« А. П. Чехов - Женщина без предрассудков A Woman Without Prejudice by Anton Chekhov チェーホフ 「偏見のない女」「偏見を持たぬ女」「偏見を持たぬ婦人」「氣位の高くない女」 | Main | The End (Now We Are Six) by A. A. Milne A・A・ミルン 「おわりに」「おしまい」「6つになった」「おしまひ」 »

Friday, 16 March 2018

А. П. Чехов. Шуточка The Little Trick by Anton Chekhov チェーホフ 「いたずら」「悪ふざけ」「たわむれ」「たはむれ」

◾️はじめに Introduction

  • 「いたずら」はチェーホフの短編小説。はじめユーモア雑誌『こおろぎ』 1886年第10号に掲載され、その後、マルクス社版チェーホフ著作集第2巻(1900年)に再録するにあたり、1899年にチェーホフ自身が大幅な書き換えを行なった。こんにち決定稿として、ロシアで出る著作集に収録されているのも、海外での翻訳の底本とされるのも、改訂版のほうである(以上、沼野氏訳書による)。
  • わたしが下に引用するのも、改訂版のほうだ。もともと日本語訳の揺れを見るつもりで、いろいろな訳者によるテキストを読み比べてみた。ところが、痛感したのは、訳のバラツキよりも、過去100年の日本語表現の激変ぶりのほうだった。語彙じたいも様変わりしているが、漢字・かな表記の変化も大きい。1世紀まえの日本語は、いまでは非常に読みづらい。

◾️日本語訳 Translations into Japanese

  1. 小宮山 2017
    • 「ちょっと、いいかしら?」と、ぼくを見ずに言う。

      「何かな?」

      「もう一回……滑ってみない?」

       ぼくらは階段を上って、またスロープのてっぺんへ。真っ青になって震えるナージャを再度そりに乗せ、再度危険なクレバスへ飛びこむ。再度風が唸り、そりのエッジがシャーッと氷を切る。そりのスピードと騒音のボリュームが最高点に達したとき、ぼくは再度ささやく。
      「ア・イ・シ・テ・ル!」
  2. 沼野 2010
    • 「あのね」と、彼女はぼくを見ないで言う。
      「何でしょう?」と、ぼくが聞き返す。
      「もう一度、その……橇に乗ってみましょうか」
       ぼくたちは階段をよじのぼって丘の上にもどる。もう一度、ぼくは青ざめて震えるナッちゃんを橇に乗せ、もう一度、ぼくたちは恐ろしい深淵に飛び込み、もう一度、風がうなり滑り木がきしみ、もう一度、飛ぶような橇の勢いが一番強くなり、そのざわめきが一番激しくなったとき、ぼくは声をひそめて言う。
      「す・き・だ・よ、ナッちゃん!」
  3. 浦 2010
    • 「ねーえ」ぼくのほうには目もくれないでナージャは言う。
      「なんです?」とぼくは問い返す。
      「もう一度……すべってみません?」
       ぼくたちは階段をのぼって丘に上がる。またぼくは青い顔をして打ちふるえているナージャを橇に乗せ、またしてもぼくたちはおそろしい奈落に飛び出していく。またしても風がうなり、滑り木がきしむ。そしてふたたびけたたましい音を立てる橇のスピードが最高潮に達すると、ぼくは小声でささやく。
      「ナージャ、あなたのことが好きです!」
  4. 松下 2009
    • 「あのねえ」と彼女はこちらを見ないで言う。
      「なあに」とわたし。
      「もう一ぺん……滑りましょうよ」
       わたしたちは階段づたいに丘を登って行く。またもや、真っ青になって震えているナージェニカを橇に乗せて、またもや恐ろしい深淵へと飛びこんで行く。ふたたび風が吼(ほ)え、滑り木が軋(きし)って、またしても橇の勢いとざわめきとが最も激しくなったときを狙(ねら)いすまして、小声でささやく。
      「好きだよ、ナージェニカ!」
  5. 児島 2006
    •  「あのね」
       彼女はわたしを見ないで言う。
       「なんですか」
       わたしがたずねると
       「も一度……滑りましょうよ」
       わたしたちは階段を登って丘の頂(いただき)にたどり着いた。わたしは青ざめ慄(おのの)いているナージェンカをまたソリに乗せた。そして再び恐ろしい断崖(だんがい)めがけて出発する。風はうなり、ソリがぎしぎし軋(きし)む。勢いと騒音(そうおん)が頂点に達したとき、わたしは小声でささやく。
       「わたしは あなたを 愛しています ナージェンカ!」
      • 児島宏子(こじま・ひろこ)=訳 たわむれ チェーホフ・コレクション 未知谷 2006 
  6. 木村 1976
    • 「あのねえ」ぼくの顔は見ずに彼女は言う。
      「なに?」ぼくはきく。
      「もう一度……すべりましょうよ」
       ぼくたちは階段を上って丘の上へゆく。またもやぼくはあおい顔をしてふるえているナーデンカをソリに乗せ、またもやふたりはおそろしい深淵をめがけて飛ぶ。またもや風がほえたけり、すべり木がきしむ。ソリがいちばん勢いよく、いちばん大きな音を立てて滑走する瞬間をねらって、またもやぼくは小さな声で言う。
      「ナーデンカ、ぼくは、あなたが、好きだ!」
  7. 原 1960
    • 「あの……」彼女はわたしを見ずに言う。
      「何ですか?」わたしはたずねる。
      「あの、もう一度、滑りません?」
       わたしたちは階段づたいに丘にのぼる。わたしは、顔色をなくしてふるえているナージェニカを、また橇にのせる。二人はまた恐ろしい深淵の底をさして滑りおりる。またしても風が唸り、滑り木が軋む。橇の滑降がもっとも勢いよく、もっとも騒がしくなった折りをみはからって、わたしはまた小さな声で言う。
      「僕 あなたを 愛してます ナージェニカ!」
  8. 中村 1934
    •  『あのねえ?』彼女はわたしの方は見ないで言ふ。
       『何ですか?』とわたしは問ひ返す。
       『ねえ、もう一度……滑りませうよ。』
       わたし達は階段傳ひに、山へよぢ上る。再びわたしは、眞蒼になつて顫へてゐるナーデニカを橇に乘せる。わたし達は再び恐ろしい深淵へ滑り下りる。再び風が唸り、滑走臺が軋む、そしてまたしても、橇の疾走の最も激しく騒然たる只中に、わたしは小聲で次ぎのやうに言ふ——
       『僕、あなたを愛します、ナーデニカ!』
      • 中村白葉(なかむら・はくよう)=訳 「たはむれ」 チェーホフ全集 3 金星堂 1934(昭和9)
  9. 瀬沼 1908, 2000
    • 『あのね、貴方(あなた)!』彼女は余が顏を見ないで云ふてゐる。
      『何です』と余は問ふた。
      『もう一度爲(し)ませうか……辷(すべ)りませんか』
      余等は階段(かいだん)を踏(ふ)んで氷山(こほりやま)の上に上る。
      余は再びくなつて、顫へてゐるナアデンカを橇に乘せ、舊(もと)の如く先の恐ろしい奈落(ならく)の底に辷り下りる。又も風は嘯ぶき、橇は呻吟(うな)り、何とも譬へやうのない恐(おそ)しさの加はり行く眞中、余は小聲で又言ふた。
      『ナアデンカ私は貴方(あなた)を愛します』
      • 瀬沼夏葉(せぬま・かよう)=訳 「たはむれ」
        1. 明治翻訳文学全集 新聞雑誌編 43 チェーホフ集 2 大空社 ナダ出版センター 2000
        2. 心の花 1908-01(明治41)
      • 1は2のスキャン画像を収録したもの。わたし (tomoki y.) が閲読したのは、1のほうです。

◾️ロシア語原文 The original text in Russian

  • Чехов
    •    — Знаете что? — говорит она, не глядя на меня.
         — Что? — спрашиваю я.
         — Давайте еще раз... прокатим.
         Мы взбираемся по лестнице на гору. Опять я сажаю бледную, дрожащую Наденьку в санки, опять мы летим в страшную пропасть, опять ревет ветер и жужжат полозья, и опять при самом сильном и шумном разлете санок я говорю вполголоса.
         — Я люблю вас, Наденька!
      • Антон Павлович Чехов - Шуточка
      • E-text at:

◾️関連音声・映像

  • ロシア語原文オーディオブック Audiobook in Russian

    上に引用した箇所の朗読は 3:29 から。Reading of the excerpt above starts at 3:29
  • ソ連のテレビ映画 Шуточка (Shutochka) 1966

    上に引用した箇所に相当するシーンは 5:08 から。The scene corresponding to the excerpt above starts at 5:08

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

|

« А. П. Чехов - Женщина без предрассудков A Woman Without Prejudice by Anton Chekhov チェーホフ 「偏見のない女」「偏見を持たぬ女」「偏見を持たぬ婦人」「氣位の高くない女」 | Main | The End (Now We Are Six) by A. A. Milne A・A・ミルン 「おわりに」「おしまい」「6つになった」「おしまひ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference А. П. Чехов. Шуточка The Little Trick by Anton Chekhov チェーホフ 「いたずら」「悪ふざけ」「たわむれ」「たはむれ」:

« А. П. Чехов - Женщина без предрассудков A Woman Without Prejudice by Anton Chekhov チェーホフ 「偏見のない女」「偏見を持たぬ女」「偏見を持たぬ婦人」「氣位の高くない女」 | Main | The End (Now We Are Six) by A. A. Milne A・A・ミルン 「おわりに」「おしまい」「6つになった」「おしまひ」 »