« May 2011 | Main | July 2011 »

June 2011

Monday, 27 June 2011

芒克 〈阳光中的向日葵〉 マンコー/マンク 「陽光の中のひまわり」 Sunflower in the Sun by Mang Ke

■はじめに Introduction

中国の現代詩については、よく知らない。だが、芒克という詩人の名は聞いたことがある。日本語読みなら「モウコク」または「ボウコク」か。北京語読みだと「マンコー」あるいは「マンク」に近い音になる。

1970年代後半から1989年まで、つまり文化大革命終息から六四の天安門大虐殺までの十数年。この期間に中国には新しいタイプの詩人が輩出した。日本の作家・詩人に白樺派や荒地派がいたように、彼らは今天派と名づけられている。「今天(チンティエン)」とは、この詩人たちがアンダーグラウンドで出版していた雑誌のタイトルだ。

芒克とその盟友である北島(ペイタオ)は、今天派の双璧と目されていた。北島ら仲間の多くは六四虐殺の前後に、亡命あるいは半亡命状態を余儀なくされた。だが、芒克は国内にとどまった数少ない一人だった。彼の思想・信条と、党・体制側とが、どのような折り合いを付けたのかは知らない。北島はその後、欧米からもどって香港中文大学に職を得た。ふたりとも還暦を過ぎた。

芒克の詩集は、日本語や英語にも翻訳されている。そのなかから一篇、「陽光の中のひまわり」を読んでみた。


■英訳 Translation into English

Do you see?
Do you see that sunflower in the sun?
You see, it didn’t bow its head
But turned its head back
As if to bite through
The rope around its neck
Held by the sun’s hands.

Do you see it?
Do you see that sunflower, raising its head
Glaring at the sun?
Its head almost eclipses the sun
Yet even when there is no sun
Its head still glows.
[Omission]

   Sunflower in the Sun by Mang Ke
   Translated by Jonathan Stalling and Yibing Huang
   from Push Open the Window: Contemporary Poetry from China
   Edited by Qingping Wang. Copper Canyon Press, August 2011 (forthcoming).
   More info at Free Verse
   E-text at Weekly Poem for 02 May 2011, Oxford Brookes Poetry Centre


■日本語訳 Translation into Japanese

きみは見たのか
陽光の中のあのひまわりを
見たまえ、うつむくこともなく
頭(こうべ)をうしろにふり向け
そっぽをむいてしまった
まるで一口に
あの頸にかけられた
あの太陽の手に引っ張られている縄を
噛み切ろうとするかのように

きみは見たのか
あの頭をもたげ
太陽に怒りの視線をなげかえすひまわりを
その首は太陽をさえぎるほど
その首はたとえ太陽のない時でも
やはり光の束を輝き放っている
[以下略]

   芒克(マンク)=作 是永駿(これなが・しゅん)=訳 「陽光の中のひまわり」
   『芒克(マンク)詩集』 書肆山田 1990-10-15
   噛の旧字を新字で置き換えました。この訳詩集は次の本の全訳。

   《芒克诗选》 1989-02-01 第1版 中国文联出版公司


■2009新年新诗会 〈阳光中的向日葵〉 作者: 芒克 朗诵:李佳明 管彤

2008年12月5日に北京大学百周年記念講堂で公開録画され、2009年1月に中国中央電視台CCTV4で放送された番組「2009新年新詩会」からの抜粋。全演目(プログラム)はここ。(異様で過剰な演出。悪趣味でミスマッチで耳ざわりなBGM。- tomoki y. 苦笑)


■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese

你看到了吗
你看到阳光中的那颗向日葵了吗
你看它,它没有低下头
而是在把头转向身后
它把头转了过去
就好像是为了一口咬断
那套在它脖子上的
那牵在太阳手中的绳索

你看到它了吗
你看到那颗昂着头
怒视着太阳的向日葵了吗
它的头几乎已把太阳遮住
它的头即使是在太阳被遮住的时候
也依然在闪耀着光芒
[以下略]

   Source: 内心深处燃烧的黄金火焰——解读芒克《阳光中的向日葵》
   霍俊明 诗歌的激情的BLOG 2007-01-31


■表紙画像と肖像写真 Cover photos and a portrait

↓ Click to enlarge ↓

en En_push_open_the_window en En_another_kind_of_nation ja Ja_man_ku_shishu_shoshi_yamada

zh Zh_mang_ke_de_shi zh Zh_mang_ke_1989 MK Mang_ke_180


■言語、書誌情報など Linguistic and bibliographic information, etc.

[en] 英語
タイトル: Push Open the Window: Contemporary Poetry from China
著者: Qingping Wang (editor)
Paperback
出版社: Copper Canyon Press
出版年: 2011-08 (近刊)
ISBN-10 : 1556593309
ISBN-13 : 9781556593307
More info at Free Verse


[en] 英語
タイトル: Another Kind of Nation: An Anthology of Contemporary Chinese Poetry
著者: Zhang Er (Editor), Chen Dongdong (Editor)
Paperback
出版社: Talisman House
出版年: 2007-11
ISBN-10 : 1584980575
ISBN-13 : 9781584980575
注意: この本は1960年よりも後に生まれた詩人たちを扱っている。したがって、芒克の作品は収録されていない。
Caution: This book incorporates works by poets born after 1960. It therefore does not contain Mang Ke's poems.
Publisher's page for this book


[ja] 日本語
タイトル: 芒克(マンク)詩集
著者: 芒 克(マンク) 訳者=是永 駿(これなが・しゅん)
菊変上製
出版社: 書肆山田
出版年: 1990-10-15
ISBN-10 : 4879952257
ISBN-13 : 9784879952257
Publisher's page for this book


[zh] 中国語(簡体字)
タイトル: 芒克的诗
著者: 芒克 
平装
出版社: 人民文学出版社
出版年: 2009-05
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9787020069217
Publisher's page for this book


[zh] 中国語(簡体字)
タイトル: 芒克诗选
著者: 芒克 
平装
出版社: 中国文联出版公司 第1版
出版年: 1989-02-01
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9787020069217
More info at National Library of Australia


MK: Photo portrait of Mang Ke
芒克 (1950-  )  Image source: 诗人芒克的BLOG


■外部リンク External links

 [zh] 简体中文
   * 诗人芒克的BLOG
   * 芒克 - 维基百科 (1950-  )
   * 芒克 - 百度百科 (1950-  )

 [ja] 日本語
   * 故郷の彼方へ--北京点描・所感 China Information 21, 2001-08-03
   * 『今天』の過ぎ去りし日々 趙振先=著 2011-06-03

 [en] English
   * Mang Ke - Wikipedia (1950-  )


■更新履歴 Change log

 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
  

■和書 Books in Japanese
  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 21 June 2011

Life Ascending: The Ten Great Inventions of Evolution by Nick Lane ニック・レーン 『生命の跳躍—進化の10大発明』

■はじめに Introduction

ニック・レーンは生化学者で科学ライター。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの遺伝・進化・環境部門に所属する。レーンの2009年の著書『生命の跳躍—進化の10大発明』はイギリス王立協会の2010年の科学書賞を受賞した。この本には、つぎのような最大級の賛辞を寄せる人もいる:

「チャールズ・ダーウィンが墓からよみがえったら、私はこの好著をよませて知識のアップデートをさせる」 マット・リドレー(科学ジャーナリスト)

"If Charles Darwin sprang from his grave, I would give him this fine book to bring him up to speed." — Matt Ridley, science journalist


■本を読むまえに…… Before looking at the book itself...

↓ Click to enlarge ↓

Alexis_rockman_rat_evolution_1999
「ラットの進化(tomoki y. による仮訳題)」 (1999) 画家: アレクシス・ロックマン 木に油彩とアクリル 38x127 cm Rat Evolution (1999), a painting by Alexis Rockman from the book Future Evolution published by W. H. Freeman & Company, 2001. Oil and acrylic on wood. 15x50 inches. Image source: kraftgenie on flickr


■アレクシス・ロックマンの回顧展——スミソニアン・アメリカ美術館で先頃閉幕した
 Alexis Rockman: A Fable for Tomorrow 19 Nov 2010 – 8 May 2011

The first major retrospective of paintings by Rockman at the Smithsonian American Art Museum, Washington DC. Footage by VOAvideo.


■表紙画像 Cover photos

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_nick_lane_life_ascending en En_nick_lane_life_ascending en En_nick_lane_life_ascending_cover


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: 生命の跳躍—進化の10大発明
単行本
著者:ニック・レーン 
みすず書房
発売日:2010-12-22
ISBN-10 : 462207575X
ISBN-13 : 9784622075752
版元によるこの本の紹介


[en] 英語
タイトル: Life Ascending: The Ten Great Inventions of Evolution
ペーパーバック
著者: Nick Lane 
出版社: W. W. Norton & Company
発売日: 2010-06-14
ISBN-10: 0393338665
ISBN-13: 978-0393338669
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: Life Ascending: The Ten Great Inventions of Evolution
ハードカバー
著者: Nick Lane 
出版社: W. W. Norton & Company
発売日: 2009-06-22
ISBN-10: 0393065960
ISBN-13: 978-0393065961
Publisher's page for this book


■Mini-lecture: The origins of complex life
 by Nick Lane (Genetics, Evolution and Environment), University College London


■More lecture by Nick Lane

   Nick Lane on Complexity (27:23)
   Packed Lunch Podcast, Wellcome Collection


■日本語訳 Translations into Japanese

 このように温血性は、厳しい犠牲を強いる。危険なほど摂食に費やされる短い命をもたらすのだ。温血性は集団のサイズも子の数も減らし、このふたつのファクターは、自然選択の作用を容赦なく受けるはずである。だがその見返りに、われわれは夜更かしをし、寒くても出歩くことができる。どのみち寝ることなどを考えれば、これはまずい交換条件に思える。それなのに、生命の錚々たる顔ぶれのなかで、われわれはきまって哺乳類と鳥類を主役に据える。では、われわれにはあるが爬虫類にはないものは、いったい何なのだろう? それも、なるべく良いものを見つけたい。

 唯一最も説得力のある答えは、「スタミナ」である。

   ニック・レーン=著 斉藤隆央(さいとう・たかお)=訳
   『生命の跳躍—進化の10大発明
   みすず書房 2010-12-22


■英語原文 The original text in English

  So hot blood exacts a cruel toll. It spells a short life, spent eating dangerously. It depresses the population size and the number of offspring, two factors that should be penalised ruthlessly by natural selection. In recompense we have the boon of staying up at night and hanging out in the cold. That seems a poor deal, especially if we go to sleep anyway. Yet in the great pantheon of life, we routinely give top billing to the mammals and birds. What exactly is it that we have but the reptiles don’t? It had better be good.

  The single most compelling answer is ‘stamina’.

   Life Ascending: The Ten Great Inventions of Evolution by Nick Lane
   W W Norton & Company, 2009-06-22
   Excerpt at NCSE | National Center for Science Education [PDF]


■外部リンク External links

 [en] English
   * Nick Lane homepage
   * Nick Lane - Wikipedia

 [ja] 日本語
   * ニック・レーン - みすず書房
   * 斉藤隆央 - みすず書房 (1967-  )


■更新履歴 Change log

 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Monday, 20 June 2011

Running the Books: The Adventures of an Accidental Prison Librarian by Avi Steinberg アヴィ・スタインバーグ 『刑務所図書館の人びと—ハーバードを出て司書になった男の日記』

■はじめに Introduction

副題のとおり。ハーバード大学を卒業して、ひょんなことから刑務所内にある図書館の司書になった男がつづったルポルタージュ風読み物。下に引用するのは、その冒頭部分。

原書版の表紙がおもしろい。日本語版にも、このデザインを採用できたらよかったのに。クリックして拡大画像をご覧ください。


■表紙画像と肖像写真 Cover photos and a portrait

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_avi_steinberg_running_the_books en En_runningthebooks_cover AS Avisteinberg_portrait_large


[ja] 日本語
タイトル: 刑務所図書館の人びと—ハーバードを出て司書になった男の日記
著者:アヴィ スタインバーグ 
単行本 柏書房
発売日:2011-04
ISBN-10 : 476013980X
ISBN-13 : 9784760139804
版元によるこの本の紹介


[en] English
タイトル: Running the Books: The Adventures of an Accidental Prison Librarian
著者: Avi Steinberg 
ハードカバー
出版社:Nan A. Talese
発売日:2010-10-19
ISBN-10 : 0385529090
ISBN-13 : 9780385529099
Publisher's page for this book


AS
Avi Steinberg. Image source: AviSteinberg.com Photo © Debbi Cooper Photography


■日本語訳 Translation into Japanese

受刑者の中で、いちばん司書に向いているのが風俗の男(ピンプ)。逆にまったく向いていないのがサイコキラーと詐欺師。ギャング、銃器密輸人、銀行強盗は群衆整理がうまく、小人数の協力者と手を組んで、慎重に練った計画を抑え気味のテンションで実行するのが得意。ということは、司書の基本的技能に長けているといっていい。ダフ屋や高利貸しも悪くない。しかしピンプには、ほかのどんな連中にも備わっていない名状しがたい資質がある。それを当のピンプたちは「愛」と呼ぶ。

   第一部 届かなかったもの 第一章 マジな話
   アヴィ・スタインバーグ=著
   金原瑞人(かねはら・みずひと)+野沢佳織(のざわ・かおり)=訳
   『刑務所図書館の人びと—ハーバードを出て司書になった男の日記
   柏書房 2011-05-10


■英語原文 The original text in English

Pimps make the best librarians. Psycho killers, the worst. Ditto con men. Gangsters, gunrunners, bank robbers - adept at crowd control, at collaborating with a small staff, at planning with deliberation and executing with contained fury - all possess the librarian's basic skill set. Scalpers and loan sharks certainly have a role to play. But even they lack that something, the je ne sais quoi, the elusive it. What would a pimp call it? Yes: the love.

   Chapter 1: The up & up and low low
   Running the Books: The Adventures of an Accidental Prison Librarian
   by Avi Steinberg
   Nan A. Talese, 2010-10-19
   Excerpt at:
   * NPR : National Public Radio
   * Avi Steinberg - Facebook
   * Vaughan Public Libraries
   * The New York Times
   * Random House
   * Amazon.co.jp


■外部リンク External links

 [en] English
   * AviSteinberg.com
   * Avi Steinberg’s Prison Library Tales in ‘Running the Books’
     NYTimes.com 2010-10-19
   * Profile of former prison librarian Avi Steinberg
     Harvard Magazine Jan-Feb 2011

 [ja] 日本語
   * 書評 中日新聞 2011-06-12 評者: 中根憲一 (元国立国会図書館員)
   * 書評 日経新聞 2011-06-19 評者: 鴻巣友季子 (翻訳家)


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD


■洋書 Books in non-Japanese languages


■和書 Books in Japanese


  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Fooled by Randomness: The Hidden Role of Chance in Life and in the Markets by Nassim Nicholas Taleb ナシーム・ニコラス・タレブ/ナシム・ニコラス・タレブ 『まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』

■はじめに Introduction

ナシーム・ニコラス・タレブは、レバノン生まれのアメリカ人。もとはウォール街で働くトレーダーだったが、いまは作家・哲学者・大学教授。著書『ブラック・スワン』は、100万部以上が売れて30以上の言語に翻訳される世界的ベストセラーとなった。『ブラック・スワン』に先立ち、2001年に原書初版が出版された『まぐれ』は、理論書ではなくて一種の文芸書だと著者本人は位置づけている。


■『ブラック・スワン』と『まぐれ』のビデオCM
 Black Swan / Fooled by Randomness - Promotional video


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_taleb_fooled_by_randomness zh Zh_trad_taleb_fooled_by_randomness ko Ko_taleb_fooled_by_randomness_

ja Ja_taleb_magure_fooled_by_randomnes ru Ru_taleb_odurachennye_sluchajnostyu pl Pl_taleb_fooled_by_randomness

fi Fi_taleb_satunnaisuuden_hmm de De_taleb_narren_des_zufalls it It_taleb_giocati_dal_caso

es Es_existe_la_suerte fr Fr_taleb_le_hasard_sauvage en En_fooled_by_randomness_penguin_200


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[zh] 中国語(簡体字)
タイトル: 随机致富的傻瓜
著者: 纳西姆·塔勒布 (Nassim Nicholas Taleb) (作者), 盛逢时 (译者) 
平装
出版社: 中信出版社; 第1版
出版年: 2007-01-01
ISBN-10 : 7508607801
ISBN-13 : 9787508607801
Publisher's page for this book


[zh] 中国語(繁體字)
タイトル: 隨機的致富陷阱:解開生活中的機率之謎
著者: 作者:納西姆.尼可拉斯.塔雷伯/著 譯者:盛逢時 
平裝
出版社: 時報出版
出版年: 2002-04-01
ISBN-10 : 9571336297
ISBN-13 :
Publisher's page for this book


[ko] 韓国語
タイトル: 기대하지 마라, 예측하지 마라 행운에 속지 마라
著者: 나심 니콜라스 탈레브 (지은이) | 이건 (옮긴이) 
Paperback
出版社: 중앙books(중앙북스)
出版年: 2010-04-26
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788927800286


[ja] 日本語
タイトル: まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
著者: ナシーム・ニコラス・タレブ 
単行本
出版社: ダイヤモンド社
出版年: 2008-02-01
ISBN-10 : 4478001227
ISBN-13 : 9784478001226
版元によるこの本の紹介立ち読みコーナー


[ru] ロシア語
タイトル: Одураченные случайностью. Скрытая роль Шанса на рынках и в Жизни
著者: Нассим Николас Талеб (Nassim Nicholas Taleb) 
Gebundene Ausgabe
出版社: Омега-Л
出版年: 2007
ISBN-10 : 5365008537
ISBN-13 :
Publisher's page for this book


[pl] ポーランド語
タイトル: Ślepy traf. Rola przypadku w sukcesie finansowym
著者: Nassim Nicholas Taleb 
Paperback
出版社: GWP
出版年: 2009
ISBN-10 : 8360083819
ISBN-13 :
Publisher's page for this book


[fi] フィンランド語
タイトル: Satunnaisuuden hämäämä: Sattuman salattu vaikutus elämässä ja markkinoilla
著者: Nassim Nicholas Taleb 
Paperback
出版社: Terra Cognita
出版年: 2008-12-31
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789525697209
Publisher's page for this book


[de] ドイツ語
タイトル: Narren des Zufalls: Die Verborgene Rolle Des Glucks an Den Finanzmarkten Und Im Rest Des Lebens
著者: Nassim Nicholas Taleb 
Gebundene Ausgabe
出版社: Wiley-VCH; Auflage
出版年: 2003-01-28
ISBN-10 : 3527500367
ISBN-13 : 9783527500369
Publisher's page for this book


[it] イタリア語
タイトル: Giocati dal caso. Il ruolo della fortuna nella finanza e nella vita
著者: Nassim Nicholas Taleb (author) G. Monaco (translator)
Paperback
出版社: Il Saggiatore Tascabili (collana Saggi)
出版年: 2008
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788856500615
Publisher's page for this book


[es] スペイン語
タイトル: Existe la suerte?: Las trampas del azar (Paidos Transiciones/ Paidos Transitions)
著者: Nassim Nicholas Taleb 
ペーパーバック
出版社: Paidos Iberica Ediciones Sa
出版年: 2009-03-02
ISBN-10 : 8449322251
ISBN-13 : 9788449322259
Publisher's page for this book


[fr] フランス語
タイトル: Le hasard sauvage : Comment la chance nous trompe [Broché]
著者: Nassim Nicholas Taleb (Auteur), Carine Chichereau (Traduction) 
Broché
出版社: Belles Lettres
出版年: 2009-10-06
ISBN-10 : 2251443711
ISBN-13 : 9782251443713
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: Fooled by Randomness: The Hidden Role of Chance in Life and in the Markets (Paidos Transiciones/ Paidos Transitions)
著者: Nassim Nicholas Taleb 
ペーパーバック
出版社: Penguin
出版年: 2007-05-03
ISBN-10 : 0141031484
ISBN-13 : 9780141031484
Publisher's page for this book


■日本語訳 Translation into Japanese

運がいいだけのバカは、自分は運がいいだけのバカだなんてぜんぜん思ってもみない。定義によって、彼らは自分たちがそういう部類の人間だと知らないのだ。自分たちはそれだけ稼いで当然だという態度に出る。成功が続くおかげでセロトニン(だか似たような物質だか)が大量に分泌され、市場に勝てると自分自身でも思い込む(私たちのホルモン系は、私たちが成功したのがたまたまかどうかなんて知らない)。それが態度に出る。儲けているトレーダーは胸を張って肩で風を切って歩き、損をしているトレーダーよりもずっとたくさん喋る傾向がある。

   第Ⅰ部 ソロンの戒め - 歪み、非対称性、帰納法
   第1章 そんなに金持ちなら頭が悪いのはどうしてだ?
   真っ赤に燃える夏 — セロトニンとランダム性
   ナシーム・ニコラス・タレブ=著 望月衛(もちづき・まもる)=訳
   『まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
   ダイヤモンド社 2008-01-31


■英語原文 The original text in English

Lucky fools do not bear the slightest suspicion that they may be lucky fools - by definition, they do not know that they belong to such category. They will act as if they deserved the money. Their strings of successes will inject them with so much serotonin (or some similar substance) that they will even fool themselves about their ability to outperform markets (our hormonal system does not know whether our successes depend on randomness).

   Part 1: Solon's Warning - Skewness, Asymmetry, Induction
   One: If You're So Rich Why Aren't You So Smart?
   The Red-Hot Summer - Serotonin and Randomness
   Fooled by Randomness: The Hidden Role of Chance in Life and in the Markets
   by Nassim Nicholas Taleb
   Second edition, Random House Trade Paperbacks, 2005-08-23
   E-text at:
   * CharlesRounds.com
   * Scribd
   Quoted at Asia Times 2004-03-03


■E-book
Nassim Taleb - Fooled by Randomness PDF


■外部リンク External links

 [en] English
   * Nassim Nicholas Taleb's Home Page
   * Fooled by Randomness - Wikipedia
   * Nassim Nicholas Taleb - Wikipedia (1960-  )

 [ja] 日本語
   * ナシム・ニコラス・タレブ - Wikipedia (1960-  )


■更新履歴 Change log

 

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Monday, 13 June 2011

The Library at Night by Alberto Manguel アルベルト・マングェル 『図書館 愛書家の楽園』

■はじめに——マングェルの略歴
 Introduction: Biography of Alberto Manguel

アルベルト・マングェルは、1948年ブエノスアイレス生まれでカナダの市民権を持つ作家・翻訳家・編集者。父がアルゼンチンの初代駐イスラエル大使だったため、テルアビブで育った。第一言語と呼べるのは英語、および住み込みの家庭教師から習ったドイツ語である。七歳のとき、家族とともにアルゼンチンに帰国し、スペイン語にも習熟した。

マングェルは、まだ十代の頃ブエノスアイレスでホルヘ・ルイス・ボルヘスの知遇を得た。ほとんど目の見えないボルヘスのために、1964年から1968年まで本を朗読して聞かせるという機会を通じてであった。

軍事政権による大弾圧の始まる直前に渡欧したマングェルは、1970年代を通じてロンドン、パリ、ミラノ、タヒチなどを行ったり来たりしながら執筆と読書の日々を送った。のちにトロントに定住し、カナダの市民権を得た。彼は著書のほとんどすべてを英語で書いている。

2000年にマングェルはフランス西部のポワトゥー=シャラント地域に移住した。中世の司祭館を買い取って改装し、以来、35,000冊の蔵書とともに、そこに住んでいる。

以上は、おもにマングェル公式サイト内 Biography のページによる。


■アルベルト・マングェルと彼の書斎(フランス・モンディオン
 Alberto Manguel and his home library in Mondion, France
Alberto_manguel_in_his_library
Image source: Le poing et la plume 2009-11-23

Albertomanguellibrary1_2
Image source: The Captive Reader 2011-01-15

Albertomanguellibrary2_2
Image source: The Captive Reader 2011-01-15

Manguels_study
Image source: Diari d’un llibre vell 2008-05-29


■表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ Click to enlarge ↓

ko Ko_the_library_at_night ja Ja_manguel_the_library_at_night tr Tr_geceleyinkutuphanealbertomanguel

cz Cz_knihovnavnoci_2 it It_la_biblioteca_di_notte_2 br Br_a_biblioteca_a_noite_2

es Es_la_biblioteca_de_noche fr Fr_la_bibliotheque_la_nuit no No_biblioteket_om_natten

sv Sv_nattens_bibliotek de De_die_bibliothek_bei_nacht nl Nl_de_bibliotheek_bij_nacht

en En_the_library_at_night_97803001513


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ko] 韓国語
タイトル: 밤의 도서관
著者: 알베르토 망구엘 (지은이), 강주헌 (옮긴이) 
ハードカバー
出版社: 세종서적
出版年: 2011-05-30
ISBN-10 : 8984073520
ISBN-13 : 9788984073524
Publisher's page for this book


[ja] 日本語
タイトル: 図書館 愛書家の楽園
著者: アルベルト・マングェル 
単行本
出版社: 白水社
出版年: 2008-09-29
ISBN-10 : 4560026378
ISBN-13 : 9784560026373
Publisher's page for this book


[tr] トルコ語
タイトル: Geceleyin Kütüphane
著者: Alberto Manguel (author), Dilek Şendil (translator) 
Paperback
出版社: Yapı Kredi Yayınları
出版年: 2008-09
ISBN-10 : 9750814778
ISBN-13 : 9789750814778
Publisher's page for this book


[cz] チェコ語
タイトル: Knihovna v noci
著者: Alberto Manguel (author), Olga Trávníčková (translator) 
ハードカバー
出版社: Host
出版年: 2009
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788072943364
Publisher's page for this book


[it] イタリア語
タイトル: La biblioteca di notte
著者: Autore: Alberto Manguel Traduzione: Giovanna Baglieri
Perfect
出版社: Archinto
出版年: 2007-10
ISBN-10 : 8877684968
ISBN-13 : 9788877684967
Publisher's page for this book


[br] ブラジル・ポルトガル語
タイトル: A Biblioteca à Noite
著者: Alberto Manguel (Autor), Samuel Titan Jr. (Tradutor) 
ペーパーバック
出版社: Companhia das Letras
出版年: 2006-08-21
ISBN-10 : 8535908811
ISBN-13 : 9788535908817
Publisher's page for this book


[es] スペイン語
タイトル: La biblioteca de noche
著者: Alberto Manguel (Autor/a), Carmen Criado Fernández (Traductor/a) 
ハードカバー
出版社: Alianza Editorial
出版年: 2007-01-30
ISBN-10 : 8420647624
ISBN-13 : 9788420647623
Publisher's page for this book


[fr] フランス語
タイトル: La bibliothèque, la nuit [Poche]
著者: Alberto Manguel (Auteur), Christine Le Boeuf (Traduction) 
Collection : Babel
出版社: Actes Sud
出版年: 2009-01-05
ISBN-10 : 2742780378
ISBN-13 : 9782742780372
Publisher's page for this book


[no] ノルウェー語
タイトル: Biblioteket om natten
著者: av Alberto Manguel ; Linn Øverås (Oversetter)
Paperback
出版社: Aschehoug
出版年: 2009
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788203211423
Publisher's page for this book


[sv] スウェーデン語
タイトル: Nattens bibliotek
著者: Alberto Manguel Översättning av Margareta Eklöf.
ハードカバー
出版社: Stockholm : Ordfront
出版年: 2007-08
ISBN-10 : 9170371482
ISBN-13 : 9789170371486
Publisher's page for this book


[de] ドイツ語
タイトル: Die Bibliothek bei Nacht [Broschiert]
著者: Alberto Manguel (著), Manfred Alli (翻訳), Gabriele Kempf-Alli (翻訳)
Perfect
出版社: Fischer Taschenbuch Vlg.
出版年: 2009-09
ISBN-10 : 359615944X
ISBN-13 : 9783596159444
Publisher's page for this book


[nl] オランダ語
タイトル: De bibliotheek bij nacht
著者: Alberto Manguel (author) Ton Heuvelmans (translator)
Hardcover
出版社: Ambo/Anthos Uitgevers
出版年: 2008-01
ISBN-10 : 9026320795
ISBN-13 : 9789026320798
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: The Library at Night
著者: Alberto Manguel 
ペーパーバック
出版社: Yale University Press
出版年: 2009-04-28
ISBN-10 : 0300151306
ISBN-13 : 9780300151305
Publisher's page for this book


■Alberto Manguel - The Library at Night - Part 1 of 2

The Library at Night - Blackwell Bookshop Online


■日本語訳 Translation into Japanese

書斎を建てている途中、石工はかなり昔に石積みされた古い壁に二つの窓を発見した。[略] 日中はこの二つの窓から、隣家の鶏が敷地をせかせか走りまわり、あちこちで地面をついばんでいるようすが見える。えさの多さに興奮してばたばたしている姿は、まるで書斎のなかで正気を失った学者のようだ。[略] だが、夜になって、書斎の明かりがともると、外の世界は消え失せ、本のある空間だけがぽっかり浮かびあがる。誰かが外の庭に立って眺めたら、夜の書斎は大きな船のように見えるだろう。たとえば、中国の西太后が一八八八年に作らせた奇妙な石船を連想する。気まぐれな西太后は、動かない石の船を夏の離宮の池に浮かべたという。暗闇のなかで、窓に煌々と明かりがともり、ずらりと並んだ本がその光を受けて輝いているとき、書斎は閉ざされた空間となり、独自の法則が支配する宇宙へと変貌する。やがてそれは、外部に存在するあいまいな形の宇宙にとってかわり、あるいは裏返った宇宙のように思えてくる。

   アルベルト・マングェル=著 野中邦子(のなか・くにこ)=訳
   『図書館 愛書家の楽園』 白水社 2008-10-10
   底本:
   The Library at Night by Alberto Manguel
   Alfred A. Knopf, 2006-09-26


■ブラジル・ポルトガル語訳 Translation into Brazilian Portuguese

Enquanto construíam a biblioteca, os pedreiros descobriram duas janelas na antiga parede, muradas havia muito. [Omission]  Dessas janelas, durante o dia, posso ver as galinhas do vizinho correndo pelo galpão, bicando aqui e acolá, atarantadas pela oferta exagerada, como eruditos enlouquecidos numa biblioteca; [Omission]  Mas à noite, quando as luzes da biblioteca são acesas, o mundo exterior desaparece e nada senão este espaço de livros continua a existir. Para quem estiver do lado de fora, no jardim, a biblioteca à noite parece uma espécie de grande nau, como aquela estranha villa chinesa que, em 1888, a caprichosa imperatriz Cixi mandou construir em forma de navio abandonado no lago do jardim de seu Palácio de Verão. No escuro, com as janelas iluminadas e as fileiras de livros resplandecentes, a biblioteca é um espaço fechado em si mesmo, um universo de regras próprias que pretendem substituir ou traduzir as do universo informe ao redor.

   A Biblioteca à Noite by Alberto Manguel
   Translated by Samuel Titan Jr.
   Companhia das Letras, 2006-08-21


■英語原文 The original text in English

While the library was being built, the masons discovered two windows in the old wall that had been bricked up long ago. [Omission] From these windows, during the day, I can see my neighbour's chickens hurry from one corner of the compound to another, pecking at this spot and at that, driven frantic by too many offerings, like demented scholars in a library [Omission] But at night, when the library lamps are lit, the outside world disappears and nothing but this space of books remains in existence. To someone standing outside, in the garden, the library at night appears like a vast vessel of some sort, like that strange Chinese villa that, in 1888, the capricious Empress Cixi caused to be built in the shape of a ship marooned in the garden lake of her Summer Palace. In the dark, with the windows lit and the rows of books glittering, the library is a closed space, a universe of ­self-­serving rules that pretend to replace or translate those of the shapeless universe ­beyond.

   The Library at Night by Alberto Manguel
   Excerpt at USATODAY.com 2008-04-13


■「中国の西太后が一八八八年に作らせた奇妙な石船」
 The Empress Cixi's "ship marooned in the garden lake of her Summer Palace"
Beijing_summer_palace_marble_boat
[ja] 頤和園にある清晏舫(石舫)。 [zh] 颐和园内的清宴舫(石舫)。 [en] The Empress Dowager Cixi's Marble Boat in Yihe Yuan (The Summer Palace). Image source: BSフジ『中国遺産物語』 第1話 皇帝たちの足跡〜北京を訪ねる〜


■外部リンク External links

 [en] English
   * Alberto Manguel - Homepage
   * Alberto Manguel - Wikipedia (1948-  )

 [ja] 日本語
   * アルベルト・マングェル - 翻訳作品集成
   * 野中邦子 - Wikipedia (1950-  )


■更新履歴 Change log

2011-06-14 ノルウェー語の表紙画像と書誌情報を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 09 June 2011

Антон Павлович Чехов - Предложение A Marriage Proposal by Anton Chekhov チェーホフ/チェホフ/チエホフ/チエエホフ 「プロポーズ」「犬」「申込」「申込み」「結婚の申しこみ」「結婚申しこみ」「結婚申込」「結婚申込み」

        目次 Contents

   ■はじめに Introduction
    Video 1  [zh] 中国語(簡体字) 安东契科夫 - 求婚
   ■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
    Video 2  [ja] 日本語 チェーホフ生誕150年「下北沢チェーホフ祭」
   ■日本語訳 Translations into Japanese
    (J1) 浦 2012
    (J2) 牧原+福田 2006
    (J3) 松下 1988, 1994, etc.
    (J4) 牧原 1969
    (J5) 原 1960, 1976
    (J6) 野崎 1960
    (J7) 中村 1935, 1952, etc.
    (J8) 文芸社編輯部 1929
    (J9) 高倉 1929
    (J10) 花井 1928
    (J11) 米川 1923, 1926, etc.
    (J12) 仲木 1915
    (J13) 小山内 1910, 1913, etc.
    Video 3  [tr] トルコ語 Anton Çehov - Bir Evlenme Teklifi
    Video 4  [en] 英語 Anton Chekhov - The Proposal
    Video 5  [en] 英語 Anton Chekhov - The Proposal
     Audio    [en] 英語 Anton Chekhov - The Proposal J・ウェスト英訳の朗読
   ■ジュリアス・ウェストによる英訳本 (1916) の複写画像
    Scanned page from an English translation (1916) by Julius West
   ■英訳 Translation into English
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
    Video 6  [fr] フランス語 Anton Tchekhov - Une demande en mariage
   ■フランス語訳 Translations into French
    (F1) Chaboseau, 1922
    (F2)
    (F3)
    Video 7  [de] ドイツ語 Anton Tschechov - Der Heiratsantrag
   ■ドイツ語訳 Translation into German
   ■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
    Video 8  [ru] ロシア語 Антон Чехов - Предложение
   ■ロシア語原文 The original text in Russian
   ■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese
    邦訳リストA  「プロポーズ Предложение」 訳者別新旧順
    邦訳リストB  「プロポーズ Предложение」 刊行年新旧順
   ■書誌情報——本とウェブサイト Bibliography: Books & Websites
   ■筒井康隆とチェーホフ「結婚申込」ほか
   ■チェーホフと太宰治・正宗白鳥・小山内薫など
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

隣家の娘にプロポーズをしに行った男が、両家の境界にある、取るに足らない土地の帰属をめぐって、その求婚相手と口論になり、意地の張り合いになってしまう。

男にしてみれば、本題のプロポーズにくらべたら土地の問題などどうでもいいのに、所有権の主張は譲れない。娘のほうも、結婚にはまったく異論がないくせに、言い分を引っ込めることができない。口論がようやく収まったかと思うと、つぎは飼い犬自慢をめぐって争いが始まる。ばかばかしいのが取りえの、一幕物喜劇。1888〜1889年発表。

下のさまざまなビデオを見ると、チェーホフがいかに国と文化と言葉の壁を越えて世界的人気を博しているかがわかる。


 Video 1  中国語(簡体字)
[zh] 安东契科夫 - 求婚 2 of 3

下に引用する台詞は1:15あたりから。The lines quoted below start around 1:15.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

洛莫夫: 我请你听我说!我已经告诉了你,你父亲祖父的农人,替我伯母的祖母烧过砖,我伯母的祖母对他们有过好处……

娜妲丽亚: 祖父;祖母,伯母…… 我一点也不明白!那草地是我们的,说来说去是我们的!

洛莫夫: 是我的!

娜妲丽亚: 是我们的!就让你再争论两天,就让你再穿十五件燕尾服,可是那草地还是我们的,我们的,我们的![以下略]

   《求婚》 〔俄〕契诃夫 著
   Excerpt at:
   * 天涯社区
   * 百度知道


 Video 2  日本語
[ja] チェーホフ生誕150年「下北沢チェーホフ祭」〜チェーホフがいてくれた〜

2010年6/12〜6/20 下北沢、東京ノーヴイ・レパートリーシアター。「熊」「プロポーズ」「ワーニャ伯父さん」「桜の園」「イワーノフ」「三人姉妹」「かもめ」計7作品­を一挙上演。 Produced by Tokyo Novyi Repertory Theater


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 浦 2012
ローモフ まあ、ぼくの話も聞いてください! あなたのお父様のお祖父(じい)さんが抱えていらした農民たちは、すでにあなたに申し上げたとおり、ぼくの伯母の祖母のために煉瓦を焼いてくれました。で、伯母の祖母は、その人たちによかれと思って……。

ナターリヤ お祖父さんだとか、お祖母(ばあ)さんだとか、伯母さんだとか……そんなこと言われたって、あたしには関係ないことよ! 牛ヶ原はうちのものです、それでおしまい。

ローモフ うちのです!

ナターリヤ うちのですっ! あなたが二日かけて意地を張ったって、燕尾服を十五枚も着込んでこようが、あれはうちのだと言ったら、うちのです! ……。[以下略]

   チェーホフ=作 浦雅春(うら・まさはる)=訳 「プロポーズ」
   『桜の園/プロポーズ/熊』 光文社古典新訳文庫 2012-11-20
   版元によるこの本の紹介


(J2) 牧原+福田 2006
ローモフ ぼくの話も聞きなっせ、お願いですけん! ああたのお父っつぁまのお祖父さんの作男たちが、これはさっきも申しあげたばって、ぼくの伯母のお祖母さんのために煉瓦ば焼いたつですたい。伯母のお祖母さんは作男になにかしてあぎゅうて思うて……

ナターリヤ お祖父さん、お祖母さん、叔母さん……なんのこっちゃやらうちにはさっぱりわかりませんと! あん雄牛牛原はうちんばい、はい、そいでおしまい。

ローモフ ぼくのですたい!

ナターリヤ うちンですっと! そげんして明日まで言いよりなはってん、フロックば十五着着込(きこ)うで来なはってん、あそこはうちンもん、うちンもん、うちンもん!……。[以下略]

   アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ =著
   牧原純(まきはら・じゅん)+福田善之(ふくだ・よしゆき)=共訳 「結婚申込」
   『結婚、結婚、結婚 !(一幕戯曲選)』 ロシア名作ライブラリー7
   群像社 2006-12-04 版元によるこの本の紹介
   ロシアの田舎地主の語り口を熊本弁などの九州方言に移し替えた個性的な訳。


(J3) 松下 1988, 1994, etc.
ローモフ まあ、わたしの話もきいてください! いまも申しあげたとおり、あなたのおとうさまのおじいさんの百姓たちが、わたしのおばのおばあさんのために煉瓦(れんが)を焼いてくれたんですよ。そこで、おばのおばあさんが、お礼に何かしてあげたいと……

ナターリア・ステパーノヴナ おじいさんだの、おばあさんだの、おばさんだの……さっぱりわからないわ! あの草場はうちのものです、それだけだわ。

ローモフ うちのでございます!

ナターリア・ステパーノヴナ うちのものですよ! たとえあなたが二日(ふつか)がかりで証明しようとしたって、モーニングを十五着着こんでこられたって、あそこはうちのです、うちのです、うちのです!……。[以下略]

   チェーホフ=作 松下裕(まつした・ゆたか)=訳 「結婚申しこみ」
   『チェーホフ全集11 白鳥の歌・かもめ』 筑摩書房 1988-06-25
   版元によるこの本の紹介


(J4) 牧原 1969
ロモーフ ぼくの話もきいてくださいよ、お願いします! あなたのお父さまのお祖父さんの作男たちが、これはさっきも申しあげましたけど、わたしの伯母のお祖母さんのために煉瓦を焼いたのです。伯母のお祖母さんは作男たちになにかしてあげようと思って……

ナターリヤ お祖父さん、お祖母さん、伯母さん……なんのことやらわたしにはさっぱりわからないわ! あの雄牛原はうちのです、はい、それでおしまい。

ロモーフ ぼくのですとも!

ナターリヤ うちのですってば! そうやって明日(あす)まで言いはってらしたって、フロックを十五着もきてらしたって、あそこはうちのよ、うちのよ、うちのよ!……。[以下略]

   チェーホフ=作 牧原純(まきはら・じゅん)=訳 「結婚の申し込み」
   『デュエット版 世界文学全集 第43 三人姉妹・桜の園 他
   綜合社=編 集英社 1969-06-10


(J5) 原 1960, 1976
ロモフ お願いですから、まあ、わたしの話もきいて下さい! 今も申し上げた通り、あなたのお父さまのお祖父さんのやとってらした作男たちが、うちの叔母の祖母のために、煉瓦を焼いてくれたんですよ。そこで、叔母の祖母が、何かお礼をしてさし上げたいと思って……

ナターリア お祖父さんだの、お祖母さんだの、叔母さんだのって……何が何だかさっぱりわかりませんわ! とにかく、あの草場はうちの地所です、それだけの話じゃありませんか。

ロモフ うちのですよ!

ナターリア うちのですわ! たとい、あなたが二日がかりで言い張ったり、燕尾服を十五着も着ていらしたりしたって、あの地所がうちのであることに変りはありませんのよ、あそこはうちの地所です、うちのですとも![以下略]

   チェーホフ=作 原卓也=訳 「プロポーズ」
   『チェーホフ全集11』 中央公論社 1960-03


(J6) 野崎 1960
ローモフ どうかわたしのいうことを聞いてください。おねがいです! さきほども申しあげましたとおり、あなたのお父さんのおじいさんの百姓たちが、わたしの叔母のおばあさんのために煉瓦を焼いてくれたのです。叔母のおばあさんが、そのお礼になにかいいことをしてあげたいばかりに……

ナターリヤ おじいさんだの、おばあさんだの、叔母さんだのって……なにがなんだかちっともわかりませんわ! ともかくあの原はうちのものです、それだけですわ。

ローモフ わたしどものです!

ナターリヤ うちのです! たとえあなたが二日がかりで証明なさろうと、燕尾服を十五着着ていらっしゃろうと、あれはうちのものです、うちのものです、うちのものです!‥‥[以下略]

   チェーホフ=作 野崎韶夫(のざき・よしお)=訳註 「結婚申込み」
   『結婚申込み・熊』 大学書林 大学書林語学文庫 1960-01-15
   この本は露日対訳版です。


(J7) 中村 1935, 1952, etc.
ロモーフ 併し、わたしの言ふこともお聞き下さい、お願ひです! あなたのお父さんのおぢいさんの百姓達が、今も申上げました通り、わたしの叔母さんのおばあさんの爲めに煉瓦を燒いてくれたのです。叔母さんのおばあさんはそのお禮に何かいゝことをしようとして……

ナターリヤ・ステパーノヴナ おぢいさんだの、おばあさんだの、叔母さんだのつて……何が何だかわたしちつともわかりませんわ! 兎に角、原はわたし達のものです、それでおしまひですよ。

ロモーフ わたくしどものです!

ナターリヤ・ステパーノヴナ わたしどものです! あなたが二日かゝつて證明なすつても、燕尾服を十五着着ていらしても、あれはわたしどものです、わたしどものです、わたしどものです!‥‥[以下略]

   チェーホフ=著 中村白葉=譯 「結婚申込み」
   『三人姉妹・結婚申込み』 新潮社 新潮文庫 1952-09-15
   達・通の旧字は新字で置き換えました。


(J8) 文芸社編輯部 1929
[訳文は未見]

   チエホフ=著 文芸社編輯部=訳編 「犬(原題結婚申込)」
   『熊と犬』 文芸社 世界文芸叢書11 1929-10(昭和4)


(J9) 高倉 1929
ローモフ どうか私の言ふ事をお聞き下さい! あなたのお父さんのお祖父(ぢい)さんのお百姓達が、つまりいま申し上げました通り、私の伯母のお祖母(ばあ)さんに煉瓦を燒いて呉れたんです。伯母のお祖母(ばあ)さんは、その人達を喜ばせる積りで……

ナターリヤ・ステパーノウナ お祖父(ぢい)さんだの、お祖母(ばあ)さんだの、伯母さんだの……私そんな事は分かりません。原は私共のです。それだけです。

ローモフ いいえ。私のです。

ナターリア・ステパーノウナ いえ。私共のです。あなたが二日證明なさいましても、燕尾服を十五着着てお出でになつても、あれは私共のです、私共のです。私共のです……[以下略]

   チェーホフ=作 高倉輝=譯 「結婚申込」
   『近代劇全集28 露西亞篇』 第一書房 1929-01-10(昭和4)
   達・通の旧字は新字で置き換えました。


(J10) 花井 1928
[訳文は未見]

   アントン・チエホフ=著 花井修三郎=譯 「犬」
   『チエホフ集』 中央出版社 袖珍世界文学叢書5 1928-03(昭和3)


(J11) 米川 1923, 1926, etc.
ロモーフ どうぞわたしの言うこともきいて下さい、お願いです! 先程も申しましたとおり、あなたのお父さんの祖父さんの百姓たちが、わたしの伯母さんの祖母さんに煉瓦を焼いてくれたので、伯母さんの祖母さんが、その人たちに対するお礼心地で……

ナタリア 祖父さんだの、祖母さんだのって……わたしちっともわかりませんわ! とにかく原は宅のものです。それだけのことですわ。

ロモーフ 家のです!

ナタリア 宅のです! あなたがたとえ二日かかって口を酸っぱくなすったって、燕尾服を十五も着ていらしったって、あの地所はやっぱり宅のものです。宅のものです!……宅のものです![以下略]

   チェーホフ=作 米川正夫=訳 「結婚申込み」
   『ちくま文学の森 5 おかしい話』 筑摩書房 1988-04


(J12) 仲木 1915
ロモフ ま、何卒、終ひまで聞いて下さい! で、その貴女の叔父さんの祖父さんの小作人達は、先程も申す通り、私の叔母さんの祖母さんに煉瓦を燒いてくれました。其所で、叔母さんの祖母さんは、小作人達に何か禮をしやうと思つて……

ナタリア 祖父さんだの、祖母さんだの、叔母さんだのつて……妾には何が何だか、さつぱり解りません! あの牧場は宅(うち)の所有物に相違ないのですよ。最うそれ外には何も申す事はありません。

ロモフ 否え。私の所有物です!

ナタリア 宅(うち)のですよ! 貴方が二日間かゝつて證明しても、十五着燕尾服を來ていらしつたつてあの地面は矢張り宅(うち)のですとも、えゝ、宅のです。宅のです。宅のです!‥‥[以下略]

   チェホフ=作 仲木貞一=譯 結婚申込〔戯曲〕
   早稲田文学 1915-02(大正4)
   終・達・通の旧字は、それぞれ新字で置き換えました。


(J13) 小山内 1910, 1913, etc.
客。 まあ、どうかしまひまで聞いて下さい。先程から申し上げる通り、あなたのおとうさんのおぢいさんの小作人が、わたしの伯母さんのおばあさんに煉瓦を燒いて呉れました。そこで伯母さんのおばあさんは、なにかお禮をしようと思つて。

娘。 おぢいさんだの、おばあさんだのと……何だかさつぱり分かりませんわ。あの牧場は宅のでございます、それ以上何も申す所はございません。

客。 いいえ、内のです!

娘。 宅のですよ。二日議論を爲通(しどほ)しにして入らつしても、十五着燕尾服を着換えて入らしつても、やつぱりあそこは内のです、内のです、内のです……[以下略]

   アントン・チエエホフ=作 小山内薫=譯 「犬」
   『近代劇五曲』 大日本図書 1913-02-05(大正2)
   通の旧字は新字で置き換えました。


 Video 3  トルコ語
[tr] Anton Çehov - Bir Evlenme Teklifi. 1/4

Ankara Sanat Tiyatrosu (AST) 2001 yılı Gümrük Müsteşarlığı Tiyatrosu (Gümrük Vakfı Tiyatrosu) Oyuncular: Tatiana Zigalov - Mücella A. İvan Vasilyeviç - Burak Fuat KEYLAN Natalya Nazarovna - Gülseren A. Rejisör: Erman ATAR


 Video 4  英語
[en] Anton Chekhov - The Proposal. Part 1
The_proposal_2
著作権者の要望により動画の埋め込みは禁じられています。ビデオをご覧になりたいかたは ここ をクリックしてください。下に引用する台詞は8:08あたりから。 Uploaded by A1Collection1Of1Arts on 2011-01-01. Embedding disabled by request. To view the video, please click here. The lines quoted below start around 8:08. Produced by the Greenville Little Theater. Directed by Peter Lupu. Richard Beverage (Father), Jason Underwood (Young Suiter), Courtney Campbell (Daughter).


 Video 5  英語
[en] Anton Chekhov - The Proposal

Uploaded by JAMESLAKEacting on 2008-08-23.


 Audio  英語 ジュリアス・ウェストによる英訳の朗読(音声のみ)
[en] Anton Chekhov - The Proposal. an public domain audiobook by LibriVox

This public domain audiobook is narrated and recorded by John Eddings (Stepan Stepanovich Chubukov), Ruth Golding (Natalya Stepanovna), Simon Larois (Ivan Vassilevitch Lomov), and Philippa. The book is translated from Russian into English by Julius West.


■ジュリアス・ウェストによる英訳本 (1916) の複写画像
 Scanned page from an English translation (1916) by Julius West

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

Proposal_page_46
Image source: HathiTrust Digital Library - Plays : second series / by Anton Tchekoff ; translated with an introduction by Julius West. New York: Charles Scribner's Sons, 1916.


■英訳 Translation into English

LOMOV. Hear me out, I implore you! The peasants of your father's grandfather, as I have already had the honour of explaining to you, used to bake bricks for my aunt's grandmother. Now my aunt's grandmother, wishing to make them a pleasant...

NATALYA STEPANOVNA. I can't make head or tail of all this about aunts and grandfathers and grandmothers! The Meadows are ours, and that's all.

LOMOV. Mine.

NATALYA STEPANOVNA. Ours! You can go on proving it for two days on end, you can go and put on fifteen dress-jackets, but I tell you they're ours, ours, ours! [Omission]

   The Proposal
   from Plays by Chekhov, Second Series, by Anton Chekhov
   Translated by Julius West. New York: Charles Scribner's Sons, 1916.
   Scanned book at Hathi Trust Digital Library
   E-text at:
   * One-Act-Plays.com
   * Project Gutenberg


■スペイン語訳 Translation into Spanish

LOMOV.- ¡Le suplico que me escuche!.... Los campesinos del abuelo de su padre, como ya tuve el honor de decirle, cocían ladrillos para la abuela de mi tía… La abuela de mi tía, deseando complacerles…

NATALIA.- ¡El abuelo…, la abuela…, la tía!... ¡No comprendo absolutamente nada! ¡El pastizal de los bueyes es nuestro y punto concluido!

LOMOV.- ¡Es mío!

NATALIA.- ¡Es nuestro!... ¡Aunque se pasara usted dos días intentando demostrarlo, y aunque se vistiera usted con quince fracs, le digo que es nuestro, nuestro y nuestro!

   Pedido de mano by Antón Chejov
   E-text at Scribd


 Video 6  フランス語
[fr] Anton Tchekhov - Une demande en mariage

下に引用する台詞は5:43あたりから。The lines quoted below start around 5:43.


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Chaboseau, 1922
LOMOF: Écoutez-moi, je vous en supplie. Les paysans du grand-père de votre père, comme j’ai déjà eu l’honneur de vous l’expliquer, confectionnaient des matelas pour la grand’mère de ma tante. Cette grand’mère, dans son désir de leur rendre service…

NATALIA: Grand-père, tante, grand’mère, c’est à n’y rien comprendre…, sinon que ce pré est à nous, et voilà tout.

LOMOF: À moi.

NATALIA: À nous. Vous pourriez passer là deux jours encore à tâcher de me le démontrer, vous pourriez endosser dix fracs, et ce pré n’en serait pas moins à nous, à nous, à nous, na !

   Une demande en mariage by Anton Tchekhov
   Translated by Augustin Chaboseau
   Paris : Stock, 1922
   E-text at Wikisource


(F2)
Lomov :   Mais écoutez-moi, je vous en supplie ! Les paysans du grand-père de votre père fabriquaient des briques pour la grand-mère de ma tante...

Nathalia Stepanovna - Grand-père, grand-mère, tante ... je n'y comprends rien! Le pré est à nous, voilà tout.

Lomov :  A moi !

Nathalia Stepanovna - A nous ! Vous passeriez deux jours à me démontrer le contraire, vous endosseriez quinze habits, que ce pré resterait à nous, à nous, à nous ! [Omission]

   La demande en mariage by A. P. Tchékhov (adaptation)
   E-text at l’Université Paris-Sorbonne (Paris IV)


(F3)
LOMOV. – Excusez-moi, je vous en supplie ! Les paysans du grand-père de votre père, comme j’ai déjà eu l’honneur de vous le dire, firent des briques pour la grand-mère de ma tante. La grand-mère de ma tante, voulant leur être agréable…

NATALIA STEPANOVNA. – Grand-père, grand-mère, tante… je n’y comprends rien… Les Petits-Prés sont à nous, voilà tout.

LOMOV. – Ils sont à moi, mademoiselle.

NATALIA STEPANOVNA. – A nous ! Quand vous essaieriez de le prouver pendant deux jours, quand vous mettriez quinze habits, ils sont à nous, à nous, à nous !…[Omission]

   Une demande en mariage
   by Anton Pavlovitch Tchekhov
   E-text at labo-BERGAHAMMOU


 Video 7  ドイツ語
[de] Anton Tschechov - Der Heiratsantrag

下に引用する台詞は9:26あたりから。The lines quoted below start around 9:26.


■ドイツ語訳 Translation into German

LOMOV: Hören Sie mich zu Ende, ich flehe Sie an! Die Bauern des Großvaters Ihres Herrn Vater haben, wie ich bereits zu sagen die Ehre hatte, für die Großmutter meiner Tante Ziegel gebrannt. Meiner Tante Großmutter hat, im Wunsche, ihnen etwas Gutes zu tun ...

NATALJA STEPANOVNA: Großvater, Großmutter, Tante ... ich verstehe überhaupt nichts! Die Wiesen gehören uns, und damit Schluß!

LOMOV: Sie gehören mir!

NATALJA STEPANOVNA: Nein, uns! Und wenn Sie zwei Tage brauchen, um es mir zu beweisen, und wenn Sie zehn, fünfzehn Fräcke anziehen, sie gehören uns, uns, uns! ...[Omission]

   Der Heiratsantrag by Anton Tschechow
   E-text at ODYSSEE Theater [PDF]


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Л о м о в. Вислухайте мене, благаю вас! Селяни дідуся вашого батенька, як я вже мав честь доповісти вам, випалювали для бабці моєї тітоньки цеглу. Тітоньчина бабця, воліючи зробити їм приємсн6ість…

Н а т а л і я С т е п а н і в н а. Дідусь, бабуся, тітуся… нічого я тут до толку не зберу! Луки наші, і все!

Л о м о в. Мої-с!

Н а т а л і я С т е п а н і в н а. Наші! Хоч і два дні доказуйте, хоч надягніть п’ятнадцять фраків, а вони однаково наші, наші, наші!.. [Omission]

   Антон Чехов  - Пропозиція
   E-text at Lib.ru: "Івано-Франківський театр ляльок"


 Video 8  ロシア語
[ru] Антон Чехов - Предложение Часть 2

モスクワ芸術座による公演。下に引用する台詞は0:00あたりから。 Produced by the Moscow Art Theatre. The lines quoted below start around 0:00. Из спектакля МХАТ им. А.П.Чехова "Чеховские страницы", Реж-ры: И.Мирошниченко, Е.Радомысленский. Гастроли на Сахалине, съемка 1990 г.


■ロシア語原文 The original text in Russian

Л о м о в. Выслушайте меня,  умоляю  вас!  Крестьяне  дедушки  вашего  батюшки,  как я уже имел честь сказать вам,  жгли для бабушки моей тетушки  кирпич. Тетушкина бабушка, желая сделать им приятное...

Н а т а л ь я  С т е п а н о в н а.   Дедушка,   бабушка,  тетушка... ничего я тут не понимаю! Лужки наши, вот и всё.

Л о м о в. Мои-с!

Н а т а л ь я  С т е п а н о в н а.   Наши!   Хоть   вы    два    дня доказывайте,  хоть наденьте пятнадцать фраков,  а они наши,  наши, наши!.. [Omission]

   Антон Павлович Чехов - Предложение
   E-text at:
   * Интернет-библиотека
   * Lib.ru: "Классика"


■邦題の異同 Variations of the title translated into Japanese

「プロポーズ」
「犬」
「申込」
「申込み」
「結婚の申しこみ」
「結婚申しこみ」
「結婚申込」
「結婚申込み」


 邦訳リストA  「プロポーズ Предложение」 訳者別新旧順
★を付けたのが、上に引用した本

(J1) 浦雅春訳 2012
★2012-11  プロポーズ 光文社古典新訳文庫 『桜の園/プロポーズ/熊

(J2) 牧原純・福田善之訳 2006
★2006-12  結婚申込 群像社 ロシア名作ライブラリー7 『結婚、結婚、結婚 !(一幕戯曲選)

(J3) 松下裕訳 1988, 1994, etc.
  2004-09  結婚申しこみ 水声社 『チェーホフ戯曲選
  1994-05  結婚申しこみ 筑摩書房 ちくま文庫・『チェーホフ全集10
★1988-06  結婚申しこみ 筑摩書房 チェーホフ全集11

(J4) 牧原純訳 1969
★1969-06  結婚の申し込み 集英社 『デュエット版 世界文学全集 第43 三人姉妹・桜の園 他

(J5) 原卓也訳 1960, 1976
  1976     プロポーズ 中央公論社 『チェーホフ全集11』 再訂版
★1960-03  プロポーズ 中央公論社 『チェーホフ全集11

(J6) 野崎韶夫訳註 1960
★1960-01  結婚申込み 大学書林 大学書林語学文庫 『結婚申込み・熊

(J7) 中村白葉訳 1935, 1952, etc.
  1958-05  結婚申込み 修道社 ロシア文学全集21 『チェーホフ2
★1952-09  結婚申込み 新潮社 新潮文庫 『三人姉妹・結婚申込み
  1935-10  申込み 金星堂 『チェーホフ全集12

(J8) 文芸社編輯部訳 1929
  1929-10  犬(原題結婚申込) 文芸社 世界文芸叢書11 『熊と犬

(J9) 高倉輝(タカクラテル)訳 1929, 1953
  1953-08  結婚申込 タカクラテル訳 理論社 タカクラテル名作選 『チェホフ戯曲集
★1929-01  結婚申込 第一書房 近代劇全集28 『露西亜篇

(J10) 花井修三郎訳 1928
  1928-03  犬 中央出版社 袖珍世界文学叢書5 『チエホフ集

(J11) 米川正夫訳 1923, 1926, etc.
  2010-11  結婚申込み 筑摩書房 ちくま文庫・ちくま文学の森4 『おかしい話
★1988-04  結婚申込み 筑摩書房 ちくま文学の森5 『おかしい話
  1957-04  結婚申込み 角川書店 角川文庫 『結婚申込み・他四篇
  1949-12  結婚申込 小山書店 『チェーホフ選集5
  1939-02  結婚申込 岩波書店 岩波文庫 『チェーホフ一幕物全集
  1926-09  申込 岩波書店 『チェーホフ戯曲全集(上)
  1923-08  申込 近代劇大系刊行会 近代劇大系14 『露西亜篇2

(J12) 仲木貞一訳 1915
★1915-02  結婚申込〔戯曲〕 早稲田文学

(J13) 小山内薫訳 1910, 1913, etc.
  2003-03  犬 大空社・ナダ出版センター 明治翻訳文学全集翻訳家編20 『小山内薫集
  1927-12  犬 近代社(世界戯曲全集刊行会) 世界戯曲全集24・露西亜篇2 『露西亜 近代劇集
  1926-12  犬 春陽堂 ラヂオドラマ叢書4 『炭坑の中
★1913-02  犬 大日本図書 『近代劇五曲
  1910-07  犬(脚本) 新小説


 邦訳リストB  「プロポーズ Предложение」 刊行年新旧順
★を付けたのが、上に引用した本

 平成 
★2012-11  プロポーズ 浦雅春訳 光文社古典新訳文庫 『桜の園/プロポーズ/熊
  2010-11  結婚申込み 米川正夫訳 ちくま文庫 『おかしい話
★2006-12  結婚申込 牧原純・福田善之訳 群像社 『結婚、結婚、結婚 !(一幕戯曲選)
  2004-09  結婚申しこみ 松下裕訳 水声社 『チェーホフ戯曲選
  2003-03  犬 小山内薫訳 大空社 明治翻訳文学全集翻訳家編20 『小山内薫集
  1994-05  結婚申しこみ 松下裕訳 ちくま文庫 『チェーホフ全集10

 昭和 
★1988-06  結婚申しこみ 松下裕訳 筑摩書房 『チェーホフ全集11
★1988-04  結婚申込み 米川正夫訳 筑摩書房 『おかしい話
  1976     プロポーズ 原卓也訳 中央公論社 『チェーホフ全集11』 再訂版
★1969-06  結婚の申し込み 牧原純訳 集英社 『世界文学全集 第43 三人姉妹・桜の園 他
★1960-03  プロポーズ 原卓也訳 中央公論社 『チェーホフ全集11
★1960-01  結婚申込み 野崎韶夫訳註 大学書林 『結婚申込み・熊
  1958-05  結婚申込み 中村白葉訳 修道社 『チェーホフ2
  1957-04  結婚申込み 米川正夫訳 角川文庫 『結婚申込み・他四篇
  1953-08  結婚申込 タカクラテル訳 理論社 『チェホフ戯曲集
★1952-09  結婚申込み 中村白葉訳 新潮文庫 『三人姉妹・結婚申込み
  1949-12  結婚申込 米川正夫訳 小山書店 チェーホフ選集5
  1939-02  結婚申込 米川正夫訳 岩波文庫 『チェーホフ一幕物全集
  1935-10  申込み 中村白葉訳 金星堂 『チェーホフ全集12
  1929-10  犬(原題結婚申込) 文芸社編輯部訳 文芸社 『熊と犬
★1929-01  結婚申込 高倉輝訳 第一書房 近代劇全集28 『露西亜篇
  1928-03  犬 花井修三郎訳 中央出版社 『チエホフ集
  1927-12  犬 小山内薫訳 近代社 世界戯曲全集24・露西亜篇2 『露西亜 近代劇集

 大正 
  1926-12  犬 小山内薫訳 春陽堂 ラヂオドラマ叢書4 『炭坑の中
  1926-09  申込 米川正夫訳 岩波書店 『チェーホフ戯曲全集(上)
  1923-08  申込 米川正夫訳 近代劇大系刊行会 『露西亜篇2
★1915-02  結婚申込〔戯曲〕 仲木貞一訳 早稲田文学
★1913-02  犬 小山内薫訳 大日本図書 『近代劇五曲

 明治 
  1910-07  犬(脚本) 小山内薫訳 新小説


■書誌情報——本とウェブサイト Bibliography: Books & Websites

上のリストAとリストBを作成するにあたっては、つぎの各サイト・書籍を参考にさせていただきました:

   * チェーホフ翻訳作品 年表 榊原貴教氏 作成
   * チェーホフ作品カタログ - 日本ロシア語情報図書館
   * アントン・チェーホフ - 翻訳作品集成 Takashi Amemiya氏 作成
   * アントン・チェーホフ - Aga-Search N・M卿 作成
   * アントン・チェホフ - 翻訳アンソロジー/雑誌リスト てつの本棚
   * 国立国会図書館 NDL-OPAC
   * 図説 翻訳文学総合辞典 全5巻 大空社・ナダ出版センター 2009-11


■筒井康隆とチェーホフ「結婚申込」ほか

高校での最後の文化祭でぼくはほとんどの部員に、自分で脚色した漱石の『虞美人草』を演じさせ、ぼく自身は出演者三人だけで手堅くチェーホフの「結婚申込」を演じた。うちにあった近代劇大系『露西亜篇2』に米川正夫訳の戯曲が載っていたし、以前ラジオで文学座の舞台中継を聞いていたから、どう演じるべきかはわかっていた。[以下略]

   結婚申込 [著]チェーホフ [筆者] 筒井康隆(作家)
   朝日新聞 2009-09-13
   電子版: asahi.com 結婚申込 [著]チェーホフ - 漂流 本から本へ - BOOK


■チェーホフと太宰治・正宗白鳥・小山内薫など

チェーホフ作品の翻案や舞台公演などについての随想。

   チェーホフの芝居のことなど 【図書館長のつぶやき】
   筆者: 岩佐壮四郎(いわさ・そうしろう) 関東学院大学図書館館長
   Library talk : 関東学院大学図書館報 2010-11(ウェブ版公開は2011-04-19)


■外部リンク External links

 [ru] Русский
   * Библиография Антона Чехова — Википедия
 [en] English
   * Bibliography of Anton Chekhov - Wikipedia
   * Anton Chekhov Biography (Andreas Teuber Home Page)
 [ja] 日本語
   * アントン・チェーホフ - Wikipedia (1860-1904)


■更新履歴 Change log

2013-03-01 ウクライナ語訳を追加しました。
2013-01-23 浦雅春=訳 2012-11-20 を追加しました。
2011-07-13 ジュリアス・ウェストによる英訳の朗読の YouTube 画面を
         追加しました。
2011-06-26 牧原純=訳 1969-06-26 の訳文を挿入しました。
2011-06-17 野崎韶夫=訳註 1960-01-15 の訳文を挿入しました。また、
         原卓也=訳と牧原純=訳の書誌情報を補足しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages
[de] Tschechow

[es] Chejov

[en] Chekhov

[en] [fr] Tchekhov

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, 03 June 2011

Mummel - en ny människa by Frances Vestin & Horst Tuuloskorpi フランシス・ヴェスティン&ホルスト・テューロスコルピー 『ムンメル—なぜ子どもを生むのか』

■はじめに Introduction

ムンメルとは〈新しい子ども〉という意味だそうだ、この本によれば。ムンメルは、サンナ(♀)とクラウス(♂)が性交(セックス)をしてつくった子ども。ムンメルは、まだサンナの体内にいる。

サンナとクラウスは産院に来ている。分娩が始まった。ムンメルは、もうすぐ生まれてくる。サンナが一生懸命いきむ。大きくひらいたサンナの産道の出口から、ムンメルが押し出されてくる。以下は本文から:

   ほら、いま、頭がみえてきた!
   産道の出口は、まるでゴムバンドのようにのびています。


■スウェーデン語原書のページ見本
 Sample page from the original edition in Swedish
Mummel_16_mummel_och_sannas_stjrt_l
Image source: En man med ett skägg.

日本語の1988年版ではサンナ(母)とクラウス(父)の写っている上の小さい写真は53ページに、ムンメルの写っている下の大きい写真は54ページに、それぞれ掲載されている。


■日本語版——初期の版の一部修正と削除
 Partial modification and deletion in the early Japanese edition

国立国会図書館サーチインターネット書店一括検索 などによると、この本の邦訳には複数の版があることがわかる。1988年版の「はじめに」のページで、北沢杏子氏はこう述べる:

   一九七五年に初めて刊行されたこの本は、当時の社会事情(刑法一七五条の
   規定など)から、写真の上でも文章の上でも、一部修正や削除をしなければ
   ならないという残念な思いで出版されたのでした。

刑法175条とは、「わいせつ物頒布等の罪」に関する規定である:

(わいせつ物頒布等)
第百七十五条 わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役又は二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。
   刑法
   明治四十年四月二十四日法律第四十五号
   日本法令外国語訳データベースシステム

(Distribution of Obscene Objects)
Article 175 A person who distributes, sells or displays in public an obscene document, drawing or other objects shall be punished by imprisonment with work for not more than 2 years, a fine of not more than 2,500,000 yen or a petty fine. The same shall apply to a person who possesses the same for the purpose of sale.
   Penal Code
   Act No. 45 of April 24, 1907
   Japanese Law Translation


■表紙画像 Cover photos

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_mummel_naze_kodomo_o_umunoka_2 nl Vestin__tuuloskorpi__mummel_2

de De_mummel_2183802301 sv Mummel_omslag_large_2


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: ムンメル—なぜ子どもを生むのか
著者: フランシス・ヴェスティン (著) ホルスト・テューロスコルピー (写真) 北沢杏子 (文)
単行本
出版社: アーニ出版
出版年: 1988-07-30
ISBN-10 : 4870010224
ISBN-13 : 9784870010222
版元によるこの本の紹介


[nl] オランダ語
タイトル: Mummel
著者: Frances Vestin & Horst Tuuloskorpi 
Softcover
出版社: s-Gravenhage: NVSH
出版年: 1971
ISBN-10 :
ISBN-13 :
More info at Tweedehands.nl


[de] ドイツ語
タイトル: Mümmel, ein neuer Mensch [Broschiert]
著者: Frances Vestin (Autor), Horst Tuuloskorpi (Autor)
Paperback
出版社:
出版年: 1985-02
ISBN-10 : 3920372271
ISBN-13 : 9783920372273
Cover image: Buchfreund.de


[sv] スウェーデン語
タイトル: Mummel - en ny människa
著者: Frances Vestin, Horst Tuuloskorpi 
判型:
出版社: Stockholm : Sv. barn
出版年: 1970
ISBN-10 : 9146113754
ISBN-13 :
More info at:
* En man med ett skägg.
* Biblioteket.se


■日本語訳 Translation into Japanese

 サンナとクラウスは、すべてが、あっという間に終わってしまったので驚いています。
 ムンメルのからだは、べたべたしてしわくちゃです。これは子宮の中の羊水(ようすい)に二八○日もつかっていたせいなんですよ。サンナのおしりのあたりも、羊水でぬるぬるしています。看護婦さんがムンメルのからだを、助産婦さんがサンナのからだをきれいにします。

   フランシス・ヴェスティン=著 ホルスト・テューロスコルピー=写真
   北沢杏子(きたざわ・きょうこ)=文
   『ムンメル—なぜ子どもを生むのか
   アーニ出版 1988-07-30
   「看護婦さん」と「助産婦さん」は原文のまま。


■スウェーデン語 [sv] から英語 [en] への機械翻訳(無修正)
 Machine translations from Swedish into English (no modification)

(E1) Google Translate [sv] -> [en]
True and Klas is a bit surprising that it suddenly is ready.
Murmur is very messy and wrinkled after being soaked inside the womb as long.
(Sanna's tail is too wet and sticky by water and blood that has existed inside the uterus. All of it will drain out.)


(E2) Bing Translator (Powered by Microsoft® Translator) [sv] -> [en]
Sanna and class is a bit surprising that it suddenly is finished.
Pan Speedrock in Melbourne is too kladdig and wrinkled after having been in wet inside of the uterus so long.
(Sanna's tail is also wet and kladdig by water and blood that has been around inside the uterus. The whole thing will fizzle out.)


(E3) Translation-Guide.com (Powered by WordTran/NeuroTran®) [sv] -> [en]
TRUE and Cluster am failing few forvanande over that the plotsligt am failing fardigt.
Murmur am failing altogether sticky and wrinkled behind that had legacy in mere darinne in the womb said lange.
( TRUE stjart am failing also mere and sticky of water and blood as had funnits in in the womb. Always ska stream ut. )


(E4) SYSTRANet [sv] -> [en]
Genuine and Klas is little amazing over that it sudden is completed.
Mumbles are far too smeary and crumpled after to have lain in soak in there in the uterus so long.
(genuine arsehole is also soak and smeary of waters and blood that have been in the uterus. Everything will run out.)


■スウェーデン語原文 The original text in Swedish

Sanna och Klas är lite förvånande över att det plötsligt är färdigt.
Mummel är alldeles kladdig och skrynklig efter att ha legat i blöt därinne i livmodern så länge.
(Sannas stjärt är också blöt och kladdig av vatten och blod som har funnits inne i livmodern. Alltihop ska rinna ut.)

   Mummel - en ny människa
   by Frances Vestin & Horst Tuuloskorpi
   Stockholm : Sv. barn.  1970


■外部リンク External links

 [de] Deutsch
   * Frances Vestin - Amazon.de
   * Horst Tuuloskorpi - Amazon.de

 [ja] 日本語
   * 北沢杏子と「性を語る会」のホームページ
   * アーニ出版のホームページ


■更新履歴 Change log

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »