« Quiet! There's a Canary in the Library by Don Freeman ドン・フリーマン 『しずかに! ここはどうぶつのとしょかんです』 | Main | Comment j'ai vidé la maison de mes parents by Lydia Flem リディア・フレム 『親の家を片づけながら』 »

Friday, 07 March 2014

曹雪芹 《红楼梦》 《紅樓夢》 『紅楼夢』 (1) Dream of the Red Chamber / A Dream of Red Mansions / The Story of the Stone by Cao Xueqin (1)

■はじめに Introduction

18世紀中ごろの中国・清代に書かれた古典長編小説『紅楼夢』。その第一回(第一章)に収められている五言絶句の翻訳と原文を下に引用する。この詩の自虐的な詠いぶりから逆に、作者・曹雪芹(そう・せっきん)の創作への傾倒ぶりがうかがわれる。


 Gallery 1 
英訳版の表紙画像 Cover photos of English translations

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a En_9781596547049_gladys_yang b En_9780140442939_david_hawkes c En_9781475100921_h_bencraft_joly


■英訳 Translations into English

(E1) Yang, 2011
Pages full of fantastic talk
Penned with bitter tears;
All men call the author mad;
None his message hears.


(E2) Hawkes, 1973, 1977, 1980, etc.
Pages full of idle words
Penned with hot and bitter tears:
All men call the author fool;
None his secret message hears.


(E3) Bonsall, 1950s
Paper full of wildly impossible stories.
A handful of hot bitter tears.
Everyone says that the author is crazy.
Who can explain its inner flavour?


(E4) Wang, 1958
Pages full of unlikely words,
Handfuls of hot, bitter tears.
They call the author a silly fool,
For they know not what he means.


(E5) Joly, 1892
Pages full of silly litter,
Tears a handful sour and bitter;
All a fool the author hold,
But their zest who can unfold?

  • Hung Lou Meng, or, the Dream of the Red Chamber, a Chinese Novel, Book I, by Cao Xueqin. Translated by H. Bencraft Joly
  • E-text at:
  • Preview at Google Books

 Gallery 2 
邦訳版の表紙画像 Cover photos of Japanese translations

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a Ja_9784000286619_inami_2 b Ja_b000j8b8ue_iizuka c Ja_9784582761627_ito

d Ja_b000jb5c6c_fuji_takebe e Ja_9784003201817_matsueda


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 井波(陵) 2013
書かれたことは すべてでたらめ
絞る涙は どこまで苦い
みな言う 作者は痴(し)れ者と
読み解く人も 無いままに

  • 曹雪芹(そう・せつきん)=作 井波陵一(いなみ・りょういち)=訳 『新訳 紅楼夢 第1冊〈第1〜16回〉』 岩波書店 全7巻 2013-09-25
  • 訳者「底本・参照文献」(297ページ)によると、前八十回ぶんの底本は、庚辰本 『脂硯斎重評石頭記』 中華書局香港分局 1977年(影印本)。ここでは省くが、ほかに10種類のテキストを参照している。

(J2) 井波(律) 2010
書かれたことはすべて荒唐無稽(こうとうむけい)。
しぼる涙はどこまでも苦い。
人はみな作者は阿呆だと言い、
そのなかにこめられた意味を読み解いてくれる者もない。

  • 曹雪芹=作 井波律子(いなみ・りつこ)=訳 「満紙 荒唐の言」 自題一絶(自ら一絶を題す) 井波律子=著 『中国名詩集』 岩波書店 全7巻 2010-12-15

(J3) 飯塚 1980
紙をうずめて でたらめばかり
辛いなみだも あるものを
みんな作者を 痴という
ほんとの味も 知らないくせに

  • 曹雪芹=作 飯塚朗(いいづか・あきら)=訳 『世界文学全集 11 曹雪芹 高鶚 紅楼夢 1』 集英社 1980-01
  • 本文では「辛い」には「つらい」、「痴」には「こけ」とそれぞれルビが振ってあります。
  • 底本は訳者後記(461ページ)によると次のとおり。
    • 人民文学出版社1972年版の『紅楼夢』四冊本を使用したが、ときに兪平伯(ゆへいはく)校訂の『紅楼夢八十回校本』1974年版を用いて改訂し、また兪平伯輯(しゅう)の『脂硯斎(しけんさい)紅楼夢輯評』1975年版を参照して補訂した部分もある。

(J4) 伊藤 1958, 1969, etc.
でたらめの書に似たれど
しみとおるつらのなみだ
いわばいえ作者は痴よと
たれかこの味わい知らん

  • 曹霑(曹雪芹)=著 伊藤漱平(いとう・そうへい)=訳 『紅楼夢』
  • 引用は b. 中国古典文学大系版に拠りました。書には「ふみ」、作者には「かきて」、痴には「こけ」と、それぞれルビが振ってあります。
  • 底本は兪平伯校訂『紅楼夢八十回校本』(人民大学出版社、1958)ならびに付録の後四十回。さらに、訳者「あとがき」(585ページ)によると次のとおり。
    • また、兪平伯『校本』改訂版(63年)を参照したほか、前八十回は甲戌本をはじめ各種脂硯斎本の影印本により、後四十回は程甲本・程乙本・王希廉本その他の諸本により意を以て改めた個所がある[以下略]。

(J5) 松枝 1940, 1972, etc.
書いてあることはみな荒唐無稽の作り話であるが、
またこれ辛酸の涙で綴った物語でもある。
人はみな作者を痴れものと笑うであろうが、
誰かその中の真の味を解する者ぞ。

  • 詩の大意 第一回 曹雪芹=作 松枝茂夫(まつえだ・しげお)=訳
  • 引用は a. 1972年改訳版に拠りました。
  • 底本は訳者「おわりに」(348ページ)によると次のとおり。
    • 主として兪平伯校訂の『紅楼夢八十回校本』(人民文学出版社、1958)に拠ったが、わが意をもって多少改めたところもある。

■書き下し文 Kakikudashi-bun

満紙(まんし) 荒唐(こうとう)の言(げん)
一把(いっぱ) 辛酸(しんさん)の淚(なみだ)
都(み)な云(い)う 作者(さくしゃ)は痴(ち)なりと
誰(たれ)か其(そ)の中(うち)の味(あじ)を解(かい)さん

  • 曹雪芹=作 井波律子=訳 「満紙 荒唐の言」 井波律子=著 『中国名詩集』 岩波書店 2010-12-15

 Video 
[ja] 紅楼夢 (1987年TVシリーズ) 中国語音声 英語字幕
[zh] 红楼梦 (1987年电视剧)
[en] Dream of the Red Chamber (1987 TV series)

中国中央電視台製作。監督: 王扶林(ワン・フーリン) 出演: 欧陽奮強(オーヤン・フェンチアン)、陳暁旭(チェン・シャオシュー)。下に引用する詩の朗読は 2:35 から始まります。 Uploaded to YouTube by Hafo Dongya on 26 Jan 2015. Produced by CCTV. Directed by Wang Fulin. Starring Ouyang Feiqiang, Chen Xiaoxu. Reading of the poem below starts at 2:35


■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese

滿紙荒唐言,
一把辛酸淚!
都云作者痴,
誰解其中味?

  • 第一回 甄士隱夢幻識通靈 賈雨村風塵懷閨秀 紅樓夢 作者:曹雪芹
  • E-text at 維基文庫 (Wikisource)

■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese

满纸荒唐言,
一把辛酸泪!
都云作者痴,
谁解其中味?

  • 第一回 甄士隐梦幻识通灵 贾雨村风尘怀闺秀 红楼梦 作者:曹雪芹 
  • E-text at 脂砚斋重评石头记

■各種英訳版についての考察
《红楼梦》 汉英翻译泛谈 - 厦门大学外文学院 杨士焯


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016-04-24 リンク先のビデオが削除されていたので、同種の別のビデオにリンクを張り直しました。また、各種英訳版についての杨士焯による考察「《红楼梦》 汉英翻译泛谈」の画面を追加しました。
  • 2014-03-17 英訳版と邦訳版の表紙画像を追加しました。
  • 2014-03-12 井波陵一=訳 2013-09-25 の訳文を挿入しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

|

« Quiet! There's a Canary in the Library by Don Freeman ドン・フリーマン 『しずかに! ここはどうぶつのとしょかんです』 | Main | Comment j'ai vidé la maison de mes parents by Lydia Flem リディア・フレム 『親の家を片づけながら』 »

Comments

書き下しと和訳の間

荒唐の言(ことば)紙に満つるは,
一把(ひとにぎり)の辛酸の涙!
都(いずれ)も痴れ者の作と云わるるは,
誰か解さん其の中の味を?

Posted by: 伊藤 龍樹 | Wednesday, 09 April 2014 at 12:05 AM

伊藤 龍樹さん

コメントありがとうございました。お返事が遅れてすみません。伊藤さんの「書き下しと和訳の間」の日本語、流麗でいいですね。

近頃スパムが多いので、やむを得ずコメントを承認制にしました。お返事するまで時間がかかるかもしれませんが、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

Posted by: tomoki y. | Thursday, 24 April 2014 at 12:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/59243893

Listed below are links to weblogs that reference 曹雪芹 《红楼梦》 《紅樓夢》 『紅楼夢』 (1) Dream of the Red Chamber / A Dream of Red Mansions / The Story of the Stone by Cao Xueqin (1):

« Quiet! There's a Canary in the Library by Don Freeman ドン・フリーマン 『しずかに! ここはどうぶつのとしょかんです』 | Main | Comment j'ai vidé la maison de mes parents by Lydia Flem リディア・フレム 『親の家を片づけながら』 »