« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

Tuesday, 31 July 2012

Do You Think You're Clever?: The Oxbridge Questions by John Farndon (2) ジョン・ファーンドン 『あなたは自分を利口だと思いますか? オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題』 (2)

« 1 Do You Think You're Clever? »
« 1 あなたは自分を利口だと思いますか? »

■はじめに Introduction

オックスフォードやケンブリッジに入学するには、利口でなければならない。だが、利口であるとはどういうことか? それは、知識ではない。教養でもない。自分の思考をあらゆる方向に面白くひねり回せるかどうかである。『あなたは自分を利口だと思いますか?』の著者ジョン・ファーンドンは前書きで、そう述べる。


 Video 
The Cleverness Test

Uploaded by BallsofSteeldvd on Feb 4, 2007. Clip from Balls of Steel, a British TV show.


■日本語訳 Translation into Japanese

本書のタイトルは、オックスブリッジの面接問題の一つから「あなたは自分を利口だと思いますか?」としたが、まさに打ってつけだと思う。ここに載せた質問に答えるには利口でなければならない——それも、驚くほどに、面白いほどに、刺激的なほどに、苛つくほどに、ずる賢いほどに、有害なほどに、底知れないほどに、すばらしく利口でなければならない。知識ではない。教養でもない。自分の思考をあらゆる方向に面白くひねり回せるかどうかである。そしてこれは誰にでもできることだ。オックスブリッジへの入学を許可される幸運に恵まれた人だけの特権ではない。利口になる道への最大の障害は、利口ぶることである。

   あなたは自分を利口だと思いますか? 私が思うに……。
   ジョン・ファーンドン=著
   小田島恒志(おだしま・こうし)+小田島則子(おだしま・のりこ)=訳
   『あなたは自分を利口だと思いますか?
   オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題』
   河出書房新社 2011-12-30


■英語原文 The original text in English

We got the title of this book, Do You Think You're Clever?, from one of the Oxbridge questions and it seemed apt. Answering these questions is about being clever – astonishingly, amusingly, stimulatingly, irritatingly, deviously, mischievously, profoundly, brilliantly clever. But that's something that everyone can be. It's not about knowledge. It's not even about education. It's about bending and twisting your thoughts in all kinds of intriguing ways. And that's something everyone can do. It's not the exclusive territory of those lucky enough to gain their place at Oxbridge, either. There's no bigger obstacle to genuine cleverness than smugness.

   Do You Think You're Clever? I'm starting to think …
   Do You Think You're Clever?: The Oxbridge Questions
   by John Farndon
   Icon Books, 2009
   Excerpt at Amazon.co.uk
   Preview at Google Books


■外部リンク External links

 [en] English
   * John Farndon: Author and Composer
   * Ideas & Overviews | John Farndon: Author and Composer

 [ja] 日本語
   * hide-3rdave - 『あなたは自分を利口だと思いますか?』


■更新履歴 Change log


« 1 Do You Think You're Clever? »
« 1 あなたは自分を利口だと思いますか? »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

   

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Monday, 30 July 2012

Do You Think You're Clever?: The Oxbridge Questions by John Farndon (1) ジョン・ファーンドン 『あなたは自分を利口だと思いますか? オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題』 (1)

« Do You Think You're Clever? 2 »
« あなたは自分を利口だと思いますか? 2 »

■はじめに Introduction

イギリスの名門大学は、本当に賢い学生をどうやって見つけるか? 入試面接官が出した難問奇問と、著者が提案する解答例を収めた本。さて、本当に賢いとは、どういう意味か?


■オックスフォード大学の受験生へ——よくある質問 Oxford FAQs

Uploaded by SimonOxfPhys on Oct 3, 2011


■表紙画像 Book covers

↓ Click to enlarge ↓

ja Ja_9784309205830 tr Tr_zekioldugunudusunuyormusunjohnfa ro Ro_bine_ca_esti_tu_destept

de De_9783868822724 en En_9781848310834

[ja] あなたは自分を利口だと思いますか? オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題 日本語
[tr] Zeki Olduğunu Düşünüyor Musun? Oxford ve Cambridge Mülakat Soruları トルコ語
[ro] Bine că eşti tu deştept! : cea mai scurtă cale de la impostură la valoare ルーマニア語
[de] Halten Sie sich für schlau?: Die berüchtigten Testfragen der englischen Elite-Universitäten ドイツ語
[en] Do You Think You're Clever?: The Oxbridge Questions 英語


■日本語訳 Translation into Japanese

「高層ビルの高さを気圧計を使ってどのように測りますか?」と質問されたときに、偉大なる故クレメント・フロイド(シグムント・フロイトの孫で政治家・作家)は期待されている答えを知りながら、それとはちがう馬鹿馬鹿しい答え——たとえばビルのてっぺんから気圧計を落としてその落下時間を測るとか、ビルの管理人に気圧計を賄賂として渡して高さを教えてもらうとか——をずらずら並べ立てた。もちろん、正しい、そして結局はより興味深い答えは、ビルのてっぺんと下とで気圧を測り、その差から高さを割り出すというものだ。

   あなたは自分を利口だと思いますか? 私が思うに……。
   ジョン・ファーンドン=著
   小田島恒志(おだしま・こうし)+小田島則子(おだしま・のりこ)=訳
   『あなたは自分を利口だと思いますか?
   オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題』
   河出書房新社 2011-12-30


■英語原文 The original text in English

When asked 'How would you use a barometer to measure the height of a tower block?' the late, great Clement Freud, knowing the answer that was expected all along, apparently came up with a brilliantly silly array of alternatives, such as dropping the barometer from the top and timing its fall, offering it as a bribe to the hall porter to get him to tell you the height, and so on. The correct, and ultimately more interesting answer is, of course, that you measure the air pressure at the top and bottom of the building and find the height from the pressure difference.

   Do You Think You're Clever? I'm starting to think …
   Do You Think You're Clever?: The Oxbridge Questions
   by John Farndon
   Icon Books, 2009
   Excerpt at Amazon.co.uk
   Preview at Google Books


■外部リンク External links

 [en] English
   * John Farndon: Author and Composer
   * Ideas & Overviews | John Farndon: Author and Composer

 [ja] 日本語
   * hide-3rdave - 『あなたは自分を利口だと思いますか?』


■更新履歴 Change log

2012-12-01 ルーマニア語版の表紙画像を追加しました。
2012-09-27 トルコ語版とドイツ語版の表紙画像を追加しました。


 

« Do You Think You're Clever? 2 »
« あなたは自分を利口だと思いますか? 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

   

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Tuesday, 17 July 2012

Taking Off Emily Dickinson's Clothes by Billy Collins ビリー・コリンズ 「エミリー・ディキンスンの着衣を剥ぐ」

■はじめに Introduction

詩人エミリー・ディキンスンは生涯処女だったのか? 不倫疑惑があるというが本当か? 彼女の実人生、とくに恋愛体験は謎に包まれている。後世の俗人たちのあいだで詮索は尽きない。

アメリカの桂冠詩人ビリー・コリンズは、彼の作品のなかでエミリーとセックスするという離れ業を演じることによって、この問題に決着をつけた(笑)。下に引用するとおり、エミリーの作品からそのまま引いてきた詩句も織り込まれている。ユーモラスでユニークでクリエイティブな一篇。


 Video 1 
英語原詩—Pearls of Wisdom による朗読
Pearls of Wisdom presents Taking Off Emily Dickinson's Clothes

Published on Aug 14, 2012 by PearlsofWisdom


 Video 2 
英語原詩—トム・オベドラムによる朗読
Tom O'Bedlam (SpokenVerse) reads Taking Off Emily Dickinson's Clothes

Uploaded by SpokenVerse on Feb 7, 2009


■日本語訳 Translation into Japanese

まず絹のチュールの肩掛けをはずす
肩から持ち上げ 木のイスの
背もたれにかけておく

次にボンネット
軽く前にひっぱるとリボンは解ける

[略]

聞きたいでしょ
その人が立っている場所を
二階の寝室の開いた窓のあたりかどうかを
身じろぎもせず 少し目を大きく開き
下に見える木立を見つめている
白いドレスが足元に落ちる
幅の広い硬木が敷きつめられた床に

[略]

後々私はこう書いた
夜の闇に向かい白鳥を乗りこなすようだったと
勿論全てを語ることはできない
木立に向かって目を閉じたときの様子や
ピンがはずされ髪の毛が解け落ちた様子
話をしているときの
唐突な盛り上がり方などだ

お話できることは
この日曜日の午後
アマーストは滅茶苦茶静かだったこと
馬車以外にこの家の前を通るものはなく
ハエが窓でたてる羽音も聞こえた

だからコルセットの
一番上のホックを外したとき
その人が息を吸い込む音もはっきり聞こえた

全部外れたときの溜息も
それは読者が発する溜息そのもの
希望には羽が生えている
理性は羽目板のようなもの
人生は弾丸が込められた鉄砲で
嫉妬深い一つ目で僕たちを見つめているって読んだときの溜息に

   ビリー・コリンズ=作 小泉純一(こいずみ・じゅんいち)=訳
   「エミリー・ディキンスンの着衣を剥ぐ」
   『エミリーディキンスンの着衣を剥ぐ—ビリー・コリンズ詩選集
   国文社 2005-03-30


 Video 3 
英語原詩—ビリー・コリンズ自身による朗読
Billy Collins himself reads excerpts from Taking Off Emily Dickinson's Clothes

Uploaded by poetictouch2012 on Jan 2, 2012


■英語原文 The original text in English

First, her tippet made of tulle,
easily lifted off her shoulders and laid
on the back of a wooden chair.

And her bonnet,
the bow undone with a light forward pull.

[Omission]

You will want to know
that she was standing
by an open window in an upstairs bedroom,
motionless, a little wide-eyed,
looking out at the orchard below,
the white dress puddled at her feet
on the wide-board, hardwood floor.

[Omission]

Later, I wrote in a notebook
it was like riding a swan into the night,
but, of course, I cannot tell you everything -
the way she closed her eyes to the orchard,
how her hair tumbled free of its pins,
how there were sudden dashes
whenever we spoke.

What I can tell you is
it was terribly quiet in Amherst
that Sabbath afternoon,
nothing but a carriage passing the house,
a fly buzzing in a windowpane.

So I could plainly hear her inhale
when I undid the very top
hook-and-eye fastener of her corset

and I could hear her sigh when finally it was unloosed,
the way some readers sigh when they realize
that Hope has feathers,
that reason is a plank,
that life is a loaded gun
that looks right at you with a yellow eye.

   Taking Off Emily Dickinson's Clothes
   in Picnic, Lightening by Billy Collins
   University of Pittsburgh Press, 1998-03
   Preview at Amazon.com
   E-text at:
   * PoemHunter.com [HTML]
   * PoemHunter.com [PDF]
   * bold poems



 Audio 
ビリー・コリンズをゲストに招いたナショナル・パブリック・ラジオの番組
NPR program: Billy Collins: A Poet's Affection for Emily Dickinson

Billy_collins_on_npr_2

上掲 Video 3 の音源であるNPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)の番組。この番組 Billy Collins: A Poet's Affection for Emily Dickinson を聴くには ここ をクリック。ビリー・コリンズ本人が下の英語原詩(抜粋)を朗読している音声は16:48〜18:02あたりで聞ける。

This radio program is the audio source of the  Video 3  above. To listen to NPR's program, Billy Collins: A Poet's Affection for Emily Dickinson, click here. You can hear the poet himself reading excerpts from his poem shown below around 16:48-18:02.


 Video 4 
ビリー・コリンズ 「日常の中のある光景」
Filmed Feb 2012 • Posted Mar 2012 • TED2012


■外部リンク External links

   * Billy Collins: Online Resources - The Library of Congress
   * Billy Collins - Wikipedia (1941-  )


■更新履歴 Change log

2012-08-15 Pearls of Wisdom による朗読の YouTube 動画を追加しました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »