« May 2013 | Main | July 2013 »

June 2013

Sunday, 30 June 2013

平家物語 卷第一 祇園精舎 The Heike Monogatari, Chapter 1: Gion Shoja / The Tale of the Heike, Chapter 1: The Jetavana Temple

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
  Map 1   祇園精舎のあった場所 Jetavana Monastery
  Map 2   祇園精舎跡付近の現在 The area around the site of Jetavana Monastery
 Video 1  沙羅双樹 Sal trees
■英訳 Translations into English
  (E1) Tyler, 2012
  (E2) Richard, 2009 (?)
  (E3) Woodward (ウッドワード) 2008
  (E4) Watson, 2006
  (E5) McCullough, 1990
  (E6) O'Neill, 1984
  (E7) Kitagawa & Tsuchida, 1975, 北川+ツチダ 1977
  (E8) Sadler, 1918
■英訳の比較 Comparison of translations into English
■フランス語訳 Translations into French
  (F1) Sieffert, 1997
  (F2)
  (F3)
 Image Gallery  表紙画像 Cover photos
■スペイン語訳 Translations into Spanish
  (S1) Tani Moratalla & Lopez de la Llave, 2005
  (S2)
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■イタリア語訳 Translation into Italian
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ロシア語訳 Translation into Russian
 Video 2  英訳抜粋と絵巻物の映像 Excerpts and scroll images
 Video 3  祇園精舎跡の近年の様子 Jetavana Monastery in Savatthi
■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■韓国語訳 Translation into Korean
 Video 4  薩摩琵琶: 蘭杖 Satsumabiwa by Thomas Charles Marshall
 Video 5  薩摩琵琶: 岩佐鶴丈 Satsuma biwa by Iwasa Kakujo
■日本語原文 The original text in Japanese
  (J1) ローマ字転写 Romanized text
  (J2) 宝文館版 1933
 Video 6  朗読 平家物語「祇園精舎」  Reading the "Gion Shoja" Chapter
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

日本人にはなじみぶかい『平家物語』の冒頭部分。その英訳、フランス語訳、ロシア語訳、中国語訳、韓国語訳、日本語原文などを下に引用します。また、歌や朗読や琵琶演奏のビデオなども掲載します。


  Map 1  
祇園精舎のあった場所(インド、シュラーヴァスティー)
Jetavana Monastery (in Shravasti, India)

View Larger Map
祇園精舎(ぎおんしょうじゃ、正式名: 祇樹給孤独園精舎、ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ)は古代インドにあった重要な仏教寺院の名前。 Jetavana was one of the most famous Buddhist monasteries in India.


  Map 2  
祇園精舎跡付近の現在 The area around the site of Jetavana Monastery

View Larger Map
祇園精舎はインド北部、古代コーサラ王国の首都シュラーヴァスティー(舎衛城)の南方、旧市街のすぐ外側にありました。現在のウッタル・プラデーシュ州シュラーヴァスティー県サヘート・マヘート地区に相当します。 The Jetavana Monastery was built just outside the old city of Shravasti, the capital of Kosala, ancient kingdom of northern India. The area is now locally known as Sahet-Mahet in Shravasti district, Uttar Pradesh.


 Video 1 
沙羅双樹(インド、コルカタ) Sal trees in Kolkata or Calcutta

ウィキペディアによれば、日本でふつう「沙羅双樹」あるいは「娑羅双樹」と呼んでいる木は、じつはツバキ科の落葉高木ナツツバキであって、フタバガキ科の常緑高木である本来の沙羅双樹とは別の種だそうです。 Uploaded to YouTube by indiavideodotorg on 17 Nov 2009.


■英訳 Translations into English

(E1) Tyler, 2012
The Jetavana Temple bells
ring the passing of all things.
Twinned sal trees, white in full flower,
declare the great man's certain fall.
The arrogant do not long endure:
They are like a dream one night in spring.
The bold and brave perish in the end:
They are as dust before the wind.


(E2) Richard, 2009 (?)
The pealing of the bells of the Jetavana temple ring with the sound of the impermanence of all material things. The color of the paired Sala trees gives witness to the truth that all who flourish must necessarily perish. Those who flaunt their pleasures are not long for the world; they are as brief as the dream of a Spring night. And the brave ones are vanquished in the end; they are merely as specks of dust before the wind.


(E3) Woodward (ウッドワード) 2008
The sound of bells echoes through the monastery at Gion Shoja, telling all who hear it that nothing is permanent. The flowers of the sala trees show that all that flourishes must fade. Proud men, powerful men will fall, like dreams on a spring night, like dust before the wind.

  • Prologue: The Bells
    The Tale of the Heike, Vol. 1 (2 vols) by Benjamin Woodward. The Japan Times, 2008. This edition is not a complete translation. With audio CD. Table of contents and sample pages at Amazon.co.jp

  • ベンジャミン・ウッドワード=編 『英語で読む 平家物語(上)』(全2巻) ジャパンタイムズ 2008 完訳ではなく、一部の章だけの抄訳。英語学習者向けと思われる平易な英語に訳されている。朗読CD付き。目次やサンプルページはAmazon.co.jp なか見! 検索で見られる。

(E4) Watson, 2006
The bells of the Gion monastery in India echo with the warning that all things are impermanent. The blossoms of the sala trees teach us through their hues that what flourishes must fade. The proud do not prevail for long but vanish like a spring night's dream. In time the mighty, too, succumb: all are dust before the wind.

  • Book One. The Bells of Gion Monastery (1:1).
    The Tale of the Heike. Translated by Burton Watson. Edited, with an Introduction, by Haruo Shirane. Foreword by Edward G. Seidensticker. Columbia University Press, 2006.
  • Preview at Google Books

(E5) McCullough, 1990
The sound of the Gion Shōja bells echoes the impermanence of all things; the color of the śãla flowers reveals the truth that the prosperous must decline. The proud do not endure, they are like a dream on a spring night; the mighty fall at last, they are as dust before the wind.


(E6) O'Neill, 1984
The knell of the bells at the Gion temple
Echoes the impermanence of all things.
The colour of the flowers on its double-trunked tree
Reveals the truth that to flourish is to fall.
He who is proud is not so for long,
Like a passing dream on a night in spring.
He who is brave is finally destroyed,
To be no more than dust before the wind.


(E7) Kitagawa & Tsuchida, 1975, 北川+ツチダ 1977
The bell of the Gion Temple tolls into every man's heart to warn him that all is vanity and evanescence. The faded flowers of the sala trees by the Buddha's deathbed bear witness to the truth that all who flourish are destined to decay. Yes, pride must have its fall, for it is as unsubstantial as a dream on a spring night. The brave and violent man—he too must die away in the end, like a whirl of dust in the wind.


(E8) Sadler, 1918
The sound of the bell of Gionshoja echoes the impermanence of all things. The hue of the flowers of the teak tree declares that they who flourish must be brought low. Yea, the proud ones are but for a moment, like an evening dream in springtime. The mighty are destroyed at the last, they are but as the dust before the wind.

  • Volume 1. Chapter I. Gion Shoja.
    The Heike Monogatari. Translated by Arthur Lindsay Sadler (A. L. Sadler). Transactions of The Asiatic Society of Japan, Vol XlVI.-Part II, 1918. The Asiatic Society of Japan, Keiogijiku, Mita, Tōkyō.
  • E-text at University of Oregon Libraries [PDF]

■英訳の比較 Comparison of translations into English

 「諸行無常の響あり」
   (E1) ring the passing of all things
   (E2) ring with the sound of the impermanence of all material things
   (E3) telling all who hear it that nothing is permanent
   (E4) echo with the warning that all things are impermanent
   (E5) echoes the impermanence of all things
   (E6) echoes the impermanence of all things
   (E7) tolls into every man's heart to warn him that all is vanity and
      evanescence
   (E8) echoes the impermanence of all things

 「盛者必衰のことわりをあらはす」
   (E1) declare the great man's certain fall
   (E2) gives witness to the truth that all who flourish must necessarily perish
   (E3) show that all that flourishes must fade
   (E4) teach us through their hues that what flourishes must fade
   (E5) reveals the truth that the prosperous must decline
   (E6) reveals the truth that to flourish is to fall
   (E7) bear witness to the truth that all who flourish are destined to decay
   (E8) declares that they who flourish must be brought low


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Sieffert, 1997
Du monastère de Gion le son de la cloche,
de l’impermanence de toutes choses est la résonance.
Des arbres shara la couleur des fleurs démontre
que tout ce qui prospère nécessairement déchoit.
L’orgueilleux certes ne dure,
tout juste pareil au songe d’une nuit de printemps.
L’homme valeureux de même finit par s’écrouler
ni plus ni moins que poussière au vent.


(F2)
Le son des cloches au temple de Gion
Echos de la fragilité des choses
La couleur des fleurs sur les arbres à double tronc
Révèlent que pour s'épanouir il faut tomber
Celui qui est fier ne l'est pas pour longtemps
Comme un rêve qui passe un soir de printemps
Celui qui est courageux est finalement détruit
Pour être rien de plus que la poussière dans le vent


(F3) [部分 Fragment]
Au temple de Gion-Shôja,
Le son de la cloche,
Reflétant la résonance de l’impermanence de toute vie.
La couleur de la fleur Sara-Sôju,
Evoque le déclin inéluctable de la vie humaine.
La fierté appelle l’échec.
Durant une nuit de printemps,
Semblable à un rêve


 Image Gallery 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

E1 En_tyler_the_tale_of_the_heike_9780 E2 En_woodward_9784789012836 E3 En_watson_shirane_9780231138024

E4 En_mccullough_9780804718035 E6 Ja_kitagawa_tsuchida_9780860081289 F1 Fr_le_dit_des_heike__9782716903080

S1 Es_heikemonogatari_9788424935924 cs Cs_pribeh_rodu_taira_mlada_fronta ru Ru_

zh Zh_simp_9787500107910 ko Ko___9788932017457 ja Ja_shintaikei_heike_9784002400440


■スペイン語訳 Translations into Spanish

(S1) Tani Moratalla & Lopez de la Llave, 2005
En el sonido de la campana del monasterio de Gion resuena la caducidad de todas las cosas. En el color siempre cambiante del arbusto de shara se recuerda la ley terrenal de que toda gloria encuentra su fin. Como el sueño de una noche de primavera, así de fugaz es el poder del orgulloso. Como el polvo que dispersa el viento, así los fuertes desaparecen de la faz de la tierra.


(S2)
El sonido de las campanas del templo de Gion es eco de la impermanencia de todas las cosas. Las pálidas tonalidades de la flor de sarasóyu muestran la verdad de que aquellos que prosperan han de caer. Los orgullosos no duran mucho, sino que se desvanecen como el sueño de una noche primaveral. También los poderosos perecen al final, como partículas de polvo arrastradas por el viento.


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

En el so de les campanes del monestir de Gion ressona la caducitat de totes les coses. En el color sempre canviant de l'arbust de shara es recorda la llei terrenal que tota glòria troba la seva fi. Com el somni d'una nit de primavera, així de fugaç és el poder de l'orgullós. Com la pols que dispersa el vent, així els forts desapareixen de la capa de la terra.


