« February 2014 | Main | April 2014 »

March 2014

Sunday, 23 March 2014

The Secret Life of Walter Mitty (2013) directed by and starring Ben Stiller ベン・スティラー監督・主演 LIFE! (2013)

          目次 Table of Contents

  ■はじめに Introduction
    Video 1   ドイツ版予告編 German trailer
    Video 2   イタリア版予告編 Italian trailer
    Video 3   フランス版予告編 French trailer
    Video 4   香港版予告編(英語音声) Hong Kong trailer (Voice in English)
   Gallery 1  ポスターやDVDのジャケット Posters and DVD covers
   Gallery 2  ポスターやDVDのジャケット Posters and DVD covers
  ■外部リンク External links
  ■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

"Life is about courage and going into the unknown."

LIFE! は2013年のアメリカ映画。日本では2014年3月19日に公開された。監督・主演はベン・スティラー。原作はジェイムズ・サーバーの短篇小説「ウォルター・ミティの秘密の生活」。原作のほうは7年余りまえに tomokilog で取り上げた。

この小説は以前にも映画化されたことがある。ノーマン・Z・マクロード監督、ダニー・ケイ主演で、そのときの邦題は『虹を掴む男』 (1947)。


 Video 1 
LIFE! (2013) ドイツ版予告編 The Secret Life of Walter Mitty (2013) German trailer

Uploaded to YouTube by KinoCheck on 1 Aug 2013.


 Video 2 
LIFE! (2013) イタリア版予告編 The Secret Life of Walter Mitty (2013) Italian trailer

Uploaded to YouTube by 20thfoxItalia on 31 Jul 2013.


 Video 3 
LIFE! (2013) フランス版予告編 The Secret Life of Walter Mitty (2013) French trailer

Uploaded to YouTube by 20thcenturyfoxfrance on 9 Dec 2013.


 Video 4 
LIFE! (2013) 香港版予告編 (英語音声 繁體字中國語字幕)
Walter Mitty (2013) Hong Kong trailer. English voice, Traditional Chinese subtitles

Uploaded to YouTube by foxfilmhk on 1 Aug 2013.


 Gallery 1 
ポスターやDVDのジャケット Posters and DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_trad_ ko Ko_ tr Tr_walter_mittynin_gizli_yasam

he He_walter_mitty el El_walter_mitty_ ru Ru_

uk Uk_ bg Bg_ pl Pl_sekretnezyciewalteramittyplakat0

lt Lt_volterio_micio_slaptas_gyvenimas hr Hr_tajni_zivot_waltera_mittyja sk Sk_tajny_zivot_waltera_mittyho

de De_daserstaunlichelebendeswaltermit ro Ro_viata_secreta_a_lui_walter_mitty it It_i_sogni_segreti_di_walter_mitty

es Es_la_increible_vida_de_walter_mitt es Es_la_vida_secreta_de_walter_mitty fr Fr_la_vie_revee_de_walter_mitty_138

en En_thesecretlifeofwaltermittyposter

[zh] 白日夢冒險王 繁體字中國語(台灣)
[ko] 월터의 상상은 현실이 된다 韓国語
[tr] Walter Mitty'nin Gizli Yasami トルコ語
[he] חייו הסודיים של וולטר מיטי (Kha'yav ha'sodiyim shel Walter Mitty) ヘブライ語
[el] Η Κρυφή Ζωή του Γουόλτερ Μίτι (I kryfi zoi tou Walter Mitty) ギリシャ語
[ru] Невероятная жизнь Уолтера Митти ロシア語
[uk] Таємне життя Волтера Мітті ウクライナ語
[bg] Тайният живот на Уолтър Мити ブルガリア語
[pl] Sekretne życie Waltera Mitty ポーランド語
[lt] Volterio Mičio slaptas gyvenimas リトアニア語
[hr] Tajni život Waltera Mittyja クロアチア語
[sk] Tajný život Waltera Mittyho スロバキア語
[de] Das erstaunliche Leben des Walter Mitty ドイツ語
[ro] Viaţa secretă a lui Walter Mitty ルーマニア語
[it] I sogni segreti di Walter Mitty イタリア語
[es] La increible vida de Walter Mitty スペイン語(メキシコ)
[es] La vida secreta de Walter Mitty スペイン語(スペイン)
[fr] La vie rêvée de Walter Mitty フランス語
[en] The Secret Life of Walter Mitty 英語 


 Gallery 2 
ポスターやDVDのジャケット Posters and DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_trad_tw_ zh Zh_trad_hk_ ja Ja_life_poster_88838

th Th_l_359950_4997102f cs Cs_walter_mitty_a_jeho_tajny_zivot pt Pt_br_a_vida_secreta_de_walter_mi_2

en En_440775thesecretlifeofwaltermitty

[zh] 白日夢冒險王 繁體字中國語(台灣)
[zh] 發夢王大歷險 繁體字中國語(香港)
[ja] LIFE! 日本語
[th] ที่ปรึกษาลับสุดยอดของวอลเตอร์ มิตตี้ タイ語
[cs] Walter Mitty a jeho tajný život チェコ語
[pt] A Vida Secreta de Walter Mitty ポルトガル語
[en] The Secret Life of Walter Mitty 英語


■外部リンク External links

[ja] LIFE! 公式サイト
[ja] LIFE! (2013) - allcinema
[ja] 虹を掴む男 (1947) - allcinema
[en] The Secret Life of Walter Mitty Official Website
[en] The Secret Life of Walter Mitty (2013) - IMDb
[en] The Secret Life of Walter Mitty (1947) - IMDb


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 22 March 2014

A Good Man Is Hard to Find by Flannery O'Connor フラナリー・オコナー 「善人はそういない」「善人はなかなかいない」「善人、見つけがたし」「いい人はザラにはいない」

■はじめに Introduction

A Good Man Is Hard to Find はアメリカの作家フラナリー・オコナーが1955年に発表した短編小説。そこに描かれる理不尽な暴力行為のせいで後味の悪い読み物になっている。下に引用する2つのセリフは、どちらも the Misfit の言葉。この the Misfit を翻訳家たちは〝半端者〟〈はみ出しもの〉 『無軌道男』 などと、それぞれ訳している。


■日本語訳からの抜粋 Excerpts from translations into Japanese

(J1) 佐々田 2013
「犯罪っていうのはだな、あれをしようがこれをしようが、人を殺そうが、車からタイヤを外そうが関係ないんだってわかったよ。ていうのは、そのうち自分のしたことは忘れちまって、ただ罰せられるだけになるからだ」

「ばあさんもいい人間になれただろうに」〝半端者〟がいった。「ばあさんが生きてる間、一分ごとに撃ってやるやつがいたらの話だが」

  • フラナリー・オコナー=作 佐々田雅子(ささだ・まさこ)=訳 「善人はそういない」 『厭な物語』 千街晶之(せんがい・あきゆき)=解説 文春文庫 2013-02-10

(J2) 横山 1998, 2003, etc.
「犯罪のほうは問題じゃないんだ、人殺しでも、タイヤを外して盗んでも、なにをしようとね。どうせおそかれ早かれ、自分のしたことは忘れてしまって、ただ罰を受けるだけになるんだ。」

〈はみ出しもの〉が言う。「この人も善人になっていたろうよ。一生のうち、一分ごとに撃ってやる人がいたらの話だがな。」


(J3) 安徳 1976
[訳文は追って挿入するつもりです - tomoki y.]


(J4) 上野1972
「犯行そのものは関係がねえんだ。どの犯行をやっても——人殺しをしようが、そいつの自動車からタイヤを盗もうが、そいつァ同じことだあ、いずれは自分のやったことを忘れちまってよ、ただ罰を受けるだけなんだ。」

「婆さんが生きている間一分毎に射殺している奴がありゃ、婆さん、善人になれたろうがな」

  • フラナリィ・オコーナー=作 上野直蔵(うえの・なおぞう)=訳注 「善人はなかなかいない」 『対訳オコーナー』 現代作家シリーズ 56 南雲堂 1972-07-20


(J5) 鳴海 1965, 1995
「おれはわかったんだ、どんな犯罪をおかそうとおんなじ。何をやらかそうと変りはねえ、人殺しをしようと、そいつの車からタイヤを盗もうと、どうせいずれは何をやったのかは忘れちまって、ただそのために罰をくらうまでのこと」

「そう悪い女じゃなかったぜ、もっともそのためには、だれかがわきについていて、生きている間じゅうのべつ、たまをぶちこんでやる必要はあったがな」


 Audio 
オコナー自身による朗読 Flannery O'Connor Reads "A Good Man Is Hard to Find"

1959年、テネシー州ナッシュビルのヴァンダービルト大学で録音された著者自身による朗読。 Uploaded to YouTube by ByWayofBeautyDotCom on 2 May 2013. Recorded at Vanderbilt University, April 1959.


