« A Cruel and Shocking Act: The Secret History of the Kennedy Assassination by Philip Shenon フィリップ・シノン 『ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言』 | Main | Quiet! There's a Canary in the Library by Don Freeman ドン・フリーマン 『しずかに! ここはどうぶつのとしょかんです』 »

Thursday, 06 February 2014

Hotel California by The Eagles イーグルス 「ホテル・カリフォルニア」

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  ビバリーヒルズ・ホテル100周年 The Beverly Hills Hotel 100th Year
■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
■韓国語訳 Translation into Korean
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 太田 2011
  (J2) 天願 2005
  (J3) バラカン 2003
  (J4) 寺島 1996
  (J5) 山本 1995
  (J6) 西森 1993
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Video 2  イーグルス「ホテル・カリフォルニア」 Hotel California by the Eagles
■英語原詞 The original lyrics in English
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

1970年代にとても流行った曲。謎めいた歌詞は作り手の意図から離れてさまざまに解釈されてきた。


 Video 1 
ビバリーヒルズ・ホテル開業100周年 The Beverly Hills Hotel 100th Year Anniversary

ビバリーヒルズ・ホテルは、イーグルスのアルバム「ホテル・カリフォルニア」のジャケット写真に使われた実在のホテル。おととし2012年に開業100周年を迎えた。 Uploaded to YouTube by BeverlyHillsHotel1 on 22 Aug 2012.


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

黑暗的沙漠高速公路上
冷風吹亂了我的髮
空氣中飄來仙人掌溫暖的氣味
望向遠方
我看到閃爍的燈光
我的頭越來越昏沈,視線模糊
我得停下來過夜

她就站在門邊
我聽到了教堂的鐘聲
我心裡想
這兒可能是天堂也可能是地獄
然後她點燃蠟燭為我帶路

走廊傳來許多聲音
我想它們是說---

歡迎蒞臨加州旅館
這麼美好的地方(接待人員親切)
旅館內有充足的房間
無論哪一天,隨時恭迎大駕


■韓国語訳 Translation into Korean

어두운 사막의 고속도로에서, 서늘한 바람이 나의 머리를 흩날리고
콜리다꽃의 따뜻한 향기가 그 공기를 통해 풍겨오네
저 멀리에서 희미하게 반짝이는 빛을 보았지
나의 머리가 무겁고 눈앞이 자꾸 흐려지고 있었으므로
그 날 밤을 보내기 위해 머물러야 했지

그녀는 현관에 서 있었지
나는 교회종소리를 들었고
혼자생각했어
'이곳은 천국인가,지옥인가"
그녀는 양초에 불을 켜고 나를 안내했지 
복도 밑에서는 말소리가 들렸지

호텔 캘리포니아에 온 것을 환영합니다 너무나도 아름다운 곳
호텔 캘리포니아에는 많은 빈방이 있습니다
연중 어느 때든지, 당신은 빈방을 찾을 수 있어요


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 太田 2011
砂漠の暗いハイウェイで、涼しい風に髪なびかせて
暖かいハッパの臭いが、天に昇っていく。
顔を上げて見渡せば、
遠くに灯りがちらちら見える。
睡魔が襲うし、眼も霞む……
ここで一夜の宿をとるとしよう。

ドア口には、女が立っていた。
警鐘が聞こえた気がして、俺は自問したんだ。
「ここは天国? それとも地獄?」
女が蠟燭(ろうそく)を灯して案内してくれた。
回廊に声が響いている。
それはこんな風に言っていた。

ホテル・カリフォルニアへようこそ。
ステキな場所でございましょ?
ステキな佇(たたず)まいでございましょ?
お部屋はたくさんございます。
いつでも、
あなた様をお待ち申し上げております。
[以下略]


(J2) 天願 2005
涼風(すずかぜ)に髪をなびかせ、
 砂漠の闇夜のハイウェイを走る
コリタスの生暖かい香りが漂い
前方遠くにゆらめく明かりを見たのだ
頭が重くて、眼もかすみ始めたので
一晩身を寄せたくなったのだ

入り口に女性が立っており
そして礼拝の鐘の音が響く中で考えたのだ
「ここは天国なのか? 地獄なのか?」と
その女性はロウソクをともし、案内してくれた
廊下の向こうから声が聞こえた
あたかもこんなふうに
 僕に話しかけているかのようだ

ホテル・カリフォルニアへようこそ
なんて素敵なところだ
 なんて素敵な顔なのだろう
広々としたホテル・カリフォルニア
ここでは一年中いつでも
 “あなたの欲しいもの”が見つかるだろう

  • Hotel California. Words and Music by Don Felder, Glenn Frey, Don Henley. 日本語訳: ジェームス天願 NHKラジオ シニアのための ものしり英語塾 2005年10月号テキスト 日本放送出版協会
  • 関連記事: 3連休初日: ジュンイチの英語学習日誌

(J3) バラカン 2003
暗い砂漠のハイウェイ、髪の毛を涼しい風が乱す
空気中にはコリタスの温かい香りが漂ってくる
遠く先のほうで揺らめく光が見えてきた
次第に眠気が襲ってきて、視界がかすんできたから
ここで一泊することにした

そこで彼女が玄関に立っていた
教会の鐘が鳴るのが聞こえ
そのときふと、「ここは天国かそれとも地獄か」と考えた
そして、彼女はろうそくに火をつけて案内する
廊下の向こうから聞こえてくる声が、
こんなふうに話してるような気がした……

ホテル・カリフォルニアにようこそ
本当に素晴らしいところ(本当に美しい顔)
ホテル・カリフォルニアには空室がいっぱい
年中営業しています
[以下略]

  • ピーター・バラカン=訳詞 「ホテル・カリフォルニア」 ピーター・バラカン=著 『ロックの英詞を読む ―Rock Between The Lines』 集英社インターナーショナル 2003-10-08
  • 著者「まえがき」によれば、「この本は1992年4月から2003年3月まで、(株)アルクの月刊誌「ENGLISH JOURNAL」の連載コラムで紹介した曲の中から選んだ作品を中心に、数曲を追加したものです」。

(J4) 寺島 1996
暗い砂漠のハイウェイで、髪には冷たい風が吹き

コリタス草のあたたかな匂いがあたりに上がっていく
前方遠くに、わたしはほの青く揺らめく光を見た

頭は重くなり、視界はかすんだ。休まなければならなかった 夜がきたので

そこには彼女が立っていた 玄関に; わたしは
教会の鐘の音をきいた

 そこでわたしは自問した、「これは天国か地獄か」と
すると彼女はキャンドルに火をつけ、そして道案内をした

廊下では声がした。わたしは
聞いたような気がした その声が話しているのを

ようこそホテルカリフォルニアに

なんて素敵なところでしょう(なんて素敵な人がいるんでしょう)

 部屋が有り余っているホテルカリフォルニア
一
年中、ここはいつでも部屋の予約ができます
[以下略]

  • 寺島美紀子(てらしま・みきこ)=試訳 「ホテル・カリフォルニア」 第4章 イーグルス「ホテル・カリフォルニア」とアメリカ60年代——カウンターアカルチャーを見るクールな眼 寺島美紀子=著 『ロックで読むアメリカ―翻訳ロック歌詞はこのままでよいか?』 近代文藝社 1996-03-20
  • 上の訳は154ページから引用しました。これらの訳詞は後に続くページに再録されていますが、そこでは句読点など細部に異同が見られます。

(J5) 山本 1995
夜の砂漠のハイウェイ
涼しげな風に髪が揺れて
コリタス草の甘い香りがあたりに漂う
はるか遠くに かすかな光が見える
僕の頭は重く 目の前がかすむ
どうやら 今夜は休息が必要だ

礼拝の鐘が鳴ると
戸口に女が現われた
“ここは天国か それとも地獄か”
僕は心のなかでつぶやいた
すると 彼女はローソクに灯をともし
僕を部屋まで案内した
廊下の向こうで こう囁きかける声がきこえた

ホテル・カリフォルニアへようこそ
ここはステキなところ
  (そしてステキな人たちばかり)
ホテル・カリフォルニアは数多くの部屋をご用意して
いつでも あなたの訪れを待っています
[以下略]


(J6) 西森 1993
暗い砂漠の道 涼しい風に髪がなびく
辺り一面に漂うコリタスの強烈な匂い
遥か遠くにゆらめく光
頭が重くなり目がかすみ
一晩休むことにした

彼女は入口に立っていた
教会の鐘が響き
ボクは思わず自分に問いかけてしまったよ
“ここは天国かそれとも地獄か”
すると彼女がキャンドルに火をともし部屋まで連れていってくれた
そんな中 通路の方で声がした
ボクにはこう聞こえたんだ

ようこそホテル・カリフォルニアへ
とてもステキな所(とてもキレイな顔)
ゆとりに満ちたホテル・カリフォルニア
ここなら一年中いつでもゆったりできる
[以下略]

  • 西森マリー(にしもり・まりー)=試訳 「ホテル・カリフォルニア」 西森マリー=著 『ポップス訳詞塾』 研究社 1993-04-22
  • 著者の筆になる「はじめに」によれば「この本は『翻訳の世界』 1991年4月号から1993年1月号まで連載したものに、加筆・訂正してまとめたものです」。

■ロシア語訳 Translation into Russian

На темном пустынном шоссе прохладный ветер играл в моих волосах
Теплый запах колитас, поднимался в небо
Впереди далеко я увидел мерцающий свет
Голова потяжелела, в глазах стало туманно
Мне нужно было остановиться и переночевать

Она стояла в дверном проеме
Я услышал внутренний голос
И я подумал:
' Может быть здесь Рай, а может быть и Ад '
Потом она зажгла свечу, и она показала мне дорогу
Внизу по коридору слышались голоса
Мне показалось, что они говорили ...

Добро пожаловать в Отель Калифорния
Такое прекрасное место
Такое прекрасное лицо
В Отеле Калифорния всегда много места
В любое время года здесь можно остановиться


■ドイツ語訳 Translation into German

Auf einem dunklen, verlassenen Highway, kühler Wind streifte mein Haar
Vertrauter Geruch von Gras lag in der Luft
sah ich am weiten Horizont ein dämmriges Licht
Mein Kopf wurde schwer und meine Kraft ließ nach
Ich musste diese Nacht ausruhen
Dort stand sie am Eingang
meine Zeit war gekommen
Und ich dachte mir:
´Das hier ist entweder das Paradies oder die Hölle´
Dann zündete sie eine Kerze an und leuchtete mir den Weg
Vom Ende des Ganges her drangen Stimmen
Mir kam es vor als sagten sie....

Willkommen im Hotel California
Welch schöner Ort
(Welch glückliche Seele)
So viele Zimmer im Hotel California
Das ganze Jahr über ist eines für Dich frei


■イタリア語訳 Translation into Italian

Su un'autostrada buia e deserta, con il vento fresco tra i capelli
un caldo profumo di colitas, si solleva nell'aria
più avanti in lontananza, vidi una luce scintillante
la mia testa divenne pesante e la mia vista si indebolì
dovetti fermarmi per la notte

Lei stava sulla soglia
ed io udii il campanello d'allarme
mentre pensavo tra me
'potrebbe essere il paradiso o potrebbe essere l'inferno'
poi lei accese la candela e mi mostrò la strada
si udivano nelle voci nei corridoi
e credevo che dicessero....

Benvenuto all'Hotel California
un posto così amabile
un volto così amabile
ci sono tante camere all'Hotel California
in ogni momento dell'anno puoi trovarne una

  • Traduzione Hotel California Testo Tradotto Eagles
  • Lyrics source: Angolo Testi

■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Em uma estrada do deserto escuro, fresco vento em meu cabelo
cheiro cálido de colitas, elevando-se através do ar
Adiante na distância, eu vi uma luz trêmula
Minha cabeça ficou pesada e minha visão ficou turva
Eu tive que parar para a noite

Lá estava ela na porta
Eu ouvi o sino da recepção
E eu estava pensando comigo mesmo
Este poderia ser o Paraíso ou este poderia ser o Inferno
Então ela acendeu uma vela e me mostrou o caminho
Havia vozes adiante no corredor
Eu achei que ouvi-los dizer

Bem-vindo ao Hotel Califórnia
um lugar tão lindo
um lugar tão lindo
um rosto tão encantador
Muitos quartos no Hotel Califórnia
Qualquer época do ano
Qualquer época do ano

  • Hotel California / Deslumbrante (Part. Spártaco Vezzani) (tradução) - Lu e Robertinho - VAGALUME
  • Lyrics source: Vagalume

■スペイン語訳 Translation into Spanish

En una autopista desierta y oscura,
viento fresco en mi pelo,
cálido olor de las colitas
levantándose por el aire.

Más adelante, en la distancia,
ví una luz brillante,
mi cabeza empezaba a pesar, y mi vista oscurecía,
tenía que parar para pasar la noche.

Alli estaba ella en la entrada,
escuché la campanilla,
y pensaba para mí,
esto podría ser el cielo, o el infierno.

Entonces ella encendió una vela,
y me mostró el camino,
se escuchaban (había) voces pasillo abajo,
creí escucharlas decir:

Bienvenido al hotel California,
qué hermoso lugar,
-qué hermoso lugar-
qué hermosa fachada.

Habitaciones en abundancia en el hotel California,
en cualquier época del año,
-en cualquier época del año-
puedes encontrarlo aquí.


■フランス語訳 Translation into French

Sur une autoroute sombre et déserte
Un vent frais passe dans mes cheveux
La senteur tiède des bourgeons
S'élevent à travers l'atmosphère
Au loin
J'aperçus une lumière vacillante
Ma tête devint lourde et ma vue s'assombrit
Je dûs m'arrêter pour la nuit

Elle se tenait debout dans l'encadrement de la porte
J'entendais la cloche de l'église
Et je pensais :
Ça pourrait être le paradis comme ça pourrait être l'enfer
Puis elle alluma une chandelle
Et me montra la route
Il y avait des voix au fond du couloir
Il me sembla les entendre dire

Bienvenue à l'Hôtel California
Quel endroit délicieux
Quel visage ravissant
Il y a plein de chambres à l'Hôtel California
Tout au long de l'année
Vous pouvez en trouver ici


 Video 2 
イーグルスのアルバム「ホテル・カリフォルニア」からタイトル曲
The Eagles Hotel California [Remastered] 01 Hotel California

Uploaded to YouTube by musicfanatic1969 on 8 Mar 2013.


■英語原詞 The original lyrics in English

On a dark desert highway, cool wind in my hair
Warm smell of colitas, rising up through the air
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night

There she stood in the doorway;
I heard the mission bell
And I was thinking to myself,
"This could be Heaven or this could be Hell"
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say...

Welcome to the Hotel California
Such a lovely place (Such a lovely place)
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year (Any time of year)
You can find it here
[Omission]


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-02-18 繁體字中國語譯、韓国語訳、ロシア語訳、およびイタリア語訳を追加しました。
  • 2014-02-15 ピーター・バラカン=著 2003-10-08、寺島美紀子=著 1996-03-20、および西森マリー=著 1993-04-22 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456


  

  

|

« A Cruel and Shocking Act: The Secret History of the Kennedy Assassination by Philip Shenon フィリップ・シノン 『ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言』 | Main | Quiet! There's a Canary in the Library by Don Freeman ドン・フリーマン 『しずかに! ここはどうぶつのとしょかんです』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/59043183

Listed below are links to weblogs that reference Hotel California by The Eagles イーグルス 「ホテル・カリフォルニア」:

« A Cruel and Shocking Act: The Secret History of the Kennedy Assassination by Philip Shenon フィリップ・シノン 『ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言』 | Main | Quiet! There's a Canary in the Library by Don Freeman ドン・フリーマン 『しずかに! ここはどうぶつのとしょかんです』 »