« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

Tuesday, 24 January 2012

How It Ends: From You to the Universe by Chris Impey (2) クリス・インピー 『すべてはどのように終わるのか—あなたの死から宇宙の最後まで』 (2)

« 1 How It Ends »
« 1 すべてはどのように終わるのか »

■はじめに Introduction

始めあるものは必ず終わりあり。[日本のことわざ


 Video 1  End Of Ze World


 Video 2 
クリス・インピーの講演 Chris Impey - The Art of Science
Chris_impey_video
1時間3分32秒。ビデオの埋め込みは禁じられているので、ご覧になりたいかたは ここ をクリックしてください。 Duration 1:03:32. Embedding disabled by request. To view the video click here.


■日本語訳 Translations into Japanese

国ごとに目を見張るほどのちがいがあり、そこからいろいろなことがわかる。心臓病で死ぬ人は北欧より南欧のほうが二分の一から三分の一と少なく、これは南欧での地中海風の食事のおかげだと考えられる。癌の発生率はデンマークでは高いが、おとなりのフィンランドでは低い。健康な人は、オランダやノルウェー、ニュージーランドに多くいる。車の運転がいちばん危険なのはポルトガルとロシアで、安全なのはスウェーデンとイギリス。ロシア人とハンガリー人は、楽観的なスペイン人やポルトガル人よりも自殺率が七倍も高いから、あまり近寄らないほうがよい。

   第2章 よきことはみな流転する
   クリス・インピー=著 小野木明恵(おのき・あきえ)=訳
   『すべてはどのように終わるのか—あなたの死から宇宙の最後まで
   早川書房 2011-01-21

   注: フィンランドはデンマークとおなじ北欧の国ではあるけれど、
   デンマークの「おとなり」ではない。北欧の地図を参照。- tomoki y.


■英語原文 The original text in English

The national variations are fascinating and often informative. Heart disease kills proportionally two to three times fewer people in southern Europe than northern Europe, which can be attributed to the Mediterranean diet. Cancer rates are high in Denmark but low in nearby Finland. If you want to be surrounded by healthy livers, go to the Netherlands, Norway, or New Zealand. Driving is most dangerous in Portugal and Russia, safest in Sweden and England. Steer clear of Russians and Hungarians, who kill themselves seven times more often than sanguine Spanish and Portuguese.

   Chapter 2: All Good Things Must Pass
   How It Ends: From You to the Universe by Chris Impey
   W. W. Norton & Co. 2010-06-22
   Excerpt at Amazon.com


 Video 3 
この世の果てまで リリース 1962年 歌 スキータ・デイヴィス
The End of the World  Released 1962. Performed by Skeeter Davis.

1965年8月2日の「ザ・ボビー・ロード・ショウ」から。デイヴィスは2004年に72歳で死去。司会のボビー・ロードは2008年に74歳で死去。 Footage of The Bobby Lord Show from August 2, 1965. Davis died in 2004 at age 72. Bobby Lord, the host, died in 2008 at age 74.


■外部リンク External links

 [en] English
   * Chris Impey's Official Website
   * Chris Impey on Facebook
   * Chris Impey - University of Arizona

 [ja] 日本語
   * 書評 宇宙と人間の奇跡を思索 評者: 長澤唯史 京都新聞 2011-03-06
   * 書評 大きなスケールでとらえた「終わり」の話 評者: 青木千恵
        三省堂書店 2011-02-23
   * 書評 元気が出る終末論 評者: 小飼弾 2011-01-21


■更新履歴 Change log


« 1 How It Ends »
« 1 すべてはどのように終わるのか »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 22 January 2012

Packing for Mars: The Curious Science of Life in the Void by Mary Roach メアリー・ローチ 『わたしを宇宙に連れてって—無重力生活への挑戦』

■はじめに Introduction

宇宙船のなかでは、どうやってウンコやオシッコをするの? 無重力でのセックスって、どんな感じ? だれでも一度ぐらいは、そんな素朴な疑問を抱いたことがあるだろう。でも、だれに訊いたらいいの? どんな本に正しい答えが載ってる? わからないままに、ふつうの人は、やりすごしてしまう。

メアリー・ローチは、やりすごさない。彼女は持ち前の旺盛な好奇心あるいは野次馬根性で、宇宙関係者たちを体当たり取材する。その成果をリポートしたのが、本書『わたしを宇宙に連れてって—無重力生活への挑戦』。肩の凝らない通俗サイエンス本だ。

この本のあつかうトピックは、ウンコとオシッコとセックスだけではない。嘔吐や体臭や、衝突実験でダミーの代わりに人間の死体を使う場合が増えているという傾向や、その他の話題についても触れている。


 Video 
『わたしを宇宙に連れてって』——出版社によるプロモーション・ビデオ
Packing for Mars: A promotion video presented by the publisher

Uploaded by W. W. Norton & Company on 27 Jul 2010. Directed by Jamieson Fry. Produced by Rival Pictures.


 Image gallery 
表紙画像コレクション Cover photo collection

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_trad_9789862620984 ko Ko_9788933840849 ja Ja_9784140815083

et Et_9789949464876_reisisiht_marss_ko pl Pl_9788324016259_mary_roach_ale_kos de De_9783499627903

nl Nl_9789490574291_ik_ga_naar_mars_en pt Pt_9788565530255_proxima_parada_mar en En_9780393068474


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information


■日本語訳 Translation into Japanese

リサーチを開始してまもなくこんなことがあった——ジェミニ7号の交信記録の八十八時間め、四十分を過ぎたあたり。私にとって、宇宙旅行というもの、またそれが私を魅了するわけを象徴しているようなやりとりの記録に遭遇したのだ。自分がたったいま撮影した写真について、パイロットのジム・ラヴェルがヒューストンのミッションコントロールにこう説明している——「漆黒の空と、層積雲に包まれた地球のあいだで、美しく輝くみごとな満月」。そこで一瞬の沈黙があり、今度はコマンダーのフランク・ボーマンが送話スイッチを押した。「こちらボーマン。いまから小便を捨てる。約一分後に小便排出」

二行おいて、ふたたびラヴェル。「ああ、なんて神々しいんだ!」ラヴェルが何を指してそう評したのかは定かでないが、おそらく満月ではない。何人もの宇宙飛行士が回顧録で同じことを書いている。宇宙で目撃したなかでもっとも美しいものは、ふわりと雲のように広がった瞬間に氷に変わり、太陽の光を受けてきらめく排水のしずくだ。宇宙は、崇高さと滑稽さを仲よく共存させるだけではない。その二つの境界線をあっさりと消してしまうのだ。

   カウントダウン
   メアリー・ローチ=著 池田真紀子(いけだ・まきこ)=訳
   『わたしを宇宙に連れてって—無重力生活への挑戦
   NHK出版 2011-10-30 出版社のサイトはここ


■英語原文 The original text in English

Early in my research, I came across a moment — forty minutes into the eighty-eighth hour of Gemini VII — which, for me, sums up the astronaut experience and why it fascinates me. Astronaut Jim Lovell is telling Mission Control about an image he has captured on film — “a beautiful shot of a full Moon against the black sky and the strato formations of the clouds of the earth below,” reads the mission transcript. After a momentary silence, Lovell’s crewmate Frank Borman presses the TALK button. “Borman’s dumping urine. Urine [in] approximately one minute.”

Two lines further along, we see Lovell saying, “What a sight to behold!” We don’t know what he’s referring to, but there’s a good chance it’s not the moon. According to more than one astronaut memoir, one of the most beautiful sights in space is that of a sun-illumined flurry of flash-frozen waste-water droplets. Space doesn’t just encompass the sublime and the ridiculous. It erases the line between.

   Countdown
   Packing for Mars: The Curious Science of Life in the Void by Mary Roach
   W. W. Norton & Company, 2010-08-02 Publisher's site is HERE
   Excerpt at:


■外部リンク External links

 [en] English

 [ja] 日本語
  書評/レビュー/紹介

  • 週刊文春 2011年12月29日号 評者: 清水義範
  • 東京新聞/中日新聞 2011-12-11
  • 日本経済新聞 2011-11-20

  著者


■更新履歴 Change log

  • 2013-04-14 繁體字中國語版、韓国語版、エストニア語版、オランダ語版、およびポルトガル語版の表紙画像を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 18 January 2012

Explorers: Great Tales of Adventure and Endurance, edited by the Royal Geographical Society 英国王立地理学協会編 『ビジュアル版 世界の探検大百科』

■『ビジュアル版 世界の探検大百科』——英語原書のプロモーションビデオ
 Explorers: A promotion video by the publisher

Uploaded by DorlingKindersley on Aug 3, 2010


■はじめに Introduction

アレクサンドロス大王、玄奘、マルコ・ポーロ、イブン=バットゥータ、コロンブス、マジェラン、ジェイムズ・クック、ヘディン、ダーウィン、ガガーリン、ニール・アームストロング、などなど。

冒険家、旅行家、征服者、宣教師、科学者、宇宙飛行士。人類はその誕生以来、さまざまな動機や目的のために、世界の果てや地球外の空間にまで足跡を残してきた。『ビジュアル版 世界の探検大百科』は、これら古今東西の〈探検者たち〉を紹介した本。英国王立地理学協会が所蔵する資料を中心として、豊富なカラー図版を収めた豪華大型本である。

その英語原書と日本語版から、イギリス人女性探検家フレイア・スタークの項の一部を、下に引用する。


■表紙画像 Cover photos

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_9784887217959_2 en En_9781405393539

en En_9781405346900_2 en En_9780756667375


■言語と書誌情報 Linguistic and bibliographic information

[ja] 日本語
タイトル: ビジュアル版 世界の探検大百科
著者: 英国王立地理学協会 (編集), 荒俣宏(日本版監修)
大型本
出版社: 東洋書林
出版年: 2011-11-30
ISBN-10: 4887217951
ISBN-13: 9784887217959
Publisher's page for this book


[en] 英語 (UK)
タイトル: Explorers: Great Tales of Adventure and Endurance (Royal Geographical Society)
著者: DK Publishing 
ハードカバー
出版社: Dorling Kindersley
出版年: 2011-11-01
ISBN-10 : 140539353X
ISBN-13 : 9781405393539
Publisher's page for this book


[en] 英語 (UK)
タイトル: Explorers: Great Tales of Adventure and Endurance (Royal Geographical Society)
著者: DK Publishing (Author), Sir Ranulph Fiennes (Foreword), Michael Palin (Introduction)
ハードカバー
出版社: Dorling Kindersley
出版年: 2010-10-01
ISBN-10: 1405346906
ISBN-13: 9781405346900


[en] 英語 (US)
タイトル: Explorers: Tales of Endurance and Exploration
著者: DK Publishing
ハードカバー
出版社: Dk Publishing (US)
出版年: 2010-09-20
ISBN-10 : 0756667372
ISBN-13 : 9780756667375
Publisher's page for this book


■英語原書のページ見本(部分)
 Sample page (partial) from the original edition in English
En_freya_stark_large_2
Image source: Amazon.co.uk


■日本語訳 Translation into Japanese

フレイア・スターク
アラビア半島を旅した女性探検家の第一人者
イングランド 1893-1993

F・スタークは旅行作家でありアラビア半島南部の砂漠地帯ハドラマウトを初探検したヨーロッパ女性のひとりである。生まれつき好奇心旺盛で大胆な彼女が行った有名な旅の多くは1930年代になされている。ヨーロッパの女性はもとより男性でもほとんど訪れたことのない地域へ、単身でしばしば出かけた。アラビア語とファルシー語に堪能で、優れた地図製作者でもあった。80歳を過ぎても元気に旅した彼女は、100歳まで生き、20冊以上の旅行本を出版した。[以下略]

   英国王立地理学協会=編 荒俣宏=日本版監修
   『ビジュアル版 世界の探検大百科
   東洋書林 2011-11-30


■英語原文 The original text in English

FREYA STARK
DOYENNE OF WOMEN TRAVELLERS IN ARABIA
ENGLAND 1893-1993

FREYA STARK WAS A TRAVEL WRITER, and one of the first European women to explore the southern Arabian deserts, or Hadhramaut. A naturally curious and intrepid character, her most famous journeys took place in the 1930s, when she often went solo to areas few Europeans, let alone women, had ever been. She spoke fluent Arabic and Farsi, and was a fine cartographer. Over the century of her life, she published more than two dozen books about her travels and was still travelling well into her eighties. [Omission]

   Explorers: Great Tales of Adventure and Endurance
   Edited by the Royal Geographical Society
   Dorling Kindersley, 2010-10-01
   Preview at Amazon.co.uk


■フレイア・スターク——ジェベル・ドルーズにて Freya Stark in Jebel Druze
S0000661
Image source: Royal Geographical Society Picture Library
Image number: S0000661
撮影者 Artist / photographer: 不明 Not known
撮影年 Date: 1928
撮影国 Country: シリア・アラブ共和国 Syrian Arab Republic


■外部リンク External links

 [en] English
   * Royal Geographical Society (with IBG)
   * List of explorers - Wikipedia
   * Freya Stark - Wikipedia (1893-1993)

 [ja] 日本語
   * 探検家 - Wikipedia


■更新履歴 Change log

 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »