« June 2014 | Main | August 2014 »

July 2014

Thursday, 31 July 2014

Cool Air by H. P. Lovecraft H・P・ラヴクラフト / ラブクラフト 「冷房室の怪」「冷気」「冷房をおそれる男」「冷房装置の悪夢」

        目次 Contents

■はじめに Introduction
 Video 1  Cool Air (2006 Video) trailer
 Video 2  Cool Air (1999)
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 大久保 2000   「冷気 クール・エア」
  (J2) 榎林 1988    「冷房室の怪」
  (J3) 片岡 1983    「冷気」
  (J4) 大瀧 1982, 1985 「冷気」
  (J5) 白木 1972    「冷房をおそれる男」
  (J6) 仁賀 1972, 1985 「冷気」
  (J7) 志摩 1961, 1971 「冷房装置の悪夢」
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese
  (Pt1) Virgula, 2014
  (Pt2) Vobiscum, 2007
  (Pt3) Paciornik, 2000, 2007
 Audio 1  スペイン語朗読 Audiobook in Spanish
 Audio 2  スペイン語朗読 Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Audio 3  英語朗読: ケイレブ・ディーン Audiobook read by Caleb Dean
 Audio 4  英語朗読: ジョナサン・デイヴィス Audiobook read by Jonathan Davis
 Audio 5  英語朗読: ニック・ギズバーン Audiobook read by Nick Gisburne
■英語原文 The original text in English
■外部リンク External links
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

「冷気」はアメリカの作家H・P・ラヴクラフトが1926年3月に書いた短篇ホラー小説。雑誌 Tales of Magic and Mystery 1928年3月号に掲載された。下に引用するのは、その冒頭部分。


 Video 1 
Cool Air (2006 Video) trailer

Uploaded to YouTube by LionsgateVOD on 2 May 2013. Director: Albert Pyun. Stars: Morgan Weisser, Crystal Laws Green, Jenny Dare Paulin.


 Video 2 
Cool Air (1999)

Uploaded to YouTube by arkhamdrivein on 2 May 2013. Director: Jack Donner, Ron Ford, Vera Lockwood.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 大久保 2000
 きみはいま説明してくれと言ったね。わたしがふと冷気が流れてくるとおびえる、その理由についてだ。そう、わたしはさむざむとした部屋に入ると、ひと以上に震えるし、おだやかな秋のぽかぽかした陽気の日でも、夕べごろにそっと寒気がしのびこむと、むかむかと吐き気がしてくるみたいでね。この寒さに対する反応を、悪臭に出くわしたときのそれと喩えるやつもいるが、無論じぶんでも、その意見に賛成してしまう。これから話すのは、わたしの人生のなかでも最も恐ろしい場面なんだが、それが本当にこのわたしの妙な癖をうまく説明しえるものなのかどうかは——判断はきみにまかせよう。

  • H・P・ラヴクラフト=著 大久保ゆう=訳 「冷気 クール・エア」 異形のもの Lovecraft mythos : オーディオブック : 朗読CD 録音ディスク 4枚組 (247分) 企画・制作:でじじ パンローリング 2000 「冷気」は DISC4 に収録されている。
  • 上のテキストはわたくし tomoki y. が録音を聴きながら書き起こしたものです。聞き取りに誤りがあるかもしれません。また、かりに聞き違いはなくとも、用字や仮名遣いや句読点などの表記が、訳者・大久保氏の念頭にあるものとは異なるかもしれません。

(J2) 榎林 1988
[他の本の引用箇所に相当する部分は訳出されていません - tomoki y.]

  • ラヴクラフト=作 榎林哲(えのきばやし・さとる)=文 「冷房室の怪」 『悪魔がぼくをよぶ』 ポプラ社文庫 怪奇・推理シリーズ 1988-04
  • 児童向けの再話。完訳ではありません。

(J3) 片岡 1983
 わたしが冷めたいすきま風をこれほどまでに嫌うのはなぜかと、お尋ねになるのですか? うすら寒い部屋に一歩あゆみ入ったとき人様の何倍も身慄いをしたり、おだやかな秋の日が暮れなずみ夕べの冷気がしのび寄る時刻、どうにもならぬおぞましさと嘔吐感を催すのは一体なぜかとおっしゃる? お前が冷気を嫌がるのは、ほかの人間が悪臭を嫌がるのに似ている、と言われることがよくありますが、まことにその通りなのです。実は、何ともいえぬ気味の悪い事件に出遭ったことがありましてね。ひとつ、その話をお聴き願って、わたしの奇妙な癖の説明になるかどうかご判断いただくとしましょう。


(J4) 大瀧 1982, 1985
 どうしてわたしが冷気を恐れるのか、説明しろというのか。冷房のきいた部屋に入るとき、普通以上に身を震わしたり、穏やかな秋の日の熱気のなかに夕暮の冷気がしのび寄るとき、吐き気や不快を催(もよお)すように見えたりするのは、どうしてなのかと。わたしの冷気に対する反応が世間一般の悪臭に対する反応とそっくりだという者もいるが、わたしとしてもそれを肯定するにやぶさかではない。これからわたしが出くわした最も恐ろしい出来事を話して、それがわたしの奇癖のしかるべき説明になるかどうか、その判断はきみたちにまかせよう。

  • H・P・ラヴクラフト=作 大瀧啓裕(おおたき・けいすけ)=訳 「冷気」
  • 引用は a. 創元推理文庫版 1985 に拠りました。

(J5) 白木 1972
 このわたしが、なぜ冷房装置をひどくこわがるのか、わけを話してくれというのですか。
 冷房装置のあるへやへはいっていくと、わたしが、きゅうにふるえだしたり、顔色がかわったり、気持ちがわるくなったりするのは、いったい、どういうわけなのか、おしえてくれというのですね。
 わたしが、ひやっとつめたい空気にふれて起こす反応は、まるで、ほかの人が悪臭をかいだとき起こす反応そっくりだという人もいるが、わたしもそのとおりだと思う。
 これから、わたしは、生まれてこのかた出あった事件のなかで、いちばんおそろしい、いま思ってさえ身の毛のよだつようなできごとをお話することにしよう。

  • ラブクラフト=作 白木茂(しらき・しげる)=訳 「冷房をおそれる男」 『怪談 2』 少年少女講談社文庫 1972-11-25
  • 原文は総ルビですが、ここではすべて略しました。

(J6) 仁賀 1972, 1985
 わたしが冷気の流れを怖がるわけを話してほしいといわれるのですね。冷たい部屋に入ると人一倍慄えたり、穏やかな秋の日の熱気のなかに、夕方の冷気が忍びこんでくると、嫌悪を感じたり、吐き気を催す理由をおたずねなのですね。
 わたしが寒さに対して示す反応は、さながら、ほかの人たちが悪臭に対して起こす反応と似ている、といわれます。わたしはその印象をあえて否定はしません。
 これからお話しすることは、わたしがこれまでに出会った最も恐ろしいできごとについてです。それがわたしの癖の説明になるかどうかは、あなたの判断にお任せします。


(J7) 志摩 1961, 1971
 なぜ私が冷房装置をあれほどこわがるのか、わけを話してくれとおっしゃるんですか。冷房装置のある部屋にはいっていくとき、私がほかの人たちよりもひどくふるえたり、おだやかな秋の日の、熱気のなかに、暮れがたの冷気がしのびよってくると、吐き気をもよおしたり、不快を感じたりするようにみえるが、どうしたわけかとおたずねになる。
 私が冷気に対しておこす反応は、まるで、ほかの人たちが悪臭に対しておこす反応そっくりだという人もいるが、私もそれを否定はしますまい。
 これから私は、生まれてこのかたでくわした事件のなかでもいちばん恐ろしい、身の毛のよだつような出来事をお話したい。
 私の奇癖の説明になるかどうか、その判断はそちらにおまかせすることにしよう。

  • H・P・ラヴクラフト=作 志摩隆(しま・たかし)=訳 「冷房装置の悪夢」
    • 矢野浩三郎=監修 日本ユニエージェンシー=編集 『恐怖と幻想 Vol.2』 月刊ペン社 1971-03-01
    • 別冊宝石 1961-09-15 No.108
  • 引用は a. 月刊ペン社版 1971 に拠りました。


■ロシア語訳 Translation into Russian

Вас удивляет, что я так боюсь  сквозняков?..  что  уже  на  пороге выстуженной комнаты меня бросает в дрожь?.. что мне становится  дурно, когда на склоне теплого осеннего дня чуть повеет  вечерней  прохладой? Про меня говорят, что холод вызывает во мне такое же отвращение, как у других людей -- мерзостный смрад; отрицать не стану. Я просто расскажу вам о самом кошмарном эпизоде моей жизни, -- после этого судите  сами, удивительно ли, что я испытываю предубеждение к холоду.

  • Говард Ф.Лавкрафт. Холод, (C) Перевод на русский язык. К. Тулуу, 1993.
  • E-text at Lib.Ru

■ドイツ語訳 Translation into German

Sie baten mich zu erklären, weshalb ich mich vor einem kühlen Luftzug ängstige; weshalb ich beim Betreten eines kalten Zimmers mehr als andere ersch auere und angeekelt und abgestoßen wirke, wenn der Abendfrost durch die Wärme eines milden Herbsttages kribbelt. Es gibt Leute, die sagen, ich reagiere auf Kälte so wie andere auf einen üblen Geruch, und ich bin der letzte, diese Wirkung zu bestreiten. Ich werde nur eben die grausigsten Umstände schildern, die mir je untergekommen sind, und es dann Ihrem Urteil anheimstellen, ob dies eine angemessene Erklärung für meine Eigenart liefert oder nicht.


■ポルトガル語訳 Translations into Portuguese

(Pt1) Virgula, 2014
Você me pede para lhe explicar por que temo uma corrente de ar frio; Pergunta por que tenho mais calafrios que os outros ao entrar numa sala fria, e pareço nauseado e repelido quando a frieza do anoitecer rasteja através do calor de um dia ameno de outono. Há quem diga que eu reajo ao frio como outros reagem a um mau cheiro, e eu sou o último a negar essa impressão. O que eu farei será um relato da mais horrível circunstância em que jamais me encontrei, e deixarei ao seu julgamento decidir se isso forma ou não uma explicação razoável para a minha peculiaridade.

  • Vento Frio by H. P. Lovecraft. Translated by Virgula.
  • E-text at Nerd Maldito

(Pt2) Vobiscum, 2007
Pediram-me que explicasse por que razão temo as correntes de ar frio, por que tirito mais que os outros ao adentrar uma casa fria e aparento sentir náuseas e repulsa quando o vento fresco do anoitecer começa a deslizar por entre a quente atmosfera de um aprazível dia outonal. Segundo alguns, reajo frente ao frio como outros fazem diante dos maus odores, impressão esta que não negarei. O que farei é relatar o fato mais impressionante que já me aconteceu, para que vocês julguem em conseqüência se constitui ou não razoável explicação desta minha peculiaridade. 


(Pt3) Paciornik, 2000, 2007
Pedem-me para explicar por que tenho medo de correntes de ar fresco, por que tirito mais do que os outros, ao entrar numa sala fria e pareço nauseado e repelido quando a friagem da noite se insinua pelo calor de um dia ameno de outono. Há quem diga que eu reajo ao frio como outros ao mau cheiro, e eu seria o último a negar essa impressão. O que farei é relatar a mais horrível situação que já encontrei e deixar que julguem se ela constitui ou não uma explicação aceitável para essa minha peculiaridade. 


 Audio 1 
スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish

下の引用箇所の朗読は 1:45 から始まります。 Uploaded to YouTube by Terror Y Nada Más on 20 Jan 2013. Reading of the excerpt below starts at 1:45.


 Audio 2 
スペイン語版オーディオブック Audiobook in Spanish


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Me pides que explique por qué siento miedo de la corriente de aire frío; por qué tiemblo más que otros cuando entro en un cuarto frío, y parezco asqueado y repelido cuando el escalofrío del atardecer avanza a través de un suave día otoñal. Están aquellos que dicen que reacciono al frío como otros lo hacen al mal olor, y soy el último en negar esta impresión. Lo que haré está relacionado con el más horrible hecho con que nunca me encontré, y dejo a tu juicio si ésta es o no una explicación congruente de mi peculiaridad.