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

O som dos sinos Gion Shōja ecoa a impermanência de todas as coisas; a cor das flores do sāla revela a verdade de que os prósperos deverão declinar. O orgulho não endurece, é como um sonho em uma noite de primavera; os poderosos caem no final, são como poeira perante o vento.

  • Heike Monogatari (O Conto dos Heike)
  • Excerpt at Wikipédia

■イタリア語訳 Translation into Italian

La voce della campana di Gion rappresenta l'eco dell'impermanenza di tutte le cose. Il colore dei fiori dei due alberi di Shala esprime l'ammonimento secondo cui le persone influenti ineluttabilmente cadono. Anche gli arroganti, prima che passi molto tempo, somiglieranno a sogni in una notte di primavera. Anche i coraggiosi spariranno in tutto simili a polvere di fronte al vento.

  • Heike Monogatari (I racconti della famiglia Taira)
  • Excerpt at Wikipedia

■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Ljudet från Gion-templets klocka ger ett eko av obeständigheten av alla ting. De vita blommorna på teakträden med sina tvenne stammar avslöjar sanningen att de som vinner framgång måste dö. Den stolte blir inte långlivad utan försvinner som drömmen en vårnatt och även den mäktige förgås till sist som stoft för vinden.


■チェコ語訳 Translation into Czech

Hlasy hran chrámu
v háji prince Dźéty
zpívají o prchavosti bytí.
Barva květů v korunách sálových stromů
připomíná pravdu o pýše a zmaru.
Kdo se vzepjal,
záhy zase klesne -
pomine kratičký sen jarní noci.
Kdo holduje moci,
neunikne zkáze -
zavíří snítko prachu
v náporu větru ...


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Dźwięk dzwonów świątyni Gion
jest echem nietrwałości wszechrzeczy.
Kolor kwiatów na rozdwojonych pniach
obwieszcza że rozkwit jest zwiastunem upadku.
Ten kto jest dumny nie pozostaje takim na długo
jest jak przemijający sen wiosennej nocy.
Ten kto jest dzielny w końcu zostanie zniszczony
by być niczym więcej niż pył na wietrze.


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

В звъна на камбаните на Гион Шоджа
отеква преходността на всичко.
С багрите си дървото сала разкрива истината,
че процъфтяващите чака ги упадък.
Горделивите не устояват, те са като сън
в пролетна нощ.
Могъщите накрая рухват, те са като прах,
пометен от вятъра.


■ロシア語訳 Translation into Russian

В отзвуке колоколов,
оглашавших пределы Гиона, Бренность деяний земных обрела непреложность закона. Разом поблекла листва на деревьях сяра в час успенья -- Неотвратимо грядет увяданье, сменяя цветенье. Так же недолог был век закосневших во зле и гордыне -- Снам быстротечных ночей уподобились многие ныне. Сколько могучих владык, беспощадных, не ведавших страха, Ныне ушло без следа -- горстка ветром влекомого праха!

  • Повесть о Доме Тайра. Свиток Первый. 1 Храм Гион
  • © Copyright Юкинага Размещен: 2005-08-28, изменен : 2009-02-17
  • E-text at Lib.ru (samlib.ru)

 Video 2 
平家物語 - 英訳抜粋と絵巻物の映像
Heike Monogatari (The Tale of Heike) - Excerpts and scroll images

Uploaded to YouTube by YoukouYuri on 11 Mar 2009. Music by Shiro Sagisu. According to YoukouYuri, this moving image has been published in Widescreen High Definition DVD.


 Video 3 
祇園精舎跡の近年の様子 Jetavana Monastery in Savatthi

祇園精舎は釈迦が説法を行った場所のひとつです。 Uploaded to YouTube by isharak on 9 Feb 2009.


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

祇园精舍的钟磬,
敲出人生无常的响声;
娑罗双树的花色,
显示盛极必衰的道理。
骄奢者不久长,
犹似春梦;
强梁者必消逝,
恰如轻尘。

  • 平家物语》 译者: 周启明(周作人) / 申非 日本文学丛书 人民文学出版社 1984
  • 周作人应北京中国人民文学出版社委约翻译‘平家物语’,未完成即弃世于文革中,成为他最后一部译作,人文社后请申非接续译完全书,改革开放后出版
  • 周作人は作家 魯迅(本名: 周樹人)の弟。日本語、古典ギリシャ語、英語に通じていました。周は北京の人民文学出版社からの委託で『平家物語』の中国語訳に取りかかりましたが、道なかばで文化大革命のさなかに急死。彼の最後の訳業は未完のまま終わりました。人民文学出版社は申非に残り部分の翻訳を依頼し、完成した訳書は文革後の改革開放の時代になってから出版されました。
  • Excerpt at 维基百科 (Wikipedia)
  • Quoted in 泽尻绘里香的个人空间

■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

祗園精舍鐘聲響,
訴說世事本無常;
娑羅雙樹花失色,
盛者轉衰如滄桑。
驕奢淫逸不長久,
恰如春夜夢一場;
強梁霸道終覆滅,
好似風中塵土揚。


■韓国語訳 Translation into Korean

기원정사 (祈園精舍) 의 종소리 제행무상의 울림 있으니 사라쌍수의 꽃의 빛깔 성한 자 필히 쇠한다는 이치를 드러낸다 교만한 자도 오래가지 못하고 단지 봄날 밤의 꿈과 같으며 강한 자도 마침내는 멸망하니 오로지 바람 앞의 티끌과 같도다

  • 헤이케 이야기 헤이케 이야기 권 제1
  • Excerpt at 위키백과 (Wikipedia)

 Video 4 
アイルランド人 蘭杖氏による薩摩琵琶の演奏
Thomas Charles Marshall on Satsumabiwa

ケンブリッジ大卒のアイルランド人男性 蘭杖 (Thomas Charles Marshall) 氏による薩摩琵琶の演奏。「祇園精舎の鐘の声」が聞こえるのは 2:03 あたりから。関連記事: 現代の風景  随想・吉祥寺の森から 2008-08-24。 Uploaded to YouTube by The Japan Times on 27 Jun 2008. "The Gion Shoja" chant starts around 2:03. Related article at The Japan Times 29 Jun 2008.


 Video 5 
平家物語 祇園精舎 - 薩摩琵琶演奏: 岩佐鶴丈(いわさ・かくじょう)
The Heike Monogatari, Gion Shoja - Satsuma biwa performed by Iwasa Kakujo

「第十四回 平家物語の夕べ」より。2006年10月1日、東京・紀尾井ホールにて収録。出演: 岩佐鶴丈、平井真軌、田原アルノ 主催: NPO法人 原典「平家物語」を聴く会 Uploaded to YouTube by heikekikukai on 29 Apr 2012.


■日本語原文 The original text in Japanese

(J1) ローマ字転写 Romanized text
Gion Shoja no kane no koe,
Shogyo mujo no hibiki ari ;
Sharasoju no hana no iro,
Shosha hissui no kotowari wo arawasu.
Ogoreru mono hisashikarazu,
Tada haru no yo
no yume no gotoshi ;
Takeki hito mo tsui ni wa horobinu,
Hitoe ni kaze no mae no chiri ni onaji.

  • Page 8, The Heike Monogatari. Translated by Sadler. Transactions of The Asiatic Society of Japan, Vol XlVI.-Part II, 1918. The Asiatic Society of Japan, Keiogijiku, Mita, Tōkyō.
  • E-text at University of Oregon Libraries  [PDF]

(J2) 宝文館版 1933
祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響あり。娑羅雙樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。


 Video 6 
朗読 平家物語「祇園精舎」  Reading the "Gion Shoja" Chapter

Uploaded to YouTube by MAAMYU21 on 29 Apr 2012. Commentary on Mikio Akamine's Web Page


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-10-12 カタルーニャ語訳とスウェーデン語訳を追加しました。
  • 2014-10-03 Kenneth L. Richard による英訳を追加し、「英訳の比較」の項を新設しました。
  • 2013-07-18 René Sieffert によるフランス語訳、ポーランド語訳、およびブルガリア語訳を追加しました。また、表紙画像ギャラリーを新設しました。
  • 2013-07-04 Rumi Tani Moratalla と Rubio López de la Llave によるスペイン語訳を追加しました。
  • 2013-07-03 Patrick Geoffrey O'Neill による英訳、2種類のフランス語訳、スペイン語訳、ポルトガル語訳、イタリア語訳、チェコ語訳、ロシア語訳、および韓国語訳を追加しました。
  • 2013-06-30 目次を新設し、ベンジャミン・ウッドワードによる英訳を追加し、周作人による中国語訳についての書誌情報を補足しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Saturday, 15 June 2013

How pleasant to know Mr Lear by Edward Lear エドワード・リア 「リアさんって人、とっても愉快!」「リアさんて会うといいお方!」「リアさんって、お会いして楽しいかた!」

■はじめに Introduction

ノンセンス詩の大家エドワード・リア  (1812-1888) が自己を戯画化してうたった詩。


 Image 
エドワード・リア73.5歳と彼の猫フォス16歳。エドワード・リアによるリトグラフ。
Edward Lear aged 73 and a half and his cat Foss aged 16. A lithograph by Edward Lear.
73andahalf_2
Image source: Feeling My Age


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 柳瀬 2012
「リアさんって人、とっても愉快(ゆかい)!」
 世に送った珍作(ちんさく)かずかず
世間(せけん)の思うに短気な変人 つきあい厄介(やっかい)
 そんな噂(うわさ)は少数読者の耳に届(とど)かず

頭は堅(かた)くて四角四面
 鼻は特大おおいに目立つ
いささか醜(みにく)いその顔面
 かつらにも似(に)た顎(あご)ひげ叢立(むらだ)つ

両耳、両目、十本指をちゃんとそなえて
 指折りかぞえる御自(おんみずか)ら
昔むかしは五指(ごし)に入る歌手の名を得(え)て
 その声いまや蛻(もぬけ)の殻(から)

[以下略]


(J2) 新倉 2012
リアさんて会うといいお方!
 こんなにくだらぬ本書いて
さぞかしつむじ曲がりかも——
 ところが案外いいお方

頭はいつも具体的(それにたいへん几帳面)
 鼻はハナハダ大きくて
顔はあんまりはえぬほう
 髪はまるでかつらのよう

両目 両耳 指十本
 (そのうち二本は親指で)
むかしは歌手の端くれで
 今はだんまり無口のほう

[以下略]


(J3) 高橋 1977
リアさんって、お会いして楽しいかた!
あんなにたくさんばかばかしいことをお書きになって!
気むずかしいとか変人とかいわれることもあるけれど
なかなか愉快な人という噂もないじゃない。

その精神たるや具体的で几帳面
その鼻たるやおそろしく巨大
その顔立ちはかなり醜悪
その髭は(ひげ)は鬘(かつら)にそっくり

耳がある、目も二つ、指は十本
少なくとも親指も数に入れればそういうこと
昔はウグイス鳴かせたこともある
いまは唄を忘れただんまりガラス……

[以下略]

  • 高橋康成(たかはし・やすなり)=著 『ノンセンス大全』 晶文社 1977-01-10

■英語原文 The original text in English

"How pleasant to know Mr Lear!"
  Who has written such volumes of stuff!
Some think him ill-tempered and queer,
  But a few think him pleasant enough.

His mind is concrete and fastidious,
  His nose is remarkably big;
His visage is more or less hideous,
  His beard it resembles a wig.

He has ears, and two eyes, and ten fingers,
  Leastways if you reckon two thumbs;
Long ago he was one of the singers,
  But now he is one of the dumbs.

[Omission]

   How pleasant to know Mr Lear in Nonsense Books by Edward Lear
   E-text at:


 Video 
エドワード・リアの生涯 The Life of Edward Lear

Uploaded to YouTube by Mark Warner on 22 Mar 2013.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2013-06-16 原書に関する書誌情報を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Thursday, 13 June 2013

吉川英治 『新・平家物語』 The Heike Story: A Modern Translation of the Classic Tale of Love and War by Eiji Yoshikawa

■はじめに Introduction

『新・平家物語』は吉川英治の戦後の代表作で、歴史小説の長編大作。1950年から1957年まで「週刊朝日」に連載された。書籍版は1951年以後、順次朝日新聞社から出版された。溝口健二監督が映画化した作品は1955年に公開された。


  Film  
新・平家物語 (1955) Taira Clan Saga (1955) 1/7

監督: 溝口健二 出演: 市川雷蔵(平清盛)、久我美子(時子) Uploaded to YouTube by PREACHER248 on 19 Feb 2011. Original title: Shin heike monogatari. Also known as: Tales of the Taira Clan, Legend of the Taira Clan, The Taira Clan. Based on the novel by Eiji Yoshikawa. Directed by Kenji Mizoguchi. Starring Raizo Ichikawa (as Taira no Kiyomori), Yoshiko Kuga (as Tokiko).


 Film & Novel 

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

fr Fr_la_chronique_des_heike en En_yoshikawa_9780804833189 ja Ja_yoshikawa_b009gaikdy
La Chronique des Heiké     The Heiké Story         新・平家物語 


■英訳 Translation into English

   In the ashes on the hearth Saigyo traced and retraced the word, "pity." He had yet to learn to accept life with all its good and evils, to love life in all its manifestations by becoming one with nature. And for this he had abandoned home, wife, and child in that city of conflict. He had fled to save his own life, not for any grandiose dream of redeeming mankind; neither had he taken vows with the thoughts of chanting sutras to Buddha; nor did he aspire to brocaded ranks of the high prelates. Only by surrendering to nature could he best cherish his own life, learn how man should live, and therein find peace. And if any priest accused him of taking the vows out of self-love, not to purify the world and bring salvation to men, Saigyo was ready to admit that these charges were true and that he deserved to be reviled and spat upon as a false priest. Yet, if driven to answer for himself, he was prepared to declare that he who had not learned to love his own life could not love mankind, and that what he sought now was to love that life which was his. Gifts he had none to preach salvation or the precepts of Buddha; all that he asked was to be left to exist as humbly as the butterflies and the birds.


■日本語原文 The original text in Japanese

 西行は、灰の上に、あわれ、あわれ、と幾つも書いた。
 自分は、人間のままに、人間の旅を。——果てなく、人間のぼろとあわれを引きずって、ただ、生命(いのち)のみを、愛そうと思う。
 生命をよく持たんには、素直な、自然の子となるに如(し)くはない。家は、闘争のちまたにある。妻子の家も捨てなければそれに徹(てつ)しえない。
 といって、自分の出家は、自分のためであって、世のためなどの大願ではない。いわんや、法燈の殿堂にはいって、大釈迦牟尼(だいしやかむに)の寵(ちよう)をとなえ、金襴(きんらん)の僧位を望むのではもとよりない。
 ただ、この一命の、いとしさに、人間いかに生くべきやを、自然に習(まな)び、自然を友に、天命のまにまに生を楽しもうと思うのみの出家である。
 もし、世の理屈ずきな法師どもがあって。——借問(しやくもん)す、出家の道は、世を浄(きよ)め、人を救うにこそあるなれ、なんじ、ただ一身のための、世過ぎと、わがままをなさんがゆえに、法衣を仮(か)るは、似而非(えせ)出離(しゆつり)ならずや、言語道断の偽(にせ)坊主よ。——と誹(そし)る者があれば、西行は、甘んじて、その唾(つば)をもうけるであろう。そして、なお責められるなら、ついにこういう一語をもって、それに答えるしかないのである。
(——まことに、仏の教えと、僧侶(そうりよ)の道とは、仰っしゃるとおりにちがいありません。……けれど、まず、自分の生命をすら、ほんとに、愛することを知らない者が、どうして、他の衆(しゆう)の生命を、愛することができましょう。——ですから、わたくしはまず、自分の生命を、愛することから、修行してゆこうとする青道心(あおどうしん)にすぎませぬ。衆生を助けるなどの仏知も、神異の才も、わたくしには、持ち合わしておりません。——ですから、世間のお邪(さまた)げにはならないように、ほそぼそ、生かしていただいてまいります。蝶(ちよう)か、小鳥でも、いるものとして、どうか、眼においかりをふくまないで、お見のがしおきくださいませ——)


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■DVD

■和書 Books in Japanese


  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, 12 June 2013

The Book of Time: The Secrets of Time, How It Works and How We Measure It by Adam Hart-Davis アダム・ハート=デイヴィス 『時間の図鑑』

■はじめに Introduction

著者アダム・ハート=デイヴィスは多才な人。科学者・作家・写真家・歴史家・テレビキャスターなどとして活躍する。本書『時間の図鑑』で、彼は時間に関する人類の太古以来の考察を、たくさんの美しい図版を交えながら紹介する。

 

 Video 
ロンドンの王立協会で時間について講演するアダム・ハート=デイヴィス
Adam Hart-Davis talks about Time at the Royal Institution, London

古代インドの標準的な水時計はガーティと呼ばれる。いちばん簡単な形のガーティは真ん中に小さな穴をあけた二つ割りのココナッツの殻で、水を満たした鉢にそれを浮かべる。穴から水がゆっくりと入ってきて、やがて殻は水中に沈む。インドの寺院で僧侶たちが使っていたのは、ココナッツの殻ではなく、直径20cmほどの見事な彫刻をほどこした銅のガーティで、きっかり24分で沈むようになっていた。つまり、インドでは24分が1時間だった。 1日は24分時の60時間からなり、1分の長さは今と変わらない。——『時間の図鑑』 170ページから引用 Uploaded to YouTube by Dorling Kindersley on 13 Nov 2009.


 Cover photo gallery  表紙画像

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_jikan_9784903487571 tr Tr_zaman_kitab_9786055443627 fi Fi_time_9789512088928

sl Sl_knjigaocasuskrivnosticasakakodel cs Cs_kniha_o_case_9788025506486 de De_zeit_9783863120146

nl Nl_het_verhaal_van_de_tijd_97890595 fr Fr_9782813205063livretemps en En_the_book_of_time_9781554079056

en En_time_9781845335618


■日本語訳 Translation into Japanese

プラトンは、こう主張した——時間は宇宙とともにつくりだされた自立した存在である。あらゆるものが1秒ないし1分ないし100年間動きを止め、変化することのない状態を続けたのち、改めて以前のように動きはじめたとしたら、それに気づく者は誰もいない。しかし、時間そのものは、その間(かん)も進みつづけている。時間とは、事物や事象を入れることのできるからっぽの容器であり、この容器の中でこそ事物・事象は動くことができるのだ。

[中略]

アリストテレスはプラトンの考えに異を唱え、時間とは、星々や水時計を見ても明らかなとおり、変化と運動にかかわるものであり、したがって、万物が動きを止めるようなことがあったら、時間もまた止まると主張した。時間が事象から独立して存在することはない、つまり、変化のない時間は意味がない——とアリストテレスは述べている。

   第1章 時間とはなにか?

  • アダム・ハート=デイヴィス=著 日暮雅通(ひぐらし・まさみち)=監訳 山田和子(やまだ・かずこ)=翻訳協力 『時間の図鑑』 悠書館 2012-09-21

■英語原文 The original text in English

Plato [Omission] asserted that time had been created along with the universe, and has an independent existence. If everything were to freeze and remain unchanged and unmoving for a second, a minute, or a hundred years, and then carry on as before, no one would notice--but time would have moved on. Plato thought of time as an empty container that could be filled with objects and events, and through which they can move.

[Omission]

Aristotle disagreed with Plato, and asserted that time is all about change and movement - obvious in stars and the water-clocks they used - and therefore that if everything were to freeze then time would stop too. Time, he said, does not exist independently of events, which means that time without change is meaningless.

  Chapter 1: What is time?


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Friday, 07 June 2013

My Shadow (from A Child's Garden of Verses) by Robert Louis Stevenson スティーヴンソン / スティーヴンスン (『子どもの詩の園』から)「僕の影」「ぼくの影」「ボクの影」「かげ」「影ぼうし」「ぼくの影ぼうし」「私の影法師」「影法師」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Images   表紙画像 Cover photos
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) まさき 2010
  (J2) 河野 1998
  (J3) よしだ 1998, 2000
  (J4) 吉田 1990, 2014
  (J5) しばさき 1973
  (J6) 齋藤 1948
  (J7) 厨川 1928
  (J8) 安田 1922, 2011
  (J9) 山口 1922
  (J10) 赤星 1912
 Audio 1  A Child's Garden of Verses presented by BackToTheArchives
 Audio 2  My Shadow read by Eva-Marie Quinones
 Audio 3  A Child's Garden of Verses - Dana Seufert
 Audio 4  My shadow narrated by Mollie Arlene
  Video    My Shadow narrated by Alfred Molina - A Poem Is... (TV Series 2011-)
■英語原詩の全文 The complete original poem in English
■詩の邦題の異同 Variations of the poem title translated into Japanese
■詩集邦題の異同 Variations of the book title translated into Japanese
■著者名表記の異同 Variations of the author's name presented in Japanese
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

『宝島』や『ジーキル博士とハイド氏』の作者が子どものために書いた詩のうちの一編。


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Ja_b00jwgu1ru_mouri b. Ja_9784040667591_naito c. 2010_aru_kodomo_no_shi_no_niwa_de

d. Ja_9784786630118_midori_yoshida e. Ja_9784003228517_eibei_doyoshu f. 1991_fuzanbo_sekai_doyoshu

g. 1970_doushin_shishu_3 h. Es_2001_jardn_de_versos_para_nios

i. 98116_1_ftc_dp


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) まさき 2010
ぼくにはちいさな影がある。いつもぼくにくっつきまわり、
なんの役(やく)にたつのかは、ぼくにはちょっと、わからない。
影はぼくにそっくりで、あたまからつまさきまでにてるんだ。
ぼくがベッドに入るとき、影はいつもぼくより先に、
ベッドにもぐりこんじゃうの。

[2連省略]

ある朝 ぼくはとっても早くおきたんだ、お日さまもまだのぼる前、
そとにでて、キンポウゲの花を見てみたら、つゆがキラキラ光ってた。
だのにあのものぐさ影ぼうず、ぼくについてきもせずに、
名うてのねぼすけそこぬけに、ベッドでぐうぐうねてたんだ。

  • ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作 まさき・るりこ(間崎ルリ子)=訳 「ぼくの影」 イーヴ・ガーネット=絵 『ある子どもの詩の庭で』 瑞雲舎 2010/09/09

(J2) 河野 1998
ぼくにくっつき出たり入ったりの小さな影ぼうし
いったいなんの役に立つのか、まるでわからない
足の先から頭のてっぺんまで、まるきりぼくにそっくりで
ぼくがベッドに跳びこむと、ぼくより先に跳びこんじまう

[2連省略]

ある朝 ぼくはお日さまより早起きして
きんぽうげのどの花にもつゆが光っているのを見つけた
ところが 大ねぼすけの影ぼうしときたら
ついてきもしないで ねどこでねていた

  • ロバート・L・スティヴンソン=著 河野一郎=訳 「影ぼうし」 河野一郎=編訳 『対訳 英米童謡集』 岩波文庫 1998/08

(J3) よしだ 1998, 2000
ボクにはボクと一緒(いっしょ)に
出たり入ったりする
影がいる
彼がいったい
なんの役に立つのか
ボクにはよくわからない
頭のてっぺんからつま先まで
何から何までボクに
まったく良く似(に)た彼
それにボクがベッドに飛(と)びこめば
彼もボクの前でジャンプする

[2連省略]

ある朝、とても早く
お日さまが上(のぼ)る前に
ボクが起きてみると
キンポウゲの花がみんな
露(つゆ)で光っているのを見つけた
それなのに
ボクのなまけものの影の奴は
大ねぼすけで
ボクの家のベッドの中で
ぐっすり寝ていて起きてこない

  • ロバート・ルイス・スティーヴンスン=原著 よしだみどり=訳・絵 「ボクの影」
  • 引用は a. 白石書店版 2000/10 に拠りました。

(J4) 吉田 1990, 2014
いつでもぼくについてくる影ぼうしのやつ
おまえは何の役にたつのかな
頭からつま先まで ぼくにそっくりで
ぼくより先に ねどこにとびこんでいく

[2連省略]

ある朝 ぼくはお日さまより早起きして
きんぽうげのどの花にもつゆが光っているのを見つけた
ところが 大ねぼすけの影ぼうしときたら
ついてきもしないで ねどこでねていた

  • スティーヴンスン(スティーヴンソン)=作 吉田映子(よしだ・あきこ)=訳 「ぼくの影ぼうし」
    • ロバート・ルイス・スティーヴンスン=作 ないとうりえこ(内藤里永子)=訳 ターシャ・テューダー=絵 『子どもの詩の園』 株式会社 Kadokawa=発行 メディアファクトリー=編集 2014/06/06
    • ロバート・ルイス・スティーヴンソン=作 内藤里永子=著 『イギリス童謡の星座』 大日本図書 1990/07/17
  • a. は「ないとうりえこ 訳」、b. は「内藤里永子 著」となっています。しかし、a. では大部分の訳が内藤訳であるなかで、例外的に吉田訳の詩が6篇まじっています。「ぼくの影ぼうし」は、そうした例外的な吉田訳のうちの1篇です。いっぽう、b. では、本文はすべて内藤によるもので、訳詩はすべて吉田によるものです。引用は b. 大日本図書 1990 に拠りました。

(J5) しばさき 1973
小ちゃなぼくの かげぼうし
年中ぼくに ついてくる
一体なんに なるんだろ
ぼくにはさっぱり わからない
足の先から 頭まで
ほんとにぼくと そっくりさ
ぼくがベッドに はいるとき
ぼくより早く もぐり込む

[2連省略]

あるときうんと 朝早く
まだ太陽の 出ないうち
起きだしぼくは 庭に出て
お花の上の 露を見た
ところがかげは 怠け者
全くばかの ねぼすけで
ぐっすりベッドで ねむってて
一緒に起きて こないのさ

  • R. L. Stevenson =作 ホセ・しばさき=訳註 「かげ」 『童心詩苑 1』 泰文堂 1973/12

(J6) 齋藤 1948
僕が出入する時に、小さな影がついて來る。
一體何の役に立つんだか、僕にはちつともわからない。
足の先から頭(あたま)まで、僕には全くそつくりで、
僕がお床に飛(と)び込むと、影もやつぱり飛びはねる。

[2連省略]

或朝早く太陽の上らない内に、起きちやつて、
僕は表に出て見たら 金鳳花(きんぽうげ)に露が光つてた。
けれど怠けた影法師(かげぼうし)はお寢坊さんになつちやつて、
家(うち)のお床(とこ)のお蒲團(ふとん)に、グーグーグーグー眠つてた。

  • ロバアト・ルウィズ・スティヴンソン=作 齋藤博(さいとう・ひろし)=譯 「僕の影」 『譯詩集 移植林』 讀書展望社 1948/02/15
  • 上の作者名表記は目次に拠ります。本文ページでの表記は「ロバアト・ルウィズ・スティーヴンソン」。

(J7) 厨川 1928
小さい影、わたしと共に、
出るも這入るもみな共に、
なにの爲かは知らないの、
よくもよく似たわたしの姿。
ねどこに入るとき、わたしの前に、
  とぶはこの影。

[2連省略]

日もまだ出ない、朝早やう、
バタカップの花ごとに、
おく露見んと起きて出る
わたしのうしろ、床のなか、
あたまもあげず眠れるまゝの
  あゝなまけもの。

  • Stevenson =作 My Shadow [訳題なし] 厨川白村(くりやがわ・はくそん)=著 『英詩選釋』(普及版) アルス 定價壹圓 1928(昭和3) 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
  • 姿・起・選の旧字はそれぞれ新字で置き換えました。

(J8) 安田 1922, 2011
なんのためかしらないが
僕の一つの影法師
出るも這入るもみなともに
頭のてつぺん足のさき
本當に克く似た影法師。

僕が寢床へ飛び込めば
矢張り眞似して影法師
前でぴよんぴよん
飛び上る。

[2連省略]

お陽(ひい)さまがまだ出ない、
戸外(そと)を眺めりや
バタアカツプの花ごとに
きらきら露が光つてる

怠けものゝ影法師
いよいよ本性をあらわして
のらくら者がするやうに
家に殘つてたゞ獨り
ぐつすり寢込んでゐるのだらう。

  • ステイブンスン=作 安田裸花(やすだ・らか)=譯 「影法師」
  • a. は b. を複製したもの。引用は a. に拠りました。

(J9) 山口 1922
僕と一所に出入する
僕の小さな影法師、
僕のしらないよい事が
出來ないかしら影法師、
足のさきから頭まで
僕そつくりの影法師、
僕がねどこへとびこむと
僕よりさきにはいつてる。

[2連省略]

ある朝早くお日樣が
お出にならないそのまへに、
起きてみたらキンポーゲに
露の玉が光つてた。
しかし影のなまけ坊、
馬鹿な朝寢の兒のやうに
やつぱりおうちに殘つて
ぐつすり寢床にねいつてた。


(J10) 赤星 1912
いつでも僕に 附き纏ふ、
 小さい影の  おかしさや
頭の先から  踵まで、
 其れは私に  そつくりよ
寢床目がけて 飛び込めば、
 私よりさき  影が入る。

[2連省略]

まだ御日樣の 出ないうち、
 僕は早くも  起き出でて、
露に輝く   花見れど、
 惰けの寢坊の 影君は、
御家に一人  残り居て
 御床の中で  グウグウグウ。


 Audio 1 
A Child's Garden of Verses presented by BackToTheArchives

「ぼくの影」の朗読は 15:44 から始まります。 Uploaded to YouTube by BackToTheArchives on 20 Aug 2013. Reading of "My Shadow" starts at 15:44.


 Audio 2 
My Shadow read by Eva-Marie Quinones

Uploaded to YouTube by rt20bg on 30 Nov 2012. Audio courtesy of LibriVox.


 Audio 3 
A Child's Garden of Verses - Dana Seufert

「ぼくの影」の演奏は 7:48 から始まります。 Uploaded to YouTube by fmpooler on 14 Mar 2012. Performance of "My Shadow" starts at 7:48.


 Audio 4 
My shadow narrated by Mollie Arlene

Uploaded to YouTube by readanaudiobook on 10 Feb 2012


  Video  
My Shadow narrated by Alfred Molina - A Poem Is... (TV Series 2011-)

Uploaded to YouTube by DisneyJuniorAsia on 28 Jul 2011


■英語原詩の全文 The complete original poem in English

I have a little shadow that goes in and out with me,
And what can be the use of him is more than I can see.
He is very, very like me from the heels up to the head;
And I see him jump before me, when I jump into my bed.

The funniest thing about him is the way he likes to grow—
Not at all like proper children, which is always very slow;
For he sometimes shoots up taller like an india-rubber ball,
And he sometimes goes so little that there's none of him at all.

He hasn't got a notion of how children ought to play,
And can only make a fool of me in every sort of way.
He stays so close behind me, he's a coward you can see;
I'd think shame to stick to nursie as that shadow sticks to me!

One morning, very early, before the sun was up,
I rose and found the shining dew on every buttercup;
But my lazy little shadow, like an arrant sleepy-head,
Had stayed at home behind me and was fast asleep in bed.


■詩の邦題の異同 Variations of the poem title translated into Japanese

  「かげ」…………………しばさき 1973
  「ぼくの影」……………まさき 2010
  「ぼくの影ぼうし」……吉田 1990, 2014
  「ボクの影」……………よしだ 1998, 2000
  「影ぼうし」……………河野 1998
  「僕の影」………………齋藤 1948
  「僕の影」………………赤星 1912
  「影法師」………………安田 1922, 2011
  「影法師」………………山口 1922
  (訳題なし)……………廚川 1928


■詩集邦題の異同 Variations of the book title translated into Japanese

  ある子どもの詩の庭で……まさき 2010
  ある子どもの詩の庭園……毛利 2014
  子どもの詩の園……………ないとう 2014
  子どもの詩の園……………よしだ 2000
  子供の歌園…………………赤星 1912(大正1)
  童心詩苑……………………しばさき 1973
  童心詩集……………………福原+葛原+高村 1970


■著者名表記の異同 Variations of the author's name presented in Japanese

  Stevenson ……………しばさき 1973
  Stevenson ……………厨川 1928
  スチブンソン…………山口 1922
  ステーブンソン………赤星 1912
  スティーヴンスン……吉田 2014
  スティーヴンスン……よしだ 2000
  スティーヴンソン……まさき 2010
  スティーヴンソン……よしだ 1998
  スティーヴンソン……吉田 1990
  スティーヴンソン……齋藤 1948(本文)
  スティヴンソン………河野 1998
  スティヴンソン………齋藤 1948(目次)
  ステイブンスン………安田 1922, 2011


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/07/14 毛利孝夫訳 Kindle版 2014 と、Kadokawa/メディアファクトリー版 2014 の表紙画像と書誌情報を追加しました。また、「詩集邦題の異同」の項を新設しました。
  • 2013/10/27 目次と「著者名表記の異同」の項を新設しました。
  • 2013/10/25 安田裸花=譯 2011-11 を追加しました。
  • 2013/06/08 厨川白村=著 1928 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■CD

■和書 Books in Japanese
  
  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »