« July 2014 | Main | October 2014 »

August 2014

Sunday, 24 August 2014

What do you believe? by Doring Kindersley ドーリング・キンダースリー 『目で見る宗教—何をめざして生きるのか?』

■はじめに Introduction

『目で見る宗教—何をめざして生きるのか?』は、ドーリング・キンダースリー社が編集し出版した児童書。英語版原書も日本語訳も、どちらも2011年に出版された。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、シーク教など、世界のさまざまな宗教について、それぞれの教えの内容や根底にある考え方、めざす世界などを紹介している。


■日本語版サンプルページ Japanese edition sample page
Ja_9784378041308_

毛髪とひげ
人は髪型によって何かを伝えることができる。自らの信仰を表明することもだ。

その人の髪の手入れを見ただけで、ある宗教の信者だとわかる場合がある。たとえばシーク教徒は散髪をしない。神が創造したものに手を加えてはならないと考えるからだ。一方、ヒンドゥー教徒は、神々に身を捧げることを示すために、特別な儀式をおこない、髪をそる。

      切るべきか…       …切らざるべきか
        浄化のため           ムハンマドにならって
        俗世間との縁を断つため     あるがままが一番
        服従のため           虚飾に背をむけて
        少し残して           神を恐れて


■英語版サンプルページ English edition sample page
En_9781405362856_what_do_you_believ
Image source: Dorling Kindersley

HAIR  do's and don'ts
You can make a real statement with hair -- including a declaration of religious belief.

What people do with their hair can identify them as a follower of certain religions. For example, Sikhs won't cut their hair as it is a natural symbol of God's perfect creation. On the other hand (or head), some Hindus remove hair as a symbolic offering of service to their gods at special ceremonies.

      To cut...         ...or not to cut
        For purification        To be like Muhammad
        To reject the world       It's perfect as it is!
        For submission         To avoid vanity
        Not quite all          In fear of God

  • What do you believe? edited by Doring Kindersley. Foreword by Aled Jones. Published by Dorling Kindersley, 2011

■外部リンク External links


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 20 August 2014

The Landlady (from Kiss Kiss) by Roald Dahl ロアルド・ダール(『キス・キス』から)「女主人」

           目次 Table of Contents

   ■はじめに Introduction
   ■中国語訳(簡体字) Translation into traditional Chinese
   ■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 田口 2014
     (J2) 陰陽師 2009
     (J3) 開高 1960, 1974, etc.
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■チェコ語訳 Translation into Czech
   ■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
   ■ドイツ語訳 Translation into German
   ■オランダ語訳 Translation into Dutch
   ■イタリア語訳 Translation into Italian
   ■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translation into French
    Video  The Landlady (TV 1979)
    Audio 1  Radio Play - The Landlady
    Audio 2  100 Days of Narration - Day #65 The Landlady
   ■英語原文 The original text in English
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

「女主人」はロアルド・ダールが書いた短篇小説。雑誌「ニューヨーカー」 1959年11月28日号に掲載された。また、翌1960年にクノップフ社から出版されたダールの3冊めの短篇集『キス・キス』に収録された。下に引用するのは、小説の冒頭部分。


■中国語訳(簡体字) Translation into traditional Chinese

  比利·威弗乘午后的慢车从伦敦出外旅游,在斯温顿换了车,到达巴思时已是晚上九点来钟,可以看见车站出口对面的房屋笼罩在一片月色之中。天气异常冷,寒风象冰铲一样直刺脸孔。
   " 对不起," 他说," 请问附近有便宜点的旅店吗?"


■中國語譯(繁體字) Translation into traditional Chinese

  比利·威弗乘午后的慢車從倫敦出外旅游,在斯溫頓換了車,到達巴思時已是晚上九點來鐘,可以看見車站出口對面的房屋籠罩在一片月色之中。天氣異常冷,寒風象冰鏟一樣直刺臉孔。
  "對不起,"他說,"請問附近有便宜點的旅店嗎?"


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 田口 2014
 ビリー・ウィーヴァーは午後の鈍行列車に乗ってロンドンを発った。途中、スウィンドンで乗り換え、バースに到着する頃にはすでに夜の九時前後になっていた。通りをはさんで改札口とは反対側の家並みの上、星がきらめく澄んだ夜空に月がくっきりとかかっていた。空気は死ぬほど冷たく、頬にあたる風はまるで氷の刃のようだった。
「ちょっとお尋ねします」と彼はポーターに尋ねた。「この近くに格安のホテルはありませんか?」

  • ロアルド・ダール=作 田口俊樹(たぐち・としき)=訳 「女主人」 『キス・キス』 新訳版 ハヤカワ・ミステリ文庫 早川書房 2014-05-15

(J2) 陰陽師 2009
 ロンドンから午後の鈍行列車に乗ったビリー・ウィーヴァーが、途中スウィンドンで乗り換えてバースに着いたときは、夜も九時近くになっていた。駅を出ると、向かいの家並みの上にひろがる澄んだ星空を背に、月がぽっかりと浮かんでいる。凍てついた空気のなか、頬に吹きつける風は氷のやいばのようだった。
「すいません」彼は声をかけた。「このあたりに安く泊まれるところはありませんか」

  • ロアルド・ダール=作 陰陽師=訳 「女主人」 ghostbuster's book web 初出2009-07-27から2005-08-05にかけて 改訂 2009-08-13

(J3) 開高 1960, 1974, etc.
 ビリイ・ウィヴァーは午後の鈍行列車で、はるばるロンドンからやってきた。途中、スインドンで一度乗りかえ、バース駅に着いた時にはもう夜の九時、駅の出口の、向かい側に並んだ家々のかなたから、澄み切って星々の輝く夜空へと、月が上ってゆくところだった。しかし、空気はおそろしく凍てついて、風は広刃の剣のように彼の頬を切りつける。
「ちょっと訊きたいんだけど」と、彼は赤帽にいった。「ここらあたりに、安いホテルはない?」

  • ロアルド・ダール=作 開高健(かいこう・たけし)=訳 「女主人」
    • キス・キス』 異色作家短篇集 1 新装版 早川書房 2005-10-15
    • キス・キス』 異色作家短篇集 1 改訂新版 早川書房 1974-09
    • キス・キス』 異色作家短篇集 1 早川書房 1960-12
  • 引用は a. 早川書房版 2005 に拠りました。

■ロシア語訳 Translation into Russian

Билли  Уивер  приехал из  Лондона на обычном дневном поезде,  сделав  в  дороге  пересадку в  Суиндоне,  и к тому времени,  когда  добрался  до  Бата,  было часов  девять вечера.  Над домами,  против дверей  вокзала, в  чистом звездном небе всходила луна. Но воздух был  страшно холодный, и ледяной ветер обжигал щеки.
   -  Простите,  -  спросил он у  носильщика,  -  нет ли здесь  неподалеку  недорогой гостиницы?


■チェコ語訳 Translation into Czech

Billy Weaver cestoval z Londýna odpoledním osobním vlakem a navíc musel ve Swindonu přestupovat, takže než se dostal sem do Bathu, bylo kolem deváté večer. Nad domy naproti vchodu do nádraží, na jasné obloze poseté hvězdami, právě vycházel měsíc. Bylo velice chladno a studený vítr ho řezal do tváří jako ledovou břitvou.
   "Promiňte," řekl. "Je tady někde blízko slušný a ne moc drahý hotel?"


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Billy Weaver kom fra London med ettermiddagstoget, et somletog med overgang ved Swindon. Klokken ble ni om kvelden før han var fremme i Bath. Det var stjerneklart, og månen kom akkurat opp over hustakene rett overfor stasjonsinngangen. Men det var drepende kaldt i luften, vinden svøpte is-folie over kinnene.
   “Unnskyld,” sa han, “men finnes det et rimelig hotell ikke så altfor langt unna?”

  • Pensjonatvertinnen by Roald Dahl.
  • E-text at Nett Norsk [PDF]

■ドイツ語訳 Translation into German

Billy Weaver hatte London nachmittags mit dem Personenzug verlassen, war unterwegs in Swindon umgestiegen, und als er in Bath ankam, war es etwa neun Uhr abends. Über den Häusern am Bahnhof ging der Mond auf; der Himmel war sternklar, die Luft schneidend kalt, und Billy spürte den Wind wie eine flache, eisige Klinge auf seinen Wangen.
   « Entschuldigen Sie », sagte er, « gibt es hier in der Nähe ein nicht zu teueres Hotel ? »


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Billy Weaver was die middag met de stoptrein uit Londen vertrokken en had in Swindon moeten overstappen, dus toen hij 's avonds in Bath aankwam was het al een uur of negen en kwam de maan net op aan een heldere sterrenhemel boven de huizen tegenover de ingang van het station. Maar het was verschrikkelijk koud en de wind streek als een bot mes van ijs langs zijn wangen.
   'Mag ik u iets vragen,' zei hij. 'Weet u hier in de buurt misschien een redelijk goedkoop hotel?'

  • De hospita by Roald Dahl
  • E-text at Boek.be [PDF]

■イタリア語訳 Translation into Italian

Billy Weaver aveva viaggiato da Londra in treno nel pomeriggio lento, con un cambio di Reading sulla strada, e quando arrivò a Birca le nove di sera, e la luna, che saliva dalla un cielo stellato sopra le case di fronte all'ingresso della stazione. Ma l'aria era fredda mortale e il vento come una lama piatta di ghiaccio sulle guance.
   "Mi scusi," disse, "ma c'è un albergo abbastanza a buon mercato non troppo lontano da qui?"


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

Billy Weaver partiu de Londres no vagaroso trem da tarde, com baldeação em Reading. Já eram nove horas da noite quando finalmente chegou em Bath. A lua começava a se levantar por cima das casas do outro lado da estação, num céu claro e estrelado. Mas o tempo era bastante frio, e o vento parecia uma lâmina de gelo a golpear-lhe as faces.
   — Com licença, mas será que existe algum hotel razoavelmente barato aqui por perto?


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Billy Weaver había salido de Londres en el cansino tren de la tarde, con cambio en Swindon, y a su llegada a Bath, a eso de las nueve de la noche, la luna comenzaba a emerger de un cielo claro y estrellado, por encima de las casas que daban frente a la estación. La atmósfera, sin embargo, era mortalmente fría, y el viento, como una plana cuchilla de hielo aplicada a las mejillas del viajero.
   —Perdone —dijo Billy—, ¿sabe de algún hotel barato y que no quede lejos?


■フランス語訳 Translation into French

Billy Weaver arriva à Bath après avoir passé l'après-midi dans le train et changé d'omnibus à Reading. Il était près de neuf heures du soir et la lune se levait, escortée d'un essaim d'étoiles, au-dessus des maisons qui faisaient face à la gare. Mais le froid était vif et le vent armé de milliers de lames de rasoir.
   - Excusez-moi, dit Billy, connaissez-vous un hôtel pas trop cher, dans le coin ?


 Video 
The Landlady (TV 1979)

Uploaded to YouTube by Literature Today UK on 6 Feb 2011. Director: Herbert Wise Stars: Roald Dahl, Siobhan McKenna, Leonard Preston


 Audio 1 
Rado Play - The Landlady

Uploaded to YouTube by combevideo on 7 Jan 2013.


 Audio 2 
100 Days of Narration - Day #65 The Landlady

下の引用箇所の朗読は 3:34 から始まります。 Uploaded to YouTube by Omahdon on 17 May 2013. Reading of the excerpt below starts at 3:34 .


■英語原文 The original text in English

Billy Weaver had travelled down from London on the slow afternoon train, with a change at Swindon on the way, and by the time he got to Bath it was about nine o’clock in the evening and the moon was coming up out of a clear starry sky over the houses opposite the station entrance. But the air was deadly cold and the wind was like a flat blade of ice on his cheeks.
   “Excuse me,” he said, “but is there a fairly cheap hotel not too far away from here?”


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2016-05-08 ラジオドラマの YouTube 画面を追加しました。
  • 2016-04-21 外部リンクに「誤訳に学ぶ英文法 柴田耕太郎」の項を追加しました。
  • 2014-08-29 陰陽師訳 2009 を追加しました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sunday, 10 August 2014

荘子 雑篇 第三十二 列御寇篇 巧者は労して知者は憂う Chapter 32, Lieh Yu Kou, The Zhuangzi (The Book of Chuang-tzu)

           目次 Table of Contents

   ■はじめに Introduction
   ■ロシア語訳 Translation into Russian
   ■ポーランド語訳 Translation into Polish
   ■スペイン語訳 Translation into Spanish
   ■フランス語訳 Translation into French
   ■英訳 Translations into English
     (E1) Correa, 2012
     (E2) Palmer & Breuilly, 2006
     (E3) Graham, 2001
     (E4) Mair, 1998
     (E5) Watson, 1968
     (E6) Legge, 1891
     (E7) Giles, 1889
   ■日本語訳 Translations into Japanese
     (J1) 興膳 2004, 2013
     (J2) 池田 1986, 2014
     (J3) 金谷 1983
     (J4) 倉石+関 1973
     (J5) 森 1968, 1974, etc.
     (J6) 福永 1967, 1978
     (J7) 遠藤+市川 1967
     (J8) 岸 1965, 1973, etc.
    Video   1987 TV 紅楼夢 红楼梦 Dream of the Red Chamber
    eBook  南華真經 (1804) 電子書籍 Nan hua zhen jing (1804) eBook
   ■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese
   ■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese
   ■外部リンク External links
   ■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

下に引用するのは、荘子 列禦寇(列御寇, れつぎょこう) 第三十二からの抜粋。


■ロシア語訳 Translation into Russian

Умелые трудятся,  знающие  печалятся,  неспособные  же  ни  к  чему  не стремятся.  Набив  живот,  привольно  скитаются они, подобно отвязавшемуся в половодье челну: он пуст и свободно несется неведомо куда.

  • Глава XXXII. Ле Юйкоу. Чжуан-цзы. Перевод В. В. Малявина. Файл из библиотеки Олега Аристова.
  • E-text at Lib.Ru

■ポーランド語訳 Translation into Polish

"Ci, którzy posiadają umiejętności, trudzą się, a ci, którzy mają wiedzę — smucą się. Tylko nieudolni nie dążą do niczego, jedzą do syta, wędrują bez troski, dając się unosić [naturalnemu biegowi rzeczy] jak łódź nie uwiązana, pusta i błąkająca się bez celu!“

  • Rozdział XXXII, Lie Jü-K'ou. Czuang-tsy - Nan-Hua-Czên-King. Translated by Witold Jabłoński, Janusz Chmielewski, and Olgierd Wojtasiewicz. Published by SiemaBuraki.
  • E-text at Scribd 

■スペイン語訳 Translation into Spanish

El inteligente sigue trabajando y el sabio se angustia. No obstante, alguien que no tiene habilidades no busca nada. Come lo que desea y vaga por ahí, yendo de un lado a otro como una barca vacía, sin dirección, vacuamente.


■フランス語訳 Translation into French

Les gens adroits se dépensent, les gens intelligents se tourmentent tandis que l'homme sans capacités ne cherche rien ; il mange à sa faim et va de-ci de-là, dérivant comme un bateau sans amarres.


■英訳 Translations into English

(E1) Correa, 2012
"The clever ones keep working hard at being clever and the knowledgeable ones worry about how knowledgeable they are. Those without any talents whatsoever have no concept of looking for anything. They're satisfied with having a good meal and go drifting from there. They float about as though they're on an unmoored boat, dwell in a void and are drifters and wanderers."


(E2) Palmer & Breuilly, 2006
The clever person labours on and the wise person is distressed. However, someone without skills looks for nothing. He eats what he wants and wanders around, drifting like an empty boat, aimlessly, vacuously.

  • Chapter 32, Lieh Yu Kou.  The Book of Chuang Tzu by Chuang Tzu. Translated by Martin Palmer and Elizabeth Breuilly. Penguin Classics. Penguin UK, 2006. Preview at Amazon.co.jp

(E3) Graham, 2001
The skilful toil, the clever worry,
Have no abilities and you'll have no ambitions.
Eat your fill and stroll as you please,
Adrift like a boat loose from its moorings.


(E4) Mair, 1998
The clever are wearied and the wise are worried,
But he who is incapable seeks nothing.
He eats his fill and goes a-rambling,
Drifting like an unmoored boat —
An empty rambler 'tis he.


(E5) Watson, 1968
"The clever man wears himself out, the wise man worries. But the man of no ability has nothing he seeks. He eats his fill and wanders idly about. Drifting like an unmoored boat, emptily and idly he wanders along."


(E6) Legge, 1891
'The clever toil on, and the wise are sad. Those who are without ability seek for nothing. They eat to the full, and wander idly about. They drift like a vessel loosed from its moorings, and aimlessly wander about.'


(E7) Giles, 1889
"The shrewd grow weary, the wise grieve. Those who are without abilities have no ambitions. With full bellies they roam happily about, like drifting boats, not caring whither they are bound."


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 興膳 2004, 2013
「器用な者は身を苦しめ、知恵ある者は心を苦しめるが、無能な者(道の体得者)は何の求めることもなく、たらふく食っては気ままに遊び戯れる。さながら波に漂う捨て小舟(おぶね)のように、虚心のままに遊び戯れるのじゃ」。

  • 興膳宏(こうぜん・ひろし)=訳 「荘子」
  • a の底本は b。引用は b. 筑摩書房版 2004 に拠りました。

(J2) 池田 1986, 2014
「一体、手先の器用な者は苦労が多く、知恵のある者は心配事が多いもの。反対に、そのような能力のない人間は何一つ外に追い求めず、ただ腹一杯食べてあちこち気ままに遊び回る。ゆらゆらと波間をただよう綱の切れた小舟のように、己(おのれ)を虚(むな)しくしてあちこち気ままに遊び回るのだよ。」

  • 池田知久(いけだ・ともひさ)=訳 「荘子」
  • a は b を全面的に改稿して文庫化したもの。引用は a. 講談社学術文庫版 2014 に拠りました。

(J3) 金谷 1983
「器用なものは体を疲れさせ、もの知りは心を苦しめるが、無能な者はこれといって求める目当てもなく、ものを食べては気ままに遊んでいる。ゆらゆらと波まに浮かぶ綱(つな)のきれた小舟のように、虚心になって気ままに遊ぶ〔、これこそ最高の〕人だ。」


(J4) 倉石+関 1973
「技巧のあるものは苦労し、知識のあるものは憂えますが、能のないものは求めることもなく、腹いっぱい食べて遊びまわります。それはちょうどつながれてない舟のようなもので、虚にして遊びまわるのです」


(J5) 森 1968, 1974, etc.
物事に巧みなものは身心を老し、知恵のあるものは心に憂えるものである。これに反して、世俗の事に能力をもたないものは、何ものも求めることがなく、ただ飽食して心ゆくままに遊び、綱から解き放たれて波間にただよう小舟のように、虚心のままにさまよい遊ぶのである。


(J6) 福永 1967, 1978
手練手管(てれんてくだ)をつかう人間は身を苦しめ、知恵才覚(ちえさいかく)をもてあそぶ人間は、心を悲しませるものである。これに対して世俗的に能(のう)のない人間、すなわち真の体道者は、俗世間に何ひとつ期待せず、腹を満たしては勝手気ままに自由な生活をする。彼はただ、ゆらゆらと波にただよう捨小舟(すておぶね)のように、己れを虚(むな)しくして気ままに人生を楽しむ自由人なのだ。

  • 福永光司=訳 「荘子」
  • 引用は b. 朝日新聞社版 1967 に拠りました。

(J7) 遠藤+市川 1967
事に巧みな者はあくせくと労苦し、気のきく者は心配事が多いものだ。それと反対に無能者で、自然と共にある聖人は、何物をも外に求めず、腹いっぱいの満ち足りた心で遊び楽しむのである。たとえれば、つながれない小舟が風にまかせ波にゆられてただようように、無心に逍遥するのである。

  • 遠藤哲夫(えんどう・てつお)+市川安司(いちかわ・やすし)=訳 『新釈漢文大系 8 荘子 (下)』 明治書院 1967-03-25

(J8) 岸 1965, 1973, etc.
知巧を弄(ろう)する者は、身心をすりへらすだけでなんの得るところもなく一生を終える。だが無能を自覚した人間は、いっさいの欲求から解放され、腹を満たすだけで満足して気ままな生活を楽しむ。波のまにまに漂う小舟のように無心になりきって、自由な境地を逍遥(しょうよう)できるのだ。

  • 岸陽子(きし・ようこ)=訳 「荘子」
    • 荘子』 中国の思想 徳間文庫 2008-09-15
    • 荘子』 中国の思想 12 徳間書店 新装改訂増補版 1996-08-31
    • 荘子』 中国の思想 12 徳間書店 改訂増補版 1973
    • 荘子』 中国の思想 12 経営思潮研究会 1965
  • 引用は a. 徳間文庫版 2008 に拠りました。

 Video 
第10話 曲文を聞き宝玉 禅機を悟ること 『紅楼夢』 (1987 TVドラマ)
第10集 听曲文宝玉悟禅机 《红楼梦》 (1987 电视剧)
Ep.10 A Song Awakes Baoyu to Esoteric Truths Dream of the Red Chamber (1987 TV)

清代中国の小説『紅楼夢』には老荘思想からの強い影響が見られます。下に引用する「巧者は労して知者は憂う……」の箇所は 3:23 から聴けます。 Uploaded to YouTube by Macacus Monasticus on 1 Mar 2013. The excerpt below can be heard at 3:23.


 eBook 
『南華真經』 (1804) - ハーバード大学所蔵本の電子書籍
Nan hua zhen jing (1804) - digitized edition originally from Harvard University

無料電子書籍 阅读电子书 Read eBook


■中国語原文(簡体字) The original text in simplified Chinese

巧者劳而知者忧,无能者无所求,饱食而敖游,汎若不系之舟,虚而敖遨者也。


■中國語原文(繁體字) The original text in traditional Chinese

巧者勞而知者憂,無能者無所求,飽食而敖遊,汎若不繫之舟,虛而敖遨者也。


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014-09-10 岸陽子=訳 2008-09-15 を追加しました。
  • 2014-09-02 ポーランド語訳と、Martin Palmer と Elizabeth Breuilly による英訳 2006 を追加しました。
  • 2014-09-01 池田知久=訳 講談社学術文庫版 2014 の書誌情報を追加し、これまで池田訳として掲載していた学習研究社版 1986 の訳文を、より新しい講談社学術文庫版の訳文で置き換えました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  
  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 06 August 2014

Don't Look Behind You by Fredric Brown フレドリック・ブラウン 「うしろをみるな」「うしろを見るな」「後ろを見るな」

■はじめに Introduction

「うしろを見るな」はアメリカの作家フレドリック・ブラウンが書いた短篇小説。エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン1947年5月号48〜57ページに掲載された。下に引用するのは、その冒頭の一段落。


 Images 
「うしろを見るな」の日本語訳または英語原文を収録している本と雑誌
Books and magazines containing the story Don't Look Behind You

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_9784167812157_ ja Ja_9784488146078_ ja Ja_9784150018191

en En_b0006ateqk_mostly_murder en Ellery_queens_mystery_194705


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 夏来 2013
まあ楽に坐って、ゆっくりくつろげばいい。そしてこの話を愉しむといい、あんたがこの世で読む最後の小説になるんだから。そういってもいいすぎじゃない。これを読み終えると、いっときはそのままもう少しじっとしているだろうが、そのうちに自分になにか言い訳して、そわそわと家のなかをうろつかずにはいられなくなるはずだ。あるいは寝室のなかか、仕事部屋なのか、とにかく今この本を読んでいるところでだ。だがいずれは耐えきれずに外に飛びだすことになる。するとそこにおれが待ち受けている。家のすぐ外に。いや、ひょっとするともっと近くかもしれないぞ。もうこの部屋のどこかにいるかもな。

  • フレドリック・ブラウン=作 夏来健次(なつき・けんじ)=訳 「うしろをみるな」 『厭な物語』 文春文庫 2013-02-10

(J2) 中村 1962
ゆっくりすわりなおして寛(くつろ)いでいただきたい。この話を楽しんでいただきたいのである。あなたが読む最後の——ほとんど最後の——物語がこれから始まる。読みおわってから、あなたはしばらくすわって時間をやりすごすだろう。何か口実を見つけて自分の家か、部屋か、事務所か——とにかくこれを読んだ場所——にしばらくへばりついているのはご自由である。しかし、早かれ遅かれ、立ちあがって出かけなければならない。わたしがあなたを待っているのは、そこである。あなたのいる場所の外である。いや、ひょっとしたら、もっと近い所かもしれない。この部屋かもしれない。


(J3) 曽我 1956, 1973, etc.
さあ、椅子にふんぞり返ってのんびりなさい。さて、そこでこんな気持ちになってみたらどうだろう、あんたはこの小説を読み終ったら最後、この世のものでなくなるのだ、せいぜいもう一つを読みかけたら、それでこの世におさらばするのだ、と。読んだあとそのまま坐っていようと、歩きまわろうと、それはあんた次第さ。何とかいいつくろって、あんたの家なり、部屋なり、事務所なり、あんたがこれをいま読んでいるその場所で、暇をつぶすことはできるだろう。だが早晩、あんたは腰をあげて出て行くことになる。わしがあんたのことを待っているのはそこなんだ。そとの方さ。いやもっと近くかもしれない。ひょっとしたらこの部屋の中かも。


■英語原文 The original text in English

Just sit back and relax, now. Try to enjoy this; it’s going to be the last story you ever read, or nearly the last. After you finish it you can sit there and stall awhile, you can find excuses to hang around your house, or your room, or your office, wherever you’re reading this; but sooner or later you’re going to have to get up and go out. That’s where I’m waiting for you: outside. Or maybe closer than that. Maybe in this room.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | October 2014 »