■フランス語訳 Translation into French

Vous me demandez de vous expliquer pourquoi je crains l’air froid, pourquoi je tremble plus que les autres dès que j’entre dans une pièce froide, et parais malade, pris de nausées, lorsque la fraîcheur du soir s’insinue sous la chaleur d’un après-midi de fin d’automne. Il y en a qui disent que je réagis au froid comme d’autres à une mauvaise odeur ; je suis bien le dernier à les démentir. Ce que je vais faire maintenant, c’est vous rendre compte de l’incident le plus abominable qui me soit jamais arrivé et vous laisser le soin de juger, de dire s’il existe une explication satisfaisante à ces réactions qui vous étonnent.


 Audio 3 
英語原文のオーディオブック 朗読: ケイレブ・ディーン
Audiobook in English, read by Caleb Dean

Uploaded to YouTube by Calebd2 on 11 Feb 2014.


 Audio 4 
英語原文のオーディオブック 朗読: ジョナサン・デイヴィス
Audiobook in English, read by Jonathan Davis
Sffaudio_banner1100
録音を聴くにはここをクリックしてください。 To listen to the recording CLICK HERE


 Audio 5 
英語原文のオーディオブック 朗読: ニック・ギズバーン
Audiobook in English, read by Nick Gisburne

Uploaded to YouTube by Gisburne2000 on 3 Mar 2011.


■英語原文 The original text in English

You ask me to explain why I am afraid of a draught of cool air; why I shiver more than others upon entering a cold room, and seem nauseated and repelled when the chill of evening creeps through the heat of a mild autumn day. There are those who say I respond to cold as others do to a bad odour, and I am the last to deny the impression. What I will do is to relate the most horrible circumstance I ever encountered, and leave it to you to judge whether or not this forms a suitable explanation of my peculiarity.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015-02-20 ロシア語訳、ドイツ語訳、および3種類のポルトガル語訳を追加しました。
  • 2015-02-09 白木茂=訳 1972-11-25 および 仁賀克雄=訳 1972-05-30 の訳文を挿入しました。
  • 2015-01-31 仁賀克雄=訳 1972, 1985 および白木茂=訳 1972-11-25 の書誌情報を追加しました。訳文は追って挿入するつもりです。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 19 July 2014

Heart of a Samurai by Margi Preus マーギー・プロイス 『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』

■はじめに Introduction

『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』は、アメリカ人の児童文学作家マーギー・プロイスが英語で書いたジョン万次郎についての物語。史実にフィクションを交えて語られる。2011年に出版され、この年のニューベリー賞オナーの一つに選ばれた。同オナーはコールデコット賞とならんで米国でもっとも権威ある児童文学賞であるニューベリー賞の佳作に相当する。


 Images 
表紙画像 Cover photos

zh Zh_simp_1386212047327 zh Zh_trad_9789862168431_2 ja Ja_9784087734775

en 9780810989818


 Video 1 
Heart of a Samurai book trailer

Uploaded to YouTube by lautenbg on 16 Jan 2012.


 Video 2 
ジョン万次郎 1

Uploaded to YouTube by 竹内隆 on 8 Nov 2013.


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) tomoki y. 2014
 「故郷(くに)のことを考えてたのかい?」五右衛門が言った。
 万次郎は、うなずいた。
 「サムライになるという夢も、かなわなかったな。ええ、万次郎?」
 「そうかい?」 万次郎は問い返した。
 「たとえ故郷(くに)に帰れたとしても、なれっこないのは、わかってるだろ。サムライの家に生まれなけりゃ、サムライにはなれない。おまえは漁師の息子として生まれた。だから、漁師になる。もしおまえに息子ができたら、そいつも漁師になる。そういうもんだ。これまで、ずっとそうだった。これからも、ずっとそうさ」
 万次郎はため息をついた。そういう理屈だ。今までずっと、そういう理屈だった。これからもずっとそういう理屈がなりたつんだろうか。

  • マーギー・プロイス=著 Tomoki Yamabayashi=部分訳 『ジョン万次郎 サムライ魂』 tomokilog 2014-07-19
  • 金原氏の下の邦訳を、あえて見ずに作った拙訳です。おそまつさま。

(J2) 金原 2012
 「故郷(くに)のことを考えてるのか?」五右衛門がきいた。
 万次郎はうなずいた。
 「侍にはどうやったってなれないよなぁ、万次郎」
 「どうして?」
 「故郷(くに)に帰れたとしても、なれっこない。わかってるくせに。おまえは侍の家に生まれたんじゃないから。漁師の息子に生まれたもんは、漁師になる。おまえの息子だって、やっぱり漁師になる。そういうもんだ。これまでずっとそうだったし、これからもずっ とそうさ」
 万次郎はため息をついた。そういうもんだからこそため息が出る。これまでずっとそうだったし、これからもずっとそうだろう。


■英語原文 The original text in English

   "Thinking about home?" Goemon said.
   Manjiro nodded.
   "I guess you'll never become a samurai now, huh, Manjiro-chan?"
   "Why not?" Manjiro asked.
   "Even if we should get home, you know very well you can't be. You weren't born into a samurai family. You were born a fisherman's son and you will be a fisherman, and any sons you have, they also will be fishermen. That is the way it is; that is the way it has always been; that is the way it will always be."
   Manjiro sighed. That was always the reason; that had always been the reason; and, he supposed, that would always be the reason.


 eBook Sample  Chapter 1


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 17 July 2014

The Lamp by Agatha Christie アガサ・クリスティ / アガサ・クリスティー / アガサ・クリスチィ 「屋根裏の足音」「ぶきみな足音」「ふしぎな足音」「神の燈」「ランプ」

■はじめに Introduction

「ランプ」はアガサ・クリスティが書いた短篇小説。1933年に出版された短篇集『死の猟犬』に収録されている5番目の作品。


 Images 
死の猟犬—表紙画像 The Hound of Death: Cover photos

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_9787221046840_ zh Zh_trad_9789573251514 ja Ja_b009demin6_kindle

et Et_9789985926604_surmahagijas ru Ru_9785699327515_ sr Sr_pas_smrti_

da Da_ddens_tegn_og_andre_mysterier it It_9788804519232_il_segugio_della_m pt Pt_9789724149479_o_cao_da_morte

en En_9780007154876 en Hound_of_death_first_editioni


■中国語訳(簡体字) Translation into simplified Chinese

  “这栋房子出了什么问题?”
  拉迪斯先生吃了一惊。
  “当然,一栋没有装修的房子,总是多多少少有点阴暗的。”他无力地搪塞着。
  “胡说,”兰开斯特太太说道,“这样的房子只要如此低的租金——纯粹是名义上的,里面肯定有原因。我猜想,这栋房子是不是一栋鬼屋?”
  拉迪斯先生吓了一跳,有点儿慌慌张张的,但是,他什么也没说。


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

  「這棟房子出了什麼問題?」
  拉迪斯先生吃了一驚。
  「當然,一棟沒有裝修的房子,總是多多少少有點陰暗的。」他無力地搪塞著。
  「胡說,」蘭開斯特太太說道,「這樣的房子只要如此低的租金——純粹是名義上的,裡面肯定有原因。我猜想,這棟房子是不是一棟鬼屋?」
  拉迪斯先生嚇了一跳,有點兒慌慌張張的,但是,他什麼也沒說。


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 各務 1992
「この家には、なにがあるんです?」
 ラディッシュ氏は、あわててしまった。
「たしかに、ちょっと暗い感じがありますが、それもまだ家具がはいっていないためでして……」
 ラディッシュ氏は、なんとかいいのがれようとした。
「つまらないいいわけなどおよしなさい。これだけの家が、ほんの申しわけていどの家賃だなんて——それだけの理由がなければ嘘です。この家は幽霊屋敷かなにかでしょう?」
 ラディッシュ氏は、おちつかなげな目で相手を見た。しかし、だまっていた。

  • アガサ・クリスティー=著 各務三郎(かがみ・さぶろう)=訳 「ランプ」 『カーマイケル卿事件』 アガサ・クリスティー探偵名作集10 岩崎書店 1992-03-20
  • 児童書ですが完訳です。ルビは省略しました。

(J2) 吉原 1988
「この家でなにがあったんですか?」
 不動産屋はドキッとしたようだ。
「家具がおいてない家は、どうしても、少し陰気(いんき)な感じになるものでございますよ。」
 なんとかうまく返事をはぐらかそうとしている。
「そんなことじゃありませんのよ。こんなりっぱな家にしては家賃が安すぎます……ほんの形ばかりですもの。なにかわけがあるはずよ……幽霊(ゆうれい)がでるんでしょう?」
 不動産屋はこまったようにモジモジしたが、なにもいわなかった。

  • クリスティ=作 吉原桂子=訳 「屋根裏の足音」 A・クリスティ=作 久米穣(くめ・みのる)=編 『血ぬられた花嫁』 ポプラ社文庫 怪奇・推理シリーズ 1988-03
  • 児童向けの再話。完訳ではありません。

(J3) 深町 1979, 1986
「で、この家は、いったいどうしたっていうんです?」
 不意をくらって、ラディッシュ氏はぎくりとしたが、それでも、弱々しく言いのがれた。
「ま、ご承知のとおり、家具のはいっていない家というのは、いつの場合も、少々陰気なものでして」
「ばかおっしゃい。」ランカスター夫人は言った。「これだけの家にしては、家賃がばかに安すぎます——まったく形ばかりの額といってもいいほどですよ。それにはなにか理由があるはずです。まさか幽霊屋敷じゃないでしょうね?」
 ラディッシュ氏はもじもじしたが、なにも言わなかった。

  • アガサ・クリスティー=作 深町眞理子=訳 「ランプ」
  • a は b の語句や表記の一部を改めるなど、細部を修正したもので、児童書ではありますが、いちおう完訳です。引用は b 講談社文庫版 1979 に拠りました。

(J4) 阿部 1979
「いったいこの家は、どんな事情があるんです?」
 この不意打ちに、ラディッシュは面くらった。
「そりゃ、家具が入っていないと、家の中は多少陰気くさいもんですよ」と心細い言いわけをした。
「何をおっしゃるの」とランカスター夫人、「こんな立派な家にしては、お家賃が安過ぎておかしいというんですよ。まるで型ばかり貰っておけばよかろうと言わんばかりじゃありませんか。何かわけがあるんでしょう。この家、幽霊屋敷なんでしょう?」
 ラディッシュ氏はちょっとぎくりとしたが、何もいわなかった。

  • アガサ・クリスティー=作 阿部主計(あべ・かずえ)=訳 「ランプ」 武田武彦=編 『怪奇ファンタジー傑作選 海外版』 集英社文庫コバルトシリーズ 1979-08-15
  • 傍点を下線で置き換えました。

(J5) 北村 1975
「でも、この家になにがあったの?」
 ラディッシュ氏はぎくりとしながら、
「もちろん、家具のない家のなかといいますのは、その、陰気に見えるものです。」
 と、弱々しい声でこたえた。
「明るい照明や、新しい家具がはいれば見ちがえるほど——。」
「おやめなさい。」
 と、ランカスター夫人が周旋屋の話をさえぎった。
「これだけの家にしては売り値が安すぎるわ——ほんの名ばかりですものね。それにはなにか理由があるにきまってます。幽霊でもでるんじゃないの?」
 ラディッシュはうろたえて、話をほかのことにかえようとした。

  • アガサ・クリスティー=作 北村良三(きたむら・りょうぞう)=訳 「ぶきみな足音」 『幽霊 怪奇の世界 5』 朝日ソノラマ 1975
  • 北村良三とは長島良三(ながしま・りょうぞう)の別名。児童向けの再話。完訳ではありません。原文は総ルビですが、ここではそれをすべて省略しました。

(J6) 白木 1972, 1986, etc.
「この家は、いったいどうしたというのですか? なにかわけでもあるのでしょうか?」
 ラディッシュは、いきなりこういわれて、びっくりした。が、そこは不動産屋だけあって、こころえたように返事をした。でも、そのことばは、どこかよわよわしかった。
「そりゃ、家具のないがらあんとした家というものは、いつもすこしばかり陰気なものなんですがね。」
「そんなことをうかがっているわけじゃありませんわ。このくらい大きな家にしては、家賃がばかに安いことをいっているのです。それには、かならずなにか理由があるにちがいありません。しょうじきにいってください。この家は幽霊屋敷なんでしょう?」
 ラディッシュは、ちょっとぎくりとしたが、それについては、なにもいわなかった。

  • クリスティー=作 白木茂(しらき・しげる)=訳 「ふしぎな足音」
  • 児童向けの再話。完訳ではありません。引用は a. 講談社 青い鳥文庫 Kシリーズ 1996 に拠りました。原文は総ルビですが、ここではそれをすべて省略しました。

(J7) 小倉 1971, 1979, etc.
「このうちはいったいどうしたというんです?」
 ラディッシュは不意打ちをくっておろどいた。
「そりゃあ家具が入らない家は、どうしたって多少は陰気くさくなりますよ」と彼は力のない声で言いのがれを言った。
「冗談でしょう。これだけの家にしちゃ、家賃がばかみたいに安いじゃありませんか……まるでただみたいですものね。何かそれにはわけがあるんでしょう。ここ、幽霊屋敷なんでしょう?」
 ラディッシュは臆病風に吹かれてすこしばかりギクッとしたが、何も言わなかった。

  • アガサ・クリスティー=作 小倉多加志(おぐら・たかし)=訳 「ランプ」
    • 死の猟犬』 クリスティー文庫 早川書房 2004-02-13
    • 死の猟犬』 ハヤカワ・ミステリ文庫 1979-03-31
    • 死の猟犬』 A Hayakawa Pocket Mystery Book 1971
  • 引用は a. クリスティー文庫 2004 に拠りました。

(J8) 邦枝 1968, 吉川 1976
「この家になにがあったの?」
 ラディッシュ氏はぎくりとした。
「もちろん、家具のない家というのは、いつも陰気なものでして」彼は、弱々しい声で、話をそらそうとした。
「おやめなさい」とランカスター夫人は言った。 「これだけの家にしては家賃が安すぎるわ——ほんの名ばかりですものね。それにはなにか理由があるにきまってるわ。この家には幽霊でも出るんじゃないの?」
 ラディッシュ氏はびくりとしたが、なにも言わなかった。

  • アガサ・クリスティー=作 吉川昌一/邦枝輝夫=訳 「神の燈」 
    • 吉川昌一=訳 「神の燈」 A・ヒチコック=選 『一ダースの戦慄』 精選世界恐怖小説 Tokuma Novels 徳間書店 1976
    • 邦枝輝夫=訳 「神の燈」 ヒチコック=選 邦枝輝夫=訳 『私が選んだもっとも怖い話』 徳間書店 ワールドホラー・ノベルシリーズ 1968-06-15
  • a は b を改題したもの。a の吉川昌一と b の邦枝輝夫は同一人物だと思われます。

(J9) 厚木 1966, 2004
「この家はいったいどうしたというのです?」
 ラディッシュ氏は不意打ちをくった。
「むろん、家具をそなえていない家は、いつも少々陰気なもんですがね」と弱々しく言いのがれる。
「ばかばかしい」ランカスター夫人は言った。 「このくらいの家にしては、おかしなほど低い家賃ですよ——まったく名目(めいもく)的な。それには何か理由があるはずです。この家は幽霊屋敷なんでしょう?」
 ラディッシュ氏は、ちょっとぎくりとしたが、何も言わなかった。

  • 厚木淳(あつき・じゅん)=訳 「ランプ」
  • 創元推理文庫では、かつて著者名を「クリスチィ」と表記していたが、後に「クリスティ」と改めた。引用は b. 創元推理文庫 1966 に拠りました。

■ロシア語訳 Translations into Russian

(Ru1)
   - Так что все-таки с этим домом? Мистер Рэддиш был застигнут врасплох.
   - Без мебели дом всегда выглядит несколько мрачноватым, - попытался выкрутиться он.
   - Чепуха, - отрезала миссис Ланкастер. - И все-таки, почему такая смехотворная цена - за целый особняк! Должны же быть какие-то причины... Видимо, тут обитают призраки.
   Мистер Рэддиш нервно повел головой, но ничего не сказал.

  • Агата Кристи - Лампа
  • E-text at coollib.com

(Ru2)
   — Так что же все-таки с этим домом?
   Мистер Рэддиш был застигнут врасплох.
   — Разумеется, дом без мебели всегда выглядит несколько мрачновато, — промямлил он.
   — Чепуха, — парировала миссис Ланкастер. — Арендная плата за такой особняк смехотворно низкая, почти никакая. Должна же быть какая-то причина для этого. Возможно, здесь обитают привидения?
   Мистер Рэддиш нервно дернулся, но промолчал.

  • Лампа by Агата Кристи. Litres, 2013-10-01
  • Preview at Google Books

(Ru3) Гурского
   – С этим домом что-то неладно?
   Мистер Раддиш был поражен.
   – Конечно, помещение без мебели и жильцов всегда выглядит немного мрачным, – слабо отпарировал он.
   – Вздор, – сказала миссис Ланкастер. – Арендная плата смехотворно мала. Этому должна быть какая-то причина. Ходят слухи о привидениях?
   Мистер Радиш нервно вздрогнул, но ничего не сказал.


■ドイツ語訳 Translation into German

   »Was ist mit diesem Haus los?«
   Mr. Raddish tat sehr verwundert.
   »Ein unbewohntes Haus wirkt immer ein wenig unheimlich. Das ist natürlich«, parierte er schwach.
   »Unsinn«, sagte Mrs. Lancaster. »Die Miete ist lächerlich niedrig für das Haus, rein nominell - so, als ob man aus bestimmten Gründen sich nicht getrauen würde, es gleich zu verschenken. Dafür muß es doch einen Grund geben. Ich nehme an, es spukt hier.«
   Mr. Raddish schüttelte nervös auflachend den Kopf, sagte aber nichts.


■イタリア語訳 Translation into Italian

   «Cosa c’è che non va, qui dentro?»
   Il signor Raddish fu colto di sorpresa.
   «Beh una casa senza mobili è sempre un po’ triste», tentò di parare.
   «Sciocchezze», ribatté la Lancaster. «L’affitto che chiede è ridicolo, per una casa del genere. Puramente simbolico. Quindi, dev’esserci una ragione. La casa è infestata?»
   Il signor Raddish trasalì, ma non disse niente.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

   —¿Qué ocurre con la casa?
   El señor Raddish, cogido de sorpresa, contestó débilmente:
   —Una casa sin amueblar resulta siempre algo lúgubre.
   —Eso no justifica un alquiler tan bajo. Debe de haber algún motivo. ¿Está encantada?
   El agente dio un respingo, si bien no contestó.


■フランス語訳 Translation into French

   — Que se passe-t-il dans cette maison ?
   M. Raddish ne s’attendait pas à cette attaque.
   — Évidemment, les maisons ont toujours un petit côté lugubre quand elles ne sont pas meublées, hasarda-t-il.    — Ne me racontez pas de sornettes. Le loyer est ridiculement bas pour une telle maison – symbolique, en fait. Il doit y avoir une raison à cela. Je présume que la maison est hantée ?
   M. Raddish sursauta légèrement, mais garda le silence.


 Audio 
英語原文のオーディオブック Audiobook in English

下の引用箇所の朗読は 2:16 から始まります。 Uploaded to YouTube by John Hudson on 21 Jun 2012. Reading of the excerpt below starts at 2:16.


■英語原文 The original text in English

   "What is the matter with the house?"
   Mr Raddish was taken by surprise.
   "Of course, an unfurnished house is always a little gloomy," he parried feebly.
   "Nonsense," said Mrs Lancaster. "The rent is ridiculously low for such a house - purely nominal. There must be some reason for it. I suppose the house is haunted?"
   Mr Raddish gave a nervous little start but said nothing.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-07-19 深町眞理子訳の書誌情報を修正しました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2014 | Main | August 2014 »