Austen, Jane

Tuesday, 03 March 2015

Emma by Jane Austen (1) ジェイン・オースティン / ジェーン・オースティン 『エマ』 (1)

« Emma 2 »
« エマ 2 »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Audio 1  BBCによるドラマ仕立ての朗読 Dramatized Audiobook by BBC
 Audio 2  英語原文朗読 モイラ・フォーガティ Audiobook read by Moira Fogarty
■諸言語への翻訳 Translations into various languages

  • 中国語訳(簡体字)Translations into simplified Chinese
    1. 张春燕 2010
    2. 袁荣儿 2010
    3. 张雪丹 2009
    4. 孙致礼 2001
    5. Others
  • 中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
    1. 孫致禮
  • 日本語訳 Translations into Japanese
    1. パーカー 2012
    2. 中野 2005
    3. 工藤 2000
    4. 塩谷 1997
    5. ハーディング 1997
    6. 阿部 1965, 1974, etc.
  • ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
    1. Csanak, 2013
  • ポーランド語訳 Translation into Polish
    1. MasterLab, 2013
  • チェコ語訳 Translation into Czech
    1. Kondrysová, 2009
  • スウェーデン語訳 Translation into Swedish
    1. Nielsen, 2013
  • デンマーク語訳 Translation into Danish
    1. Kastor Hansen
  • ドイツ語訳 Translations into German
    1. Translator to be confirmed, 2013
    2. Translator to be confirmed
  • イタリア語訳 Translations into Italian
    1. Ierolli, 2012
    2. Meneghelli, 1996, 2002, etc.
    3. Tedeschi, 1945
    4. Others
  • ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
    1. Translator to be confirmed
  • スペイン語訳 Translation into Spanish
    1. Translator to be confirmed
  • フランス語訳 Translations into French
    1. de Puliga, 1910
    2. Unknown translator

 Video 1  映画 アイーシャ (2010) Film Aisha (2010) starring Sonam Kapoor
 Video 2  テレビ エマ (2009) TV Emma (2009) starring Romola Garai
 Video 3  テレビ エマ (1996) TV Emma (1996) starring Kate Beckinsale
 Video 4  映画 エマ (1996) Film Emma (1996) starring Gwyneth Paltrow
 Video 5  映画 クルーレス (1995) Film Clueless (1995) starring Alicia Silverstone
 Video 6  テレビ エマ (1972) TV Emma (1972) starring
■英語原文 The original text in English
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

ジェイン・オースティンの代表作『エマ』。その冒頭の2段落を引用します。


 Audio 1 
BBCラジオ4によるドラマ仕立ての朗読 Dramatized Audiobook by BBC Radio 4

Uploaded by Eric Maniac on 28 Nov 2014. Dramatized by April DeAngelis. Starring Eve Best (Emma Woodhouse) and Robert Bathurst (Mr Knightley). More info at BBC Genome


 Audio 2 
英語原文オーディオブック 朗読: モイラ・フォーガティ
Audiobook in English read by Moira Fogarty

Uploaded by CCProse Audiobooks on 25 Sep 2011. Audio courtesy of Librivox.


■諸言語への翻訳 Translations into various languages

  • 中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
    1. 张春燕 2010
      • 端庄文雅的爱玛·伍德豪斯小姐出生在一个富裕的家庭里,生活中的幸福与欢乐她几乎应有尽有。在她这一生的前二十一年里,苦恼和伤心几乎都没有打搅过她。
      • 她的父亲非常温亲切,富有爱心,姊妹二人中她是年幼的。姐姐出嫁以后,她早早地就开始担当了家中女主人的角色。母亲很久以前离开了她们,生前对她的爱抚,此时在她的记忆中已非常模糊;其后,填补母亲空缺的是一个杰出的家庭教师,她给爱玛的爱一点儿也不亚于母亲。
    2. 袁荣儿 2010
      • 爱玛·伍德雷斯小姐端庄儒雅、聪明美丽、生性活泼、家境富裕,仿佛上苍将最美好的恩赐都集中于她一身了。她在这个世界已经生活了快二十一年了,很少遇到苦恼或伤心的事情。
      • 在两姐妹中,她是年幼的一个,父亲是一位很慈祥的老人,对女儿非常娇惯溺爱。姐姐出嫁以后,她便早早担当起家庭女主人的角色。很久以前她母亲就去世了,在她的记忆中,母亲的爱仅仅只有一点儿,而且十分模糊。
        一位杰出的家庭女教师填补了母亲的空缺,她给予的爱绝不亚于一位母亲。
        • 爱玛 (英)简·奥斯汀 著,袁荣儿 译 吉林出版集团 2010-07-01
        • Excerpt at 苏宁易购 (Suning.com)
    3. 张雪丹 2009
      • 爱玛·伍德豪斯小姐相貌端庄、才思敏捷、家境富有、性格开朗,仿佛集上天的所有恩赐于一身。在她将近二十一年的生活阅历中,还极少遇到苦恼或伤心的事。
      • 她是两姊妹中年幼的一个,父亲为人宽厚、极富慈爱,对女儿无比娇惯溺爱。姐姐出嫁后,她早早便担当起家中女主人的角色。她母亲去世很早,母爱在她的记忆中已十分模糊。一位杰出的家庭女教师取代了她的角色,她所给予的爱绝不亚于一位母亲。
        • 爱玛 [英] 简·奥斯丁 著; 张雪丹 译 陕西师范大学出版社 2009
        • Excerpt at 京东JD.com
    4. 孙致礼 2001
      • 爱玛·伍德豪斯又漂亮,又聪明,又有钱,加上有个舒适的家,性情也很开朗,仿佛人生的几大福分让她占全了。她在人间生活了将近二十一年,一直过着无忧无虑的日子。
      • 爱玛有个极其慈爱的父亲。他对两个女儿十分娇惯,而爱玛又是他的小女儿。由于姐姐出嫁的缘故,爱玛小小年纪就成了家里的女主人。母亲去世得太早,她的爱抚只给爱玛留下个模模糊糊的印象,而取代母亲位置的,是个十分贤惠的女人,她身为家庭女教师,慈爱之心不亚于做母亲的。
        • 第一部第一章 《爱玛》 作者:奥斯汀 译者:孙致礼 译林出版社 2001
        • E-text at 天翼图书网
    5. Others
      • Baidu Baike (百度百科) has a list of Chinese translations here.

  • 中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
    1. 孫致禮
      • 愛瑪-伍德豪斯小姐端莊儒雅、才思敏捷、生性歡樂、家境寬裕,彷彿上蒼將最美好的恩賜集中施與她一身了。她在這世界已經生活了將近二十一年,極少遭遇到苦惱或傷心的事情。
      • 她是兩姊妹中年幼的一個,父親是一位極富慈愛心人,對女兒無比嬌慣溺愛。姐姐出嫁後,她早早便擔當起家庭女主人的角色。她母親很久以前就去世了,母親的愛撫僅僅給她留下一點兒十分模糊的記憶。一位傑出的家庭女教師填補了母親的空缺,它給與的母愛絕不亞於一位母親。
        • 第一部第1章 《愛瑪》 簡·奧斯汀 孫致禮譯
        • E-text at 雲台書屋

  • 日本語訳 Translations into Japanese
    1. パーカー 2012
      • エマ・ウッドハウスは、才色兼備な上に裕福で、快適な家に住み、明るい性質だったので、この世の最高の恵みを兼ね備えているように見えた。過去二十一年近くの間に、心配事も悩み事もあまりなかった。
      • エマは、愛情深く子供に甘い父親の二人娘のうちの下娘で、姉が結婚して以来、若くして一家の女主人の役目を務めていた。母親は何年も前に亡くなったので、優しい愛撫をおぼろげに記憶しているだけで、母親代わりの優秀な家庭教師テイラー先生が、母に劣らぬ愛情をエマに注いでいた。
        • ジェーン・オースティン=作 パーカー敬子(けいこ)=訳 『エマ』 近代文藝社 2012-10-20
    2. 中野 2005
      • エマ・ウッドハウスは美人で、頭が良くて、お金持ちで、明るい性格と温かい家庭にも恵まれ、この世の幸せを一身に集めたような女性だった。もうすぐ二十一歳になるが、人生の悲しみや苦しみをほとんど知らずに生きてきた。
      • 父親は愛情にあふれ、子供にたいへん甘かった。エマはふたり姉妹の妹のほうだが、姉が結婚したあと、十二歳のときから一家の女主人役をつとめてきた。幼いころに母親を亡くしたので、母親にかわいがられた記憶はおぼろげにしか残っていないが、母親に劣らぬほどの愛情にあふれた、優秀な家庭教師が母親代わりになってくれた。
        • 第一章 ジェイン・オースティン=著 中野康司(なかの・こうじ)=訳 『エマ(上)』 ちくま文庫 2005-10-10
    3. 工藤 2000
      • 美しくて、聡明で、裕福なエマ・ウッドハウスは、暖かな家庭に育った朗らかな性格の女性だったが、彼女にはどこやら生活上の一番いい恵みをいくつか一身に集めたようなところがあって、生まれてこの方二十一年ちかく、不幸や悩みごととはほとんど無縁な生活を送ってきた。
      • 愛情あふれる世にも甘い父親の二人の娘の下のほうだが、姉が結婚したせいで、まだ年端もいかぬ頃から一家の采配を振るってきた。母が死んだのはあ まりにも遠い昔のこととあって、可愛がられた記憶がかすかに残るだけだ。家庭教師の賢い女性が母親代りだったが、彼女は生みの母にも劣らぬ愛情で接してくれた。
        • 第一章 ジェーン・オースティン=作 工藤政司(くどう・まさし)=訳 『エマ(上)』 (全2冊) 岩波文庫 2000-10-16
    4. 塩谷 1997
      • エマ・ウッドハウスは、きれいで賢明でお金持ちで立派な家があり、陽気な気性だったから、存在するあらゆる最高の恵みを一身に結合させているように見えた、またほぼ二十一年間ほとんど何ごとにも煩わされずに生きてきた。
      • 彼女はとても愛情あふれた寛容な父の二人娘の妹で、姉が結婚してからずっと、かなりの間この家の女主人であった。母はずっと昔に亡くなり、母に愛 撫されたのもぼんやりとしか覚えていなかった、母のかわりにすばらしい女性が家庭教師としていてくれたが、その愛情は母にほとんど劣るものではなかった。
        • 第七章 己を知ることの難しさ: 『エマ』について 塩谷清人(しおたに・きよと)=著 『ジェイン・オースティン入門』 北星堂書店 1997-03-18
    5. ハーディング 1997
      • エマ・ウッドハウスは、美しくて頭が良い、金持ちの娘だった。居心地のいい家庭と性格のよさにも恵まれ、世の中の幸せを一身に集めていた。生まれて二十一年近く、悩みらしい悩みももったことがない。
      • 父親は愛情に富み、子どもに甘かった。ふたり姉妹の下だったエマは、姉が結婚してからというものかなり若い頃から、当然の成り行きとして一家の女 主人の役割を担った。母親は小さいときに亡くなり、かわいがってもらった記憶がかすかに残っているだけだ。代りに、実母に勝るとも劣らない愛情でふたりを 育ててくれたのが、優秀な家庭教師だった。
        • 第一部 第一章 ジェーン・オースティン=作 ハーディング祥子=訳 『エマ(上)』 青山出版社  1997-02-25
    6. 阿部 1965, 1974, etc.
      • エマ・ウッドハウスは、美しく、才気にとみ、裕福であって、あたたかな家庭と明るい気質とを持ち、生活の最上の恵みのかずかずを身に集めているように見え、世に生をうけてかれこれ二十一年になるが、苦しみも悩みもほとんどなかったのである。
      • いたって愛情にみちた甘い父親の二人娘の下のほうで、姉が結婚したために、ごく若いころから一家の女主人となっていた。母はあまりにも前に亡く なっていたので、その愛撫についての記憶はおぼろげにしかなく、母の座は、家庭教師としてきた優れた婦人がとって代わっていたが、愛情の点でも、母親のそ れにほとんどゆずらないほどであった。

  • ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
    1. Csanak, 2013
      • Emma Woodhouse igazán mindent megkapott az élettől, ami szép és jó: csinos volt, eszes, gazdag, derűs természetű; már huszonegyedik évében járt, de komolyabb baj vagy bánat még sosem érte.
      • Gyöngéd és elnéző apa kisebbik leányának született, és mikor nővére férjhez ment, nagyonfiatalon ő lett a ház úrnője. Anyja oly rég meghalt, hogy simogató kezét halvány emlékkénttudta csak felidézni, de helyét olyan kiváló nevelőnő foglalta el, aki szeretetével csaknem pótolni tudta az édesanyát.
        • Első fejezet. Emma by Jane Austen. Translator by Csanak Dóra. Lazi Könyvkiadó, 2013
        • E-text at Scribd

  • ポーランド語訳 Translation into Polish
    1. Masterlab, 2013
      • Emma Woodhouse, osóbka przystojna, inteligentna i bogata, posiadająca wygodnie urządzony dom i obdarzona szczęśliwym usposobieniem, otrzymała, zda się, wszelkie dary, jakie życie ofiarować może; toteż przeżyła blisko dwadzieścia jeden lat na świecie bez większych powodów do zmartwień i niezadowolenia.
      • Była młodszą z dwóch córek najczulszego i najpobłażliwszego ojca, kiedy zaś siostra wyszła za mąż, Emma bardzo wcześnie została panią domu. Matka umarła zbyt dawno, by sierota zachowała coś więcej niż mgliste wspomnienie jej pieszczot; miejsce nieboszczki zajęła guwernantka, niezwykle zacna kobieta, która darzyła ją niemal macierzyńskim uczuciem.

  • チェコ語訳 Translation into Czech
    1. Kondrysová, 2009
      • Emma Woodhousová, hezká, bystrá a bohatá, s útulným domovem a šťastnou povahou, jako by ve své osobě spojovala hned několik nejvzácnějších darů života; a za těch téměř jednadvacet let, co byla na světě, zažila jen moc málo zklamání a trápení.
      • Byla mladší ze dvou dcer něžně milujícího, shovívavého otce, a když se její sestra vdala, stala se sama v útlém věku paní otcovského domu. Matka jí zemřela už tak dávno, že po ní zůstala pouze mlhavá vzpomínka na její laskání, a matčino místo pak zastávala jistá obdivuhodná žena jako vychovatelka, a ta jí citově matku téměř nahradila.
        • 1. kapitola. Emma by Jane Austenová. Translated by Eva Kondrysová. Leda, 2009

  • スウェーデン語訳 Translation into Swedish
    1. Nielsen, 2013
      • Emma Woodhouse kunde nog anses höra till de lyckligt lottade i livet. Hon var vacker, klok och gladlynt, kom från ett rikt och gott hem och hade trots att hon snart skulle fylla tjugoett inte drabbats av särskilt många sorger och bekymmer.
      • Hon var yngst av två döttrar till en snäll och eftergiven far och hade efter systerns giftermål tidigt blivit husets härskarinna. Modern var död sedan så lång tid tillbaka att Emma bara hade ett flyktigt minne av hennes smekningar, och i moderns ställe hade det kommit en utmärkt guvernant, enkvinna som varit väl så kärleksfull som en mor.
        • Första kapitlet, Emma by Jane Austen. Translated by Rose-Marie Nielsen. Albert Bonniers Förlag, 2013.
        • Preview at Google Books

  • デンマーク語訳 Translation into Danish
    1. Kastor Hansen
      • Emma Woodhouse var smuk, velbegavet og rig; hun var lys af sind og boede i et dejligt hjem. Således kunne det se ud til, at noget af det bedste, tilværelsen kan byde, var faldet i hendes lod. Hun havde levet næsten enogtyve år i denne verden, og kun en ringe del af det, hun havde oplevet, havde kunnet bedrøve eller ærgre hende.
      • Hun var den yngste af to døtre; de havde den kærligste, mest eftergivende fader, man kan tænke sig. Hendes søster var gift, og derfor havde Emma fungeret som frue i huset fra en meget tidlig alder. Moderen var død for så længe siden, at Emma kun havde meget vage erindringer om hendes ømhed, og pladsen var blevet udfyldt af en guvernante, en fortræffelig dame, hvis kærlighed til barnet ikke stod tilbage for nogen rigtig moders.

  • ドイツ語訳 Translation into German
    1. Translator to be confirmed, 2013
      • Emma  Woodhouse,  hübsch,  klug  und  reich,  im  Besitz  eines  gemütlichen  Heims  sowie  einer  glücklichen  Veranlagung,  vereinigte sichtlich einige der besten Gaben des Lebens auf sich.  Sie  war  schon fast  einundzwanzig  Jahre  auf  der  Welt,  ohne  je  wirklich Schweres oder Beunruhigendes erlebt zu haben.
      • Sie  war  die  jüngere  der  beiden  Töchter  eines  sehr  liebevollen  und  äußerst  nachsichtigen  Vaters.  Schon  lange,  seit  der  Verheiratung  ihrer  Schwester,  war  sie  die  Frau  des  Hauses.  Ihre  Mutter  war  schon  zu  lange  tot,  als  daß  sie  sich  ihrer  Zärtlichkeiten  noch  hätte  erinnern  können.  An  deren  Stelle  war  eine  vortreffliche  Frau  als  Erzieherin  getreten,  die  eine  beinah  mütterliche Zuneigung für sie empfand.
    2. Translator to be confirmed
      • Emma Woodhouse, schön, gescheit und reich, mit einem behaglichen Zuhause und heiteren Gemüt, schien in sich einige der besten Glücksgüter des Daseins zu vereinigen und hatte nahezu einundzwanzig Jahre auf der Welt zugebracht, ohne viel
        Anlaß zu Kummer oder Ärger zu finden.
      • Sie war die jüngere der beiden Töchter eines ungemein liebevollen, nachsichtigen Vaters und stand seinem Hause infolge der Heirat ihrer Schwester schon seit früher Zeit vor. Ihre Mutter war zu lange tot, als daß sie mehr als eine undeutliche Erinnerung an ihre Liebkosungen behalten hätte; ihre Stelle vertrat eine Hauslehrerin, eine vortreffliche Frau, die einer Mutter kaum an Liebe nachstand.
        • Kapitel 1. Emma by Jane Austen. Translator to be confirmed. Random House GmbH
        • Excerpt at RandomHouse.de [PDF]

  • イタリア語訳 Translation into Italian
    1. Ierolli, 2012
      • Emma Woodhouse, bella, intelligente e ricca, con una casa confortevole e un buon carattere, sembrava riunire in sé alcune delle migliori benedizioni dell'esistenza, ed era al mondo da quasi ventun anni con pochissimo ad affliggerla o contrariarla.
      • Era la minore delle due figlie di un padre molto affettuoso e indulgente, ed era diventata, a seguito del matrimonio della sorella, padrona della casa paterna a un'età molto precoce. La madre era morta da troppo tempo perché lei avesse più di un vago ricordo delle sue carezze, e il suo posto era stato preso da una istitutrice, una donna eccellente, il cui affetto era stato praticamente quello di una madre.
    2. Meneghelli, 1996, 2002, etc.
      • Emma Woodhouse, bella, intelligente e ricca, con una casa confortevole e un carattere allegro, sembrava riunire in sé il meglio che la vita può offrire, e aveva quasi raggiunto i ventun’anni senza subire alcun dolore o grave dispiacere.
      • Era la più giovane delle due figlie di un padre estremamente affettuoso e indulgente e, in seguito al matrimonio della sorella, aveva assunto molto presto il ruolo di padrona di casa. La madre era morta da troppi anni perché lei potesse conservare più che un confuso ricordo delle sue carezze, e il suo posto era stato preso da una governante, una bravissima donna, che quanto ad affetto non si era mostrata da meno di una vera madre.
        • Emma by Jane Austen. Translated by Pietro Meneghelli. Newton Compton, Roma, 1996, 2002, etc.
        • Excerpt at Jane Austen Society of Italy (JASIT)
    3. Tedeschi, 1945
      • Emma Woodhouse, bella, intelligente e ricca, con una casa piena di agi ed un felice temperamento, poteva essere considerata in possesso di quanto può rendere felice l’esistenza; ed aveva trascorso i suoi primi ventun anni di vita senza cause serie di preoccupazioni o fastidi.
      • Era la minore delle due figlie di un padre indulgente ed amorosissimo e, dopo il matrimonio di sua sorella, era diventata in giovanissima età padrona nella casa paterna. Sua madre era morta quando Emma era troppo bambina per serbarne più che un indistinto ricordo, e le sue veci erano state tenute dalla sua istitutrice, la signorina Taylor, una donna eccellente, il cui affetto per lei era stato quasi pari a quello di una madre.
    4. Others

  • ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
    1. Translator to be confirmed
      • Emma Woodhouse, bela, inteligente e rica, com uma família acomodada e um bom caráter, parecia reunir em sua pessoa os melhores dons da existência; e tinha vivido perto de vinte e um anos sem que quase nada a afligisse ou a zangasse.
      • Era a menor das duas filhas de um pai muito carinhoso e indulgente e, como conseqüência das bodas de sua irmã, desde muito jovem tinha tido que fazer de ama de casa. Fazia já muito tempo que sua mãe tinha morrido para que ela conservasse algo mais que uma confusa lembrança de suas carícias, e tinha ocupado seu lugar uma institutriz, mulher de grande coração, que se tinha feito querer quase como uma mãe.
        • Primeiro Capítulo. Emma by Jane Austen
        • E-text at Scribd

  • スペイン語訳 Translation into Spanish
    1. Translator to be confirmed
      • Emma Woodhouse, bella, inteligente y rica, con una familia acomodada y un buen carácter, parecía reunir en su persona los mejores dones de la existencia; y había vivido cerca de veintiún años sin que casi nada la afligiera o la enojase.
      • Era la menor de las dos hijas de un padre muy cariñoso e indulgente y, como consecuencia de la boda de su hermana, desde muy joven había tenido que hacer de ama de casa. Hacía ya demasiado tiempo que su madre había muerto para que ella conservase algo más que un confuso recuerdo de sus caricias, y había ocupado su lugar una institutriz, mujer de gran corazón, que se había hecho querer casi como una madre.
        • Capítulo Primero. Emma by Jane Austen. E-FOCUS, 2014
        • Preview at Google Books

  • フランス語訳 Translations into French
    1. de Puliga, 1910
      • Emma Woodhouse, belle, intelligente, douée d’un heureux naturel, disposant de larges revenus, semblait réunir sur sa tête les meilleurs dons de l’existence ; elle allait atteindre sa vingt et unième année sans qu’une souffrance même légère l’eût effleurée.
      • Fille cadette d’un père très affectueux et indulgent, elle s’était trouvée de bonne heure, à la suite du mariage de sa sœur aînée, investie du rôle de maîtresse de maison. Encore en bas âge elle avait perdu sa mère et ne conservait d’elle qu’un souvenir indistinct de lointaines caresses ; la place de Mme Woodhouse fut occupée par une gouvernante qui avait entouré l’enfant d’une affection quasi maternelle.
        • Chapitre 1. Emma by Jane Austen. Translated by Pierre de Puliga. Journal des débats, 11 juin au 23 août 1910 (pp. 1-9).
        • E-text at Wikisource
    2. Unknown translator
      • Emma Woodhouse, belle, bien faite, riche, pleine d’heureuses dispositions, et dans une maison agréable, semblait réunir tout ce qui peut rendre l’existence heureuse. Elle avait déjà passé dans ce monde près de vingt et un ans, sans avoir non-seulement éprouvé de malheurs, mais même sans avoir eu presque aucun sujet de chagrin.
      • Elle était la seconde fille d’un père extrêmement affectueux et indulgent. Le mariage de sa sœur aînée l’avait rendue de très-bonne heure la maîtresse de la maison. Il y avait si long-temps que sa mère était morte, qu’elle se ressouvenait à peine de ses caresses, et sa place avait été remplie, en qualité de gouvernante, par une excellente personne qui lui avait en quelque sorte tenu lieu d’une seconde mère, par l’affection qu’elle lui portait.
        • Chapitre Premier. La Nouvelle Emma by Jane Austen. Translator unknown.
        • E-text at Wikisource

 Video 1 
映画 アイーシャ (2010) 主演: ソナム・カプール
Film Aisha (2010) starring Sonam Kapoor

物語の舞台を19世紀はじめのイングランドから現代のインドに移した翻案映画。監督: ラジュシュリー・オージャ Directed by Rajshree Ojha


 Video 2 
テレビ エマ (2009) 主演: ロモーラ・ガライ
TV Emma (2009) starring Romola Garai

監督: ジム・オハンロン Directed by Jim O'Hanlon


 Video 3 
テレビ エマ (1996) 主演: ケイト・ベッキンセイル
TV Emma (1996) starring Kate Beckinsale

監督: ディアムイド・ローレンス Directed by Diarmuid Lawrence


 Video 4 
映画 エマ (1996) 主演: グウィネス・パルトロー
Film Emma (1996) starring Gwyneth Paltrow

監督: ダグラス・マクグラス Directed by Douglas McGrath


 Video 5 
映画 クルーレス (1995) 主演: アリシア・シルヴァーストーン
Film Clueless (1995) starring Alicia Silverstone

細部まで忠実というわけではないが、物語は『エマ』を下敷きにしている。監督: エイミー・ヘッカリング Directed by Amy Heckerling


 Video 6 
テレビ エマ (1972) 主演: ドラン・ゴッドウィン 第1回 1/4
TV Emma (1972) starring Doran Godwin Episode 1, Part 1/4

監督: ジョン・グレニスター Directed by Amy Heckerling


■英語原文 The original text in English

Emma Woodhouse, handsome, clever, and rich, with a comfortable home and happy disposition, seemed to unite some of the best blessings of existence; and had lived nearly twenty-one years in the world with very little to distress or vex her.

She was the youngest of the two daughters of a most affectionate, indulgent father, and had, in consequence of her sister's marriage, been mistress of his house from a very early period. Her mother had died too long ago for her to have more than an indistinct remembrance of her caresses, and her place had been supplied by an excellent woman as governess, who had fallen little short of a mother in affection.


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015-03-19 パーカー敬子=訳 2012-10-20 の訳文を挿入しました。
  • 2015-03-04 ポーランド語訳、スウェーデン語訳と、クルーレス (1995) の YouTube 動画を追加しました。また、外部リンクの項を補足しました。

 

« Emma 2 »
« エマ 2 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 09 January 2013

Becoming Jane directed by Julian Jarrold ジュリアン・ジャロルド監督 『ジェイン・オースティン 秘められた恋』

■はじめに Introduction

『ジェイン・オースティン 秘められた恋』は2007年に公開されたイギリス映画。監督はジュリアン・ジャロルド。主演はアン・ハサウェイ。


 Video 1 
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 ドイツ語予告編
Becoming Jane - German trailer


 Video 2 
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 イタリア語予告編
Becoming Jane - Italian trailer


 Video 2 
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 スペイン語予告編
Becoming Jane - Spanish trailer


 Video 3 
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 フランス語予告編
Becoming Jane - French trailer


 Video 4 
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 英語予告編
Becoming Jane - Original English trailer


 Image Gallery 1 

zh Zh_simp__becoming_jane zh Zh_trad_hk__becoming_jane ko Ko___becoming_jane

ja Ja_jane_austen_himerareta_koi_becom tr Tr_becoming_jane he He___becoming_jane

el El_becoming_jane et Et_jane_austeni_torjutud_tunded_bec fi Fi_jane_austenin_jalanjljill_becomi

ru Ru___becoming_jane bg Bg___becoming_jane pl Pl_zakochana_jane_becoming_jane

no No_den_unge_jane_austen_becoming_ja sv Se_en_ung_jane_austen_becoming_jane de De_geliebtejane_becoming_jane

it It_becoming_jane_il_ritratto_di_una pt Pt_br_amor_e_inocencia_becoming_jan pt Pt_pt_a_juventude_de_jane_becoming_

es Es_amor_verdadero_becoming_jane en En_becoming_jane

[zh] 成为简·奥斯汀 簡体字中国語
[zh] 珍奧斯汀少女日記 繁體字中國語(香港)
[ko] 비커밍 제인 韓国語
[ja] ジェイン・オースティン 秘められた恋 日本語
[tr] Aşkın Kitabı トルコ語
[he] להיות ג'יין ヘブライ語
[el] Ερωτευμένη Τζέιν ギリシャ語
[et] Jane Austeni tõrjutud tunded エストニア語
[fi] Jane Austenin jalanjäljillä フィンランド語
[ru] Джейн Остин ロシア語
[bg] Да бъдеш Джейн ブルガリア語
[pl] Zakochana Jane ポーランド語
[no] Den unge Jane Austen ノルウェー語
[sv] En ung Jane Austen スウェーデン語
[de] Geliebte Jane ドイツ語
[it] Becoming Jane - Il ritratto di una donna contro イタリア語
[pt] Amor e Inocência ポルトガル語(ブラジル)
[pt] A Juventude de Jane ポルトガル語(ポルトガル)
[es] Amor verdadero スペイン語(アルゼンチン)
[en] Becoming Jane 英語原題 The original title in English


 Image Gallery 2 

zh Zh_trad_tw__becoming_jane hu Hu_jane_austen_maganelete_becoming_ pl Pl_zakochanajane_becoming_jane

hr Hr_prica_o_jane_austen_becoming_jan cs Cs_vasen_a_cit_becoming_jane sl Sl_ljubljena_jane_becoming_jane_2

pt Pt_br_amor_e_inocencia_becoming_jan es Es_la_joven_jane_austen fr Fr_jane_becoming_jane

en En_becoming_jane_2

[zh] 珍愛來臨 繁體字中國語(台灣)
[hu] Jane Austen magánélete ハンガリー語
[pl] Zakochana Jane ポーランド語
[hr] Priča o Jane Austen クロアチア語
[cs] Vášeň a cit チェコ語
[sl] Ljubljena Jane スロベニア語
[pt] Amor e Inocência ポルトガル語(ブラジル)
[es] La joven Jane Austen スペイン語
[fr] Jane フランス語
[en] Becoming Jane 英語原題 The original title in English


■外部リンク External links

 [en] English
   * Becoming Jane (2007) - IMDb
   * Becoming Jane - Wikipedia

 [ja] 日本語
   * ジェイン・オースティン 秘められた恋 (2007) - allcinema
   * ジェイン・オースティン 秘められた恋 - Yahoo!映画
   * ジェイン・オースティン 秘められた恋 - Wikipedia


■更新履歴 Change log


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■音楽 Music

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Monday, 28 April 2008

Pride and Prejudice by Jane Austen (5) ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』『自負と偏見』 (5)

« 1 2 3 4 Pride and Prejudice »
« 1 2 3 4 高慢と偏見 »

 Images 
日本版DVDのジャケット Japanese DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

a. Prideprejudice_2005 b. Prideprejudice_1995 c. Prideprejudice_1940

■はじめに Introduction

妹リディアの駆け落ち騒動でエリザベスらベネット家の人々はてんやわんや。しかし、人は言う「他人の不幸は蜜の味」。するどいエリザベスは、状況を客観的に理解している。


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

伊丽莎白大声说道:“还是让她待在自己家里吧,她也许真是出于一片好意,但是遇到了这样一件不幸的事,谁还乐意见到自己的邻居?他们帮我们忙帮不成功,慰问我们反而会叫我们难受。让她们在我们背后去高兴得意吧。”

  • 《傲慢与偏见》   (英)  奥斯汀
  • E-text at 酷網 (kuwang.com)

■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

伊麗莎白大聲說道:“還是讓她待在自己家里吧,她也許真是出于一片好意,但是遇到了這樣一件不幸的事,誰還樂意見到自己的鄰居?他們幫我們忙幫不成功,慰問我們反而會叫我們難受。讓她們在我們背后去高興得意吧。”

  • 《傲慢与偏見》 簡·奧斯汀
  • E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)

■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 小山 2014
「そんなことせずに、おとなしく家にいてくれたらよかったのよ」エリザベスの声が思わず大きくなった。「そりゃあ、よかれと思って来てくれたのかもしれないけど、こんな不幸のさなかに近所の人に来られても迷惑なだけ。何の手伝いができるわけじゃなし、慰めなんか大きなお世話。せいぜい、わたしたちのざまを遠巻きに眺めて満足してればいいのに」

  • ジェイン・オースティン=著 小山太一(こやま・たいち)=訳 『自負と偏見』 新潮文庫 Star Classics 名作新訳コレクション 2014/07/01

(J2) 小尾 2011
「あの人には、ご自分の家でじっとしていてもらったほうがいいのよ」とエリザベスは大声を張り上げた。「そりゃ善意でそう言ってくれたんでしょうけど、こういう不幸に見舞われたときは、ご近所なんて会わないにかぎるわ。お手助けなんてできるわけないし、お慰めなんてまっぴら。はなれたところでせいぜい勝利を味わって満足していただけばいいのよ」

  • オースティン=著 小尾芙佐(おび・ふさ)=訳 『高慢と偏見(下)』 光文社古典新訳文庫 2011/11/20

(J3) 中野(康)2003
「ルーカス夫人は来てくれないほうがよかったわね!」とエリザベスは言った。「親切のつもりで来てくれたんでしょうけど、こういう不幸な目に会った家族は、ご近所の人にはできるだけ会いたくないものよ。何も助けてもらえるわけではないし、慰められるのも耐えられない。遠くで優越感に浸ってもらって、私たちのことはそっとしておいてほしいわ」

  • ジェイン・オースティン=著 中野康司=訳 『高慢と偏見(下)』 ちくま文庫 2003/08

(J4) 伊吹 1972
「あのかたは家にじっとしていてくださるほうがいいのよ」とエリザベスはきつく申しました。「ご好意はありがたいけれど、こういう不運のときには、近所のかたにはなるべくお会いしないほうがいいわ。たすけていただくことは不可能だし、なぐさめていただくのはとても堪えられません。遠くで勝ち誇っていることで満足していただきたいわ」

  • オースティン=著 伊吹千勢(いぶき・ちせ)=訳
  • 引用は a. に拠りました。

(J5) 阿部 1963, 1968, etc.
「自分の家にいてくださればよかったのに」とエリザベスは強くいった。「たぶん、ご好意から なんでしょう(#原文は太字でなく傍点)けど、こういう不幸のばあいには、近所の人の顔を見ないのがいちばんいいのだわ。力を借りることができるわけじゃなし、なぐさめられるのもやりきれないことだわ。遠くから勝ち誇ってこちらを見て、満足してくれればいいのよ」


(J6) 中野(好)1960, 1963, etc.
「でもね、やっぱり来ないでくれたほうが、よかったわ。そりゃ、もちろん親切からだということはわかってるわよ。だけど、こんどみたいな不幸のときってものはね、よその人なんてのは、できるだけ会わないほうがいいのよ。力になってくださるったって、なっていただきようがないわけだし、なぐさめられるなんて、もっとたまらないわ。遠くから見て、ざまあ見ろだっていいから、勝手にいい気持になってりゃいいのよ」


(J7) 富田 1950, 1994
 「家にひっこんでてくれればよかったのに、」エリザベスは叫んだ、「悪気はないんでしょうけど、こういう不幸の時は、御近所の衆はなるたけ顔出ししてくれない方がいいんだわ。手助けなんかできるものじゃないし、お見舞なんか言われたって、かえってたまらないわ。遠くから見て、いい気味だと思ってるだけにしてくれる方がいいんだわ」

  • ジェーン・オースティン=作 富田彬(とみた・あきら)=訳
  • a. は新字、b. は旧字。引用は a. に拠りました。

(J8) 平田 1928
 『默つて、自宅にゐて下されば可かつたのにね、』エリザベスは叫んだ。『そりや惡い意志ぢやないでせうけど、斯ういつた不幸の場合には、近處の方など、成りたけ會はないやうにしてゐるのが可んです。手助けなんて、とても出來るもんぢやありませんし、お見舞なんて受けたつて、とても堪つたものぢやありません。遠くから此方を見て、好い氣味と納つてゐるが可いんです。』

[原文は以下のとおり総ルビ - tomoki y.]
 『默(だま)つて、自宅(うち)にゐて下(くだ)されば可(よ)かつたのにね、』エリザベスは叫(さけ)んだ。『そりや惡(わる)い意志(つもり)ぢやないでせうけど、斯(か)ういつた不幸(ふかう)の場合(ばあひ)には、近處(きんじよ)の方(かた)など、成(な)りたけ會(あ)はないやうにしてゐるのが可(い)んです。手助(てだす)けなんて、とても出來(でき)るもんぢやありませんし、お見舞(みまひ)なんて受(う)けたつて、とても堪(たま)つたものぢやありません。遠(とほ)くから此方(こつち)を見て、好(い)い氣味(きみ)と納(をさま)つてゐるが可(い)いんです。』


■ロシア語訳 Translation into Russian

— Лучше бы она сидела у себя дома! — воскликнула Элизабет. — Быть может, у нее были добрейшие намерения. Но при такой беде, как наша, чем меньше видишь соседей, тем лучше. Помощь здесь невозможна, а сочувствие — непереносимо. Пускай же они радуются нашим несчастьям подальше от нас.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

––Más habría valido que se hubiese quedado en su casa ––dijo Elizabeth––; puede que sus intenciones fueran buenas; pero en desgracias como ésta se debe rehuir de los vecinos. No pueden ayudarnos y su condolencia es ofensiva. ¡Que se complazcan criticándonos a distancia!


■フランス語訳 Translations into French

(F1) Leconte & Pressoir, 1832
— Lady Lucas aurait mieux fait de rester chez elle ! s’écria Elizabeth. Peut-être ses intentions étaient bonnes ; mais dans une infortune comme la nôtre, moins on voit ses voisins et mieux cela vaut. Leur assistance ne peut être d’aucun secours et leurs condoléances sont importunes. Qu’ils triomphent de loin et nous laissent en paix !

  • Les Cinq Filles de Mrs Bennet (Pride and Prejudice) by Jane Austen. Translated by Valentine Leconte and Charlotte Pressoir (1832)
  • E-text at Wikisource

(F2) Perks, 1822, 1966
— Vous avez fait plus que vous ne pouviez, vous êtes souffrante, fatiguée, je le vois bien ; oh ! si au moins j’avais été avec vous, nous nous serions aidées et consolées mutuellement. »

  • Orgueil et Prévention by Jane Austen. Translated by Eloïse Perks (1822, republished 1966)
  • E-text at Wikisource

 Video 
BBCテレビ 高慢と偏見 (1995) BBC TV Pride and Prejudice (1995)

下の引用箇所に相当する部分は 0:49 から始まります。 Uploaded to YouTube by ipluso on 29 May 2008. The scene corresponding to the excerpt below starts at 0:49.


 Audio 
英語原文のオーディオブック 朗読: エリザベス・クレット
Audiobook in English read by Elizabeth Klett

下の引用箇所の朗読は 1:45:20 から始まります。 Uploaded to YouTube by CCProse Audiobooks on 16 Nov 2011. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 1:45:20.


■英語原文 The original text in English

"She had better have stayed at home," cried Elizabeth; "perhaps she meant well, but, under such a misfortune as this, one cannot see too little of one's neighbours. Assistance is impossible; condolence insufferable. Let them triumph over us at a distance, and be satisfied."


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2014/09/15 小山太一=訳 2014/07/01、BBCテレビドラマの YouTube 動画、および英語原文オーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2012/07/17 ロシア語訳を追加しました。
  • 2011/11/20 小尾芙佐=訳 2011/11/20 を追加しました。
  • 2010/04/01 2つのフランス語訳を追加しました。

 

« 1 2 3 4 Pride and Prejudice »
« 1 2 3 4 高慢と偏見 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 07 October 2007

Pride and Prejudice by Jane Austen (4) ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』『自負と偏見』 (4)

« 1 2 3 Pride and Prejudice 5 »
« 1 2 3 高慢と偏見 5 »

■ポスターとDVDジャケット Posters and DVD covers

Pride and Prejudice (2005), a film adaptation of the novel of the same name.  Directed by Joe Wright, and starring Keira Knightley, Matthew MacFadyen, Brenda Blethyn, Donald Sutherland, Jenna Malone and Dame Judi Dench.

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

zh Zh_simp_pride_and_prejudice zh Zh_trad_pride_and_prejudice_2 ko Ko_pride_and_prejudice

jp Ja_pride_and_prejudice he He_pride_and_prejudice_2 tr Tr_prideandprejudiceaskvegururdvd__

hu Hu_pride_and_prejudice et Et_uhkus_ja_eelarvamus_pride_and_pr fi Fi_ylpeys_ja_ennakkoluulo_2

ka Ka_pride_and_prejudice_siamake_da_t el El_ ru Ru_pride_and_prejudice

uk Uk_i bg Bg_pride_and_prejudice_poster_by_lu sr Sr_gordost_i_predrasude

hr Hr_ponos_i_predrasude_7554 sl Sl_prevzetnost_in_pristranost_2 pl Pl_duma_i_uprzedzenie

sk Sk_pycha_a_predsudok_plagat cs Cs_pycha_a_predsudek no No_stolthet_og_fordom_2

da Da_stolthed_og_fordom sv Se_stolthet_och_fordom de De_stolz_und_vorurteil

nl Nl_trots_en_vooroordeel ro Ro_mandrie_si_prejudecata it It_orgoglio_e_pregiudizio

pt Pt_orgulho_e_preconceito es Es_orgullo_y_prejuicio fr Fr_orgueil_et_prejuges

en En_pride_and_prejudice

   [zh] 傲慢与偏见 中国語(簡体字)
   [zh] 傲慢與偏見 中國語(繁體字)
   [ko] 오만과 편견 韓国語
   [jp] プライドと偏見 日本語
   [he] גאווה ודעה קדומה ヘブライ語
   [tr] Aşk ve Gurur トルコ語
   [hu] Büszkeség és balítélet ハンガリー語
   [et] Uhkus ja eelarvamus エストニア語
   [fi] Ylpeys ja ennakkoluulo フィンランド語
   [ka] სიამაყე და ცრურწმენა (Siamake da tsrurtsmena) グルジア語
   [el] Περηφάνια και προκατάληψη ギリシア語
   [ru] Гордость и предубеждение ロシア語
   [uk] Гордiсть та упередження ウクライナ語
   [bg] Гордост и предразсъдъци ブルガリア語
   [sr] Gordost i Predrasude セルビア語
   [hr] Ponos i predrasude クロアチア語
   [sl] Prevzetnost in pristranost スロベニア語
   [pl] Duma i uprzedzenie ポーランド語
   [sk] Pycha a Predsudok スロバキア語
   [cs] Pycha a Predsudek チェコ語
   [no] Stolthet og Fordom ノルウェー語
   [da] Stolthed & Fordom デンマーク語
   [sv] Stolthet och fördom スウェーデン語
   [de] Stolz und Vorurteil ドイツ語
   [nl] Trots en vooroordeel オランダ語
   [ro] Mândrie și prejudecată ルーマニア語
   [it] Orgoglio e pregiudizio イタリア語
   [pt] Orgulho e Preconceito ポルトガル語
   [es] Orgullo y Prejuicio スペイン語
   [fr] Orgueil et prejuges フランス語
   [en] Pride & Prejudice 英語


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

  柯林斯先生并不是个通情达理的人,他虽然也受过教育,也踏进了社会,但是先天的缺陷却简直没有得到什么弥补。他大部分日子是在他那守财奴的文盲父亲的教导下度过的。他也算进过大学,实际上不过照例住了几个学期,并没有结交一个有用的朋友。他的父亲管束得他十分严厉,因此他的为人本来很是谦卑,不过他本是个蠢材,现在生活又过得很优闲,当然不免自高自大,何况年纪轻轻就发了意外之财,更其自视甚高,哪里还谈得上谦卑。(……)他一身兼有了骄傲自大和谦卑顺从的两重性格。

   (英) 奥斯汀 《傲慢与偏见》 第十五章
   E-text at 酷網 (kuwang.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

  柯林斯先生并不是個通情達理的人,他雖然也受過教育,也踏進了社會,但是先天的缺陷卻簡直沒有得到什么彌補。他大部分日子是在他那守財奴的文盲父親的教導下度過的。他也算進過大學,實際上不過照例住了几個學期,并沒有結交一個有用的朋友。他的父親管束得他十分嚴厲,因此他的為人本來很是謙卑,不過他本是個蠢材,現在生活又過得很优閒,當然不免自高自大,何況年紀輕輕就發了意外之財,更其自視甚高,哪里還談得上謙卑。(……)他一身兼有了驕傲自大和謙卑順從的兩重性格。

   簡·奧斯汀 《傲慢与偏見》 第十五章
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 中野(康)2003
 コリンズ氏はあまり頭のいい男ではなく、生まれつきの欠陥は、教育や人づきあいによって補われることもなかった。これまでの生涯の大半は、無学でケチな父親のもとで過ごされ、いちおう大学は出ているが、在学中に有益な友人をつくることもなく、必要な年限だけ在籍して卒業したにすぎなかった。父親のもとで服従を強いられて育ったために卑屈な態度が身についたが、いまはその反動で、頭の悪い人間がひとり暮らしをしているためにひどいうぬぼれ屋になり、若くして思わぬ成功をしたために、尊大な態度がすっかり身についてしまった。(……)高慢と追従と、尊大と卑下が混ざりあった奇妙奇天烈な人間ができあがったのである。

   ジェイン・オースティン=著 中野康司=訳
   『高慢と偏見(上)』 ちくま文庫 2003/08


(2) 伊吹 1972, 1976, etc.
 コリンズ氏は賢い人ではありません。生まれつきこの点欠けていたのですが、教育とか世間の交際によって改善されることもほとんどありませんでした。生涯のあらかたは教育のない、りんしょくの父親の指導のもとにすごし、大学の一つに籍はおきましたが、規定の年限をすましたというだけでなんら有益な知己をもつこともありませんでした。父親に絶対服従で育てられたことで、もとはひどく卑下した態度を身につけていましたが今ではそれは頭のにぶさから出るうぬぼれによって、また人からはなれて生活し、年若くして思いがけぬ出世をしたことから生ずる尊大な気持ちによってだいぶ中和されておりました。(……)高慢と追従、尊大と卑屈の混合物にしてしまったのでありました。

   オースティン=著 伊吹千勢(いぶき・ちせ)=訳
   2a. 高慢と偏見(上)』 グーテンベルク21(有料電子テキスト)
   2b.豪華版 世界文学全集5 オースティン』 講談社 1976/10 所収
   2c.高慢と偏見』 講談社文庫 1972/02
   引用は 2c. に拠りました。


(3) 阿部 1963, 1968, etc.
 コリンズ氏は、頭のするどい人ではなく、天性の欠陥が、教育や交際の力でおぎなわれることも、ないのに等しかった。いままでの歳月の大部分は、無学で強欲な父の導きのもとに過ごされていた。ある大学にも行ったのであったが、ただ必要な学期だけ出席し、大学で有益な交友関係を結ぶこともせずにおわった。父親の圧制のもとに育てられて、もともと、きわめて卑屈な態度になっていたが、そこに、いまや、世間知らずの生活をする頭脳の弱い人間のうぬぼれと、若くして思いがけなく成功したための尊大な気持ちとが、取りかえしをつけていたのであった。(……)高慢と追従と尊大と卑屈との混合体になっていた。

   ジェイン・オースティン=著 阿部知二=訳
   3a. 高慢と偏見』(新装版) 河出文庫 2006/02
   3b.高慢と偏見』 河出文庫 1996/11
   3c.カラー版 世界文学全集9 オースティン』 高慢と偏見 説きふせられて
      河出書房 1968/05 所収
   3d.世界文学全集2-6 ジェイン・オースティン
      河出書房新社 1963/12 所収
   引用は 3b. に拠りました。


(4) 中野(好)1960, 1963, etc.
 ミスター・コリンズは、あまり頭のいい男ではなかった。しかもその生来の欠陥が、教育によっても、ほとんど補われていなかった。彼の生涯(しょうがい)の大半は、無学でケチな父親の膝下(しっか)ですごされ、また大学にも通ったことはあるが、それすらただ規定の年限を在学したというだけで、益友をつくるなどということは、いっさいしなかった。父親の下で、ただ盲従だけを強(し)いられて育ったために、はじめは妙に卑屈な態度になっていたが、その後それは、バカが独居することからくる自惚(うぬぼ)れ心と、若くして思わぬ成金になったことからする妙に尊大ぶった気持とに、大きく変っていた。成功したための尊大な気持ちとが、取りかえしをつけていたのであった。(……)自負と追従(ついしょう)、尊大と卑下という奇妙な性格を作り上げてしまったのである。

   オースティン=著 中野好夫=訳
   4a.自負と偏見』 新潮文庫 1997/07
   4b.自負と偏見(上)』 新潮文庫 1963/06
   4c.世界文學大系28 オースティン/ブロンテ
      オースティン 自負と偏見 ブロンテ 嵐が丘 筑摩書房 1960/01 所収
   引用は 4a. に拠りました。


(5) 富田 1950, 1994
 コリンズ氏は利口な男ではなかった。そして生れつきの欠陥は、教育や交際ですこしもおぎなわれていなかった。一つには、彼の生涯の大部分が無学で欲ばりな父の指導の下に過ごされたからであった。また一つには、彼はある大学にもはいったが、ただ必要な学期間出席したというだけで、別に有益な知人をつくるというようなこともなかったからであった。父はただ言いつけをまもらせるようにして彼を教育してきたので、彼は元来非常に謙遜な態度になっていたが、それが今では、社会から身をひいて暮している薄弱な頭脳の男の自惚れと、若くして思いがけなく栄えた男の尊大な気持に、大方とってかわられていた。(……)彼は高慢と柔順、尊大と謙遜のいっしょくたになった人物になっていた。

   ジェーン・オースティン=作 富田彬(とみた・あきら)=訳
   5a.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(改版)1994/07
   5b.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(旧版)1950/08
   5a. は新字、5b.は旧字。引用は 5a. に拠りました。


(6) 野上 1926
 ミスター・コリンスは悧巧(りかう)な男ではなかつた。而(さう)して天性の缺陥(けつかん)が教育とか交際とかいふもので少しも補助されてなかつた。彼の生涯の大部分は無學で吝嗇(りんしよく)な父親の手許(てもと)で過ごされたからであつた。彼は大學にも入つてゐたけれども、有益な知己を拵(こしら)へることもなく、ただ必要な學期を履修して行くといふだけであつた。父親は服從(ふくじう)一方で彼を育てあげたので、彼は初めから非常に謙遜(けんそん)な態度になつてゐた。併(しか)しそれは、社會(しやくわい)から隱退(いんたい)してゐる頭のわるい男の自惚(うぬぼ)れと、早くから豫期(よき)以上の成功を得た得意の感情のために今では大部分消されてゐた。成功したための尊大な気持ちとが、取りかえしをつけていたのであった。(……)彼は高慢と從順(じうじゆん)と、自尊心と謙遜の混合物になつてしまつてゐた。
[原文は総ルビですが、引用ではその一部を略しました - tomoki y.]

   ジェーン・オースチン=著 野上豐一郎=譯 『高慢と偏見(上)
   國民文庫刊行會(非賣品)1926/08(大正15)


■ロシア語訳 Translation into Russian

Мистер Коллинз не был одаренной натурой. И это упущение природы не было восполнено в  нем  воспитанием и общением с  людьми. Большую часть жизни  он провел  под надзором отца - человека необразованного и мелочного. Находясь в университете, он  прослушал курс наук, но  не завел сколько-нибудь  полезных знакомств. Подавленный  отцовским воспитанием,  первоначально  привившим его характеру раболепие,  он  приобрел  со  временем  самодовольство  недалекого человека, который живет сам  по себе и неожиданно  рано  преуспел  в  жизни. [Omission] сделали  из него человека, в характере которого своеобразно  переплелись высокомерие и угодничество, самодовольство и униженность. в характере которого своеобразно  переплелись высокомерие и угодничество, самодовольство и униженность.

   Книга первая. Глава XV
   Джейн Остен. Гордость и предубеждение
   Translated by И. Маршака
   E-text at:
   * Джейн Остин, Шарлотта Бронте и другие (janeausten.ru)
   * Lib.Ru


■スペイン語訳 Translation into Spanish

  El señor Collins no era un hombre inteligente, y a las deficiencias de su naturaleza no las había ayudado nada ni su educación ni su vida social. Pasó la mayor parte de su vida bajo la autoridad de un padre inculto y avaro; y aunque fue a la universidad, sólo permaneció en ella los cursos meramente necesarios y no adquirió ningún conocimiento verdaderamente útil. La sujeción con que le había educado su padre, le había dado, en principio, gran humildad a su carácter, pero ahora se veía contrarrestada por una vanidad obtenida gracias a su corta inteligencia, a su vida retirada y a los sentimientos inherentes a una repentina e inesperada prosperidad. (...) le habían convertido en una mezcla de orgullo y servilismo, de presunción y modestia.

   Capítulo XV
   Orgullo y Prejuicio by Jane Austen
   E-text at Bibliotecas Virtuales.com


■英語原文 The original text in English

  Mr. Collins was not a sensible man, and the deficiency of nature had been but little assisted by education or society; the greatest part of his life having been spent under the guidance of an illiterate and miserly father; and though he belonged to one of the universities, he had merely kept the necessary terms, without forming at it any useful acquaintance. The subjection in which his father had brought him up had given him originally great humility of manner; but it was now a good deal counteracted by the self-conceit of a weak head, living in retirement, and the consequential feelings of early and unexpected prosperity. (...) made him altogether a mixture of pride and obsequiousness, self-importance and humility.

   Chapter 15
   Pride and Prejudice (1813) by Jane Austen
   Paperback: Penguin Classics (2003)
   E-text at:


■更新履歴 Change log

  • 2013/10/06 スロベニア語版の画像を追加しました。
  • 2013/08/02 グルジア語版の画像を追加しました。また、ハンガリー語タイトルに抜けていたアクセント記号を補って、つぎのように修正しました。
    • 修正前 Buszkeseg es balitelet
    • 修正後 Büszkeség és balítélet
  • 2012/11/05 ギリシア語版とエストニア語版の画像を追加しました。
  • 2012/08/26 トルコ語版、ウクライナ語版、ブルガリア語版、ルーマニア語版、およびクロアチア語版の画像を追加しました。
  • 2012/07/17 ロシア語訳を追加しました。
  • 2010/01/05 簡体字中国語版、韓国語版、ヘブライ語版、ロシア語版、ポーランド語版、セルビア語版、デンマーク語版、ポルトガル語版、スペイン語版、および英語版の画像を追加しました。
  • 2008/09/10 書誌情報を修正補足しました。
  • 2007/10/10 富田彬=訳 1994/07 と野上豐一郎=譯 1926/08 を追加しました。

 

« 1 2 3 Pride and Prejudice 5 »
« 1 2 3 高慢と偏見 5 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  
  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, 22 September 2007

Pride and Prejudice by Jane Austen (3) ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』『自負と偏見』 (3)

« 1 2 Pride and Prejudice 4 5 »
« 1 2 高慢と偏見 4 5 »

■表紙と扉 Book covers and a title page

zh Simp_zh_pride_and_prejudice zh Trad_zh_pride_and_prejudice ja Ja_pride_and_prejudice

pl Pl_pride_and_prejudice de De_pride_and_prejudice pt Pt_pride_and_prejudice

es Es_pride_and_prejudice fr Fr_pride_and_prejudice en En_pride_and_prejudice

↑ Click to enlarge ↑

[zh] 傲慢与偏見 中国書籍出版社 (2005) 中国語訳(簡体字)
[zh] 傲慢與偏見 商周出版 (2005) 中國語譯(繁體字)
[ja] 高慢と偏見(上) ちくま文庫 (2003)
[pl] Duma i uprzedzenie Zielona Sowa (2005) ポーランド語訳
[de] Stolz und Vorurteil Anaconda Verlag (2007) ドイツ語訳
[pt] Orgulho e Preconceito ポルトガル語訳
[es] Orgullo y prejuicio Edimat Libros (2006) スペイン語訳
[fr] Orgueil et prejuges 10-18 (2006) フランス語訳
[en] Pride and Prejudice (1813) Title page of the 1907 edition, published in London and New York, with illustrations by C. E. Brock. Image source: Molland's Circulating Library


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

  “达西先生,倘若你有礼貌一些,我拒绝了你以后,也许会觉得过意不去,除此以外,倘若你以为这样向我表白一下,会在我身上起别的作用,那你可想错了。”
  [略]
  “从开头认识你的时候起,几乎可以说,从认识你的那一刹那起,你的举止行动,就使我觉得你十足狂妄自大、自私自利、看不起别人,我对你不满的原因就在这里,以后又有了许许多多事情,使我对你深恶痛绝;我还没有认识你一个月,就觉得象你这样一个人,哪怕天下男人都死光了,我也不愿意嫁给你。”

   《傲慢与偏见》 第三十四章
   (英) 奥斯汀
   E-text at 酷网 (kuwang.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

  “達西先生,倘若你有禮貌一些,我拒絶了你以后,也許會覺得過意不去,除此以外,倘若你以為這樣向我表白一下,會在我身上起別的作用,那你可想錯了。”

  [略]

  “從開頭認識你的時候起,几乎可以説,從認識你的那一刹那起,你的舉止行動,就使我覺得你十足狂妄自大、自私自利、看不起別人,我對你不滿的原因就在這里,以后又有了許許多多事情,使我對你深惡痛絶;我還沒有認識你一個月,就覺得象你這樣一個人,哪怕天下男人都死光了,我也不愿意嫁給你。”

   簡·奧斯汀(珍·奧斯汀) 《傲慢與偏見》 第三十四章
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 田中 2007
「あなたは間違っているわ、ミスター・ダーシー。仮にあなたがもっと紳士的な態度で結婚を申しこんでいたとしても、結果は変わらなかったでしょうね。まあ、お断りする際に多少は心の痛みを感じたかもしれないけれど」
  [略]
「舞踏会で初めて会ったときから、あなたの傲慢(ごうまん)さやうぬぼれの強さ、人の気持ちを平気で踏みにじるところに反感を覚えていたわ。そのあともいろいろなことがあって、ますますあなたのことが嫌いになった。そして、どんなことがあってもあなたとだけは結婚したくないと思うようになったの」

   ジェイン・オースティン=著 田中淳子(たなか・じゅんこ)=訳
   『高慢と偏見』 HQ Fast Fiction ハーレクイン 2007/12/15


(2) 中野(康)2003
「ダーシーさん、誤解しないでください。私は身分違いと言われて怒ってるわけではありません。それどころか、プロポーズをお断わりしやすくなって助かりました。もっと紳士らしい態度でプロポーズされていたら、お断わりするのに心が痛みますもの」
  [略]
「私は最初から、あの舞踏会でお会いした瞬間から、あなたの態度に反感を覚えました。高慢で、うぬぼれが強くて、他人の気持ちを考えない、自分勝手な人だと思いました。それであなたを嫌いになる土台ができて、それからいろいろなことがあって、骨の髄まであなたが大嫌いになったのです。あなたに会って一カ月もしないうちに、死んでもこの人とは結婚したくないと思うようになりました」

   ジェイン・オースティン=著 中野康司=訳
   『高慢と偏見(上)』 ちくま文庫 2003/08


(3) 伊吹 1972
「ダーシーさまの告白のしかたで影響されたとお考えでしたらそれは誤解ですわ。もし、もっと紳士らしくおふるまいになったとしたらおことわりするとき、お気の毒に思うかもしれませんがそれをしないでもよかったというだけです」
  [略]
「お知り合いのはじめから、いえ最初の瞬間からと申し上げてもいいと思いますが、あなたの態度は傲慢(ごうまん)でうぬぼれのつよい、他人の感情を傷つけて平気なかたという印象をはっきりときざみつけ、そのうえにつづいておこった事件がすっかりあなたをきらいにさせてしまいました。お知り合いになってから一日[ママ]もたたないまえに絶対結婚する気にならないかただと思いました」

   オースティン=著 伊吹千勢(いぶき・ちせ)=訳
   3a.高慢と偏見』 講談社文庫 1972/02
   3b.高慢と偏見(上)』 グーテンベルグ21(有料電子テキスト)
   引用は 3a. に拠りました。


(4) 阿部 1963, 1968, etc.
「ダーシーさま、あなたがもしも、もっと紳士的に振舞っていらしたら、わたしはあなたをお断わりするのに気をつかったかもしれないけれども、ただいまはそんな気づかいをせずにすんだだけのことで、あなたの告白の仕方の如何(いかん)によっては、わたしの心がちがうように動いたろうなどと想像なさるのでしたら、それはまちがっています」
  [略]
「あなたとお近づきになった、そのはじめの時、その最初の瞬間から、といってもいいのですが、あなたの態度は、あなたの傲慢さ、自負心、他人の感情の身勝手な軽視などを、わたしの心にきざみつけて確認させたのですが、そういう基盤の上に立って、わたしはあなたを否定的に見ることになって、そしてつぎに起ったいくつかの出来事が、あなたを嫌う気持ちを植えつけて、それはもう動かせぬものになりました。そしてお知り合いになって一カ月もたたぬうちに、どのように迫られてもあなたとだけは結婚することなど考えられないことになりました」

   ジェイン・オースティン=著 阿部知二=訳
   4a. 高慢と偏見』 河出文庫(新装版) 2006/02
   4b.高慢と偏見』 河出文庫 1996/11
   4c.カラー版 世界文学全集9 オースティン』 高慢と偏見 説きふせられて
      河出書房 1968/05 所収
   4d.世界文学全集2-6 ジェイン・オースティン
      河出書房新社 1963/12 所収
   引用は 4b. に拠りました。


(5) 中野(好)1960, 1963, etc.
「あら、あなたのあの告白がですね、少しでもわたしの心を動かしたなどとお考えになったら、それこそとんだ間違いですわよ。まあ、強いて効能ということを言えば、もしあなたがですよ、もっと紳士らしい態度でおっしゃったのでしたら、わたしもお断わりするのに、さぞ心を痛めたことでしょうのに、おかげでそれが、すっかり助かったってことくらいのものですわよ」
  [略]
「もともとはじめから、——いえ、もっと正確に言えば、お目にかかった最初の瞬間からですのよ、あなたの態度というものは、傲慢(ごうまん)な方、思い上った方、そして他人(ひと)の気持などは全然かまわない身勝手な方っていう印象を、はっきりわたしに植えつけてくれましたの。いわばそれが、あなたをきらいにする土台になったとも言えましょうが、それからつぎつぎとあったいろんな出来事がですね、いうなればその上に、不動の嫌悪感(けんおかん)を築き上げたというもんでしょうね。お知合いになって、まだ一月もたたないうちに、これはもうどんなことがあっても、結婚などはまっぴらお断わりという、そんな気持になってたと思いますの」

   オースティン=著 中野好夫=訳
   5a. 自負と偏見』 新潮文庫 1997/07
   5b.自負と偏見(上)』 新潮文庫 1963/06
   5c.世界文學大系28 オースティン/ブロンテ
      オースティン 自負と偏見 ブロンテ 嵐が丘 筑摩書房 1960/01 所収
   引用は 5a. に拠りました。


(6) 富田 1950, 1994
 「ダーシーさん、もしあなたが、自分がもっと紳士らしい態度をとっていたら、わたしもそうにべもなくおことわりするわけにはいかなかっただろう、うち明け方一つでどうにかなったんだ、などとお考えになるとしたら、それはまちがいですわ」
  [略]
 「あなたとお近づきになったそもそものはじめから——最初の瞬間から、と申してよろしいわ——あなたの態度は、あなたの尊大と自負と他人の感情を無視なさるわがままな侮蔑とをわたしの心にきざみつけて、それがあなたをいけすかない人だと思う基礎をつくり、そのうえにあとあとのいろいろのできごとがなんとしてもきらいだという気持をきずいたのです。わたしはあなたを知ってから一ヵ月とたたないうちに、どんなに口説かれてもこの人とだけは結婚したくないと感ずるようになったのです」

   ジェーン・オースティン=作 富田彬(とみた・あきら)=訳
   6a.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(改版)1994/07
   6b.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(旧版)1950/08
   6a. は新字、6b.は旧字。引用は 6a. に拠りました。


(7) 野上 1926
 「ミスター・ダーシ、若(も)しあなたがもう少し紳士らしい態度でお振舞(ふるまひ)になつたら、私はお斷(ことわ)りするにも氣扱(きあつか)ひをしたかも知れなかつたのに、それをしないではすんだけれども、あなたのお話の仕方一つでは、それ以外(いぐわい)になほ少しでも私を動かしただらうとお考(かんがへ)になるなら、それは間違(まちがひ)でございます。」
  [略]
 「一番最初から——斯(か)う云つてもいいでせう——あなたとお近づきになつた最初の瞬間から、あなたの態度は、あなたの尊大と、あなたの自負心と、あなたの人(ひと)もなげな我儘(わがまゝ)な輕侮心(けいぶしん)とを十分に私(わたくし)に飲み込ましたので、不信任の基礎が出來(でき)てしまひ、それから次々の事件は動かすことのできない嫌(きら)ひの心持を築き上げました。それで私はお目にかかつて一月(ひとつき)とたたないうちに、あなたは世界中で一等結婚したくない人だと思ふやうになつたのです。」
[原文は総ルビですが、上の引用ではその一部を略しました - tomoki y.]

   ジェーン・オースチン=著 野上豐一郎=譯 『高慢と偏見(上)
   國民文庫刊行會(非賣品)1926/08(大正15)


■ロシア語訳 Translation into Russian

— Вы глубоко заблуждаетесь, мистер Дарси, думая, что на мой ответ повлияла манера вашего объяснения. Она лишь избавила меня от сочувствия, которое мне пришлось бы к вам испытывать, если бы вы вели себя так, как подобает благородному человеку.
  [Omission]
— С самого начала я бы могла сказать: с первой минуты нашего знакомства ваше поведение дало мне достаточно доказательств вашей заносчивости, высокомерия и полного пренебрежения к чувствам тех, кто вас окружает. Моя неприязнь к вам зародилась еще тогда. Но под действием позднейших событий она стала непреодолимой. И не прошло месяца после нашей встречи, как я уже ясно поняла, что из всех людей в мире вы меньше всего можете стать моим мужем.

   Книга вторая. Глава XI
   Джейн Остен. Гордость и предубеждение
   Translated by И. Маршака
   E-text at:
   * Джейн Остин, Шарлотта Бронте и другие (janeausten.ru)
   * Lib.Ru


■スペイン語訳 Translation into Spanish

––Se equivoca usted, señor Darcy, si supone que lo que me ha afectado es su forma de declararse; si se figura que me habría evitado el mal rato de rechazarle si se hubiera comportado de modo más caballeroso.
  [Omission]
––Desde el principio, casi desde el primer instante en que le conocí, sus modales me convencieron de su arrogancia, de su vanidad y de su egoísta desdén hacia los sentimientos ajenos; me disgustaron de tal modo que hicieron nacer en mí la desaprobación que los sucesos posteriores convirtieron en firme desagrado; y no hacía un mes aún que le conocía cuando supe que usted sería el último hombre en la tierra con el que podría casarme.

   Capítulo XXXIV
   Orgullo y Prejuicio by Jane Austen
   E-text at Bibliotecas Virtuales.com


■サイモン・ラングトン監督 ジェニファー・エール、コリン・ファース主演
 イギリスBBCテレビシリーズ 『高慢と偏見』 (1995)
 Pride and Prejudice (1995), a BBC TV mini-series
 Directed by Simon Langton, Starring Jennifer Ehle, Colin Firth


■英語原文 The original text in English

"You are mistaken, Mr. Darcy, if you suppose that the mode of your declaration affected me in any other way, than as it spared me the concern which I might have felt in refusing you, had you behaved in a more gentleman-like manner."
  [Omission]
"From the very beginning, from the first moment I may almost say, of my acquaintance with you, your manners impressing me with the fullest belief of your arrogance, your conceit, and your selfish disdain of the feelings of others, were such as to form the ground-work of disapprobation, on which succeeding events have built so immoveable a dislike; and I had not known you a month before I felt that you were the last man in the world whom I could ever be prevailed on to marry."

   Chapter 34
   Pride and Prejudice (1813) by Jane Austen
   Paperback: Penguin Classics (2003)

   E-text at:
   * The Republic of Pemberley
   * Tilneys and Trapdoors
   * classiclit.about.com
   * Project Gutenberg
   * 19thNovels.com
   * bartleby.com
   * austen.com
   * bibliomania
   * Wikisource
   * Read Print


■更新履歴 Change log

2012/07/17 ロシア語訳を追加しました。
2010/04/06 BBCテレビ 『高慢と偏見』 (1995) の YouTube 動画を追加しました。
2009/09/06 田中淳子=訳 2007/12/15 を追加しました。
2008/09/10 書誌情報を修正補足しました。
2007/09/29 富田彬=訳 1994/07 と野上豐一郎=譯 1926/08 を追加しました。
2007/09/22 冒頭の画像に、以前の記事「Pride and Prejudice by Jane Austen
         (2) ジェイン・オースティン『高慢と偏見』(2)」の画像と同じものを使用
         していましたが、すべて入れ替えました。


 

« 1 2 Pride and Prejudice 4 5 »
« 1   2 高慢と偏見 4 5 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, 29 June 2007

Pride and Prejudice by Jane Austen (2) ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』『自負と偏見』 (2)

« 1 Pride and Prejudice 3 4 5 »
« 1 高慢と偏見 3 4 5 »

■映画化・テレビ化作品 Film and TV adaptations

a. Pride and Prejudice (1940), a film adaptation with Greer Garson as Elizabeth and Laurence Olivier as Darcy.  Image source: Brilliant Days
b. Pride and Prejudice (1995), a TV mini-series with Colin Firth as Darcy and Jennifer Ehle as Elizabeth.  Image source: University of California, Davis, Women's Resources & Research Center | Fun & Inspiration
c. Pride and Prejudice (2005), a film adaptation with Keira Knightley as Elizabeth and Matthew Macfadyen as Darcy.  Image source: About.com: Hollywood Movies

↓ Click to enlarge ↓

a. Pride b. Pride_2_1 c. Pride3

■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

“我实在没有办法死捱活撑下去了。这怎么行。我的感情也压制不住了。请允许我告诉你,我多么敬慕你,多么爱你。”

   作者:简·奥斯汀 《傲慢与偏见》
   E-text at:
   * 天涯在線書庫 (tianyabook.com)
   * 亦凡書庫 (Yifan.net)
   * 酷網 (kuwang.com)


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

“我實在沒有辦法死捱活撐下去了。這怎麼行。我的感情也壓制不住了。請允許我告訴你,我多麼敬慕你,多麼愛你。”

   珍・奧斯汀(簡・奧斯汀) 《傲慢與偏見》
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)


■日本語訳 Translations into Japanese

(1) 小尾 2011
「いたずらに苦しみました。でもだめでした。この気持ちはもう抑えられない。こう申し上げることを許してください、ぼくがどれほど激しくあなたを想い、愛しているかということを」

   オースティン=著 小尾芙佐(おび・ふさ)=訳
   『高慢と偏見(上)』 光文社古典新訳文庫 2011/11/20


(2) 田中 2007
「今までずっと苦しんできたが、もう限界だ。これ以上気持ちを抑えられない。ぼくはきみが好きだ。愛しているんだ」

   ジェイン・オースティン=著 田中淳子(たなか・じゅんこ)=訳
   『高慢と偏見』 HQ Fast Fiction ハーレクイン 2007/12/15


(3) 中野(康)2003
「ずいぶん苦しみましたが、だめでした。もうだめです。ぼくの気持ちはもう抑えられません。はっきり言わせてください。ぼくはあなたが好きです。愛しています」

   ジェイン・オースティン=著 中野康司=訳
   『高慢と偏見(上)』 ちくま文庫 2003/08


(4) 伊吹 1972, 1976, etc.
「苦闘を続けましたがむだでした。だめです。わたしの感情をおさえられません。どれほど熱烈にあこがれ愛してきたかをいわせてくださらなければなりません」

   オースティン=著 伊吹千勢(いぶき・ちせ)=訳
   4a.高慢と偏見(上)』 グーテンベルク21(有料電子テキスト)
   4b.豪華版 世界文学全集5 オースティン』 講談社 1976/10 所収
   4c.高慢と偏見』 講談社文庫 1972/02
   引用は 4c. に拠りました。


(5) 阿部 1963, 1968, etc.
「ぼくはたたかってみましたが、むだでした。どうすることもできません、ぼくの心をおさえることができません。ぼくがどんなにあなたを慕い、愛しているか、申しあげることをお許しください」

   ジェイン・オースティン=著 阿部知二=訳
   5a.高慢と偏見』 河出文庫(新装版) 2006/02
   5b.高慢と偏見』 河出文庫 1996/11
   5c.カラー版 世界文学全集9 オースティン』 高慢と偏見 説きふせられて
      河出書房 1968/05 所収
   5d.世界文学全集2-6 ジェイン・オースティン
      河出書房新社 1963/12 所収
   引用は 5b. に拠りました。


(6) 中野(好)1960, 1963, etc.
「ずいぶん抑えに抑えたのですが、だめなんです。もうだめです。僕のこの気持、どうしてももう抑えることができない。ねえ、どうか言わせてください、どんなにあなたを熱愛しているか」

   オースティン=著 中野好夫=訳
   6a. 自負と偏見』 新潮文庫 1997/07
   6b.自負と偏見(上)』 新潮文庫 1963/06
   6c.世界文學大系28 オースティン/ブロンテ
      オースティン 自負と偏見 ブロンテ 嵐が丘 筑摩書房 1960/01 所収


(7) 富田 1950, 1994
「わたしは努力しましたが、無益でした。もうだめです。わたしの気持はおさえられません。どうか言わせてください、わたしはどんなに熱烈にあなたを崇拝し、あなたを愛しているかしれないのです」

   ジェーン・オースティン=作 富田彬(とみた・あきら)=訳
   7a.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(改版)1994/07
   7b.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(旧版)1950/08
   7a. は新字、7b.は旧字。引用は 7a. に拠りました。


(8) 野上 1926
「私は無益に苦しみました。だめです。私の感情は抑へられません。私はどんなに熱烈にあなたを賞讃し、あなたを愛してゐるかを云はせて頂きます。」

[原文は、つぎのように総ルビ]
「私(わたくし)は無益(むえき)に苦(くる)しみました。だめです。私(わたくし)の感情(かんじやう)は抑(おさ)へられません。私(わたくし)はどんなに熱烈(ねつれつ)にあなたを賞讃(しやうさん)し、あなたを愛(あい)してゐるかを云(い)はせて頂(いたゞ)きます。」

   ジェーン・オースチン=著 野上豐一郎=譯 『高慢と偏見(上)
   國民文庫刊行會(非賣品)1926/08(大正15)


■ロシア語訳 Translation into Russian

— Вся моя борьба была тщетной! Ничего не выходит. Я не в силах справиться со своим чувством. Знайте же, что я вами бесконечно очарован и что я вас люблю!

   Книга вторая: Глава XI
   Джейн Остен. Гордость и предубеждение
   Translated by И. Маршака
   E-text at:
   * Джейн Остин, Шарлотта Бронте и другие (janeausten.ru)
   * Lib.Ru


■スペイン語訳 Translation into Spanish

––He luchado en vano. Ya no puedo más. Soy incapaz de contener mis sentimientos. Permítame que le diga que la admiro y la amo apasionadamente.

   Orgullo y Prejuicio by Jane Austen
   E-text at Bibliotecas Virtuales.com


■BBCテレビシリーズ 『高慢と偏見』 第1期第3話 ダーシーの1回目の求婚
 BBC Pride and Prejudice, Season 1 Episode 3 Darcy's first proposal


■英語原文 The original text in English

"In vain have I struggled. It will not do. My feelings will not be repressed. You must allow me to tell you how ardently I admire and love you."

   Chapter 34
   Pride and Prejudice by Jane Austen (1813)
   Paperback: Penguin Classics (2003)

   E-text at:
   * The Republic of Pemberley
   * Tilneys and Trapdoors
   * classiclit.about.com
   * Project Gutenberg
   * 19thNovels.com
   * bartleby.com
   * austen.com
   * bibliomania
   * Wikisource
   * Read Print


■自然な日本語、読める日本語 Natural and readable Japanese

上に挙げた7種類の邦訳のうち、現在(=21世紀はじめ)の語感からいって、引用部分のダーシーの台詞が、もっとも自然な日本語になっているのは、最新の田中淳子訳だとわたしは思う。

この訳はハーレクインから出ていて、もとより完訳ではない。が、だからといって馬鹿にしてはいけない。売るためには読みやすい日本語に訳さないといけない。結果として、ハーレクイン版の日本語は読める日本語になっている。


■更新履歴 Change log

2012/07/17 ロシア語訳を追加しました。
2011/11/21 小尾芙佐=訳 2011/11/20 を追加しました。
2010/04/21 BBCテレビシリーズ 『高慢と偏見』 の YouTube 動画を追加しました。
2009/09/06 田中淳子=訳 2007/12/15 を追加しました。
2008/09/10 書誌情報を修正補足しました。
2007/07/03 画像を入れ替えました。また、画像の入手元に関する表示が
         抜けていたので補いました。


 

« 1 Pride and Prejudice 3 4 5 »
« 1 高慢と偏見 3 4 5 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ翻訳ブログ人気ランキング参加中

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■和書 Books in Japanese

■洋書 Books in non-Japanese languages

  
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 14 February 2006

Pride and Prejudice by Jane Austen (1) ジェイン・オースティン 『高慢と偏見』『自負と偏見』『自尊と偏見』 (1)

« Pride and Prejudice 2 3 4 5 »
« 高慢と偏見 2 3 4 5 »

        目次 Table of Contents

■はじめに Introduction
 Audio 1  原文朗読 エリザベス・クレット Audiobook read by Elizabeth Klett
 Audio 2  原文朗読 カレン・サヴェッジ Audiobook read by Karen Savage
 Audio 3  原文朗読(全巻) Audiobook, Unabridged
 Audio 4  ドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
 (J1) 鴻巣 2014
 (J2) 片岡 2014
 (J3) 小山 2014
 (J4) 柴田 2013
 (J5) 小尾 2011
 (J6) 田中 2007
 (J7) 赤尾ほか 2004
 (J8) 中野(康) 2003
 (J9) 塩谷 1997
 (J10) 伊吹 1972, 1976, etc.
 (J11) 阿部 1963, 1996
 (J12) 中野(好) 1963
 (J13) 富田 1950, 1994
 (J14) 海老池 1940
 (J15) 野上 1926
■アゼルバイジャン語訳 Translation into Azerbaijani
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■スロバキア語訳 Translation into Slovak
■チェコ語訳 Translation into Czech
■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian
■デンマーク語訳 Translation into Danish
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
■オランダ語訳 Translation into Dutch
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan
■スペイン語訳 Translation into Spanish
■フランス語訳 Translation into French
 Video 1  映画 プライドと偏見 (2005) Film Pride and Prejudice (2005)
 Video 2  TV 高慢と偏見 (1995) TV Pride and Prejudice (1995)
■英語原文 The original text in English
■ハーレクイン版『高慢と偏見』について On the Harlequin edition
■更新履歴 Change log


■はじめに Introduction

あの有名な小説。あの有名な書き出し。


 Audio 1 
英語原文朗読 Pride and Prejudice Audiobook, Chapters 01-15

Uploaded by CCProse on 16 Nov 2011. Audio courtesy of Librivox. Read by Elizabeth Klett.


 Audio 2 
英語原文朗読 Pride and Prejudice Audiobook, Part 1

Uploaded by newpoliticalvoices on 1 Oct 2010. Audio courtesy of Librivox. Read by Karen Savage.


 Audio 3 
英語原文朗読(全巻) Pride and Prejudice Audiobook, Unabridged

Uploaded by VNMBOOKS on 3 Jul 2013. Reading of the novel starts at 2:23.


 Audio 4 
ドラマ仕立ての朗読 Dramatic reading

Uploaded by FULL audio books for everyone on 27 Jan 2013. Audio courtesy of Librivox. Reading of the novel starts at 1:47.


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

凡是有钱的单身汉,总想娶位太太,这已经成了一条举世公认的真理。


■中國語譯(繁體字)Translation into traditional Chinese

凡是有錢的單身漢,總想娶位太太,這已經成了一條舉世公認的眞理。

   簡·奧斯汀 《傲慢與偏見》
   E-text at 龍騰世紀 (millionbook.net)
 
 
■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 鴻巣 2014
世間一般にきまりきったことで、男は独り身で財産があるとなれば、さあ、あとは妻を娶らなくては、という話になる。
   ジェイン・オースティン=著 鴻巣友季子(こうのす・ゆきこ)=部分訳 
   鴻巣による小説の訳題: 『結婚狂想曲』 
   片岡義男+鴻巣友季子=著 『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり
   左右社 2014/08/20
   上の対談本のための試訳。


(J2) 片岡 2014
金運に恵まれた独身の男は奥さんを欲しがるはずだとは、世のなかの誰もが認めるところだ。
   ジェイン・オースティン=著 片岡義男(かたおか・よしお)=部分訳 
   片岡による小説の訳題: 『思い上がって決めつけて』 
   片岡義男+鴻巣友季子=著 『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり
   左右社 2014/08/20
   上の対談本のための試訳。


(J3) 小山 2014
世の中の誰もが認める真理のひとつに、このようなものがある。たっぷり財産のある独身の男性なら、結婚相手が必要に違いないというのだ。
   ジェイン・オースティン=著 小山太一(こやま・たいち)=訳 
   『自負と偏見』 新潮文庫 2014/07/01


(J4) 柴田 2013
大きな財産を有する独身男性は、妻を求めているに違いない——これは世に遍(あまね)く認められた真理である。
   ジェーン・オースティン=著 柴田元幸(しばた・もとゆき)=部分訳
   「高慢と偏見」
   柴田元幸=編・訳 『書き出し「世界文学全集」』 河出書房新社 2013/08/30


(J5) 小尾 2011
独身の青年で莫大な財産があるといえば、これはもうぜひとも妻が必要だというのが、おしなべて世間の認める真実である。
   オースティン=著 小尾芙佐(おび・ふさ)=訳
   『高慢と偏見(上)』 光文社古典新訳文庫 2011/11/20


(J6) 田中 2007
金持ちの独身男性は妻をほしがっているものだと一般的に考えられているからだろう。(……)
   ジェイン・オースティン=著 田中淳子(たなか・じゅんこ)=訳
   『高慢と偏見』 HQ Fast Fiction ハーレクイン 2007/12/15


(J7) 赤尾ほか 2004
独身で金持ちの男とくれば結婚相手が必要に違いない。これはひろく認められている社会通念だ。
   ジェーン・オースティン=著 竹野光雄=監訳
   訳者: 赤尾迪子     稲田智子     井本洋
        坂本千佳子   戸部田佳子   三原和代
   『新訳 高慢と偏見』(電子テキスト)
   バベル・ユニバーシティ・プレス 2004/02/08


(J8) 中野(康)2003
金持ちの独身男性はみんな花嫁募集中にちがいない。これは世間一般に認められた真理である。
   ジェイン・オースティン=著 中野康司(なかの・こうじ)=訳
   『高慢と偏見(上)』 ちくま文庫 2003/08


(J9) 塩谷 1997
立派な資産を持った独身男性は、きっと妻を求めているだろうというのは普遍的に認められた真理である。
   第五章 正しいプライドの持ち方: 『高慢と偏見』について
   塩谷清人(しおたに・きよと)=著 『ジェイン・オースティン入門
   北星堂書店 1997/03


(J10) 伊吹 1972, 1976, etc.
独身で相当の資産のある男性は当然細君が必要であるというのは世間一般にみとめられた真理であります。
   オースティン=著 伊吹千勢(いぶき・ちせ)=訳 「高慢と偏見」
   a.高慢と偏見』 グーテンベルク21(有料電子テキスト)
   b.豪華版 世界文学全集5 オースティン』 講談社 1976/10 所収
   c.高慢と偏見』 講談社文庫 1972/02
   引用は c. に拠りました。


(J11) 阿部 1963, 1996
独身の男性で財産にもめぐまれているというのであれば、どうしても妻がなければならぬ、というのは、世のすべてがみとめる真理である。
   ジェイン・オースティン=著 阿部知二=訳
   a.高慢と偏見』 河出文庫 1996/11
   b.高慢と偏見』 世界文学全集2-6 河出書房新社 1963
   引用は b. に拠りました。


(J12) 中野(好)1963
独りもので、金があるといえば、あとはきっと細君をほしがっているにちがいない、というのが、世間一般のいわば公認真理といってもよい。
   オースティン=著 中野好夫=訳 『自負と偏見
   新潮文庫 1963/06


(J13) 富田 1950, 1994
相當の財産を持っている獨身の男なら、きっと奥さんをほしがっているにちがいないということは、世界のどこへ行っても通る眞理である。
   ジェーン・オースティン=作 富田彬=訳
   a. 高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫 1994/07
   b.高慢と偏見(上)』(全2冊) 岩波文庫(旧版)1950/08
   引用は b. に拠りました。


(J14) 海老池 1940
立派な財產を有する獨身の男は妻が入用に相違ないとは、一般に承認されてゐる眞理である。
   ジェイン・オーステン=著 海老池俊治(えびいけ・しゅんじ)=譯
   『自尊と偏見 上』 弘文堂書房=發行 正價金六拾錢 1940/07/15(昭和15)
   国立国会図書館デジタルコレクション
   違の旧字は新字で置き換えました。


(J15) 野上 1926
獨身で相當の財產を持つてゐる男なら妻をほしがつてゐるに相違ないといふことは、一般に承認されてゐる一箇の眞實である。
   ジェーン・オースチン=著 野上豐一郎=譯 『高慢と偏見 上卷
   國民文庫刊行會=編輯・發行 非賣品 1926/08(大正15)
   国立国会図書館デジタルコレクション
   原文は総ルビ。ここでは、そのすべてを省きました。
   違の旧字は新字で置き換えました。


pride-and-prejudice-poster-0


■アゼルバイジャン語訳 Translation into Azerbaijani

Pulu olan hər bir subay kişinin özünə bir həyat yoldaşı seçməsinin qaçılmaz olduğu hamı tərəfindən qəbul edilən bir reallıqdır.

   Eşq və qürur by Jane Austen
   Excerpt at kulis.az


■トルコ語訳 Translation into Turkish

Evrensel olarak bilinen bir gerçeğe göre, varlık sahibi her bekar erkek, uygun bir eşle evlenmek ister.

   Gurur ve Önyargı by Jane Austen
   Excerpt at Küçük Kızın Büyük Kütüphanesi


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Általánosan elismert igazság, hogy a legényembernek, ha vagyonos, okvetlenül kell feleség.

   Büszkeség és balítélet by Jane Austen
   Excerpt at Wikipédia


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

Se on totuus yleisesti tunnustettu, että yhden miehen hallussa onni, on oltava halua ja vaimo.

   Ylpeys ja ennakkoluulo by Jane Austen
   Excerpt at rkkrgh.info


■ロシア語訳 Translation into Russian

Все знают, что молодой человек, располагающий средствами, должен подыскивать себе жену.

   Джейн Остин. Гордость и предубеждение
   Translated by И. Маршака
   E-text at:
   * Джейн Остин и Шарлотта Бронте (janeausten.ru)
   * Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

Всі знають, що молодий чоловік, що розташовує коштами, повинен підшукувати собі дружину.

   Джейн Остін. Гордість і упередження
   Excerpt at Кіно онлайн


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

Общоизвестна истина е, че всеки богат млад мъж трябва да си вземе съпруга.

   Джейн Остин. Гордост и предразсъдъци
   E-text at Моята библиотека


■ポーランド語訳 Translation into Polish

Jest prawdą powszechnie znaną, że samotnemu a bogatemu mężczyźnie brak do szczęścia tylko żony.

   Stolz und Vorurteil by Jane Austen
   Translated by Anna Przedpełska-Trzeciakowska
   Excerpt at Wikiquote


■スロバキア語訳 Translation into Slovak

Vo svete panuje skalopevné presvedčenie, že slobodný muž, ktorý má slušný majetok, sa nezaobíde bez ženušky.

   Pýcha a predsudok by Jane Austenová
   Excerpt at kultura.pravda.sk


■チェコ語訳 Translation into Czech

Všeobecně panuje skálopevné přesvědčení, že svobodný muž, který má slušné jmění, se neobejde bez ženušky.

   Pýcha a předsudek by Jane Austenová
   Translated by Eva Kondrysová (Vyšehrad, 1986)
   Excerpt at Český-jazyk.cz


■ノルウェー語訳 Translation into Norwegian

Det er universelt anerkjent at en ugift, formuende mann må ha behov for en hustru.

   Stolthet og fordom by Jane Austen
   Excerpt at Wikipedia


■デンマーク語訳 Translation into Danish

Det er en sandhed almindeligt anerkendt. at en enkelt mand i besiddelse af en god formue skal være i mangel af en kone.

   Stolthed og fordom by Jane Austen
   Excerpt at Doudoune sans manche polo ralph lauren


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

Det är en allmänt erkänd sanning att en ogift man i besittning av en stor förmögenhet, måste vara i behov aven hustru.

   Stolthet och fördom by Jane Austen
   Excerpt at Bokmasken


■ドイツ語訳 Translation into German

Es ist eine allgemein anerkannte Wahrheit, dass ein Junggeselle im Besitz eines schönen Vermögens nichts dringender braucht, als eine Frau.


■オランダ語訳 Translation into Dutch

Het is een algemeen erkende waarheid, dat een alleenstaande man met een aardig fortuin beslist een vrouw nodig heeft.

   Trots en Vooroordeel by Jane Austen
   Excerpt at EmPower


■イタリア語訳 Translation into Italian

È una verità universalmente riconosciuta che un uomo scapolo in possesso di una vasta fortuna debba essere alla ricerca di una moglie.

   Orgoglio e pregiudizio by Jane Austen
   Excerpt at Orgoglio e pregiudizio (romanzo) - Wikipedia


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

É uma verdade universalmente reconhecida que um homem solteiro na posse de uma bela fortuna necessita de uma esposa.

   Jane Austen - Orgulho e Preconceito
   Excerpt at Wikisource


■カタルーニャ語訳(カタロニア語訳) Translation into Catalan

És una veritat universalment coneguda que un home jove en possessió d'una bona fortuna ha de voler una esposa.

   Orgull i prejudici by Jane Austen
   Excerpt at Viquipèdia


■スペイン語訳 Translation into Spanish

Es una verdad mundialmente reconocida que un hombre soltero, poseedor de una gran fortuna, necesita una esposa.

   Orgullo y Prejuicio by Jane Austen
   E-text at Bibliotecas Virtuales.com


■フランス語訳 Translation into French

C’est une vérité universellement reconnue qu’un célibataire pourvu d’une belle fortune doit avoir envie de se marier ( . . . )


 Video 1 
映画 プライドと偏見 (2005) 予告編 日本語字幕つき
Film Pride and Prejudice (2005) trailer with Japanese subtitles

監督: ジョー・ライト 主演: キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン
Directed by Joe Wright, Starring Keira Knightley, Matthew Macfadyen


 Video 2 
英BBCテレビシリーズ 高慢と偏見 (1995)
BBC TV mini-series Pride and Prejudice (1995)

監督: サイモン・ラングトン 主演: コリン・ファース、ジェニファー・エール
Directed by Simon Langton, Starring Colin Firth, Jennifer Ehle


■英語原文 The original text in English

It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession of a good fortune, must be in want of a wife.


■ハーレクイン版『高慢と偏見』について
 On the Harlequin edition of Pride and Prejudice

大家の名訳に並べてハーレクインの訳(もちろん完訳ではない)を挙げるのはいかがなものか、と思われるかたもあるかもしれない。けれども、こういう通俗的な版を一概に見くだすべきではない。読みやすさ、わかりやすさを重視したこの種の再話版では、原文の省略・圧縮のしかたや、スピード感ある筆致などの点で、それなりに工夫が見られることもある。わたくしは、完訳版をもちろん尊重するが、再話や短縮版の存在意義も、けっして否定しようとは思わない。


■更新履歴 Change log

  • 2015/05/09 海老池俊治=譯 1940/07/15 を追加しました。
  • 2015/02/09 塩谷清人=著 1997/03 を追加しました。
  • 2014/09/01 『プライドと偏見』 (2005) 予告編の YouTube 動画、鴻巣友季子=部分訳 2014/08/20、および片岡義男=部分訳 2014/08/20 を追加しました。
  • 2014/07/22 「はじめに」の項を新設し、小山太一=訳 2014/07/01 とドラマ仕立ての朗読の YouTube 画面を追加しました。
  • 2014/02/04 アゼルバイジャン語訳を追加しました。
  • 2013/10/20 柴田元幸=部分訳 2013/08/30 を追加しました。
  • 2013/01/24 トルコ語訳、ハンガリー語訳、フィンランド語訳、ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、スロバキア語訳、ノルウェー語訳、デンマーク語訳、およびカタルーニャ語訳を追加しました。
  • 2012/10/02 newpoliticalvoices によるオーディオブックの YouTube 動画を追加しました。
  • 2012/07/11 CCProse によるオーディオブックの YouTube 画面、ロシア語訳、ポーランド語訳、チェコ語訳、およびスウェーデン語訳を追加しました。
  • 2011/11/21 小尾芙佐=訳 2011/11/20 を追加しました。
  • 2011/05/19 赤尾迪子ほか 2004/02/08 を追加しました。
  • 2010/04/06 BBCテレビ 『高慢と偏見』 (1995) の YouTube 動画を追加しました。
  • 2009/09/06 田中淳子=訳 2007/12/15 を追加しました。
  • 2008/09/10 書誌情報を修正補足しました。
  • 2008/04/28 ブログ記事タイトル中の「ジェーン」を、他の記事の表記と統一するため「ジェイン」に変更しました。また、オランダ語訳、イタリア語訳、およびポルトガル語訳を追加しました。
  • 2007/06/29 このブログ記事のタイトルを、次のとおり変更しました。
    • 旧題: Pride and Prejudice / 高慢と偏見 / 自負と偏見 by Jane Austen
    • 新題: Pride and Prejudice by Jane Austen (1) ジェーン・オースティン 『高慢と偏見』 (1)
  • 2007/04/15 ドイツ語訳、スペイン語訳、およびフランス語訳を追加しました。
  • 2006/08/31 中国語訳(簡体字)および中國語譯(繁體字)を追加しました。また、Amazon.co.jp の該当ページ、および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/05/06 書誌情報を補足しました。また、訳例の配列を、旧→新から新→旧に変更しました。
  • 2006/04/09 伊吹千勢=訳 1972 を追加しました。 
  • 2006/02/26 野上豐一郎=訳 1926 と富田彬=訳 1950 を追加しました。また、記事のタイトルを、次のとおり変更しました。
    • 旧題: A truth universally acknowledged
    • 新題: Pride and Prejudice 高慢と偏見

 

« Pride and Prejudice 2 3 4 5 »
« 高慢と偏見 2 3 4 5 »

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

* Search tomokilog ブログ内検索 | * Table of contents (incomplete) 総目次 | * tomoki y. - poetry 詩のようなもの | * tomoki y. - stories 短篇/超短篇 | * tomoki y. - ことば遊び「順不同」 | * tomoki y. - シリーズ「活字中毒」 | Adams, Douglas | Akasegawa Genpei 赤瀬川原平 | Akutagawa Ryunosuke 芥川龍之介 | Alice in Wonderland 不思議の国のアリス | Allen, Woody | Apollinaire, Guillaume | Austen, Jane | biography 伝記 | Bradbury, Ray | Brontë, Emily | Bryson, Bill | cannibalism / 人食い / 食人 / カニバリズム | Capote, Truman | cats 猫 ネコ ねこ | Chaplin, Charles | Cheever, John | Chekhov, Anton | children's literature 児童文学 | Churchill, Winston | cinema / film / movie / 映画 | computer, IT | Confucius "The Analects" 孔子『論語』 | Dahl, Roald | death / dying / 死 | diary / journal 日記 | Dickens, Charles | Dickinson, Emily | Dostoevsky, Fyodor | Doyle, Arthur Conan | economy, politics 政治・経済 | Einstein, Albert | Eliot, T. S. | Faulkner, William | Fitzgerald, F. Scott | Flaubert, Gustave | Goethe, Johann Wolfgang von | gothic / horror 怪奇・幻想 | Greene, Graham | Hardy, Thomas | Hearn, Lafcadio 小泉八雲 | Hemingway, Ernest | history 歴史 | Joyce, James | just for fun おたのしみ | Kafka, Franz | Kanehara Mizuhito 金原瑞人 | Kenko "Essays in Idleness" 吉田兼好『徒然草』 | Le Petit Prince 星の王子さま | letters, epistles 手紙・書簡 | Lu Xun 魯迅 | Man'yoshu 萬葉集 万葉集 | Mansfield, Katherine | Marx, Groucho | Maupassant, Guy de | miscellaneous もろもろ | Mishima Yukio 三島由紀夫 | Mo Yan モオ・イエン 莫言 | Morris, Jan | Murakami Haruki 村上春樹 | Nabokov, Vladimir | Natsume Soseki 夏目漱石 | O. Henry | Okamoto Kido 岡本綺堂 | Ozu Yasujiro 小津安二郎 | Poe, Edgar Allan | poetry and lyrics 詩歌・歌詞 | Proust, Marcel | Pu Songling "Liao Zhai Zhi Yi" 蒲松齢『聊斎志異』 | Pushkin, Alexander | quotes 引用句 | Saki (= Hector Hugh Munro) | sci-fi | sex sexuality セックス 性 性行動 性的指向 | Shakespeare, William | Shibata Motoyuki 柴田元幸 | Stevenson, Robert Louis | Supervielle, Jules | Swift, Jonathan | Tale of Genji 源氏物語 | Tanikawa Shuntaro 谷川俊太郎 | Tanizaki Junichiro 谷崎潤一郎 | travel 旅行・紀行 | Twain, Mark | Ueki Hitoshi 植木等 | Uncategorized 未分類 | Utada Hikaru 宇多田ヒカル | Verne, Jules | Waugh, Evelyn | Wilde, Oscar | Wodehouse, P.G. | Yanase Naoki 柳瀬尚紀 | Zweig, Stefan | 文化・芸術