« А. П. Чехов. Устрицы Oysters by Anton Chekhov チェーホフ 「牡蠣」「かき」 | Main

Friday, 30 March 2018

А. П. Чехов. Смерть чиновника The Death of a Government Clerk by Anton Chekhov チェーホフ 「役人の死」「小役人の死」「官吏の死」

◾️はじめに Introduction

  • 「役人の死」はチェーホフの初期の短篇のうちの一つ。1883年発表。筒井康隆の先祖が書いたかと思われるような作品。

◾️日本語訳 Translations into Japanese

  1. 沼野 2010
    • 「口をききたくもないってことか。そんなつもりはまったくありませんでした、これは自然の法則なんです、と説明しないと……。そうじゃないと、わざと唾をかけたと思うだろう。いまは思わなくても、きっと後でそう思うに違いない!……」
  2. 浦 2010
    • 《口をきくのもいやなんだ。その気がなかったことを説明しなければ……。自然の摂理だと説明しなければならん。さもないと、わざとつばをかけたと思われかねない。今はそう思っていないかもしれないが、きっとあとになったらそう思うにちがいない!》
  3. 松下 1994
    • 「口もききたくないんだな。釈明せにゃならんだろうて、そんなつもりはちっともなかったって……これはごく自然な要求なんだって。でなきゃ、わざと唾をはきかけたと思うかもしれん。いま思わなくたって、あとで思うかもしれん!……
      • 松下裕(まつした・ゆたか)=訳 「官吏の死」 チェーホフ全集 1 ちくま文庫 1994
  4. 東郷 1964
    • 『口もきくのも嫌なんだ。彼に説明せにゃなるまいて、自分は決してやるつもりはなかったのだ……これはごく自然の法則なんだと。さもないとぼくが唾をはきかけようと思ってたなんて考えるかもしれん。今は考えなくても、あとで考えるかもしれん!……』
  5. 池田 1960
    • 『いや、口もきくのもいやなんだ。こいつはどうあっても、僕がそんなつもりじゃなかったことを……あれは自然の法則だということを、説明しなくちゃなるまい。さもないと、ぼくが唾をかけようと思ったと思うだろうからな。今はそう思わなくても、あとでそう思うにきまっている!……』
  6. 中村 1933
    • 《それで口を利くこともいやがつてるんだ。こいつあどうしても、自分は決してそんなつもりではなかつた、これは自然の法則だといふことを説明してやらなければならぬ…… でないと、おれがわざと唾をかけたと思ふかも知れぬ。今は思つてないにしろ、あとではきつと思ふに違ひない……》
      • 中村白葉(なかむら・はくよう)=訳 「官吏の死」 チェーホフ全集 1 金星堂 1933(昭和8)
  7. 瀬沼 1908, 2000
    • 而して何だか話をするのも厭になつた。『自分が故意にしたのではない……そして又是は最も自然な事なのであると、奈何うしても、云譯をしなけりやならん さうしなければ、故意に唾を吐き掛けたものと思はれる。今さう考へないでも、後に屹度さう考へるだらう!……』

◾️イタリア語訳 Translation into Italian

  • Translator to be confirmed
    • «Non  vuol  nemmeno  parlare.  Bisognerebbe  spiegargli 
      che non desideravo affatto... che questa è una legge di natura,
      se no penserà ch'io volessi sputare. Se non lo penserà adesso, lo penserà poi!...».

◾️英訳 Translation into Englis

  • Garnett
    • "And he doesn't want to talk. I ought to explain to him . . . that I really didn't intend . . . that it is the law of nature or else he will think I meant to spit on him. He doesn't think so now, but he will think so later!"
      • The Death of a Government Clerk by Anton Chekhov. Translated by Constance Garnett
      • E-text at Wikisource

◾️ドイツ語訳 Translation into German

  • Czumikow
    • – Nicht einmal sprechen will er mit einem. Man müßte ihm auseinandersetzen, daß ich es ja gar nicht gewollt habe ... daß das ein Naturgesetz ist ... Sonst denkt er noch, daß ich auf ihn spucken wollte ... Wenn er es auch jetzt nicht denkt, so kann es ihm doch später in den Sinn kommen! ... –

◾️ロシア語原文 The original text in Russian

  • Чехов
    • -- И говорить не хочет. Надо бы ему объяснить, что я вовсе не желал... что это закон природы, а то подумает, что я плюнуть хотел. Теперь не подумает, так после подумает!.."
      • Антон Павлович Чехов. Смерть чиновника
      • E-text at Lib.ru

◾️関連音声・動画 Audio & Video

  • 英語版オーディオブック Audiobook in English

    上の引用箇所の朗読は 2:34 から始まります。 Reading of the excerpt above starts at 2:34.
     
  • ウクライナのアニメ作品 Ukrainian animation

    上の引用箇所に相当する部分は 4:47 から始まります。 The scene corresponding to the excerpt above starts at 4:47.
     
  • Смерть чиновника

    上の引用箇所に相当する部分は 3:13 から始まります。 The scene corresponding to the excerpt above starts at 3:13.

◾️外部リンク External links

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

|

« А. П. Чехов. Устрицы Oysters by Anton Chekhov チェーホフ 「牡蠣」「かき」 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58807/66551587

Listed below are links to weblogs that reference А. П. Чехов. Смерть чиновника The Death of a Government Clerk by Anton Chekhov チェーホフ 「役人の死」「小役人の死」「官吏の死」:

« А. П. Чехов. Устрицы Oysters by Anton Chekhov チェーホフ 「牡蠣」「かき」 | Main