画像 Cover photos

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_reading_the_oed_ammon_shea_4 en En_reading_the_oed_ammon_sheajpg_2

日 [ja] そして、僕はOEDを読んだ 三省堂 2010 版元によるこの本の紹介
英 [en] Reading the OED: One Man, One Year, 21,730 Pages Perigee Trade 2008 Publisher's page for this book


■The OED
Oed_20_vols_circle_3

オックスフォード英語辞典 第二版 全20巻 オックスフォード大学出版局 1989
The Oxford English Dictionary, Second Edition, 20 volumes.
Edited by John Simpson and Edmund Weiner
Clarendon Press
21,728 pages | 305x225mm
978-0-19-861186-8 | Hardback | 30 March 1989
Image source: The Centered Librarian


■日本語訳 Translation into Japanese

[略]
 僕はあまり新しい本を買う方ではなく、OEDを段ボール箱から取り出して、ぴかぴかのビニール包装を一つ一つ破く作業はちょっと緊張した。届けられたOEDは、明らかに新品の本のにおいがして、新車のにおいなんかよりずっと恍惚(こうこつ)な気分にしてくれた。所詮、新車は読むことができないのだ。もちろん、古本は古本で新しい本に負けないくらい、よいにおいがするけれど。僕はOEDをリビングの壁にそって順番に並べた。本のカバーの色はダーク・ブルーで、威厳のあるキチン質の光沢を放っていて、それはまるで言葉好きの美しい虫の羽を模したかのようだ。

 僕は部屋の反対側に置いてあった肘掛け椅子に座り、数分間、並べたOEDを眺めていた。すると、OEDが床に置かれて不機嫌そうに見えたので、[以下略]

見出し語サンプル(定義は、特にことわりがない限り、OEDではなくシェイがつけたものである):

  • Constult (動詞) 一緒に愚かなことをする
  • Micturient (形容詞) ものすごく尿意をもよおしている
  • Supersaliency (名詞) 「性交のために男が飛び跳ねること」(OEDより)
  • Tricoteuse (名詞) 編み物をする女性、特に、フランス革命の際にギロチン処刑に参列し、たくさんの首が転がっている中でも座って編み物をする女性
  • Vocabularian (形容詞) 単語に注意を払いすぎる人

   アモン・シェイ=著 田村幸誠(たむら・ゆきしげ)=訳
   『そして、僕はOEDを読んだ
   三省堂 2010-11-16


■英語原文 The original text in English

[Omission]
  I rarely buy books that are brand new, and so I feel almost nervous as I take them out and began removing them in their pristine condition from the plastic wraps. They have a decidedly new-book smell, a scent far more intoxicating to me than that of a new car. After all, you cannot read a car. Of course, I think old books smell just as good as new ones. I arrange them, in order, on the floor along one wall in my living room. They are all dust-jacketed in a dark blue; with a regal and chitinous gloss, resembling the covering of some beautiful and wordy beetle.

  I sat in an armchair across the room and just stare at them for some minutes. It seems to me that they are glowering on the floor, so I [Omission]

Sample entries (Unless otherwise specified, the definitions come from Shea, not OED):

  • constult, (v.) To act stupidly together.
  • micturient, (a.) Having a strong desire to urinate.
  • supersaliency, (n.) "The leaping of the male for the act of copulation." (OED)
  • tricoteuse, (n.) A woman who knits; specifically, a woman who during the French Revolution would attend the guillotinings and knit while the heads were rolling. 
  • vocabularian, (a.) One who pays too much attention to words.

   Reading the OED: One Man, One Year, 21,730 Pages
   by Ammon Shea
   Perigee Trade, 2008-07-02
   Excerpt at OUPblog


■悪い知らせ——昔気質の辞書愛好家諸氏へ
 Bad news for old-fashioned dictionary lovers

   * Oxford English Dictionary 'will not be printed again'
     by Alastair Jamieson. The Telegraph, 2010-08-29
   * オックスフォード英語辞典はもう印刷されない見込み
     みんなの翻訳 2010-08-30


■外部リンク External links

 [en] English
   * Oxford English Dictionary Homepage
   * Oxford English Dictionary - Wikipedia
   * The Oxford English Dictionary Meets Cyberspace by James Gleick
     First published in the New York Times Magazine, 2006-11-05

 [ja] 日本語
   * オックスフォード大学出版局 (OUP) 東京支社
   * オックスフォード英語辞典 - Wikipedia


■更新履歴 Change log

 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■PCソフト PC software

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) The Oxford English Dictionary, Second Edition
  

(2) Various Oxford dictionaries and books related to the OED

(3) Ammon Shea

■和書または日本語で検索して得られた本
 Books in Japanese and books found by searching in Japanese

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 22 May 2011

Le livre des terres imaginées by Guillaume Duprat ギヨーム・デュプラ 『地球のかたちを哲学する』

■はじめに Introduction

地球は丸い。

このことが一般常識になるまえ、さまざまな時代・さまざまな地域の人々は、わたしたちの住む世界がどんな形をしていると考えていたか? 丸? 四角? サンドイッチ状?

人間の想像力の豊かさと奥深さを、ページをめくるたびに見せてくれる、しかけ絵本。2009年ボローニャ国際児童図書賞(ボローニャ・ラガッツィ賞)ノンフィクション部門受賞作。

[it] Non Fiction 2009 - Vincitore Fiera del libro per ragazzi di Bologna
[en] Non Fiction 2009 - Winner Bologna Children's Book Fair


Les Terres Imaginées • Extrait
 envoyé par CinquiemeEtageProduction. – Futurs lauréats du Sundance

Uploaded by CinquiemeEtageProduction. - Watch original web videos.
Diffusion du documentaire animé Les Terres imaginées


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ko Ko_9788980712526_duprat ja Ja_chikyuu_no_katachi

de De_seit_wann_ist_die_erde_rund it It_il_libro_delle_terre_3

es Es_el_libro_de_las_tierrasimaginada fr Fr_le_livere_des_terres_2


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ko] 韓国語
タイトル: 지구를 상상하다
著者: 기욤 뒤프라 
Hardcover
出版社: 미세기 (Miseghy)
出版年: 2009
ISBN-10 : 8980712529
ISBN-13 : 9788980712526
Publisher's page for this book


[ja] 日本語
タイトル: 地球のかたちを哲学する
著者: ギヨーム デュプラ 
大型本
出版社: 西村書店
出版年: 2010-06
ISBN-10 : 4890139184
ISBN-13 : 9784890139187
Publisher's page for this book


[de] ドイツ語
タイトル: Seit wann ist die Erde rund?
著者: Guillaume Duprat 
ハードカバー
出版社: Knesebeck Von Dem Gmbh
出版年: 2009-08
ISBN-10 : 3868731350
ISBN-13 : 9783868731354
Publisher's page for this book


[it] イタリア語
タイトル: Il libro delle Terre immaginate
著者: Guillaume Duprat (author) Ombretta Romei (translator)
Bologna Ragazzi Award 2009 non fiction
Premio Andersen "Miglior libro di divulgazione" 2010
出版社: Milano : L'ippocampo edizioni
出版年: 2009
ISBN-10 : 8895363310
ISBN-13 : 9788895363318
Publisher's page for this book


[es] スペイン語
タイトル: El libro de las tierras imaginadas
著者: Guillaume Duprat 
Colección: Libros Ilustrados
出版社: Barcelona : Ediciones Oniro, S.A.
出版年: 2009
ISBN-10 : 8497544048
ISBN-13 : 9788497544047
Publisher's page for this book


[fr] フランス語
タイトル: Le livre des terres imaginées [Album]
著者: Guillaume Duprat (Auteur) 
Collection : DOCUMENTAIRE
出版社: Seuil Jeunesse
出版年: 2008-10-02
ISBN-10 : 2020969114
ISBN-13 : 9782020969116
Publisher's page for this book
More info at:
* Chapitre.com
* Decitre.fr


■韓国語によるこの絵本の紹介 Description of this picture book in Korean

2009년 볼로냐 국제 아동 도서전 라가치상 수상작. 지구의 모양을 두고 고대부터 현재에 이르기까지 다양한 민족의 상상과 과학의 이야기를 들려주는 책이다. 기상천외한 모양에서부터 세모와 네모 모양, 보다 과학적으로 접근한 둥근 모양 등 지구를 둘러싼 상상력의 세계와 만날 수 있다.

   지구를 상상하다
   Source: 알라딘 (aladin.co.kr)


■日本語によるこの絵本の紹介 Description of this picture book in Japanese

現在の子供達は、「ちきゅう」がまるいことを映像などで早い時期から知っています。過去に地球は三角だったり四角だったりと、考えられていたなんて信じられないでしょう。色々な国の各々の時代に学者や宗教家が、想像し思索した事を知ることは新しい発見です。このしかけ絵本で地球の地理や歴史の変遷を探ってみて下さい。現代の常識が、未来では覆っているかもしれません。そう考えると楽しいです。

   地球のかたちを哲学する
   Source: オンライン書店e-hon


■ドイツ語によるこの絵本の紹介 Description of this picture book in German

Heute weiß jedes Kind, dass die Erde rund ist. Aber wie haben sich früher die Menschen unseren Planeten vorgestellt? Die Eskimos dachten ihn sich als Insel aus Eis, die auf dem Meer schwimmt. Für die Azteken war er ein riesiges Kreuz. Die Chinesen wiederum glaubten, in einer Welt zu leben, die die Form einer umgedrehten Teeschale hat. Und Christoph Columbus nahm an, die Erde sei wie eine Birne geformt. Guillaume Duprat hat für uns die Vorstellungen der Menschheit von unserem Planeten gesammelt, nacherzählt und in wundervollen Bildern dargestellt.

   Seit wann ist die Erde rund?
   Source:
   * Kultur und Geniessen
   * Amazon.de


■イタリア語によるこの絵本の紹介 Description of this picture book in Italian

Oggi tutti sanno che la Terra è un pianeta rotondo, in costante movimento nello spazio. Ma « prima », come se la immaginavano gli uomini la Terra? Piatta come un vassoio, rettangolare, a forma di pera, oppure cava? Aprite il libro e imbarcatevi in un viaggio attraverso il tempo e le culture per scoprire, in questo museo delle Terre immaginate, una miniera di fantasia e di poesia…

   Il libro delle Terre immaginate
   Source: L'ippocampo edizioni


■スペイン語によるこの絵本の紹介 Description of this picture book in Spanish

Hoy todo el mundo sabe que la Tierra es un planeta redondo que gira alrededor del sol y sobre sí mismo. Pero a lo largo de la historia cada cultura y civilización había imaginado la Tierra de una forma distinta: plana como un plato, rectangular, en forma de pera, o bien hueca. Abre este libro y sus sorprendentes solapas y desplegables, y comienza un fascinante viaje a través del tiempo, de las culturas y de la ciencia.

   El libro de las tierras imaginadas
   Source: PlanetadeLibros.com


■フランス語によるこの絵本の紹介 Description of this picture book in French

Aujourd'hui, tout le monde sait que la Terre est une planète ronde, lancée à toute allure dans l'espace. Mais " avant ", comment les hommes ont-ils imaginé la Terre ? Plate comme une assiette, rectangulaire, en forme de poire ou bien creuse ? Ouvrez ce livre et partez dans un voyage à travers le temps et les cultures pour découvrir, dans ce musée des Terres imaginées, des trésors d'inventivité et de poésie.

   Le livre des terres imaginées
   Source:
   * Chapitre.com
   * Amazon.fr


■外部リンク External links

 [fr] Français Guillaume Duprat - cosmologik
 [ja] 日本語  博多かおる - Wikipedia (1970-  )


■更新履歴 Change log

2011-11-22 韓国語版の表紙画像と書誌情報を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages
  
  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Hollywood Babylon by Kenneth Anger (1) ケネス・アンガー 『ハリウッド・バビロン』 (1)

 

« Hollywood Babylon 2 »
« ハリウッド・バビロン 2  »

■はじめに Introduction

ケネス・アンガーの著書『ハリウッド・バビロン』は、往年のハリウッド・スターたちのスキャンダルばかりを集めた、暴露本の親玉のような本。その記述内容の多くは、事実に反するとして、さまざまな人々から異議申し立てが出ている。

初版が発行されたのはフランス語版のほうが先で、1959年のこと。章節の一部が欠けた英語の海賊版が米国で発売されたのは1965年。ようやく公式の米国版が発行されたのは、1975年になってからのことだった。

邦訳は、はじめ堤雅久氏によるものが1978年に出版され、のちに明石三世氏による新訳が1989年に出た。明石氏の訳は、版元が倒産して長らく絶版だったが、ことし2011年初めに復刊された。

下に引用するのは、ハリウッドの元祖セックスシンボル、ラテン系色男、サイレント時代最大の二枚目スターとして絶大な人気を誇ったルドルフ・ヴァレンティノ(愛称ルディ)についてのゴシップ。ルディと彼の妻ナターシャとの間の結婚生活の真相に、アンガーは疑いの目を向ける。念のために申し上げる。ぜんぶを真に受けないほうが安全だ。


■『ケネス・アンガーのハリウッド・バビロン (1991)』 Part 1 of 6
 Kenneth Anger's Hollywood Babylon (1991) Part 1 of 6

BBC制作のドキュメンタリー 監督: ナイジェル・フィンチ A BBC documentary directed by Nigel Finch


■ルドルフ・ヴァレンティノ——フォト・ギャラリー
 Rudolph Valentino photo gallery
Valentino_photo_gallery
Image source: Silent Ladies & Gents


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_hollywood_babylon_1 de De_hollywood_babylon_1_2 it It_hollywood_babylonia

es Es_hollywood_babilonia fr Fr_hollywood_babylone_2 en En_hollywood_babylon_1975

[ja] ハリウッド・バビロン 1 PARCO出版 (2011) 日本語
[de] Hollywood Babylon 1. Akt. Rogner & Bernard (1983) ドイツ語
[it] Hollywood Babylonia イタリア語
[es] Hollywood Babilonia 1 Tusquets Editores (1994) スペイン語
[fr] Hollywood Babylone Régine Deforges (1977) フランス語
[en] Hollywood Babylon Straight Arrow Books (1975) 英語


■ルドルフ・ヴァレンティノ——スライドショー 音楽:バーナード・ハーマン
 Rudolph Valentino: A Slideshow with music by Bernard Herrmann

Presented by the Revolving Brothers


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 明石 1989, 2011
[略]ルディが自分より強い女性にひかれていたのは事実で、好みはレズの〝男役(たち)〟だった。ルディはナターシャを「ボス」と呼び、ナターシャもその要望に応えて、パラマウントに出入りしては、大いに仕事の邪魔をした。あげくの果てにアドルフ・ズーカーは、ナターシャをセットに入れないという一項を契約書に加えた。そこでナターシャは、パラマウントを辞めるようにとルディに命じ、報復に出る。さらにナターシャは〈冠隼(ザ・フーデッド・ファルコン)〉のシナリオに着手。かなりの時間と金を注ぎこんだものの、やがてそれは〝製作不能〟との結論が下される。ナターシャとルディの共作で、唯一、陽の目を見たのは『白日夢(デイ・ドリーム)』と題された、短い散文詩集だった。それはこんな結び文句で終わる。

  ああ
   時として
   感じる
  このうえない痛み
  それは
   あなたの口づけ

   ルディの評判
   ケネス・アンガー=著 海野弘(うんの・ひろし)=監修
   明石三世(あかし・みつよ)=訳
   a.ハリウッド・バビロン 1』 パルコエンタテインメント事業部 2011-02
   b.ハリウッド・バビロン 1』 リブロポート 1989-03-10
   引用は b. 1989年版に拠りました。


(J2) 堤 1978
[略]彼が力強い女性を求めていたことは事実で、ふたりの“男役(ブッチ)”に強くひかれていた。彼はナターシャをボスと呼び、彼女もそれにふさわしく夫の仕事に口うるさく干渉した。パラマウントの社長アドルフ・ズーカーが、ナターシャを撮影現場に立ち入らせないという条件を契約書に加えると、彼女のほうはその報復として、ヴァレンチノにパラマウントを辞めるように命令し、彼を主役にしたシナリオ〈英雄ファルコン The Hooded Falcon)〉の執筆に取りかかった。この作品は一担[ママ]製作に入ったものの、莫大な時間と製作費を要するという理由から映画化されるには至らなかった。ナターシャとヴァレンチノの共作で、日の目を見たのがただひとつだけある。白昼夢(デイドリームズ)という貧弱な詩篇だ。その詩はこのように終っている。

  あゝ——
   時々
   わたしは
  深い心の痛みを
  あなたの接吻に
  感じる

   ルーディーの噂 おしろい野郎ヴァレンチノ
   ケネス・アンガー著 海野弘=監修
   堤雅久(つつみ・まさひさ)=訳
   『ハリウッド・バビロン』 クイック フォックス社 1978-07-20


■英語原文 The original text in English

[Omission] there is no doubt he sought women stronger than himself and was attracted to “butch” ladies. Valentino called Natacha “the Boss” and she lived up to the name so well — constantly high-handing her husband’s career at Paramount — that Zukor resorted to a contract with a clause barring her from the set. She retaliated by ordering Rudy to leave Paramount. She then wrote a screenplay for Valentino, The Hooded Falcon, which proved “unproducible” after a considerable investment in time and money. One collaboration of Natacha and Rudy saw the light of day, a slim volume of verse entitled Daydreams, whose closing lines are:

  Alas
   At times
   I find
  Exquisite bitterness
  In
   Your Kiss.

   Rudy's Rep
   Hollywood Babylon by Kenneth Anger
   Excerpt at The Sheila Variations


■外部リンク External links

 [en] English
   * Hollywood Babylon - Wikipedia
   * Kenneth Anger - Wikipedia (1927-  )
   * Rudolph Valentino - Wikipedia (1895-1926)

 [ja] 日本語
   * Kenneth Anger - Wikipedia (1927-  )
   * ルドルフ・ヴァレンティノ - Wikipedia (1895-1926)


■更新履歴 Change log

2011-06-11 堤雅久=訳 1978-07-20 を追加しました。


 

« Hollywood Babylon 2 »
« ハリウッド・バビロン 2  »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Kenneth Anger

(2) Rudolph Valentino

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Wednesday, 18 May 2011

老舍 《骆驼祥子》 (3) 老舎 『駱駝祥子』『ルオトゥオシヤンズ』『らくだのシアンツ』『駱駝のシャンヅ』 (3) Rickshaw Boy / Camel Xiangzi by Lao She (3)

« 1 2 駱駝祥子 »
« 1 2 Rickshaw Boy »

■はじめに Introduction

小説『駱駝祥子』の主人公・祥子は、「しょうこ」さんでも「さちこ」さんでもない。祥子(シャンズ)は男だ。田舎から北京に出てきた下層階級の素朴な青年だ。食べるために、人力車を引っぱっている。1920年代のお話だ。

彼の妻は、あだ名を「虎娘」という。中国語では「虎妞(フーニウ)」。阪神ファンではない。人力車屋をいとなむ彼女の父が、まるで虎みたいに、どう猛な男なのだ。その娘だから「虎娘」。じつは、父以上に男まさりの積極的な女性だ。人を罵倒するのが大の得意で、こわもてのタイプ。

虎娘は祥子を誘惑し、だまして彼と結婚した。妊娠「偽装」という反則技を使って「できちゃった婚」に持ち込んだのだ。虎娘の「やり手」ぶりをうかがうために、まず会話部分を下に抜き出し、そのあとで小説の原文を引用する。


■国内外における老舎 Lao She in and outside China

↓ Click to enlarge ↓

a. Lao_she_mao_zedong

b. Laosheuc_berkeley_1946_06

c. Lao_she_university_of_london_soas d. Lao_she_18991966

  • 1960年、毛沢東と握手する老舎。この6年後、老舎は毛沢東の指導する文化大革命という名の権力闘争が引き起こした混乱のなかで、紅衛兵たちによって吊し上げに遭い、命を落とした。 Image source: 中国经济网 (www.ce.cn)
  • 1946年6月、カリフォルニア大学バークリー校を訪れたときの老舎(いちばん右)。彼は1946年、米国国務省に招かれて渡米し、1949年まで米国に滞在した。 Image source: 中国经济网 (www.ce.cn)
  • 1924〜29年、ロンドン大学東洋学院(現・ロンドン大学東洋アフリカ学院)で中国語講師を務めていたころの老舎。 Image source: 中国经济网 (www.ce.cn)
  • 老舎 (1899-1966)。撮影年・撮影場所は未確認。 Image source: 商都网 (Shangdu.com)

■Artwork
 《骆驼祥子》(七帧选六) 镜心 黑白插图原稿

↓ Click to enlarge ↓

Photo_2
Image source: 搜艺搜 (FindArt)


■Books and VCDs

↓ Click to enlarge ↓

a. Luotuo_xiangzi_9787020057283_china_ b. Drama_luotuo_xiangzi_act1 c. Beijinig_renyi_vcd


■Drama
 [ja] 『駱駝祥子』 北京人民芸術劇院 脚色・演出: 梅阡
 [zh] 《骆驼祥子》 [八大中国经典话剧] 北京人民艺术剧院 导演: 梅阡
 [en] Luotuo Xiangzi, a production by Beijing People's Art Theatre

50:20 あたりからの会話に相当する部分を、下の Dialogue の項に、原作から抜粋して引用する。


■Cinema
 [ja] 駱駝の祥子 (1982)
 [zh] 骆驼祥子 (1982)
 [en] Rickshaw Boy (1982)

0:35:30 あたりからの会話に相当する部分を、下の Dialogue の項に、原作から抜粋して引用する。


■Dialogue
上の舞台と映画の台詞は、下の原作の箇所を脚色したもの。

[zh] 简体中文
高 妈: 祥子!门口有位小姐找你;我正从街上回来,她跟我直打听你。
高 妈: 她象个大黑塔!怪怕人的!
虎 妞: 你可倒好!肉包子打狗,一去不回头啊!
祥 子: 别嚷!
虎 妞: 哼!我才怕呢!
虎 妞: 怨不得你躲着我呢,敢情这儿有个小妖精似的小老妈儿;
      我早就知道你不是玩艺,别看傻大黑粗的,鞑子拔烟袋,
      不傻假充傻!
祥 子: 别嚷!
祥 子: 别嚷!这边来!
虎 妞: 上哪边我也不怕呀,我就是这么大嗓儿!
祥 子: 你干吗来了?
虎 妞: 我?哼,事儿可多了!
虎 妞: 祥子!我找你有事,要紧的事!
祥 子: 什么事?
虎 妞: 祥子!
虎 妞: 我有啦!
祥 子: 有了什么?
虎 妞: 这个! [她指了指肚子] 你打主意吧!

   Excerpted from 老舍 《骆驼祥子》 第8章-第9章
   E-text at 梦远书城(第8章 第9章


[ja] 日本語
高 媽: 祥子。外で娘さんが待ってるよ。買物から帰ってきたところを
      つかまってさ、あんたのことを根掘り葉掘りきかれたよ。
高 媽: 色がまっ黒な、白塔(パイター)(北海公園にあるラマ塔)
      みたいにお腹がふくらんだ人だよ。あたしゃゾーッとしたよ!
虎 妞: おまえもいい気なもんだよ。でてったきり、知らんぷりとはねえ!
祥 子: 静かにしてくだせえ!
虎 妞: ふん、知ったことかい!
虎 妞: 変だ変だと思ったら、あんな化けものみたいな年増(としま)に
      うつつをぬかしてたんだね。あたしゃちゃんと知ってたよ。
      おまえはうすらばかみたいにしているけど、ほんとはとんだ
      くわせ者だってことをね。なにさ、とぼけやがって!
祥 子: 静かにしてくだせえ!
祥 子: 静かに! むこうへ行きやしょう。
虎 妞: どこへだって行ってやるさ。この声は生まれつきなんだからね!
祥 子: で、なにかご用で?
虎 妞: ご用? ふん。山ほどあるさ!
虎 妞: 祥子! どうしても話しておきたいことがあったんだよ
祥 子: いったいなんで?
虎 妞: 祥子!
虎 妞: できたんだよ!
祥 子: えっ、なにが?
虎 妞: これよ! [彼女は自分の腹を指さした] どうするのよ!

   八〜九からの抜粋
   老舎=著 立間祥介(たつま・しょうすけ)=訳
   『駱駝祥子 らくだのシアンツ』 岩波文庫 1980-12-16


[en] English
Kao Ma:   Hsiang Tzu! There's a young lady at the door looking
        for you. I just came home and she wanted me to
        tell her all about you.
Kao Ma:   She's like a big black pagoda. What a fright!
Hu Niu:   You can still come back even though you're like a
        dog who's been beat with a package of meat and
        not looking back beats a retreat!
Hsiang Tzu: Don't make a fuss!
Hu Niu:   Humph! What do I care!
Hu Niu:   I don't blame you for avoiding me. It's no wonder,
        not with a seductive vixen like her here. I knew you
        were no fool a long time ago so don't stand there
        looking like a clod. 'A Mongol may throw away a
        tobacco pouch but he's no fool even though he
        pretends to be.'
Hsiang Tzu: Don't fuss!
Hsiang Tzu: Don't fuss! Come over here!
Hu Niu:   I don't care where we go. I'm not afraid. I have a
        loud voice."
Hsiang Tzu: What have you come for?
Hu Niu:   Me? Lots of reasons!
Hu Niu:   Hsiang Tzu, there was a reason for me to look
        for you. A very important reason.
Hsiang Tzu: What's up?
Hu Niu:   Hsiang Tzu! I have something!
Hsiang Tzu: What do you have?
Hu Niu:   This! [She pointed at her belly.] So decide what
        to do.

   Excerpted from Chapters Eight and Nine
   Rickshaw: The Novel Lo-t'o Hsiang Tzu by Lao She
   Translated by Jean M. James
   University of Hawaii Press, 1979
   Excerpt at Google Books


■英訳 Translations into English

(E1) Goldblatt, 2010
  Huniu wore a puzzling expression. Her eyes revealed a bit of longing for him, but her mouth was twisted into a smirk and the wrinkles on her nose hinted at contempt and anxiety. Her arched brows and outlandishly powdered face gave a seductive yet domineering appearance. [Omission]  With a gulp, she managed to get her confused feelings and emotions under control. Taking up the social mannerisms she'd learned from her father, a mixture of displeasure and mirth, she displayed her insouciance at seeing Xiangzi with a lighthearted tease:
  "Well, aren't you something! Throwing a meaty bun at a dog ensures it'll never return."

   Chapter Nine
   Rickshaw Boy: A Novel by Lao She
   Translated by Howard Goldblatt
   Harper Perennial Modern Chinese Classics
   Harper Collins, 2010
   Excerpt at Amazon.com


(E2) Shi, 2005
  The expression on Tigress' face was mixed. Her eyes betrayed a certain longing to see him, yet her lips were parted in a faint sneer while the wrinkling of her nose suggested both disdain and anxiety. Her arched eyebrows and grotesquely powdered face were at once seductive and grimly overbearing. [Omission] She gulped, as if to control her involved emotions. With a hint of her father's society manner, half teasing and half blustering, as if she couldn't care less, she cracked a joke.
  "Well you certainly are a guy! A dog given a bone who doesn't come back for more!"

   Chapter 9
   Camel Xiangzi by Lao She
   Translated by Shi Xiaojing (施曉菁)
   with an introduction by Kwok-kan Tam (譚國根)
   Chinese-English Bilingual Edition (中英對照), Chinese University Press, 2005
   Preview at Google Books


(E3) James, 1979
  The expression on Hu Niu's face was mixed. In her eyes there was a glimmer of earnest longing to see him, but her lips were stretched in a bit of a cold smile. There were lines across her nose, which was wrinkled up to show her disdain and anxiety. Her eyebrows were arched; in the peculiar way she had powdered her face they looked both seductive and tyrannical. [Omission]  She gulped, as if suppressing various emotions. Mustering a little of the savoir-faire she got from old Liu, she chuckled in a half angry and half laughing way, pretending to be nonchalant about it all.
  "You can still come back even though you're like a dog who's been beat with a package of meat and not looking back beats a retreat!"

   Chapter Nine
   Rickshaw: The Novel Lo-t'o Hsiang Tzu by Lao She
   Translated by Jean M. James
   University of Hawaii Press, 1979
   Preview at Google Books


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 中山 1991
 ひのえ午嬢には、実に複雑な表情が浮かんでいた。目には祥子に会いたい一心という表情が読み取られたが、かすかに開いた口もとには冷笑の影が宿っていた。鼻先には軽いしわができ、取り合わないという表情と、我慢できないという感情が重なり合っていた。眉はきりりと逆立っており、顔全体に塗り回された白粉を通して、怪しげなるなまめかしさと強情さがありありと表われていたのだった。[略] 彼女はごくんと唾(つば)を飲み込んでこれらの複雑な表情と感情とを無理矢理に押さえつけ、劉四爺譲りのよそ行き仁義を取り出して笑いと怒りを五分五分に、その実、努めて自分はそんなにむきになっているんではないというような格好をして鷹揚(おうよう)に笑ってみせた。
 「いい気なもんだね。〝肉包子(ロウパオズ)〟(肉まん)を犬にぶっつけたように、まるで帰ってこないじゃないかね」

   九
   中山時子=監修 老舎=著 中山高志(なかやま・たかし)=訳
   『駱駝祥子(ルオトゥオシヤンズ)』 白帝社 1991-03
   底本は人間書屋の初版だと推定される。


(J2) 立間 1970, 1974, etc.
 彼女の顔つきは複雑きわまるものだった。目は彼を待ちかねるふうにキラキラ輝いていた。そのくせ、口はせせら笑うように薄くひらいていた。鼻の縦じわには、さげすみといらだちがたたみこまれ、つりあがった眉は、塗りたくった顔に一種異様ななまめかしさと押しの強さをただよわせていた。[略] 彼女はごくりと生唾(なまつば)をのみこんで、複雑な感情と微妙な感情をねじ伏せ、親譲りの強面(こわもて)でにやりと笑うと、なにもなかったような顔で冗談めかして言った。
 「おまえもいい気なもんだよ。でてったきり、知らんぷりとはねえ!」

   九
   老舎=著 立間祥介(たつま・しょうすけ)=訳 「駱駝祥子」
   引用は下の a. に拠りました。


(J3) 市川+杉本 1969, 1970, etc.
 虎娘の顔には複雑な感情が表われていた。目には恋しさが表われているが、口には冷笑が浮かんでいる。鼻のあたりには縦じわが寄り、早く祥子に会いたいという気持と祥子なんか何だいという気持が、入りまじって表われている。眉はつりあがって、白粉をぬりたくった顔に妖気と残忍さを漂わせている。[略] そこでまず唾をのみこんで、自分の感情を抑えつけ、さすがに親ゆずりの伝法肌、何とか笑顔をつくるや、弱みは見せぬとばかり、カラカラと笑った。
「元気そうじゃないか。どうしたんだい、糸の切れた凧みたいに」

   九
   市川宏+杉本達夫=訳 「駱駝祥子(らくだシアンツ)」
   引用は下の a. に拠りました。底本は人民文学出版社本 1955-01。


(J4) 飯塚 1960, 1961
 虎娘の表情は複雑だった。眼の中には彼を見たいという輝きが見えたが、口はいくらか開いて、冷笑のようなものがあらわれていた。鼻には縦皺(たてじわ)がよって、不快と焦燥(しょうそう)の念がたたみこまれている。眉(まゆ)はきつくあがって、おそろしく化粧をほどこした顔には、妖(あや)しげな色気と荒々しさがただよっていた。[略] 彼女は唾をのみこみ、複雑な表情と感情とをおし鎮めようとして、劉四爺(リウスーイエ)ゆずりの伝法(でんぽう)なところをちょっと見せ、うらんでいるのか、笑っているのかちょっとわからない表情のあとで、そしらぬふりをしてハッハッハと笑った。
 「おまえさん、元気だったんだね! 肉まんじゅうで犬を打(ぶ)ったみたいに(戻りっこないという意)、出ていったきり知らん顔じゃないか!」

   九
   老舎(ろうしゃ)=著 飯塚朗(いいづか・あきら)=訳
   引用は下の a. に拠りました。a. の底本は人民文学出版社本 1955-01。


(J5) 岡本 1955
 虎娘の浮かべている表情は、まことに複雑だった。眼には、かれに会えることを渇望する光のようなものがただよっていたが、唇はしかし少し開かれていて、いくらか冷笑の色を見せていた。鼻に縦皺を寄せ、そのなかに不屈と焦躁の色がたたみこまれていた。眉は冷やかに寄せられ、顔面にただよう怪しげな化粧からは、妖しく媚びながらも、横暴なさまがありありとうかがわれた。
 [略]彼女はぐっと唾をのみこみ、複雑な表情と気分をおし静めようとでもするように、ちょっぴり劉四爺ゆずりの鉄火肌を装い、ひきつったような表情で、わざとさりげない風をみせながら、ハッハッと笑ってみせた。
「お前さんは元気だったのね。肉饅頭を犬に呉れたみたいに(戾りっこない意)、出て行ったきり戾らなかったわねえ。」

   老舍(ろうしゃ)=著 岡本隆三(おかもと・りゅうぞう)=譯
   「駱駝の祥子(シアンズ)」
   『老舍作品集』 新中國文學選集 靑木文庫 靑木書店 1955-07-15
   「断魂の槍」、「新月」、「駱駝の祥子」の三作を収録。
   底本は開明書店版『老舎選集』収録のダイジェスト本 1951-08。
   章番号は付いていない。


(J6) 竹中 1943, 1952
 虎娘の表情は誠に複雑だった。眼(め)には秋波(ながしめ)に似たものが漂っているかと思うと、微(かす)かに開いた口許(くちもと)には冷笑を浮かべ、鼻には縦皺(たてじわ)を寄せ、眉(まゆ)は八の字形に顰(しか)めて、顔一面に塗った奇怪な厚化粧は一種の妖気(ようき)を発散し、どことなく負けじ魂がありありと現れているように思われた。[略]
 彼女はグッと唾(つば)を飲み、努めて動揺する感情を押し鎮めようとするもののように、劉四爺(リウスーイエ)譲りの親分気取りを発揮して態(わざ)と大きな笑い声をあげて、胸の悩みを胡麻化(ごまか)そうとするかのように「アハハハハ。」と笑ってから、
 「暫(しばら)くだったわねえ祥子! お前さんはまるで鉄砲玉みたように車廠(みせ)を飛び出したっきりさっぱり顔を見せないのねえ!」

   九
   老舎(ろうしゃ)=著 竹中伸(たけなか・しん)=訳
   底本は原書「初版本」(下の「原書の版の異同について」の項を参照)
   引用は下の a. に拠りました。


■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese

  虎妞臉上的神情很復雜:眼中帶出些渴望看到他的光兒;嘴可是張著點,露出點兒冷笑;鼻子縱起些紋縷,摺疊著些不屑與急切;眉稜稜著,在一臉的怪粉上顯出妖媚而霸道。[略] 她嚥了口吐沫,把複雜的神氣與情感似乎鎮壓下去,拿出點由劉四爺得來的外場勁兒,半惱半笑,假裝不甚在乎的樣子打了句哈哈:
  「你可倒好!肉包子打狗,一去不回頭啊!」

   老舍 《駱駝祥子》 第九章
   E-text at Kam-Leung So's Homepage


■中国語原文(簡体字) Translation into simplified Chinese

  虎妞脸上的神情很复杂:眼中带出些渴望看到他的光儿;嘴可是张着点,露出点儿冷笑;鼻子纵起些纹缕,折叠着些不屑与急切;眉棱棱着,在一脸的怪粉上显出妖媚而霸道。[略] 她咽了口吐沫,把复杂的神气与情感似乎镇压下去,拿出点由刘四爷得来的外场劲儿,半恼半笑,假装不甚在乎的样子打了句哈哈:
  "你可倒好!肉包子打狗,一去不回头啊!"

   老舍 《骆驼祥子》 第9章
   E-text at:
   * 日照社区教育读书网
   * 梦远书城


■"你可倒好!肉包子打狗,一去不回头啊!" 中国式の皮肉の言い方
 "Throwing a meaty bun at a dog": Sarcasm in Chinese style

 [en] English

  • "Well, aren't you something! Throwing a meaty bun at a dog ensures it'll never return."--Goldblatt, 2010
  • "Well you certainly are a guy! A dog given a bone who doesn't come back for more!"--Shi, 2005
  • "You can still come back even though you're like a dog who's been beat with a package of meat and not looking back beats a retreat!"--James, 1979

 [ja] 日本語

  • 「いい気なもんだね。〝肉包子〟を犬にぶっつけたように、まるで帰ってこないじゃないかね」 — 中山 1991
  • 「おまえもいい気なもんだよ。でてったきり、知らんぷりとはねえ!」 — 立間 1970, 1974, etc.
  • 「元気そうじゃないか。どうしたんだい、糸の切れた凧みたいに」 — 市川+杉本 1969, 1970, etc.
  • 「おまえさん、元気だったんだね! 肉まんじゅうで犬を打ったみたいに、出ていったきり知らん顔じゃないか!」 — 飯塚 1960, 1961
  • 「お前さんは元気だったのね。肉饅頭を犬に呉れたみたいに、出て行ったきり戾らなかったわねえ。」 — 岡本 1955
  • 「暫くだったわねえ祥子! お前さんはまるで鉄砲玉みたように車廠を飛び出したっきりさっぱり顔を見せないのねえ!」 — 竹中 1943, 1952

 [zh] 中文

  • 「你可倒好!肉包子打狗,一去不回頭啊!」 — 繁體中文
  • "你可倒好!肉包子打狗,一去不回头啊!" — 簡体中文

■原書の版の異同について On variations of the editions in Chinese

河出世界文学全集21 魯迅・老舎』 (1989) の市川・杉本両氏による「解説」、岩波文庫 『駱駝祥子』 (1980) の立間氏による「解説」、および中山高志氏訳 『駱駝祥子』 (1991) の中山時子氏による「監修を終えて」の三つの文献、ならびに中国語で書かれたいくつかのウェブサイトを読み比べると、細部にいくつか食い違いが見られる。だが全部を総合すると、『駱駝祥子』各版の刊行の経緯と内容の異同は、だいたい以下のとおりらしい。

  1. 初出は、林語堂が編集していた中国の小品雑誌『宇宙風』第25号(1936-09-16)。この号に第1章が掲載され、そのあと第48号(1937-09-01)まで全24章が連載された。
  2. 1939年  3月 人間書屋(上海)から単行本の初版が発行された。
  3. 1940年     「満州国」版 発行
  4. 1941年11月 文化生活出版社(重慶)版 発行
  5. 1950年  5月 晨光出版公司 初 版 発行
  6. 1951年  2月 晨光出版公司 第二版 発行
  7. 1951年  7月 晨光出版公司 第三版 発行
  8. 1951年  8月 開明書店版『老舎選集』収録のダイジェスト本が発行された。
  9. 1955年  1月 人民文学出版社(北京)版 発行

上記 (6) までの版(かりに旧版と呼ぶ)と、(7) 以降の版(かりに新版と呼ぶ)とのあいだには、注目すべき違いがある。

まず、新版のうち (7) 晨光第三版は、旧版第24章の大部分を削除している。つぎに、(8) ダイジェスト本は旧版全体の約三分の一を削除した短縮版である。とくに、旧版の第23章後半と第24章全部を削除している。さらに、(9) 人民文学出版社版は (8) ダイジェスト本の大削除を踏襲しつつ、なおも (7) 晨光第三版に手直しを加えた「新中国の決定版といえるもの」(立間氏)である。


■邦訳各版の底本について On the source text of Japanese translations

竹中訳は旧版に、岡本訳は (8) ダイジェスト本に、立間 1974 は (7) 晨光第三版および (6) 晨光第二版に、 飯塚訳および市川・杉本訳は (7) 晨光第三版に、それぞれ拠っている。また、立間 1980 は (1) 初出誌および上記 (6) 晨光第二版に拠りながら、立間 1974 の削除箇所を補い、かつ訳文に改訂を加えたものである。中山訳は (2) 人間書屋の初版に拠ったと思われる。


■外部リンク External links

 [zh] 簡体中文
  骆驼祥子
   * 关于《骆驼祥子》手稿本 - 老舍学专题网站
   * 骆驼祥子 - 百度百科 (Baidu)
   * 骆驼祥子 - 互动百科 (Hudong)
   * 骆驼祥子 - 维基百科 (Wikipedia)
  老舎
   * 老舎 - 百度百科 (1899-1966) (Baidu)
   * 老舎 - 互动百科 (1899-1966) (Hudong)
   * 老舎 - 维基百科 (1899-1966) (Wikipedia)
   * 老舍文集 - 中国百科网 (www.chinabaike.com)
   * 老舍纪念网 (laoshe.netor.com)
   * 百年老舍(老舍诞辰一百周年纪念活动)

 [ja] 日本語
   * 老舎作品における思想 - 佐藤勝
     茨城大学人文学部人文学科 1999年度卒業論文
   * 老舎 - Wikipedia (1899-1966)

 [en] English
   * Rickshaw Boy - Wikipedia
   * Lao She - Wikipedia (1899-1966)
   * Lao She - Britannica Online Encyclopedia


■更新履歴 Change log


 

« 1 2 駱駝祥子 »
« 1 2 Rickshaw Boy »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 10 May 2011

How It Ends: From You to the Universe by Chris Impey (1) クリス・インピー 『すべてはどのように終わるのか—あなたの死から宇宙の最後まで』 (1)

« How It Ends 2 »
« すべてはどのように終わるのか 2 »

■はじめに Introduction

始めあるものは必ず終わりあり。[日本のことわざ

有生者必有死,有始者必有終,自然之道也。 
生ある者は必ず死有り。始め有る者は必ず終り有り。自然の道なり。
   《揚子法言》 卷十二 君子

人はいつか死ぬ。病気・事故・老化などで。医学が発達しても、自然災害などで種は絶滅する。地球も小惑星との衝突かなにかで終わる。太陽の寿命もあと100億年だし、銀河系だってそのうちアンドロメダ星雲と衝突する運命にある。そもそも宇宙じたいが、あと何兆年かで崩壊することになっている。

   上記の文章には、長澤唯史さんによる書評(京都新聞 2011-03-06)の
   なかの文言をいちぶ拝借しました。


 Video 1 
Chris Impey - The Living Cosmos


 Image gallery 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ko Ko_how_it_ends_9788952764133 ja Ja_chris_impey_how_it_ends it It_lafinedituttochrisimpey_2

nl Nl_chris_impey_het_einde en En_chris_impey_how_it_ends_hardcove en En_impey_how_it_ends_0393069850


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information


■『ブールバード・オブ・ブロークン・ドリームズ』 ゴットフリート・ヘルンヴァイン
 Boulevard of Broken Dreams (1984), a painting by Gottfried Helnwein

↓ Click to enlarge ↓

Boulevard_of_broken_dreams_gottfr_2
Image source: Ask MetaFilter


■日本語訳 Translations into Japanese

唐突に華々しい死を遂げる人などほとんどいない。自動車の衝突事故で二四歳という若さで死亡したジェームズ・ディーンや、スペースシャトル「チャレンジャー」号が打ち上げからわずか七三秒後に爆発して命を落とした教師のクリスタ・マコーリフなどは例外だ。もっとも怖れられている死に方は、体が痛みをともないながらぼろぼろになり使いものにならなくなったり、脳がゆっくりと壊れていくようなものである。残念ながら人生はめったに芸術には似ていない。人生がたとえ映画のようなものだとしても、クライマックスの場面とともに終わることはなく、フィルムの表面がざらついてすり切れたり、俳優たちが台詞を忘れたりして終わるようなことが多い。人生がコンサートのようなものだとしても、クレッシェンドで終わることはなく、たいていの場合は楽器の調子が外れ、演奏家たちが列を乱し、音楽が次第に消えていくものだ。

   第一章 それぞれの終わり
   これでおしまい 避けられない運命
   クリス・インピー=著 小野木明恵(おのき・あきえ)=訳
   『すべてはどのように終わるのか—あなたの死から宇宙の最後まで
   早川書房 2011-01-21


■誤訳?—tomoki y. によるコメント
 A mistranslation perhaps?--A comment by tomoki y.

上の小野木氏の訳文のうち、「フィルムの表面がざらついてすり切れたり」に相当する原文は、下に引用するとおり "the celluloid gets grainy" です。この英語の、より適切な和訳は「映像がぼやけたり」あるいは「画質が粗くなったり」などではないかと思います。


 Video 2 
スペースシャトル・チャレンジャーの惨事。CNN による生中継(1986年1月28日)
Space Shuttle Challenger Disaster Live on CNN (28 January 1986)

[ja] チャレンジャー号の惨事 [en] Space Shuttle Challenger disaster

日本語版ウィキペディア記事のタイトルは「チャレンジャー号爆発事故」となっている。しかし、事故原因は「爆発」ではなかった。極度に高い空力負荷による機体の空中分解が原因だったと解明された。また、飛行士たちの死因は特定できなかった。さらに、事故が発生してから、機体が大西洋の海面に衝突するまで、どのぐらいの時間、飛行士たちが生存し、意識を保っていたかも確認されていない。


■英語原文 The original text in English

Few of us will meet an end that is quick and larger than life, like James Dean, who died in a head-on collision at age 24, or Christa McAuliffe, the schoolteacher who died when the space shuttle Challenger exploded 73 seconds after launch. Our great fear is that our bodies will painfully wear out and fail us, or our brains will slowly unravel. Unfortunately life rarely mimics art. If life is like a movie, it doesn't end with a climactic scene; more often the celluloid gets grainy and the actors forget their lines. If life is like a concert, it doesn't end in a crescendo; more often the instruments go out of tune, the musicians wander off, and the music peters out.

   Chapter 1: Endings Are Personal
   That's All Folks Facing the Inevitable
   How It Ends: From You to the Universe by Chris Impey
   W. W. Norton & Co. 2010-06-22
   Excerpt at Amazon.com


■外部リンク External links

 [en] English

 [ja] 日本語


 Video 3 
そしておしまいに……。 And in the end...

Porky Pig - Wikipedia


■更新履歴 Change log

  • 2013-04-15 韓国語版の表紙画像を追加しました。

 

« How It Ends 2 »
« すべてはどのように終わるのか 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »