« Le Magasin des suicides / The Suicide Shop by Jean Teulé ジャン・トゥーレ 『ようこそ、自殺用品専門店へ』 | Main | This Is Just to Say by William Carlos Williams ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ 「言っておくけど」「ちょっと伝言」「ほんのひとことだけ」「ちょっと聞いて」「ごめんなさい」「ちょっとひと言」「ちょっとね」「これだけは言っとかにゃあ」「ちょっと一筆」 »

Thursday, 26 April 2012

La Parure / The Necklace / The Diamond Necklace, by Guy de Maupassant モーパッサン / モオパッサン / モウパッサン / モウパツサン / モウパンサン 「ネックレス」「首飾り」「首かざり」「くびかざり」「頸かざり」「頚飾」「頸飾」「頸飾り」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  仏テレビ 首飾り (2007) French TV La Parure (2007)
 Video 2  学生製作の課題映画 La Parure by Guy de Maupassant
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 佐藤 2011
  (J2) 山田 2009
  (J3) 高山 2002
  (J4) もき 1997
  (J5) 小佐井 1990
  (J6) 山崎 1975
  (J7) 平田 1974
  (J8) 辻(昶) 1971
  (J9) 宮治 1969
  (J10) 平野 1967, 1971
  (J11) 室井 1963
  (J12) 新庄 1956, 1985, etc.
  (J13) 青柳 1950, etc.
  (J14) 杉 1949, 1954, etc.
  (J15) 平野 1947
  (J16) 青柳 1946
  (J17) 前田 1911, 1933
  (J18) 辻(潤) 1908, 1982, etc.
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
■ロシア語訳 Translation into Russian
■スロヴェニア語訳 Translation into Slovenian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audio 1  英訳朗読 Audiobook in English. Read by Bob Neufeld
 Audio 2  英訳朗読 Audiobook in English. Read by Patti Cunningham
 Audio 3  英訳朗読 Audiobook in English. Read by Alice
■英訳 Translations into English
  (E1) Laurie, 1982, 2006
  (E2) Boyd, 1926
  (E3) McMaster, Henderson, Quesada et al., 1911, 2004, etc.
  (E4) Matthews, 1907
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
 Audio 4  スペイン語訳朗読 Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 5  フランス語原文朗読 Audiobook in French
■フランス語原文 The original text in France
■"Une famille d’employés" の和訳 "Une famille d’employés" in Japanese
■日本語訳の詳しい書誌情報 Bibliography on Japanese translations
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

「ネックレス(首飾り)」は、モーパッサンの短篇のなかでも、とくに有名な作品。下に引用するのは、その冒頭の一文。きびきびとした無駄のない書き出しだ。


 Video 1 
フランスのテレビドラマ モーパッサン・ブラン 首飾り (2007)
French TV episode "Chez Maupassant" La Parure (2007)

監督: クロード・シャブロル 出演: セシル・ドゥ・フランス Uploaded by Bangalafumenga1 on 4 Dec 2011. Chez Maupassant: Season 1, Episode 2. La parure. Directed by Claude Chabrol. Starring Cécile De France.


 Video 4 
学生製作の課題映画(原作の最初の部分のみ)
La Parure (Student film; for the first part of the story only)

Uploaded to YouTube by FreckledNoses on 11 Jul 2009


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

世上的漂亮动人的女子,每每像是由于命运的差错似地,出生在一个小职员的家庭;我们现在要说的这一个正是这样。

   《项链》 莫泊桑
   E-text at 百度知道


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 佐藤 2011
なんの運命のいたずらか、勤め人の家庭に美しく魅力的な娘が生まれたりするものだが、彼女もそんな娘の一人だった。


(J2) 山田 2009
ときおり運命のいたずらでそんなことが起こるものだが、彼女もまちがってしがないサラリーマンの家に生まれてきたとしか思えないような、美しくて魅力的な娘の一人だった。


(J3) 高山 2002
しがない月給とりの家庭などに、運命の神様が間違えたとしか思われないほど美しく、あだっぽい娘が生まれたりするものだ。


(J4) もき 1997
世間には、きれいで愛くるしい娘が庶民の家に生まれるという、運命の手ちがいとしか思えないことがままあるが、彼女もそんなひとりだった。


(J5) 小佐井 1990
運命の間違いによってか、貧しい勤め人の家庭にきれいで魅力のある娘が生れることがある。彼女も、そういった娘たちのひとりで、[以下略]


(J6) 山崎 1975
安月給取りの家庭にも、まるで運命(うんめい)の神が思いちがいをしたみたいに、美しくて魅力(みりょく)のある娘(むすめ)が生まれることがあるものだが、かの女(じょ)はそんな娘(むすめ)のひとりだった。


(J7) 平田 1974
それは、運命のまちがいによって、安サラリーマンの家に生まれたかのような、美しい、かわいらしい女の子であった。


(J8) 辻(昶) 1971
世(よ)の中(なか)には、かわいらしくて美(うつく)しいのに、まるで、運命(うんめい)の神(かみ)のふとしたまちがいから、ごくふつうのつとめ人(にん)の家庭(かてい)に生(う)まれてしまったような娘(むすめ)がいるものだ。彼女(かのじょ)は、そんな娘(むすめ)のひとりだった。


(J9) 宮治 1969
それは、運命の神さまの間違いからとでもいうように、安月給取りの家庭によく生まれる、きれいで人目をひくといった娘たちの一人だった。


(J10) 平野 1967, 1971
それは運命のまちがいで、小役人(こやくにん)の家庭に生まれた……とでも言いたくなるほど、きりょうよしのかわいい娘のひとりであった。


(J11) 室井 1963
運命の手違いのように、きれいで愛くるしい娘が小役人の家に生れたりすることがあるけれども、これもそんな娘の一人であつた。


(J12) 新庄 1956, 1985, etc.
安月給取りの家庭にはよく、運命の神さまのまちがいから生まれたような、きれいで愛くるしい娘さんがいるものだが、彼女もそうした一人だった。


(J13) 青柳 1950, etc.
安月給取りの家庭などに、運命の神さまの誤算から生れたとしか考えられないような、あんがいに垢(あか)ぬけのした美しい娘さんがあるものだが、彼女もその一人だった。


(J14) 杉 1949, 1954, etc.
運命のまちがいからとでも言いたげに、小役人の家庭にきれいなかわいい女の子が生れることがある。そういうきれいな娘の一人だった。


(J15) 平野 1947
世の中には、ときとして、このやうなことがある。うつくしくて、上品な娘が、あたかも、運命の神に、まちがつてきめられでもしたやうに、下級官吏の家庭などに生れるといふやうなことが、よくあるものだ。ところで、かの女もさうした不運な娘の一人であつた。


(J16) 青柳 1946
腰辨程度の家庭に、どうやら運命の神樣の誤算から生れたらしい、案外に垢ぬけのした美しい娘さんなどがあるものだが、彼女もさうした一人であつた。


(J17) 前田 1911, 1933
美(うつく)しい愛嬌(あいけう)のある娘(むすめ)が、どうかするとまはりあはせが惡(わる)くて、中流(ちうりう)の貧(まづ)しい家(いへ)などに生(うま)れるものだが、彼女(かのぢょ)も其(そ)の一人(ひとり)であつた。


(J18) 辻(潤) 1908, 1982
その女というのは男好きのしそうなちょっと見奇麗な娘であった。このような娘は折々運命(なにか)の間違いであまりかんばしくない家庭に生まれてくるものである。


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

Ήταν από εκείνες τις όμορφες και γοητευτικές κοπέλες, που ένα λάθος, θαρρείς, της μοίρας τις έριξε από γεννησιμιού τους σε κάποια μικροαστική οικογένεια.

   Γκυ ντε Μωπασσάν - Το Περιδέραιο
   E-text at Scribd


■ロシア語訳 Translation into Russian

Это была одна из тех изящных и очаровательных девушек, которые, словно по иронии судьбы, рождаются иногда в чиновничьих семействах.

   Ги де Мопассан - Ожерелье
   E-text at Lib.Ru


■スロヴェニア語訳 Translation into Slovenian

Bila je ena izmed onih ljubkih, dražestnih deklic, ki so rojene, kakor po zmoti usode v uradnikovi rodbini.

   Okrasek by Guy de Maupassant
   E-text at štev. 28/ V Ljubljani, v sredo 12. julija I91G.J Leto III. Z gališke fronte ...


■チェコ語訳 Translation into Czech

Byla jednou ze sličných a luzných oněch dívek, zrozených jako nedopatřením osudu v rodině úřadnické.

   Diamantová riviera by Guy de Maupassant
   E-text at Wikizdroje


■ドイツ語訳 Translation into German

Sie war eines jener bildhübschen, reizenden Mädchen, die, wie durch einen Irrtum des Schicksals, in einer kleinen Beamtenfamilie geboren sind.

   Der Schmuck by Guy de Maupassant
   E-text at Projekt Gutenberg-DE


 Audio 1 
英語版のオーディオブック 朗読: ボブ・ニューフェルド
Audiobook of English translation. Read by Bob Neufeld

Uploaded to YouTube by BackToTheArchives on 26 Aug 2012. Audio courtesy of LibriVox. Translation is by (E1) Laurie below.


 Audio 2 
英語版のオーディオブック 朗読: パティ・カニンガム
Audiobook of English translation. Read by Patti Cunningham

Uploaded to YouTube by rt20bg on 5 Aug 2012. Audio courtesy of LibriVox. Translation is by (E1) Laurie below.


 Audio 3 
英語版のオーディオブック 朗読: アリス
Audiobook of English translation. Read by Alice

Uploaded to YouTube by The 16th Cavern on 16 Jan 2013. Audio courtesy of LibriVox. Translation is by (E3) McMaster, Henderson, Quesada et al. below.


■英訳 Translations into English

(E1) Laurie, 1982, 2006
She was one of those pretty and charming girls who are sometimes, as if by a mistake of destiny, born in a family of clerks.

   The Necklace by Guy de Maupassant
   Translated by Marjorie Laurie
   a. Library of the World's Best Mystery and Detective Stories
     Edited by Julian Hawthorne. Dodo Press, 2006
   b. Introduction to Fiction Holt, Rinehart and Winston, 1982
   E-text at Project Gutenberg


(E2) Boyd, 1926
She was one of those pretty and charming girls born, as though fate had blundered over her, into a family of artisans.

   The Necklace by Guy de Maupassant
   Translated by Ernest Boyd
   The novels and tales of Guy de Maupassant, Vol. 9
   New York & London: Alfred A Knopf, 1926
   Preview at Google Books
   E-text at east of the web


(E3) McMaster, Henderson, Quesada et al., 1911, 2004, etc.
The girl was one of those pretty and charming young creatures who sometimes are born, as if by a slip of fate, into a family of clerks.

   The Diamond Necklace by Guy de Maupassant
   a. The Entire Original Maupassant Short Stories
     NuVision Publications, LLC, 2007.
     Preview at Google Books  E-text at Project Gutenberg
   b. Original Short Stories, Part 4 by Guy de Maupassant
     Kessinger Publishing, 2004.
     Preview at Google Books  E-text at Project Gutenberg
   c. The Works of Guy de Maupassant Vol. 5
     Translated by Albert M. Cohn McMaster, A. E. Henderson,
     Louise Charlotte Garstin Quesada and others
     Classic Publishing Company, 1911. Snippet view at Google Books


(E4) Matthews, 1907
She was one of those pretty and charming girls, born by a blunder of destiny in a family of employees.

   The Necklace by Guy de Maupassant
   The Short-story: Specimens Illustrating Its Development
   by Brander Matthews
   New York : American Book Company, 1907
   Scanned book at The Internet Archive


■イタリア語訳 Translation into Italian

E 'stata una di quelle belle e affascinanti ragazze nati, come un errore del destino, in una famiglia di lavoratori.

   L'ornamento by Maupassant
   E-text at Yahoo! Answers


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Era uma dessas lindas e encantadoras jovens, nascidas, como por um erro do destino, numa família de empregados.

   O Colar by Guy de Maupassant
   E-text at Universidade Federal do Rio Grande do Sul (UFRGS)


 Audio 4 
スペイン語訳朗読 Audiobook in Spanish

Uploaded to YouTube by Un Perrito Dijo on 1 Jan 2015


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Era una de esas hermosas y encantadoras criaturas nacidas como por un error del destino en una familia de empleados.

   El collar by Guy de Maupassant
   E-text at:
   * LiteraturaClasica.com
   * Ciudad Seva


 Audio 5 
フランス語原文朗読 Audiobook in French

Uploaded to YouTube by Audiolude on 25 Mar 2014. More info at Audiolivres.info


■フランス語原文 The original text in France

C’était une de ces jolies et charmantes filles, nées, comme par une erreur du destin, dans une famille d’employés.

   La Parure by Guy de Maupassant
   Contes du jour et de la nuit, C. Marpon et E. Flammarion, 1885
   E-text at Wikisource


■"Une famille d’employés" の日本語訳 "Une famille d’employés" translated into Japanese

  あまりかんばしくない家庭   辻(潤) 1908, 1982
  ごくふつうのつとめ人の家庭  辻(昶) 1971
  しがないサラリーマンの家   山田 2009
  しがない月給とりの家庭    高山 2002
  下級官吏の家庭        平野 1947
  中流の貧しい家        前田 1911, 1933
  勤め人の家庭         佐藤 2011
  安サラリーマンの家      平田 1974
  安月給取りの家庭       山崎 1975
  安月給取りの家庭       宮治 1969
  安月給取りの家庭       新庄 1956, 1985, etc.
  安月給取りの家庭       青柳 1950, etc.
  小役人の家          室井 1963
  小役人の家庭         平野 1967, 1971
  小役人の家庭         杉 1949, 1954, etc.
  庶民の家           もき 1997
  腰辨程度の家庭        青柳 1946
  貧しい勤め人の家庭      小佐井 1990


■日本語訳の詳しい書誌情報 Bibliography on Japanese translations

 (J1) 佐藤 2011

  1. 「首飾り」 モーパッサン=原著 佐藤若菜=著 『フランス語で読むモーパッサン 対訳 ジュールおじさん・首飾り・シモンのパパ』 NHK出版 2011-12-15

 (J2) 山田 2009

  1. 「首飾り」 モーパッサン=著 山田登世子=編訳 『モーパッサン短篇集』 ちくま文庫 2009-10-10

 (J3) 高山 2002

  1. 「首飾り」 モーパッサン=著 高山鉄男=編訳 『モーパッサン短篇選』 岩波文庫 2002-08-20

 (J4) もき 1997

  1. ネックレス』 ギィ・ド・モーパッサン=原作 ゲーリー・ケリー=絵 もきかずこ=訳 西村書店 1997-12-01

 (J5) 小佐井 1990

  1. 「首飾り」 モーパッサン=著 小佐井伸二=訳 『集英社ギャラリー<世界の文学> 7 フランス』 集英社 1990-04-25

 (J6) 山崎 1975

  1. 「首かざり」 モーパッサン=作 山崎庸一郎(やまざき・よういちろう)=訳 『ジュニア版世界の文学 23』 集英社 1975-08

 (J7) 平田 1974

  1. 「くびかざり」 モーパッサン=著 『世界文学全集 56』 講談社 1974-09-18

 (J8) 辻(昶) 1971

  1. 「首(くび)かざり」 辻昶(つじ・とおる)=訳 『ジュールおじさん・首かざり』 少年少女名作選 22 偕成社 1971

(J9) 宮治 1969

  1. 「首飾り」 宮治弘之=訳 『デュエット版・世界文学全集40』 集英社 1969-10-10

(J10) 平野 1967, 1971

  1. 「くび飾(かざ)り」 平野威馬雄(ひらの・いまお)=訳 『くび飾り・メニュエット 他十一編』 旺文社文庫 特装版 1971
  2. 「くび飾り」 平野威馬雄=訳 『くび飾り・メニュエット 他十一編』 旺文社文庫 1967-07-20

  引用は 2. に拠りました。

(J11) 室井 1963

  1. 「くびかざり」 モーパッサン=著 室井庸一=訳 『世界短篇文学全集 6 フランス文学/19世紀』 集英社 1963-01-19

(J12) 新庄 1956, 1985, etc.

  1. 「首飾り」 モーパッサン=作 新庄嘉章=訳 『齋藤孝のイッキによめる! 名作選 小学6年生』 齋藤孝=編 講談社 2005-07
  2. 「首飾り」 モーパッサン=著 新庄嘉章=訳 『首飾り』 集団読書テキスト B45 全国学校図書館協議会 1985-04
  3. 「くびかざり」 モーパッサン=著 新庄嘉章=訳 『少年少女のための世界文学宝玉集(上)』 宝文館 1956

(J13) 青柳 1950, 1968

  1. 「頸かざり」 モーパッサン=著 青柳瑞穂=訳 『二人の友・頸かざり』 新学社 1968 (新学社文庫)
  2. 「頸かざり」 モオパッサン=著 青柳瑞穂=訳 『モオパッサン短篇集』 大日本雄弁会講談社 1950-06-10

(J14) 杉 1949, 1954, etc.

  1. 「くびかざり」 モーパッサン=著 杉捷夫=訳 『ちくま文学の森 6 思いがけない話』 筑摩書房 1988-03
  2. 「くびかざり」 モーパッサン=著 杉捷夫=訳 『河出世界文学大系 35』 河出書房新社 1980-11
  3. 「くびかざり」 モーパッサン=著 杉捷夫=訳 『筑摩世界文学大系 47』 筑摩書房 1976
  4. 「くびかざり」 モーパッサン=著 杉捷夫=訳 『近代世界文学 19』 筑摩書房 1975
  5. 「くびかざり」 モーパッサン=著 杉捷夫=訳 『世界文学100選 第1』 河出書房新社 1961
  6. 「頸飾り」 モーパッサン=著 杉捷夫=訳 『頸飾り 他十三篇』 角川文庫 1954-06
  7. 「頸飾り」 モーパッサン=著 杉捷夫=訳 『世界文学全集 モーパッサン篇』 河出書房 1949-09-15

(J15) 平野 1946

  1. 「くびかざり」 モウパッサン=著 平野威馬雄=訳 『結婚第一歩—モーパッサン短篇集』 明文社 1946

(J16) 青柳 1946

  1. 「頚飾」 モオパツサン=著 青柳瑞穂=訳 『二人の友 その他』 白桃書房 1946-06-08

(J17) 前田 1911, 1933

  1. 「頸飾(くびかざり)」 モウパツサン=著 前田晁(まえだ・あきら)=訳 『頚飾—外七篇 モウパツサン短篇集』 岩波文庫 1933-02-10(昭和8)
  2. 「頸飾」 モウパッサン=著 前田晁=訳 『モウパッサン集 短編十種』 博文館 1911-02(明治44) 全ページのスキャン画像は国立国会図書館 近代デジタルライブラリー にあります。

(J18) 辻(潤) 1908, 1982, etc.

  1. 頸飾り」 ギ・ド・モーパッサン=著 辻潤=訳 もう、夢みたいなことばかり言って!!』 読書がたのしくなる 世界の文学 くもん出版 2014-12-28 
  2. 「頸飾(えりかざ)り」 モウパンサン=著 辻潤=訳 青空文庫 2004-09-26
  3. 「頸飾り」 モウパンサン=著 辻潤=訳 『辻潤全集 第八巻』 五月書房 1982-10-30
  4. 「頸飾り」 モウパンサン=著 辻潤=訳 『実験教育指針』 教育指針社 1908-09(明治41)

  1 くもん出版と 2 青空文庫の底本は、どちらも 3 全集版。初出は 4 教育指針社版。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015-06-13 辻潤=訳の書誌情報を補足しました。
  • 2015-03-09 スペイン語訳朗読とフランス語原文朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2014-11-05 ギリシャ語訳を追加しました。
  • 2013-07-18 McMaster, Henderson, Quesada らによる英訳を追加しました。また、Alice による、もう一種類の英訳朗読の YouTube 画面も追加しました。
  • 2013-06-27 目次を新設し、細部を修正しました。
  • 2013-04-14 ボブ・ニューフェルドによる英訳版オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013-03-05 平野威馬雄=訳 1967-07-20 の訳文を挿入しました。
  • 2012-10-23 ブランダー・マシューズによる英訳を追加しました。
  • 2012-08-29 英語版オーディオブックの YouTube 画面と、もう1種類の英訳を追加しました。
  • 2012-06-09 山崎庸一郎(やまざき・よういちろう)=訳 1975-08 の訳文を挿入しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« Le Magasin des suicides / The Suicide Shop by Jean Teulé ジャン・トゥーレ 『ようこそ、自殺用品専門店へ』 | Main | This Is Just to Say by William Carlos Williams ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ 「言っておくけど」「ちょっと伝言」「ほんのひとことだけ」「ちょっと聞いて」「ごめんなさい」「ちょっとひと言」「ちょっとね」「これだけは言っとかにゃあ」「ちょっと一筆」 »

Comments

運命の悪戯によって雇われ人のもとに生まれついてしまった可憐で魅力的な女性たち、そのうちのひとり。

Posted by: 伊藤龍樹 | Friday, 27 April 2012 01:28 pm

伊藤龍樹さん

「…女性たち、そのうちのひとり」と体言止めになさっているところが、ちょっとひっかかります。その他の箇所は、たいへん結構だと思います。書き込みありがとうございました。

Posted by: tomoki y. | Saturday, 12 May 2012 01:38 am

wonderful post.Never knew this, regards for letting me know.
HTTP://www.KneeNeckBackPain.com/

Posted by: Fulgenzio Siciliano | Thursday, 24 May 2012 07:58 am

tomoki y. 様。

体言止めに係るご指摘、実はわたし自身、二案あって、どちらにするかかなり迷ったのです。原文は、C'était~「これは~であった。」または「~がいた。」で、「これは○○な女性たちのうちのひとりである。」「○○な女性たちのうちのひとりがいた。」というのが直訳となりますが、わたしはこれに満足できずに、「これは~の話である。」と語を足すか、逆にC'étaitを切り捨てて体言止めにするかの二択で迷って後者を取りました。おそらく本の巻頭としては、直訳の形式または前者の方がつながりが良いでしょう。ということで、一度ボツにした方の訳。

これは運命の悪戯によって雇われ人のもとに生まれついてしまった可憐で魅力的な女性たちのうちのひとりの話である。

Posted by: 伊藤龍樹 | Sunday, 27 May 2012 10:23 pm

伊藤龍樹さま

またしてもお返事がたいへん遅くなり申し訳ありません。

欧文の "one of the 〜s" といった言い回しは和訳すると、どうしてもぎごちない表現になりがちですね。先行例にある「……彼女もそうした一人だった」という訳し方は、最良と言えるかどうかはともかく、まずまずマシなほうではないかと、わたしは考えます。

Posted by: tomoki y. | Sunday, 17 June 2012 11:29 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference La Parure / The Necklace / The Diamond Necklace, by Guy de Maupassant モーパッサン / モオパッサン / モウパッサン / モウパツサン / モウパンサン 「ネックレス」「首飾り」「首かざり」「くびかざり」「頸かざり」「頚飾」「頸飾」「頸飾り」:

« Le Magasin des suicides / The Suicide Shop by Jean Teulé ジャン・トゥーレ 『ようこそ、自殺用品専門店へ』 | Main | This Is Just to Say by William Carlos Williams ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ 「言っておくけど」「ちょっと伝言」「ほんのひとことだけ」「ちょっと聞いて」「ごめんなさい」「ちょっとひと言」「ちょっとね」「これだけは言っとかにゃあ」「ちょっと一筆」 »