« Atlas du monde global by Pascal Boniface & Hubert Védrine パスカル・ボニファス+ユベール・ヴェドリーヌ 『最新 世界情勢地図』 | Main | Fahrenheit 451 by Ray Bradbury (1) レイ・ブラッドベリ / レイ・ブラドベリー 『華氏451度』『華氏四五一度』 (1) »

Saturday, 30 July 2011

Petit traité de la décroissance sereine / Farewell to Growth by Serge Latouche セルジュ・ラトゥーシュ 『経済成長なき社会発展は可能か?』

■はじめに Introduction

原発なしに、わたしたちは、やっていけるのかどうか?

東日本大震災以後の日本では、この問題が問われている。しかし、3.11の惨事が起きるよりもまえから、世界について、もっと根源的・哲学的な思索をめぐらしている人もいる。地震や津波があろうがなかろうが、いままでのやりかたを続けていったら、先進国の文明あるいは現代人のライフスタイルに、未来はないのではないか、と。

フランスの経済学者で哲学者セルジュ・ラトゥーシュは、〈脱成長〉という概念を提唱して、この問いに答えようとしている。


■表紙画像 Cover photos

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_latouche_petit_trait_de_la_dcroi en En_farewell_to_growth_9780745646176 it It_breve_trattato_sulla_decrescita_

br Br_pequeno_tratado_do_decrescimento pt Pt_ed70_pequeno_tratado_do_decresci ca Ca_petit_tractat_del_decreixement_s

es Es_pequeo_tratado_del_decrecimiento fr Fr_petit_trait_de_la_dcroissance_se


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: 経済成長なき社会発展は可能か?——〈脱成長〉と〈ポスト開発〉の経済学
著者: セルジュ・ラトゥーシュ 
単行本
出版社: 作品社
出版年: 2010-07-07
ISBN-10 : 4861822971
ISBN-13 : 9784861822971
Publisher's page for this book


[en] 英語
タイトル: Farewell to Growth
著者: Serge Latouche (著)
ペーパーバック: 180ページ
出版社: Polity Press; 1st edition
出版年: 2010-02-15
ISBN-10 : 0745646174
ISBN-13 : 9780745646176


[it] イタリア語
タイトル: Breve trattato sulla decrescita serena
著者: Serge Latouche (著), Fabrizio Grillenzoni (訳者)
Collana Temi
出版社: Bollati Boringhieri
出版年: 2008
ISBN-10 : 8833918696
ISBN-13 : 9788833918693
Publisher's page for this book


[br] ブラジル・ポルトガル語 (サンパウロ)
タイトル: Pequeno Tratado do Decrescimento Sereno
著者: Autor: Serge Latouche, Tradução: Claudia Berliner
Brochura: 192 páginas
出版社: São Paulo: WMF Martins Fontes
出版年: 2009
ISBN-10 : 8578272013
ISBN-13 : 9788578272012
Publisher's page for this book


[pt] ポルトガル語 (リスボン)
タイトル: Pequeno Tratado do Decrescimento Sereno
著者: Autor: Serge Latouche, Tradução: Víctor Silva
160 páginas
出版社: Lisboa: Edições 70
出版年: 2011-01
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9789724416465
Publisher's page for this book


[ca] カタルーニャ語/カタロニア語
タイトル: Petit tractat del decreixement serè
著者: Serge Latouche 
Colección: Gaia
出版社: Barcelona: Edicions 3i4 (Tres i quatre)
出版年: 2009
ISBN-10 :
ISBN-13 : 9788475028231
Publisher's page for this book


[es] スペイン語 (バルセロナ)
タイトル: Pequeño tratado del descrecimiento
著者: Serge Latouche (著), Jorge Largo (翻訳)
Idioma: Castellano páginas. 143
出版社: Barcelona: Icaria Editorial S.A.
出版年: 2009-03
ISBN-10 : 8498880726
ISBN-13 : 9788498880724
Publisher's page for this book


[es] スペイン語 (メキシコ・チワワ)
タイトル: Pequeño tratado del descrecimiento
著者: Serge Latouche (著), Jorge Largo (翻訳)
Perfect: 143ページ
出版社: Ediciones del Azar A.C. (Chihuahua, Mexico)
出版年: 2009-03
ISBN-10 : 8498880726
ISBN-13 : 9788498880724
More info at Terra.org


[fr] フランス語
タイトル: Petit traité de la décroissance sereine
著者: Serge Latouche 
Broché: 171 pages
出版社: Mille et une nuits
出版年: 2007-10-24
ISBN-10 : 2755500077
ISBN-13 : 9782755500073
Publisher's page for this book


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) tomoki y. 2011
ここでいう〈脱成長〉は、マイナス成長とは異なる。マイナス成長とはナンセンスな矛盾表現だ。成長概念に、わたしたちがいかに深く囚(とら)われているかを如実に反映した言葉である。たんに成長のスピードを落とすだけだと、どうなるか? 周知のとおりだ。社会は混乱し、失業率は上昇する。わたしたちの最低限の生活を保障する、保健衛生・教育・文化・環境などの公共サービスは急速に悪化する。マイナス成長がいかに悲惨な事態を招くかは、想像するまでもあるまい。労働を基盤にした社会で職がないほど、ひどい事態はない。同様に、成長を基盤にした社会で成長が実現しないほど、ひどい事態はない。だが、わたしたちが、これまでたどってきたコースを修正しないかぎり、社会と文明は、まさしくこうした退化に直面してしまうのだ。以上すべての理由により、〈脱成長〉は〈脱成長社会〉においてのみ、実現可能である。つまり、成長概念ではなく、ほかの論理を基盤にした枠組みにおいてのみ、〈脱成長〉は実現可能なのだ。したがって、選択肢は次のふたつしかない。〈脱成長〉か? さもなければ原始社会か?

   セルジュ・ラトゥーシュ=著 Tomoki Yamabayashi=部分訳
   『おだやかな〈脱成長〉のための小論』
   tomokilog - うただひかるまだがすかる 2011-07-30

   おことわり
   念のために申しますが、わたしは下の中野佳裕氏の訳業に対抗したり、
   ましてや中野氏にケンカを売るつもりで、この訳を載せるのでは、ありません。
   自称へなちょこ翻訳屋のわたしは、ただ修行のために、こうして天下に恥を
   さらしているだけであります。


(2) 中野 2010
〈脱成長(デクロワサンス)〉はマイナス成長ではない。そのような表現は成長想念の支配を見事に表しており、自家撞着的であり、また滑稽でもある。ただ単に成長の速度を緩めるだけでは社会が混乱に陥ることは周知の事実である。失業は増加し、必要不可欠な最低限の生活の質を保障するところの社会、保健、教育、文化、環境の各分野におけるプログラムを破綻させることになる。マイナス成長率がどのような惨事を生み出すかは想像がつくであろう! 雇用のない労働社会ほど最悪なものはないことと同じように、成長を約束できない成長社会ほど危険な社会はない。われわれが自らの社会がたどってきた道筋を変えないかぎり、社会と文明のこのような後退は必ず起きる。ゆえに、〈脱成長(デクロワサンス)〉は「〈脱成長(デクロワサンス)〉社会」においてのみ、つまり〔成長想念とは〕別の論理に基づいた体制においてのみ思考可能であるといえる。ゆえに選択肢は、「〈脱成長(デクロワサンス)〉か、野蛮か」である!

   140ページ
   第II部 〈脱成長〉による新たな社会発展——エコロジズムと地域主義
   第1章 〈脱成長〉のテリトリー
   セルジュ・ラトゥーシュ=著 中野佳裕(なかの・よしひろ)=訳
   『経済成長なき社会発展は可能か?——〈脱成長〉と〈ポスト開発〉の経済学
   作品社 2010-07-07


■中野氏の訳による日本語版の構成

中野佳裕氏の訳になる上掲書『経済成長なき社会発展は可能か?——〈脱成長〉と〈ポスト開発〉の経済学』は、下に引用するフランス語の原書 Petit traité de la décroissance sereine だけを訳したものではない。この訳書は、つぎの四つを一冊に収めたものである:

1) Survivre au développement : De la décolonisation de l'imaginaire économique à la construction d'une société alternative. Paris : Mille et une nuits, 2004 (邦題『〈ポスト開発〉という経済思想——経済想念の脱植民地化から、オルタナティブ社会の構築へ』)の全訳

2) Petit traité de la décroissance sereine, Paris : Mille et nuits, 2007 (邦題『〈脱成長〉による新たな社会発展——エコロジズムと地域主義』)の全訳

3) Revue Cosmopolitiques N°13 : « Peut-on faire l'économie de l'environnement? » 2006-09 学術雑誌 Revue Cosmopolitiques の第13号に掲載された、〈脱成長〉論に関するインタビュー記録の邦訳

4) 訳者・中野氏による60ページにおよぶ日本語版解説


■英訳 Translation into English

De-growth is not, in my view, the same thing as negative growth. That expression is an absurd oxymoron, but it is a clear indication of the extent to which we are dominated by the imaginary of growth. We know that simply contracting the economy plunges our societies into disarray, increases the rate of unemployment and hastens the demise of the health, social, educational, cultural and environmental projects that provide us with an indispensable minimal quality of life. It is not difficult to imagine the catastrophes that negative growth would bring about! Just as there is nothing worse than a work-based society in which there is no work, there is nothing worse than a growth-based society in which growth does not materialize. And that social and civilizational regression is precisely what is in store for us if we do not change direction. For all these reasons, de-growth is conceivable only in a de-growth society, or in other words within the framework of a system that is based upon a different logic. The alternative really is: de-growth or barbarism.

   Farewell to Growth by Serge Latouche
   Translated by David Macey
   Polity, 2009
   Peview at Google Books


■ポルトガル語訳(じつは訳文のつぎはぎ)
 Translation into Portuguese (actually a patchwork of fragments)

Em particular, o decrescimento não é o ‘crescimento negativo’, expressão antinômica e absurda que traduz bem a dominação do imaginário do crescimento (1).  Sabe-se que a mera diminuição da velocidade de crescimento mergulha nossas sociedades na incerteza, aumenta as taxas de desemprego e acelera o abandono dos programas sociais, sanitários, educativos, culturais e ambientais que garantem o mínimo indispensável de qualidade de vida. (2)  Imaginem que catástrofe seria uma taxa de crescimento negativo! Da mesma forma que não há nada pior do que uma sociedade trabalhista sem trabalho, não há nada pior do que uma sociedade de crescimento sem crescimento. O crescimento pelo crescimento torna-se, assim, o objetivo primordial, senão o único da vida. (3)  Por todas essas razões, o decrescimento só pode ser considerado numa “sociedade de decrescimento”, ou seja, no âmbito de um sistema baseado em outra lógica. O decrescimento só é viável numa ‘sociedade de decrescimento’, isto é, no quadro de um sistema que se situa sobre outra lógica. A alternativa é, por conseguinte, esta: decrescimento ou barbárie! (4)

   Serge Latouche
   [br] Pequeno Tratado do Decrescimento Sereno
      Translated into Brazilian Portuguese by Claudia Berliner
   [pt] Pequeno Tratado do Decrescimento Sereno
      Translated into Portuguese by Víctor Silva

   N.B. The excerpt above is taken from neither of the two editions above,
   both of which I am yet to see. Instead, the above text is actually a patchwork
   of fragments taken from different sources, namely the websites below:
   1. Le Monde diplomatique Brasil 2004-07
   2. OngCea - Centro de Estudos Ambientais 2011-06-02
   3. Compêndio de indicadores de sustentabilidade de nações
   4. Decrescimento ou barbárie! | Portal EcoDebate 2009-06-04


■スペイン語訳 Translation into Spanish

El decrecimiento, para nosotros, no es el crecimiento negativo, oxímoron absurdo que traduce fielmente la dominación del imaginario del crecimiento. Sabemos que la simple desaceleración del crecimiento [producción] hunde a nuestras sociedades en el desasosiego [capitalismo], aumenta las tasas de desempleo y precipita la renuncia a programas sociales, sanitarios, educativos, culturales y medio ambientales que garantizan el mínimo indispensable de la calidad de vida [fondo de consumo]. ¡Nos imaginamos la catástrofe que engendraría una tasa negativa de decrecimiento! Así como no hay nada peor que una sociedad trabajadora sin trabajo [sin empleo asalariado = capitalismo], no hay nada peor que una sociedad de crecimiento [capitalismo] en la que el crecimiento [más apropiación de riqueza mediante el beneficio] no esté al orden del día. Si no cambiamos de trayectoria [transformamos el capitalismo], lo que nos espera es precisamente esta regresión de la sociedad [capitalista] y de la civilización [o valores de este sistema]. Por todas estas razones, el decrecimiento se puede plantear [redefinir] solamente en una «sociedad de decrecimiento» [sin clases], es decir, en el marco de un sistema basado en otra lógica [que no sea la del capitalismo]. La alternativa entonces es: ¡decrecimiento o barbarie!

   Pequeño tratado del descrecimiento by Serge Latouche
   Icaria. Barcelona 2009
   Excerpt at Kaosenlared.net


■フランス語原文 The original text in French

La décroissance, pour nous, n’est pas la croissance négative, expression oxymorique et absurde qui traduit bien la domination de l’imaginaire de la croissance. On sait que le simple ralentissement de la croissance plonge nos sociétés dans le désarroi, augmente le taux de chômage, et précipite l'abandon des programmes sociaux, sanitaires, éducatifs, culturels et environnementaux qui assurent l'indispensable minimum qualité de vie. On imagine quelle catastrophe engendrerait un taux de croissance négatif ! De même qu'il n'y a rien de pire qu'une société travailliste sans travail, il n'y a rien de pire qu'une société de croissance dans laquelle la croissance n'est pas au R.V. Cette régression sociale et civilisationnelle est précisément ce qui nous guette si nous ne changeons pas de trajectoire. Pour toutes ces raisons, la décroissance n'est envisageable que dans une "société de décroissance", c'est à dire dans le cadre d'un système reposant sur une autre logique. L'alternative est donc bien : décroissance ou barbarie !

   Petit traité de la décroissance sereine by Serge Latouche
   Mille et une nuits, 2007-10-24
   Excerpt at:
   * Petit traité de la décroissance sereine - Qualité de vie
   * Petit traité de la décroissance sereine - Facebook
   * Petit traité de la décroissance sereine - Liber


■外部リンク External links

 [fr] Français
   * Serge Latouche - Wikipédia (1940-  )

 [en] English
   * Serge Latouche - Wikipedia (1940-  )

 [de] Deutsch
   * Serge Latouche - Wikipedia (1940-  )
   * Was heißt „Decroissance“? - Streifzüge 2010-04-01

 [zh] 簡体字中国語
   * 法国人文社会科学部分重要学者简介
    Serge Latouche の簡体字中国語表記には、つぎの2種類が見受けられる:
     塞尔日·拉图什
     塞尔奇•拉图切

 [ja] 日本語
   * 脱成長 広井良典さんが選ぶ本 朝日新聞 2011-06-19
   * 書評 欧州で最も注目される思想潮流 評者: 斎藤貴男
    サンデー毎日 2010-10-17
   * 書評 「ポスト開発」と「脱成長」のパノラマ 評者: 中村達也
    毎日新聞 2010-09-05
   * 経済の成長は人を幸せにしない 経済哲学者・ラトゥーシュ氏に聞く
    朝日新聞 2010-07-13


■更新履歴 Change log

2011-07-31 外部リンクのうち、「脱成長 広井良典さんが選ぶ本」と「欧州で最も
         注目される思想潮流」 評者: 斎藤貴男氏のリンクがまちがって
         いました。おわびして訂正いたします。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese


  

|

« Atlas du monde global by Pascal Boniface & Hubert Védrine パスカル・ボニファス+ユベール・ヴェドリーヌ 『最新 世界情勢地図』 | Main | Fahrenheit 451 by Ray Bradbury (1) レイ・ブラッドベリ / レイ・ブラドベリー 『華氏451度』『華氏四五一度』 (1) »

Comments

「脱成長」の原語(décroissance)は訳文の最初に書いておいた方がよいと思います。dé-の訳し方は訳出者の工夫のしどころでしょうけれど、単語だけ見ればcroissanceの否定、つまり「(経済)縮小・減少(社会)」とも読めるように思います。著者が"société de décroissance"という全く新しい概念を持ち出してその定義から詳細に論述する論調なら新語の感のある「脱成長」の日本語がしっくりくるでしょうし、「減少」でいいならそのほうが読者は取っ付きやすいでしょう(前者の気はしますが)。ただ表題を意訳するなら「穏やかな減少のためのちょっとした協約」といったところなので、大風呂敷を広げた結論がコンパクトに集約されるのであれば、やはり一冊の本の軸となるキーワードはできる限り平易に、手に取って読む気にさせる訳し方を心がけてほしいというのが、読者側から(あるいは出版社からも)の率直な思いです。

Posted by: 伊藤龍樹 | Sunday, 31 July 2011 at 01:58 AM

縮小にしても減少にしてもマイナス成長(この語はこれで訳出できていると思います)との違いを表現しづらいきらいはありますが、「脱」というのは話がいきなり抽象化してしまう印象があります。減少より縮小のほうがまだ語の対照が付くかと考えれば、

経済縮小(la décroissance)は私たちにとってマイナス成長(la croissance négative)とはならない。---縮小は「縮小社会」においてしか実現しない。すなわち、(成長社会と)異なる論理に基づいたシステムのもとで、ということだ。他の道はないのだ。縮小か残酷かだ!

この部分だけ読んでもし(la décroissance)が無為のマイナス成長ではなくて、縮小を前提とした想定のもとに何らかの舵取り(レギュレーション)があるのだろうな、と読者が感じ取れればこの部分の訳としては合格かな、と思います(自分では評価しかねます)。

Posted by: ジャコウネズミ | Sunday, 31 July 2011 at 03:03 AM

おっと、HNを2つ使ってました。ジャコウネズミと伊藤龍樹は同一人物です。

Posted by: 伊藤龍樹 | Sunday, 31 July 2011 at 09:37 AM

伊藤龍樹さん

コメントありがとうございます。

> 「脱成長」の原語(décroissance)は訳文の最初に書いておいた方がよいと思います。

はい、おっしゃるとおりですね。拙訳は、本の途中からの抜粋訳ですし、décroissance の初出箇所でもありません。ですから、そのような注意深い配慮は、しそびれてしまいました。

さて、英訳について。フランス語の接頭辞 dé- と同様、英語の de- も多義的でして、語や文脈次第で、低下・離脱・否定などのうちのいずれかを意味します。上にご覧のとおり、英語版の訳者は décroissance に de-growth という造語をあてています。ネット上では少数ながら、un-growth や ungrowth という訳も見かけます。語源の共通性からいって、un-growth, ungrowth よりは de-growth のほうが好ましいと、わたしは思います。

つぎに、和訳について。Décroissance を〈反成長〉と訳している例を少数見つけました。〈反成長〉よりは〈脱成長〉のほうが適訳だと、わたしは考えます。〈脱成長〉は、現時点ではまだ、日本語の語彙として充分に定着しているとは言えないでしょう。しかし、ネット上では、すでに定訳になりつつあるように見受けます。

おしまいに中国語について。〈減緩成長〉と訳している例を見かけました。

以上、散漫ですが、とりあえずお返事まで。

Posted by: tomoki y. | Wednesday, 03 August 2011 at 06:39 PM

例えば月の満ち欠け(phases de la lune)において「満ち」(la coissance)に対して「欠け」(la décroissance)とも使う語のようなので、原文の la décroissance は特別な単語ではないのではないかという気が致しましたが、各国語に訳されている方々が創意工夫を凝らしているようですので、新しい概念であることを前面に打ち出した方が良いケースなのでしょう。

Posted by: 伊藤龍樹 | Wednesday, 03 August 2011 at 07:33 PM

> 新しい概念であることを前面に打ち出した方が良いケースなのでしょう。

そうかもしれませんね。ところで、パン屋に「クロワッサン」でなくて「デクロワッサン」という食べ物が売られている光景を、ふと空想しました。どんな味がするかわかりません。でも、あんまり食欲をそそられません(笑)。

Posted by: tomoki y. | Thursday, 04 August 2011 at 04:15 AM

パン屋の「デクロワッサン」、三日月「⊃」が二十六日月「⊂」になるだけで味は多分変わりませんよ。

Posted by: 伊藤龍樹 | Tuesday, 09 August 2011 at 02:12 PM

It's actually a nice and useful piece of info. I'm satisfied that you shared this useful info with us. Please stay us up to date like this. Thanks for sharing.

Posted by: wooden shelf bracket designs | Thursday, 21 February 2013 at 01:26 PM

Excellent goods from you, man. I have understand your stuff previous to and you're just extremely great. I really like what you have acquired here, really like what you're saying and the way in which you say it. You make it enjoyable and you still take care of to keep it smart. I cant wait to read far more from you. This is really a wonderful website.

Posted by: Hundefutter | Sunday, 07 July 2013 at 09:53 PM

I got this web site from my buddy who shared with me concerning this web site and at the moment this time I am visiting this website and reading very informative articles or reviews at this place.

Posted by: Health informatics salary | Friday, 16 August 2013 at 12:13 PM

You need to be a part of a contest for one of the most useful blogs online. I am going to recommend this site!

Posted by: Staci | Wednesday, 23 October 2013 at 12:15 PM

I like what you guys are up too. This kind of clever work and exposure! Keep up the fantastic works guys I've incorporated you guys to my blogroll.

Posted by: Jana | Monday, 04 November 2013 at 08:16 AM

Very nice article, totally what I was looking for.

Posted by: dating and companionship with toronto escort ladies | Friday, 15 November 2013 at 10:14 PM

Article writing is also a excitement, if you be familiar with then you can write or else it is complicated to write.

Posted by: free love tarot reading | Monday, 25 November 2013 at 03:16 AM

I like the valuable info you supply on your articles. I'll bookmark your weblog and check once more right here frequently. I am moderately sure I'll learn many new stuff right here! Good luck for the following!

Posted by: Tonya | Monday, 02 December 2013 at 01:51 AM

We stumbled over here from a different web address and thought I might check things out. I like what I see so i am just following you. Look forward to checking out your web page repeatedly.

Posted by: Dorthea | Tuesday, 03 December 2013 at 11:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/52227087

Listed below are links to weblogs that reference Petit traité de la décroissance sereine / Farewell to Growth by Serge Latouche セルジュ・ラトゥーシュ 『経済成長なき社会発展は可能か?』:

« Atlas du monde global by Pascal Boniface & Hubert Védrine パスカル・ボニファス+ユベール・ヴェドリーヌ 『最新 世界情勢地図』 | Main | Fahrenheit 451 by Ray Bradbury (1) レイ・ブラッドベリ / レイ・ブラドベリー 『華氏451度』『華氏四五一度』 (1) »