■英語原文からの抜粋(Audio_button_icon_2 をクリックすると上の録音の該当箇所が聞けます)
Excerpts from the original text in English (Click Audio_button_icon_2 to listen to the segment of the above recording)

Audio_button_icon_2 “I found out the crime don’t matter. You can do one thing or you can do another, kill a man or take a tire off his car, because sooner or later you’re going to forget what it was you done and just be punished for it.”

Audio_button_icon_2 “She would have been a good woman,” The Misfit said, “if it had been somebody there to shoot her every minute of her life.”

  • A Good Man Is Hard to Find by Flannery O'Connor
  • This story was written in 1953, and published in 1955 as part of a collection of short stories by the same title. Recent editions include A Good Man is Hard to Find by Flannery O'Connor. Rutgers University Press, 1993. Preview at Google Books
  • E-text at Pegasus Web Server

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

2014-04-11 上野直蔵=訳注 1972-07-20 を追加しました。


にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 11 March 2014

Comment j'ai vidé la maison de mes parents by Lydia Flem リディア・フレム 『親の家を片づけながら』

■はじめに Introduction

両親をあいついで失った著者リディア・フレムは一人っ子なので両親の家を相続した。おびただしい遺品を片づけながら、彼女はホロコーストを生き延びた両親の若い頃のことを初めて知る。怒り、悲しみ、非現実感、そして不思議な解放感。著者はさまざまな思いを抱いて喪に服する。


  Video  
Lydia Flem : Comment j'ai vidé la maison de mes parents

Original broadcast: 30 April 2004. 2min 53s. Attablé au café "Le Rostand" Olivier Barrot presente "Comment j'ai vidé la maison de mes parents" et interview son auteur Lydia Flem.


 Images 
表紙画像 Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_9789862620960_ ja Ja_9784863325807_ en En_9780285637344_the_final_reminder

nl Nl_9789029563222_hoe_ik_het_huis_va de De_9783865550118_wie_ich_das_haus_m pl Pl_9788321117256_jak_likwidowalam_2

it It_9788877684264_come_ho_svuotato_l ca Ca_9788492562244_com_vaig_buidar_la es Es_9789506024987_vaciando_la_casa_d

es Es_9788496643048_como_vacie_la_casa fr Fr_9782020653817_comment_jai_vide_l


■フランス語原文の抜粋と、スペイン語訳、英訳、日本語訳など
Excerpts from the original text in French as well as their translations into Spanish, English and Japanese

  • [fr] rage, oppression, peine infinie, irréalité, révolte, remords, étrange liberté
    [es] ese desorden de los sentimientos, esa mezcla de rabia, de opresión, de pena infinita, de irrealidad, de rebelión, de remordimiento y de extraña libertad
    [en] a chaotic jumble of emotions that range from anger, oppressive and infinite pain to revulsion, remorse and a strange sense of freedom
    [ja] 心をめちゃくちゃにされたという激しい怒り。無限の悲しみ、こんなことはありえないという非現実感、そして、不思議な解放感。 8ページ
  • [fr] Travail du vide
    [ja] 家を空(から)にするということ 14ページ
  • [fr] L’héritage n’est pas un cadeau.
    [es] La herencia no es un regalo.
    [ja] 「相続」というものは[略]ごほうびや贈り物をもらうこととは訳が違う。 19ページ
  • [fr] Comment recevoir des choses que l’on ne vous a pas données ?
    [es] ¿Cómo recibir cosas que no nos han sido dadas?
    [ja] 親がくれたわけではない物を、こんな風に受け取ってよいのだろうか。 20ページ 
  • [fr] Pesait une question insistante : que devais-je faire du contenu de leur maison ? Etais-je réellement libre de choisir ? La loi m’offrait en pleine propriété un monde qui était encore le leur.

    [ja] 大きな課題が私にのしかかってきた。親の家にある物を、これからどうすればいいのだろう。私には本当に選ぶ権利があるのだろうか? 法が私に所有権を与えたのは、いまだに親がその存在を主張している家に残された物だったからだ。 38ページ
  • [fr] Pour chaque objet, chaque meuble, chaque vêtement, chaque papier, il n’y avait que quatre directions, comme à la croisée des chemins la rose des vents : garder, offrir, vendre ou jeter.

    [ja] どんな物にも——家具、衣類、書類にも、向かう先は四つしかなかった。手元に残す、贈る、売る、捨てる、のどれかだ。 38ページ
  • [fr] Combien de choses recèlent une maison, de la cave au grenier, combien de choix cette habitation allait-elle m’obliger à faire ? Des dizaines, des centaines, des milliers de fois, j’allais devoir évaluer un objet et décider de son sort : à la poubelle, à emporter, à donner, à essayer de négocier,…

    [ja] 地下室から屋根裏部屋へいたるまで、この家にはいったいどれだけの物があるのだろう。どれだけ多くの選択をこれから迫られるのだろうか。数十回、数百回、いや数千回は鑑定し、その運命を定めなくてはならない。 38〜39ページ
  • [fr] La catégorie « en attente » ou « on verra plus tard » se révéla la plus importante. Le statu quo l’emportait largement sur les quatre catégories prescrites par le bon sens. J’étais infiniment découragée. Cette maison me submergeait.

    [ja] 「とりあえず保留」「後で考える」。結局、現状維持にすると分類された物が一番多くなってしまった。私は完全にやる気をなくした。この家に残された物の多さに圧倒されたのだ。 39ページ
  • [fr] Les premiers jours, la pudeur me persuada que j’allais ranger et non pas vider la maison de mes parents.  Pesait une question insistante : que devais-je faire du contenu de leur maison ? Etais-je réellement libre de choisir ? La loi m’offrait en pleine propriété un monde qui était encore le leur.

    [ja] 仕分けを始めてから最初の数日間は、親の家を「空(から)にする」のではなく、「整理する」のだと思い込もうとした。 39ページ
  • [fr] Rien n’était simple. Chaque objet parlait de leur absence, ravivait le manque, la solitude. La tâche m’écrasait, la maison était trop chargée, la peine trop fraîche. Je reculais. Je sentais un poids immense peser sur mes épaules. J’aurais voulu m’enfuir, déserter.

    [ja] 何もかもが簡単ではなかった。どんな品物も、親がもういないことや、自分の孤独と責任とを浮き彫りにした。私の心は押しつぶされそうになった。この家には物が多すぎ、悲しみがまざまざと蘇ってくるのだ。両肩に大きな重荷がのしかかってくるのを感じて、思わず私は後ずさった。ここから逃げ出したくてたまらなくなった。 42ページ
  • [fr] Par où commencer le démembrement? Comment se résoudre à balayer la singularité et la cohérence propres à ce lieu ? Débarrasser une pièce à la fois, mais laquelle ? Y avait-il une chambre moins empreinte de réminiscences qu’une autre ? L’éclat de la vie irisait toute chose. Pas un coin, un angle de la maison qui ne portait les traces encore vibrantes de ses habitants disparus. Où mettre à exécution la dévastation ? En quel lieu s’exercer au vandalisme ? La manière douce de s’y prendre existait-elle ? J’effleurais les objets, j’en prenais un, le caressais, le reposais ; en saisissais un deuxième, je ne me décidais pas à fixer son sort. Attaquer la cuisine, le salon, la salle à manger ? Dépareiller, disperser, séparer. Pourquoi devais-je au deuil ajouter le désordre et la désolation ?

    [ja] さあ、どこから蹂躙(じゅうりん)しよう。どの場所から破壊を始めよう。なるべく穏便にすませられるやり方などあるのだろうか。そこらの置き物に触れ、そのうちのひとつを手に取ってはなで回し、やがて元の場所に戻す。次に別の物をとっては、その物がたどるべき運命を定めることができずにまた元に戻す。台所から攻めるべきか、それともリビング? ダイニング? きちんと揃っていた物をばらばらにする。なぜ喪中で苦しんでいる私が、そんなことで混乱や悲しみを上塗りしなくてはならないのだろう。 45ページ
  • [fr] Les choses ne sont pas seulement des choses, elles portent des traces humaines, elles nous prolongent. Nos objets de longue compagnie ne sont pas moins fidèles, à leur façon modeste et loyale, que les animaux ou les plantes qui nous entourent. Chacun a une histoire et une signification mêlées à celle des personnes qui les ont utilisés et aimés. Ils forment ensemble, objets et personnes, une sorte d’unité qui ne peut se désolidariser sans peine. J’errais dans la maison irrésolue, accablée, impuissante.

    [ja] 物は、単なる物ではない。その持ち主の痕跡を残し、残された者の気持ちを引きずっていく。誰かに長年連れ添った物は、その物なりにひっそりと誠実に、飼い主に寄り添うペットや植物と何ら変わりなく、それぞれのやり方で、慎ましやかに忠誠心を誓っている。自分を使い、慈しんでくれた人とのそれぞれの物語や意味が、その物なりに必ず存在する。人と物とは、ひとつのまとまりだ。簡単にその結びつきを断ち切ることなどできない。親の家をうろうろしながら、どうすればいいのかとまどいながら、私はやりきれない思いをもてあましていた。 45〜46ページ
  • [fr] Ce que je savais, je ne pouvais pas le savoir, ils n’avaient pas voulu que je le sache. C’était un savoir interdit. Entaché d’horreur, de honte, de déni, un savoir saisi dans la glace, pétrifié.

    [ja] 私が知っているのは、それを私が知ることを親が好まなかったということだけだ。それは、知ることを禁じられた知識。親の恐怖と恥と拒絶が染みついた、氷漬けされたような知識だ。 50ページ
  • [fr] doit se battre pour vivre en son nom propre, pour vivre sa propre histoire… loin de leur mémoire traumatisée.
    [ja] 自分自身の歴史を生きるために、傷つき、トラウマを受けた親の記憶(……)から脱け出すという闘いだ。 50ページ
  • [fr] Rien ne nous est indifférent dans la maison de nos parents.
    [ja] 親の家にある物で無関心でいられる物などない。 55ページ
  • [fr] j’écris ce que je ne pourrais dire à personne. - Primo Levi
    [ja] 私は、誰にも言えないことを書き留める プリモ・レヴィ 60ページ
  • [fr] Par dessus tout, j’adorais offrir. Donner dans un élan, sans réfléchir, en faisant confiance à mon intuition, sentir que tel vase noir à fleurs dorées conviendrait à l’un et telle coupe aux lignes pures à l’autre... Rapprocher les choses et les gens. Jouer à la marieuse. J’aimais offrir et j’aimais le petit morceau de vide qui s’en suivait. Il ne fallait pas tergiverser, hésiter.

    [ja] こんな環境の中にいるうちに、私は人に物をあげるという行為がすっかり好きになって来た。考えもなく勢いで何かをあげてしまっても、自分の直感は信じられた。この人には金色の花模様が入った黒い花瓶が似合う、この人にはこっちの形の整った皿がいいだろう、といった風に。物と人を近づける行為。仲人を演じる自分。私は物を贈ることも、その物が置かれていた場所の代わりに生まれる小さな空間も好きになった。弱腰になったりためらってはいけなかった。 125ページ
  • [fr] Tout se jouait en un instant : je recevais en donnant. Je donnais pour recevoir. J’étais moi et j’étais l’autre. Je transformais mon héritage en dons multiples. C’était un moment de grâce.

    [ja] 物を人にあげる行為は、あげる側の私も救われるという魅力的な瞬間となり、めったにない「交換」になっていた。与えることで何かを受け取り、受け取るために何かを与えていた。私は自分自身でありながら、自分を相手に重ねてもいた。自分の遺産を人に与えることで倍増させていったのだ。 125〜126ページ
  • [fr] Vider la maison des disparus exacerbe l’épreuve du deuil, en accuse toutes les émotions. Cette tâche révèle  comme une analyse chimique la moindre particule de nos attachements, de nos conflits, de nos désillusions. Même les endeuillés qui font venir des « Vide-Tout » ne peuvent faire l’économie ni de leur mémoire ni de leur douleur. Chacun s’y plonge.

    [ja] 亡くなった人の家を片づけるのは、「喪に服す」という試練に追い打ちをかけるようなものだ。まるで科学分析をするように、亡くなった人に自分が抱いていた愛情や葛藤、失望感を細かいところまで検出し表に出してしまう。たとえ遺品の処分を業者に任せたとしても、思い出や心の痛みをなくすことはできない。これは、子供ならば誰もが受ける試練なのだ。 132ページ

■フランス語原書と日本語訳 The original book in French and the Japanese translation


■上掲抜粋のうちのいずれかを掲載しているサイト
 Websites incorporating one or more of the excerpts above


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 07 March 2014

曹雪芹 《红楼梦》 《紅樓夢》 『紅楼夢』 (1) Dream of the Red Chamber / A Dream of Red Mansions / The Story of the Stone by Cao Xueqin (1)

■はじめに Introduction

18世紀中ごろの中国・清代に書かれた古典長編小説『紅楼夢』。その第一回(第一章)に収められている五言絶句の翻訳と原文を下に引用する。この詩の自虐的な詠いぶりから逆に、作者・曹雪芹(そう・せっきん)の創作への傾倒ぶりがうかがわれる。


 Gallery 1 
英訳版の表紙画像 Cover photos of English translations

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a En_9781596547049_gladys_yang b En_9780140442939_david_hawkes c En_9781475100921_h_bencraft_joly


■英訳 Translations into English

(E1) Yang, 2011
Pages full of fantastic talk
Penned with bitter tears;
All men call the author mad;
None his message hears.


(E2) Hawkes, 1973, 1977, 1980, etc.
Pages full of idle words
Penned with hot and bitter tears:
All men call the author fool;
None his secret message hears.


(E3) Bonsall, 1950s
Paper full of wildly impossible stories.
A handful of hot bitter tears.
Everyone says that the author is crazy.
Who can explain its inner flavour?


(E4) Wang, 1958
Pages full of unlikely words,
Handfuls of hot, bitter tears.
They call the author a silly fool,
For they know not what he means.


(E5) Joly, 1892
Pages full of silly litter,
Tears a handful sour and bitter;
All a fool the author hold,
But their zest who can unfold?

  • Hung Lou Meng, or, the Dream of the Red Chamber, a Chinese Novel, Book I, by Cao Xueqin. Translated by H. Bencraft Joly
  • E-text at:
  • Preview at Google Books

 Gallery 2 
邦訳版の表紙画像 Cover photos of Japanese translations

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a Ja_9784000286619_inami_2 b Ja_b000j8b8ue_iizuka c Ja_9784582761627_ito

d Ja_b000jb5c6c_fuji_takebe e Ja_9784003201817_matsueda


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 井波(陵) 2013
書かれたことは すべてでたらめ
絞る涙は どこまで苦い
みな言う 作者は痴(し)れ者と
読み解く人も 無いままに

  • 曹雪芹(そう・せつきん)=作 井波陵一(いなみ・りょういち)=訳 『新訳 紅楼夢 第1冊〈第1〜16回〉』 岩波書店 全7巻 2013-09-25
  • 訳者「底本・参照文献」(297ページ)によると、前八十回ぶんの底本は、庚辰本 『脂硯斎重評石頭記』 中華書局香港分局 1977年(影印本)。ここでは省くが、ほかに10種類のテキストを参照している。

(J2) 井波(律) 2010
書かれたことはすべて荒唐無稽(こうとうむけい)。
しぼる涙はどこまでも苦い。
人はみな作者は阿呆だと言い、
そのなかにこめられた意味を読み解いてくれる者もない。

  • 曹雪芹=作 井波律子(いなみ・りつこ)=訳 「満紙 荒唐の言」 自題一絶(自ら一絶を題す) 井波律子=著 『中国名詩集』 岩波書店 全7巻 2010-12-15

(J3) 飯塚 1980
紙をうずめて でたらめばかり
辛いなみだも あるものを
みんな作者を 痴という
ほんとの味も 知らないくせに

  • 曹雪芹=作 飯塚朗(いいづか・あきら)=訳 『世界文学全集 11 曹雪芹 高鶚 紅楼夢 1』 集英社 1980-01
  • 本文では「辛い」には「つらい」、「痴」には「こけ」とそれぞれルビが振ってあります。
  • 底本は訳者後記(461ページ)によると次のとおり。
    • 人民文学出版社1972年版の『紅楼夢』四冊本を使用したが、ときに兪平伯(ゆへいはく)校訂の『紅楼夢八十回校本』1974年版を用いて改訂し、また兪平伯輯(しゅう)の『脂硯斎(しけんさい)紅楼夢輯評』1975年版を参照して補訂した部分もある。

(J4) 伊藤 1958, 1969, etc.
でたらめの書に似たれど
しみとおるつらのなみだ
いわばいえ作者は痴よと
たれかこの味わい知らん

  • 曹霑(曹雪芹)=著 伊藤漱平(いとう・そうへい)=訳 『紅楼夢』
  • 引用は b. 中国古典文学大系版に拠りました。書には「ふみ」、作者には「かきて」、痴には「こけ」と、それぞれルビが振ってあります。
  • 底本は兪平伯校訂『紅楼夢八十回校本』(人民大学出版社、1958)ならびに付録の後四十回。さらに、訳者「あとがき」(585ページ)によると次のとおり。
    • また、兪平伯『校本』改訂版(63年)を参照したほか、前八十回は甲戌本をはじめ各種脂硯斎本の影印本により、後四十回は程甲本・程乙本・王希廉本その他の諸本により意を以て改めた個所がある[以下略]。

(J5) 松枝 1940, 1972, etc.
書いてあることはみな荒唐無稽の作り話であるが、
またこれ辛酸の涙で綴った物語でもある。
人はみな作者を痴れものと笑うであろうが、
誰かその中の真の味を解する者ぞ。

  • 詩の大意 第一回 曹雪芹=作 松枝茂夫(まつえだ・しげお)=訳
  • 引用は a. 1972年改訳版に拠りました。
  • 底本は訳者「おわりに」(348ページ)によると次のとおり。
    • 主として兪平伯校訂の『紅楼夢八十回校本』(人民文学出版社、1958)に拠ったが、わが意をもって多少改めたところもある。

■書き下し文 Kakikudashi-bun

満紙(まんし) 荒唐(こうとう)の言(げん)
一把(いっぱ) 辛酸(しんさん)の淚(なみだ)
都(み)な云(い)う 作者(さくしゃ)は痴(ち)なりと
誰(たれ)か其(そ)の中(うち)の味(あじ)を解(かい)さん

  • 曹雪芹=作 井波律子=訳 「満紙 荒唐の言」 井波律子=著 『中国名詩集』 岩波書店 2010-12-15

 Video 
[ja] 紅楼夢 (1987年TVシリーズ) 中国語音声 英語字幕
[zh] 红楼梦 (1987年电视剧)
[en] Dream of the Red Chamber (1987 TV series)

中国中央電視台製作。監督: 王扶林(ワン・フーリン) 出演: 欧陽奮強(オーヤン・フェンチアン)、陳暁旭(チェン・シャオシュー)。下に引用する詩の朗読は 2:35 から始まります。 Uploaded to YouTube by Hafo Dongya on 26 Jan 2015. Produced by CCTV. Directed by Wang Fulin. Starring Ouyang Feiqiang, Chen Xiaoxu. Reading of the poem below starts at 2:35


■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese

滿紙荒唐言,
一把辛酸淚!
都云作者痴,
誰解其中味?

  • 第一回 甄士隱夢幻識通靈 賈雨村風塵懷閨秀 紅樓夢 作者:曹雪芹
  • E-text at 維基文庫 (Wikisource)

■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese

满纸荒唐言,
一把辛酸泪!
都云作者痴,
谁解其中味?

  • 第一回 甄士隐梦幻识通灵 贾雨村风尘怀闺秀 红楼梦 作者:曹雪芹 
  • E-text at 脂砚斋重评石头记

■各種英訳版についての考察
《红楼梦》 汉英翻译泛谈 - 厦门大学外文学院 杨士焯


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016-04-24 リンク先のビデオが削除されていたので、同種の別のビデオにリンクを張り直しました。また、各種英訳版についての杨士焯による考察「《红楼梦》 汉英翻译泛谈」の画面を追加しました。
  • 2014-03-17 英訳版と邦訳版の表紙画像を追加しました。
  • 2014-03-12 井波陵一=訳 2013-09-25 の訳文を挿入しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »